ボディガード(1992年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ボディガード』とは、1992年にアメリカ合衆国で制作されたラブサスペンス映画である。脅迫状を送りつけられたスーパースターのレイチェル・マロンと彼女を命懸けで守る元シークレットサービスでプロのボディガードであるフランク・ファーマーとの甘くて切なく、ほろ苦い恋が描かれていく。主演は『ダンス・ウィズ・ウルブズ』でオスカーを獲得したケビン・コスナー、共演は本作が女優デビューとなった歌手ホイットニー・ヒューストンが務めた。監督は『ボルケーノ』、『理由なき発砲』などで知られるミック・ジャクソンが務めた。

レイチェル・マロンを尋ねるために車で彼女の邸宅に来たボディガードのフランク・ファーマーはインターホンに向かって「アレクサンダー・グラハム・ベルですが、ミス・マロンにお会いしたい」と伝えるシーンがある。アレクサンダー・グラハム・ベルはスコットランド生まれの科学者、発明家、工学者である。電話の発明者として知られている。

『ボディガード』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

レイチェル・マロン 「撃つかと思ったわ」

ボディガードのフランク(画像左)をスーパースターのレイチェル(画像右)は邪魔者扱いする

スーパースターのレイチェル・マロンの警護を引き受けたボディガードのフランク・ファーマーは彼女の警護に徹していく。ある日、高級レストランから出てきた所を母親と娘がレイチェルの前にやって来る。レイチェルのファンであるその親子は彼女にサインを頼み、そして写真撮影もお願いする。フランクは女の子に対してサインも写真撮影もできないと伝えるが、レイチェルは承諾する。喜ぶ親子がその場から離れていった後、レイチェルは「撃つかと思ったわ」と皮肉を込めて言う。危機意識のないレイチェルがフランクを邪魔者扱いしている気持ちが伝わってくる。

レイチェル・マロン 「心配しないで。私が守ってあげる」

グラスが割れた音に反応したフランク(画像右)に対してレイチェル(画像左)は余裕のある言葉を口にする

ナイトクラブで暴走したファンからフランクに助けられたレイチェルは翌朝、フランクと並んで歩きながら恥ずかしい気持ちを抑えて一緒にデートに行きたいと伝える。1970年代の音楽が流れる店に行き、2人は楽しい時間を過ごしていく。ジュークボックスから流れる歌に合わせながら2人はダンスをしていく。気が滅入る歌詞だと2人は口にして、さらにダンスを続けていく。その時、どこかでグラスが割れる音がして、フランクはレイチェルを守ろうとする。そのようなフランクに対して、「心配しないで。私が守ってあげる」と彼女が言う。守る男と守られる女の立場が逆転したこと、そしてレイチェルの余裕ある気持ちが伝わってくる。

フランク・ファーマー 「これじゃ君を守れない」

フランクはボディガードとして警護対象者と過ごしたことを悔やむ

ナイトクラブで暴走したファンから身を挺して自分を守ったフランクに対してレイチェルは感謝の気持ちを示した。そしてある夜、2人はデートに行く。そして2人はボディガードと警護対象者という関係を越えて恋人同士の関係になり、一晩過ごした。しかし、フランクはボディガードという立場で警護対象者と一晩過ごしたことを後悔する。そしてレイチェルに「これじゃ君を守れない」と感情を露わにして言う。仕事柄、自身の感情を出さずに警護対象者を守り抜く仕事をしているフランクだからこそ、心の奥底に秘めた後悔の念が強く伝わってくる。

『ボディガード』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

デートで鑑賞した映画は『用心棒』

フランク・ファーマーとレイチェル・マロンの2人がデートで鑑賞していた映画は『用心棒』だ。日本映画界の巨匠である黒澤明が監督を務めた作品であり、俳優の三船敏郎が主演を務めた。宿場町で対立するヤクザ同士を衝突させて壊滅させるという内容である。『ボディガード』の脚本を執筆したローレンス・カスダンは熱烈な黒澤明監督のファンであり、オマージュとして映画の中に『用心棒』のワンシーンが挿入された。

スティーブ・マックイーン主演を想定して書かれた脚本

映画『ボディガード』の脚本は当初、スティーブ・マックイーンが主演、ダイアナ・ロス共演を想定して執筆されていた。マックイーンは『大脱走』や『ブリット』などで知られるアクションスターであり、ダイアナ・ロスは歌手として「恋はあせらず」などのヒットソングで知られ、女優として『ビリー・ホリデイ物語/奇妙な果実』などの映画に出演していた。しかし、マックイーンが降板した後に『ある愛の詩』で知られるライアン・オニール主演で映画化の企画が進行するが、実現には至らなかった。白人と黒人のロマンスを本格的に描くには困難な時代背景があったという説がある。後にケビン・コスナーが製作を務め、共演にホイットニー・ヒューストンを指名したことで映画化が実現されて公開となり、アメリカのみならず日本でもヒットを記録した。

続編が企画されていた

ハリウッドの有名俳優ケビン・コスナーと歌謡界のスーパースターであるホイットニー・ヒューストンが出演した映画が『ボディガード』であるが、実は続編が企画されていた。共演は1997年8月31日にフランスのパリで交通事故死したイギリスのダイアナ元皇太子妃だった。続編の映画は香港が舞台となっており、コスナー演じるボディガードが元皇太子妃を警護していく過程で次第に恋仲になっていくという内容だった。しかし、彼女が交通事故死したことによって続編の企画は実現に至らなかった。ちなみに、コスナーの手元に続編の脚本が届けられたのは元皇太子妃が亡くなる前日だったという。

主題歌はカバーソング

映画『ボディガード』と言えばホイットニー・ヒューストンが歌う主題歌「オールウェイズ・ラブ・ユー」が有名であるが、実はカバーソングである。オリジナルはアメリカ人歌手兼女優であるドリー・パートンが作詞と作曲を手掛けた同名の歌で、パートン自身が歌っている。パートン版は鼻にかかった独特の歌声が特徴であるが、ヒューストン版は力強い歌声が特徴である。

映画のポスターに写る女性はホイットニー・ヒューストンとは別人

映画『ボディガード』といえば、ケビン・コスナー演じるボディガードに抱かれているホイットニー・ヒューストン演じるスーパースターが映るポスターが印象的である。『エンターテインメント・ウィークリー』というテレビ番組のインタビューでケビン・コスナーが、このポスターに映る女性はホイットニー・ヒューストンではなく、別の女性であることを暴露した。コスナーの肩に顔を埋めていて問題はないし、怯えているという設定だから、とコスナーは語った。
映画のワンシーンが切り取られていて、これをポスターにしたいとコスナーは言った。映画の配給元であるワーナーブラザースは反対したが、ヒロインの顔が見えないポスターは今までにないからこそ、インパクトが強いポスターになったと語っている。

『ボディガード』の主題歌・挿入歌

主題歌:ホイットニー・ヒューストン 「I Will Always Love You」

1qyugure_miv
1qyugure_miv
@1qyugure_miv

Related Articles関連記事

パーフェクト ワールド(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

パーフェクト ワールド(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

監督クリント・イーストウッド、主演ケヴィン・コスナーで1993年に公開されたアメリカ映画。 クリント・イーストウッドとケヴィン・コスナーというハリウッドの2大スター共演だが、フィリップ役の子役が素晴らしい演技を見せて、観るものを驚かせた。 脱獄囚ブッチは、逃亡中に8歳の少年フィリップと出会い、人質として連れ出す。逃亡の中で次第に心を通わせていく2人。せつないラストに心打たれるロードムービー。

Read Article

アンタッチャブル(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アンタッチャブル(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アンタッチャブル』とは、1987年にアメリカで制作されたアクション映画。禁酒法が敷かれた大都市シカゴを舞台に、酒の密造と密売で莫大な利益を得るギャング、アル・カポネに敢然と戦いを挑む4人の男たちの姿をロマンあふれる演出で描き出していく。『ボディガード』で知られるケビン・コスナー、『007 ドクター・ノオ』で知られるショーン・コネリーが出演した。 監督は『殺しのドレス』や『カジュアリティーズ』などで知られるブライアン・デ・パルマが務めた。

Read Article

マン・オブ・スティール(DCEU)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

マン・オブ・スティール(DCEU)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『マン・オブ・スティール』とは、2013年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。「DCコミックス」の人気アメリカン・コミック『スーパーマン』の実写映画作品である。『スーパーマン』シリーズを含めると、本作は通算第6作目の作品だ。科学や文明が発達して人工生育が常識である、地球から遠く離れた惑星「クリプトン」で、数百年ぶりに自然出産で「カル=エル」という子供が生まれた。のちに「スーパーマン」と呼ばれる彼は、子供のいなかった夫妻に育てられたのち、自分の出自を知るための旅にでる。

Read Article

フォレスト・ガンプ/一期一会(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

フォレスト・ガンプ/一期一会(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『フォレスト・ガンプ/一期一会』とは、1985年に発売されたウィンストン・グルームの『フォレスト・ガンプ』を原作とした、1994年公開のアメリカ映画である。監督はロバート・ゼメキス、脚本はエリック・ロス、主演はトム・ハンクス。第67回アカデミー賞作品賞、第52回ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞などを受賞した。人より知能指数は低いが心優しい主人公フォレスト・ガンプは、持ち前の純粋さと才能を活かし様々な記録を作る。そして一途に1人の女性を愛し起こした行動が、人々に幸福をもたらす物語。

Read Article

ヴァン・ヘルシング(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ヴァン・ヘルシング(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ヴァン・ヘルシング』とは2004年に公開されたアクション・ファンタジー映画。監督は『ハムナプトラ』シリーズで知られるスティーブン・ソマーズ、主演はヒュー・ジャックマンが務めた。ドラキュラ、フランケンシュタイン、ウルフマンを一堂に会した事が話題となり、当時のユニバーサル映画史上最高記録を更新した。聖騎士団に所属するモンスターハンター、ヴァン・ヘルシングは不死身の吸血鬼ドラキュラの討伐を命じられる。トランシルバニアへ赴きヴァレリアス家最後の一人アナ王女と共に最恐の敵に挑む。

Read Article

キャスト・アウェイ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

キャスト・アウェイ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『キャスト・アウェイ』とは、2000年に公開されたアメリカのサバイバル映画である。トム・ハンクスが主演を務め、ロバート・ゼメキスが監督を務めた。ストーリーは、国際貨物便フェデックスのシステムエンジニアであるチャック・ノーランドが、飛行中に航空事故に遭い、無人島に漂着してしまうというもの。無人島での生活に適応し、生き延びるために様々な方法を見つけていく。

Read Article

【アンジェリーナ・ジョリー】ハリウッドスターが愛用する薬物・コカインのアメリカでの状況まとめ【ホイットニー・ヒューストン】

【アンジェリーナ・ジョリー】ハリウッドスターが愛用する薬物・コカインのアメリカでの状況まとめ【ホイットニー・ヒューストン】

危険ドラッグの1つであるコカイン。強い多幸感を得られることから依存性が高く、日本だけではなく海外でも規制の対象になっているのは周知のことですよね。そんなコカインはアメリカで愛用者が多く、ハリウッドスターの間でも浸透しているようです。この記事では、アメリカにおけるコカイン事情についてまとめました。危険と知りながら、なぜ人は薬物に手を出してしまうのか…。この記事を読んでいるあなたが薬物に手を出そうとしているわけではないことを祈ります。

Read Article

誤訳が多い?字幕翻訳家・戸田奈津子に対する怒りの数々をまとめてみた

誤訳が多い?字幕翻訳家・戸田奈津子に対する怒りの数々をまとめてみた

日本を代表する翻訳家として知られる戸田奈津子。これまで数々の映画の字幕翻訳を手がけ、私たちもそれを当たり前のように視聴してきました。ところが、実際には彼女の翻訳が間違いだらけだとして問題になっているようで、様々な議論が交わされています。この記事では、そんな戸田奈津子の誤訳に寄せられた声についてまとめました。叩くのは簡単だけど、語学って本当に難しいんです。文句ばかり言うんだったら、いっそのことご自分で訳されてはいかがでしょうか。あぁもちろん、細かなニュアンスも完璧に、誰からも批判されないヤツをね!

Read Article

【ブレイド】ハリー・ポッターやダレン・シャンに負けないファンタジー映画ランキングまとめ【ヴァン・ヘルシング】

【ブレイド】ハリー・ポッターやダレン・シャンに負けないファンタジー映画ランキングまとめ【ヴァン・ヘルシング】

『ハリー・ポッター』シリーズや『ダレン・シャン』シリーズは、ファンタジー好きの間で非常に有名な作品です。そんな両作に勝るとも劣らないファンタジー映画の数々を、この記事でランキングにしてまとめました。非現実的な世界観で普通では起こりえない出来事を楽しめるのが魅力!ファンタジー好きの方なら、きっとどの作品にもハマること間違いなしですよ。

Read Article

【ヴァン・ヘルシング】外国人の吸血鬼・バンパイア・ドラキュラ画像まとめ【ブレイド3】

【ヴァン・ヘルシング】外国人の吸血鬼・バンパイア・ドラキュラ画像まとめ【ブレイド3】

吸血鬼、バンパイア、ドラキュラ…。名前だけ聞くと恐ろしいですが、これらを題材にした作品ってなぜかすごく心惹かれるものがありますよね。この記事では、吸血鬼、バンパイア、ドラキュラに扮している外国人の画像についてまとめました。こんな美男美女になら、血を吸われたっていいや…。

Read Article

エンニオ・モリコーネが手掛けた音楽まとめ!マカロニ・ウエスタン映画音楽の巨匠!

エンニオ・モリコーネが手掛けた音楽まとめ!マカロニ・ウエスタン映画音楽の巨匠!

マカロニ・ウエスタン映画音楽の巨匠、エンニオ・モリコーネが手掛けた音楽の動画をまとめました。クリント・イーストウッド主演作『夕陽のガンマン』シリーズなど、砂塵舞う荒野と男たちの決闘のイメージが湧いてくる音楽ばかり。また、『アンタッチャブル』などマカロニ・ウエスタン映画以外の映画音楽も紹介しています。

Read Article

目次 - Contents