セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさんの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』とは、ナンセンスギャグを得意とするうすた京介が、『週刊少年ジャンプ』で描いた伝説的なギャグマンガである。
謎の格闘技「セクシーコマンドー」の使い手である本作の主人公・花中島マサルの繰り出すシュールで支離滅裂なギャグが本作の見所である。
本作に出てくる名言もシュールなものばかりで、名言と言うより、どちらかと言うと迷言に該当しそうなものばかりである。

鬼風陣豪。校長ことさかきばらのぶゆきの昔の教え子。

新聞に、1人の男が総理大臣に就任したと書かれていた。彼の名は鬼風陣豪。彼は校長ことさかきばらのぶゆきの教え子であった。

30年前、のぶゆきは教員で、豪は一匹狼の不良であった。当時ののぶゆきは同僚とそりがあわず、教員達のはみだし者であった。のぶゆきは豪と似たところがあったのか、豪のことを気にかけていた。

ある日のぶゆきは豪に、「いつか俺が校長になってこの学校を変えてやる」と言うと、豪は、「あんたが、校長になるってことがまずねーよ」と憎まれ口を叩いた。

するとのぶゆきは、「なぜだ、おれがはみだし教師だからか?違うぞ、豪!はみださなければ見えないことがたくさんあるだろう!?むしろ、はみだしたものこそが世の中を動かしていくのだ!」と言った。

豪はのぶゆきの大口に腹をたてたのか、「じゃあ、今のあんたにこの学校を動かせんのかよ!?口先だけならいくらでも言えるんだよ!!今ここで証明してみろよ!!」と言うと、のぶゆきは校舎の壁に手を付いて力を込めると、壁を思いっきり押し始めた。
すると、校舎が大きな音をたてて揺れだした。地面にはわずかに校舎が動いた後があり、豪は呆然としていると、土煙にまみれたのぶゆきが「どうだ成せば成るだろう、自分の力を信じろ」と、豪に声をかけた。
感極まった豪が、「先生」とのぶゆきに声をかけようとするが、土煙の中から現れたのぶゆきは10歳以上も老け込んでいた。あまりの変貌振りであったため、豪は「老いてるー!!!」と驚いてしまう。

校長の若かりし頃のエピソードである。校長は力を使うと、代償として老け込んでしまうようで、時折臨死状態になるのはその為と思われる。その上、このエピソードは校長がまだ若い頃の話であったので、老け込んだ時のインパクトは凄まじいものであったはずである。

のぶゆきがこの話をマサル達にした後、「わしのやったことは間違っておらんかったようじゃ」と言っているが、本当に間違えていなかったのかどうかは不明。

第6巻

マサル「ジャイあん!!!」

冬休みにマサル達は伊豆温泉へ合宿に行くことになった。泊まる旅館の名前は「気絶温泉男宿」で、旅館に来たマサル達は豪勢な料理に狂喜して、むさぼり食っていたが、なんと料理はニセ物であった。ニセの料理を出されたことで怒り心頭のマサル達の前に現れたのは、男宿の宿長「鼻頭油とり三郎」であった。

油とり三郎は、マサル達に奥の部屋で食事の用意が出来ていると言って案内すると、なぜかその部屋には卓球台があった。するとマサル以外の全員の体がしびれて動けなくなってしまった。彼らが食べたニセの料理にはしびれ薬が仕込まれていたのだ。

しびれ薬が効かない体質であるマサルは、部員達の治療と食事を賭けて油とり三郎と山手線一周ゲームを交えた卓球勝負、「電車卓球地獄変」というゲームを行うことになった。まず油とり三郎が、「お題、あんこの種類、つぶあん!!!」と言ってサーブをすると、マサルは一瞬戸惑いながら、「ジャイあん!!!」と答えてラケットを振ったが、ボールも答えもはずしてしまった。

あんこの種類と言われてマサルは、こしあんでもうぐいすあんでもなく、『ドラえもん』に出てくるガキ大将の名前を言ってしまうという、ぶっ飛んだ思考回路に多くの読者たちは度肝を抜かれてしまった。

マサル「お題!!サバをミソで煮こんだモノ!! さばのみそ煮!!!」

伊豆温泉の旅館「男宿」に泊まったマサル達だが、ニセ物の料理を食べさせられたあげく、ニセ物にしこまれたしびれ薬で一同は身動きが取れない状態となった。しびれ薬が利かない体質であるマサルは、男宿宿長・鼻頭油とり三郎と仲間の治療と食事を賭けて、山手線一周ゲームをしながら卓球を行う、「電車卓球地獄変」というゲームを行うことになった。

最初は油とり三郎のお題「あんこの種類」でマサルは「ジャイあん」と答えてしまったので、点数が1対0になってしまう。

マサルがサーブ権を得ると、マサルは「お題、サバをミソで煮込んだモノ」と言って、「さばのみそ煮!!!」と叫んでサーブを打った。お題が一個しかないので油とり三郎は答えることが出来ず、同点になってしまう。

「汚いぞ!答えが1つしかないじゃないか」と言う油とり三郎に対しマサルは「1つじゃダメとは聞いてないぞ」と、子供じみた理屈で押し通した。ずるい手段やわがままを子供のような理屈で強引に押し切るのがマサルのやり方である。

この後、油とり三郎は、マサルの真似して「レッドスネークカモンでおなじみの芸人」という答えが1つしかないお題を出したが、当の油とり三郎本人が「ゼンジー北京」と言って答えを間違えてしまう(正解は東京コミックショー)。

その後も2人は子供じみた応酬をするものの、結局試合は引き分けになり、2人の荒んだ心はいつしか清清しいものになっていた。

フーミン「僕はつっこみ役なんかじゃない……!やっぱり僕はこっちの世界の人間だー!!」

空手をやっていた時、準優勝をとったマチャ彦、中学時代野球部のエースだったキャシャリン。囲碁の大会で優勝したことがあるアフロ君、彼らと比べて自分は何もないと落ち込むフーミン。そんなフーミンにマチャ彦が「君だってすごいじゃないか、つっこみとか」と言うが、逆に特技がつこっこみしかないことにショックを受けるフーミンだった。

無意識にボケるマサルと一緒にいるために、フーミンは知らず知らずにつっこみが体に染み付いていることを自覚せずにはいられなかった。そこで、セクシーコマンドー部と演劇部を掛け持ちしているモエモエに頼んで、演劇部に見学に行って、つっこみ以外の特技を探そうとした。しかし、フーミンは、自分が無意識に他人の言動につっこみが出来る箇所を探そうとしていると気付いて、冷や汗をかいてしまう。
そして演劇部員達に対して、どうにかつっこみなしの普通の対応をすると、「イケる…!やっぱり大丈夫なんだ…!僕はつっこみ役なんかじゃない……!やっぱり僕はこっちの世界の住人なんだー!!」と心の中で思った。

フーミンは特技がツッコミしかないことに悩んでいただけでなく、セクシーコマンドー部の唯一の常識人である自分が、次第に「つっこみ」を通じてマサル達と同類になっているのではと不安を募らせていたのである。

つっこみなしの普通の対応が出来た時、「やっぱり僕はこっちの世界の住人なんだー!!」と言って喜ぶフーミンであったが、体はなぜかつっこみのポーズをとっていた。

もはや自分はつっこみ無しでは生きていけないのかと落胆するフーミンであった。

マサル・サトル「「チョ☆チョニッシーナマッソコブレッシュ☆エスボ☆グリバンバーベーコンさん」だね…!!」

花中島サトル(左)マサルの実父。

部室にいたマサルの前に、頭にアンテナのようなものをつけたキャシャリンが現れた。マサルはキャシャリンのアンテナを気に入り、物欲しそうな目で彼に近づくと、キャシャリンは急に豹変して、マサルのチャームポイントにつかみかかったが、マサルに気絶させられてしまった。

どうやらキャシャリンは何者かにアンテナで操られていたらしく、おまけに当の本人もアンテナの事に気付いていなかった。

マサル、フーミン、マチャ彦の3人はキャシャリンをマサルの家まで運び、マサルの父・サトルに相談した。事情を聞いたサトルは真相を探るために、「花中島式逆行催眠祭り」を行うと言って、全員に着ぐるみを被らせて、夜まで宴を行った。そして宴が終わると、サトルは記憶呼び覚まし薬をキャシャリンに飲ませた。

キャシャリンは意識が半分眠った状態で、昨日何が起こったか話してくれた。キャシャリンは、トレーニングを終えた後、銀色のタイツを着た2人組の男に変な部屋に連れられて、「君達の学校にいる、花中島と言う男の肩につけている金属の輪っかをとってきてくれ」と言われたのだという。その銀色のタイツを着た2人組みこそ、キャシャリンを操った犯人で、キャシャリンはそのときにアンテナをつけられたようであった。

マサル達はキャシャリンから、犯人の居場所を聞き出そうとしたが、サトルは「相手の目的が分かったので、居場所を聞き出すまでもない」と言うと、マサルはサトルに「アレだね?」と言った。フーミンとマチャ彦が呆気にとられていると、サトルとマサルは、「「チョ☆チョニッシーナマッソコぶれッシュ☆エスボ☆グリバンバーベーコンさん」だね…!!」と言った。

つまり、キャシャリンにわざとマサルのチャームポイントを渡せば、キャシャリンが犯人に操られて運んでいくので、彼の後を追えば犯人の下に辿り付くというものである。その作戦をマサルとサトルは「チョ☆チョニッシーナマッソコぶれッシュ☆エスボ☆グリバンバーベーコンさん」と呼んでいた。略して「ポエム」である。

よく聞くと作戦自体は論理的で筋が通っているのに、なぜか作戦名は支離滅裂であった。

マサル「ごめんよキャシャリン まあこれもいつか素敵な思い出に変わるから…」

キャシャリンが何者かに操られて、マサルのチャームポイントを盗み出そうとしていた。マサル達はキャシャリンを操った犯人を見つけ出すため、チャームポイントをキャシャリンに渡して、彼を犯人のもとに運ばせようとした。

しかし、チャームポイントはあまりに重すぎて貧相な体躯をしたキャシャリンは運びきれず、倒れてしまった。しかし、倒れていたキャシャリンが急に起き上がり、すばやい動きでどこかに行ってしまった。マサル達が大慌てで、キャシャリンを追いかけていくと、彼は公園に向かっていった。

公園に着いたキャシャリンが「いでよ、秘密基地」と言うと、地面から建物が出てきた(建物の形はキン肉ハウス)。そして建物の中から銀色のタイツを着た二人組の宇宙人が現れた。

実はマサルのチャームポイントは、宇宙人のものだったのだ。マサルは以前セクシーコマンドーを極めるために山で修行していたときに、山に落ちていたチャームポイントを拾ったのだ。その時近くに宇宙人がいて、「その輪っかは我々のものだ」と言って取り返そうとした。しかし、マサルは宇宙人を背負い投げして、チャームポイントを持ち去ってしまう。そのため宇宙人はキャシャリンを操ってチャームポイントを取り返そうと企んだのだ。

宇宙人はチャームポイントをかけて、マサルと再び対峙することになったが、宇宙人はわがままなマサルに翻弄されるばかりであった。それでも彼らはマサルと冷静に話し合おうとしたが、マサルが焦れてチャームポイントを取り返すために殴りかかってきた。
宇宙人はキャシャリンを操って、彼を盾にしようとした。マサルは大きく振りかぶった拳を寸止めしようとしたが間に合わず、「ゴメンよキャシャリン、まあこれもいつか素敵な思い出にかわるから…」と言ってキャシャリンの顔面に拳をヒットさせてしまった。

一応マサルはキャシャリンに謝罪をしているが、傍からみると躊躇せずに仲間を殴っているようにしか見えなかった。その後マサルは、「よくも仲間をやってくれたな」と宇宙人に対して激しい怒りを露にし、体をわななかせると、口元から青いヒゲが生えてきた。すると今度は打って変わって紳士的な態度になり、巧みな話術で宇宙人たちを説き伏せ、チャームポイントを自分のものとすることができた。

やがて宇宙人は静かに立ち去って行ったが、キャシャリンの頭にはアンテナが付いたままだった。

第7巻

トレパン「アタマでけぇー!!!!」

頭についたアンテナを隠すために、おかしな被り物を被せられたキャシャリン。

キャシャリンの頭にアンテナをつけた宇宙人は、彼の頭をそのままにしたまま何処へと去ってしまった。一方、キャシャリンは宇宙人に操られていたので、自分の頭にアンテナが付いているとは露ほどに思っていなかった。そこでマサル達は、彼をクロロホルムで眠らせた後、アンテナを隠すために頭を長く伸ばしたような被り物を被せて、キャシャリンのアンテナを隠した。

何も知らないキャシャリンは、そのまま自分の教室に向かったが、同級生はみんなキャシャリンをチラチラ見ながら「誰か言わないかな、その頭なんですかって」と思っていると、トレパンが教室に入ってきた。彼はキャシャリンを見ると「アタマでけぇー!!!!」と驚いた。それを聞いたクラスのみんなは「ナイスガッツ!!松田先生!!」と賛辞を送った。

トレパンが生徒から賞賛された最初で最後の場面である。

校長「合格じゃーっ!!!」

3hshy_r
3hshy_r
@3hshy_r

Related Articles関連記事

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』とは、1995年から1997年にかけ、『週刊少年ジャンプ』にて連載されたギャグ漫画及びそれを原作としたアニメ作品。作者は「うすた京介」であり、同氏の連載デビュー作である。奇妙な格闘技「セクシーコマンドー」の使い手である主人公・花中島マサルと、彼を中心としたセクシーコマンドー部員たちとの日常が描かれる。突拍子もない展開の続くナンセンスギャグが主だが、随所で当時のテレビ番組などの固有名詞や、様々なパロディも挟まれるなど、緩急ついた笑いが人気を博した。

Read Article

僕等がいた(アニメ・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

僕等がいた(アニメ・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕等がいた』とは、2002年から「ベツコミ」で連載され、第50回小学館漫画賞少女向け部門を受賞した小畑友紀の漫画であり、2006年にアニメ化され、2012年に完結後、実写映画化もされた大人気漫画である。舞台は北海道釧路市と東京で、高校生活に期待を寄せる少し天然で一途な普通の女の子高橋七美と、運動神経抜群でクラスの大半が好きになるが、心に大きな影を抱える矢野元晴の高校時代~社会人までの青春と純愛を描いたラブストーリー作品である。

Read Article

こどものおもちゃ(こどちゃ)のネタバレ解説・考察まとめ

こどものおもちゃ(こどちゃ)のネタバレ解説・考察まとめ

『こどものおもちゃ』とは、子役タレントとして活躍する主人公・小学6年生の倉田紗南と、クラスメイトで問題児の羽山秋人を中心に繰り広げられる学校生活を描いた作品である。物語の中では、学校で起こるイジメや問題を紗南が解決しようとする姿、子供ならではの淡い恋心やストレートな感情が描かれている。学級崩壊や家庭崩壊、イジメといった社会問題を取り上げた深刻なシーンも、ギャグを交えながら表現されている。そのため、子供も大人も最後まで楽しむことができる学校生活を描いたコメディ漫画およびアニメ作品。

Read Article

あたしンち(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

あたしンち(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『あたしンち』とは1995年6月からけらえいこ原作で朝日新聞より連載が開始された日常コメディ漫画。その後メディアファクトリーよりコミック化される。母、父、長女のみかん、弟のユズヒコの4人家族「タチバナ家」の日常が繰り広げられる。みかん・ユズヒコの学校生活や友達とのやりとり、母の友好関係、父の仕事などからリアルな描写が描かれている。他にも個性的なキャラクターが多く登場。アニメ化や映画化もされており長年根強いファンを獲得している。

Read Article

神様はじめました(神はじ)のネタバレ解説・考察まとめ

神様はじめました(神はじ)のネタバレ解説・考察まとめ

『神様はじめました』とは2008年から鈴木ジュリエッタが『花とゆめ』(白泉社)で連載している人間と妖の恋愛模様を描いたファンタジー少女漫画およびそれを原作としたアニメ作品。主人公の桃園奈々生を中心とした、廃れた神社の神使の巴衛に助けられながら、様々な神と出会うことで奈々生の成長を描いている。父親が蒸発しホームレスになったり、神様になったりあり得ないシチュエーションに遭遇するヒロイン・奈々生が何があっても前向きにトラブルを乗り越える。人と妖の禁断の恋を明るく丁寧に描く、笑いあり涙ありの不朽の名作。

Read Article

ギャグマンガ日和(ギャグ日)のネタバレ解説・考察まとめ

ギャグマンガ日和(ギャグ日)のネタバレ解説・考察まとめ

『ギャグマンガ日和』とは、増田こうすけによるギャグ漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。『月刊少年ジャンプ』にて2000年から連載が始まり、2007年から後継誌である『ジャンプスクエア』に移動した。 増田こうすけが作り上げた架空のキャラクターや、増田こうすけによる脚色が入った歴史上の人物が奇天烈な行動を巻き起こしていく。

Read Article

名探偵コナン 犯人の犯沢さん(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

名探偵コナン 犯人の犯沢さん(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『名探偵コナン 犯人の犯沢さん』とは、かんばまゆこが『週刊少年サンデーS』で連載している漫画作品。青山剛昌の『名探偵コナン』を原作とするスピンオフ漫画である。累計発行部数210万部を超える人気作で、原作の名シーンをギャグ的に絡めた内容は爆笑必至。「ヤツ」を殺害するために犯罪都市・米花町へやってきた犯沢さんの波瀾万丈な日々が描かれている。

Read Article

信長の忍び(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

信長の忍び(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『信長の忍び』とは、2008年に『ヤングアニマル』(白泉社)12号から連載を開始した重野なおきによる4コマ漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。重野いわく、「忍び漫画ではなく、忍びの目から見た戦国漫画」とのこと。基本的にギャグ漫画でありつつ、戦国時代の逸話、うんちくも盛り込まれ、ストーリーラインも史実をほぼ忠実におさえている。 少女忍者千鳥が、織田信長の夢に惹かれ、ともに天下布武を追っていく物語。信長を超甘党な男として描いたり、その他のキャラクターたちも強い個性を持っている。

Read Article

「あたしンち」みかんの二十面相

「あたしンち」みかんの二十面相

「あたしンち」のメインヒロインであるはずの、みかん。弟のユズヒコは「ねーちゃんなんか、かわいくねーよ」と言っていますが、作中の周りの女子を見る限り、みかんが一番かわいいと思う方は多いのではないでしょうか。今回は、そんなみかんのアレやコレなシーンをたくさん切り取り、また漫画やグッズのみかんなど、まとめてみました。

Read Article

「新あたしンち」ユズヒコもついに銀魂に影響される

「新あたしンち」ユズヒコもついに銀魂に影響される

「あたしンち」に登場するみかんの弟であるユズヒコは、初期の頃からとてもクールかつよくできた青年でした。しかしながら近年、「新あたしンち」が放送されたりする中で、ユズヒコのキャラ設定が若干変わってきました。それは、まるで銀魂の新八の影響を受けたかのように、とにかくクールな面影は一変して今ではツッコミのオンパレードになってしまいました。今回はそんなユズの自虐ネタをまとめてみました。

Read Article

超絶かわいい須藤ちゃん!ラブリー!!(新あたしンち)

超絶かわいい須藤ちゃん!ラブリー!!(新あたしンち)

「新あたしンち」には、いろいろかわいい女の子キャラクターがいますが、中でもずば抜けてかわいいのがユズピのクラスメートの須藤ちゃんです!その愛くるしさは、他のストーリーやキャラクターから大きくは注目されないものの、彼女はまさに絶海に咲く麗しき一輪の花!!!そんなかわいい須藤ちゃんの萌えシーンをまとめてみました。

Read Article

「あたしンち」と「新あたしンち」のキャラ別イラスト違いまとめ

「あたしンち」と「新あたしンち」のキャラ別イラスト違いまとめ

「新あたしンち」は前作の「あたしンち」と比べて、時代や絵コンテをはじめ、様々なコンテンツが一変しました。もちろん、従来の家族あるあるネタや爆笑トークなどは健在です。そんな中、今回は旧作と新作におけるキャラの絵コンテ・イラストの違いに注目してみました。2002年の放送から今に至るまで、その時代の変遷とともにお楽しみください。

Read Article

あたしンち第1話「だからそーじゃなくてっ」お母さんの酷いお弁当まとめ

あたしンち第1話「だからそーじゃなくてっ」お母さんの酷いお弁当まとめ

あたしンちの第1話は、みかんとお父さんに渡すお母さんのお弁当が酷い、というネタでした。第1話のストーリーとしては、かなり意外なものではありますが、非常に面白く思わず笑ってしまう回です。みかんの必至の要求に対して、お母さんがどういう反応(お弁当)を示すのかが見物です!(画像提供:GYAO様より)

Read Article

《作画崩壊!?》「新あたしンち」お母さんの顔芸まとめ

《作画崩壊!?》「新あたしンち」お母さんの顔芸まとめ

初代「あたしンち」から数十年の時を経て、再びお茶の間に放送されるようになった「新あたしンち」。従来から、特に際立っていたのが立花家のお母さんの喜怒哀楽から繰り出される究極の表情。それは、その表現方法はもちろんのこと、新バージョンになっていろいろパワーアップしているのです。今回はそんな「新あたしンち」のお母さんの爆笑顔芸のあれこれをまとめてみました。

Read Article

「あたしンち」立花一家全員のすごい顔っ!+イラストの進化過程まとめ

「あたしンち」立花一家全員のすごい顔っ!+イラストの進化過程まとめ

「新あたしンち」が2015年に放送されるなど、根強いファンが多い「あたしンち」。今回は作中に出てくる、立花一家全員の凄まじい表情シーンをまとめてみました。喜怒哀楽はもちろん、その他見ているだけで面白く笑える表情は注目です。回が増すごとに、その種類や表現方法なども変化してきているところも、見物です。(画像提供:GYAO!様です)

Read Article

あたしンち第4話「帰ってきなさいっ」のお母さんの激怒顔まとめ

あたしンち第4話「帰ってきなさいっ」のお母さんの激怒顔まとめ

あたしンちの第4話は、みかんが友達と夜遅くまでカラオケ店で遊んでいてお母さんが家で心配している、というストーリーです。「遅くなるなら電話しなさい」というお母さんの言葉を思い出したみかんは、自宅に電話をしますが…当然、怒られるわけですな(笑)。そのときのお母さんの凄まじい顔面(描写)をまとめてみました。(画像提供:GYAO様)

Read Article

「あたしンち」みかんのいろんな顔リアクション(喜怒哀楽+他)

「あたしンち」みかんのいろんな顔リアクション(喜怒哀楽+他)

「あたしンち」のスーパーヒロイン!みかんは、その感性の豊かさゆえに様々な表情をしています。それはどれも笑えるものばかりで、見ているだけで癒されます。また、その過度さも回を増すごとに過激or大袈裟になっているのです。今回はそんなみかんの多くのリアクションをまとめてみました。

Read Article

ギャグマンガ日和のお気に入りのキャラは?

ギャグマンガ日和のお気に入りのキャラは?

もはや大御所にもなりつつある増田こうすけ先生のギャグマンガ日和。その作品に出てくるキャラはどれも社会落伍者と言っても過言ではないような方々がいっぱいです。そんな中で皆さんが気にいるキャラは一体どのような方でしょうか。ギャグマンガ日和の説明をすっ飛ばしキャラに焦点を当てて今回は見てみたいと思います。

Read Article

みかんの「寝不足▶︎耐える▶︎昇天」までの顔芸まとめ「あたしンち」

みかんの「寝不足▶︎耐える▶︎昇天」までの顔芸まとめ「あたしンち」

「あたしンち」の第56話「ねむい、ねむい…」では、夜更かしをしてしまったみかんが、学校および授業中で睡魔と戦い続けます。それはまさに死闘そのもので、その時の顔面は顔芸といえるほど面白おかしいのです。今回はそんなみかんの顔芸を、ストーリーにそってまとめてみました(遊戯王ほどじゃないヨ!w画像提供:GYAO!様より)

Read Article

90年代りぼん漫画家の代表!小花美穂作品の魅力『こどものおもちゃ』

90年代りぼん漫画家の代表!小花美穂作品の魅力『こどものおもちゃ』

現在のアラサー女子のほとんどは『こどものおもちゃ』という少女漫画をご存知ではないでしょうか。 月刊誌「りぼん」で掲載されていたこちらの漫画は大ヒット作品であり、アニメ化や舞台化などもされました。 コミカルだけど奥が深い、そんな不思議な魅力が満載の『こどちゃ』を紹介します!

Read Article

あたしンちのお母さんの妄想力まとめww

あたしンちのお母さんの妄想力まとめww

2015年10月から「新あたしンち」が放送されますが、今回は過去のお母さんの妄想力についてまとめてみました。お母さんの妄想力とは、ただ頭の中で物事を考えるわけではなく、妄想することにより様々な不可能を可能にする力(どっかで聞いた台詞だな…)のことです!本編は第25話「火事場の母ヂカラ」、画像提供はGYAO様でお送りいたします。

Read Article

アニメ・漫画・特撮に出てくるIQの高いキャラクターまとめ

アニメ・漫画・特撮に出てくるIQの高いキャラクターまとめ

ここでは漫画、アニメ、特撮番組に登場するキャラクターの中から、知能指数/IQが高いキャラクターを紹介していく。上からIQの低い順に並んでいる。『金田一少年の事件簿』の金田一一のような高校生から、『ジョジョの奇妙な冒険』のカーズのような人外の生命体まで、バリエーション豊富なキャラクターが揃った。

Read Article

【ときめきトゥナイト】「りぼん」黄金期!懐かしの漫画まとめ【こどものおもちゃ】

【ときめきトゥナイト】「りぼん」黄金期!懐かしの漫画まとめ【こどものおもちゃ】

世の中の女の子たちを虜にしてきた少女漫画雑誌『りぼん』。そこで連載されていたのは、『ときめきトゥナイト』、『こどものおもちゃ』、『ママレード・ボーイ』など、超有名なものばかりです。他にも、「こんなのあったなぁ!」と思わず声が出てしまうような懐かしい「りぼん漫画」がたくさんあるので、ぜひこの記事を読んで青春時代を思い出してください。

Read Article

目次 - Contents