RX-78-2 ガンダム(機動戦士ガンダム)とは【徹底解説・考察まとめ】

RX-78-2 ガンダムとは、アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する人型機動兵器「モビルスーツ」の一機にして、同作の主役機である。
敵対するジオン公国軍のモビルスーツ開発に後れを取った、地球連邦軍によるモビルスーツ開発・配備計画「V作戦」の一貫として製造された試作機。あらゆるコストを度外視して設計・製造されたため非常に高性能であり、戦艦の主砲並の威力を持つビーム兵器「ビームライフル」を運用できる。
主たるパイロットはアムロ・レイ。

RX-78-2 ガンダムの上半身と、Gファイターの一部(GパーツB)を合体させた姿。画像の通り、RX-78-2 ガンダムの上半身をそのままGパーツBへ差し込んだもの。
正規の運用方法ではなく、パイロットのアムロ・レイが独自に考案して実行したものなので、安定性に欠ける。実際あまり役には立たなかったようで、ガンダムMAモードが運用されたのは劇中ただの一度きりであり、本機と交戦したモビルアーマー「ザクレロ」のパイロット「デミトリー」からは、出来損ないとまで罵られてしまった。
ただし、ザクレロはその「出来損ない」に撃破された。

RX-78-3 G-3ガンダム

RX-78の3号機。こちらも塗装以外の外見はRX-78-2 ガンダムとほぼ同一である。
マグネットコーティング技術の実験台として、RX-78-2 ガンダムよりも先に磁気コートが施されており、また熱核反応炉用のレーザー加速器も新型のものに交換された事によってRX-78-2 ガンダムより、出力、運動・機動性共に上回ったとされている。

作中には登場せず模型企画『MSV』で設定された、後付設定のバリエーション。
ただし『MSV』後に発表された『機動戦士ガンダム(小説版)』では劇中に登場し、アムロ・レイがRX-78-2 ガンダムから乗り換えている。

FA-78-1 フルアーマーガンダム

『MSV』にて設定されたモビルスーツで『機動戦士ガンダム』作中には登場しない。
RX-78シリーズに追加武装・増加装甲および補助推進装置を取り付け、さらなる火力、運動・機動性向上を図った機体である。
追加された武装は2連装ビームライフル、360ミリロケット砲、胸部肩口ミサイルベイ、膝部ミサイルベイ。
設定が不安定な機体であり、試案のみで実現しなかったとする資料があれば、一年戦争末期にロールアウトして戦果を挙げたとする資料もあり、情報が錯綜している。

RX-78-2 ガンダムの兵装・特殊装備

固定兵装

60mm頭部バルカン

頭部に二基装備される、60mmという大口径の機関砲。
しかしガンダム世界では90mmや120mmといった、さらに大口径の機関砲がうようよ存在しており、相対的にこの兵装は強力なものとはされず、せいぜい白兵戦時に敵機の牽制用に使う程度のもの、といった描写が多い。

ビームサーベル

ピンク色に光るものがビームサーベル。

RX-78-2 ガンダムの主力白兵戦用兵装。
その名の通りビームの刃を形成できるもので、その超高熱で、おおよそどんなものでも瞬時に焼き切るビーム剣。
このビームは「ミノフスキー粒子」という重金属粒子を縮退させた状態の「メガ粒子」という物質であり、レーザーとは根本的に異なる。

このように、ほとんどの物質は刀身のビームに触れれば焼き尽くされてしまうはずなのだが、主にジオン軍がモビルスーツ白兵戦用に用いる、加熱した刀身を持つ「ヒートホーク」や「ヒートサーベル」などのヒート系兵装とは、鍔迫り合いをしてしまう事がある(そうならず、ヒート系兵装を焼き切る、もしくはすり抜けてしまう事もある)。

これについては設定が二転三転しており、『機動戦士ガンダム』放映中は「単なる描写ミス」とされていた。しかしその後に「ヒート系兵装は刀身部がプラズマ化しており、これによってビームサーベルと鍔迫り合い可能」と、後付け設定ができた事でつじつまが合わされたのだが、さらにその後に「ヒート系兵装の性能が解析され、それ以降はビームサーベルの出力が向上し、鍔迫り合いは不可能になった」と再度設定されてしまった。

いずれにせよ、劇中ではビームサーベルとヒート系兵装の鍔迫り合いが起きたり起きなかったりで描写が安定しないため、正しい設定は不明の状態となっている。
柄を長く変形させ槍型の「ビームジャベリン」として使う事も可能。

オプション兵装

ビームライフル

RX-78-2 ガンダムの主力射撃兵装。現実の世界に存在する、同名の競技用銃とはなんら関係がない。
超高熱のビームを銃弾として撃ち出す、モビルスーツが手持ちできるサイズのライフルである。
このビームは「ミノフスキー粒子」という重金属粒子を縮退させた状態の「メガ粒子」という物質であり、レーザーとは根本的に異なる。

つまり電磁波を撃ち出すレーザー銃ではないため、どんな遠方にも発射と同時に着弾させるというほどの弾速は出せないが、その威力は、ほとんどあらゆる物質を瞬時に焼き溶かすものである。
このため、特別にビームへの対抗策を施していない物質を対象とする限り、装甲の厚さは無視してダメージを与えられる。戦艦の機関部を狙い撃ちし、一発で撃沈させるという芸当も可能。

RX-78-2 ガンダムがこの兵装を運用できるという事実は、特にジオン軍がモビルスーツ用ビーム兵装の開発と配備に目処の立っていなかった一年戦争初期において、圧倒的アドバンテージとして機能した。

ハイパーバズーカ

ハイパーバズーカを二丁持ちするRX-78-2 ガンダム。

380mm口径の実体のロケット弾を発射するバズーカ。
ビームライフルが高熱を一点集中し対象を破壊するものなのに対して、こちらはロケット弾の爆発時エネルギーで広範囲を破壊できる。
兵器としてはビーム兵装よりもずっと古いもののため、枯れた技術で構築されるために信頼性が高い。
アムロはこの信頼性を好むらしく、劇中でハイパーバズーカを頼るシーンが何度か見られた。

ガンダムハンマー

tw-8805151098
tw-8805151098
@tw-8805151098

Related Articles関連記事

シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム)とは【徹底解説・考察まとめ】

シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム)とは【徹底解説・考察まとめ】

シャア・アズナブルとは、「機動戦士ガンダムシリーズ」に登場するキャラクターである。 天才的なパイロットにしてシリーズの初代主人公「アムロ・レイ」のライバルであり、同時に謀略家としての一面を持つ。常に仮面で顔を隠しているが、アムロにとっての敵でもあるジオン公国、それを統べるザビ家への復讐を胸に秘める。そのため時にアムロたちを利用し、時に手柄として付け狙い、やがて壮絶な私闘を繰り広げていくこととなる。 そのミステリアスな雰囲気と華々しい活躍から、シリーズ全体でも屈指の人気キャラクターである。

Read Article

νガンダム(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)とは【徹底解説・考察まとめ】

νガンダム(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)とは【徹底解説・考察まとめ】

νガンダムとは、劇場用アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する人型兵器「モビルスーツ」の一機で、同作品の主役機を務める。 地球連邦政府に対して反乱を起こした「シャア・アズナブル」と決着をつけるために、その宿命のライバル「アムロ・レイ」が設計から関わり完成させた。搭乗する人間の意志に反応する、モビルスーツ用構造部材であるサイコフレームを搭載し、それによって精神波操縦兵装フィン・ファンネルを使用する事が可能になっている。

Read Article

アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)とは【徹底解説・考察まとめ】

アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)とは【徹底解説・考察まとめ】

アムロ・レイとは『機動戦士ガンダム』の主人公であり、作中ではRX-78-2 ガンダムのパイロットを務めた。人類革新の姿「ニュータイプ」であるとされ、非常に強い感受性を持っている。 作中最強のパイロットであるともされ、そのモビルスーツ操縦技術は非常に高い。 劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』でも大人となったアムロが主役を務めた。 また、1979年より続くガンダムシリーズにおける最初の主人公でもあり、そのため「ガンダムといえばアムロ」というほどに高い知名度を誇っている。

Read Article

ガンダムシリーズの宇宙世紀年表まとめ

ガンダムシリーズの宇宙世紀年表まとめ

宇宙世紀とは『機動戦士ガンダム』から『G-SAVIOUR』までの作品間に存在する、架空の歴史である。 いわゆる戦記の体裁を採用しており、主に上記作品群の劇中で描かれた戦争をはじめとした、国家および組織間の闘争に年月を当てはめ、あたかも本当にガンダムワールドの歴史が続いているかのように楽しむ事を可能とした設定となっている。 反面、宇宙世紀のガンダムシリーズは年表に基づいた作劇を行うため、この設定を知らないと作品を理解する事が難しくなるという難点も抱えている。

Read Article

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

1979年から1980年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。ファンが多く知名度が高い作品だが、放送当時は視聴率が振るわず打ち切りとなった。 ガンダムシリーズの1作目で「初代(ガンダム)」や「ファースト(ガンダム)」とも呼ばれる。 ガンダムに乗ったアムロやその仲間が各地を転戦しながら、宿敵シャアをはじめ様々な人々との出会いや別れ、戦いを経て成長していく物語である。

Read Article

機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』とは、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』の15話「ククルス・ドアンの島」をリメイクした映画作品。ガンダムシリーズの生みの親の1人である安彦良和が監督を務め、同作を見て育ったベテランスタッフが制作に携わっている。 連邦軍の兵士アムロ・レイは、強行偵察中に崖から落ち、敵軍の兵士のククルス・ドアンに救われる。ドアンは脱走兵らしく、島で戦災孤児たちと暮らしていたが、彼を追う者たちがそこに静かに忍び寄っていた。

Read Article

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダムは日本サンライズによって制作された矢立肇・富野喜幸(現:富野由悠季)原作のロボットアニメである。ガンダム以前のロボットアニメとは違い、重厚な人間関係や緻密なロボット設計で新たなロボットアニメとしてジャンルを築いた。ロボットアニメでありながら、戦争という環境に置かれた主人公アムロ・レイの成長を主軸に描かれているこの作品には数多くの名言が残されている。

Read Article

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(オリジン)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(オリジン)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』とは、アニメ「機動戦士ガンダム」の作画監督を務めた安彦良和が原作アニメ設定やストーリーを再構築したコミカライズ(マンガ化)作品をアニメ化したもの。 アニメ化に際し、原作マンガの描いた79年の原作アニメの前日談の部分を再構築し、原作アニメにつながるストーリーとなっている。79年のアニメでは主人公アムロ・レイの好敵手であるシャア・アズナブルが本作の主人公として描かれている。

Read Article

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(逆シャア・CCA)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(逆シャア・CCA)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』は富野由悠季による日本のアニメ映画。 宇宙世紀0093。新生ネオ・ジオン軍のアクシズ落とし計画を阻止しようと、全力をもって挑む連邦軍の特殊部隊「ロンド・ベル」。その中で、アムロ・レイとシャア・アズナブルという、『機動戦士ガンダム』シリーズきってのメインキャラクターが互いの信念をぶつけ合い、決着を迎えることとなる。

Read Article

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『機動戦士Ζガンダム』とは、1985年から1986年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。全50話で略称は「Ζ(ゼータ)」。 一年戦争終結から7年、地球連邦軍は増長したエリート組織ティターンズと反地球連邦組織エゥーゴが内紛状態に陥っていた。学生だったカミーユ・ビダンはその抗争に巻き込まれる中で、様々な出会いや別れ、戦いを経験し、新たなニュータイプとして覚醒していく。

Read Article

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士Ζガンダムは富野由悠季原作のTVアニメ。前作である機動戦士ガンダムから数年後が舞台となっており、登場人物やMS(モビルスーツ)は刷新され、前作の登場人物は年齢を重ねて再登場している。前作とは違い、エゥーゴ対ティターンズという地球連邦を母体とする2つの勢力抗争、そしてジオンの残党であるアクシズの三つ巴による同盟・裏切りなどの複雑な展開は様々な名言を残している。

Read Article

ハサウェイ・ノア(機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ)とは【徹底解説・考察まとめ】

ハサウェイ・ノア(機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ)とは【徹底解説・考察まとめ】

ハサウェイ・ノアとはアニメおよび小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』で主役を務めた、宇宙世紀ガンダムシリーズの登場キャラクターである。 初出は『機動戦士Ζガンダム』で、物心つく前の子どもとして描かれた後『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』で初恋の少女クェス・パラヤと悲劇的な別れを経験。 それが元となって、世直しの大義を掲げテロリストの道へ走り、最後には処刑されるという数奇な運命を辿った人物である。

Read Article

ククルス・ドアン(機動戦士ガンダム)とは【徹底解説・考察まとめ】

ククルス・ドアン(機動戦士ガンダム)とは【徹底解説・考察まとめ】

ククルス・ドアンとは、『機動戦士ガンダム』シリーズの登場人物で、作中における敵方であるジオン軍の脱走兵。2022年の映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』では、TV版と大きく設定が変わっている。 民間人にも犠牲が出るような凄惨な戦場に嫌気が差し、軍を脱走。戦災孤児の子供たちと共に無人島に隠れ住む。ひょんなことからそこに主人公アムロ・レイが訪れ、自分が守る子供たちとそう変わらない年代ながら兵士である彼に驚きつつも交流。やがて島にやってきた追手を相手に、獅子奮迅の活躍を見せた。

Read Article

Ζガンダム(モビルスーツ)とは【徹底解説・考察まとめ】

Ζガンダム(モビルスーツ)とは【徹底解説・考察まとめ】

Ζガンダム(ゼータガンダム)とは、アニメ『機動戦士Ζガンダム』の主役機であり、ウェイブライダー(戦闘機)形態への変形機能を有する可変型モビルスーツである。 機動力を特色としたバランスの良い機体で、同世代では最強クラスの性能を誇る。ただし操縦性は悪く、パイロットにも高い資質が求められる。 また、バイオセンサーというニュータイプ(宇宙進出で感知力を増大した人種)の精神波に反応し、それを力に変えるシステムが搭載されており、パイロット次第ではスペック以上の性能を発揮する。

Read Article

ガンダムMk-II(機動戦士Ζガンダム)とは【徹底解説・考察まとめ】

ガンダムMk-II(機動戦士Ζガンダム)とは【徹底解説・考察まとめ】

ガンダムMk-IIとは、アニメ『機動戦士Ζガンダム』および『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する、人型兵器「モビルスーツ」の一機で『機動戦士Ζガンダム』の物語前半に主役機を務める。 モビルスーツの外装と骨格を、生き物のように分ける事を可能とした「ムーバブルフレーム」を採用し、革新的な運動性能を得た。地球連邦軍特殊部隊「ティターンズ」にて製造されたが、反地球連邦組織「エゥーゴ」によって全機が奪取されている。 主たるパイロットはカミーユ・ビダン、エマ・シーン、エル・ビアンノ。

Read Article

カミーユ・ビダン(機動戦士Ζガンダム)とは【徹底解説・考察まとめ】

カミーユ・ビダン(機動戦士Ζガンダム)とは【徹底解説・考察まとめ】

カミーユ・ビダンとは『機動戦士Ζガンダム』に登場するキャラクターで、ガンダムシリーズで最高のニュータイプ(宇宙進出で超感知力を得た人類)能力を持った少年。 先の戦争で地球連邦に敗北したジオン残党狩りを目的とした特殊部隊ティターンズに反感を持ち、その配備モビルスーツ「ガンダムMk-II」を奪い、反連邦組織エゥーゴに参加し軍属となる。 後に「Ζガンダム」に乗り換え戦局を渡り歩くも、最終決戦で宿敵パプテマス・シロッコを倒すため精神をオーバーロードさせ、廃人になってしまった。

Read Article

ガンダムシリーズの歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

ガンダムシリーズの歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

ガンダムシリーズの主題歌・挿入歌を「宇宙世紀」、「アナザーガンダム」、「外伝作品」の3種に分けて一挙に紹介する。同シリーズは日本のアニメ文化を代表する作品の1つであり、その人気も知名度も非常に高い。それだけに作品の顔とも呼べるOPやEDの曲を任されるアーティストは実力派ぞろいで、時に華々しく時に切なく物語を盛り上げてきた。

Read Article

アニメ「ガンダム」シリーズにおける顔パロディ

アニメ「ガンダム」シリーズにおける顔パロディ

アニメ「ガンダム」シリーズでは、過度な感情表現から、普段はまともなキャラクターたちの顔がとんでもないことになるシーンが多々あります。あの味方からあの敵キャラだけでなく、油断しているところで思わず変顔になっている場面など、見ているだけでとにかく笑えます。今回はそんないろんな「パロディ顔」を集めてみました。

Read Article

当たらなければどうということはない!シャア・アズナブル少佐の名言・名セリフまとめ

当たらなければどうということはない!シャア・アズナブル少佐の名言・名セリフまとめ

シャア・アズナブルとは、『機動戦士ガンダム』シリーズの記念すべき初代作品に登場した、主人公アムロの永遠のライバルだ。アムロの敵であるジオン公国に復讐を誓いつつもアムロと敵対し、壮絶な決闘を繰り広げるシャアには、クールな名言が数多く存在する。ここではシャアの名言・名セリフをまとめた。

Read Article

《クイズ形式》あなたは読める!?ロボット作品の独特な読み方

《クイズ形式》あなたは読める!?ロボット作品の独特な読み方

「機動戦士ガンダム」を主に、日本では様々なロボットアニメや漫画が人気を博していますよね。しかし、そんな中で度々出てくるのが、その独特な読み方の数々。それはもはや、《読めない=知らない=にわかファン》と言われても言い返せないほどです。今回はそんな独特な読み方をする作品からワードを集めて、クイズ&面白くまとめてみました。

Read Article

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

1971年に販売が開始された、日清のカップヌードル。世界80カ国以上累計販売数300億食を超える日本を代表するロングラン&メガヒット商品です。 そんなカップヌードルですが、なんとCMは世界的な賞や使用曲が人気を博すなど話題に事欠かないのであります。 今回は、そんなカップヌードルのCMをその時代と共に紹介していきたいと思います。

Read Article

量産型百式改プラモデル化記念!ガンダムシリーズの金色のモビルスーツ特集

量産型百式改プラモデル化記念!ガンダムシリーズの金色のモビルスーツ特集

プレミアムバンダイ限定で初のプラモデル化となった量産型百式改!往年のガンダムファンには嬉しい知らせとなりました。そんな量産型百式改のプラモデル化を記念して、今回はガンダムシリーズに登場した金色のモビルスーツをプラモデルと併せてご紹介したいと思います。 高級感のある金色のモビルスーツ。是非その手でお確かめ下さい。

Read Article

重装甲&重武装は漢のロマン!1/144サイズで手に入るフルアーマーガンダム7選!(前編)

重装甲&重武装は漢のロマン!1/144サイズで手に入るフルアーマーガンダム7選!(前編)

重厚な装甲と圧倒的な火力で敵を殲滅するガンダム!実に憧れるシチュエーションです。今回はそんな重装甲&重武装のいわゆる“フルアーマー系”のガンプラを7つ選んでご紹介します!ガンプラにはいくつかシリーズがありますが、初心者でも比較的製作しやすい1/144のHGシリーズから筆者の好みで厳選!漢のロマン、感じてみませんか?

Read Article

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

雨上がり決死隊のトーク番組、略して「アメトーーク」ですが、毎回面白いですよね。近年ではperfumeさんやハーフ芸人会、プレゼン大会などもあり、その面白さは無限大です。そんな中、今回は「アメトーーク」の中で取り上げられたアニメ・漫画に関する回、DVDのvol.1からvol.15巻までを、まとめてみました。

Read Article

重装甲&重武装は漢のロマン!1/144サイズで手に入るフルアーマーガンダム7選!(後編)

重装甲&重武装は漢のロマン!1/144サイズで手に入るフルアーマーガンダム7選!(後編)

漢のロマン!フルアーマーガンダム!前編では4つのガンプラをご紹介しましたが、まだまだ注目の商品がありますので続けて後編でもご紹介したいと思います。後編に登場するのは比較的近年の作品で活躍した3つのフルアーマーガンダム!アナタの思い入れがある機体はあるでしょうか?

Read Article

「機動戦士ガンダム」と「スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望」の共通点・相違点まとめ

「機動戦士ガンダム」と「スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望」の共通点・相違点まとめ

1979年、『機動戦士ガンダム』のテレビ放映がスタートしました。その前年、『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ』)が日本で公開されています。ほぼ同時期に制作されたこの2つの作品にどのような共通点や相違点があるのか、ガンダム制作スタッフの発言内容をもとにまとめました。これを読めば、さらに作品を楽しめるかもしれません。

Read Article

機動戦士ガンダムの秀逸な「bokete」を紹介!全然燃え上がらない抱腹絶倒のネタが大集合!

機動戦士ガンダムの秀逸な「bokete」を紹介!全然燃え上がらない抱腹絶倒のネタが大集合!

『機動戦士ガンダム』のワンシーンを切り取って作られた、秀逸な「bokete」をまとめて紹介する。名作として知られる『ガンダム』は、インパクトのあるシーンが多く、それらに実際のものとは異なる解釈の言葉をつけるだけでクスッと笑えるものとなる。笑い過ぎに気を付けて読んでほしい。

Read Article

機動戦士ガンダムの迷場面・珍場面をまとめて紹介!抱腹絶倒の瞬間を見届けろ!

機動戦士ガンダムの迷場面・珍場面をまとめて紹介!抱腹絶倒の瞬間を見届けろ!

1979年に放映された『機動戦士ガンダム』の、迷場面・珍場面を紹介する。ロボットアニメの金字塔として知られる『ガンダム』だが、制作にはまったく余裕が無く、現場は常に混乱していたという。このため時に思わず笑ってしまうような変なシーンが所々に見られ、マニアたちの語り草となっている。

Read Article

目次 - Contents