おおきく振りかぶって(おお振り)のネタバレ解説・考察まとめ

『おおきく振りかぶって』とは、ひぐちアサによる日本の漫画作品。講談社「月刊アフタヌーン」にて2003年11月号より連載が開始された。従来のスポーツ漫画にはない繊細な心理描写や日常の細やかな描写が高く評価され、2006年には第10回手塚治虫文化賞「新生賞」を受賞した。2007年、講談社マンガ賞も受賞し、累計発行部数1000万部を突破。全く新しいタイプの野球漫画として高く評価されている作品。
弱気で卑屈な性格の投手・三橋を中心に、1年生だけしかいない県立西浦高校野球部が甲子園を目指す物語。

フォームの乱れ

西浦は秋季県大会に進んだ。その抽選会で埼玉県下No.2の千朶高校と対戦することが決まる。西浦は勝ちをあきらめずに食らいつくため、打順を変えて試合に挑んだ。

西浦は1回の裏に4番花井のスクイズという奇襲で2点を上げる。だがバッテリーの調子がよく、大きなミスもないにもかかわらず、3回に同点に追いつかれる。
4回に三橋がマウンドでこけてしまい、改造中のフォームが乱れてしまう。制球にも影響が出て、三橋はこっそり家で練習していたことがばれて阿部に反省を促される。だが怒鳴られることはなく、「なんかあったらすぐ呼べ」と優しい言葉をかけてくれる阿部に感謝した。

西浦は6回に不運やエラーが重なり、8点を失う。7回は3人で抑えることができたものの、その裏で点が取れずに公式戦で初めてコールドで負けることになった。
しかし千朶高校の捕手・谷嶋はこれからどんどん伸び、強くなる見込みがあるチームとして西浦のことを認め、花井に「がんばれよ」とエールを送った。百枝も選手たちを誉め、千朶と最後まで渡り合えるようになるために、さらに練習を積もうと誓う。

フォーム改造

千朶との試合が終わり、選手たちは試験前期間で練習ができないことに不満や焦りを覚えていた。4市大会までにフォームを固めたい三橋は田島の家で投球練習を行うことに決める。
三橋は阿部に投球フォームを撮影してもらい、それをコーチに送ることでフォーム改造を進めていく。その後コーチから連絡が入り、西浦のグラウンドで直接指導される。コーチが言うには体全体をバランスよく鍛えることが大事とのこと。次の日、部員全員にコーチの言葉を伝え、部活休み中は交代で田島の家で練習する事に決めた。そして試験が終わり、選手たちはメンタルトレーニングも追加して、4市大会に向けて調整を行っていく。

4市大会

4市大会初戦の相手は、夏の大会2回戦でコールドで勝利した崎玉高校に決まった。夏は敬遠した佐倉にも投げると阿部は強気に宣言する。だが三橋は全力のまっすぐを佐倉に打たれたことを覚えており、緊張しっぱなしだった。

崎玉の先攻で始まった試合は2回に佐倉のホームランを含めた連打を浴び、2点を失ってしまう。その後も夏の大会の悔しさを練習にぶつけ、打倒西浦として努力し続けてきた崎玉高校の努力・執念が試合の流れを作っていく。

『おおきく振りかぶって』の登場人物・キャラクター

三橋 廉(みはし れん)

CV:代永翼

県立西浦高校1年9組。5月17日生まれ。AB型。身長165cm→166.5cm。体重52kg。
投手。右投げ左打ち。背番号1。家族構成、父母。
気が弱く、卑屈で後ろ向きな性格。急速は遅いが、曲球である「まっすぐ」と速いまっすぐ、スライダー、シュート、カーブ、ナックルカーブと多彩な変化球を投げることができる。9分割したストライクゾーンに投げることができる抜群の制球力を持つ。
投球指導を受けていないため、三橋がストレートだと思っていた「まっすぐ」はバックスピンがかかっていないため、打者の予想より落ちず、打者は浮いているように感じてしまう曲球である。
三橋が中学時代在籍していた群馬県の三星学園では三橋の「まっすぐ」に慣れているため、どうということはなく普通に打ててしまうが、慣れない選手にとっては決め球にもなる球である。

打撃力は低く、常に下位打順。体が柔らかいため転倒しても今のところ怪我をしていない。

中学時代、祖父が経営する学校に通っていたために、贔屓でエースになったとチームメイトから疎まれていた。打たれても他の投手にマウンドを譲らなかったため、さらに嫌われるようになり、チーム内で孤立していた。
中学時代の3年間は負け続け、最後の方はチームメイトが手を抜くようになり、捕手からサインを出してもらえなくなっていた。
逃げるように埼玉県の西浦高校に入学を決め、野球を辞めるつもりだったのだが、ひと目だけでもグラウンドを見ようと近づいた時に、監督・百枝に捕まって野球部に入部することになった。

高校入学当初の最高球速は101Km/hだったが、急速の遅さと抜群の制球力は全力投球をしていないからだと百枝に見抜かれた。
その場で投球指導を受けると大暴投であったが111Km/hとなった。
その後、体幹を鍛え速球とまっすぐを投げ分けられるようになった。

捕手の阿部に対して、初めに「首を振る投手は嫌い」と言われていたため自分の意見は一切言わず、阿部に言われた通りに投げる。それで打ち取れていた為阿部に絶大な信頼を持ち、阿部に嫌われないように呆れられないように常にビクビクしていた。
美丞大狭山高校戦で阿部がクロスプレイで負傷し、途中退場したため、田島とバッテリーを組んだ。組立配球全てを阿部に任せていたことを考えるようになり、これをきっかけにバッテリーのあり方を見直し、対等な関係になるよう少しずつ自分の意見を言い始めている。

夏の大会準決勝の試合を観戦し、武蔵野第一高校の榛名元希の肩(筋肉)を触らせてもらったことで、自分の筋力不足を補うためにおおきく振りかぶって投げることを決意した。

阿部 隆也(あべ たかや)

CV:中村悠一

県立西浦高校1年7組。12月11日生まれ。O型。身長170cm→172cm。体重55kg→62.1kg。右投右打。捕手。背番号2。家族構成、父・母・弟。得意科目、数学。副主将。

データを元に配球を考える頭脳派捕手。観察眼に優れており、各試合の全配球、打たれたコースや球種、打者毎の好きなコース苦手なコース、打ったコースなどあらゆることを記憶してリードしている。
制球力の高い三橋とバッテリーを組んだことで、思うようなリードができるようになったが、余りにもコントロールが良すぎるため、阿部1人の組立では配球を読まれてしまうというリスクも生まれてしまった。

試合中、高校生らしからぬ、相手ベンチの雰囲気を悪くする方法などを実行する狡猾な面を持っている。肩は普通だが1年と思えば良い方。捕手としては体が軽く、大柄な選手とのクロスプレーでは吹っ飛ばされてしまうこともある。
打撃面では高打率で上位打順もありうるのだが、捕手としての役割優先のため、下位を打つことが多い。
西浦野球部の中では田島、花井に次No.3と百枝に言われている。

性格は短気、三橋との会話中などでは、三橋の言動にイライラとしつい大声を上げてしまっている。本人は怒っているつもりはないとのことだが、三橋と同じように気弱な沖から、大きな声は怒られているかのような錯覚をしてしまうため、怯えてしまうと注意され、三橋を怯えさせないよう気をつけるようになった。
基本的には冷静で寡黙。涙もろい一面もあり、三橋の事情を知った時や三橋から感謝の言葉をもらった時などには試合中にも関わらず泣きそうになった。

三橋の一挙一動に気を配り、練習メニュー、体調管理、試合中の打席や走塁の注意、日常生活に至るまで口うるさく注意する。三橋は「大事にされている」と喜んでいるが、周囲は阿部の口うるささ細かさに閉口している。

中学時代、地域でも強いと評判だった戸田北というシニアチームに所属していた。1年時に榛名元希という2年生とバッテリーを組むことになったが、榛名は故障が原因で人間不信になっており、阿部に対しても他の人間に対しても攻撃的で自分勝手に振舞っていた。榛名の球は剛速球でプロを目指すほどの実力があるのだが、中学の部活で負った怪我のために、まず自分の体優先で、80球という投球制限を厳密に守り、戸田北にいてもチームとしてより自分の練習相手としてしか周囲のことを思っていなかった。
阿部が2年の時に関東ベスト16にまで勝ち進んだが、2死満塁という場面で厳密な級数制限により自分勝手にマウンドを降りた榛名に失望し、投手不信に陥った。

西浦に入学が決まると、春休み中から同じ中学の栄口を誘い、グラウンドの整備にやってきていた。
入部初日、気弱で卑屈な態度を取る三橋の球を受けて、「まっすぐ」の特異性とその制球力に気づいた。
自己主張せず、阿部に従順な三橋を自分に都合のいい「理想の投手」と思っていた。百枝に「阿部くんは捕手を分かっていない」と言われ反発するのだが、三橋が中学時代の因縁の三星学園1年生との練習試合前に、かつての捕手に恫喝されているのを目撃、三橋の努力を認めようともせず、三橋から自信を根こそぎ奪ったかつてのチームメイトに怒り、三橋を支えてやりたい、尽くしてやりたいと考えるようになった。
その後は、バッテリーとして三橋を支えるために円滑なコミュニケーションを取れるように阿部なりに努力している。
しかし、生来の気短さのため、三橋の不明瞭な言語と卑屈な考え方にしばしば切れてしまうことが多い。

美丞大狭山高校戦のクロスプレーで負傷した阿部は、試合途中で退場し三橋と田島のバッテリーが苦しむところを見て、これまで三橋に何も考えさせず、自分の配球に首を振るなと言ったことを反省した。
試合後、阿部と三橋は話し合い、これまでのバッテリーのあり方を反省し、対等な関係になるように、努力をし始めた。

武蔵野第一に進学した榛名に対し、悪感情を持っていたが、自分が負傷したことでその当時の榛名の精神状態が理解できるようになり、榛名からの謝罪もあり和解した。

リハビリ中は、回復に専念するため、肉を中心とした食生活を送るようになり体がかなり大きくなった。

同じ中学出身で、マネージャーの篠岡千代に密かに思われているのだが、阿部は同じ中学出身であったことも忘れるくらい全く気づいていない。

田島 悠一郎(たじま ゆういちろう)

CV:下野紘

県立西浦高校1年9組。10月16日生まれ。B型。身長164cm。体重53kg。三塁手、一塁手、捕手。右投左打。背番号5。家族構成は曽祖父母、祖父母・父母・兄夫婦・姉・姉・兄。犬・猫・ハムスターを飼っている。

西浦高校で随一の野球センスを持つ実力者。その名は強豪校にも知られるほど。
打順は主に4番だが、小柄なため本塁打を打つ筋力が無いのが悩みの種。抜群の動体視力とバットコントロールを持つ高打率バッター。優れた観察力もあり、瞬足、どんな場面であっても冷静に判断する力を持つ。

選手が10人しかいないため第2捕手を務める。
練習は続けていたが、試合で捕手を務めたことはなかった。美丞大狭山戦で正捕手阿部が負傷退場したため、急遽マスクを被ったが、配球に集中するあまりに4番としての役目が果たせず、悔しい思いをした。

性格は明るく単純、下ネタも大好きでよく話している。三橋のどもりがちな言葉にもよく耳を傾け、言葉にならない声を理解し、会話を成立させている。三橋と円滑なコミュニケーションを取りたい阿部にはそれができず、理解しがたいと思っている。

桐青戦では他の人には見分けられない桐青の投手・高瀬の癖を見抜き、何度も盗塁を決めさせているほど鋭い観察眼を持っている。

体力測定の記録は校内ランキングで総合1位。

花井 梓(はない あずさ)

CV:谷山紀章

県立西浦高校1年7組。4月28日生まれ。A型。身長181cm。体重67kg→69kg。
主将。右翼手、投手、捕手。右投右打。背番号9。家族構成は祖母・父母・妹(双子)。得意科目は英語。
打順は4番、または5番。百枝から田島に次ぐ西浦No.2と評価されている。

元はプルヒッターであったが、センター返しを心がけるようになった。
守備では外野を担当し、桐青戦では見事な返球でチームを勝利に導いた。
夏合宿以降は、阿部の負傷の関係で、第3捕手として練習を始めている。
沖とともに投手としての練習も続けている。

面倒見がよく監督にも意見が言えて、1人で空回りをしないとして、入部1ヶ月後に満場一致で主将に選ばれた。

西浦入学当時、野球部のグラウンドに入部希望者が集まった時に、監督が女、という理由で辞めようとしたが、百枝のノックの実力などを見て考えを改めている。百枝が片手で甘夏を握りつぶして作ったジュースを差し出され、泣きながら飲んでいた。ダメな投手だから、という理由で入部は辞めると言った三橋に自信をつけさせるため、阿部は誰か打者と勝負させようとし、その相手に花井を選んだ。理由としては体が大きく、態度も大きい、4番を打っていたという選手だったから。
同じ4番でも、田島では三橋の球に反応し、打ち取れないと感じ、花井は選ばれている。阿部に散々挑発された花井は、まんまと阿部の策略にはまり、三橋に打ち取られ、結局三橋とともに入部することになった。

田島に対し、当初は強いライバル心を持ち張り合っていたのだが、田島の実力を知るにつれ、自分との実力差を感じ、自分を格下にみるようになってしまった。
百枝は、花井を田島のライバルとして育て、2人で競い合い成長して欲しいと考えていたため、田島が負傷し、花井が4番となった崎玉戦では常にプレッシャーを与え続けた。
その後、田島も花井の力を認め、互いに競い合うようになっていった。

栄口 勇人(さかえぐち ゆうと)

CV:鈴木千尋

県立西浦高校1年1組。6月8日生まれ。O型。身長169cm。体重54kg。
2塁手、遊撃手。右投右打。背番号4。副主将。家族構成、父・姉・弟。母は他界。
打順は主に2番で、犠牲バントを得意とし、百枝からの信頼も厚い。
温厚で人当たりがよく、気配りなどもできる。内野の中心になってくれと言われ、副主将に指名された。
どもる三橋を怒鳴りつける阿部というシチュエーションを見ると、2人の意思疎通ができるように上手に手助けに入るなど、三橋と阿部のコミュニケーションの手伝いをよくしている。
中学時代はシニアに所属していたため、硬球には慣れている。
阿部とは同じ中学だが、別のシニアに所属、学校でも同じクラスになることはなかったので、高校入試当日に初めてまともに会話をした。
春休み中、阿部に誘われて西浦のグラウンド整備に来ていた。

大阪近鉄・オリックスバファローズで活躍した水口栄二選手が栄口のモデルとなっている。

水谷 文貴(みずたに ふみき)

taz046
taz046
@taz046

Related Articles関連記事

おおきく振りかぶっての名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

おおきく振りかぶっての名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『おおきく振りかぶって』とは、部員10人の新設野球部である西浦高校が弱気で卑屈な投手・三橋廉を中軸に一丸となって甲子園優勝を目指す青春野球漫画である。従来のスポーツ漫画にはない繊細な心理描写や日常の細やかな描写がされており、一球ごとの読み合いによる心理戦が展開されているのが特徴である。主人公三橋が、チームと共に成長していく姿も描かれており、白熱の試合展開から、人間模様まで幅広く取り扱っているが故に名言・名場面が多い作品となっている。

Read Article

いきものがかり(バンド)の徹底解説まとめ

いきものがかり(バンド)の徹底解説まとめ

いきものがかりとは、女性ボーカルとコーラス・ギターを担当する男性2名による日本の音楽グループで、所属事務所はキューブ。レコード会社はエピックレコードジャパン。1999年から活動を始め、2006年にメジャーデビューを果たした。親しみやすいポップなサウンド、クセのない伸びやかでまっすぐなボーカルが特徴的。

Read Article

アニメ銀魂 歴代OP・EDテーマ曲まとめ(最新データ含む) 1

アニメ銀魂 歴代OP・EDテーマ曲まとめ(最新データ含む) 1

アニメ銀魂のオープニング、エンディングで使われてきた歴代の曲はどれもが良い出来で、実際これまで3セット出されているテーマ曲集のCDは毎回高セールスを記録しています。2017年12月には「銀魂Best4」も発売されました。 これも含め、歴代のテーマ曲の曲名とアーティスト名、そして中でも特に聞き所の多い曲を紹介します。(※随時更新)

Read Article

男の中に女の子!紅一点バンド特集!

男の中に女の子!紅一点バンド特集!

バンドの中に一人だけ女の子がいるバンドってありますよね!通称「紅一点バンド」! メンバーとの関係は?もしや恋人関係とかあるの?と色々想像が膨らみますよね! 有名なところで言うと、サザンオールスターズがそうですよね!紅一点の原由子さんは ボーカルの桑田佳祐さんと結婚していますし、あながちありな話なのかも。 というわけで紅一点バンドについてまとめてみました!

Read Article

Galileo Galileiによる洋楽曲カバーをオリジナルと聴き比べ

Galileo Galileiによる洋楽曲カバーをオリジナルと聴き比べ

Galileo Galileiは、洋楽のカバー動画をアップロードしています。このアップロードされているアカウントの名前は「Ouchi Daisuki Club」となっていますが、この名前は、Galileo Galileiがグッズの販売をしたり、カバーを企画するときの名前のようです。これらをオリジナルと、カバーを聴き比べできるカタチでリストアップしてみました。

Read Article

【令和・卒業ソング】 感動できる!卒業式に歌いたい曲まとめ! 【福山雅治 など】

【令和・卒業ソング】 感動できる!卒業式に歌いたい曲まとめ! 【福山雅治 など】

2019年度に歌われるであろう卒業ソングのまとめです。 誰もが一度は卒業を経験します。思い出に残るそんな名曲の数々を紹介します。卒業生を受け持つ教師の方にも是非オススメの泣けるまとめです。福山雅治やレミオロメンなど、超有名アーティストがたくさんいるのでぜひ最後までご覧ください!

Read Article

今の曲誰の!?年始に流れているCMソングが話題になったアーティストと曲まとめ【Mr.Childrenほか】

今の曲誰の!?年始に流れているCMソングが話題になったアーティストと曲まとめ【Mr.Childrenほか】

年末年始は家族や親戚が集まる機会が多くなる。そんな時みんなでテレビを見ていて「今のCMで流れていた曲って誰のだろう」と気になった経験はないだろうか。各企業も新しい年に向けてCMを一新することが多々あり、人気アーティストがCM曲を担当しているケースもあるのだ。本記事ではネット上で「この曲気になる」と話題になった、年始に流れたCMの担当アーティストと曲をまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents