おおきく振りかぶって(おお振り)のネタバレ解説・考察まとめ

『おおきく振りかぶって』とは、ひぐちアサによる日本の漫画作品。講談社「月刊アフタヌーン」にて2003年11月号より連載が開始された。従来のスポーツ漫画にはない繊細な心理描写や日常の細やかな描写が高く評価され、2006年には第10回手塚治虫文化賞「新生賞」を受賞した。2007年、講談社マンガ賞も受賞し、累計発行部数1000万部を突破。全く新しいタイプの野球漫画として高く評価されている作品。
弱気で卑屈な性格の投手・三橋を中心に、1年生だけしかいない県立西浦高校野球部が甲子園を目指す物語。

10人しか部員がいない西浦野球部。夏の大会に向けて西浦に足りないものは何かと監督・百枝に問われた時、阿部はもうひとり投手が欲しいと阿部は言った。榛名の試合を観戦し、阿部とちゃんとしたバッテリーになろうと決意を固めたばかりの三橋だったが、当の阿部からもうひとり投手と言われてショックを受けてしまった。
これから連戦もある、体調が悪い時もある、そんな時のための投手だと説明すると、捕手も代わりが必要なのかと三橋は阿部に聞いた。
阿部が肯定すると三橋は、さらにショックを受けた。

阿部が受けてくれなかったら自分はダメピーだが、阿部が受けてくれれば自分はいい投手になると三橋は言う。
これまで弱気で自分のことを否定ばかりしてきた三橋だったが、阿部が受けてくれさえすれば、自分はいい投手になれると肯定的なセリフを言った。
これまで弱気だった三橋を変えることは難しいと感じていた阿部だったが、三橋のこのセリフを聞いて「ならオレ3年間ケガしねェよ。病気もしねェ。お前の投げる試合は全部キャッチャーやる!」と答えた。

三橋を安心させるためのセリフだが、3年間三橋のためにつくすと決意した阿部の本気を感じさせるセリフ。

引用:おおきく振りかぶって 3巻

努力のタマモノだろ、マネはできないよ。

定期テストで赤点を取ったら試合に出場することはできない。ただでさえ猛勉強の末入った西浦で、最近は野球部の練習ばかりで勉強など全くしていない三橋と田島。
10人しかいない西浦で4番田島とエース三橋が赤点で戦線離脱は絶対にダメ、ということで、野球部全員で勉強会を行うことになった。
学校から近く、全員が入れる所ということで三橋の家に行くことになった。
三橋の家で、三橋の手作りの投球練習場を見つけた阿部は、チーム全員に三橋の凄さを見てもらおうと、投球練習場を見せてもらうことにした。
そこで、9分割の的を見て、実際に阿部の指示通りに的に当てていく三橋の絶妙なコントロールを見て、チーム全員三橋の凄さを実感した。
さらに阿部は、西浦内で随一の実力を持つ田島に真似できるかと問うと、「努力のタマモノだろ、マネはできないよ」と言った。
なんでも器用にこなす田島でさえ真似できない、三橋の努力を知った田島は「行こうな!甲子園!」と三橋に声をかけた。
三橋も「行きたい!!」と返し、入部当初はムリと叫んで百枝にケツバットを受けた三橋の変化に皆驚き、喜んだ。
実力者田島の一言で、三橋の凄さをチーム全員に実感させた名セリフ。

引用:おおきく振りかぶって 4巻

こいつが完封してくれる!

夏の大会組み合わせ抽選会で、主将花井は見事に昨年の覇者・桐青高校を引き当てた。西浦チーム内でも勝利を諦めたような空気が流れる中、田島は「勝てねェかな?」と言い出した。
これまでの練習試合で全勝であることを勝てる理由としてあげた田島に、1年しかいないチームと練習試合をしてくれる学校相手だから全勝できたのだと説明しながら、阿部は、きちんと打順を組んで田島を効果的に使えば1点取れるといい、桐青のデータをきちんと分析し、準備をすれば、「こいつが完封してくれる!」と三橋の胸ぐらを掴み引き寄せた。

百枝も阿部に同意し、練習時間を増やし、桐青に勝てるよう一緒に頑張ろうと檄を飛ばした。
試合をやる前から士気が下がっていた西浦を前向きにさせた阿部の名セリフ。阿部は部員の士気を高めるようなセリフが非常に上手い。

引用:おおきく振りかぶって 4巻

夏の初戦だぞ。レギュラーが出るし、エースが投げるよ。去年と同じ道が俺たちにも用意されてる…なんて錯覚するなよ。夏大には道なんかないぞ。

夏の大会、組み合わせ抽選会で対戦相手が初出場で1年生だけの西浦と知った昨年の優勝校桐青高校の部員は、早くも西浦との対戦を大差で勝つものと決めつけ、侮っていた。
2軍を出す、控えを出す、などという部員に対し、主将の河合は言った。
「夏の初戦だぞ。レギュラーが出るし、エースが投げるよ。去年と同じ道がオレたちににも用意されているーなんて錯覚すんなよ?夏大には道なんかないぞ。3年はおととしの1回戦負け、スタンドで経験したからわかるよな。あの学年だってけして悪いチームじゃなかった。あの時、桐青に勝った北本南稜も2回戦で消えた!」

今年から硬式になった創部1年目のチームと昨年の優勝校では確かに格が違う。しかし、その油断が取り返しのつかないことになるということを、経験で知っている主将河合が西浦を侮ったセリフを吐いた部員を諌めたセリフ。
夏の怖さがよく伝わる言葉。

引用:おおきく振りかぶって 4巻

7回裏、握力がなくなった三橋が三星の叶の勝利を聞いて奮起したシーン

桐青戦で死力を尽くして投げ、消耗の激しい三橋。7回裏が終わり、ベンチに戻った三橋は、ベンチ裏にあるシャワー室でユニフォームのまま水を被り、座り込んでいた。三橋の激しい消耗具合を心配した阿部は、三橋の握力を確認するため手を握らせるが、これまでの投球のせいで、握力が落ちていた。
このまま、投げられるのかと不安になっていた時、関係者以外立ち入り禁止のベンチ裏に三橋の従姉妹の瑠里が駆け込んできて、三星学園が7回コールドで試合に勝ち、叶も7回を3人で抑えたと三橋に知らせた。
三橋の心に根強く残る因縁の三星学園。しかし、ライバルで友人でもある叶の頑張りを聞いた三橋の顔に生気が蘇り握力も復活した。

西浦に桐青打線を抑えられる投手は三橋しかいない。
これまでの死闘でボロボロだった三橋だが、ライバルの頑張りで復活することができた名シーン。

引用:おおきく振りかぶって 7巻

やっぱり“夏”は怖い!

9回裏、桐青の攻撃。ここで同点に追いつかなければ桐青の夏は終わる。
組み合わせ抽選会の時、夏の初戦の怖さを部員に伝え、油断はしていないつもりだった。しかし、西浦の強さに桐青は1点差で負けている。

残されたのは9回裏の攻撃。是が非でも後1点取って同点に追いつこうと、桐青の主将・河合が部員に激を飛ばした。

夏の初戦、どんな強豪校でも1回負ければそこで終わりの夏の大会の厳しさが伝わるセリフ。

引用:おおきく振りかぶって 8巻

三橋!!投げらんねェなら替わってくれ!!

西浦対桐青戦、西浦1点リードで迎えた9回裏桐青の攻撃。雨が降りしきる中両校とも死力を尽くして戦っている。
強豪桐青を相手に三橋は力の限り投げるのだが、雨で足場が崩れ、手の感覚もなくなり、取り柄だった抜群のコントロールも乱れてきた。
決め球まっすぐで打ち取ろうと阿部はサインを出すのだが、これまでまっすぐを打たれ続け負けてきた三橋は、怖くてまっすぐを投げることができない。それでも阿部のサインに首を振ることはできず、精神をすり減らしながら阿部の言うとおりにミットめがけて三橋は投球を続けている。
阿部は、三橋がまっすぐの連投を嫌がっている様子に気づき、まっすぐの代わりにシュートを要求した。しかし、投げたシュートが三橋の思った通りに曲がらず、1番打者真柴にバントを決められてしまった。
バント処理に向かうが雨で滑り転んだ三橋は、思った通りの球を投げられなかったショックで立ち上がれなくなっていた。
西浦には三橋以外に桐青を打ち取れる投手はいない。
このまま、三橋が崩れるのを恐れた阿部は、三橋のマウンドを誰にも譲りたくないという拘りを利用し、あえて替われということで、三橋の奮起を促した。
「三橋!!投げらんねェなら替わってくれ!!ここは三星じゃねェからな!投げらんねェなら沖にでも花井にでもマウンド譲れ!!」
中学時代からマウンドを誰にも譲りたくないという気持ちで投げていた三橋は、阿部の言葉と百枝の肯定にショックを受け、まだ投げられると立ち上がった。

9回裏、同点のランナーを背負って投げたい者などいない。しかし、三橋は投げたがる。控え投手である沖だったら絶対に嫌な場面なのに、それでもマウンドに譲らない三橋の態度に、沖は逆にやる気を貰い、絶対に守ってやろうという気になった。

三橋のマウンドへの執着を利用し、三橋を立ち直らせた阿部の一言。
緊迫した場面で平然と嘘を言える阿部の強靭な精神と三橋への信頼・勝利への執着を感じるセリフ。

引用:おおきく振りかぶって 8巻

あとのことはまかしてお前の一番いい球 投げろ!!お前の投げる球なら誰も文句ねェから!!

9回裏、1死2塁で迎えた3番島崎。決め球まっすぐを打たれ、さらに雨で手が滑り、巣山の送球が暴投となり1死1・3塁。4番青木を迎えた三橋の心臓は破裂せんばかりだった。まっすぐを打たれ、変化球も打たれている。もう、三橋は桐青打線に攻略されてしまった。このまま投げていたら西浦は負ける、しかしそれでもマウンドを降りたくない、中学時代のように試合をめちゃくちゃにしてしまうと葛藤している三橋に、バックが声をかけ始めた。栄口も田島も巣山も泉も水谷も、まだ試合を諦めてはいない。
次々とかかる声に怯える三橋に主将花井が叫んだ。
「三橋!!あとのことはまかせてお前の一番いい球 投げろ!!お前の投げる球なら誰も文句ねエから!!」
中学時代は、誰からも声を掛けてもらえず、サインすらもらえなかった三橋。
阿部に交代しろと言われたにも関わらず、マウンドに居座っている嫌な三橋にみんなが声をかけてくれる。
三橋は信じられない思いを持ちながら、阿部の構えたミットに全力で投球した。

中学時代の三星と違い、西浦のチームメイトは三橋の頑張りを認め、桐青戦でも人一倍頑張っているのをきちんと知っている。頑張っている三橋を支えたいと思っている部員ばかりなのに、まだそれに気づかず弱気で卑屈な三橋。

チームのエースとして三橋を認め、支えたい花井の本心。

引用:おおきく振りかぶって 8巻

初戦敗退の桐青ベンチ

昨年の優勝校で相手は創部1年目の1年生だけの西浦高校。
絶対に負けるはずなどないと思っていたのに、夏の初戦で負けてしまった。
主将・河合は部員が泣き崩れる中、ひとり淡々と帰り支度をしていた。
しかし、2年生エース・高瀬が俯き言葉を詰まらせながら自分に謝罪し、涙を流す姿を見て、とうとう河合も涙を流した。

1回でも負けてしまったらそこで終わりという厳しい夏の大会。
昨年度優勝校である桐青でさえも、その現実から逃れることはできない。
高校野球の厳しさ、切なさが伝わる名シーン。

引用:おおきく振りかぶって 8巻

野球やっててよかった。修ちゃん、ありがとう。

taz046
taz046
@taz046

Related Articles関連記事

おおきく振りかぶっての名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

おおきく振りかぶっての名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『おおきく振りかぶって』とは、部員10人の新設野球部である西浦高校が弱気で卑屈な投手・三橋廉を中軸に一丸となって甲子園優勝を目指す青春野球漫画である。従来のスポーツ漫画にはない繊細な心理描写や日常の細やかな描写がされており、一球ごとの読み合いによる心理戦が展開されているのが特徴である。主人公三橋が、チームと共に成長していく姿も描かれており、白熱の試合展開から、人間模様まで幅広く取り扱っているが故に名言・名場面が多い作品となっている。

Read Article

いきものがかり(バンド)の徹底解説まとめ

いきものがかり(バンド)の徹底解説まとめ

いきものがかりとは、女性ボーカルとコーラス・ギターを担当する男性2名による日本の音楽グループで、所属事務所はキューブ。レコード会社はエピックレコードジャパン。1999年から活動を始め、2006年にメジャーデビューを果たした。親しみやすいポップなサウンド、クセのない伸びやかでまっすぐなボーカルが特徴的。

Read Article

アニメ銀魂 歴代OP・EDテーマ曲まとめ(最新データ含む) 1

アニメ銀魂 歴代OP・EDテーマ曲まとめ(最新データ含む) 1

アニメ銀魂のオープニング、エンディングで使われてきた歴代の曲はどれもが良い出来で、実際これまで3セット出されているテーマ曲集のCDは毎回高セールスを記録しています。2017年12月には「銀魂Best4」も発売されました。 これも含め、歴代のテーマ曲の曲名とアーティスト名、そして中でも特に聞き所の多い曲を紹介します。(※随時更新)

Read Article

男の中に女の子!紅一点バンド特集!

男の中に女の子!紅一点バンド特集!

バンドの中に一人だけ女の子がいるバンドってありますよね!通称「紅一点バンド」! メンバーとの関係は?もしや恋人関係とかあるの?と色々想像が膨らみますよね! 有名なところで言うと、サザンオールスターズがそうですよね!紅一点の原由子さんは ボーカルの桑田佳祐さんと結婚していますし、あながちありな話なのかも。 というわけで紅一点バンドについてまとめてみました!

Read Article

Galileo Galileiによる洋楽曲カバーをオリジナルと聴き比べ

Galileo Galileiによる洋楽曲カバーをオリジナルと聴き比べ

Galileo Galileiは、洋楽のカバー動画をアップロードしています。このアップロードされているアカウントの名前は「Ouchi Daisuki Club」となっていますが、この名前は、Galileo Galileiがグッズの販売をしたり、カバーを企画するときの名前のようです。これらをオリジナルと、カバーを聴き比べできるカタチでリストアップしてみました。

Read Article

【令和・卒業ソング】 感動できる!卒業式に歌いたい曲まとめ! 【福山雅治 など】

【令和・卒業ソング】 感動できる!卒業式に歌いたい曲まとめ! 【福山雅治 など】

2019年度に歌われるであろう卒業ソングのまとめです。 誰もが一度は卒業を経験します。思い出に残るそんな名曲の数々を紹介します。卒業生を受け持つ教師の方にも是非オススメの泣けるまとめです。福山雅治やレミオロメンなど、超有名アーティストがたくさんいるのでぜひ最後までご覧ください!

Read Article

今の曲誰の!?年始に流れているCMソングが話題になったアーティストと曲まとめ【Mr.Childrenほか】

今の曲誰の!?年始に流れているCMソングが話題になったアーティストと曲まとめ【Mr.Childrenほか】

年末年始は家族や親戚が集まる機会が多くなる。そんな時みんなでテレビを見ていて「今のCMで流れていた曲って誰のだろう」と気になった経験はないだろうか。各企業も新しい年に向けてCMを一新することが多々あり、人気アーティストがCM曲を担当しているケースもあるのだ。本記事ではネット上で「この曲気になる」と話題になった、年始に流れたCMの担当アーティストと曲をまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents