グラップラー刃牙 / Baki the Grappler / Grappler Baki

グラップラー刃牙 / Baki the Grappler / Grappler Baki

『グラップラー刃牙』とは板垣恵介による日本の漫画。1991年から『週刊少年チャンピオン』で連載され、OVAやテレビアニメ、ゲームなどメディアミックス展開もされている。東京ドームの地下に秘密裏に建造された闘技場では日夜、熱き格闘家たちによる試合が行われていた。地下格闘技場の若きチャンピオン範馬刃牙は、「地上最強の生物」である父親、範馬勇次郎を倒すため、強者との戦いを求め続ける。全国の男を熱くさせた格闘漫画の金字塔である。

グラップラー刃牙 / Baki the Grappler / Grappler Bakiの関連記事

グラップラー刃牙(刃牙シリーズ第1部)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

グラップラー刃牙(刃牙シリーズ第1部)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『グラップラー刃牙』とは板垣恵介による日本の漫画。1991年から『週刊少年チャンピオン』で連載され、OVAやテレビアニメ、ゲームなどメディアミックス展開もされている。東京ドームの地下に秘密裏に建造された闘技場では日夜、熱き格闘家たちによる試合が行われていた。地下格闘技場の若きチャンピオン範馬刃牙は、「地上最強の生物」である父親、範馬勇次郎を倒すため、強者との戦いを求め続ける。全国の男を熱くさせた格闘漫画の金字塔である。

Read Article

松本梢江(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

松本梢江(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

松本梢江(まつもと こずえ)とは板垣恵介原作漫画『刃牙シリーズ』に登場するヒロインで、主人公の範馬刃牙(地下闘技場チャンピオン)が住む下宿を営む松本絹代の一人娘。刃牙とは同じ高校に通っている。第1作『グラップラー刃牙』で刃牙に地下闘技場最大トーナメントの観戦に招待されて、刃牙の正体を知る。第2作『バキ』ではより親密な関係になり、最凶死刑囚対地下闘技場戦士の戦いに巻き込まれる。最凶死刑囚の攻撃で毒に侵された刃牙の治療をするために中国まで同行するなど、刃牙の強さを支える重要人物である。

Read Article

ビスケット・オリバ(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

ビスケット・オリバ(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

ビスケット・オリバとは『刃牙』シリーズ第2作『バキ』から登場する囚人。ミスター・アンチェイン(繋がれざる者)の異名を持ち、刑務所に収監されながらも自由に生活している。鍛え上げられた異常な筋肉によるパワーとタフネスを武器に極悪人捕獲の際は警察に協力している。『バキ』では最凶死刑囚の捕獲に協力。中国大擂台賽編では囚人ドリアン海王の代わりに参戦。第3作『範馬刃牙』では主人公範馬刃牙、J・ゲバル(囚人)の挑戦を受ける。第5作『バキ道』では二代目野見宿禰(力士)と対決した。

Read Article

花山薫(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

花山薫(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

花山薫(はなやまかおる)とは、『刃牙シリーズ』に登場する喧嘩師で、強くなるためのトレーニングを一切せず、生来の腕っぷしの強さだけで圧倒していく強者である。特に握力が並外れており、その握力から繰り出される「握撃(あくげき)」は相手に致命傷を与える花山の必殺技である。主人公の範馬刃牙(はんまばき)、その父勇次郎(ゆうじろう)、ボクサーのユリー・チャコフスキー、神心会空手の愚地克巳(おろちかつみ)、死刑囚のスペック、白亜紀の原人ピクル、宮本武蔵(みやもとむさし)のクローン達と対決している。

Read Article

範馬勇次郎(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

範馬勇次郎(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

範馬勇次郎(はんまゆうじろう)とは、『刃牙シリーズ』に登場する地上最強の生物。通称オーガ。主人公である範馬刃牙(はんまばき)の父親である。その戦闘力は、一国の軍隊よりも上と言われており、どの闘いにも圧倒的な強さを発揮する。刃牙は勇次郎を倒すために日々トレーニングを続けており、親子の対決は2度行われた。多くの猛者が勇次郎と対戦しているが、いまだ勝利した者はおらず、地上最強の生物の名にふさわしいキャラクターである。本気の戦闘モードになった時、背中の筋肉が鬼の顔になる特徴を持つ。

Read Article

ジャック・ハンマー/ジャック・範馬(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

ジャック・ハンマー/ジャック・範馬(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

ジャック・ハンマー/ジャック・範馬(はんま)とは、『刃牙シリーズ』の全てに登場し、ステロイドを常用する噛みつきが得意な強者である。範馬という名前の通り、主人公である範馬刃牙の義理の兄にあたる。第1作目『グラップラー刃牙』では、地下闘技場最大トーナメントで初登場し、決勝で刃牙と戦うことになる。第2作目『バキ』ではシコルスキー(死刑囚)やマホメド・アライJr.(マホメド・アライ流拳法)、第3作目『範馬刃牙』ではピクル(白亜紀の人間)、第4作目『刃牙道』では本部以蔵(柔術家)と対決する。

Read Article

本部以蔵(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

本部以蔵(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

本部以蔵(もとべ いぞう)とは板垣恵介原作漫画の『刃牙』シリーズ第1作『グラップラー刃牙』から登場する柔術家である。実戦を重視した独自の流派「本部流柔術」の師範で、数々の他流試合を行っている。武器を使用した戦闘にも精通しており、武器の使用が許可された対決では驚異的な強さを発揮する。第4作『刃牙道』では宮本武蔵(クローン技術で蘇った伝説の侍)の危険性にいち早く気付き、自ら闘う事で現代格闘家を守護(まも)る活躍をした。

Read Article

渋川剛気(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

渋川剛気(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

渋川剛気(しぶかわ ごうき)とは、板垣恵介原作漫画『刃牙シリーズ』に登場する合気道家である。モデルは塩田剛三。小柄な老人だが、渋川流合気柔術で体格や年齢の差を物ともしない戦いをする。「真の護身」を完成させており、危険な敵に近づくと同等の危険性を表す幻影が見える。第1作『グラップラー刃牙』最大トーナメントではベスト4まで進出。第2作『バキ』では柳龍光、ビスケット・オリバ、マホメド・アライJrと戦う。第4作『刃牙道』では宮本武蔵と戦い、第5作『バキ道』では巨鯨と相撲で対決する。

Read Article

ガイア(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

ガイア(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

ガイアとは『刃牙シリーズ』に登場する超軍人。防衛庁が組織した最強の実戦部隊の指揮官を務めるが、多重人格者で普段は衛生兵の野村という別人格で生きている。北海道大雪山系で最終訓練中に主人公の範馬刃牙(はんまばき)が訪れるところから2人は出会い闘うことになる。刃牙の父親であるオーガこと範馬勇次郎(はんまゆうじろう)に匹敵する戦力と言われていたが、実際勇次郎には及ばなかった。他にもロシアの死刑囚シコルスキーや宮本武蔵のクローンと闘う場面で登場する。自然を味方につけた環境利用闘法が特徴である。

Read Article

鎬紅葉(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

鎬紅葉(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

鎬紅葉(しのぎ くれは)とは『刃牙シリーズ』に登場する医師兼格闘家である。医師としては世界的な名声を手にしており、格闘家としては鍛え上げた完全な肉体と解剖学を究めた的確な攻撃を武器に戦う。東京ドームの地下で最強の戦士を決める場所「地下闘技場」のイベント「2大決戦」のメインで範馬刃牙(地下闘技場チャンピオン)と戦う。「最大トーナメント編」では鎬昂昇(地下闘技場戦士の空手家)との兄弟対決も描かれる。医師としても活躍し重傷を負った戦士の治療にあたる事も多い。

Read Article

範馬刃牙(バキ)とは【徹底解説・考察まとめ】

範馬刃牙(バキ)とは【徹底解説・考察まとめ】

範馬刃牙(はんまばき)とは、『刃牙』シリーズの主人公。父は「地上最強の生物」と呼ばれる範馬勇次郎。母は朱沢財閥グループの朱沢江珠(あけざわえみ)。父勇次郎を倒すべく、日々トレーニングに明け暮れる。その中で数々の強敵と闘いながら強くなり、17歳にして猛者が集まる地下闘技場のチャンピオンに君臨。父勇次郎とは2度対決している。恋人は松本梢江(こずえ)で、学生時代から付き合っている。

Read Article

ジェーン/ダイアン・ニール(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

ジェーン/ダイアン・ニール(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

ジェーン/ダイアン・ニールとは板垣恵介原作漫画『刃牙シリーズ』に登場するピット・ファイターであるジャック・ハンマーの母親。ベトナム戦争時、国連軍の一員であったジェーンは近々一国の軍事力同等の戦闘力を持つと懸念されていた当時16歳の範馬勇次郎を殺害するために接触を図った。アメリカ軍の激しい爆撃から身を守り、勇次郎が背後から銃撃されそうになった時に敵を銃撃して援護するなど戦闘能力は高い。戦場で行動を共にしていた勇次郎に正体が暴かれて強姦された際にジャックを妊娠し、獄中で出産している。

Read Article

愚地独歩(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

愚地独歩(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

愚地独歩(おろち どっぽ)とは板垣恵介原作『刃牙シリーズ』に登場する空手の達人。空手団体「神心会」の総帥で「武神」「虎殺し」の異名を持つ。三戦(さんちん)を始め様々な構えや散眼など古くから伝わる技も実戦で使ってみせる。第1作『グラップラー刃牙』では地上最強の生物と呼ばれる範馬勇次郎と地下闘技場で戦い、最大トーナメントにも参戦する。第2作『バキ』では最凶死刑囚との戦いに加わり神心会を代表して活躍。第4作『刃牙道』ではクローン技術で蘇った宮本武蔵と対決し、第5作『バキ道』では力士の猛剣と戦う。

Read Article

愚地克巳(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

愚地克巳(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

愚地克巳(おろちかつみ)とは『刃牙シリーズ』に登場する神心会空手の最終兵器(リーサルウェポン)と呼ばれる空手家。神心会空手の館長愚地独歩(おろちどっぽ)の養子であり才能は独歩を凌ぐと言われ、音速を超える速さで繰り出されるマッハ突きは克己の必殺技である。喧嘩師の花山薫(はなやまかおる)、中国拳法の烈海王(れつかいおう)、死刑囚のドリアンやドイル、白亜紀の原人ピクルなど数々の猛者と闘い善戦している。ピクルに腕を噛みちぎられたが、『刃牙シリーズ』の第5作目『バキ道』で烈海王の腕を移植手術して蘇った。

Read Article

夜叉猿(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

夜叉猿(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

夜叉猿(やしゃざる)とは、『刃牙シリーズ』に登場する飛騨の大猿。第1作目『グラップラー刃牙』では主人公の範馬刃牙(はんまばき)が山籠りの修行中に出会い戦うこととなった。その子供の夜叉猿Jr.は地下闘技場最大トーナメントにも現れ神心会空手の加藤清澄(かとうきよすみ)や愚地克己(おろちかつみ)と戦った。刃牙が戦った夜叉猿の配偶者はその昔刃牙の父親である範馬勇次郎(はんまゆうじろう)と戦っている。

Read Article

天内悠(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

天内悠(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

天内悠(あまない ゆう)とは板垣恵介原作漫画『刃牙シリーズ』の第1作『グラップラー刃牙』の最大トーナメント編に登場するアメリカ合衆国大統領のボディーガードである。天内流格技と称される空中殺法や組み技を得意としており、地上最強の生物の異名を持つ範馬勇次郎も天内の実力を認めている。戦いに勝ち続けるために愛は必要不可欠で、相手を喜ばせる事と倒す事は表裏一体との持論を述べており、相手の考えている事を見抜く洞察力が優れている。勇次郎の推薦で最大トーナメントに出場し、空手家の愚地独歩と死闘を繰り広げた。

Read Article

烈海王(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

烈海王(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

烈海王(れつ かいおう)とは板垣恵介原作漫画『刃牙』シリーズ第1作『グラップラー刃牙』の最大トーナメント編から登場する中国拳法の達人。中国拳法屈指の実力者だけが与えられる海王の名を持ち、シリーズを通して活躍。第2作『バキ』では最凶死刑囚との死闘に加わり、中国大擂台賽編では毒に苦しむ範馬刃牙(本作の主人公。高校生ながら最大トーナメントで烈を倒す)を中国に連れて行く事で死の危機から復活させる。第4作『刃牙道』ではクローン技術で蘇った宮本武蔵に敗れて死亡するが、外伝作品で異世界転生により復活した。

Read Article

柴千春(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

柴千春(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

柴千春(しば ちはる)とは板垣恵介原作漫画『刃牙シリーズ』に登場する暴走族の特攻隊長である。体を鍛える事を女々しいと考えており、素手喧嘩最強と称されるヤクザの花山薫を心の師としている。格闘技経験は無いものの、喧嘩で鍛えられた体と持ち前の根性で一流の格闘家とも互角以上の戦いをする。第1作『グラップラー刃牙』では東京ドーム下の地下闘技場で開催された最強の戦士を決める最大トーナメントに出場し、柔道家の畑中公平やボクサーのアイアン・マイケルと戦って勝利する大健闘を見せた。

Read Article

加藤清澄(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

加藤清澄(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

加藤清澄(かとう きよすみ)とは、板垣恵介原作漫画『刃牙シリーズ』に登場する空手家である。愚地独歩(武神と呼ばれる空手の達人)が総帥の空手団体神心会で修行を積んだが、目突きや急所攻撃など危険な技を好み、凶器を持った相手と戦える闇社会で用心棒になる。『グラップラー刃牙』では地下闘技場チャンピオン範馬刃牙に対抗心を抱き、刃牙を倒すために神心会に復帰する。最大トーナメント出場権を獲得したが、夜叉猿Jr.(凶暴な野獣)に敗れた。『バキ』では最凶死刑囚ドリアン(中国拳法の達人)と対決した。

Read Article

猪狩完至(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

猪狩完至(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

猪狩完至(いがり かんじ)とは板垣恵介原作漫画『刃牙シリーズ』に登場するプロレスラー。プロレス仕込みの必殺技と打たれ強さに加えて観客を味方につけるパフォーマンスが武器。地下闘技場に参戦経験があり、地下闘技場支配人の徳川光成(とくがわ みつなり)とは旧知の仲。最大トーナメントではベスト8まで勝ち上がり、高校生チャンピオンの範馬刃牙(はんま ばき)と善戦する活躍を見せた。最大トーナメント後はプロレスラーのマウント斗羽(まうんと とば)と対決し、最凶死刑囚編ではロシアの死刑囚シコルスキーと戦った。

Read Article

マウント斗羽(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

マウント斗羽(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

マウント斗羽(まうんととば)とは板垣恵介原作漫画『刃牙シリーズ』に登場するプロレスラー。巨人と称される恵まれた体格とプロレスで培われてきたタフネスを武器としている。師匠の力剛山がケンカに敗れて死去してからは、プロレスラーはケンカに強くなければならないという信念を持ち、必死にトレーニングを続けてきた。異種格闘技である地下闘技場の戦いではチャンピオンの範馬刃牙と善戦し、最大トーナメントにも補欠選手として出場。引退試合としてプロレスラーのライバル猪狩完至と激闘を繰り広げた。

Read Article

徳川光成(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

徳川光成(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

徳川光成(とくがわみつなり)とは『刃牙シリーズ』の全てに登場する資産家である。水戸黄門すなわち徳川光圀の子孫で第1作目『グラップラー刃牙』では地下闘技場最大トーナメントを開催した。第2作目『バキ』では世界中の死刑囚達を、第3作目『範馬刃牙』では白亜紀の原人ピクルを日本の強者達と引き合わせた。第4作目『刃牙道』では宮本武蔵のクローンを現世に蘇らせるプロジェクトを立ち上げ、第5作目『バキ道』では古代相撲の野見宿禰(のみのすくね)が山に籠って修行中のところを下界に降ろし強者達と出会わせている。

Read Article

鎬昂昇(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

鎬昂昇(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

鎬昂昇(しのぎ こうしょう)とは板垣恵介原作漫画『刃牙シリーズ』に登場する空手家である。斬撃拳と称される鎬流空手を使い、指で神経を切断する紐切りを得意技としている。第1作『グラップラー刃牙』では地下闘技場チャンピオン範馬刃牙に挑戦し、死闘の末敗れる。進化した紐切りを習得して最大トーナメントにも出場。兄で外科医の鎬紅葉と対決し、幼少期から抱いていた兄への恐怖心を乗り越えて勝利。2回戦は合気道の達人渋川剛気と対決して惜しくも敗れる。第2作『バキ』では死刑囚ヘクター・ドイルと対決し、反則技で敗れた。

Read Article

末堂厚(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

末堂厚(刃牙)とは【徹底解説・考察まとめ】

末堂厚(すえどうあつし)とは、『刃牙シリーズ』の第1作目『グラップラー刃牙』と第2作目『バキ』に登場する空手家である。愚地独歩(おろちどっぽ)の創設した神心会空手の門下生で、フルコンタクト空手の全国ナンバー1を決める大会の決勝戦で主人公の範馬刃牙(はんまばき)と対戦している。またアメリカの死刑囚ドリアンと夜中、遊園地の中で決闘したこともある。友人は同門の加藤清澄(かとうきよすみ)で若い頃から苦しいトレーニングを共にしてきた。

Read Article

グラップラー刃牙 / Baki the Grappler / Grappler Bakiのレビュー・評価・感想

New Review
グラップラー刃牙 / Baki the Grappler / Grappler Baki
8

格闘技好きなら必読の漫画「刃牙シリーズ」の第一弾

異種格闘技の頂点を決める地下闘技場の最年少チャンピオンの主人公、範馬刃牙の物語です。
長期連載の第一作です。
このシリーズの特徴としてはあらゆる格闘技はもちろん、喧嘩自慢や野獣など強いものであれば誰でも戦います。
昔実際に行われた猪木対アリのプロレス対ボクシングのように、空手家対やくざなど予想不能な対戦カードがたくさん出てきます。
格闘技が好きな方ならきっと楽しめるはずです。
格闘家の中でも刃牙の父、範馬勇次郎は「地上最強の生物」と恐れられていて、時々登場しては笑ってしまうほど圧倒的な強さをみせます。
特に本作の見所は刃牙の過去の話で、なぜ刃牙が強者揃いの地下闘技場でチャンピオンになるほど強くなれたのかが描かれています。
また、刃牙シリーズのメインストーリーである父、範馬勇次郎との因縁の始まりを見ることができます。
シリーズの中では感動する場面が比較的多いのがグラップラー刃牙だと思います。
刃牙の幼少期からの成長が描かれ、今後活躍する格闘家も後半続々参戦するため、続編を見るならまず本作から読むとよいかと思います。
地下闘技場トーナメントが行われひとまず完結はするので、グラップラー刃牙のみでも読んでみる事をおすすめします。

グラップラー刃牙 / Baki the Grappler / Grappler Baki
10

史上最強を目指す男の熱い戦いを描く漫画

グラップラー刃牙は、漫画雑誌の週刊少年チャンピオンに掲載された大人気漫画です。
主人公の範馬刃牙は史上最強の生物と呼ばれる範馬勇次郎の息子で、そんな父親を倒すために肉体を鍛えて多くの強敵を倒していきます。過去に勇次郎が母親を殺してしまうという事件があり、刃牙の父親を打倒するという思いを巡る感情の描写も本作の見所です。
漫画に登場する男性キャラクターの大半が史上最強の肩書への執着心があり、次々と個性的なキャラクターが登場します。虎を倒したこともある空手家の愚地独歩、異なる人格を持っている軍人のガイア、暴力団の組長で人間離れをした強力な握力で戦う花山薫など、一度読んだら二度と忘れないと断言できるキャラクターばかりです。
熱いストーリーや面白いキャラクターだけではなく、作画も格闘漫画の中ではトップクラスの完成度を誇っています。筋肉の描写などは非常にリアリティのある作画で、巻を重ねるごとにその迫力のある絵がどんどんレベルアップしているのも印象的です。
格闘技に関する技術の解説も多く登場しています。実戦で使われるような豆知識も多いですが、中には現実では存在していない理論も描かれています。しかし、その現実では存在していない理論も本当にあるかのように説明しているので思わず信じてしまうかもしれません。

グラップラー刃牙 / Baki the Grappler / Grappler Baki
10

格闘技マンガの最高峰をあなたも読破すべし!その名はグラップラー刃牙!

1991年週刊チャンピオンにて連載がスタートして以来、30年以上の長期にわたり連載を重ねている格闘技漫画の決定版とも言える刃牙シリーズ。その刃牙シリーズの記念すべき第一作がこのグラップラー刃牙なのだ。
グラップラーとは「格闘家」を意味し、主人公の範馬刃牙は総合格闘技の最高峰に位置し、東京ドーム地下闘技場におけるチャンピオンである。
この地下闘技場のルールがすごい。武器の使用以外なんでもあり、なのである。股間をけることも目をえぐることも、オッケイ。まさに究極の闘い、ケンカなのだ。
グラップラー刃牙は範馬刃牙とあらゆる格闘技のツワモノたちが対戦をする。斬撃空手の鎬昴昇(こうしょう)や兄の外科医の鎬紅葉(くれは)、そして作者がリスペクトしているのがよくわかるプロレスラーのマウント斗羽など刃牙になり替わりてっぺんとったると意気揚々の猛者たちとの激闘を描いている。
ちなみに対戦相手を紹介してみよう。
鎬昴昇は斬撃空手の使い手。手足の指を究極と言えるレベルまで鍛え上げ武器化し、その凶器とも言える指を使い相手の神経を引き抜き切断する紐切りを必殺技として駆使する「人間刃」として闘う。
刃牙との対戦ではその必殺の紐切りが神経を切断する寸前の静止動作、唯一の欠点を見抜かれ破れてしまう。
あと一歩で王者逆転と思われたがそこは範馬刃牙が伊達にトップに君臨しているわけではないことを周知させるのは十分すぎる闘いとなっている。
また、昴昇の兄である紅葉は格闘技とは全く別世界である医者が本業。しかも外科医ときてる。医師でなくてはわからない人体の弱点を熟知し、相手を破壊してのける格闘技マンガでは異能の格闘士といえる。なんてオリジナルなキャラクター!
鍛え上げたボディはまさに筋肉の鎧で覆われている。いわく「ヘビー級ボクサーの瞬発性」「スプリンターの機動性」「レスラーの柔軟性」「マラソンランナーの持久力」と究極の完成形と言える筋肉を搭載している。
その紅葉の必殺技は「打震」と呼ばれ、掌を相手の胸部にぶつけ、人の内部にある水分を振動させてダメージを与えるという彼にしかできないもの。
刃牙自身もこの打震に大いに苦しめられるが、最後は必殺技には必殺技と全身の関節を固定させ、全体重を拳にのせる剛体術を駆使し紅葉をまさに一撃で仕留めてみせる。グラップラー刃牙地下闘技場編における最大の必殺技である。
まさに一撃で相手を屠ってみせたのだっ!
クラップラー刃牙はあらゆる格闘技を視野に捉え、その達人たちが登場し続ける物語なのだ。
グラップラー刃牙が連載されて30年以上が経つ今も進化をし続ける主人公の範馬刃牙。その刃牙の初動を読めばあなたはもう一気にこのシリーズを読破したくなるのはまちがいなし!
読むべし!ツッ!

グラップラー刃牙 / Baki the Grappler / Grappler Baki
10

バキ 最強を目指す男達の飽くなき闘い

男として生まれたからには誰よりも強くなりたい。そんなシンプルな夢を持つ少年範馬刃牙が世界中のあらゆる格闘家と闘い成長する物語、それが「バキ」である。

連載開始から30年以上経つ今なおヒットし続ける「バキ」。格闘技漫画のジャンルでは間違いなく史上ナンバーワンの人気を誇る。

「バキ」では主人公の刃牙が地上最強の父親範馬勇次郎を超えるためにさまざまな男たちと闘っていく。空手、プロレス、ボクシング、喧嘩屋などリアルな人間同士の肉体を使った闘いであり超能力などは一切描かれない。モハメド・アリのような現実の格闘家をモデルにした人物達も含め、個性的なキャラクター達が血まみれで闘うアクションは圧巻の迫力である。

「バキ」の最大の特徴はその絵だ。非常に個性的で上手な絵である。人間の体はどんな動きができるのか、キャラクターはどんな表情をするのか。作者板垣恵介の想像力と技術によって活き活きと描かれる絵は読者に強烈な印象を残す。

この世で誰が1番強いんだ というテーマを描き続けてきた「バキ」。現実の世界では実現できない夢の対戦カード。格闘技ファンではなくても誰もが見てみたいと思うような名勝負を「バキ」は漫画の世界で表現し続けてきた。迫力あるアクションが見たい、戦う男達が見たいと望む人にとって「バキ」は最高のエンターテイメントである。

グラップラー刃牙 / Baki the Grappler / Grappler Baki
10

グラップラー刃牙(漫画の感想)

今回は漫画「グラップラー刃牙」についてレビューをさせて頂きます。
グラップラーバキとは主人公範馬刃牙が地上最強の父親範馬勇次郎に勝つために様々な格闘方達と戦い、成長するという話です。作中のほぼ全ての格闘家達は「地上最強」を目指し日々鍛錬に励んでいるのですが、刃牙だけはあくまでも父親を倒す為に修行を積んでいます。
そんな長編格闘漫画ですが、この漫画の売りはなんと言っても様々な分野の格闘家達がほぼルール無しで戦うというものです。例えば「ボクシングVS空手」であったり「少林寺拳法VSプロレス」、果ては「ヤクザVS日本拳法」等現実ではあり得ないような闘いを見ることが出来るという事です。また、それだけでなく主人公刃牙の父親である勇次郎が本当に強い。強すぎて地震を止めてしまうくらい強く、見ていて本当にスッキリします(笑)
もしあなたが格闘漫画が好きであったり、現実でもK1やRIZIN等戦うのを見ることが好きな方でしたら必ずハマってしまうと思います。
絵柄が好みじゃないと言われる方もいらっしゃいますが、私自身初めて読んだ時は変な絵柄だなと思っていました。ですが今ではどハマリしてしまい、全巻集める程です。
この地上最強の親子喧嘩漫画、機会がありましたら是非一度お読み下さいませ。

グラップラー刃牙 / Baki the Grappler / Grappler Baki
8

人間の肉体の表現を細部まで追求したマンガ

今回私が紹介するマンガは板垣恵介氏による格闘マンガ『グラップラー刃牙』です。
このマンガは主人公範馬刃牙が地上最強の生物と言われる自分の父親範馬勇次郎を超えるために、格闘技を通して様々な強者たちとバトルを繰り広げ、己の強さを磨いていくお話です。
このマンガの見所は、板垣恵介氏によって描かれる登場する競技者たちの強靭な肉体の表現の仕方です。
人間の筋肉の構造や形がとても細かくかなり盛り気味に描かれており、初見でその人物の強さや競技技術のレベルの高さを想像させるような、ほかのマンガにはない人間の肉体をすみずみまで研究した板垣恵介氏にしか描くことができないようなキャラクターデザインとなっています。
しかし、やはり格闘マンガなので格闘がメインであり、血しぶきなどの暴力的な表現が非常に多く描かれているので、そういった表現が苦手な人にとっては少し読むのが大変な内容になっていると思います。
また暴言もかなり多く含まれているので教育上もあまりおすすめはできません。
しかしそれ以上に読み応えがあり、とても面白い内容のマンガになっているのでおすすめです。
このマンガを通してプロレスや空手など格闘技に興味がわくこともあるかもしれません。

グラップラー刃牙 / Baki the Grappler / Grappler Baki
8

強さをの中にあるモノ

秋田書店からの連載漫画『グラップラー刃牙』。
グラップラー刃牙の魅力のひとつといえばまさに戦闘シーンであろう。
「漢」達が拳ひとつで戦い、単純明快にとにかく誰が最強の「漢」であるか競うという漫画である。
男子ならだれもが通るであろう強さとはという表現が非常に独特なタッチの絵で描かれているのが最大の魅力だ。
様々な格闘家が東京ドームの地下に設立された闘技場に集結し、そこでトーナメント方式で戦いは行われる。
ある者は敗れ、ある者は勝ち進んでいく。
プロレスラーやボクサー、中国拳法からヤクザまで様々な力自慢や格闘技経験者から最強を求めて集い、殴り合いが行われるまさに今でいう地下格闘技の走りである。
この戦闘の描写が最大のウリでありまさにリアルで激しく痛々しく、読みながら思わず顔をしかめてしまい胸の鼓動を感じてしまいそうなほどである。
しかし、ただ殴り合いの描写だけではなく、一人ひとりのバックボーンやなぜ戦わなきゃいけないのか、その意味を考えさせられるシーンなども多々ある。
父親の為、弟の為、道場を守る為、お金の為、名誉の為などキャラが一人ひとり立っているからこそ感情が入り、こんなにも興奮し熱くさせられる作品なのだろう。
男子に生まれたのなら一度は読んで頂きたい漫画のひとつである。

グラップラー刃牙 / Baki the Grappler / Grappler Baki
10

格闘好きな人におすすめの漫画

とにかく主人公、範馬刃牙の父親である範馬勇次郎がかっこよすぎます。男として誰もが一度は夢見る最強という名の称号を求め、幅広い格闘技をとり入れ熱い戦いを繰り広げられる漫画は、このグラップラー刃牙以外にはありえません。
格闘技をモチーフにした漫画の多くは形だけの中身の薄いものが多いですが、このグラップラー刃牙においては格闘技アマチュアの方からプロの方まで、誰もが読んで楽しめる作品だと思います。
幼少期の頃から成人に至るまでの刃牙の成長ぶりを、格闘要素を取り入れながらわかりやすく説明していますので途中で見飽きることも無く、面白さも満点だと思います。成人になった範馬刃牙の強さは誰も手が付けられないレベルに成長しましたが、それでもなお父親であり世界最強とまで言われる範馬勇次郎の強さを超えられないところが、この作品が長きに渡り多くのファンに愛読され続けた理由ではないでしょうか?
読んでいく内に毒手の使い手や罪人など、強ければ何でもありな挑戦者達が刃牙の前に立ちふさがる点も「次はどんな強者が出てくるのだろうか?」といったような読者に期待感を与える大きな要素になっていると思います。
子供から大人まで格闘技ファンの方々はぜひ一度、読んでみられることをお勧めします。

グラップラー刃牙 / Baki the Grappler / Grappler Baki
10

格闘漫画における最高傑作

グラップラー刃牙という漫画が私は大好きです。
シリーズ化され何作品もありますが、今回オススメするのは刃牙の始まりといえるこのグラップラー刃牙!(幼年編)
この物語の主人公は、刃牙である範馬刃牙。若干13歳のあどけない姿であるその少年は、1人で暮らしている家に地元の不良からばか、アホ、などの暴言を家の外にところせましと落書きをされています。
なんだ、最初はいじめられっ子だったんだとお思いでしょうがその逆です。笑。
地元ではあまりに強すぎて、直接文句が言えず落書きでしか反論ができないくらい、刃牙は無敵無敗の絶対王者のような存在です。

しかし、その刃牙にも恐ろしいと感じる人間がいたのです。
それは、刃牙の実の親父、範馬勇次郎でした。
刃牙の強さもさることながら、この勇次郎とてつもなく強いんです。笑っちゃうくらい!
その強さを表すとなんとあのアメリカ合衆国と対等な関係なんだとか。笑。
これは数々ある勇次郎伝説のごく一部!
作品をみてもらえれば勇次郎の強さがわかります。
とにかく馬鹿強い勇次郎は息子、刃牙よりも強いんです。
のちにこの刃牙と勇次郎は親子喧嘩で戦う時が来るんですが、それは先の話。
刃牙はまだ、勇次郎の足元にも及ばないんです。
そう、「グラップラー刃牙」はこの最強と謳われる勇次郎を倒すべく、数々の試練に立ち向かい強くなっていくという物語なんです。

ただ、刃牙の面白さはそれだけではないんですよね。
刃牙に出てくる登場人物もこれまた、曲者で濃ーい人間ばかり。
そう、クセが強いんじゃーと、叫んでしまうほどです。笑。
若干15歳で極道の世界に身を置く喧嘩師、花山薫。
最強の空手家、愚地独歩。
中国拳法の達人、烈海王などなど強者揃いの中、この刃牙は戦っていく事になります。

そしてグラップラー刃牙といえば!
そう、皆さんは東京ドームの地下になにがあると思いますか?
その答えは地下闘技場です。
まあ漫画のお話なんですがね。笑。
その地下闘技場で、最強を決める戦いを繰り広げていくんです。
金的・目潰し有り、武器の使用以外全てを認めたいわば総合格闘といえるこの戦いは圧巻の迫力。
それに絵のタッチや言葉の描写など全てにおいて男心をくすぐる最高の作品だと思います。

親タグ

子タグ

兄弟タグ