初音ミク(VOCALOID)の徹底解説まとめ

初音ミク(はつねミク)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・藤田咲(ふじた さき)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。ボカロブームを日本に生み出したきっかけのソフトであり、ボカロを代表するキャラクターでもある。

2012年3月8日、9日の2日間を通して行われた公演。ミクパの1つでもある。会場はTOKYO DOME CITY HALL。昼夜の2部構成を2日間、計4公演が行われるライブ・コンサートとなった。
2日間とも異なる内容のライブ・コンサートとなっており、1日目には初音ミク以外に鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカ、KAITOを登場させ、2日目にはKAITOの代わりにMEIKOが登場しての演奏が行われた。
4公演あわせて1万人を動員。さらには夜公演はインターネット放送に加え、日本国内24館と上海、香港、台湾の映画館での中継も行われた。同年8月29日にはBlu-ray、DVD、CDの発売が行われ、『初音ミク ミクの日大感謝祭 2DaysコンプリートBOX【Blu-ray+CD】 初回受注生産限定盤』に関しては、同年9月10日付けの週間BDランキングで総合初となる1位にランクインした。

マジカルミライ

2013年8月30日に開催されて以降、定期的に行われるようになった初音ミク関連のイベント最大級の複合型イベント『マジカルミライ』。「『初音ミクのすべて』を1日で体験できるユーザー参加型文化祭」というキャッチコピーで開催されたイベントとなっており、開催当初は初音ミクやその他ボカロ達によるライブを行うエリア『マジエリア』、初音ミクの創作の文化にまつわる展示やワークショップが展開されたエリア『カルエリア』、コラボレーション企画やグッズが売られたコーナー『ミライエリア』の3つのエリアで構成されたイベントとなっていた。名前の『マジカルミライ』も、それぞれのエリアの名前をあわせる形でつけられたもよう。
ライブだけではない、様々な初音ミクの文化に触れる事ができるイベントという事で多くのファンが殺到。開催当初のライブは昼、夜の2公演で計1万4千人を動員する事となった。その後、定期的にイベントの開催を行っていく事が決定。また初開催の翌年2014年からは毎年ライブの主題歌が設けられるようになり、2017年には米津玄師の名でアーティストとして活躍しているボカロP ハチが楽曲「砂漠の惑星」を提供し、大きな話題となった。初音ミク・ボカロを代表する大型イベントである。

HATSUNE MIKU EXPO/HATSUNE MIKU EXPO 2016 JAPAN TOUR

2014年5月に行われた初音ミクの世界ツアー『HATSUNE MIKU EXPO』。インドネシア、ジャカルタで行われ、以降、同年10月にロサンゼルスとニューヨークで、さらに翌年の2015年6月に上海での公演が行われた。その人気の影響から2016年3月に、日本国内で行われたツアーが『HATSUNE MIKU EXPO 2016 JAPAN TOUR』である。福岡、大阪、名古屋、札幌、東京の全5都市をめぐるツアーとなっており、開催時は企画展『初音ミク』の同時開催も行われた。ライブはチケット購入が必要であったが、企画展の入場は無料。ライブに参加できない人でも参加できるイベントとなっていた。
また初音ミクによる日本国内でのライブツアーはこれが初めての事である。

初音ミクシンフォニー

日本のプロオーケストラ・東京フィルハーモニー交響楽団によるフルオーケストラ編成の初音ミクコンサート。東京フィルハーモニー交響楽団は2011年に日本のオーケストラ初となる活動100周年を迎えた日本のオーケストラとしては最古の楽団である。オペラやバレエ演奏などにくわえ、アニメやゲームの楽曲をフルオーケストラ編成で演奏するコンサートを行うなど、様々な取り組みをしている。その楽団とコラボをする形で行われたコンサートが『初音ミクシンフォニー』である。
2016年に開催を行って以降、定期的に開催が行われており、初音ミクの最大級複合型イベント『マジカルミライ』に次ぐ、初音ミク関連のイベントを代表するコンサートだ。

SNOW MIKU

「雪ミク」が主役のフェスティバル。「雪ミク」は、2010年に北海道札幌市で行われた「さっぽろ雪まつり」にて「真っ白い『初音ミク』の雪像」を作ったことをきっかけに誕生した、雪をイメージした初音ミクキャラクターとなっている。北海道札幌市には、初音ミクの開発を行ったクリプトンがあり、その事もあわさって雪ミクを主役にしたフェスティバル「SNOW MIKU」が行われる次第となった。
雪ミクは毎年様々なテーマをもとにインターネット上で募集された衣装デザインを着る事となっており、それ故フェスティバル毎に異なるデザインの雪ミクが制作されている。また2014年からは「エゾユキウサギ」をモチーフにした雪ミクのペット「ラビット・ユキネ」も誕生。このキャラクターもネット上の公募により、生まれたキャラクターとなっている。
フェスティバルの開催場所は毎年、北海道内の市で行われる。なお、開催先の市は毎年異なる。本州から距離のある北海道で行われるイベントの為か、ホテル宿泊プランなどの観客用のプランが多数用意されたフェスティバルともなっている。

超歌舞伎

2016年、ドワンゴ主催の「ニコニコ超会議2016」内で開催された舞台。日本の伝統文化「歌舞伎」とボカロを融合させた舞台となっている。主演には中村獅童他現役の歌舞伎役者に加え、初音ミクが役者として登場。ボカロ曲の中でも最も人気のある有名楽曲「千本桜」をテーマに、歌舞伎の演目の1つ『義経千本桜』をモチーフにした独自の演目『今昔饗宴千本桜』を公開し、大盛況。その人気ぶりが後を押してか、京都南座でも同様の演目が公開されるなど、ボカロ界・歌舞伎界に大きな衝撃を与えた作品となった。
2016年以降も超会議にて公演が行われており、コロナ禍による延期に見舞われながらも2021年に開催された「ニコニコ超会議2021」にて、新作『御伽草紙戀姿絵』の公演がされた。なお新作のテーマソングには、「千本桜」同様、ボカロ界で人気を博した楽曲「ロミオとシンデレラ」が起用された。

初音ミクのプロフィール・人物像

年齢:16歳
身長:158cm
体重:42kg
生年月日:2007年8月31日
ボイス:藤原咲

ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID』シリーズを使って作りあげられた音声合成ソフト。ボイスのもととなっている音源を提供しているのは、声優の藤田咲である。

初音ミクの初期デザインはイラストレーターKEIによるもの。くるぶしまで届く長さのツインテールをした青緑色の髪に、黒のヘッドセットを装着し、襟付きノースリーブにネクタイ、ミニスカにローヒールのサイハイのブーツという服装。黒を基調にし、所々に髪色と同じ色の電光表示がかざりつけられ、左腕の上部分には赤色で「01」とタトゥーがいれられている。この数字は初音ミクが最初のボカロキャラクターである事を表現している。後続の新たなソフトが生まれる度にその服装は変わっていく事となるが、青緑色のツインテールという髪型だけは共通のものとして使用され続けている。動画サイト等に投稿されている個人で作られたボカロ曲のMVにおいては、衣装に加え髪型や髪色が変えられる場合がある。しかし総じて髪色が変わった場合はツインテールを残したり、逆にツインテールを解いた場合は髪色をそのままにしたりと、初音ミクである事が伝わるように意識されたアレンジが加えられるようになっている。

身長・体重・年齢・生年月日以外のプロフィールは存在しない。キャラクターを色付けしすぎないことを考慮されている事から、このような設定になったと言われている。初音ミクはあくまでもDTMソフトの1種である為、楽曲を作るプロデューサー(ボカロP)の作風に合わせて歌い方にも差が出たりする。それを考慮した上での設定と推測されている。なお企画段階では詳しい背景設定がいくつか考えられていたようだが、全て採用は見送られたという。
例外として初音ミクユーザーにより、後述でつけられた設定として「ネギ好き」というものがある。これは2007年9月にニコニコ動画に投稿された動画『VOCALOID2 初音ミクに「Ievan Polkka」を歌わせてみた』がきっかけとなり生まれた設定である。「Ievan Polkka」はネット上で高い知名度のあるフィンランド民謡で、この動画はそれを初音ミクに歌わせてみた動画となっている。民謡を歌わせただけのシュールな内容が話題を呼び、人気となったこの動画だが、その際、投稿された動画内に描かれていた初音ミクがネギを持っていた事から、初音ミク=ネギという概念がファンの間に生まれる事となった。しかしあくまでもユーザー間での設定であり、公式の設定ではない。

名前「初音ミク」は、「未来から初めての音がやって来る」という意味でつけられた。「初めての音」で「初音」。そこに「未来」の2文字を「みらい」ではなく「ミク」と読む形にし、「初音ミク」という名前にしたのだという。

初音ミクのディスコグラフィー

ボカロ音楽には、数多くのCDが存在している。この項目に記載されているもの以外にも、企業からリリースされたメジャーアルバムからボカロP等の初音ミクユーザーによる同人CDが多く販売されている。

『CV Series VOCAL CD Volume 01 初音ミク 星のカケラ』

1. 星のカケラ
2. Angel Night ~天使のいる場所~
3. ムーンライト ダンス
4. 星のカケラ instrumental
5. Angel Night ~天使のいる場所~ instrumental
6. ムーンライト ダンス instrumental

日本の音楽・映像ソフト製作・販売会社より発売された初音ミクの初の公式CD。発売日は、2008年1月25日である。
動画サイトで公開されていた公式デモソング「星のカケラ(short ver.)」のFull verが収録されたCDとなっている。「星のカケラ」以外にもアニメ『シティーハンター2』のOP曲「Angel Night ~天使のいる場所~」や渡辺美里の「ムーンライト ダンス」のカバーが収録された。
全国流通盤の販売が行われる前に『コミックマーケット73(2007年12月)』にて先行販売が行われた。

1215chika
1215chika
@1215chika

Related Articles関連記事

KAITO(VOCALOID)の徹底解説まとめ

KAITO(VOCALOID)の徹底解説まとめ

KAITO(かいと)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。スタジオ・ミュージシャンの風雅なおと(ふうが なおと)の声をもとに制作された男性ボイスのボカロであり、様々な音楽ジャンルに適応したソフトとなっている。

Read Article

鏡音リン・レン(VOCALOID)の徹底解説まとめ

鏡音リン・レン(VOCALOID)の徹底解説まとめ

鏡音リン・レン(かがみね リン・レン)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている「クリプトン・フューチャー・メディア」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・下田麻美(しもだ あさみ)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。ボカロブームのきっかけとなった初音ミクの次に制作され、約7ヶ月で2万本という売上数を出した。

Read Article

MEIKO(VOCALOID)の徹底解説まとめ

MEIKO(VOCALOID)の徹底解説まとめ

MEIKO(めいこ)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として、最初に生み出された。シンガーソングライター・拝郷メイコ(はいごう めいこ)の声をもとに制作されており、様々な音楽ジャンルに適応したソフトとなっている。

Read Article

巡音ルカ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

巡音ルカ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

巡音ルカ(めぐりね ルカ)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・浅川悠(あさかわ ゆう)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。VOCALOID(通称:ボカロ)初の日本語と英語、2つの言語に対応したソフトとして作られた。

Read Article

可不/KAFU(VOCALOID)の徹底解説まとめ

可不/KAFU(VOCALOID)の徹底解説まとめ

可不(カフ、KAFU)とは、クリエイティブレーベル「KAMITSUBAKI STUDIO」が企画を行い、名古屋の複数の企業からなる会社「CeVIO」が自社の音声合成ソフト『CeVIO AI』を用いて制作した音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。正式名称は「音楽的同位体 可不(KAFU)」。KAMITSUBAKI STUDIO所属の人気バーチャルYouTuber「花譜」の声をもとに制作された事で話題となった。

Read Article

IA(VOCALOID)の徹底解説まとめ

IA(VOCALOID)の徹底解説まとめ

IA(いあ)とは、音楽や映像、ソフトウェア等の企画・開発・販売を行っている会社「1st PLACE」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。1st PLACE所属のアーティスト・Lia(りあ)の声をもとに制作された。音声合成ソフトである他、1st PLACE所属の「バーチャルアーティスト」としてバーチャル空間プロジェクト「仮想惑星HABINA」に携わるなど、様々な活動を展開している。

Read Article

GUMI(VOCALOID)の徹底解説まとめ

GUMI(VOCALOID)の徹底解説まとめ

GUMI(ぐみ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。正式名称は『Megpoid』であり、GUMIは愛称。声優兼歌手の中島愛(なかじま めぐみ)の声をもとに、「人間らしいボイス」を目指して制作されたボカロとなっている。

Read Article

v flower(VOCALOID)の徹底解説まとめ

v flower(VOCALOID)の徹底解説まとめ

v flower(ぶい ふらわ)とは、ボカロを中心とした次世代のアーティストの発掘育成を行っているレーベル「ガイノイド」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。キャラクター名は「flower」。愛称は「花ちゃん」。ロックに特化したパワーのある中性的な女性ボイスのボカロとして制作された。音声提供者は非公開にされている。

Read Article

重音テト(VOCALOID・UTAU・バーチャルアイドル)の徹底解説まとめ

重音テト(VOCALOID・UTAU・バーチャルアイドル)の徹底解説まとめ

重音テト(かさね てと)とは、日本最大級の電子掲示板「2ちゃんねる」発祥のバーチャルアイドルキャラクターであり、それをモデルとして制作された音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。音声合成ソフトの『VOCALOID(通称:ボカロ)』から派生して生まれた存在であり、フリーの歌唱用音声合成ソフト『UTAU』として制作された。声のベースはマルチクリエーターの小山乃舞世(おやまの まよ)。

Read Article

神威がくぽ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

神威がくぽ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

神威がくぽ(かむい がくぽ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。正式名称は『がくっぽいど』。神威がくぽはキャラクター名である。歌手のGACKT(がくと)の声をもとに制作された。インターネット社初のボカロソフトおよびキャラクターでもある。

Read Article

音街ウナ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

音街ウナ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

音街ウナ(おとまち うな)とは、CGやキャラクターデザイン等の制作を行っている会社「エム・ティー・ケー」企画による、株式会社「インターネット」社発の音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。声優・田中あいみ(たなか あいみ)の声をベースにボイスが作られ、後に株式会社「エーアイ」が開発した「AITalk」を用いた発話用ソフトも開発された。

Read Article

結月ゆかり(VOCALOID)の徹底解説まとめ

結月ゆかり(VOCALOID)の徹底解説まとめ

結月ゆかり(ゆづき ゆかり)とは、ボカロP達によるVOCALOID制作チーム「VOCALOMAKETS」企画のパソコン系ソフトウェアの開発・発売を行っている会社「AH-Software」による制作・発売が行なわれた音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID』と株式会社「エーアイ」が開発した『AI Talk』をに対応したソフトが発売されている。声のもとは声優の石黒千尋(いしぐろ ちひろ)である。

Read Article

MAYU(VOCALOID)の徹底解説まとめ

MAYU(VOCALOID)の徹底解説まとめ

MAYU(まゆ)とは、株式会社「ポニーキャニオン」が運営する音楽レーベル「EXIT TUNES」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。歌手・森永真由美(もりなが まゆみ)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。EXIT TUNESから発売された唯一のボカロソフトおよびキャラクターである。

Read Article

小春六花(VOCALOID)の徹底解説まとめ

小春六花(VOCALOID)の徹底解説まとめ

小春六花(こはる りっか)とは、キャラクター付き音声合成ソフトの企画やプロデュース、グッズ制作・販売などの音楽に関わる制作を行う合同会社「TOKYO6 ENTERTAINMENT」が行った「キャラクタープロジェクト」の第1弾として制作された音声合成ソフトおよびキャラクターである。クラウドファンデイングを通して資金が集められ、発話用音声創作ソフト『CeVIO AI』と歌声合成ソフトウェア『SynthesizerV』の2つに対応したソフトとして発売された。声のもととなったのは声優の青山吉能。

Read Article

Lily(VOCALOID)の徹底解説まとめ

Lily(VOCALOID)の徹底解説まとめ

Lily(リリィ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源であり、元はアニソンカバーアルバム『anim.o.v.e』のイメージキャラクターとして制作された。声のベースは、音楽グループ・m.o.v.eのボーカルであるyuri。

Read Article

サーキットに舞い降りた歌姫!初音ミクの歴代「レーシングミク」をフィギュアで振り返る!

サーキットに舞い降りた歌姫!初音ミクの歴代「レーシングミク」をフィギュアで振り返る!

初音ミクと言えばネットの世界から一躍有名になったポップカルチャーの象徴ですよね。様々なシーンで活躍する初音ミクはなんとレーシングチームの公式マスコットとしてサーキットに舞い降りていました!今回はそんな「レーシングミク」をフィギュアでご紹介☆登場以来、毎年サーキットで輝く初音ミクの姿は要チェックです!

Read Article

初音ミク派生キャラ+グッズまとめ

初音ミク派生キャラ+グッズまとめ

我らが歌姫、初音ミク様ですが、最近ではいろいろなミクさんがいらっしゃるようになりました。また、その人気ぶりも絶好調極まりなく、グッズ化はもちろんのこと、中にはアニメ化されたり海外進出しているキャラクターなどもたくさんいます。今回は、そんな初音ミクから派生して生まれたキャラクターをかわいいグッズと一緒にまとめてみました。一口にミクさんといっても、みなさんは誰が一番好みですか?

Read Article

《家庭用ゲーム編》一度はプレイしておきたい音楽ゲームまとめb

《家庭用ゲーム編》一度はプレイしておきたい音楽ゲームまとめb

スマホのリズム・音楽ゲームは多くの方がプレイされていると思いますが、家庭用ゲームではやっていますか?今でこそ少し影が薄くなった気もしますが、まだまだ現役!それどころか、むしろ画像の綺麗さ鮮明さ、爽快感、演出効果、インパクトなど、どれをとってもやはり家庭用ゲームは上質なのです。今回は家庭用ゲーム機で遊べるリズム・音楽ゲームの名作をご紹介しますb

Read Article

【初音ミク】VOCALOIDが描かれたネイルアート作品まとめ【KAITO】

【初音ミク】VOCALOIDが描かれたネイルアート作品まとめ【KAITO】

VOCALOIDと聞くと、初音ミクやKAITOあたりが有名でしょうか。バーチャルシンガーでありながらその楽曲が爆発的にヒットしたりと、日本に新しい風を巻き起こしましたよね。この記事では、そんなVOCALOIDたちのネイルアート作品についてまとめています。痛いといわれようがなんだろうが気にしちゃいけません。

Read Article

音楽業界のSEKAI NO OWARIに到達したか?VOCALOID「Fukase」の本気

音楽業界のSEKAI NO OWARIに到達したか?VOCALOID「Fukase」の本気

初音ミク、鏡音リン・リン、KAITO、巡音ルカ……もはや日本の「アーティスト」としての地位を確立し、人気を伸ばしているボーカロイドは、紅白出場をはじめアーティストとしての活動で音楽業界へさらに進出するのではないかと語られています。そんな最中、あのアーティストがボーカロイドになってしまいました。「どういうこと?」と思うかもしれませんが、とにかく参考動画を見たら驚くはず。

Read Article

【初音ミク】厳選10曲!クリスマスに聴きたいボーカロイドの名曲を紹介!【GUMI】

【初音ミク】厳選10曲!クリスマスに聴きたいボーカロイドの名曲を紹介!【GUMI】

メリークリスマス!リア充な方もさみしい方も切ない方も!ボカロのクリスマスソングを聴いて良い夜を過ごしましょう! オススメの"歌ってみた"と"本家"を厳選して10曲紹介しています。ネガティブなネタ曲から切ない曲、温かい曲もあるので、共感できるクリスマス曲があれば嬉しいです。

Read Article

目次 - Contents