おおきく振りかぶっての名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『おおきく振りかぶって』とは、部員10人の新設野球部である西浦高校が弱気で卑屈な投手・三橋廉を中軸に一丸となって甲子園優勝を目指す青春野球漫画である。従来のスポーツ漫画にはない繊細な心理描写や日常の細やかな描写がされており、一球ごとの読み合いによる心理戦が展開されているのが特徴である。主人公三橋が、チームと共に成長していく姿も描かれており、白熱の試合展開から、人間模様まで幅広く取り扱っているが故に名言・名場面が多い作品となっている。

『おおきく振りかぶって』の概要

『おおきく振りかぶって』とは、部員10人の新設野球部である西浦高校が弱気で卑屈な投手・三橋廉を中軸に一丸となって甲子園優勝を目指す青春野球漫画である。作者はひぐちアサで、2003年11月より『月刊アフタヌーン』で連載が開始されている。2006年に、第10回手塚治虫文化賞新生賞を受賞し、2007年にはテレビアニメも放映され人気に拍車がかかった。『おおきく振りかぶって』の略称は「おおふり」である。作者のひぐちアサは学生時代ソフトボール部に所属しており、自身の経験から漫画の中でメンタルトレーニングやスポーツ科学を取り入れて描かれている。また、母校をモデルとしているため、グラウンドや作中に登場する駅や球場なども実物を忠実に再現している。
西浦高校に入学した気弱な主人公三橋廉(みはしれん)は、自分の実力に自信は無いが、ピッチャーとしてマウンドに立つことへのこだわりを持っていた。中学時代は、ピッチャーとしての成績は良く無かったが、エースとしてマウンドに立ち続けたので、周りからは「ヒイキ」と言われており、上手くメンバーと関係を築くことができなかった。高校進学を機に野球から離れようとする三橋だったが、西浦高校の女監督である百枝(ももえ)まりあと出会い、野球部に勧誘される。キャッチャーの阿部隆也(あべ たかや)は三橋が数球投げたボールから制球力の高さに驚き、三橋とバッテリーを組むことを決意し、三橋もまた周りに流されて野球部に入部することとなる。そして、投手に三橋廉を迎えた西浦高校野球部は、甲子園を目指して第一歩を踏み出すのである。甲子園を目指す過程での高校球児達の成長や葛藤が描かれており、強くなるためにはどうしたらいいかを考えながら、日々の技術的な練習のみならず、メンタルを鍛えるために瞑想や昼寝、集中力を高める脳のトレーニング、ポジティブシンキングなどが取り入れられている。きめ細やかな試合描写と、登場人物一人ひとりの移ろいゆく心理描写が特徴で、感情移入しやすい作品であり、子供から大人まで人気が高い。

三橋廉の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「オレのせいでチームが負ける…だけど投げなくちゃ!ここは投げる人間が立つ場所なんだから!」

三星(みほし)学園との練習試合でホームランを打たれた西浦高校ピッチャーの三橋廉(みはしれん)は、キャッチャーの阿部隆也(あべたかや)のリードが良くてもピッチャーの投げる球が弱いと打たれて負けてしまうと感じる。しかし、投げることへの執着が強い三橋は「オレのせいでチームが負ける…だけど投げなくちゃ!ここは投げる人間が立つ場所なんだから」と自分に言い聞かせながらマウンドに上がり続ける。気弱なピッチャーの三橋だが、マウンドに立てば強い気持ちを持っていることが分かる場面である。三橋は打たれたことを責められるのでは無いかと落ち込むが、それでもマウンドは誰にも譲りたくないという静かな闘志を感じる名セリフである。

「オレはここでホントのエースになる!」

三星学園との練習試合で、最後は4番を三振にして試合に勝った西浦高校。エースの三橋は、打たれるのが怖いと思いながらも阿部の構えるキャッチャーミットへ全力投球をする。打たれたらどうしようかとドキドキしながらも野球を楽しんでいる自分に気づいた三橋が思ったセリフが「オレはここでホントのエースになる」である。中学時代も、エースだったが仲間からエースだと認めてもらえず試合にも負け続けていた。西浦高校に来て、エースとしてマウンドに立っている自覚が芽生える。今まで自信のなかったひ弱な三橋だが、西浦高校でエースとして活躍していくことを決めた印象的な場面である。

「オレがみんなを落ち着かせられる。オレが大丈夫ならみんな大丈夫 オレがエースなんだ!」

美丞大狭山(びじょうだいさやま)高校との試合で、阿部が怪我をした代わりにキャッチャーとして入った田島悠一郎(たじまゆういちろう)が配球を考えるが、ホームランを打たれてしまい点差が広がる。意気消沈している西浦高校野球部の部員を見て、三橋は自分に「声を出せ」と言い聞かせ「ワンナウト!」と叫ぶ。それを聞いた、キャッチャーの田島も、「ワンナウト!」と言いチームを盛り立てる。バッテリーの腐っていない姿勢を見て、バックも声を出し始める。それを聞いた三橋が思ったことが「オレがみんなを落ち着かせられる。オレが大丈夫ならみんな大丈夫 。オレがエースなんだ!」である。自分がダメになると周りもダメになってしまう。エースとは、腐らずにみんなを落ち着かせることが大事だと直感し、三橋が積極的に動いた場面である。今までピッチャーとして周りを盛り立てることが無かった三橋が、大きくリードされている場面で始めて声を出したことで、成長している三橋を実感させられる印象的な場面である。

「オレの目標は全国制覇だ!」

西浦高校野球部は、チーム目標を決めようとしている。みんなが一緒の目標を目指して取り組まないといけないというキャプテンの花井梓(はないあずさ)からの提案によるものである。チームメイトの田島は迷わず、「全国制覇」とする。三橋も、「甲子園優勝」と最初は書いていたが、自分の実力に自信が無いので消してしまう。そんな時、元チームメイトで幼馴染でライバルでもある三星学園の叶修悟(かのうしゅうご)から、「オレ達は今から来年夏の甲子園優勝を目指す」というメールがくる。西浦高校のメンバーで勝ち上がって行きたいという気持ちと、叶がいる三星学園と戦いたいという想いから、「オレの目標は全国制覇だ」と口にする。いつも気弱で自分の気持ちをはっきり伝えることができない三橋が、力強く宣言したセリフは印象に残る。

「振りかぶって投げる!」

阿部と昔バッテリーを組んでいた榛名元希(はるなもとき)は甲子園出場をかけた夏の大会の予選で強豪ARC学園高校に負けてしまう。その試合を観戦していた三橋と阿部は榛名の所へ挨拶に行くこととなる。榛名を「いい人」「すごい人」と思っている三橋とは対照的に阿部は「最低の投手」であるという。榛名の試合に刺激を受けた三橋が、阿部に伝えた言葉が「振りかぶって投げる!」である。三橋が自分の意志で「もっと速い球を投げたい」「もっとすごい投手になりたい」「榛名と戦える相手になりたい」という気持ちが全てこの一言で表されている。振りかぶって投げることにより自分の無い筋肉を少しでも補おうとすることが意図だが、それ以上に三橋がピッチャーとしてさらなる高みを目指しているということが分かる名言である。

阿部隆也の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「オレがお前をホントのエースにしてやる。そのかわり言う通りに投げろよ。首振る投手は大嫌いなんだ。」

キャッチャーの阿部は、三橋の制球力のすごさを認めた。この制球力があれば、自分のサインの出し方で三橋を勝たせることができると確信する。その時に言ったセリフが、「オレがお前をホントのエースにしてやる。そのかわり言う通りに投げろよ。首を振る投手は大嫌いなんだ」である。阿部の自信と、物事をはっきりと言い切る強い性格だと感じる場面である。自分のサインに間違いが無ければ、三橋は言う通りの場所に投げることができるのでバッテリーと強くなっていけると感じる。三橋も、阿部の指示の的確さを認めているので一緒にやっていく決意をする。西浦高校のバッテリーの誕生と成長の第一歩となる名セリフである。

「やっぱ笑顔がいいね」

Sh3I2Doun1
Sh3I2Doun1
@Sh3I2Doun1

Related Articles関連記事

おおきく振りかぶって(おお振り)のネタバレ解説・考察まとめ

おおきく振りかぶって(おお振り)のネタバレ解説・考察まとめ

『おおきく振りかぶって』とは、ひぐちアサによる日本の漫画作品。講談社「月刊アフタヌーン」にて2003年11月号より連載が開始された。従来のスポーツ漫画にはない繊細な心理描写や日常の細やかな描写が高く評価され、2006年には第10回手塚治虫文化賞「新生賞」を受賞した。2007年、講談社マンガ賞も受賞し、累計発行部数1000万部を突破。全く新しいタイプの野球漫画として高く評価されている作品。 弱気で卑屈な性格の投手・三橋を中心に、1年生だけしかいない県立西浦高校野球部が甲子園を目指す物語。

Read Article

いきものがかり(バンド)の徹底解説まとめ

いきものがかり(バンド)の徹底解説まとめ

いきものがかりとは、女性ボーカルとコーラス・ギターを担当する男性2名による日本の音楽グループで、所属事務所はキューブ。レコード会社はエピックレコードジャパン。1999年から活動を始め、2006年にメジャーデビューを果たした。親しみやすいポップなサウンド、クセのない伸びやかでまっすぐなボーカルが特徴的。

Read Article

アニメ銀魂 歴代OP・EDテーマ曲まとめ(最新データ含む) 1

アニメ銀魂 歴代OP・EDテーマ曲まとめ(最新データ含む) 1

アニメ銀魂のオープニング、エンディングで使われてきた歴代の曲はどれもが良い出来で、実際これまで3セット出されているテーマ曲集のCDは毎回高セールスを記録しています。2017年12月には「銀魂Best4」も発売されました。 これも含め、歴代のテーマ曲の曲名とアーティスト名、そして中でも特に聞き所の多い曲を紹介します。(※随時更新)

Read Article

男の中に女の子!紅一点バンド特集!

男の中に女の子!紅一点バンド特集!

バンドの中に一人だけ女の子がいるバンドってありますよね!通称「紅一点バンド」! メンバーとの関係は?もしや恋人関係とかあるの?と色々想像が膨らみますよね! 有名なところで言うと、サザンオールスターズがそうですよね!紅一点の原由子さんは ボーカルの桑田佳祐さんと結婚していますし、あながちありな話なのかも。 というわけで紅一点バンドについてまとめてみました!

Read Article

Galileo Galileiによる洋楽曲カバーをオリジナルと聴き比べ

Galileo Galileiによる洋楽曲カバーをオリジナルと聴き比べ

Galileo Galileiは、洋楽のカバー動画をアップロードしています。このアップロードされているアカウントの名前は「Ouchi Daisuki Club」となっていますが、この名前は、Galileo Galileiがグッズの販売をしたり、カバーを企画するときの名前のようです。これらをオリジナルと、カバーを聴き比べできるカタチでリストアップしてみました。

Read Article

【令和・卒業ソング】 感動できる!卒業式に歌いたい曲まとめ! 【福山雅治 など】

【令和・卒業ソング】 感動できる!卒業式に歌いたい曲まとめ! 【福山雅治 など】

2019年度に歌われるであろう卒業ソングのまとめです。 誰もが一度は卒業を経験します。思い出に残るそんな名曲の数々を紹介します。卒業生を受け持つ教師の方にも是非オススメの泣けるまとめです。福山雅治やレミオロメンなど、超有名アーティストがたくさんいるのでぜひ最後までご覧ください!

Read Article

今の曲誰の!?年始に流れているCMソングが話題になったアーティストと曲まとめ【Mr.Childrenほか】

今の曲誰の!?年始に流れているCMソングが話題になったアーティストと曲まとめ【Mr.Childrenほか】

年末年始は家族や親戚が集まる機会が多くなる。そんな時みんなでテレビを見ていて「今のCMで流れていた曲って誰のだろう」と気になった経験はないだろうか。各企業も新しい年に向けてCMを一新することが多々あり、人気アーティストがCM曲を担当しているケースもあるのだ。本記事ではネット上で「この曲気になる」と話題になった、年始に流れたCMの担当アーティストと曲をまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents