Dr.スランプ アラレちゃんのネタバレ解説・考察まとめ

『Dr.スランプ アラレちゃん』は1980年代初頭に連載開始した鳥山明による日本の漫画である。ペンギン村を舞台に、奇妙な発明家・則巻千兵衛と彼の作った人造人間・アラレが織りなす日常と冒険が描かれている。この作品は、ユニークなキャラクター、独特なユーモア、そして心温まるストーリーラインで多くのファンを魅了し続けた。登場人物たちの個性的な魅力が、『Dr.スランプ アラレちゃん』の持つ独特な世界観を形成している。

『Dr.スランプ アラレちゃん』の概要

『Dr.スランプ アラレちゃん』は、才能豊かな作者鳥山明によって創られ、1980年から1984年にかけて『週刊少年ジャンプ』で連載された。ジャンルとしてはコメディに分類されるが、その中にもファンタジー、SF(サイエンス・フィクション)、スラップスティックなど多様な要素が含まれている。
この作品は、天才科学者・則巻千兵衛(のりまきせんべえ)が人造人間アラレを創造することから始まる物語である。ペンギン村を舞台に、アラレはその超人的な力と無邪気な性格で、様々な騒動を巻き起こす。千兵衛や村の住人たちは、アラレの奇想天外な行動に振り回されながらも、そのユニークな性格と行動で物語に深みと彩りを加えている。
作品の最大の特徴は、その独自のユーモアにある。登場するキャラクターたちは、一風変わった性格や外見を持ち、それぞれが独特の魅力を放っている。中でも主人公のアラレは、その非常にユニークな言動や行動で読者に笑いを提供する。また、ペンギン村という架空の村が舞台となっており、この村の住人たちもまた個性的で魅力的なキャラクターで溢れている。
この作品は、日本のポップカルチャーに多大な影響を与えた。特にアラレのキャラクターは、その愛らしい外見と天真爛漫な性格で、多くのファンを生み出し、日本だけでなく世界中に広がった。また、この作品は多くの後世の漫画家やアニメーション作家に影響を与え、日本のアニメや漫画の発展に大きく貢献した。
ファンの間では、この作品は『Dr.スランプ』や『アラレちゃん』といった略称で親しまれている。これらの呼び名は、作品の親しみやすさと、キャラクターたちへの愛着を反映している。また、特にアラレのキャラクターは、その独特の言葉遣いや行動から、数々のセリフがファンの間で引用されることが多い。例えば、「ほよ?」や「んちゃ!」などのセリフは、アラレのアイコニックな表現として広く知られている。
総じて、『Dr.スランプ アラレちゃん』は、そのユニークな世界観、愛らしいキャラクター、そして時には心温まるストーリーで、幅広い年代のファンに愛され続けている作品である。

『Dr.スランプ アラレちゃん』のあらすじ・ストーリー

則巻アラレの誕生

アラレ誕生

ペンギン村で暮らす自称天才科学者則巻千兵衛(のりまき せんべえ)は、完全自立式の少女型ロボットを完成させ、これに「アラレ」と名づける。グラマラスな美人を目指したはずが中学生程度の子供体形だったり、お手伝いロボットのはずがとんでもない怪力の持ち主だったりと計算違いはいろいろとあったが、千兵衛は自分の作ったロボットがどれくらい人間社会で暮らしていけるかどうかをテストしようと考えてか、アラレを「歳の離れた自分の妹」として周囲に紹介しつつ村の学校に通わせる。
アラレは天真爛漫な性格で、近所の喫茶店「Coffee Pot」を営む木緑家の子供たちともすぐに仲良くなる。特に木緑あかね(きみどり あかね)とは気安い友人となり、2人で様々なイタズラをしては周囲を騒がせることが彼女たちの日常となっていった。

科学者及び発明家としての技術こそ超一流ながら間の抜けたところのある千兵衛は、次第にアラレを学校に通わせている理由を忘れ、普通に自分の妹として接するようになっていく。そんな彼にとって目下最大の関心事は、アラレたちの担任教師で密かに思いを寄せる山吹みどり(やまぶき みどり)とどうやって仲良くなるかということだった。

新たな仲間と家族たち

千兵衛の作る発明品はたびたび超常的なトラブルを生み出し、ある時アラレたちは原始時代へとタイムスリップしてしまう。アラレはここで「危険な文明を破壊する」使命を帯びた天使の卵を発見し、これを現代へと持ち帰る。この卵の中から生まれたガッちゃんこと則巻ガジラは、文明が発展しきった時代では使命を果たせず、アラレと一緒に遊んで暮らすようになる。
ある時、ペンギン村に宇宙船がやってくる。これは中国出身の摘家が月旅行に行くために乗っていたロケットで、アラレが遊び半分に放り投げたボールに運悪く当たってペンギン村に不時着したのだった。摘家の人々は、宇宙船が直るまで当面ペンギン村で暮らすことを決め、特に摘鶴天(つん つるてん)と摘突詰(つん つくつん)の姉弟は木緑家の子供たちと年齢が近かったこともあって親しくなっていく。

子供たちが恋に友情に青春を謳歌する中、千兵衛も意を決してみどりに告白。みどりはこれを受け入れ、千兵衛は彼女と結婚する。2人の間には則巻ターボ(のりまき ターボ)という男の子が生まれるが、ターボは超能力に目覚めて千兵衛以上の知力を持つようになる。アラレはターボを弟分としてかわいがり、しっかり者のターボもまたアラレを「大切な家族で、姉のようなもの」として接する。

Dr.マシリトとの戦い

世界征服を目論む悪の天才科学者Dr.マシリト(ドクター・マシリト)は、彼が作ったアラレが並みならぬ戦闘力を秘めていることを知ると、「私の野望の邪魔はさせん」と対抗心を燃やし始める。自作のロボット「キャラメルマン」を次々と作っては送り出すも、アラレのパワーやガッちゃんの援護などによってそのことごとくが撃破される。
業を煮やしたマシリトは、アラレの設計データを密かに盗み出し、まったく互角の能力を持つ少年型ロボットキャラメルマン4号を作り出す。マシリトに「則巻千兵衛とアラレは敵だ」と吹き込まれたキャラメルマン4号は、彼らを倒そうとペンギン村に赴くも、アラレに一目惚れしてしまう。

千兵衛が悪質な人間でないことも確かめたキャラメルマン4号は騙されていたことに気付き、持ち前の真面目さと正義感の強さを発揮してマシリトの下から離反。以降はオボッチャマンと名乗り、愛するアラレを守るためにペンギン村で暮らすようになる。
マシリトはなお諦めず、手を変え品を変えてアラレを倒そうとするも、ガッちゃんやターボくん、新たな仲間となったオボッチャマンの援護もあって失敗を重ねる。ついには自分自身をキャラメルマンに改造してアラレに襲い掛かり、彼女を戦闘不能に追い込むも、怒りに燃えるオボッチャマンによって粉砕され、その野望に終止符を打たれるのだった。

新村長と変わらぬ日常

新村長を決めるレースに挑戦するアラレとオボッチャマン(右)

ペンギン村の新村長を決めるレースが開催される。アラレは「おもしろそう」というだけでこれに参加し、千兵衛、みどり、オボッチャマンたちいつもの面々も続々と挑戦。破天荒でトラブルだらけのレースは、最終的にはアラレが勝利し、彼女は新しい村長となる。
アラレが村長となって間もなく、物語は最終回を迎える。「最終回って何をすればいいんだろう」と登場人物たちがメタな悩みを持て余す中、千兵衛は「ついに私の天才性を証明する時が来た」と豪語。アラレに村中の人を集めるよう指示を出す。

これを引き受けたアラレは、みどりたちいつも一緒に遊んでいた友人からガッちゃんを送り込んだ神様まで手当たり次第に声をかけ、今まで知り合った人々を則巻家へと招待する。「いったい何が始まるのか」と期待と不安に胸躍らせて集まった人々の前で、千兵衛は自身を称えるメッセージを仕込んだ花火を上げる。これだけ大騒ぎしてそれだけかと集まった面々は大いに呆れ、「さぁ称えろ」と言わんばかりの千兵衛に拳骨を見舞って去っていった。
10年後。アラレたちは相変わらず楽しくも騒がしい日々を過ごしていたが、それぞれの関係は少し変わっていた。大人になったみどりは、恋仲だった突詰と結婚。アラレは村長を続けつつオボッチャマンと籍を入れ、千兵衛が作ってくれた“2人の子供”という設定の赤ん坊型アンドロイドをかわいがっていた。新しい世代が育っていく中、ペンギン村の穏やかで楽しい時間は何も変わらないまま過ぎていった。

『Dr.スランプ アラレちゃん』の登場人物・キャラクター

主要な人物

則巻アラレ(のりまきあられ)/アラレちゃん

則巻アラレ

CV:小山茉美
天才発明家・則巻千兵衛によって作られた人造人間である。アラレちゃんはペンギン村での日常と冒険の主役として登場し、その魅力は多くの読者を惹きつけている。アラレちゃんは、「キーン!」と叫びながら両腕を飛行機のように広げて走る姿がある。この無邪気で楽しい様子は、作品を象徴するシーンの一つだ。彼女の天真爛漫な性格と超人的な力は、『Dr.スランプ アラレちゃん』の大きな魅力の一つであり、ファンから愛され続けている。

則巻千兵衛(のりまきせんべい)

則巻千兵衛

CV:内海賢二
則巻千兵衛は、自称「天才」の科学者であり、その才能は多くの発明品で証明されているが、その言動や行動にはどこか抜けている面がある。
ペンギン村では一応科学者として知られ、発明家として有名だが、彼の異名「ドクタースランプ」は彼のユーモラスで予測不可能な性格を反映している。彼が完成させた発明品にはアラレや宇宙船、タイムマシンなどがあり、それらはドラえもんの秘密道具に匹敵するほどのトンデモ道具である。しかし、彼の性格からか、これらの偉業にもかかわらず尊敬されることは少ない。

則巻ガジラ(のりまきがじら)/ガッちゃん

右の人物が、則巻ガジラ

CV:中野聖子
則巻ガジラ、愛称ガッちゃんは、愛らしい存在である。アラレによって「ガッちゃん」と名付けられた彼は、様々な場面でアラレと共に活躍し、視聴者に愛されている。
ガッちゃんの特異な能力は、ゴムを除くあらゆるものを食べることができる点にある。彼は特に鉱物や金属、建物など硬いものを好むが、アラレは特殊なゴムでできているため、彼にとって食べ物ではない。彼の「クピ」「ポ」という独特の言葉でアラレとコミュニケーションを取るやり取りは、作品にユーモアを加えている。

batman
batman
@batman

Related Articles関連記事

ジャンプの歴代ヒロインまとめ

ジャンプの歴代ヒロインまとめ

日本でもっとも発行部数の多い漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』は、人気でも知名度でも漫画という文化の頂点に位置する存在であり、幾多の傑作を生み出してきた。少年漫画であるだけにほとんどの作品の主人公は男性キャラクターだが、彼らを盛り立てるヒロインもまた魅力的な造形の人物ばかりである。 大人に子供、主人公に守られるだけの存在から共に戦う相棒、正規のヒロインを蹴散らして主人公と結ばれた者、“少年漫画”の常識を超えたヒロインかつ女性主人公というタイプ。ここでは、ジャンプ作品を彩ったヒロインたちを紹介する。

Read Article

ドラゴンクエストIX(DQ9・ドラクエ9)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストIX(DQ9・ドラクエ9)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』は、2009年7月にスクウェア・エニックスより発売されたニンテンドーDS用RPGソフト。 ドラクエナンバリングタイトルで初めてMORPGとしてマルチプレイ要素が導入された作品である(シングルプレイのみでも本編をクリア可能)。 本作の主人公は天使であり、とある事件によって世界各地に散らばってしまった「女神の果実」を集めることが今回の冒険の目的である。 主人公の仲間たちはドラクエ3のようにプレイヤーがキャラクターを作成して仲間に加えるというシステムである。

Read Article

ドラゴンクエストVII(DQ7・ドラクエ7)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストVII(DQ7・ドラクエ7)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』とは、2000年にエニックスより発売されたプレイステーション用RPGソフト。シリーズ第7作目で、移植版を除いて初めて任天堂以外のゲーム専用機向けに開発された。物語は魔王の封印を逃れ唯一世界に残っている島「エスタード島」から始まる。主人公たちは「ふしぎな石版」を揃えて過去に行き、その地の封印を解いて大陸を復活させ、世界を救うために魔王との最終決戦に挑む。非常にボリュームのあるストーリーで、シリーズ中で最もゲームクリアまでに費やす時間が多い作品である。

Read Article

ドラゴンクエストV(DQ5・ドラクエ5)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストV(DQ5・ドラクエ5)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』とは、1992年9月27日にエニックスより発売されたスーパーファミコン用RPGソフト。前作の『ドラゴンクエストIV』に続き、「天空シリーズ」の第二作目として知られている。今回の冒険は、親子二代に渡って探し続けていた「天空の勇者」を探し出し、魔界に鎮座する大魔王を倒すことが目的。本作から新しく仲間モンスターシステムが導入され、モンスターをパーティに組み込むことが可能である。

Read Article

ドラゴンクエストVI(DQ6・ドラクエ6)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストVI(DQ6・ドラクエ6)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストVI 幻の大地』とは、1995年に発売された「ドラゴンクエスト」シリーズの6作目の作品。「発見」をテーマとしており、主人公達が2つの世界を冒険する中で本当の自分自身を見つける、「自分捜しの旅」をするストーリーが展開される。新しい転職システムや、2つの世界を何度も往復するシナリオを特徴とする。シリーズの4作目・5作目と共に「天空シリーズ」と称される作品の1つであるとともに、同シリーズの完結編として位置づけられている。

Read Article

ドラゴンクエストIII(DQ3・ドラクエ3)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストIII(DQ3・ドラクエ3)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』とは、1988年2月10日にエニックスより発売されたファミリーコンピュータ用RPGソフト。1作目や2作目の主人公の先祖である伝説の勇者ロトの物語。アリアハンの勇者オルテガは、魔王バラモスを倒す為に旅立ち、消息を絶った。オルテガの子供である主人公は、父のあとを継ぐために王に願い出て、魔王バラモスを倒す旅へと出発する。

Read Article

クロノ・トリガー(Chrono Trigger)のネタバレ解説・考察まとめ

クロノ・トリガー(Chrono Trigger)のネタバレ解説・考察まとめ

『クロノ・トリガー』とは、1995年に発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲーム。 ファイナルファンタジーの坂口博信、ドラクエの堀井雄二、ドラゴンボール等の漫画家鳥山明の3名によるドリームプロジェクトとして企画され、話題になった。 主人公クロノは、未来の世界を滅ぼす元凶ラヴォスを倒すため、過去、現代、未来を行き来しながら冒険する。

Read Article

ドラゴンクエストIV(DQ4・ドラクエ4)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストIV(DQ4・ドラクエ4)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』とは、1990年2月にエニックスから発売されたファミコン用RPGソフト。前作までがロトシリーズと呼ばれているのに対し、今作は天空シリーズの第1弾となる。今回の冒険は、地獄の帝王を蘇らせようとしているデスピサロの企みを阻止し、地獄の帝王を倒すことが目的である。主要なプレイヤーキャラクターは「導かれし者たち」と言われる8人で、第1章から第4章までは仲間の旅立ちが描かれ、第5章で主人公のもとに導かれし者たちが集って魔王討伐に向かうことになる。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

鳥山明による日本の漫画作品。略称は「DB」。 西遊記をモチーフにした中国風の世界にSFの要素を取り入れた独特の世界観を形成している。 長期連載と作者の鳥山明のセンスが相まって、様々な名言を生み出しており、これらの名言は、インターネットはもちろんのこと、様々なエンターテインメント作品に影響を与えている。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明による漫画作品。雑誌「週刊少年ジャンプ 」にて、1984年から1955年まで連載されていた。山奥で暮らしていた主人公・孫悟空が、7つ集めると願いが叶うといわれるドラゴンボールを探しに旅に出たことから始まった物語が展開される。書籍として単行本が全42巻、完全版が全34巻発売された。東映動画(現・東映アニメーション)によってアニメ化されたほか、ゲームソフトも多数発売されている。

Read Article

ドラゴンクエストII(DQ2・ドラクエ2)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストII(DQ2・ドラクエ2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』とは、1987年1月26日に株式会社エニックスより発売されたファミリーコンピュータ用RPG。『ドラゴンクエストⅠ』の続編で、ドラゴンクエスト1から100年後の世界を舞台としている。前作の主人公の子孫であるローレシアの王子は、同じく前作の主人公の子孫であるサマルトリアの王子、ムーンブルクの王女と共に、悪の大神官ハーゴンを倒す為に旅をする。

Read Article

ドラゴンクエストI(DQ1・ドラクエ1)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストI(DQ1・ドラクエ1)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストI』とは、国民的RPG「ドラゴンクエスト」の記念すべき第一作目である。発売日は1986年5月27日でエニックスよりファミリーコンピュータ用ソフトとして発売された。ファミコン用ソフトとしては初のRPGゲームである。世界を支配していた魔王ゾーマが倒され、数百年後。アレフガルドは竜王によって再び支配され、ローラ姫がさらわれてしまう。王の命令で伝説の勇者ロトの子孫である主人公は、新たな勇者としてローラ姫を救出するために冒険へと出発する。

Read Article

ドラゴンクエストXI(DQ11・ドラクエ11)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストXI(DQ11・ドラクエ11)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエスト11とは、2017年7月29日に発売された同シリーズ11作目にして初の「PlayStation4(以降PS4と呼称)」と「Nintendo3DS(以降3DSと呼称)」の2機種同時発売のゲームとなる。2013年の企画当初はPS4のみだったが、後に3DS版の開発も決定された。 悪魔の子と呼ばれ、勇者でありながら追われる身となってしまう主人公。その旅のなかで出会う仲間たちとの壮大な冒険が始まる。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の人造人間まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の人造人間まとめ

『ドラゴンボール』とは、及びそれを原作とするアニメ作品である。七つ集めることでどんな願いも叶えるドラゴンボールを巡る冒険活劇から、主人公の孫悟空や鳥山明による漫画、仲間たちが強敵と戦うストーリーがメインとなり、世界的な人気を得た。本項では、強力な戦闘力を持った人造人間と呼ばれるキャラクターをまとめる。人造人間たちは、悪の科学者ドクター・ゲロにより戦う為に作られ、悟空たちと敵対する立場だが、中には争いを好まない者や、戦闘をゲームと捉える者もおり、各個体が際立った個性と魅力を持つ。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)シリーズの超サイヤ人まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)シリーズの超サイヤ人まとめ

『ドラゴンボール』とは鳥山明による漫画及びそれを原作としたアニメ作品である。世界に散らばる七つのドラゴンボールを探す冒険活劇から、主人公孫悟空らのバトルに重きを置いた作風にチェンジすることで世界的な人気を獲得。中でも悟空も含めた戦闘民族サイヤ人の変身形態、超(スーパー)サイヤ人は外見的特徴や戦闘力の高さから当時のファンに衝撃と興奮を与えた。超サイヤ人は、今尚シリーズの人気を誇る理由の一つである。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の必殺技まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の必殺技まとめ

『ドラゴンボール(DRAGON BALL)』とは、鳥山明による漫画、及びそれを原作としたアニメ、ゲームといったメディアミックス作品である。七つ集めることで願いを叶える龍を呼び出せるドラゴンボールを巡り、主人公の孫悟空と仲間たちが戦う物語。格闘物の少年漫画に多大な影響を与えた作品で、連載終了後も衰えぬ人気を誇る。個性豊かなキャラクターの他、多彩な必殺技が繰り出される戦闘シーンも人気の一因となっている。『ドラゴンボール』の戦闘シーンを彩る必殺技をまとめる。

Read Article

ドラゴンクエストX(DQ10・ドラクエ10)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストX(DQ10・ドラクエ10)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストシリーズの第10作目。同シリーズナンバリング作品としては初のオンラインゲームである。「エテーネの民」と呼ばれる主人公たちの村が冥王ネルゲルの攻撃により滅びを迎え、アストルティア大陸にて五つの種族のうちいずれかに転生した主人公が、元の人間の姿を取り戻し冥王ネルゲルを倒すため旅を始めるといったストーリーになっている。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の道具・アイテムまとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の道具・アイテムまとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明の漫画及びそれを原作とするメディアミックス作品である。7つ集めることでどんな願いも叶える神の龍を呼び出せるアイテム“ドラゴンボール”を巡る冒険譚から始まり、次第にバトルものへと移行することで世界的人気を得た。主人公の孫悟空を初めとする魅力的なキャラクターと迫力ある戦闘シーン、人間ドラマの他、遊び心もある独特のアイテムも物語を盛り上げている。本稿では、タイトルにもなっているドラゴンボールを初め、『ドラゴンボール』に花を添える用語やアイテムを紹介する。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の神様まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の神様まとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明による漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。七つ集めるとどんな願いでも叶えるドラゴンボールを巡り、主人公・孫悟空の冒険が始まった。悟空は強い者との戦いを求め、次々現れる強敵と戦うことになる。迫力のバトルシーン、魅力的なアイテム、キャラクターで今なお世界中を魅了する作品。「神様」と呼ばれる存在も、魅力あるキャラクター達である。基本的に神々の戦闘描写はないが、彼らは時に悟空の師となり、時に目標となってストーリーや世界観に広がりを持たせている。

Read Article

フリーザ(ドラゴンボール)の軍団・一味・家族・一族まとめ

フリーザ(ドラゴンボール)の軍団・一味・家族・一族まとめ

フリーザ軍とは、鳥山明の漫画及びそれを原作とするメディアミックス作品『ドラゴンボール』シリーズに登場する組織である。シリーズ最大の悪役フリーザを筆頭に、あらゆる種族の宇宙人から構成される。戦闘力の計測を行うスカウターなど、フリーザ軍の所有するアイテムは読者を魅了した。宇宙人から成る構成員たちも悪役ながら魅力あふれるキャラクターで、様々な個性を持って物語に花を添える。フリーザ軍の一味、フリーザの家族、一族を紹介する。

Read Article

SAND LAND(サンドランド)のネタバレ解説・考察まとめ

SAND LAND(サンドランド)のネタバレ解説・考察まとめ

『SAND LAND』(サンドランド)とは、未踏の水源を目指して砂漠化した世界を旅する元軍人と悪魔の少年の活躍を描いた、鳥山明による漫画作品。『週刊少年ジャンプ』誌上で2000年23号から同年36・37合併号にかけて連載された。 気候変動と天変地異により砂漠化した世界。悪魔の少年ベルゼブブは、ある日元軍人のラオという人間と出会い、彼と共に未踏の水源を探す旅に出立する。水源の独占を目論む人間の王と軍部の妨害を受けながらも2人は冒険を続け、やがて人間の過去の過ちと世界の秘密を知っていく。

Read Article

ドラゴンボールの融合(フュージョン・ポタラ・同化・吸収)まとめ

ドラゴンボールの融合(フュージョン・ポタラ・同化・吸収)まとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明の漫画を原作のメディアミックス作品で、バトル漫画の金字塔である。「融合(ゆうごう)」は、作中登場する技の1つで、2人以上の人物が結合し、1人の人間となるものである。単体の時よりも戦闘力が倍加する為、強敵との戦闘の際に行われる。特殊な動きで2人が1人の戦士になる「フュージョン」、界王神のアイテムを使い1人の戦士になる「ポタラ」、ナメック星人が一体化することで同胞に力を預ける「同化」、他者のエネルギーや能力を奪う「吸収」が登場した。

Read Article

ドラゴンボールZ 神と神(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンボールZ 神と神(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンボールZ 神と神』とは、2013年3月30日に公開された『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開作品である。原作者の鳥山明が初めてアニメシリーズに脚本の段階から深く関わっている。物語は、原作の魔人ブウ編にて、孫悟空が魔人ブウを倒してから約4年後に起こったエピソードが描かれている。平和に過ごしていた地球だったが、破壊神ビルスが目覚めスーパーサイヤ人ゴッドを探し出すという話である。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)のレッドリボン軍まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)のレッドリボン軍まとめ

レッドリボン軍とは、鳥山明の漫画及びそれを原作とするメディアミックス作品『ドラゴンボール』シリーズに登場する悪の組織である。国家に所属していない私設軍ながら武力、財力共に高く警察すら手出しができない「世界最悪の軍隊」と怖れられる。幹部たちがそれぞれの部隊を率いており、地域派遣された部隊は現地の住民を脅してこき使うことが多い。世界征服の野望を持ち、物語初期では7つ集めることで願いを叶える龍を呼び出せる「ドラゴンボール」を巡って主人公孫悟空(そん ごくう)と戦った。

Read Article

ドラゴンボールZ 復活の「F」(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンボールZ 復活の「F」(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』は、2015年4月18日に公開された劇場公開アニメーション映画作品である。前作の『ドラゴンボールZ 神と神』の直接的な続編となっている。原作者の鳥山明は前作に続き、キャラクターデザインを担当すると共に、本作では初めて単独で脚本も務めた。4月18日に全国328館で公開され、興行収入37.4億円を記録した。悟空に殺された悪の帝王フリーザが復活した後、初めての過酷な修行を経て悟空に復讐するために地球へ向かった話である。

Read Article

ドラゴンボールDAIMA(ダイマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンボールDAIMA(ダイマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンボールDAIMA』(ドラゴンボールダイマ)とは、鳥山明による世界的人気漫画『ドラゴンボール』シリーズのアニメオリジナル作品。「DAIMA」とは漢字で「大魔」、英語では「Evil」を意味する造語。2024年秋に放送される。 ただ純粋に強さを求め、強い者との戦いを心から楽しみ、幾度となく地球を宇宙を救ってきた孫悟空。ある時、彼とその仲間たちは何者かの陰謀によって子供の姿に変えられてしまう。元の姿に戻るため、真犯人を突き止めるために、悟空たちは時空を超えた大冒険を繰り広げる。

Read Article

ファンタジーの定番「エルフ」とは!?元ネタ・特徴・能力・有名キャラクターを徹底解説!

ファンタジーの定番「エルフ」とは!?元ネタ・特徴・能力・有名キャラクターを徹底解説!

エルフとは、ファンタジー風の異世界を舞台とする作品にたびたび登場する、人間に近い姿をした「亜人」と呼ばれる種族の1つである。もともとは北欧に伝わる妖精の一種で、『指輪物語』や『ロードス島物語』といった作品で取り上げられながら設定が整理されていった。 エルフは長い耳と人間の数倍以上の寿命を持ち、種族的に高い魔力を持つ。自然を崇拝し、森の中を主な生活圏にしており、他種族に対しては排他的な傾向が強い。ここでは、ファンタジー物の作品では定番のキャラクターであるエルフについて解説していく。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

『ドラゴンボール』(DRAGON BALL)とは、鳥山明による漫画作品。ひたすらに純粋に強さを求め続ける快男児・孫悟空が繰り広げる、世界も宇宙も次元も超える大冒険を描いている。国境を超えた人気作品で、「日本の漫画」を世界的に広めるきっかけともなった。 悟空は人間離れした大食漢であり、行く先々で作られる様々な料理を山のように平らげてきた。ここでは、一般的なものからSFチックなもの、ファンタジックなものまで、『ドラゴンボール』に登場する料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物をまとめて紹介する。

Read Article

クロノ・トリガーの魔法・一人技・連携技まとめ

クロノ・トリガーの魔法・一人技・連携技まとめ

1995年にスクウェアから発売された『クロノ・トリガー』。ごく普通の少年・クロノが平和を祈る祭典で王女・マールと偶然の出会いをし、やがて世界を救うために様々な時代を行き来するようになる。主人公たちはストーリーを進めるなかで、様々な魔法や連携技を覚えていく。連携技はかなり多くの種類があるため、戦闘を有利に進めるためのパーティー編成を自由に考えられるのもこのゲームの大きな魅力の1つである。

Read Article

『ドラクエ』『ドラゴンボール』『アラレちゃん』など鳥山明作品のイラスト画像まとめ

『ドラクエ』『ドラゴンボール』『アラレちゃん』など鳥山明作品のイラスト画像まとめ

漫画家、ゲームクリエイターとして活躍している「鳥山明」は、実に幅広く多くの作品に関わって個性的なキャラクター達を生み出している。代表作『ドラゴンボール』『ドラゴンクエスト』『アラレちゃん』『クロノ・トリガー』など、壁紙にぴったりな鳥山明作品の画像集をまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents