マスク(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マスク』とは、1994年7月29日にアメリカ合衆国より公開されたコメディ映画である。ダークホースコミックスのコミック『マスク(英語版)』が原作である。監督はチャールズ・ラッセルであり、主演はジム・キャリーが務める。全世界で3億5千万ドルの興行収入を得る。冴えない男のスタンリーが、偶然に緑色の木製の仮面を手に入れる。その仮面をつけると、超人的な力を持った緑色の顔の怪人・マスクに大変身する話である。

吹替:山寺宏一
本作の主人公である。気が弱くお人よしの性格であり、銀行で働く銀行マン。アパートで愛犬マイロと暮らしている。センスが独特で、ネクタイやパジャマの柄が変わっており警察であるケラウェイに覚えられてしまう。変わった柄のパジャマの切れ端が事件現場に落ちていたため、ケラウェイに犯人だとにらまれる。趣味はビデオ鑑賞。アニメの『Screwball Classics』がお気に入りで、しょっちゅう見ているが、管理人であるピーンマン夫人に文句を言われることがよくある。銀行にやって来たティナに一目惚れをし、最終的にティナを助け結ばれる。

スタンリー・ザ・マスク(演:ジム・キャリー)

吹替:山寺宏一
スタンリーが仮面をかぶり変身した姿である。陽気で下ネタをよく言う下品な性格である。アニメを実写化したように、驚いた時や興奮した時は目玉や心臓が飛び出ることが多々ある。不死身の力を持ち、高所から落ちたり、爆弾を飲み込んで腹部内で爆発しても傷一つ出来ないという体である。華麗なダンスでティナや他の客を魅了したり、敵のドリアンの手下も泣かせてしまうほどの演技力を持つ。銀行強盗を大胆に行ったり、車の修理工場の男たちに復讐するなどハチャメチャなことを平気で行う。

ヒロイン

ティナ・カーライル(演:キャメロン・ディアス)

吹替:(ソフト版)伊藤美紀 (日本テレビ版)井上喜久子
本作のヒロインである。クラブであるココ・ボンゴの歌手。ドリアンの彼女であり、ドリアンが企む銀行強盗に力を貸すためにスタンリーが勤める銀行に客として訪れ様子を探った。ココ・ボンゴでマスクとダンスをした際に惹かれていたが、スタンリーと同一人物だと気づいたときにはスタンリーに惹かれた。スタンリーに「初めて私をまともな女として扱ってくれた」と打ち明ける。終盤には仮面をつけたドリアンに捕まりピンチとなるが、ドリアンを誘惑し仮面を外させキスをする。その隙に仮面を蹴飛ばしてピンチを逃れ、スタンリーに助けてもらった。

スタンリーの家族

マイロ(演:マックス)

スタンリーが飼っている犬である。種類はジャック・ラッセル・テリア。ジャンプが得意でかなり賢く、鍵を探したり、ご主人であるスタンリーに忠実である。スタンリーが逮捕されたときは、外でスタンリーのことを待ち続けていた。スタンリーが脱走するために「ジャンプして」と命令すると、ジャンプしてスタンリーのもとへとたどり着いた。仮面を取り付けたあと、スタンリーに外されるがその後仮面に魅了される。ティナが川に仮面を捨てるが、急いで咥えて泳いで逃げる。

マイロ・ザ・マスク(演:マックス)

マイロが仮面をかぶりマスクに変身した姿である。スタンリーがマスクになった性格と似ていて、陽気な性格である。変身した姿は口が大きく、鋭い牙を持っている。変身後もスタンリーには忠実であり、スタンリーに呼ばれた際は、走ってスタンリーのもとに駆け寄った。

スタンリーの周辺の人物

チャーリー・シューマーカー(演:リチャード・ジェニ)

吹替:ソフト版(速水奨) 日本テレビ版(大塚芳忠)
スタンリーの友人であり、同じ銀行に勤める同僚である。顔が広く軽い性格であるが、スタンリーの相談に乗る良き理解者でもある。スタンリーがティナに一目惚れした際は、絶対に望みがないのがわかっていたので「やめとけ」と忠告している。スタンリーにかっこいいところを見せるために、ティナやペギーが銀行に訪れた際話しかけるが、ことごとくスタンリーに持っていかれる。マスクの魔力に魅了されたのか、ラストシーンではチャーリーとマイロが川に捨てたマスクを手に入れようと飛び込むが、マイロに取られてしまう。

ペギー・ベラント(演:エイミー・ヤスベック)

吹替:(ソフト版)中澤やよい (日本テレビ版)高島雅羅
女性記者である。人生相談の記事の仕事を主としているがギャラが安く、記者としても活動している。事件が起きた車の修理工場のお客がスタンリーであることを突き止め、スタンリーに取材を行う。スタンリーが人生相談のペギー宛に「真面目男の嘆き」という手紙を出しており、ペギーはその内容を覚えていた。そのため2人の距離は縮まるも、ペギーはお金欲しさにスタンリーを裏切りドリアンに仮面を渡してしまう。

ピーンマン夫人(演:ナンシー・フィッシュ)

T_aoki7
T_aoki7
@T_aoki7

Related Articles関連記事

トゥルーマン・ショー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トゥルーマン・ショー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トゥルーマン・ショー』とは、1998年にアメリカで公開されたコメディ映画。誠実なサラリーマンの主人公トゥルーマンは、どことなく不自然な生活を送っていた。その訳とは、彼の私生活はすべて隠しカメラで取られており、テレビ番組『トゥルーマン・ショー』として世界中に生中継されていたのだ。違和感を覚えるようになった彼は、家族や友人、仕事も含め、自分の人生が全部作りものだということに気付く。そしてなんとかしてこの世界から脱出しようと試みるのだった。

Read Article

メリーに首ったけ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

メリーに首ったけ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『メリーに首ったけ』とは、ファレリー兄弟監督のロマンスコメディ映画。主人公テッドを筆頭にメリーに出会う男は「メリーに首ったけ」。美人でスタイル抜群のメリーを取り巻く男達が、メリーを手に入れようと必死になるあまり引き起こされる様々なおバカな出来事が見どころとなっている。作中には下ネタやブラックジョークが多く含まれており、作品の雰囲気としては気軽なものであるが主人公テッドの純真な恋心と周りの惚れっぽさが強烈に対比された構図から、愛について真剣に考える機会にもなる作品となっている。

Read Article

ナイト&デイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ナイト&デイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ナイト&デイ』とは、監督はジェームズ・マンゴールド、脚本はパトリック・オニールが手がけた、2010年公開のアクションコメディ映画である。CIAエージェントのロイが、CIA・FBIが絡んだゼファー騒動にジューンを巻き込んでしまうことから、騒動が大きくなっていく。ジューンは、並外れた戦闘能力を持つロイに怯え、様々な危険に巻き込まれることに嫌気がさし、精神的にも不安定になっていた。そんなジューンを優しく守るように陰で支えてくれるロイに、ジューンは少しずつ心を開くようになっていったのだった。

Read Article

イエスマン “YES”は人生のパスワード(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

イエスマン “YES”は人生のパスワード(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』とは、2008年にアメリカとイギリスで製作されたコメディ映画。何事に対しても「ノー」が口癖で人生に消極的な男カールが、ある日参加したセミナーで「どんなことに対しても”YES”と答えることで意味のある人生を送れる」と説かれる。「ノー」と答えると災が起こるという暗示をかけられたカールは、どんな場面でも「イエス」と言うようになる。それ以降人生が好転し始めたカールだったが、思わぬ出来事が待ち受けていたのだった。

Read Article

【マスク】キャメロン・ディアスが出演する映画30選!美人過ぎて見惚れてしまう!?【真夏の出来事】

【マスク】キャメロン・ディアスが出演する映画30選!美人過ぎて見惚れてしまう!?【真夏の出来事】

キャメロン・ディアスが出演している映画をランキング形式で30作紹介する。 名作コメディ映画の「マスク」や若かりし頃のキャメロン・ディアスの可愛さが詰まった「真夏の出来事」など。彼女の魅力が詰まった作品が揃っている。彼女の色んな表情や演技を見たい方にオススメ。

Read Article

【ストリートファイター】本物そっくり!超ハイレベルなコスプレ画像まとめ【マスク】

【ストリートファイター】本物そっくり!超ハイレベルなコスプレ画像まとめ【マスク】

自分の好きな作品の登場人物やキャラクターに扮するコスプレ。その中には、「本物!?」と思わず二度見してしまうくらい超ハイレベルなコスプレをしている人がいます。この記事では、そんな本物そっくりなコスプレ画像についてまとめました。もし本人がそこにいたら、自分かと思ってきっとビックリするでしょうね。

Read Article

【テッド】腹筋崩壊間違いなし!元気になれる爆笑コメディ洋画おすすめ21選【マスク】

【テッド】腹筋崩壊間違いなし!元気になれる爆笑コメディ洋画おすすめ21選【マスク】

辛いことや悲しいこと、嫌なことがあった時って、なかなか忘れられずにずっとその気持ちを引きずってしまいますよね…。そんな時こそ観たいのが映画!お腹が割れるほど笑って、憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてしまいましょう。この記事では、絶対元気になれること間違いなしの爆笑コメディ洋画についてまとめています。記事を読んでるだけでも、ほら、元気出てきたでしょ?

Read Article

【ポール・マッカートニー】実は反日疑惑のあるハリウッドスター・セレブまとめ【キャメロン・ディアス】

【ポール・マッカートニー】実は反日疑惑のあるハリウッドスター・セレブまとめ【キャメロン・ディアス】

「ハリウッドスター」と聞けば、世界的に有名な演者たちの代名詞ですよね。もちろん日本でも知名度はバツグン!そんな彼ら/彼女らの中には「日本大好き!」を公言している人もいますが、実は反日だったという疑惑のある人もいるそうです。本当かどうかはわかりませんが、世界に通用する演技ができるこの人たちなら、本音と建前を使い分けることくらい朝飯前なのかもしれません。

Read Article

目次 - Contents