星のカービィ ディスカバリー / Kirby and the Forgotten Land

星のカービィ ディスカバリー / Kirby and the Forgotten Land

『星のカービィ ディスカバリー』とは、『星のカービィシリーズ』の新規タイトルであり、シリーズ初の3Dアクションを起用したNintendo Switch用ソフトである。本作は開発はハル研究所、任天堂より発売され、日本で162万本を売り上げた。
カービィは突如現れた謎の渦に巻き込まれ、発達している文明と自然が融合した「新世界」に迷い込んでしまう。その世界に存在するビースト軍団に捕らわれてしまったワドルディを救うため、「新世界」で出会った謎の生物エフィリンと共に冒険の旅に出ることになる。

星のカービィ ディスカバリー / Kirby and the Forgotten Landの関連記事

星のカービィ ディスカバリー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

星のカービィ ディスカバリー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『星のカービィ ディスカバリー』とは、『星のカービィシリーズ』の新規タイトルであり、シリーズ初の3Dアクションを起用したNintendo Switch用ソフトである。本作は開発はハル研究所、任天堂より発売され、日本で162万本を売り上げた。 カービィは突如現れた謎の渦に巻き込まれ、発達している文明と自然が融合した「新世界」に迷い込んでしまう。その世界に存在するビースト軍団に捕らわれてしまったワドルディを救うため、「新世界」で出会った謎の生物エフィリンと共に冒険の旅に出ることになる。

Read Article

星のカービィ スーパーデラックス・ウルトラスーパーデラックスのネタバレ解説・考察まとめ

星のカービィ スーパーデラックス・ウルトラスーパーデラックスのネタバレ解説・考察まとめ

『星のカービィ スーパーデラックス』とは1996年に任天堂より発売されたスーパーファミコン用ソフト。『星のカービィシリーズ』第7作目のアクションゲームになる。従来のシリーズと違い複数の物語の収録や、コマンド入力により技を出せるなど新要素が積み込まれている。 2008年に任天堂よりニンテンドーDS用ソフト『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』として新要素を搭載しリメイク作品が発売される。

Read Article

MOTHER3(マザー3)のネタバレ解説・考察まとめ

MOTHER3(マザー3)のネタバレ解説・考察まとめ

『MOTHER3』とは任天堂、東京糸井重里事務所、ハル研究所、ブラウニーブラウンが開発し、任天堂から発売されたゲームボーイアドバンス専用のロールプレイングゲームである。『MOTHERシリーズ』の3作目。人の優しさ、人と人との繋がりが描かれる場面が非常に多く、多くのプレイヤーの感動や共感を呼んだ。舞台となるのは謎の時代・謎の世界に存在するただ一つの島、ノーウェア島。そこで悪事を働くブタの覆面をした兵士たちと、彼らと相対するリュカたちとの戦いを描く。

Read Article

とびだせ どうぶつの森(とび森)のネタバレ解説・考察まとめ

とびだせ どうぶつの森(とび森)のネタバレ解説・考察まとめ

「とびだせ どうぶつの森」は大人気シリーズのどうぶつの森シリーズ6作目で、2012年に任天堂から発売された3DS用ゲームソフトである。プレイヤーは村長になって村を作りをし、どうぶつの住人達とまったりスローライフを過ごすことの出来るゲーム。2016年11月には新要素を含んだ「とびだせ どうぶつの森 amiibo+」が配信され、更新データをダウンロードすると無料でアップグレードできるようになった。

Read Article

星のカービィ Wii(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

星のカービィ Wii(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『星のカービィ Wii』とは、2011年10月27日にHAL研究所が開発、任天堂が販売した横スクロールアクションゲーム。平和な星に住む主人公と仲間達が、空中崩壊して不時着した宇宙船を目撃したところから始まる物語を進んでいくストーリーモード、ストーリーモードの高難易度版のエクストラモード、他4つのサブゲームが入っている。カービィシリーズ初の多人数プレイが可能で、最大4人まで同時に遊べる。簡単操作でアクション初心者でも気軽に遊べる作品である。

Read Article

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(ハピ森)のネタバレ解説・考察まとめ

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(ハピ森)のネタバレ解説・考察まとめ

『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』とは、2015年7月30日発売の、任天堂が開発・販売した3DS用ゲームソフト。プレイヤーは不動産屋の新入社員となり、どうぶつ達の理想の住まいや、賑やかな商店街を手がけるデザイナーとして活動し、「みならい」から「いちにんまえ」のデザイナーを目指していく。 今作は任天堂の人気ゲーム『どうぶつの森』の従来のシリーズの楽しみの一つである「家のデザイン」に特化した内容となっている。

Read Article

街へいこうよ どうぶつの森(街森)のネタバレ解説・考察まとめ

街へいこうよ どうぶつの森(街森)のネタバレ解説・考察まとめ

『街へいこうよ どうぶつの森』とは、任天堂が開発し、2008年11月20日に発売されたNintendo Wii専用ソフトである。本作は任天堂の人気シリーズ『どうぶつの森』の第5作目で初のWii用ソフトであり、美麗なグラフィックをテレビの大画面で楽しめる。今作の特徴として、シリーズ従来の村での暮らしに加えて街へお出かけしたり、Wiiリモコンとヌンチャクリモコンによる直感的な操作でより思いのままに遊べる。

Read Article

おいでよ どうぶつの森(おい森)のネタバレ解説・考察まとめ

おいでよ どうぶつの森(おい森)のネタバレ解説・考察まとめ

『おいでよ どうぶつの森』とは、2005年に任天堂より開発されたニンテンドーDS専用のゲームソフト。プレイヤーは、ある村に引っ越し、その村に暮らすどうぶつの住民たちと気ままにスローライフを楽しむゲーム。これまで製作されたどうぶつの森シリーズから一新し、ニンテンドーDSの機能ならではのすれちがい通信や、Wi-Fi機能を使った遊びも楽しむことができる。

Read Article

星のカービィ トリプルデラックス(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

星のカービィ トリプルデラックス(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『星のカービィ トリプルデラックス』とは、2014年1月11日にHAL研究所が開発、任天堂が販売したアクションゲームソフト。ニンテンドー3DS専用ソフトで、3DSならではのしかけが満載の3Dで遊ぶこと必至のアクション。ある夜突然天まで届く大きなつるが生え、家ごと巻き込まれたカービィ。デデデ大王を助けるため、天空の島々『フロラルド』へ乗り込む。メインのストーリーモードの他、ミニゲームややりこみ要素満載の一本。

Read Article

ピクミン(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ピクミン(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピクミン』は2001年10月26日に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。ピクミンシリーズの第1作目である。後に、2008年12月25日に『Wiiであそぶ ピクミン』としてWiiに移植された。 宇宙を旅する途中で、ホコタテ星人の「キャプテン・オリマー」は未知の惑星に墜落してしまう。そこで出会った奇妙な生物「ピクミン」と共に、未知の惑星からの脱出を目指す。 2001年11月には『ピクミン』のCMソング「愛のうた」が話題になり、愛らしいが悲しさもある歌詞が人気となった。

Read Article

星のカービィ スターアライズ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

星のカービィ スターアライズ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

「星のカービィ スターアライズ」とは、2018年に発売されたゲーム作品。「星のカービィ」シリーズが初めて「Nintendo Switch」に登場した作品となる。闇の心「ジャマハート」によって引き起こされた危機に、カービィが立ち向かうストーリーが展開されている。 「フレンズハート」をぶつけることで敵を「フレンズ」と呼ばれる仲間にしたり、従来の「コピー能力」にフレンズの能力を掛け合わせてより強力な技となる「フレンズ能力」のシステムが大きな特徴。

Read Article

星のカービィ ロボボプラネット(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

星のカービィ ロボボプラネット(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『星のカービィ ロボボプラネット』とは、2016年に「Nintendo 3DS」で発売されたゲームソフト。カービィシリーズ11本目の本編作品となる。突如現れた宇宙企業「ハルトマンワークスカンパニー」によって機械化された世界を救うべく、カービィが戦うストーリーが展開される。 新たな相棒として登場したロボット「ロボボアーマー」を用いたアクションが大きな特徴。

Read Article

星のカービィ3(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

星のカービィ3(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『星のカービィ3』とは、1998年3月27日にスーパーファミコンで発売されたゲームソフト。スーパーファミコンに登場した2本目の本編作品となる。黒い雲に覆われたポップスターを救うべく、カービィ達が戦うストーリーが展開される。新たな仲間であるグーイ・ナゴ・チュチュ・ピッチや、コピー能力「クリーン」が登場したことが大きな特徴。

Read Article

星のカービィ2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

星のカービィ2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

星のカービィ2(Kirby's Dream Land 2)は、1995年3月21日に発売されたゲームボーイ及びスーパーゲームボーイ専用のアクションゲームである。丸い体に短い手足の主人公カービィが、失われた宝物を取り戻すための冒険に出る、横スクロールアクション。今作で初めて仲間が登場し、カービィの冒険を助けてくれる。今作はスーパーゲームボーイに対応して、カラーでも遊べる作品となっている。

Read Article

ゼルダの伝説 夢をみる島(夢島)のネタバレ解説・考察まとめ

ゼルダの伝説 夢をみる島(夢島)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゼルダの伝説 夢をみる島』とは、1999年に任天堂『ゼルダの伝説シリーズ』の第四段として発表されたゲームボーイ用アクションアドベンチャーゲーム。『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の後日談となっている。主人公のリンクがハイラル王国へ帰る途中、嵐に巻き込まれて漂着した自然豊かな不思議な島「コホリント島」から脱出を目指す。初めてゼルダ以外のヒロインが出た作品であり、任天堂の他作品のキャラクターがゲスト出演している。ゲーム誌の『ファミコン通信』のクロスレビューではゴールド殿堂を獲得している。

Read Article

星のカービィ(初代)のネタバレ解説・考察まとめ

星のカービィ(初代)のネタバレ解説・考察まとめ

『星のカービィ』とは、任天堂の初代携帯ゲーム機「ゲームボーイ」で発売されたアクションゲームである。「絵描き歌で描けるようなシンプルな姿」の主人公を操作して、絵本のような可愛らしい世界や、愛らしい敵キャラクター、アクションとは思えない軽快で明るいBGMの中を進んでいく。意地悪な大王に盗られた食べ物とお宝を取り戻すため、星の旅人・カービィが星中を探検するのが軸となるストーリー。今や任天堂の代表キャラクターとなったカービィのデビュー作である。

Read Article

星のカービィ64(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

星のカービィ64(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『星のカービィ64』は、任天堂発売のNINTENDO64用ソフトである。開発は「HAL研究所」。 2000年3月24日に発売され、2008年4月15日Wiiバーチャルコンソールに、2015年8月19日にWii Uバーチャルコンソールにそれぞれ移植される。カービィシリーズではおなじみのコピー能力を混ぜて新たなコピー能力にできる「コピー能力ミックス」という技が新たに登場した。 なお、星のカービィシリーズで唯一のNINTENDO64用ソフトである。

Read Article

星のカービィ 鏡の大迷宮(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

星のカービィ 鏡の大迷宮(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『星のカービィ 鏡の大迷宮』とは、2004年に「ゲームボーイアドバンス」で発売されたゲームソフト。カービィシリーズ7作目の本編作品となる。プププランドの上空にある「鏡の国」の異変に、4人になったカービィ達が立ち向かうストーリーが展開されている。1Pプレイ時でも自分を含めた4人のカービィが常に冒険していることや、「携帯通信機」でその仲間達を呼び出せるシステムが大きな特徴。

Read Article

ピクミン3(デラックス)のネタバレ解説・考察まとめ

ピクミン3(デラックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピクミン3 デラックス』とは、2013年にWiiUで発売された『ピクミン3』に追加コンテンツが収録された、2020年発売のNintendoSwichソフトである。母星の食糧危機を解決する為に未知の惑星に調査に赴き、その星で出会ったピクミン達と協力し食糧確保を目指す。今作から3人のキャラクターを操作することになり、キャラクターを切り替えながらそれぞれで行動することにより前作より幅広く多様な探索が行えるようになった。

Read Article

星のカービィ 夢の泉の物語・夢の泉デラックスのネタバレ解説・考察まとめ

星のカービィ 夢の泉の物語・夢の泉デラックスのネタバレ解説・考察まとめ

『星のカービィ 夢の泉の物語』とは、1993年に「ファミリーコンピュータ」で発売されたゲームソフト。カービィシリーズの2作目の作品となる。 突如としてプププランドの住民達が夢を見ることができなくなった事件を解決するべく、カービィが旅に出るストーリーが展開される。 本作にて、カービィの代名詞となるコピー能力と、謎多き仮面の剣士・メタナイトが初登場した。

Read Article

ピクミン2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ピクミン2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピクミン2』は2004年4月に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。『ピクミン』の続編であり、ピクミンシリーズの第2作目である。2009年3月には『Wiiであそぶ ピクミン2』としてWiiに移植された。 前作の『ピクミン』で惑星から脱出した「キャプテン・オリマー」は、ホコタテ星へ帰ることができた。しかし、オリマーが勤めているホコタテ運送会社は莫大な借金を抱えてしまっていた。 前作の「愛のうた」に続き、ピクミンの特徴を歌ったCMソング「種のうた」が人気となった。

Read Article

あつまれ どうぶつの森(あつ森)のネタバレ解説・考察まとめ

あつまれ どうぶつの森(あつ森)のネタバレ解説・考察まとめ

『あつまれ どうぶつの森』(通称:あつ森)とは、任天堂が開発し、2020年3月20日に発売された「どうぶつの森」シリーズ初のNintendo Switch用のソフトである。プレイヤーはこれまでのシリーズの舞台だった村を飛び出し、たぬきちが立ち上げた組織「たぬき開発」が手掛ける暮らしのプラン「無人島移住パッケージプラン」に参加し、自然あふれる無人島で新しい生活を始めることとなる。プレイヤーは島を家具で飾り付けたり、どうぶつたちのお願いを聞いたりしながら少しずつできることが増えていく。

Read Article

星のカービィ 参上!ドロッチェ団(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

星のカービィ 参上!ドロッチェ団(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『星のカービィ 参上!ドロッチェ団』とは、2006年に「ニンテンドーDS」で発売されたゲームソフト。カービィシリーズ8本目の本編作品となる。カービィが謎の盗賊「ドロッチェ団」と、宝箱を巡って争うストーリーが展開される。 コピー能力や回復アイテムを5つまでストックしておける「コピーパレット」や、コピー能力が地形に影響を与えるシステムが大きな特徴。

Read Article

どうぶつの森 ポケットキャンプ(ポケ森)のネタバレ解説・考察まとめ

どうぶつの森 ポケットキャンプ(ポケ森)のネタバレ解説・考察まとめ

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』とは、気ままなスローライフを楽しむコミュニケーションゲーム『どうぶつの森』シリーズのスピンオフ作品。どうぶつが暮らす村にやってきたプレーヤーが、どうぶつ達と交流をしたり、好きな家具を集めて自分だけの家を作ったりと、自由気ままに過ごす。今作はプレーヤーが管理人を務めるキャンプ場が舞台となっており、動物たちの「おねがい」を叶えながら、キャンパーレベルをアップしていく。どうぶつ達との交流といった基本要素はそのままに、スマートフォン版としてリリースされ話題を呼んだ。

Read Article

星のカービィ ディスカバリー / Kirby and the Forgotten Landのレビュー・評価・感想

New Review
星のカービィ ディスカバリー / Kirby and the Forgotten Land
8

ステージごとのミッションとコピー能力の進化が新鮮

ある日カービィが新世界に迷い込み、そこで出会ったエフィリンというキャラクターとともに、ビースト軍団にさらわれたワドルディたちを助けていくというゲームです。
ステージごとにいくつかのミッションが設定されていて、コンプリートしようとするとかなりの時間がかかるので、長く楽しめると思います。

カービィシリーズおなじみのコピー能力を本作では3~4段階に進化させることができ、能力がどんどん派手になっていきます。道端の車や自動販売機をほおばって特殊変形するアクションは、初心者や小さな子供が親しみやすい要素の一つかと思います。
ほおばり変形に関しては動きの自由度が高く、シリーズ初となる3Dの特徴とマッチしていると感じました。ただそのような特殊変形がある点やコピー能力が進化をする分、他のシリーズと比べてコピー能力で出せる技の数が少ないと感じました。
そして表世界のステージをすべてクリアすると、パラレルワールドのような世界が登場し、表世界ではボスだったレオンガルフというキャラクターのソウルを集めながら新たな世界を探検することになります。
また、ワドルディたちが作り出す町も魅力の一つです。ワドルディたちを助け出す度に町が発展し、大きな施設ができたりゲームが遊べるようになります。町の中にカービィの家もあり、カービィのお昼寝姿を見ることもできます。

ステージの中の小石や貝を転がすとコインが出てくることもたまにあり、隅々まで楽しめる要素がいきわたっています。経験者と初心者、大人と子供など、どのような人でも楽しめるゲームになっていると思いました。

星のカービィ ディスカバリー / Kirby and the Forgotten Land
10

星のカービィ ディスカバリー

星のカービィシリーズは「星のカービィ64」以来のプレイです。
まず全体的にグラフィックもよく、今作の世界観が廃墟となった星ということでとても雰囲気もよかったです。
登場キャラもとてもかわいく、特に今作のキーキャラクターとなっているエフィリンは後ろをずっとついてくるだけでも癒されました。
また、ゲームの難易度は2種類あり、3D操作のゲームに不慣れな私でも100%クリアを達成することができたので、比較的遊びやすい印象かなと思います。
攻撃の当たり判定が広く、「自分の操作画面であたっているように見えたらOK」というのもわかりやすくてよい点だなと思いました。
(人によっては物足りないかもしれないですが…)
今作の目玉でもある「ほおばりヘンケイ」はとてもユニークでかわいく、
またギミックや各ステージのミッションをクリアするためにはこの能力を活かしていくことが必要不可欠となっているため、
考えながら進めていくのもいつものカービィとは少し違って面白いポイントかなと思います。
今作もいつもどおりHAL部屋がしっかりと用意されており、特に資源エネルギープラントにあるHAL部屋のBGMは8bit風で、とても癒されるのでぜひ行ってみてほしいです。
まだ遊んでない方は、買って損のない30周年にふさわしい良作だと思います。

星のカービィ ディスカバリー / Kirby and the Forgotten Land
9

カービィ初の3Dアクションは、超傑作でした!

『星のカービィ ディスカバリー』は、シリーズ初の3Dアクション。
購入に迷いながらも、カービィシリーズ好きの私としては買わなければ…という思いで購入。

スタートから、操作性もよく3Dで動くカービィに感動!可愛い!!
能力も使いやすく、能力のレベルアップややり込み要素も充実しておりプレイしてて楽しさしかない、カービィシリーズの超傑作でした。
ストーリーは、新しい世界で知り合った「エフィリン」と一緒に、捕らえられたワドルディを助けていくお話。
隠れワドルディが、ワールドの至るところにおり探すのが大変ですが、鳴き声が聞こえると「ん!?どこだ!?」と周辺を探しまくり、見つけられると「やったあー」という面白さがゲームの爽快感を生んでいます。
ボス戦やアクション要素も良心的な設定になっており、お助け要素もふんだんに盛り込まれているので、アクションが苦手な方や子どもにもおすすめできる内容でした。
減点材料としては「やりこみ要素」です。
やりこむことはできますが、同じ作業の繰り返しがどうしても疲れてしまいました。
それ以外は、ほぼ満点で、今まで以上にカービィの可愛さや楽しさを存分に味わえる作品でした!

星のカービィ ディスカバリー / Kirby and the Forgotten Land
10

自らの手で『発見』をするという事。「星のカービィ ディスカバリー」

「最近カービィすごい盛り上がってない?」
「カービィかわいいけど、それ以外そんなに知らない…」
という方にも
「カービィの新作、3Dアクションなんでしょ?やりにくくないの?」
という方にもオススメしたい。

「星のカービィ ディスカバリー」を今回は紹介していきます。

実は私もカービィ作品は今までDS「星のカービィ ウルトラスーパーデラックス」や、友人の家でwii「毛糸のカービィ」をやっていたくらいで、あまり触れた事がなかったのです。
しかし体験版があまりにも魅力的だった今作品。すぐに購入予約をしてしまいました。

物語はカービィの住むポップスターに異変が起きる所から始まります。
ポップスターの空に、謎の黒い空間が広がり、そこへカービィ達が吸い込まれてしまう、というもの。
今回はカービィが吸い込まれる所から始まっているんですね。
そして吸い込まれた先ではワドルディ達が何者かに連れ去られてしまっていた。
「わにゃわにゃ」とかわいい声で助けを求めるワドルディ達を助けるべく、カービィは進み始めるのですが、途中で「エフィリン」というネズミのような妖精に出会い…

果たして、カービィはワドルディ達を助けることはできるのか!
ポップスターに戻れるのか!?

というのがこの物語の概要です。

しかし今作品を調べている方々は、正直ここがメインで気になっているワケではないと思います。
おそらく「エフィリンは一体何者なのか!?」を重要視しているかと。
この答えについては、ぜひ自らの目で確かめて頂きたいので細かい言及は避けますが…
想像の遥か上、ではなく「想像できなかった展開」が待ち受けています。
そしてこの正体が明かされる瞬間が、心臓が高鳴る良い演出をしてくれています。
あのシーンについては「検索禁止」と言いたいくらいです。

この作品をオススメしたいのは「人間がいなくなった後の地球」といった、SF的な物に興味のある方。
ゲームを普段やらない方や、壮大なテーマを描いている作品が好きな方にぜひプレイしていただきたい。
この作品の全てを、自らの手で「ディスカバリー」してください。

「アドベンチャーゲームが苦手!」という方、大丈夫です。安心してください!
今作品は初心者の方でもプレイしやすい配慮がしっかり、しっかりとなされています。
このゲームでは「はるかぜモード」「ワイルドモード」といったいわゆる「イージーモード」「ハードモード」というものを選ぶ事ができますが、「ワイルドモードじゃないと見られないエンドがある」とかは一切ありません。
違いは難易度と得られるコインの量だけ。
このコインも、ステージ内だけで稼げる訳ではなく、ミニゲームなどで稼ぐ事ができますので「はるかぜモード」で全然プレイできちゃいます!
更にコピー能力の強化機能のおかげで、敵をゴリ押しで倒しやすいです!!
私は3Dアクションが全くの初心者だったのですが、今作品はプレイのしやすさに感動してしまいました。

そして圧倒的な景色と音楽の美しさ!
更にそれを盛り上げる演出の数々!
カービィのファンサービス!!
「最初の二つはわかるが、最後のはなんだ」と思った方。
本当なんです。
今作品、カービィがステージ移動中に手を振ってくれる事がまあまあある。
作品をプレイし終えた頃にはもうトリコです。

ただ、今作品は「完璧!」といっても過言ではないのですが…
ちょっとだけ注意点が。

それは「まあまあ怖い」という所。

カービィは「かわいい」事で有名ですが、ニンテンドースイッチオンラインのファミリーコンピューターのゲーム集などでカービィ作品をある程度やったことのある方は知っているかもしれませんが…
カービィってかわいいだけの作品ではないんです。

そう…時々グロい。
今作品はそこまでグロテスクではない…とも言い切れない。
ニードルのコピー能力は、敵をグサグサ刺しますのでちょっとびっくりします。
特にラスボスが苦手な人は苦手なフォルムをしており、ストーリー内容もなかなかリアルでエグい所を突いている作品となっているのでちょっと難しいところがあるんです。

しかしぜひプレイしてほしい!
今作品のグロテスクには意味があるから。

世の中には「とってつけたようなグロが苦手」という方が多くいらっしゃいます。
私もその一人です。
ですが今作品は「理由のあるグロテスク」を見る事ができます。
嫌でも理由が見えてきます。
その恐怖と沼のような魅力たるや。

現時点で有名かつ人気作品の「星のカービィ ディスカバリー」ですが、もっと色んな人にプレイして頂きたいと思う今日この頃です。

星のカービィ ディスカバリー / Kirby and the Forgotten Land
9

やればやるほど楽しくなる

捕まったワドルディを助けたりコピー能力を強化できるなどやり込み要素がたくさんあるゲーム。3Dで廃墟の町や大自然の中をカービィがかけまわる世界観は現実味があってとても面白い。歴代の作品を知っている人はもちろん、作品をあまり知らない人でも誰でも楽しめることは間違いない。コピー能力はワドルディの町にある武器屋で強化できるので少しずつ強くなっていくのを実感できる。さらに、コピー能力のほかには車や三角コーンなどといった大型アイテムを吸い込むことでほおばりヘンケイができ、コピー能力とはまた違った面白さを体感できる。操作方法がシンプルで、初心者のために分かりやすいガイドムービーが流れるので操作にはすぐ慣れる。難易度も気軽に楽しめる「はるかぜ」、腕に自信がある人向けの「ワイルド」に分かれており、自分のレベルに合わせたプレイができるのでどんな人でも快適に楽しめる。エリアの中にはよく探さないと分からない隠しルートがあるが、意外と近くにヒントがあるので少し立ち止まって考えながらプレイすると楽しい。また、3Dを活かしたギミックがカービィの可愛らしい見た目の良さを際立たせていてグラフィックもすばらしい。気軽に楽しくプレイしたい人にはおすすめのゲームです。

星のカービィ ディスカバリー / Kirby and the Forgotten Land
9

大人でも楽しめる星のカービィ

2022年3月に任天堂から発売された「星のカービィディスカバリー」をプレイしました。まずはじめに言いたいのは、とっても可愛い!今作は3Dになっていて映像もすごく綺麗です。ぽよぽよとしたカービィの動きや声も癒されます。
前作では敵キャラだったワドルディ達が捕まってしまったのをエフィリンという相棒と一緒にステージをクリアしながら救い出すというストーリー性も面白く楽しめます。またワドルディを助ければ助けるほど町が発展していきミニゲームを楽しめたり町にできたお店に設計図を持っていくとコピー能力を進化させることができるようになり、無限大に楽しむことができます。またコピー能力は今までの能力に加えて新しくレンジャーとドリルという能力も追加され色んな能力を使って戦ってみるのも楽しいです。
そして何といっても今作の魅力は、クルマや自動販売機、三角コーンなどを吸い込んで変形するほおばりヘンケイという能力だと思います。それくち痛くないの?って少し心配になるくらいさまざまな物をほおばって変形します。これがまためちゃくちゃ可愛いんです。
星のカービィはステージ内に隠し通路があったり時間内にクリアしないとアイテムが取れないなど大人でもなかなか難しい要素がたくさんあり、本当に子どもから大人まで幅広く遊べるおすすめのゲームです。

親タグ

兄弟タグ