BLEACH名勝負「黒崎一護・井上織姫・石田雨竜・阿散井恋次・藍染惣右介 vs. ユーハバッハ」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「黒崎一護・井上織姫・石田雨竜・阿散井恋次・藍染惣右介 vs. ユーハバッハ」とは、世の安寧がために戦う死神たちの活躍を描いた『BLEACH』(ブリーチ)で繰り広げられた戦いの1つ。本作最後の戦いであり、世界の命運を賭けた空前の激闘となった。
新たな神となり、世界の改変を目論むユーハバッハ。それを阻止せんとする一護は、ついにユーハバッハとの最後の決戦の時を迎える。今までに培った全ての力で立ち向かう一護を、ユーハバッハは恐るべき能力で翻弄。絶望する一護の下に、次々と仲間たちが駆け付ける。

『BLEACH』(ブリーチ)の概要

『BLEACH』(ブリーチ)とは、久保帯人によって2001年から2016年まで週刊少年ジャンプに連載されたバトルアクション漫画。シリーズ累計発行部数が全世界で1億2000万部を超える、2000年代のジャンプをけん引した超人気漫画だ。テレビアニメ、アニメ映画、実写映画、ゲーム、ミュージカルなどメディアミックス作品も数多く発表されている。
霊感の強い高校1年生の黒崎一護(くろさき いちご)はある晩、死者の魂を食らう怪物「虚(ホロウ)」と戦う「死神」の少女、朽木ルキア(くちき ルキア)と出会う。彼女の窮地を救う形で「死神代行」となった一護は、数々の強敵と戦い、仲間と出会いながら成長していく。

renote.net

「黒崎一護・井上織姫・石田雨竜・阿散井恋次・藍染惣右介 vs. ユーハバッハ」の対決について

「黒崎一護・井上織姫・石田雨竜・阿散井恋次・藍染惣右介 vs. ユーハバッハ」とは、『BLEACH』の最終長編エピソード「千年血戦編」で繰り広げられた戦いの1つ。
今の世界を滅ぼしてでも理想世界を作らんとするユーハバッハを止めるため、主人公の一護を中心にこれまでに登場した何人もの猛者が次々と参戦。『BLEACH』の集大成にして、世界の命運を賭けた空前の激闘となった。

一護たちを苦しめたかつての強敵までもがそれぞれの理由から力を貸し、あるいは共闘する様は、少年漫画の王道的展開として好評を博す。ラスボスであるユーハバッハの「未来改変」という能力は、創作物全般を見回しても類を見ないほど強力なもので、連載時には「いったいどうやって倒すんだ」と大きな話題を呼んだ。
設定の複雑さと、その説明が不十分だったことから「千年血戦編」は賛否両論あるエピソードとなったが、いくつかの戦いや描かれたドラマについては高く評価されている。ラストバトルとなったこの対決もその1つで、圧倒的な迫力と流れるような逆転に次ぐ逆転劇で絶賛されている。

「黒崎一護・井上織姫・石田雨竜・阿散井恋次・藍染惣右介 vs. ユーハバッハ」の対決までの経緯・因縁

悪霊たる虚(ホロウ)、それを狩ってこの世の霊的循環を守る死神、虚を消滅させる力を持つ滅却師(クインシー)。その3つの力を全て受け継ぐ存在として生まれた人間の少年黒崎一護は、まず死神として、次いで虚と滅却師としての力を覚醒させながら数々の敵と戦い、これを打ち倒していく。彼を突き動かす原動力の1つは、幼い頃に母を虚に殺されたことだった。
同級生で滅却師の石田雨竜(いしだ うりゅう)同じく同級生で虚に狙われる中で治癒と防御の術に覚醒した井上織姫(いのうえ おりひめ)、死神の阿散井恋次(あばらい れんじ)といった戦友たち、完全催眠を施す力を武器に神にして世界の楔たる霊王(れいおう)に取って代わろうとした死神の藍染惣右介(あいぜん そうすけ)、過去改変能力を使って一護の力を奪おうと画策した完現術の使い手月島秀九郎(つきしま しゅうくろう)といった強敵たち。彼らとの出会いと交流の中で、一護は一人前の戦士として成長していく。

ある時、「見えざる帝国」(ヴァンデンライヒ)の軍勢が死神たちの世界である尸魂界(ソウルソサエティ)に侵攻。「見えざる帝国」は滅却師たちで構成された国家であり、1000年前に「虚を消滅させられては循環が守れない」との判断から死神たちに滅ぼされたはずの存在だった。
その皇帝であるユーハバッハが目指すのは、現在の世界を定義する存在である霊王を廃し、自身が思い描く理想世界を作ることにあった。1000年かけて反攻の準備を整えた「見えざる帝国」の前に、死神たちの戦闘組織である護廷十三隊の猛者たちまでもが次々と倒れていく。一護もまた護廷十三隊の戦友たちと共に彼らに立ち向かうが、ユーハバッハのすさまじい力の前に自身の霊力から作り出した斬魄刀(ざんぱくとう)を折られてしまう。石田が「見えざる帝国」の側に走る中、霊王の鎮座する霊王宮が制圧され、一護たちは徹底的な敗北を喫する。

「新世界城」(ヴァールヴェルト)と名を改めた霊王宮で、ユーハバッハは新たな神となるべく準備を進めていく。世界の改変がうまくいく保証は無く、仮にうまくいっても今の世界の全てが犠牲になることには違いなく、死神たちは「そんなことをさせるわけにはいかない」と残った戦力を結集して反撃の準備を整えていく。一護は一護で、「石田が裏切ったのはきっと何か理由がある、理由がないなら殴って連れ戻す」とした上で新たな斬魄刀を用意してもらい、もう1度ユーハバッハに挑むことを決意。
世界の命運を賭けた死神たちの最後の攻撃が始まり、一護もここに参戦。ユーハバッハ配下の滅却師たちに苦戦しながらも新世界城を目指していく。一方、「一護は必ずユーハバッハを止めようとするだろうが、今のままあの男に勝つのは不可能だ。ならば敵に取り入って内側から崩して勝機を見出す」との考えから裏切ったふりをしていた石田も動き出し、格上の難敵を相手に足止めを慣行。幸運にも助けられてこれを退けた後、戦場に駆け付けた実父からユーハバッハを倒すための秘策を授けられる。

「黒崎一護・井上織姫・石田雨竜・阿散井恋次・藍染惣右介 vs. ユーハバッハ」の対決の展開・流れ

躍動する死神と虚と滅却師の力

新世界城の玉座に最初に辿り着いたのは一護と織姫だった。一護が以前よりもさらに強さを増しているのを見て取ったユーハバッハは、まずは彼の力を試すように立ち回る。「1人で無茶をし過ぎないで」と制止する織姫を無視するかのごとく、一護は新たな斬魄刀を手に猛然とユーハバッハに襲い掛かる。
一護の狙いは、自身の中に眠る虚と滅却師としての力を完全に覚醒させることにあった。これまでの戦いで“虚の力を暴走させる”ことは経験していた一護だったが、今回はこれを自分の意志で使いこなし、さらに滅却師の頂点に立つユーハバッハの力を何度も肌で味わうことで今までほとんど意識してこなかった滅却師としての力も発動。本来は相反するはずの3つの力を同時に発動した一護はすさまじい戦闘能力を見せつけ、ユーハバッハを驚かせる。

一護を「侮れる相手ではない」と判断したユーハバッハは、いよいよ本気を出して反撃。自身の能力である「全知全能」(ジ・オールマイティ)を発動し、一護を圧倒していく。これは「あらゆる未来を見通し、その全てを意のままに改編する」というもので、自分が敗北する未来すら自由に書き換えることができるというデタラメな効果を持っていた。ユーハバッハのこの能力によって「あらゆる未来で斬魄刀を折られる」運命を定められてしまった一護は得物を失い、驚愕のあまり隙を晒したところに痛撃を叩き込まれる。助けようとした織姫も苦も無く薙ぎ倒され、一護は2度目の敗北を喫するのだった。
ユーハバッハは滅却師から強制的に力を奪う「聖別」(アウスヴェーレン)という能力も所有しており、一護が滅却師としての素養を持つことを利用して彼の力を奪取。ユーハバッハの恐るべき力を見せつけられ、戦う力を奪われた一護は、完全に心折られて敗北に打ちひしがれる。

予期せぬ援軍の到着

「戦う力を失った一護など、もはや恐れるに足らず」と判断したユーハバッハは、彼にトドメを刺さないまま尸魂界を滅ぼすべく新世界城を後にする。ここに恋次たちが駆け付け、一護からユーハバッハの能力を聞いて「そんな敵をどうやって倒せばいいんだ」と頭を抱える。
しかし恋次は「考えたって仕方がないなら考えない、今戦わなければ世界が終わる」と言い切って、ユーハバッハを追おうと一護に提案。戦う力を失い心折られた一護は「自分にはもう無理だ」と訴えようとするも、ここに月島が現れる。彼はかつての自分の仲間から、「世話になった一護のピンチだ」とせっつかれ、一護に力を貸しに来たのだった。

月島は自身の能力で、「ユーハバッハの知らない時間軸の中で、一護は斬魄刀と戦う力を手に入れた」という過去をむりやり設定し、一護の戦闘能力を復活させる。ユーハバッハが“未来を見て結果を操る”以上、月島の過去改変能力に対しては効果を及ぼさないというカラクリだった。再び戦えるようになった一護は、負傷した織姫を仲間たちに託し、恋次と共にユーハバッハを追撃する。

藍染との共闘

世界を改変する前に、1000年前の屈辱を晴らさんとばかりに尸魂界を滅ぼそうとしたユーハバッハだったが、その前に立ち塞がったのはかつて一護に敗れた藍染だった。護廷十三隊の死神たちは、「ここでユーハバッハを止めなければ本当に世界は終わる」との危機感の下で持てる戦力の全てをこの戦いに注ぎ込んでおり、牢に捕らえていた藍染も拘束されたまま担ぎ出されたのだった。「仲間の死神を裏切ったお前が、今さら尸魂界に義理立てするのか」と嘲笑するユーハバッハに、藍染は笑みすら浮かべて「自分はただ、自分を支配しようとする者を打ち砕くのみだ」と悠然と構える。
ユーハバッハの攻撃を利用して拘束から逃れた藍染は、死神の中でも並外れたその力を振るって戦闘を開始。ここに一護と恋次も駆けつけ、「護廷十三隊に何人もの犠牲を生んだ藍染が拘束から逃れている」という状況に驚くことなく咄嗟に連携を取り始める。ユーハバッハは一護が再び斬魄刀を手にして戦場に現れたことに驚くも、改めて一護の未来を書き換えれば済むことと余裕を見せる。

藍染を中心に攻め立てていく一護たちだったが、ユーハバッハの力は3人で協力してもなお圧倒的で、再び追い詰められていく。しかし、勝利を確信して一護を貫いたはずのユーハバッハの一撃は、なぜか藍染に受け止められていた。藍染は「ユーハバッハの力は“自分で見た”世界にしか及ばない」ことを見抜き、自身の斬魄刀の持つ完全催眠の力で相手の認識を狂わせ、ユーハバッハの能力を封じたのだ。
ユーハバッハが驚愕に動きを止めた刹那、一護が渾身の一撃を叩き込む。そのすさまじいばかりの破壊力の前に、ユーハバッハは粉微塵になって消し飛ぶのだった。

絆と友情が呼ぶ勝利

肉体を粉砕されたユーハバッハだったが、「自分の死の未来を書き換える」という手段で復活。不意打ちされて藍染が倒れ、再び猛威を振るい始めたユーハバッハの能力の前に一護と恋次は翻弄される。
己の死すら覆すユーハバッハを相手にいよいよ万策尽きかけたその時、石田が戦場に駆け付ける。彼が自分の父から受け取った矢には、聖別されて力を奪われて力尽きた滅却師たちの心臓に生じる銀で作られた鏃(やじり)がついており、これには「滅却師の力を一時的に消滅させる」効果があった。この矢を食らったことで、ユーハバッハは「全知全能」の能力を封じられる。

「一時的なものでしかない、こんなもので自分を倒せるものか」と豪語するユーハバッハに、一護が最後の力を振り絞って斬りかかる。彼の斬魄刀は、以前の戦いと同じく砕け散る定めを書き込まれており、すでに限界を迎えていた。果たして迎撃したユーハバッハによりその刀身は砕け散るが、その中から“一護が未熟な頃に使っていた、もっともシンプルな形の斬魄刀”が出現する。
ユーハバッハはかつて「一護が未熟な頃に使っていた斬魄刀で斬り殺される」未来を見たことがあったが、「あんな弱い斬魄刀に自分が殺せるはずがない」と判断してただの夢だと思い込んでいた。この瞬間、その光景が夢ではなく自分が辿り得る未来の1つだったことを理解しつつ、ユーハバッハは一護に斬り捨てられる。さらなる力を求めて同族を殺し続け、己の強さに溺れたユーハバッハは、その報いを受けるかのごとく一護がこれまでに紡いできた絆と友情の前に散るのだった。

「黒崎一護・井上織姫・石田雨竜・阿散井恋次・藍染惣右介 vs. ユーハバッハ」の対決のその後の影響

ユーハバッハが倒れたことで、死神たちと滅却師たちの戦いは終結。生き残った滅却師たちは、ある者は死神たちに協力しながら生きる道を、ある者は野に降る道を選んだ。この時、すでにユーハバッハによって霊王は排除されており、世界は崩壊の危機を迎えていたが、ユーハバッハの遺体を代理の霊王とすることで世界は再び安定する。
恋次たち死神は護廷十三隊としての職務を続け、尸魂界も「見えざる帝国」との戦いで受けた被害から少しずつ立ち直っていく。ユーハバッハに打ち倒されて気を失っている間に再び拘束されたのか、かつて一護に敗れたことを素直に受け入れて抵抗しないまま捕まったのか、藍染は再び牢に戻っておとなしく刑に服す。

一護は織姫や石田と共に人間の世界に戻り、そこで自分の人生を全うしていく。やがて織姫と結婚して一子に恵まれつつ、戦友たる死神たちとの交流も続け、「死んだら護廷十三隊に入れ」とスカウトを受け続けることとなる。
かくして『BLEACH』の物語は終焉を迎えるが、特別読み切りなどでその後の展開が紹介されており、一護たちの冒険と戦いがこれで本当に終わったのかどうかは定かではない。

renote.net

「黒崎一護・井上織姫・石田雨竜・阿散井恋次・藍染惣右介 vs. ユーハバッハ」の対決の重要人物・キャラクター

黒崎一護(くろさき いちご)

ひょんなことから「死神代行」として、悪霊たる虚と戦うことになった高校生の少年。自身も物語の途中まで知らなかったが、虚の力の影響を受けた死神の父と滅却師の母を持ち、本来相容れないはずの3つの力を秘めている。
ユーハバッハが母の死に密接に関わっていることを知り、世界を救い母の仇を討つために、決死の覚悟で彼に挑み続けた。

renote.net

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

BLEACH(ブリーチ)の斬魄刀と始解・卍解まとめ

BLEACH(ブリーチ)の斬魄刀と始解・卍解まとめ

「卍解」とは、久保帯人によって週刊少年ジャンプに連載されていたマンガ作品「BLEACH」(ブリーチ)に登場する戦闘技術のひとつである。死神が持つ斬魄刀は所持者が解号(特定のキーワードと斬魄刀の名)を唱えることで二段階の能力解放が可能であり、一段階目の解放が「始解」、二段階目の解放が「卍解」と呼ばれる。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の護廷十三隊隊長・副隊長まとめ

BLEACH(ブリーチ)の護廷十三隊隊長・副隊長まとめ

『護廷十三隊』とは、尸魂界の護衛や、魂魄の保護、虚の退治などを行う死神による実行部隊である。3000人ほどの死神が在籍しており、十三の部隊に分けられている。それらの部隊を率いる隊長と副隊長は選りすぐりの実力者である。隊長や副隊長は『BLEACH』における重要人物ばかりで、一護の仲間となって敵と戦っていく。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)のオサレすぎるポエムまとめ

BLEACH(ブリーチ)のオサレすぎるポエムまとめ

ジャンプの大人気漫画・『BLEACH』。BLEACHは個性的なキャラクターの服や、キザなセリフなどが原因でファンからは『オサレ漫画』と評されている。 そんなBLEACHの単行本にはそれぞれに「オサレ」なポエムが記載され、魅力の一つとなっている。 そんなオサレポエムを単行本1巻から最終巻まで、まとめて掲載する。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

BLEACH(ブリーチ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『BLEACH』とは、漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』で久保帯人によって2001年から2016年まで連載されていたバトルアクション漫画。愛称は『鰤』。 死神をテーマにした作品は現代において珍しく、また既存の死神のイメージを打破するようなキャラクター設定や世界観が多くの読者を魅了した。 多種多様な能力や奥深い設定、独特なセリフなどが本作の魅力となっており、連載が終了した今でもなお、根強い人気を誇っている。

Read Article

BLEACH 獄頣鳴鳴篇(20周年記念読切)のネタバレ解説・考察まとめ

BLEACH 獄頣鳴鳴篇(20周年記念読切)のネタバレ解説・考察まとめ

『BLEACH 獄頣鳴鳴篇(ごくいめいめいへん)』とは、久保帯人の人気作『BLEACH』20周年を記念して描かれた、同氏による読切漫画である。 『BLEACH』の物語が完結して10数年。黒崎一護は、阿散井恋次から死神たちの墓参りに参列するよう声を掛けられていた。かつての仲間たちとの再会に沸く一同だったが、そこに以前倒したはずのザエルアポロと、彼に率いられた謎の怪物たちが襲い掛かる。そのザエルアポロの口から、尸魂界の秘密に関する驚愕の真実がもたらされることとなる。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)のネタバレ解説・考察まとめ

BLEACH(ブリーチ)のネタバレ解説・考察まとめ

『BLEACH(ブリーチ)』とは、久保帯人によって2001年から2016年まで週刊少年ジャンプに連載されたバトルアクション漫画。死者の魂を食らう怪物「虚(ホロウ)」と戦う「死神」となった少年・黒崎一護(くろさき いちご)の戦いと成長を描く。シリーズ累計発行部数が全世界で1億2000万部を超える、2000年代のジャンプをけん引した超人気漫画だ。テレビアニメ、アニメ映画、実写映画、ゲーム、ミュージカルなどメディアミックス作品も数多く発表されている。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の星十字騎士団(シュテルンリッター)と聖文字(シュリフト)まとめ

BLEACH(ブリーチ)の星十字騎士団(シュテルンリッター)と聖文字(シュリフト)まとめ

星十字騎士団(シュテルンリッター)とは、久保帯人の漫画『BLEACH』に登場する滅却師(クインシー)の帝国「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」の皇帝ユーハバッハ直属の精鋭部隊だ。所属している全員が滅却師で、ユーハバッハから与えられた「聖文字(シュリフト)」という特殊能力を持っている。彼らは最終章『千年血戦篇』の強力な敵陣営で、一護や護廷十三隊の隊長格が大苦戦を強いられることになる。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の十刃(エスパーダ)まとめ

BLEACH(ブリーチ)の十刃(エスパーダ)まとめ

『十刃』とは、藍染によって作り出された死神と虚の力を持つ『破面』の中で、桁違いに殺傷能力が高い10体の事である。十刃はランク付けされており、身体のどこかに数字が刻印されている。その数字が小さい者ほど強い。 個性的なキャラクターの集まりで、一護や護廷十三隊の面々と熾烈な戦いを繰り広げていく。

Read Article

BLEACH 千年血戦篇(ブリーチ)のネタバレ解説・考察まとめ

BLEACH 千年血戦篇(ブリーチ)のネタバレ解説・考察まとめ

『BLEACH 千年血戦篇』とは、久保帯人による漫画『BLEACH』の最終エピソードである。原作終了から6年が経過した2022年に本エピソードがアニメ化されることが発表され、ファンを驚かせた。 黒崎一護とその仲間たちの活躍により藍染惣右介の反乱は失敗に終わるも、この混乱を好機と捉えた新たな敵「見えざる帝国」が死神たちの世界である尸魂界に侵攻。多くの死神たちが命を落とす。より良き世界のために今を生きる者全てを否定する見えざる帝国を相手に、黒崎一護の最後の戦いが始まる。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の武器・必殺技まとめ

BLEACH(ブリーチ)の武器・必殺技まとめ

『BLEACH』とは久保帯人による漫画作品である。霊が見える高校生黒崎一護が死後の世界「尸魂界(ソウルソサエティ)」と現世の魂の量の均衡を保つことを役割とした存在「死神」の力を手にしたことで、様々な戦いに身を投じるストーリーが展開される。死神や悪霊「虚(ホロウ)」など魅力的なキャラクターが多数登場し、多くの読者を魅了している。独自の武器や必殺技が多数登場することも本作の魅力である。

Read Article

ジャンプの歴代ヒロインまとめ

ジャンプの歴代ヒロインまとめ

日本でもっとも発行部数の多い漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』は、人気でも知名度でも漫画という文化の頂点に位置する存在であり、幾多の傑作を生み出してきた。少年漫画であるだけにほとんどの作品の主人公は男性キャラクターだが、彼らを盛り立てるヒロインもまた魅力的な造形の人物ばかりである。 大人に子供、主人公に守られるだけの存在から共に戦う相棒、正規のヒロインを蹴散らして主人公と結ばれた者、“少年漫画”の常識を超えたヒロインかつ女性主人公というタイプ。ここでは、ジャンプ作品を彩ったヒロインたちを紹介する。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

BLEACH(ブリーチ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『BLEACH』(ブリーチ)とは、久保帯人によるバトルアクション漫画及びそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。この記事では『BLEACH』の歴代オープニング・エンディング主題歌・挿入歌、さらに実写版映画の主題歌を紹介する。主題歌はソニー・ミュージックエンタテインメントのアーティストが担当し、UVERworldやステレオポニー、HOME MADE 家族など本作とのタイアップ後にブレイクしたアーティストも多い。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の完現術者(フルブリンガー)と完現術(フルブリング)まとめ

BLEACH(ブリーチ)の完現術者(フルブリンガー)と完現術(フルブリング)まとめ

完現術者(フルブリンガー)とは、久保帯人の漫画『BLEACH』に登場する物質の魂を引き出して使役する能力「完現術(フルブリング)」の使い手のこと。その能力のために人間社会に居場所がない者が多く、銀城空吾(ぎんじょう くうご)をリーダーとする組織「XCUTION」に所属している。作中では明言されないが、一護の仲間の井上織姫(いのうえ おりひめ)や茶渡泰虎(さど やすとら)も完現術者に当たる。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の仮面の軍勢(ヴァイザード)まとめ

BLEACH(ブリーチ)の仮面の軍勢(ヴァイザード)まとめ

仮面の軍勢(ヴァイザード)とは、久保帯人の漫画『BLEACH』に登場する虚(ホロウ)化を会得した死神たち。『破面(アランカル)篇』で虚の力に悩まされていた一護の前に姿を現し、その力を使いこなすための修行を課した。彼らの正体は110年以上前に護廷十三隊の隊長格などの要職についていた実力者で、藍染惣右介(あいぜん そうすけ)の実験に巻き込まれて虚化させられた。中央四十六室によって虚と断定され、処理されそうになったところを浦原喜助たちに助けられ、現世に逃げ延びて活動していた。

Read Article

護廷十三隊(BLEACH)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

護廷十三隊(BLEACH)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

人気漫画『BLEACH』(ブリーチ)に登場する死神たちの実働部隊「護廷十三隊」(ごていじゅうさんたい)には、壮絶な過去を持つキャラクターが多数存在している。 世界を守るために無数の敵を焼き尽くした山本元柳斎重國。愛する妻を失い運命を狂わせていった朽木白哉。届かぬ敬愛を静かに秘める京楽春水。恩人のために自らの全てを投げ捨てた東仙要。果ては世界を意のままにせんと数百年前から暗躍していた藍染惣右介。多様な過去の物語が作品を盛り上げた。護廷十三隊の中でも特に壮絶な過去を持つキャラクターを紹介する。

Read Article

仮面の軍勢/ヴァイザード(BLEACH)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

仮面の軍勢/ヴァイザード(BLEACH)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

人気漫画『BLEACH』(ブリーチ)に登場する「仮面の軍勢」(ヴァイザード)は、その発祥からして“物語中盤の大敵である藍染の実験で、本来のものとは相反する悪霊としての力をむりやり流し込まれた死神”という壮絶なものとなっている。 策謀により居場所を失い、仲間であったはずの死神たちに殺されかけて現世へと逃亡し、100年以上の時をかけて藍染の野望を止めるために力を蓄え続ける。ここでは、そんな壮絶極まる過去を持つ仮面の軍勢のキャラクターを、長く行動を共にした浦原喜助や四楓院夜一も交えて紹介する。

Read Article

十刃/エスパーダ(BLEACH)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

十刃/エスパーダ(BLEACH)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

人気漫画『BLEACH』(ブリーチ)に登場する「十刃」(エスパーダ)は、主人公たちと敵対する組織でありながら、そこに所属する個々のキャラクターが鮮烈な個性と壮絶な過去を持っていることで知られている。 力への絶望から運命を狂わせたノイトラ・ギルガ、虎視眈々と下克上を狙うバラガン・ルイゼンバーン、孤独の中で心を凍てつかせていったコヨーテ・スターク。敵ながら魅力溢れる造形はファンから絶大な人気を得るに至り、物語を大いに盛り上げた。ここでは、十刃の中でも特に壮絶な過去を持つキャラクターを紹介する。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

BLEACH(ブリーチ)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『BLEACH』(ブリーチ)とは、久保帯人原作の少年漫画及びアニメである。主人公の黒崎一護(くろさきいちご)は霊感のある高校生で、ある日朽木ルキア(くちきるきあ)という死神と出会う。そしてルキアの代わりに死神代行として悪霊・虚(ホロウ)を退治し、様々な困難を乗り越えていく剣戟バトルアクションである。作中にはメインキャラクターや死神たちの恋愛も描かれており、一護やルキアは最終話でそれぞれ結婚し、子供も授かっている。恋愛あるなしに関係なく、特別な絆で結ばれているカップルも多数存在する。

Read Article

XCUTION/エクスキューション(BLEACH)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

XCUTION/エクスキューション(BLEACH)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

人気漫画『BLEACH』(ブリーチ)に登場する「XCUTION」(エクスキューション)は、人間でありながら特殊な術を持ち、その力がために不遇な人生を歩んできた者たちの組織。物語中盤の敵として主人公黒崎一護の前に現れ、“過去改変による仲間との分断”という作戦で彼を苦しめた。 XCUTIONとの戦いはところどころ省略された形で描かれ、「何が真実なのかよく分からない」という事態を招く。しかし彼らが個々に背負った苦悩は本物であり、ここでは特に壮絶な過去を持つXCUTIONのキャラクターを紹介する。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

BLEACH(ブリーチ)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

悪霊を狩る死神たちと、世界を意のままにせんとする者たちが繰り広げる熾烈極まる戦いに巻き込まれた高校生の少年と仲間たちの活躍を描いた人気漫画『BLEACH』(ブリーチ)には、壮絶な過去を持つキャラクターが何人も登場する。 愛する者との離別あり、強過ぎることが理由の孤独あり、世界の根幹にかかわる出自ありと様々で、その過去が現在の彼らを作るに十分納得できる土台となり、物語の説得力を劇的に増す要素となっている。ここでは、特に壮絶な過去を持つ『BLEACH』のキャラクターたちを紹介する。

Read Article

見えざる帝国/ヴァンデンライヒ(BLEACH)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

見えざる帝国/ヴァンデンライヒ(BLEACH)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

人気漫画『BLEACH』(ブリーチ)に登場する「見えざる帝国」(ヴァンデンライヒ)は、壮大なスケールの組織であり、そのメンバーは複雑にして壮絶な過去と因縁によって世界を生まれ変わらせることを目的に、主人公やその仲間たちとすさまじい戦いを繰り広げた。 今の世界の在り方に根本的な疑問を抱くユーハバッハ。情と栄光の狭間で悩み足掻くユーグラム・ハッシュヴァルト。作品の根幹にかかわる大きな謎を秘めたペルニダ・パルンカジャス。ここでは、「見えざる帝国」の中でも特に壮絶な過去を持つキャラクターを紹介する。

Read Article

BLEACH名勝負「京楽春水・伊勢七緒・吉良イヅル vs. リジェ・バロ」戦のネタバレ解説・考察まとめ

BLEACH名勝負「京楽春水・伊勢七緒・吉良イヅル vs. リジェ・バロ」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「京楽春水・伊勢七緒・吉良イヅル vs. リジェ・バロ」とは、世の安寧がために戦う死神たちの活躍を描いた『BLEACH』(ブリーチ)で繰り広げられた戦いの1つ。物語終盤の「千年血戦編」を舞台に、双方が次々と奥の手を繰り出しては戦況が一変する外連味に溢れた内容で好評を博した。 世界法則を作り替える新たな神の出現を阻むため、真世界城に乗り込む護廷十三隊の死神たち。リジェ・バロはこれを迎撃し、1人また1人と敵を倒していく。これ難敵と見た総隊長の京楽は、仲間たちを先に進めて自身が彼を相手取る。

Read Article

BLEACH名勝負「バズビー vs. ユーグラム・ハッシュヴァルト」戦のネタバレ解説・考察まとめ

BLEACH名勝負「バズビー vs. ユーグラム・ハッシュヴァルト」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「バズビー(バザード・ブラック) vs. ユーグラム・ハッシュヴァルト」とは、世の安寧がために戦う死神たちの活躍を描いた『BLEACH』(ブリーチ)で繰り広げられた戦いの1つ。物語終盤の「千年血戦編」を舞台に、幼馴染同士が回想を織り交ぜつつ激突する、短くも濃厚な対決となった。 「見えざる帝国」の先兵として死神たちを襲撃したバズビーだが、皇帝に切り捨てられて孤立し、反転攻勢の準備を進める死神たちに協力してかつての仲間の下に殴り込む。その真の目的は、 因縁深いユーグラムとの決着にあった。

Read Article

卯ノ花烈/卯ノ花八千流(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

卯ノ花烈/卯ノ花八千流(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

卯ノ花烈(うのはなれつ)/卯ノ花八千流(うのはなやちる)とは、『BLEACH』に登場する護廷十三隊の四番隊隊長で、当初は卯ノ花烈として登場した。四番隊は救護や補給を主な任務とする部隊で、卯ノ花の斬魄刀「肉雫唼(みなづき)」には治癒能力がある。卯ノ花の正体は初代「剣八」にして初代十一番隊隊長、当時の名は卯ノ花八千流という。少年の頃の更木剣八が唯一「こうなりたい」と憧れた人だ。滅却師の軍団「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」との決戦のため、剣八との一騎打ちでその真の強さを引き出し、死亡する。

Read Article

山本元柳斎重國(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

山本元柳斎重國(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

山本元柳斎重國(やまもとげんりゅうさいしげくに)とは、『BLEACH』に登場する護廷十三隊総隊長にして一番隊隊長。死神の中でもかなりの高齢だが、護廷十三隊の中でトップクラスの実力者が集まる一番隊の隊長を1000年以上も務めてきた。尸魂界(ソウルソサエティ)を守るために非情な決断をすることもあるが、付き合いの長い隊士たちを我が子のように思う面もある。滅却師(クインシー)の軍団「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」との戦いの中でユーハバッハにより殺害される。

Read Article

黒崎一心(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

黒崎一心(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

黒崎一心(くろさきいっしん)とは、『BLEACH』の主人公・黒崎一護の父親で、元死神。死神の名門、志波家の分家に生まれ、護廷十三隊十番隊の隊長を務めていた。現世で滅却師(クインシー)の女子高生、黒崎真咲に命を救われ、魂に虚が混ざって死にそうになった真咲を助けるために死神の地位を捨てて現世で人間として生活することになる。その後、真咲と結婚し、一護、夏梨、遊子が生まれた。子煩悩の愛妻家で、子どもたちにはウザがられがち。死神代行として敵に立ち向かう一護を見守り、時に導く。

Read Article

黒崎一護(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

黒崎一護(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

黒崎一護(くろさきいちご)とは『週刊少年ジャンプ』で連載していた『BLEACH』の主人公で、死神代行。ある時、家族を虚(ホロウ)から守るため、死神の朽木ルキア(くちきるきあ)から死神の力を譲り受け危機を打破。それ以降は死神代行として活動する。「尸魂界篇」「破面篇」では自らに虚の力が宿っていることを知り、破面篇での戦いで死神の力を失うことになるが「死神代行消失篇」で完現術(フルブリング)を会得し、戦う力を得る。「千年血戦篇」では虚の力だけではなく滅却師であった母の力も受け継いでいたことが判明した。

Read Article

ユーハバッハ(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

ユーハバッハ(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

ユーハバッハとは、『BLEACH』に登場する滅却師の軍団「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」を率いる人物で、すべての滅却師の始祖。自身のために部下を殺すことを躊躇わない冷酷な男だ。この世とあの世のバランスを破壊し、生と死の区別のない世界を作るべく、尸魂界に侵攻し、全面戦争を起こす。あらゆる未来を見通し、干渉、改変する「全知全能(ジ・オールマイティ)」という力を持つ、『BLEACH』最強の敵。

Read Article

銀城空吾(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

銀城空吾(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

銀城空吾とは、『BLEACH』に登場する完現術者(フルブリンガー)の集まりである「XCUTION」のリーダーで、死神の力を失った一護の前に現れて完現術(フルブリング)を身に着けさせる。一護の前に代行証を得ていた初代・死神代行で、一度は死神と協力関係を結んだが代行証を捨てて姿をくらまし、仲間を集めて復讐の機会をうかがっていた。一護が身に着けた完現術を奪い、護廷十三隊に挑もうとするが、死神の力を取り戻した一護に敗れて死亡し、魂は尸魂界へ送られた。千年血戦篇では月島と共に一護に手を貸している。

Read Article

雀部長次郎忠息(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

雀部長次郎忠息(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

雀部長次郎忠息(ささきべちょうじろうただおき)とは、『BLEACH』に登場する護廷十三隊の一番隊副隊長で、天候を操る強力な卍解を持ち、何度となく隊長への昇進を打診されても頑なに断り続け、一番隊隊長山本元柳斎重國(やまもとげんりゅうさいしげくに)を支えるために副隊長でありつづけた忠義の男だ。無口な性格で、作中での会話シーンは少ない。滅却師の軍団「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」が尸魂界に宣戦布告した際、卍解を奪われて殺害される。

Read Article

市丸ギン(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

市丸ギン(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

市丸ギンとは(いちまるぎん)とは、久保帯人によって『週刊少年ジャンプ』で連載されていたバトル漫画作品『BLEACH』の登場人物で、護廷十三隊三番隊元隊長。 その実力は護廷十三隊の中でも相当なもので、たったの一年で真央霊術院を卒業している不世出の天才。 市丸ギンは「尸魂界(ソウルソサエティ)篇」の終盤で護廷十三隊を裏切り、藍染惣右介と共に虚圏(ウェコムンド)に行く。だが市丸ギンの行動はすべて幼馴染である松本乱菊のためであった。最期は藍染惣右介との決闘に敗れ、黒崎一護に思いを託し死亡する。

Read Article

日番谷冬獅郎(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

日番谷冬獅郎(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

日番谷冬獅郎(ひつがや とうしろう)とは週刊少年ジャンプで連載していた『BLEACH』の登場人物で、護廷十三隊の十番隊隊長。史上最年少で隊長の座に就いた天才で、氷雪系最強の斬魄刀「氷輪丸」の所持者。女性死神からの人気も高く、元々の実力は高いもののそれに驕らず、鍛錬に励む努力家。 少年のような見た目で銀髪の翡翠眼が特徴的。主人公、死神代行の黒崎一護(くろさき いちご)からは「冬獅郎」と呼ばれ、なぜか慕われているが、本人は必ず「日番谷隊長だ」と頑なに訂正している。

Read Article

草鹿やちる(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

草鹿やちる(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

草鹿やちる(くさじし やちる)は、久保帯人によって『週刊少年ジャンプ』で連載されていた『BLEACH』の登場人物で、護廷十三隊十一番隊副隊長。北流魂街79地区・草鹿に生まれ、赤子の頃に剣八に拾われる。無邪気で人懐っこい性格で、よく剣八の肩に乗っている。護廷十三隊の中でも、剣八に唯一指示を出し、わがままを言うことができる。千年血戦篇以降は消息不明となったが、明確な理由は語られていない。斬魄刀は三歩剣獣(さんぽけんじゅう)、解号は「でておいで三歩剣獣」。

Read Article

更木剣八(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

更木剣八(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

更木剣八(ざらきけんぱち)とは、『BLEACH』に登場する護廷十三隊の中でも武闘派が集まる十一番隊の隊長を務める男だ。「剣八」とはその代の最強の剣士の呼び名で、生まれたときに名前を持たなかった剣八は自分で自分に「剣八」と名付けた。名前の通り非常に好戦的で、強い者との戦いを至上の幸福としている一方で、自身が強すぎるあまりに対等に渡り合える敵がなかなか現れず、主人公の一護と出会うまで退屈しきっていた。最終章「千年血戦篇」で初代剣八の卯ノ花との戦いを通して初めて自身の斬魄刀の名前を知る。

Read Article

目次 - Contents