キン肉マン(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ゆでたまごによる漫画およびアニメ作品。1979年から1987年まで週刊少年ジャンプで連載。
2011年からは24年振りとなる続編が週刊プレイボーイWeb comicにて連載中。
キン肉マンが数々の超人と超人プロレスで闘う格闘ギャグ漫画。
アニメは1983年から1986年に第1期(全137話)と1991年から1992年に第2期(全46話)が放送された。

数々の闘いを経て、キン肉マンはキン肉星の王位に就くことになる。
しかし、それを快く思わない邪悪の神々は、キン肉マンの王位に就くことを阻止することになる。
邪悪の神々は、キン肉マンと同じ日に同じ病院で生まれた運命の5王子を呼び出した。
そして、キン肉マンは王位に就くために、サバイバルマッチに挑戦することになった。

初戦となる、キン肉マンチーム対キン肉マンマリポーサ―戦では、キン肉マンはホークマン、ミスターVTRを撃破するが、第3回戦目にミキサー大帝のパワー分離機に入れられ、火事場のクソ力を邪悪大神殿に封印されてしまい、敗れてしまう。
次戦となるミート対ミキサー大帝戦では、ミートが「閉門クラッシュ」でミキサー大帝の胴体を潰した後にバックドロップを決めて勝利した。
その後、ミートはキング・ザ・100トンに敗れそうになるが、テリーマンとロビンマスクが助けに入り、テリーマンが闘うことになる。
テリーマン対キング・ザ・100トン戦では、キング・ザ・100トンの攻撃に苦戦したテリーマンが、「カーフブランディング」を決め引き分けとなった。
大将戦となるロビンマスク対キン肉マンマリポーサ―戦で、ロビンマスクはマリポーサ―が盗んだ、ロビン家の家宝「アノアロの杖」を奪い返し「ロビンスペシャル」を決めて勝利する。

会津若松城で行われていた、キン肉マンスパーフェニックスチーム対キン肉マンビックボディチーム戦は、スーパーフェニックスチームの先鋒であるマンモスマンがペンチマン、レオパルドン、ゴーレムマンを倒しキャノンボーラーとの引き分け後、スーパーフェニックス対ビッグボディの決戦となり、スーパーフェニックスがキン肉王家三大奥義の一つ「マッスルリベンジャー」で勝利する。

第2回戦は、キン肉マンチーム対キン肉マンゼブラチーム戦が熊本城で行われることとなった。
初戦のミート対ザ・マンリキ戦は、超人墓場から復活しミートを助けたウォーズマンが、ザ・マンリキと闘うことになり、パロ・スペシャルで勝利する。
その後、ウォーズマン対モーターマンでは負傷のためウォーズマンが不戦敗となり、続くテリーマンも負傷のため苦戦するが、ラーメンマンが登場し「キャメルクラッチ」で勝利となり、バイクマンとの連戦となった。
ラーメンマン対バイクマン戦は、ラーメンマンが新必殺技「九龍城落地」を決め勝利する。
そして、次戦のラーメンマン対パルテノン戦は、ドロップキックをキン肉マンが乱入し阻止したために、ラーメンマンが失格負けとなった。
最終戦はお互いのチームが2人になったことで、タッグマッチとなりキン肉マン、ロビンマスク対キン肉マンゼブラ、パルテノン戦となった。
ロビンマスクはパルテノンをタワーブリッジで破り、キン肉マンはゼブラの繰り出す三大奥義の「マッスルインフェルノ」を一度は受けるが、最後は未完成である三大奥義の「マッスルスパーク」で勝利する。

名古屋城では、キン肉マンソルジャーチーム対キン肉マンスーパーフェニックス戦が開始され、ソルジャーチームのザ・ニンジャはスーパーフェニックスチームのサタンクロスに敗れ、続いてアシュラマンがサタンクロスと引き分けた。
次戦はソルジャー、ブロッケンJr.、バッファローマン対スーパーフェニックス、マンモスマン、プリズマンのタッグマッチとなり、ブロッケンJr.はプリズマンとバッファローマンはマンモスマンと場外へ落下する。
その後、ソルジャーとスーパーフェニックスの対決となったが、マンモスマンがキン肉大王から奪った超人預言書によって、ソルジャーの正体がキン肉マンの兄、キン肉アタルだと判明し、ソルジャーのページが燃やされたことで消滅することになった。

最終戦となる、キン肉マンチーム対キン肉マンスーパーフェニックスチーム戦は大阪城で行われることになり、試合の前にキン肉マンはマッスルスパークを完成させることに成功した。
1試合目は、キン肉マン対サタンクロス戦となり、キン肉マンはマッスルスパークで勝利する。
2試合目はキン肉マンが負傷のため、プリズマンの不戦勝となり、3試合目ではラーメンマン対プリズマンとなる。
プリズマンのレインボーシャワーに苦戦するラーメンマンは、勝利寸前までプリズマンを追い詰めるが、フェニックスの策略によりリングが崩れ、両者リングアウトとなる。
4試合目のミート対ジ・オメガマン戦はミートが負傷のため不戦敗となり、5試合目のジェロニモ対ジ・オメガマンの対決となるが、ジ・オメガマンの「オメガカタストロフドロップ」を受け敗北する。
そして、残る3人同士のタッグマッチが最終戦となった。
ロビンマスクはマンモスマンと闘い、お互い預言書が焼かれ消滅する中、キン肉マンとザ・サムライの助けを受け、タワーブリッジを決めて消滅した。
ザ・サムライはジ・オメガマンとの闘いで、ネプチューンマンということが判明し、キン肉マンを助けるため自身の預言書を燃やしてしまい、消滅することとなった。
その後、キン肉マンはマッスルスパークでジ・オメガマンを破り、スーパーフェニックスとの直接対決となる。
スーパーフェニックスに苦戦するキン肉マンは、消滅したロビンマスク、ネプチューンマンの助けにより、火事場のクソ力の封印を解かれマッスルスパークを決めて勝利した。

そして、キン肉マンの「フェイスフラッシュ」により、消滅、死亡した超人が生き返り、キン肉マンはキン肉星の王位に就くことになる。

完璧・無量大数軍編

王位争奪サバイバルに勝利したキン肉マンは、キン肉星の大王となり地球を去ることになった。
そして、キン肉マンの去った地球では正義超人、悪魔超人、完璧超人の休戦条約を行うべく調印式を行っていた。
そこへ、突如として地球に飛来した完璧超人の無量大数軍が、条約破棄と正義、悪魔超人の粛清を目的として闘いを挑んできた。

テリーマン以外の正義超人が不在の中、初戦となるテリーマン対マックス・ラジアル戦が始まり、「カーフブランディング」でテリーマンが勝利するが満身創痍となる。
そこへ乱入してきたのは、かつて正義超人との抗争を繰り広げてきた悪魔超人達であった。

ステカセキングは「マッスルインフェルノ」、「パロ・スペシャル」を繰り出すが、ターボメンの「コンプリートスティング」に敗れ、ミスターカーメンはクラッシュマンの「アイアングローブ」によって敗れることとなる。
そんな中、ブラックホールはダルメシアンを四次元殺法で対抗し、最後は「フォーディメンションキル」で悪魔超人軍の初黒星を飾る。
続いての、アトランティス対マーリマン戦ではアトランティスは善戦したが、両者死亡の引き分けとなった。

悪魔超人軍が世界各地で闘う中、日本ではキン肉マン対ピークア・ブー戦が開始された。
試合中に成長するピークア・ブーに苦戦するキン肉マンだが、48の殺人技「風林火山」で勝利する。

そして、グランドキャニオンではザ・魔雲天対ストロング・ザ・武道戦が行われたが、ストロング・ザ・武道の圧倒的な力によってザ・魔雲天は敗北する。

続いて、鳥取砂丘へ舞台を移し第2の抗争が始まる。
1試合目はラーメンマン対マーベラスの超人拳法対決となるが、「九龍城落地」でラーメンマンの勝利となる。
2試合目はブロッケンJr.対クラッシュマン戦となり、ブロッケンJr.が「ベルリンの赤い雨」で勝利する。
3試合目はブラックホール対ジャック・チー戦となるが、試合中にペンタゴンと入れ替わりジャック・チーを圧倒し、最後は「フォーディメンションキル」で決着する。
4試合目となるバッファローマン対ターボメン戦ではスプリングマンとグリム・リーパーが闘っていたリングが崩れたため、急きょタッグマッチに変更された。
ターボメンを「ロングホーントレイン」で破るものの、スプリングマンは死亡し、バッファローマンとグリム・リーパーの対決となる。
バッファローマンは闘いの中、悪魔超人の力に目覚め、グリム・リーパーを「超人十字架落し」で破る。
5試合目はロビンマスク対ネメシス戦となり、ロビンマスクは「タワーブリッジネイキッド」、「ブリティッシュ・スティール・エッジ」を繰り出すが、ネメシスの「『完肉』バトルシップシンク」を受け敗北し、砂丘に埋められてしまう。
最終戦となる6試合目ではウォーズマン対ポーラマン戦では、ウォーズマンが苦戦の末、「パロ・スペシャル・ジ・エンド」で勝利することとなった。

正義超人、悪魔超人たちが闘いを繰り広げる中、悪魔超人の首領・悪魔将軍は完璧超人始祖を打倒すべく超人墓場に向かう。
悪魔将軍は、完璧超人始祖であるミラージュマン、アビスマンを倒し、超人墓場を崩壊させることに成功する。

そして、崩壊させた超人墓場に攻め込んだ悪魔六騎士たちが完璧超人始祖との闘いを繰り広げる。
ジャンクマンはペインマンと闘い、「ジャンククラッシュ」で勝利し、スニゲーターはガンマンと闘い「エルクホーン・テンペスト」を受けて敗北する。
プラネットマンは、グリム・リーパーの本来の姿であるサイコマンの「『完幻』ファントムキャノン」を受け敗北となった。
サンシャインはシングマンを「コンプリートサンド・セメタリー」で、ザ・ニンジャはカラスマンを「悪魔忍法クモ糸縛り」で打ち破り勝利した。
アシュラマンは、神話の時代にゴールマンとシルバーマンの首を刎ねた、ジャスティスマンと対決するが「完璧・陸式奥義ジャッジメント・ペナルティ」によって敗北する。

舞台は国立競技場に移り、完璧超人との抗争の最終ステージとなる闘いが始まる。
1試合目はバッファローマンが「ハリケーン・ギガブラスター」で、ガンマンに勝利し、2試合目ではラーメンマンが、ネメシスの「マッスルスパーク」によって敗北する展開となった。
3試合目のテリーマン対ジャスティスマン戦では、テリーマンの正義を認めたジャスティスマンが、試合を棄権する事態となった。
4試合目はブロッケンJr.がサイコマンと闘い「リフトアップスラム」で敗北したが、キン肉星に安置されていた銀のマスクが現れた。
銀のマスクはシルバーマンとなり、「完璧・弐式奥義アロガント・スパーク」を決めてサイコマンを破った。

正義超人、悪魔超人対完璧超人の抗争は、キン肉マン対ネメシス、悪魔将軍対超人閻魔との対決となった。
キン肉マン対ネメシス戦では、ネメシスがキン肉マンの祖父タツノリの弟であることが判明。
キン肉マンはネメシスに苦戦するが「マッスルスパーク」を決めて勝利する。
そして、悪魔将軍と超人閻魔の、時を超えた因縁の対決が始まる。

『キン肉マン』の名言・名セリフ

へのつっぱりはいらんですよ!

アニメで多用されたキン肉マンの代名詞とも言える名セリフ。
「ことばの意味はわからんがとにかくすごい自信だ!」
とリアクションされた通り、言葉の意味は分からないが自信がある時に使用される。

長かった戦いよさらば!!

王位争奪編のキン肉マンスーパー・フェニックス戦で、マッスルスパークで決めた際にキン肉マンが発したセリフ。
王位争奪サバイバルを締めくくる名言である。

友情とは成長のおそい植物である それが友情という名の花を咲かすまでは、幾度かの試練・困難の打撃を受けて堪えねばならぬ

王位争奪編(最終回)での、おそらくキン肉マンのセリフ。
キン肉マンのラストのコマを飾った名言である。

ボーイ、おとなをからかっちゃいけないよ!

貯めた小銭でテリーマンに助けを求めに来た少年を、テリーマンが足蹴にした際のセリフ。
登場初期のテリーマンの性格を表すセリフで、以降のテリーマンの性格と比較して、あまりにも酷いため名言とされている。

100万パワー+100万パワーで200万パワーー!!

「100万パワー+100万パワーで200万パワーー!!
いつもの2倍のジャンプがくわわって200万x2の400万パワーっ!!
そして、いつもの3倍の回転をくわえれば400万x3の
バッファローマン おまえをうわまわる1200万パワーだーーっ!!」

圧倒的な力のバッファローマンに、対抗するためにウォーズマンがベアークローで対抗した際のセリフ。
ファンの間ではウォーズマン理論と呼ばれており、2倍のジャンプ、3倍の回転で100万パワーが1200万パワーになるのかが疑問視されている。
キン肉マンに登場する謎理論を代表する名言の一つである。

だってオラは人間だから

瀕死のジェロニモが発したセリフ。
超人パワーを分け与えることできないのは、ジェロニモは実は人間だったからであった。
超人と思わせて登場したジェロニモが人間だったという意外性が名言となった。

あ...悪魔にだって友情はあるんだーっ

夢の超人タッグ編で、キン肉マン、テリーマンの友情に感化されたサンシャインが、仲間であっても見捨てるという悪魔超人の信条に背いてまで、アシュラマンを助けるというシーンでのセリフ。
このセリフはキン肉マンの中でも屈指の名言といわれる。

『キン肉マン』関連マンガ

キン肉マン 36巻まで

怪獣退治編から王位争奪編を収めた作品。
「週刊プレイボーイweb comic」での連載再開に伴って、ジャンプコミックスの1巻から36巻の表紙が一新され復刻された。

キン肉マン 37巻から58巻~以下続刊

キン肉マン連載終了から22年ぶりに、スピンオフ作品を収録した37巻が発売された。
そして、キン肉マンの続編が2011年に「週刊プレイボーイweb comic」で連載を開始した。
王位争奪編後の物語となり、正義超人&悪魔超人対完璧超人の抗争を描く。

bookstore.yahoo.co.jp

mocacho74
mocacho74
@mocacho74

Related Articles関連記事

キン肉マンの必殺技・フェイバリット・スペシャルホールドまとめ

キン肉マンの必殺技・フェイバリット・スペシャルホールドまとめ

『キン肉マン』とは、『週刊少年ジャンプ』にて連載された、原作者ゆでたまごによる漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品。日本に住む超人キン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていくプロレス格闘漫画。本作はプロレスが戦いのベースとなっており、試合において使用される派手な必殺技が作品の魅力の一つとなっている。登場するキャラクターたちは、オリジナルのフィニッシュホールドを使って戦いを繰り広げる。

Read Article

キン肉マンの完璧超人・無量大数軍・完璧超人始祖まとめ

キン肉マンの完璧超人・無量大数軍・完璧超人始祖まとめ

『キン肉マン』とは、原作者ゆでたまごによる漫画およびアニメ作品。1979年から1987年まで週刊『週刊少年ジャンプ』で連載された。主人公のキン肉マンが数々の超人と闘う格闘ギャグ漫画である。完璧超人とは『キン肉マン』に登場する超人のカテゴリーの一種で、あらゆる感情を越えた強さを身につけ、普段は天上界で修行している超人である。その後、新シリーズでは無量大数軍と呼ばれる真の完璧超人軍団や、完璧超人始祖と呼ばれる最初の完璧超人となった11人の超人などが登場している。

Read Article

キン肉マンの正義超人まとめ

キン肉マンの正義超人まとめ

『キン肉マン』とは、原作者ゆでたまごによる漫画およびアニメ作品。1979年から1987年まで週刊『週刊少年ジャンプ』で連載された。主人公のキン肉マンが数々の超人と闘う格闘ギャグ漫画である。正義超人とは登場する超人のカテゴリーの一種で、地球の平和を守るために怪獣や悪魔超人と戦う超人のことである。キン肉マンら正義超人は友情を重んじ、仲間と力を合わせて敵に立ち向かう。その友情に影響されて、アシュラマンやネプチューンマンのように、悪魔超人や完璧超人から正義超人に転向するケースもある。

Read Article

キン肉マンの悪魔超人まとめ

キン肉マンの悪魔超人まとめ

『キン肉マン』とは、原作者ゆでたまごによる漫画およびアニメ作品。1979年から1987年まで週刊『週刊少年ジャンプ』で連載された。主人公のキン肉マンが数々の超人と闘う格闘ギャグ漫画である。悪魔超人とは登場する超人のカテゴリーの一種で、超人の中でも、悪魔のような冷血、冷酷、冷徹なファイトスタイルを展開し、悪魔将軍ことゴールドマンに忠誠を誓う超人である。正義超人の友情に影響されて、アシュラマンやバッファローマンのように、悪魔超人から正義超人に転向するケースもある。

Read Article

闘将!!拉麵男(たたかえ!!ラーメンマン)のネタバレ解説・考察まとめ

闘将!!拉麵男(たたかえ!!ラーメンマン)のネタバレ解説・考察まとめ

『闘将!!拉麵男』(たたかえ!!ラーメンマン)とは、集英社『フレッシュジャンプ』で1982年から1988年にかけて連載された、原作者ゆでたまごによる日本の漫画作品。同作者の別作品『キン肉マン』に登場するキャラクターであるラーメンマンを単独の主役としたスピンオフ作品である。中国を舞台とし、超人拳法の継承者であるラーメンマンの修行と戦いの旅を描く。1988年にはアニメ化や劇場化され、さらにゲーム発売などのメディア展開がなされた人気作品である。

Read Article

ゆうれい小僧がやってきた!(ゆでたまご)のネタバレ解説・考察まとめ

ゆうれい小僧がやってきた!(ゆでたまご)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゆうれい小僧がやってきた!』とは、ゆでたまごによる妖怪討伐がテーマの漫画作品。『週刊少年ジャンプ』に1987年から1988年にかけて全42話が連載された。単行本は全5巻。 舞台は江戸時代、恐山百太郎と琴太郎兄弟が合体して妖怪亜鎖亜童子に変身し、妖怪たちを退治していく。『キン肉マン』に続く期待の作品であったが、早期に打ち切りとなり、ここからゆでたまごの迷走期が始まっていく。本作でも『キン肉マン』同様、読者募集したキャラクターを登場させる企画を行った。

Read Article

蹴撃手マモル(ゆでたまご)のネタバレ解説・考察まとめ

蹴撃手マモル(ゆでたまご)のネタバレ解説・考察まとめ

『蹴撃手(キックボクサー)マモル』とは、集英社発行の『週刊少年ジャンプ』上にて1990年から1991年にかけて連載された原作者ゆでたまごによる格闘技漫画作品。単行本は全4巻。中学生の走り高跳びの選手である蹴田マモルが兄の敵を討つため、ムエタイのチャンピオンであるパイソンに挑み、修行を始めるストーリー。日本の子供にムエタイを広める事を目的に連載開始したが、5ヶ月で打ち切りになってしまった。2014年夏には電子書籍化が発表されている。

Read Article

SCRAP三太夫(ゆでたまご)のネタバレ解説・考察まとめ

SCRAP三太夫(ゆでたまご)のネタバレ解説・考察まとめ

『SCRAP三太夫』とは集英社の『週刊少年ジャンプ』上で、1989年24号から40号まで連載したゆでたまごによるギャグ漫画作品。連載前に2度の読み切りを経て連載化された。 西暦20XX年の未来を舞台に、ダメなロボット警察官である三太夫が悪を倒すストーリーである。第1話にて読者アンケートによる人気投票で第2位を獲得したが、第2話以降でどんどん人気が下降して連載打ち切りとなった。ゲストキャラクターとして、ゆでたまごの大人気作品『キン肉マン』に登場した超人ウォーズマンが登場している。

Read Article

トータルファイターK(ゆでたまご)のネタバレ解説・考察まとめ

トータルファイターK(ゆでたまご)のネタバレ解説・考察まとめ

『トータルファイターK(カオ)』とは、原作者ゆでたまごによる格闘技を題材としたギャクマンガ作品。講談社の『デラックスボンボン』にて1993年から95年まで連載された。日本のどこかにある喧嘩島に伝わる幻の格闘技・無敵喧嘩躰術の五代目として生まれた捕手カオは、幼い頃から特訓に明け暮れていた。そして16歳の時に行われた異種格闘技戦を皮切りに、道場の名誉と威信をかけて他流派と戦うストーリー。連載前半は喧嘩島、後半は東京を舞台にが展開されるが、雑誌の休刊に伴い連載を途中で終了している。

Read Article

「キン肉マン」の面白ネタ集!!

「キン肉マン」の面白ネタ集!!

80年代に少年たちの心を掴みんだ有名作「キン肉マン」。息子世代の活躍を描く「キン肉マンⅡ世」を経て、現在はWebで初代キン肉マンの続きを連載しています。懐かしの超人たちが昔以上にカッコよく描かれ、ファンたちの再燃が続いていますがそのキン肉マンを読む中で度々「とんでもない展開」があります。 今回はそんなファンたちからネタとされるものをまとめてみました!

Read Article

味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

味方になった途端に弱体化するキャラクターは、当然あるあるネタですよね。アニメや漫画、ゲームでも、裏での調整が入った結果、下手をすれば主力メンバーから干されて、永遠に待機キャラor回復専用なんてことも多々あります。そんな事実がある中、今回はジャンプキャラにしぼって、その悲しい現実をイラストつきでまとめてみました。

Read Article

【キン肉マン】「マッスルショット」のリセマラ方法、おすすめ登場人物・キャラクターまとめ

【キン肉マン】「マッスルショット」のリセマラ方法、おすすめ登場人物・キャラクターまとめ

『キン肉マン マッスルショット』というスマホゲームをご存知でしょうか。お馴染みのキャラクターたちを駆使してバトルを繰り広げていくというシンプルな格闘ゲームです。この記事では、アプリのリセマラ方法やおすすめキャラクターについてまとめました。攻略wikiなども載っているので、プレイしている方はぜひ一読を。

Read Article

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

【キン肉マン】名場面の中に迷シーン?ツッコミどころまとめ

【キン肉マン】名場面の中に迷シーン?ツッコミどころまとめ

格闘系漫画として知られる『キン肉マン』。「牛丼一筋300年♪」の歌でも有名なこの作品は、主人公のキン肉マンことキン肉スグルが、数々の超人たちとの激闘を繰り広げていく物語です。名場面も多い本作、せっかくのイイところで「おや?」とツッコミたくなる迷シーンがたくさんあるそう。この記事では、そんなツッコミどころをまとめました。あなたはいくつ知っていましたか?

Read Article

今ならアウト!な国民的漫画の問題描写まとめ【「ドラえもん」など】

今ならアウト!な国民的漫画の問題描写まとめ【「ドラえもん」など】

「ドラえもん」や「こち亀」など、時代を超えて長く愛されてきた名作漫画。その中から今のご時世ではアウトな表現をまとめました。「キン肉マン」のナチスを連想させるポーズや「こち亀」での差別表現や体罰描写など、どんな表現が問題なのかを、該当箇所の画像を交えながら解説していきます。

Read Article

実はあの作品でも!?意外と知られていない二人組で活動している漫画家まとめ【ゆでたまごほか】

実はあの作品でも!?意外と知られていない二人組で活動している漫画家まとめ【ゆでたまごほか】

漫画作品はストーリーを生み出し、世界観にあったキャラクターを創り上げて原稿を仕上げるという、大変な苦労と努力の末に成り立っている。週刊漫画誌に掲載されている作品であれば、なおさらその苦労は計り知れない。一方で原案・作画などに担当を分け、同じペンネームを使用して共同作業を行っている漫画家も存在しているのだ。本記事では実は二人組で活動をしている漫画家の情報をまとめて紹介する。

Read Article

【ドラゴンボール】人気漫画ONE PIECEが影響を受けたと思われる作品まとめ【キン肉マン】

【ドラゴンボール】人気漫画ONE PIECEが影響を受けたと思われる作品まとめ【キン肉マン】

今や日本だけではなく海外でも高い人気を誇る漫画『ONE PIECE』。その作風を見ていると、様々な作品に影響を受けていることがわかります。この記事では、作者・尾田栄一郎氏の漫画制作に影響を与えたと思われる作品についてまとめました。『ドラゴンボール』や『キン肉マン』がその中に含まれているのは納得ですね!

Read Article

【年代順】週刊少年ジャンプの短命・糞漫画まとめ【創刊1968年~1999年】

【年代順】週刊少年ジャンプの短命・糞漫画まとめ【創刊1968年~1999年】

1968年の創刊から少年たちに夢と希望を与え続けている『少年ジャンプ』。しかしその中には、あまり人気が得られず連載わずかで終わってしまった作品も。作者都合や短期集中連載などもあるため、必ずしも糞漫画だけではありませんが、ここでは創刊から1999年の歴史の中で短命に終わってしまった漫画をまとめました。

Read Article

目次 - Contents