初音ミク(VOCALOID)の徹底解説まとめ

初音ミク(はつねミク)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・藤田咲(ふじた さき)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。ボカロブームを日本に生み出したきっかけのソフトであり、ボカロを代表するキャラクターでもある。

1. Palette/ゆよゆっぺ feat. 巡音ルカ
2. フラッシュバックサウンド(VOCAROCK collection ver.)/クワガタP feat. 初音ミク
3. モノクロアクト/doriko feat. 初音ミク
4. ワールズエンド・ダンスホール/wowaka(現実逃避P) feat. 初音ミク、巡音ルカ
5. Child’s Garden/otetsu feat. 巡音ルカ
6. マリオネットシンドローム/すこっぷ feat. 初音ミク
7. サルでもわかる/アゴアニキ feat. 鏡音リン
8. ペテン師が笑う頃に/梨本うい feat. 初音ミク
9. タワー/KEI feat. 巡音ルカ
10. カラクリアゲハ/骨盤P feat. 初音ミク
11. 蕾桜/ヤスオ feat. 初音ミク
12. アルビノ/buzzG feat. 初音ミク
13. 夜と虹色/古川本舗 feat. 初音ミク
14. falldown/←P feat. 初音ミク
15. Fake Lover/ジミーサムP feat. 初音ミク
16. 貴方に花を 私に唄を(VOCAROCK collection ver.)/Re:nG feat. 初音ミク

初音ミクなどのボカロをボーカルに用いたロックソング(通称:ボカロック(VOCAROCK))を集めたコンピレーション・アルバム。発売日は2010年7月21日である。インディーズ・レーベルのFARM RECORDSから発売された。
本作では発売当時(2010年7月21日時点)に人気のあったボカロックを代表する16人のボカロPの楽曲が収録されている。初音ミク以外には、鏡音リン、巡音ルカ歌唱の楽曲が収録された。またトラック2の「フラッシュバックサウンド」とトラック16の「貴方に花を 私に唄を」は、本作の為に改めて作られた新バージョンの楽曲となっている。
ジャケットイラストは、イラストレーターのnagimiso.sysが制作した。

『VOCAROCK collection 2 feat. 初音ミク』

1. Corruption Garden/Caz feat.巡音ルカ
2. GALLOWS BELL/buzzG feat.初音ミク
3. THE DYING MESSAGE/鬱P feat.鏡音リン
4. ロベリア/Lobelia -MistyRain ver.-/equel feat.初音ミク
5. ヒステリ/クワガタP feat.初音ミク
6. グレア/バルP feat.鏡音リン
7. 死にたがり/梨本うい feat.初音ミク
8. 嘘つき造花/kous feat.初音ミク
9. トップシークレット/すこっぷ feat.初音ミク
10. うたうたいのうた/ナノウ(ほえほえP) feat.初音ミク
11. Parades/whoo feat.初音ミク
12. 迷子ライフ/TOKOTOKO(西沢さんP) feat.鏡音リン
13. ゴシックロリィタドレスアップズ/マチゲリータ feat.初音ミク
14. Looking for/そそそ(津久井箇人)feat.巡音ルカ
15. わすれんぼう/アゴアニキ feat.鏡音リン
16. Lost story -Unrelieved ver.-/ゆよゆっぺ feat.初音ミク
17. ユラメク/ヘブンズP feat.初音ミク
18. crack/keeno feat.初音ミク

初音ミクなどのボカロをボーカルに用いたロックソング(通称:ボカロック(VOCAROCK))を集めたコンピレーション・アルバム第2弾。発売日は2010年12月15日である。インディーズ・レーベルのFARM RECORDSから発売された。
本作では発売当時(2010年12月15日時点)に人気のあったボカロックの楽曲が収録されており、初音ミク以外には、鏡音リン、巡音ルカ歌唱の楽曲が収録されている。トラック4の「ロベリア」、トラック16の「Lost story」は本作用に改めて制作された新バージョンのものとなっている。さらに本作の為の書き下ろし楽曲を多数追加し、前作『VOCAROCK collection feat. 初音ミク』よりもさらに豪華な内容に進化した1枚である。
ジャケットイラストは、イラストレーターのMACCO(代表作:『気ままで可愛い病弱彼女の構いかた』)が制作した。

『VOCAROCK collection 3 feat.初音ミク』

1. カゲロウデイズ/じん(自然の敵P) feat.初音ミク
2. Leia/ゆよゆっぺ feat.巡音ルカ
3. 嘘つきの世界/すこっぷ feat.初音ミク
4. アブストラクト・ナンセンス/Neru feat. 鏡音リン
5. DANCE FLOOR/buzzG feat. GUMI
6. Endroll A/ゆうゆ feat. 鏡音リン・レン
7. バビロン/トーマ feat. 初音ミク
8. 能く在る輪廻と猫の噺/骨盤P feat. 初音ミク
9. 格子の心臓/TOKOTOKO(西沢さんP) feat.GUMI
10. ハッピーエンドグレーテル/KulfiQ feat.初音ミク
11. 僕はまだ本気出してないだけ/梨本ういfeat初音ミク
12. アレグラ/鬱P feat. 鏡音リン
13. ゴシックロリィタドレスアップズ2/マチゲリータ feat. 初音ミク
4. 水葬カタルシス/ゆちゃ feat. 鏡音リン
15. 宙吊りダンシング/otetsu feat. 巡音ルカ
16. ラストエフェクト/Last Note.feat. 初音ミク
17. Track/KEI feat. 巡音ルカ
18. アストロノーツ/ぽわぽわP feat. 初音ミク

初音ミクなどのボカロをボーカルに用いたロックソング(通称:ボカロック(VOCAROCK))を集めたコンピレーション・アルバム第3弾。発売日は2011年12月7日である。インディーズ・レーベルのFARM RECORDSから発売された。
本作では発売当時(2011年12月7日時点)に人気のあったボカロックの楽曲が収録されており、初音ミク以外には、鏡音リン、巡音ルカと前回同様のボカロキャラクターに加え、新たにMegpoid(キャラクターとしての名前はGUMI)歌唱の楽曲の収録も行われた。
ジャケットイラストは、イラストレーターの有坂あこ(代表作:『正解するカド』(キャラクター原案))が制作した。

『VOCAROCK collection 4 feat. 初音ミク』

1. インビジブル/kemu feat. GUMI、鏡音リン
2. 僕らに喜劇を見せてくれ/じん×石風呂 feat. IA
3. 延命治療/Neru feat. IA
4. トリノコシティ/40mP feat. 初音ミク
5. 古書屋敷殺人事件/てにをは feat. 初音ミク
6. 罰ゲーム/くるりんご feat. 初音ミク、GUMI
7. アイロニ/すこっぷ feat. 初音ミク
8. 十六夜草紙/buzzG feat. 初音ミク
9. Feel my pain/ゆよゆっぺ feat. 巡音ルカ
10. キャラメルヘヴン/Last Note. feat. GUMI
11. 完全懲悪ロリィタコンプレックス/かいりきベア feat. GUMI
12. ヘルシーな生活/TOKOTOKO(西沢さんP) feat. GUMI
13. モラトリアン/KEI feat. GUMI
14. 独我論 code:altered/FAULHEIT feat. GUMI
15. 怪盗ピーター&ジェニイ/Nem feat. 鏡音リン・レン
16. 構ってちゃんと回転木馬/ゆちゃP feat. 初音ミク
17. 文学少女インセイン/カラスヤサボウ feat. 鏡音リン
18. 月見夜ラビット/蝶々P feat. 初音ミク
19. 夕暮れ蝉日記/まふまふ feat. IA
20. ガリベン広瀬の勝利/みきとP feat. GUMI

初音ミクなどのボカロをボーカルに用いたロックソング(通称:ボカロック(VOCAROCK))を集めたコンピレーション・アルバム第4弾。発売日は2012年11月28日である。インディーズ・レーベルのFARM RECORDSから発売された。
本作では発売当時(2012年11月28日時点)に人気のあったボカロックの楽曲が収録されており、初音ミク以外には、鏡音リン、巡音ルカ、GUMIと前回同様のボカロキャラクターに加え、 鏡音レン、IA -ARIA ON THE PLANETES-(通称:IA)歌唱の楽曲の収録も行われた。トラック2の「僕らに喜劇を見せてくれ」は人気ボカロPであるじん(自然の敵P)と石風呂が本作の為にコラボし、書き下ろした楽曲となっている。さらにトラック4の「トリノコシティ」は、制作者の40mPと人気ボカロP164がコラボユニットとして結成している1640mPによる新バージョンのものが収録されている。
ジャケットイラストは、イラストレーターのhatsuko(代表作:クリエイト・ユニット『KEMU VOXX』の楽曲シリーズ全MV)が制作した。

『VOCAROCK collection 5 feat. 初音ミク』

1. 四十九日目/梨本うい
2. 夕立のギターリフレイン/石風呂
3. 皆殺しのマジック/鬱P
4. farewell/ゆよゆっぺ × ゆよゆっぱ
5. 夢花火/まふまふ
6. 沈丁花咲く頃に/ゆうゆ
7. Polaris/uz
8. プロディジーの憂愁/buzzG
9. ニナ/ピノキオP
10. 狼狽える心臓と群青市街に鳴り散らかすサイレンが酷く煩かった/Eight
11. サイレント・アテンダンス/miyake
12. ブサメンドキュメンタリー/卓球少年
13. ムシクイサイケデリズム/じっぷす
14. 嗚咽/蝶々P
15. 東京リアルワールド/out of survice
16. 造花の距離感/なぎさ
17. 怪々絵巻/てにをは × AVTechNO!

初音ミクなどのボカロをボーカルに用いたロックソング(通称:ボカロック(VOCAROCK))を集めたコンピレーション・アルバム第5弾。発売日は2013年12月25日である。インディーズ・レーベルのFARM RECORDSから発売された。
本作では発売当時(2013年12月25日時点)に人気のあったボカロックの楽曲が収録されており、初音ミク以外には、鏡音リン、鏡音レン、GUMI、IA歌唱の楽曲の収録も行われた。初回限定盤は3D仕様のパッケージとなっている。さらにオリジナルピックや着せ替え用ジャケットといった特典に加え、人気ボカロPによるインスト版の楽曲をMP3でダウンロード可能という特典がついてきた。
ジャケットイラストは、イラストレーターのユンケル(代表作:『紅蓮のオーガ』)が制作した。

初音ミクの代表曲

千本桜

ボカロPの黒うさPが2011年9月17日にニコニコ動画にて公開した楽曲。勢いのあるピアノサウンドが印象的なピアノロックソングとなっており、大正浪漫を感じるモダンでお洒落な雰囲気のMVも話題を呼び、人気となった。投稿から41日でミリオン(ニコニコ動画で再生回数を100万回超えた動画のこと)を達成。この達成の早さは、歴代7番目にあたる驚異の早さとなっている。また翌年2012年1月にはダブルミリオンを達成し、同年4月にはトリプルミリオン、さらに同年8月にはクアドラプルミリオンを達成した。翌年2013年にはクインティプルミリオンを達成し、初音ミクだけではなく、ボカロ界そのものを代表する楽曲となっている。
その他にも本楽曲をもとにした小説・漫画の発売やミュージカル・歌舞伎の公演が行われた。なお歌舞伎は、歌舞伎役者の中村獅童と初音ミクが主演を務めるという次元を超えた歌舞伎となり、現在も「超歌舞伎」という名前でドワンゴ主催のイベント「ニコニコ超会議」にて毎回公演が行われている。ニコニコ超会議での公演後も京都南座で公演が行われるなど、人気を博すイベントとなっている。

メルト

大人気同人音楽サークル・supercell所属のryoが作りあげた楽曲。初音ミクが生まれた2007年の12月7日にニコニコ動画に投稿された、ボカロ音楽の中でも古めの楽曲となっている。
女の子目線の甘酸っぱいキュートなラブソング。ポップで耳に馴染みやすいメロディーやMVに使用された1枚絵の初音ミクの可愛さもあわさり、話題を呼んだ。ニコニコ動画には、マイリストと呼ばれる自分のお気に入りの作品をリストとしてまとめる事ができる仕様が存在しており、メルトは当時のニコニコ動画の中で最もマイリスト登録数が多い作品だった事が判明している。歌い手のカバーも数多く存在し、ボカロ界に旋風を巻き起こした1曲といっても過言ではないだろう。
2015年8月にはニコニコ動画にて、ボカロオリジナル曲では2曲目となる1000万回再生を達成した。セガの初音ミクの音楽ゲーム『初音ミク-Project DIVA-』にも収録がされている。さらに2017年12月には歌手やなぎなぎがボーカルを務めたバージョンの楽曲「メルト 10th anniversary mix」も公開された。やなぎなぎは、元は「ガゼル」の名で歌い手をしていた女性シンガーだが、後に「nagi」という名前でsupercellのアルバム制作にボーカルとして参加した経緯を持つ。その繋がりから、やなぎなぎ版の「メルト 10th anniversary mix」が制作されたようだ。
なお、やなぎなぎはガゼル名義の時にも「メルト」の歌ってみた動画をあげている。ニコニコ動画にて再生回数がミリオンを達成するほどの人気歌ってみた動画であると同時に、ガゼル名義最後の歌ってみた動画ともなっている。

みくみくにしてあげる 【してやんよ】

2007年9月20日にニコニコ動画にて公開された楽曲。製作者はボカロPであり、鶴田加茂の名前で音楽家としても活躍しているika_mo。初音ミクを題材に作られた、いわゆるキャラクターソングとなっており、サビの歌詞「みっくみくにしてあげる♪」が印象的な エレクトロミュージックとなっている。
初音ミクが生まれたばかりでブームが巻き起こっていた最中であった事もあり、初音ミクそのものを題材にしたこの楽曲は多くのミクファンから支持を受ける事となった。2008年に行われた調査によると、初音ミクの楽曲を聴いた事があるという人の中で、この曲を聴いた事があると答えた者は69.2%もいたという。
投稿から8日で、再生回数は50万回を超え、2012年8月30日にボカロ楽曲初となる1000万回再生を達成した。
なお、2009年発売のアルバム『Heartsnative』と2012年発売の『Heartsnative2』に、本楽曲のフルバージョンが収録されているが、ika_mo曰く動画公開されているものがショート版かと言われればそうではないとのこと。フルバージョン以外にも、方便を使って歌ってみた動画や3DのPVがつけられたものが投稿されるなど、様々な派生作品の展開が行われた。

『Tell Your World』

1215chika
1215chika
@1215chika

Related Articles関連記事

KAITO(VOCALOID)の徹底解説まとめ

KAITO(VOCALOID)の徹底解説まとめ

KAITO(かいと)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。スタジオ・ミュージシャンの風雅なおと(ふうが なおと)の声をもとに制作された男性ボイスのボカロであり、様々な音楽ジャンルに適応したソフトとなっている。

Read Article

鏡音リン・レン(VOCALOID)の徹底解説まとめ

鏡音リン・レン(VOCALOID)の徹底解説まとめ

鏡音リン・レン(かがみね リン・レン)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている「クリプトン・フューチャー・メディア」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・下田麻美(しもだ あさみ)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。ボカロブームのきっかけとなった初音ミクの次に制作され、約7ヶ月で2万本という売上数を出した。

Read Article

MEIKO(VOCALOID)の徹底解説まとめ

MEIKO(VOCALOID)の徹底解説まとめ

MEIKO(めいこ)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として、最初に生み出された。シンガーソングライター・拝郷メイコ(はいごう めいこ)の声をもとに制作されており、様々な音楽ジャンルに適応したソフトとなっている。

Read Article

巡音ルカ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

巡音ルカ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

巡音ルカ(めぐりね ルカ)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・浅川悠(あさかわ ゆう)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。VOCALOID(通称:ボカロ)初の日本語と英語、2つの言語に対応したソフトとして作られた。

Read Article

可不/KAFU(VOCALOID)の徹底解説まとめ

可不/KAFU(VOCALOID)の徹底解説まとめ

可不(カフ、KAFU)とは、クリエイティブレーベル「KAMITSUBAKI STUDIO」が企画を行い、名古屋の複数の企業からなる会社「CeVIO」が自社の音声合成ソフト『CeVIO AI』を用いて制作した音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。正式名称は「音楽的同位体 可不(KAFU)」。KAMITSUBAKI STUDIO所属の人気バーチャルYouTuber「花譜」の声をもとに制作された事で話題となった。

Read Article

IA(VOCALOID)の徹底解説まとめ

IA(VOCALOID)の徹底解説まとめ

IA(いあ)とは、音楽や映像、ソフトウェア等の企画・開発・販売を行っている会社「1st PLACE」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。1st PLACE所属のアーティスト・Lia(りあ)の声をもとに制作された。音声合成ソフトである他、1st PLACE所属の「バーチャルアーティスト」としてバーチャル空間プロジェクト「仮想惑星HABINA」に携わるなど、様々な活動を展開している。

Read Article

GUMI(VOCALOID)の徹底解説まとめ

GUMI(VOCALOID)の徹底解説まとめ

GUMI(ぐみ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。正式名称は『Megpoid』であり、GUMIは愛称。声優兼歌手の中島愛(なかじま めぐみ)の声をもとに、「人間らしいボイス」を目指して制作されたボカロとなっている。

Read Article

v flower(VOCALOID)の徹底解説まとめ

v flower(VOCALOID)の徹底解説まとめ

v flower(ぶい ふらわ)とは、ボカロを中心とした次世代のアーティストの発掘育成を行っているレーベル「ガイノイド」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。キャラクター名は「flower」。愛称は「花ちゃん」。ロックに特化したパワーのある中性的な女性ボイスのボカロとして制作された。音声提供者は非公開にされている。

Read Article

重音テト(VOCALOID・UTAU・バーチャルアイドル)の徹底解説まとめ

重音テト(VOCALOID・UTAU・バーチャルアイドル)の徹底解説まとめ

重音テト(かさね てと)とは、日本最大級の電子掲示板「2ちゃんねる」発祥のバーチャルアイドルキャラクターであり、それをモデルとして制作された音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。音声合成ソフトの『VOCALOID(通称:ボカロ)』から派生して生まれた存在であり、フリーの歌唱用音声合成ソフト『UTAU』として制作された。声のベースはマルチクリエーターの小山乃舞世(おやまの まよ)。

Read Article

神威がくぽ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

神威がくぽ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

神威がくぽ(かむい がくぽ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。正式名称は『がくっぽいど』。神威がくぽはキャラクター名である。歌手のGACKT(がくと)の声をもとに制作された。インターネット社初のボカロソフトおよびキャラクターでもある。

Read Article

音街ウナ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

音街ウナ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

音街ウナ(おとまち うな)とは、CGやキャラクターデザイン等の制作を行っている会社「エム・ティー・ケー」企画による、株式会社「インターネット」社発の音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。声優・田中あいみ(たなか あいみ)の声をベースにボイスが作られ、後に株式会社「エーアイ」が開発した「AITalk」を用いた発話用ソフトも開発された。

Read Article

結月ゆかり(VOCALOID)の徹底解説まとめ

結月ゆかり(VOCALOID)の徹底解説まとめ

結月ゆかり(ゆづき ゆかり)とは、ボカロP達によるVOCALOID制作チーム「VOCALOMAKETS」企画のパソコン系ソフトウェアの開発・発売を行っている会社「AH-Software」による制作・発売が行なわれた音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID』と株式会社「エーアイ」が開発した『AI Talk』をに対応したソフトが発売されている。声のもとは声優の石黒千尋(いしぐろ ちひろ)である。

Read Article

MAYU(VOCALOID)の徹底解説まとめ

MAYU(VOCALOID)の徹底解説まとめ

MAYU(まゆ)とは、株式会社「ポニーキャニオン」が運営する音楽レーベル「EXIT TUNES」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。歌手・森永真由美(もりなが まゆみ)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。EXIT TUNESから発売された唯一のボカロソフトおよびキャラクターである。

Read Article

小春六花(VOCALOID)の徹底解説まとめ

小春六花(VOCALOID)の徹底解説まとめ

小春六花(こはる りっか)とは、キャラクター付き音声合成ソフトの企画やプロデュース、グッズ制作・販売などの音楽に関わる制作を行う合同会社「TOKYO6 ENTERTAINMENT」が行った「キャラクタープロジェクト」の第1弾として制作された音声合成ソフトおよびキャラクターである。クラウドファンデイングを通して資金が集められ、発話用音声創作ソフト『CeVIO AI』と歌声合成ソフトウェア『SynthesizerV』の2つに対応したソフトとして発売された。声のもととなったのは声優の青山吉能。

Read Article

Lily(VOCALOID)の徹底解説まとめ

Lily(VOCALOID)の徹底解説まとめ

Lily(リリィ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源であり、元はアニソンカバーアルバム『anim.o.v.e』のイメージキャラクターとして制作された。声のベースは、音楽グループ・m.o.v.eのボーカルであるyuri。

Read Article

サーキットに舞い降りた歌姫!初音ミクの歴代「レーシングミク」をフィギュアで振り返る!

サーキットに舞い降りた歌姫!初音ミクの歴代「レーシングミク」をフィギュアで振り返る!

初音ミクと言えばネットの世界から一躍有名になったポップカルチャーの象徴ですよね。様々なシーンで活躍する初音ミクはなんとレーシングチームの公式マスコットとしてサーキットに舞い降りていました!今回はそんな「レーシングミク」をフィギュアでご紹介☆登場以来、毎年サーキットで輝く初音ミクの姿は要チェックです!

Read Article

初音ミク派生キャラ+グッズまとめ

初音ミク派生キャラ+グッズまとめ

我らが歌姫、初音ミク様ですが、最近ではいろいろなミクさんがいらっしゃるようになりました。また、その人気ぶりも絶好調極まりなく、グッズ化はもちろんのこと、中にはアニメ化されたり海外進出しているキャラクターなどもたくさんいます。今回は、そんな初音ミクから派生して生まれたキャラクターをかわいいグッズと一緒にまとめてみました。一口にミクさんといっても、みなさんは誰が一番好みですか?

Read Article

《家庭用ゲーム編》一度はプレイしておきたい音楽ゲームまとめb

《家庭用ゲーム編》一度はプレイしておきたい音楽ゲームまとめb

スマホのリズム・音楽ゲームは多くの方がプレイされていると思いますが、家庭用ゲームではやっていますか?今でこそ少し影が薄くなった気もしますが、まだまだ現役!それどころか、むしろ画像の綺麗さ鮮明さ、爽快感、演出効果、インパクトなど、どれをとってもやはり家庭用ゲームは上質なのです。今回は家庭用ゲーム機で遊べるリズム・音楽ゲームの名作をご紹介しますb

Read Article

【初音ミク】VOCALOIDが描かれたネイルアート作品まとめ【KAITO】

【初音ミク】VOCALOIDが描かれたネイルアート作品まとめ【KAITO】

VOCALOIDと聞くと、初音ミクやKAITOあたりが有名でしょうか。バーチャルシンガーでありながらその楽曲が爆発的にヒットしたりと、日本に新しい風を巻き起こしましたよね。この記事では、そんなVOCALOIDたちのネイルアート作品についてまとめています。痛いといわれようがなんだろうが気にしちゃいけません。

Read Article

音楽業界のSEKAI NO OWARIに到達したか?VOCALOID「Fukase」の本気

音楽業界のSEKAI NO OWARIに到達したか?VOCALOID「Fukase」の本気

初音ミク、鏡音リン・リン、KAITO、巡音ルカ……もはや日本の「アーティスト」としての地位を確立し、人気を伸ばしているボーカロイドは、紅白出場をはじめアーティストとしての活動で音楽業界へさらに進出するのではないかと語られています。そんな最中、あのアーティストがボーカロイドになってしまいました。「どういうこと?」と思うかもしれませんが、とにかく参考動画を見たら驚くはず。

Read Article

【初音ミク】厳選10曲!クリスマスに聴きたいボーカロイドの名曲を紹介!【GUMI】

【初音ミク】厳選10曲!クリスマスに聴きたいボーカロイドの名曲を紹介!【GUMI】

メリークリスマス!リア充な方もさみしい方も切ない方も!ボカロのクリスマスソングを聴いて良い夜を過ごしましょう! オススメの"歌ってみた"と"本家"を厳選して10曲紹介しています。ネガティブなネタ曲から切ない曲、温かい曲もあるので、共感できるクリスマス曲があれば嬉しいです。

Read Article

目次 - Contents