羊たちの沈黙(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『羊たちの沈黙』とは、1991年にアメリカで製作されたサイコ・スリラー映画で、アカデミー賞主要5部門を獲得した大ヒット作品である。トマス・ハリスの同名小説をジョナサン・デミ監督が映像化した。ジョディ・フォスターとアンソニー・ホプキンスが主演を務める。連続殺人事件の調査として、FBIは実習生クラリス・スターリングを抜擢。収監中の猟奇殺人犯で、元精神科医のハンニバル・レクターに捜査の協力をさせるべく派遣する。クラリスはレクターとの奇妙な関係を築く一方、自らの過去と対峙してゆくことになる。

ボイル警部補はレクター博士の監視任務に就いた

テネシー州メンフィスの警察官である。ボルチモアの精神病院からメンフィスに移送された猟奇殺人犯ハンニバル・レクターの監視及び警備の任務に就く。

今回の移送そのものが異例の措置であった。進行中の連続殺人事件の重要情報と引き換えに、テネシー州選出のルース・マーティン上院議員がレクターと取引を行ったためだ。マーティン上院議員の娘キャサリンが犯人に囚われており、救出するためにはどうしてもレクターの情報提供が必要であった。過酷な環境下にあるボルチモアから森の中の静かな病院への移送を申し出たマーティン上院議員は、レクターから犯人の特徴や本名を聞き出す。そして、その見返りは即座に実行に移され、レクターはメンフィスに運ばれてきたというわけだ。

だが、警備上の都合により移送先である病院の準備が整うまでの間、レクターは一時的にシェルビー郡裁判所に収容される。広いフロアの中央に檻が設置され、ボイル警部補とペンブリー巡査部長が直接の監視任務に当たる。1階ロビーには10名ほどのチームが常駐警備に当たり、不測の事態に備えていた。レクターの行った犯罪の残虐性から、このような厳重な措置が取られているのだ。

だが、レクターはこの移送の機会を捉え脱走を企てていた。その緻密に計算された驚くべき計画は実行される。まずペンブリーが襲われ、続いてボイルまでが撲殺されてしまう。異変を察知した別フロアの警官たちが駆けつけると、ボイルは腹を割かれて内臓を曝け出した状態で磔にされて死亡していた。

ペンブリー巡査部長(演:アレックス・コールマン)

レクター博士の食事を運ぶペンブリー巡査部長(奥の人物)

テネシー州メンフィスの警察官である。ボルチモアの精神病院からメンフィスに移送された猟奇殺人犯ハンニバル・レクターの監視及び警備の任務に就く。

ペンブリーは、相棒であり上官でもあるボイル警部補と共に、特設の檻に収監されたレクターを直接監視する任務に当たっていた。しかし、この機会を捉えて脱走を企てたレクターに襲われ、ペンブリーは顔面を食いちぎられてしまう。さらに自身が装備する目潰しスプレーを浴び、あまりの苦痛にのたうち回った。
続いてボイルも撲殺されてしまい、ペンブリーはなんとかその場から逃れようと床を這いつくばっていた。しかし「準備はいいかな?ペンブリー巡査部長」と言いながら、レクターはゆっくりと近づいて行く。そしてペンブリーの銃を奪い、数発の銃声を響かせたのだ。
その後、残酷にもレクターはペンブリーの顔面を剥がし、それをマスクとして被ったうえで衣服を取り替えて彼になりすまし、まんまと逃走に成功してしまった。

テート巡査部長(演:ダニー・ダースト)

部下の指揮を執るテート巡査部長

テネシー州メンフィスの警察官である。ボルチモアの精神病院からメンフィスに移送された猟奇殺人犯ハンニバル・レクターの監視及び警備の任務に就く。

情報提供の見返りとして、レクターは劣悪な環境のボルチモアからメンフィスの静かな病院に移送される。これが急遽であったため、受け入れ側病院の警備準備が整うまでの間、レクターは一時的にシェルビー郡裁判所に移された。広いフロアの中央に特設の檻が設置され、全方位からの監視を行い厳重な警戒態勢が敷かれる。
レクターが収容されるフロアにおける直接的な監視任務は、ボイル警部補とペンブリー巡査部長のふたりが就き、テート巡査部長は1階ロビーで10名ほどの部下を指揮して詰めていた。テートと部下はFBIのクラリス・スターリング捜査官がレクターの面会に訪れた際、所持品の確認や注意事項を伝えるなどしている。

だが、レクターはこの機会を捉え脱走を企てていた。捜査官が帰ったあと、2度目の夕食を注文したレクターは、ペンブリーを襲い続いてボイルを撲殺してしまう。1階ロビーに詰めていたテートと部下たちは銃声を聞き、異変を察知してレクターが収容されているフロアに駆け付ける。彼らがまず目にしたのは腹を裂かれ、内臓を晒して磔にされたボイルの無残な姿だった。傍らには、顔面をひどく損傷したペンブリーが血まみれで倒れていた。周辺を捜索したがレクターの姿は無く、建物内のどこかに潜んでいると思われた。銃声からわずかな時間だったため、誰もこれほどまでの惨状は想像だにし得なかった。実は銃声もレクターの計画の一部であり、警官たちをここへ呼ぶためにわざと大きな音を立てたのだ。その意図は、ほどなく最悪の形で判明する。

部下がペンブリーにまだ息があると報告する。すぐさま救急隊が呼ばれ、ペンブリーは運び出された。しかし、このペンブリーと思われた警官姿の人物は搬送中、救急隊員を襲い殺害してしまう。この人物こそ、ペンブリーに変装したレクターだったのだ。驚くべきことにレクターはペンブリーの顔面をそっくり剥ぎ取り、それをマスクとして被り衣服も取り替えていたのである。
テートらは囚人服姿の男をエレベーターシャフトの中で発見するが、それはペンブリーの変わり果てた遺体であった。このカラクリが分かった頃、すでにレクターは逃走に成功して行方を晦ませてしまっていた。

連続猟奇殺人犯

バッファロー・ビル(演:テッド・レヴィン)

バッファロー・ビルは次々と女性を襲って殺害した

吹き替え:家中宏(ソフト版)、牛山茂(VHS版)
FBIが追っている連続猟奇殺人犯である。犯行の手口はほぼ一貫しており、ふくよかな若い白人女性だけを狙って誘拐した後、3日間生かしおいてから銃撃によって殺害する。生前中に残虐行為は行わないが、遺体からは必ず皮膚を剥ぎ取っている。また、主としてアメリカ北東部を中心とする不特定の河川に遺体を遺棄しており、それは広大な領域に及ぶ。さらに河川の水に遺体が洗い流され、且つ移動もしてしまうので、遺棄地点の特定が困難であることと、DNAなどの証拠も得られない。彼は巧妙で、用心深く慎重であり事件解決の手掛かりらしいものはほとんど残さなかった。
そのため、FBIは収監している殺人犯から聴取を行い、犯罪者の心理面からデータを集め分析(プロファイリング)を進めることで、この件を含めた未解決事件の捜査に役立てようとしていた。
バッファロー・ビルという呼び名は、事件を取り扱った警察官が付けたあだ名から始まっており、これはアメリカの西部開拓時代に活躍したガンマンのあだ名から取っている。そのガンマンとは、バッファローを狩りまくって名を上げたウィリアム・フレデリック・コーディという人物のことである。また、ややこしいがバッファローも正式にはアメリカ・バイソンのことで、アメリカやカナダで一般的にそう呼ばれる、群れをなして生息していた水牛のことである。西部開拓時代に白人に狩り尽くされ、ほぼ絶滅しかけたが近年の保護活動により徐々に個体数は増えてきている。当時バッファローは食肉用途もあったが、主に毛皮を取るために狩られまくった経緯がある。そのため担当した警察官は、遺体から皮膚を剥ぎ取るという事件の残忍性から、この呼び名を付けたものと考えられる。

FBIはこの事件を含めた一連の捜査で、ある人物の調査任務に実習生クラリス・スターリングを抜擢する。その人物とは、猟奇殺人犯として精神病院に収監されている元精神科医ハンニバル・レクターであった。彼の元にクラリスを派遣して協力を取り付け、その卓越した洞察力を利用してバッファロー・ビルの人物像や犯行の動機などの分析を始めたのだ。やがてひとつずつ浮かび上がってきたのは、複雑で入り組んだ思考を持つ犯人の特徴であった。犯人は性的倒錯者(注:現代では性同一性障害と言い換えるのが自然である)と自らそう思い込み、そのように行動している。また、捜査の過程で得られた手掛かりから、強い変身願望があることも明らかになる。しかも、その願望を達成するためには手段を選ばず、異常なまでの凶暴性を発揮するのだ。そして、レクターが指摘するいくつものヒントからクラリスは独自の仮説を導き出し、オハイオ州ベルベディア(注:架空の町名)の町に向かう。そこで聞き込み捜査などを経て、ある古い建物に住む男性にたどり着いた。その男性こそがまさしくバッファロー・ビルであったのだ。正体を見破られたと感じたバッファロー・ビルはクラリスを銃撃しようとするが、一瞬だけ彼女の動きが速く、撃たれて死亡した。

バッファロー・ビルは最後まで謎の人物として描かれており、エンドロールでクレジットされている「ジェイム・ガム(Jame Gumb)」という名も偽名もしくは別人の可能性がある。なぜなら、FBIの主任捜査官ジャック・クロフォードが容疑者の自宅を捜索する場面に挿入される男の写真は、バッファロー・ビルと特徴の似ている別人の顔のように見えるからだ。そのためバッファロー・ビルの正体は「ジェイム・ガム説」と、居住していた家や彼の動機を根拠とした「リップマン夫人の息子説」が本作の公開から何年経てもなお、映画ファンの間で議論され続けている。
また、動機の解明において重要なのは、彼の切なる願望は「変身すること」だということである。まず、彼は自分が性的倒錯者であると思い込み、性転換手術をしようとする。しかし、実際の彼は性的倒錯者ではないので事前審査などに通らず、病院に断られる。つまり、変身願望が叶わない状況に陥った。彼は殺害した女性から剥ぎ取った皮膚でドレスを作っているのだが、そもそも殺人自体が動機ではなく女性の皮膚をまとうことが目的である。彼は女性の皮膚を着ることで、女性になろうとしているのである。その行為までを含め、彼の変身願望はようやく完結するのだ。それは、遺体の喉に「スズメガ」のサナギを詰めるという行為にも象徴されている。ガは芋虫からサナギになり、やがて羽を付けた成虫へと変化する昆虫だからである。その意味では、彼の欲望の中にはガに変身することも含まれるかもしれない。本作においてバッファロー・ビルは2度、赤外線暗視スコープを装着する場面があるが、あれは本人がガになっているつもりであると、多くの映画ファンの間で解釈されている。ガが夜行性であるからだ。

『羊たちの沈黙』の用語

地名・関連地図

本作は主にアメリカ北東部を中心に物語が進行するが、それでも広大な範囲に及んでいる。作中でFBI捜査官らが航空機を移動手段とする場面がいくつか描かれており、FBIの捜査活動がいかに壮大なスケールで行われているかが分かる。登場する主な地名は以下の9つである。

1 バージニア州クワンティコは、クラリス・スターリングが訓練に励むFBIアカデミーの所在地。クワンティコ海兵隊基地の敷地内にある。
2 メリーランド州ボルチモアは、ハンニバル・レクターが収監されているチェサピーク州立病院、ボルチモア精神異常犯罪者診療所の所在地である。また、ヘスター・モフェット名義の貸倉庫があった場所でもあり、クラリスはここから重要な手掛かりとなるホルマリン漬けの首を発見する。
3 ウェストバージニア州クレイ郡エルク川は、バッファロー・ビルの6人目の犠牲者が発見された場所である。また、ウエストバージニア州はクラリスの出身地でもある。ちなみに、他の犠牲者の発見場所として捜査資料の地図にはケンタッキー、インディアナ、イリノイの3州にも印が付けられている。それらはアメリカ中西部(内陸)の州である。
4 テネシー州メンフィスは、キャサリン・マーティンがバッファロー・ビルに誘拐された都市である。母親のルース・マーティン上院議員はメンフィス国際空港でレクターと面会し、情報の見返りにこの地の病院への移送を許可する。また、レクターが脱走劇を繰り広げたシェルビー郡裁判所もほぼ同じ地域にある。
5 ワシントンD.Cスミソニアン自然史博物館は、エルク川の遺体の喉から発見されたスズメガのサナギを調べた研究者が勤める場所である。
6 プラム・アイランドは、ニューヨーク州ロングアイランドのノースフォーク沖にある小さな島。プラム・アイランド動物疾病センターの所在地で、クラリスがレクターに提示した取引に登場し、彼女は1年に1度ここの砂浜で散歩できると言ってレクターにウソをついた。
7 イリノイ州カリュメット・シティは、キャルメットまたはカリュメット川(Calumet River)周辺の地域のことで、本作に登場する都市名は北部のシカゴである。バッファロー・ビル事件で、最初の犠牲者フレデリカ・ビンメルは失踪した日にここを訪れている。また、容疑者ジェイム・ガムの住所であり、ジャック・クロフォード率いる部隊が捜索したがもぬけの殻であった場所だ。
8 オハイオ州ベルベディアは、フレデリカ・ビンメルの住所であり、バッファロー・ビルが住むリップマン夫人の家がある。本作におけるベルベディアまたはベルヴェデーレ(Belvedere)は架空の町名である。実在の都市名ベルベディアはカリフォルニア州にあり、オハイオ州には無い。
9 バハマは、本作中で地名としては描かれなかったが、レクターはここでFBIアカデミーを卒業したクラリスに電話をかけた。カリブ海に浮かぶ島国の名前である。

FBI(FBI行動科学課・FBIアカデミー)

FBI教官(左)とクラリス。胸の辺りに「FBI Academy」の文字が見える

FBIとは、連邦捜査局(Federal Bureau of Investigation)の略称である。アメリカ合衆国における警察機関のひとつとして、国内の治安維持を担っている。テロやスパイ対策のみならず、複数の州を跨ぐ広域的殺人事件などの捜査を行う。また、誘拐事件では通報から24時間を経過した時点で広域事件とされ、自治体などの警察組織からFBIに管轄が移される。

行政部門としてのFBI本部はワシントンD.C.にあり、バージニア州北部には捜査部門の中心となるクワンティコ本部が置かれている。ジャック・クロフォード率いる行動科学課はクワンティコ本部に所属している。
行動科学課とは、犯人や事件を様々な視点から科学的に分析(プロファイリング)すべく設けられた部署である。1970年代以降より急激に増加した、性的暴行及び殺人事件などの凶悪事件に対応するため結成された。最先端の科学技術や、新しい手法を用いた捜査の研究開発に取り組んでおり、証拠に基づく多くのデータから犯罪心理などの分析を進めている。犯罪者が何を考えどのように行動し、何をしようとしているのかを理解し、手掛かりとなる人物像を割り出すのだ。
また、クラリス・スターリングが実習生として参加するFBIアカデミーとは、FBI捜査官になる為の訓練施設である。超難関とされる資格試験に合格した者のみが入学を許され、その後20週間に及ぶ過酷な訓練を受ける必要がある。さらに適正審査も行われ、不合格の者は訓練中であっても強制的に退去させられるという。

性的倒錯者

メイクを施したバッファロー・ビルが女装して半裸で踊るシーン

性的倒錯、性的嗜好障害、あるいは性嗜好異常などを総称してパラフィリア(Paraphilia)という。人間の性的行動において、精神病理学的にこのパラフィリアの症状を示す者を性的倒錯者と呼ぶ。
ただし、性道徳や性的嗜好は抽象的な概念であり、その基準や境界線はあいまいである。時代や文化、価値観によって解釈や定義は多様に存在するのだ。また、偏見や差別の原因となる場合があるとされ、こうした言葉の使用について近年ではあらゆる業界において配慮がなされている。
本作が公開された1990年代以降に、少しずつそうした配慮がされ始めた為、出演者のセリフや字幕では性的倒錯者という表現が当時の時代背景そのままに使用されている。

つまり、2020年代風の価値観で言い換えると「性同一性障害」とするのが、本作の登場人物を理解するうえで違和感なく受け入れられる概念だと思われる。性同一性障害とは、自分の肉体的な性と、精神的な性(自分自身が自分の性をどう感じているか)が一致しない状態のことをいう。

レクターによる分析を借りれば、バッファロー・ビルは自分を性同一性障害だと思い込みそのように行動している。(肉体は男性だが内面が女性だと、本人が勝手に思い込んでいる)しかし、実際には違うので精神的に矛盾を起こし、衝動を満たすため犯罪に手を染めた。という解釈になる。

テープレコーダー

以前は一般的なオーディオ機器だった

nakano_makoton5
nakano_makoton5
@nakano_makoton5

Related Articles関連記事

ハンニバル(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ハンニバル(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ハンニバル』とは、2001年の米英伊合作によるサイコ・スリラー映画である。原作はトマス・ハリスの同名小説で、大ヒット作『羊たちの沈黙』の続編に当たる。監督はリドリー・スコットが務め、主人公レクター役は前作から引き続きアンソニー・ホプキンスが担当した。元精神科医で狂気の連続殺人鬼「ハンニバル・レクター博士」を巡る、極めて猟奇的な物語。FBI捜査官クラリスは彼を追うのだが、その先には身も凍る恐ろしい惨劇が待っていた。息を飲むスリリングな展開と、絵画のような映像によるコントラストは必見である。

Read Article

レッド・ドラゴン(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

レッド・ドラゴン(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『レッド・ドラゴン』とは、トマス・ハリスの小説をもとにして2002年に公開されたアメリカのサスペンス映画である。 監督はブレット・ラトナー、主演をアンソニー・ホプキンスである。人食いハンニバルと呼ばれる精神科医の殺人犯ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)に殺されかけた過去を持つ、元FBI捜査官であるウィル・グレアム(エドワード・ノートン)との戦いを描く。見どころは、レクター博士とウィルの頭脳戦と徐々にレッド・ドラゴンと呼ばれる猟奇殺人犯を追い詰めていく所である。

Read Article

ジョー・ブラックをよろしく(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ジョー・ブラックをよろしく(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ジョー・ブラックをよろしく』とは、1998年にアメリカで公開されたファンタスティック・ラブストーリーである。事故死した人間の姿を借りて地上に舞い降りた死神は、死期が迫っている大富豪のビル・パリッシュの元に現れた。ビルは自分の命の延長と引き換えに人間界の案内役を引き受ける。ビルの家族に友人だと紹介された死神は、ビルの娘であるスーザンに惹かれ、次第にスーザンも死神に恋をしてしまうのだった。死神と人間の切ない恋模様と家族愛が描かれている。監督は、マーティン・ブレストが担当している。

Read Article

ワイルド・スピード(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ワイルド・スピード(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

2001年公開のポール・ウォーカーとヴィン・ディーゼル主演、ロブ・コーエンが監督したカーアクション映画。ロサンゼルスを舞台にストリート・カー・レースが行われていた。天才ドライバーのドミニクにレースを挑んできた謎の男ブライアンは、実は高級品を積んだトラックの強盗事件を捜査する囮捜査官だった。容疑者と捜査官である両者は徐々に友情を感じるようになる。カーアクション満載の大人気ワイスピシリーズの第1作目。

Read Article

トランスフォーマー/最後の騎士王(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

トランスフォーマー/最後の騎士王(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『トランスフォーマー/最後の騎士王』とは、2017年公開のアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写版『トランスフォーマー』シリーズ5作目であり、4作目の『トランスフォーマー/ロストエイジ』の続編でもある。オートボットの総司令官「オプティマス・プライム」が宇宙へ旅立って数年後、ケイドは新たな仲間と共にトランスフォーマーたちを守るため、人類とトランスフォーマーたちの生存競争に身を投じていく。

Read Article

ボーン・レガシー(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ボーン・レガシー(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ボーン・レガシー』とは『ボーンシリーズ』の4作目で、2012年公開のサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンをめぐる陰謀を描いた前3部作の裏で同時進行していたストーリーを描くスピンオフ的作品。ボーンの存在によりCIA上層部でさえ知らない国家的極秘計画が暴かれる危機が発生。計画隠蔽のために襲われた工作員アーロン・クロスの逃避行が描かれる。『ボーンシリーズ』の世界観を継承したストーリー展開に加え、前3部作後のCIAの状況もわかるファン必見の物語である。

Read Article

ボーン・アルティメイタム(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ボーン・アルティメイタム(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ボーン・アルティメイタム』とは『ボーンシリーズ』の3作目で、2007年公開のサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンは、CIAの極秘計画の暴露記事を書こうとする記者と接触したことで存在が見つかり、またもやCIAに狙われる。その一方、CIA内部の人間と協力し、極秘計画に絡んだ組織の陰謀を暴き、とうとう記憶を取り戻す。その場にいるかのような臨場感溢れる映像やスピーディなストーリー展開、スリリングな逃走劇など息もつかせぬシーンの連続で観る者を引き込む最高傑作。

Read Article

ファーザー(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ファーザー(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ファーザー』とは、2012年に発表されたゼレールの戯曲『Le Père 父』を基にした、2020年イギリス・フランス・アメリカのヒューマンドラマ映画である。一人暮らしをしている81歳の父が認知症によってだんだんと老いてゆく姿を名優アンソニー・ホプキンスが演じ、父を見守る献身的な娘をオリヴィア・コールマンが熱演。娘の夫や介護人の判別がつかなくなり、記憶と理解力が衰える父を娘の目線で描かれている。老いとはなにか、親子の深い関係を訴える感動作。

Read Article

バックドラフト(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

バックドラフト(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『バックドラフト』とは、消防士の兄弟の火災現場での活躍と葛藤、謎の放火犯を追う物語。監督は『ビューティフル・マインド』『ダ・ヴィンチ・コード』で知られるロン・ハワードが務めており、出演者はカート・ラッセル、ロバート・デ・ニーロなど豪華な顔ぶれが揃っている。火災現場の視覚効果をアメリカの特殊効果及びVFXの制作会社インダストリアル・ライト&マジックが務めている。エグゼクティブ・プロデューサーはブライアン・グレイザーと『砂の惑星』のラファエラ・デ・ラウレンティスが務めている。

Read Article

ジュラシック・ワールド/炎の王国(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ジュラシック・ワールド/炎の王国(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』とは、2018年6月22日にアメリカ合衆国で公開された映画。『ジュラシック・パーク』シリーズ5作目の映画である。 日本公開は2018年7月13日。前作での大惨事から3年。放棄されたジュラシック・ワールドを有したイスラ・ヌブラル島には火山噴火の兆候が見えていた。噴火へのタイムリミットが迫る中、主人公オーウェンと彼の仲間たちは恐竜たちの救出チームに参加する。それぞれが奮闘する中、オーウェンたちは救出劇の裏に隠された陰謀にも巻き込まれていく。

Read Article

世界最速のインディアン(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

世界最速のインディアン(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『世界最速のインディアン』とは2005年のニュージーランド・アメリカ合衆国の伝記映画である。実在のライダであるバート・マンローの話を元にした伝記作品であり、監督はロジャー・ドナルドソン、出演はアンソニー・ホプキンスが務めた。初老のライダー、バート・マンローは、愛機「1920年代インディアン・スカウト」で世界最速記録に挑戦することが長年の夢であった。ある日自身の老い先が短いことを悟ったバートは、人生最後のチャンスとしてバイカーの聖地「ボンネビル塩平原」へ向かう決断をする。

Read Article

心の闇が深い!サイコスリラー・サイコホラーがテーマの洋画まとめ【スクリームほか】

心の闇が深い!サイコスリラー・サイコホラーがテーマの洋画まとめ【スクリームほか】

世の中にはゾンビや幽霊などのホラー映画が数多く存在しているが、人間の心の闇の部分を題材とした「サイコスリラー」「サイコホラー」もまた、幽霊などとは異なったジャンルの「ホラー映画」として人気を博している。一見すると普通の穏やかな人物の凶行や、実在の殺人事件をモチーフとした映画も多い。本記事では「サイコスリラー」「サイコホラー」をテーマにしている洋画を、厳選して紹介する。

Read Article

【羊たちの沈黙】イカれてる…狂気に満ちたサイコパスのおすすめ洋画20選【ブラック・スワン】

【羊たちの沈黙】イカれてる…狂気に満ちたサイコパスのおすすめ洋画20選【ブラック・スワン】

人間の心の闇というのは、恐ろしいものです。人を笑いながら殺したり、虐げることに喜びを感じたり…現実にそんなことが起こると恐怖以外の何物でもないのだけど、映画となるとなぜかちょっと怖い物見たさで気になってしまいますよね。この記事では、そんな狂気に満ちあふれたサイコパス洋画のおすすめをまとめました。眠れなくなること必至なので、苦手な方は閲覧注意!

Read Article

【閲覧注意】実際の事件や事故がもとになったホラー・サスペンス映画まとめ【死霊館ほか】

【閲覧注意】実際の事件や事故がもとになったホラー・サスペンス映画まとめ【死霊館ほか】

この世に数多くの作品が存在しているホラー映画。その中には実際に起こった事件や事故をモチーフにした作品もたくさん含まれている。とある仮説を検証するために行われた実験の末に起こった凄惨な事件や、地元で有名な心霊スポット、悪魔に憑りつかれた少女などがその一例だ。本記事では実際の事故・事件がモチーフとなったホラー映画やサスペンス映画を、厳選して紹介する。

Read Article

【羊たちの沈黙】映画のモデルにもなった実在する異常快楽殺人者(サイコパス)たち!【悪魔のいけにえ】

【羊たちの沈黙】映画のモデルにもなった実在する異常快楽殺人者(サイコパス)たち!【悪魔のいけにえ】

映画や小説のモデルとなった、実在する異常快楽殺人者(サイコパス)たちを紹介する。彼らの多くは幼少期を問題のある環境で過ごし、周囲から怪しまれても逮捕後に出所してからも犯行を繰り返した。世に恐怖と衝撃を与えた、まさに人の皮を被った悪魔たちである。

Read Article

殺人鬼が登場する映画32選!『羊たちの沈黙』『エルム街の悪夢』『チャイルド・プレイ』『13日の金曜日』などハラハラする作品ばかり!

殺人鬼が登場する映画32選!『羊たちの沈黙』『エルム街の悪夢』『チャイルド・プレイ』『13日の金曜日』などハラハラする作品ばかり!

ここでは殺人鬼が登場する映画をまとめた。猟奇殺人犯ハンニバル・レクターを主役とする『羊たちの沈黙』や、殺人鬼フレディ・クルーガーの悪夢に悩まされる高校生を描いた『エルム街の悪夢』など、ハラハラする展開の作品ばかりだ。

Read Article

【羊たちの沈黙】オススメのミステリー映画30選 最後まで謎が解けない名作だらけ!【ショーシャンクの空に】

【羊たちの沈黙】オススメのミステリー映画30選 最後まで謎が解けない名作だらけ!【ショーシャンクの空に】

オススメのミステリー映画をランキング形式で30作紹介。 同名のベストセラーを原作とし、アカデミー賞の主要部門を総なめした「羊たちの沈黙」、希望を持って生きることの大切さを教えてくれる名作「ショーシャンクの空に」など。最後まで謎が解けないハラハラドキドキ感を楽しめる作品ばかり。

Read Article

90年代のホラー映画撮影裏画像まとめ!『シックス・センス』などの貴重なショットを掲載

90年代のホラー映画撮影裏画像まとめ!『シックス・センス』などの貴重なショットを掲載

90年代のホラー映画撮影裏画像をまとめました。ブルース・ウィリス主演の『シックス・センス』や、ゲイリー・オールドマン主演作『ドラキュラ』、アカデミー賞主要5部門を受賞した『羊たちの沈黙』などのメイキングシーンを掲載。映画ファン必見の貴重な画像をたっぷり紹介していきます。

Read Article

【百合】同性愛者との噂がある女性芸能人まとめ【中谷美紀など】

【百合】同性愛者との噂がある女性芸能人まとめ【中谷美紀など】

女優の中谷美紀や歌手の宇多田ヒカルなど、同性愛の噂がある女性芸能人をまとめました。噂のある人物だけでなく、ハリウッドスターのジョディ・フォスターやモデルのHIROMIなど、自ら同性愛者であることをカミングアウトしている有名人の情報もまとめました。ファンの声も交えながら噂の真偽を追及していきます!

Read Article

NEW
レズビアン・バイセクシャルを公表した海外セレブまとめ【クリステン・スチュワートなど】

レズビアン・バイセクシャルを公表した海外セレブまとめ【クリステン・スチュワートなど】

女優のジョディ・フォスターやクリステン・スチュワートを始め、人気モデルのカーラ・デルヴィーニュや歌手のマイリー・サイラスなど、多くのセレブがレズビアンやバイセクシャルであることを公表しています。ここでは彼女たちの恋愛遍歴や公表のタイミングなど、画像を交えながら紹介していきます。

Read Article

ハリウッドで活躍した子役のビフォーアフター画像まとめ!スター・ウォーズやホーム・アローンやターミネーター2など

ハリウッドで活躍した子役のビフォーアフター画像まとめ!スター・ウォーズやホーム・アローンやターミネーター2など

ハリウッド映画にはたくさんの子役が登場し、物語を彩ります。ここではそんなハリウッド子役スターたちの成長した画像をまとめました!『ホーム・アローン』や『ターミネーター2』、『スター・ウォーズ』などに出演したあの子はどんな大人になったのでしょうか?

Read Article

『ドリフターズ』と史実や他メディアでの同名キャラとを比べてみた!

『ドリフターズ』と史実や他メディアでの同名キャラとを比べてみた!

『ドリフターズ』とは、『ヘルシング』でもお馴染み平野耕太先生の作品。それぞれ異なった時代の人物たちが登場し、世界を壊さんとする「廃棄物」側と、それを阻止せんとする「漂流者」側とに別れ戦う、史実ごっちゃ混ぜ気味なマンガなのです。今回こちらでは、作中に登場する人物と、史実やマンガ及びゲームなどの人物像とを比べつつ、簡単な解説と共にまとめさせて頂きました。

Read Article

【閲覧注意】食欲なくなる!グロテスクな映画12選!ハンニバル・ソドムの市・ムカデ人間など衝撃作ばかり!

【閲覧注意】食欲なくなる!グロテスクな映画12選!ハンニバル・ソドムの市・ムカデ人間など衝撃作ばかり!

ここでは食欲がなくなるほどグロテスクな映画をまとめた。人間が人間を食べるシーンのある『ハンニバル』、人間の口と肛門を繋げたものを生み出す『ムカデ人間』など、衝撃的な内容のものばかりだ。体調の優れない時は見ない方がよいかもしれない。

Read Article

あなたはどこまで見た?TSUTAYAのDVDレンタルランキング【お願い!ランキング】

あなたはどこまで見た?TSUTAYAのDVDレンタルランキング【お願い!ランキング】

バラエティ番組「お願い!ランキング」で紹介された、TSUTAYAのDVDレンタルランキングをまとめました。最新作のランキングではなく、「ハンニバル」や「タイタニック」をはじめ、様々な年代・ジャンルの名作のランキングです。100位から順に、作品のあらすじを交えながら紹介していきます!

Read Article

ゲイリー・オールドマンはハリー・ポッターシリーズのシリウス・ブラック役!他に出てる映画まとめ【ハンニバル】

ゲイリー・オールドマンはハリー・ポッターシリーズのシリウス・ブラック役!他に出てる映画まとめ【ハンニバル】

ゲイリー・オールドマンといえば、『ハリー・ポッター』シリーズでシリウス・ブラックの役を務めた人物ですよね。彼のシブいビジュアルと演技にハートを射貫かれた方は多いのではないでしょうか。もちろん、ハリポタ以外にもいろいろな作品に出演してますよ!この記事では、ゲイリー・オールドマンが他に一体どんな映画に出ているのかまとめました。

Read Article

神がかっているほどカッコイイ理想の男性が登場する映画まとめ!『ロミオ+ジュリエット』など

神がかっているほどカッコイイ理想の男性が登場する映画まとめ!『ロミオ+ジュリエット』など

カッコいい男性が登場する映画をまとめました。レオナルド・ディカプリオのイケメンっぷりに見惚れる『ロミオ+ジュリエット』や、ブラッド・ピットの美しさに息を呑む『ジョー・ブラックをよろしく』などを掲載。各作品のあらすじ・ストーリーや、登場人物・キャラクターのカッコよさに対するみんなのつぶやきを紹介していきます。

Read Article

【アベンジャーズ】俳優ジェレミー・レナーについて徹底紹介【ハート・ロッカー】

【アベンジャーズ】俳優ジェレミー・レナーについて徹底紹介【ハート・ロッカー】

俳優ジェレミー・レナーについてまとめました。「アベンジャーズ」シリーズのホークアイでお馴染みの彼。「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」や「ボーン・レガシー」では華麗なアクションを、また「ハート・ロッカー」ではアカデミー賞主演男優賞にノミネートされるなど、人気も実力も兼ね備えた俳優です。ここでは彼の出演作品やプライベートに関するニュースなどを紹介していきます。

Read Article

異世界の住人との恋愛映画まとめ!『ジョー・ブラックをよろしく』『ニューヨークの恋人』など

異世界の住人との恋愛映画まとめ!『ジョー・ブラックをよろしく』『ニューヨークの恋人』など

異世界の住人との恋愛を描いた映画をまとめました。ここに掲載しているのは、ブラッド・ピット主演作『ジョー・ブラックをよろしく』や、ヒュー・ジャックマンとメグ・ライアンが共演した『ニューヨークの恋人』など5作品。各作品のあらすじ・ストーリーや、映画を見た人の感想を紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents