冒険家になろう!(スキルボードでダンジョン攻略)のネタバレ解説・考察まとめ

『冒険家になろう!(スキルボードでダンジョン攻略)』とは萩鵜アキの同名小説のコミカライズ作品で、作画は栗山廉士が担当する。世界中でダンジョンの存在が確認されてから5年後の世界。初心者冒険家空星晴輝(からぼしはるき)は、自宅にできたダンジョンで魔道具「スキルボード」を発見する。空星は、スキルボードを駆使して有名な冒険家「ランカー」を目指すこととなる。魔物との緊張感漂うバトルシーンと仲間たちとのコミカルな掛け合いが楽しいダンジョン冒険活劇。

『冒険家になろう!(スキルボードでダンジョン攻略)』の概要

『冒険家になろう!(スキルボードでダンジョン攻略)』とは萩鵜アキの同名小説のコミカライズ作品で、作画は栗山廉士が担当する。世界中でダンジョンの存在が確認されてから5年後の世界。ダンジョンから魔物が溢れ出したことで、人類は、エネルギー問題や食料自給率などの数多の問題を抱えることとなり、衰退していた。そういった状況下であっても、人々はたくましく生きており、ダンジョンに挑み、成果を持ち帰ることを目的とする「冒険家」と呼ばれる職業が現れ、一般的になっていた。冒険家は危険な職業である一方、実力がつき「ランカー」になると、企業と契約して、活動に報酬が発生したり、市井の人気者になるなど、夢のある職業でもあった。初心者冒険家で存在感が薄いことが悩みの青年空星晴輝(からぼしはるき)は、勤めていた会社を辞め、一念発起して冒険家となった。ある日自宅に帰ると、自宅の車庫がダンジョンと化していた。突然のダンジョン化に嘆く空星であったが、気持ちを切り替え、車庫ダンジョンに挑むこととする。その中で魔道具である「スキルボード」を発見した空星は、自身が保有していたポイントを全て「成長加速」に振った。車庫ダンジョン内で自由に狩りができる上、成長加速も習得した空星は、異常な速度で成長し始め、メキメキと頭角を現すこととなる。自身が成長し、ゆくゆくはランカーとなり、誰よりも目立つ存在となるため、空星は冒険家活動に力を入れることとなった。

『冒険家になろう!(スキルボードでダンジョン攻略)』のあらすじ・ストーリー

冒険家になろう

5年前、世界に突如としてダンジョンと魔物が現れ、世界は混迷の時代に突入する。日本も例外ではなく、それまで空想上の存在とされた魔物がスタンピードを引き起こしたことで文明は衰退していた。国はこの事態に対抗するため「冒険家」を職業として認め、その活動を奨励する。人々の生活はすっかり様変わりしたが、それでも人々は新たな生活に適応し、たくましく生きていた。そんな中、一人の青年・空星晴輝は新人冒険家として活動を始めていた。空星は生来の存在感のなさから、これまでの人生で目立ったことがいっさいなかったため、一念発起して会社を退職し、冒険家となったのだ。北海道在住の空星は、札幌最大のダンジョン「ちかほ」で冒険家として活動を始めるが、まともな利益を上げられない日々を過ごしていた。そんなある日、空星は実家に帰ったところ、実家の車庫にダンジョンが発生していることに気づく。空星はすぐさま自衛団に通報するが、自衛団が来る前にダンジョンの様子をうかがっていると、奇妙な石板を拾う。その石板は「スキルボード」と呼ばれる魔道具で、空星はその力と車庫ダンジョンを利用して己の力を大幅に成長させることに成功する。換金用の魔物の素材も集めたが、車庫ダンジョン周囲には店がないため、空星は装備の新調も兼ねてちかほにある夕月朱音の店に向かう。そこで素材を換金し、装備を新調する。朱音に半ば騙されて奇妙な仮面を買わされた空星だったが、その仮面を着けていると人に驚かれたことで、影の薄さを脱したと思っていた空星は、大いに喜ぶ。そして空星は、ちかほの攻略に精を出すが、その最中に少女がモンスターパレードに襲われている現場に遭遇する。しかも少女は不良冒険家に騙された挙句、おとりとして取り残されたため、それを知った空星は無謀ともいえる単騎突入を行う。空星はなんとか魔物を退け、助けた少女・黒崎火蓮と帰還する。火蓮は空星に感謝し、彼と交友を育もうとするが、そこに火蓮を見捨てた不良冒険家たちが現れ、口封じのために二人に襲い掛かる。

スタンピード

空星晴輝は突如、不良冒険家・四釜たちに襲われて窮地に陥るが、そこに最強の冒険家と名高いマサツグが現れ、空星を助ける。邪魔をされた四釜たちは、自分たちの罪を空星に擦り付け、罪を逃れようとする。しかしマサツグは、四釜たちの行いを一部始終見ており、その反論を一蹴。マサツグは四釜たちを捕まえるが、空星たちに念のため報復を警戒するように忠告する。その忠告を受けた空星は、車庫ダンジョンにこもることを決意するが、火蓮から自分も付いていきたいと懇願される。火蓮は今回の出来事で強くなることを決意し、空星もその熱意に押され、彼女の同行を認める。二人で車庫ダンジョンを攻略し始めるが、ある日、彼らがダンジョンを出ると、今まで何もなかった自宅のとなりに素材の買取店ができているのに気づく。空星が店に入って目にしたのは、たそがれている夕月朱音の姿だった。朱音は問題行動を起こしたせいで左遷されていたのだ。性格に難はあるものの、仕事に対してはまじめに取り組む朱音の存在もあり、空星のダンジョン攻略はさらに熱を帯びていく。空星は順調にダンジョン攻略を進めていたが、ある日、彼ら冒険家のもとに日本中のダンジョンがスタンピードを引き起こしたとの知らせを受ける。日本中の冒険家が魔物と戦い始めるが、スタンピードが起きているのは空星の車庫ダンジョンも例外ではなく、僻地のダンジョンである車庫ダンジョンにいる冒険家は空星と火蓮のみだった。そんな中、空星は火蓮も戦いにはついてこれないと判断し、たった一人でダンジョンに突入してスタンピードの原因であるボスの討伐を行おうとする

隠密

スタンピードに突っ込むことを決意した空星晴輝は、生まれて初めて自らの影の薄さを生かし、隠密行動を取ろうと考えていた。この判断は功を奏し、空星はほかの魔物に気づかれずボスの群れに近づくことに成功。だが、ボスの群れはよりにもよって狼型魔物の群れで、その鼻のよさからすぐに発見されてしまう。逃げることが不可能だと察した空星は、そのまま群れの戦闘に突入。新しく編み出した投てき戦法で優位に立つ空星だったが、そこに群れのボスであるワーウルフ(ボス)が現れる。空星は格上であるワーウルフ(ボス)に圧倒されるが、あきらめずに戦ったことで、どうにか勝利を収める。こうして空星は無事に帰還し、続々と各地の冒険家による勝利宣言を聞くが、唯一新宿は陥落したという衝撃の知らせを受ける。空星も黒崎火蓮も新宿のことを気にかけつつ、今の自分たちの実力では奪還作戦に参加することもできないと断念し、さらに成長すべくダンジョン攻略を続けることを決意する。そんな中、スキルボードで自らの成長を確かめた空星は、スタンピードでの隠密作戦のせいで勝手に「隠密」のスキルが成長し、自分の影がさらに薄くなったことを知る。

依頼

空星は車庫ダンジョンを攻略していたが、車庫ダンジョンでは魔物を倒せば今では高価となった野菜が手に入るため、空星は意気揚々としていた。そんな中、空星は野菜をダンジョンの外で育てようと考える。空星はジャガイモを落とす植物型の魔物を外に連れ出すが、魔物たちは数日で枯れ果ててしまう。空星はその結果に消沈するが、たった一匹生き残っており、空星はその一匹を試行錯誤の末、なんとか助けることに成功する。すると魔物は様子が変わり、空星に懐き始めたため、空星は魔物に「レア」と名づけてかわいがるようになる。しかもレアは、スキルボードの影響を受けるために新たな仲間となり、いっしょにダンジョンを潜り始める。順調にダンジョン攻略をしていた空星たちであったが、そこに夕月朱音がちかほで行方不明となった友人・大井素の捜索を空星に依頼する。いつになく真剣な表情の朱音たちの言葉を受け、空星は依頼を引き受け、ちかほに潜る。またレアをスキルボードで強化したため、急に強くなったレアの説明をすべく、空星は黒崎火蓮にスキルボードの秘密を打ち明けるのだった。空星はこれまでバレない程度に強化してきたが、秘密を打ち明けたことで一気に火蓮を強化する。大幅に強くなった火蓮とレアによってダンジョンは攻略され、捜索も順調に進んでいき、空星たちは大ケガを負った大井素を見つける。依頼は無事に終わったと思われたが、そこにかつて因縁をつけてきた四釜たち不良冒険家が現れる。実は新宿奪還のため、マサツグは多忙となり、彼らに目が届かなくなっていたのだ。四釜たちはマサツグと空星に復讐するため、ちかほで暗躍しており、大井素が大ケガを負ったのも彼らの手によるものだった。彼らによる不意打ちで火蓮が負傷するものの、空星の反撃によって四釜たちは手傷を負い、火蓮と大井素はそのまま戦線を離脱。残った空星と四釜たちは戦い始めるが、そこにモンスターパレードが発生し、四釜たちは魔物の群れに食いつくされてしまう。空星も絶体絶命の危機に陥るが、先に逃げた大井素が応援を呼んだおかげで辛うじて脱出に成功する。

加護

依頼が終わったこともあり、空星と火蓮は車庫ダンジョンの攻略を再開していた。そして、順調に攻略を進めることで装備を新調した一行は、冒険家として大きく成長。さらに空星と火蓮は力を合わせて強敵を打ち倒すことで、「加護」と呼ばれる新たな力を手に入れるのだった。空星たちの活躍は方々でも注目されるようになり、空星のもとに新たな依頼が舞い込む。依頼主は北海道においてトップの冒険家・カゲミツで、ちかほに出現したモンスターパレード討伐のため、力を貸してほしいというものだった。カゲミツは空星とは正反対の人間ながら、素の部分が似ていることもあって、すっかり意気投合する。カゲミツに協力することを決める空星であったが、モンスターパレードのボスは強敵のリザードマン(ボス)で、カゲミツたちであっても苦戦はまぬがれない相手だった。そのため一行は少数精鋭で近づき、少しずつ群れの数を減らし、リザードマン(ボス)を倒すという作戦を立てる。空星は陽動がリザードマン(ボス)を引きつけているあいだに雑魚を倒す役目を請け負ったが、空星はカゲミツの予想以上の活躍を見せ、数日間で雑魚を大きく間引く。そして遂にリザードマン(ボス)討伐を決定した日、空星は残った雑魚相手に奮闘し、これを打ち破るが、雑魚を倒しきってもモンスターパレードは終わっていないことから、リザードマン(ボス)は生き残っていると察する。そして、現場に駆け付けた空星が目にしたのは疲弊した仲間たちと、リザードマン(ボス)の健在な姿だった。圧倒的な攻撃力と防御力を持つリザードマン(ボス)に、カゲミツたちは攻め手に欠けており、徐々に消耗が積み重なっていたのだ。空星も自分の力ではリザードマン(ボス)には歯が立たないと察し、一か八かスキルボードで加護を強化することで、「打倒神」の力を手にする。空星が打倒神の力で援護したおかげでリザードマン(ボス)は疲弊し、そのスキを突いてカゲミツはリザードマン(ボス)を打ち倒すのだった。しかし、打倒神こと「メジェド」の加護は空星の影が薄いという素質を大きく強化する力もあり、戦いが終わったあと、さらに存在感が希薄になった空星は一人大きく嘆きの声を上げる。

奪還

空星がリザードマン(ボス)と戦っている頃、黒崎火蓮は一人、車庫ダンジョンを攻略していた。しかし、空星の急激な成長で徐々に差が開いており、自分でも見て見ぬフリをしていたパーティのいびつさを夕月朱音に指摘され、火蓮と朱音はそれがきっかけで大ゲンカになってしまう。二人はダンジョン攻略で対決することとなるが、その結果、火蓮は加護の力を成長させ、新たな力を身につけることとなる。そして帰ってきた空星は、成長した火蓮の姿を見て、自分も戦いの技術を身につけることを決意し、さまざまな試行錯誤を重ねることとなる。そして空星は、ダンジョンの魔物を相手に新技を試していたところ、風変わりな芋虫の魔物を発見して倒そうとするが、魔物はおとなしい性格で、レアはかわいがり始める。そのため、空星は魔物を新たな仲間として歓迎し、「エスタ」と名づけるのだった。エスタを育てながらダンジョン攻略を進める空星だったが、ある日、ほかの冒険家の痕跡を発見。自分たち以外の誰かが車庫ダンジョンに入っているのに気づくが、そこに現れたのはトップランカーの一人、時雨だった。時雨は奇妙な仮面冒険家・空星に興味を覚え、彼と手合わせを望む。空星はボコボコにされるものの、対人戦最強と名高き時雨に認められ、彼女の戦い方を観察することで己の技を向上させることに成功する。時雨とはそのまま笑顔で別れそうになったが、実は時雨は新宿陥落についてまったく知らず、空星の何げない言葉でそれを知って大きく慌てる。その後、時雨は連絡を取った仲間から半ば説教を受ける形でマサツグに合流。マサツグは情報を集めたことで、新宿のスタンピードは「鹿の魔物」が引き起こしていると確信し、この討伐のため「新宿奪還作戦」を遂に開始する。一方、新宿奪還作戦が始まった頃、空星は車庫ダンジョンの様子がおかしくなっていることに気づき、探索を始めていたが、そこで空星が目にしたのは見たこともない鹿の魔物の姿だった。

討伐

鹿の魔物の異様さを感じた空星は、朱音を通じて外の冒険家に討伐依頼を出す。そして、外の冒険家が到着するまで鹿の魔物を見張る空星であったが、火蓮がやってきたタイミングで鹿の魔物の襲撃に遭い、紫色の塊を喰らってしまう。全く動くことができなくなった空星に、絶体絶命に思われた火蓮であったが、目の前に火蓮の加護の神のオキクルミが現れた。オキクルミとのやりとりを通して覚醒した火蓮は、エスタのおかげで無事だった空星と一緒に鹿の魔物と戦闘を続けることになる。自身が倒したワーウルフを配下にして操る鹿の魔物であったが、外の冒険家の応援としてカゲミツも参戦し、空星は鹿の魔物にとどめを刺すことができた。

湯治

鹿の魔物を倒した空星一行は、マサツグから魔道具の贈り物を受ける。贈り物を装備してますます勢いにのる空星一行であったが、空星は戦闘中に限って我慢できないほどの痛烈な痛みが走るようになる。朱音に相談すると、痛みの原因は急速なレベルアップにより、空星の身体が魔物に近づいてきており、そのせいで痛みが発生しているとの説明を受けた。冒険家を続けるか人間を辞めるかの二択を迫られる空星であったが、どちらも選ばず、旭川市の「カムイの湯」で症状が回復したという噂に望みを託して、カムイの湯に行くことになる。神居古潭ダンジョンで湯治に励む空星であったが、カゲミツが神居古潭ダンジョンでスタンピード殲滅戦をするという話を聞く。治療中の身のため、一度は不参加を決めた空星であったが、上位入賞者はカゲミツのブログで紹介され、非常に目立つことができると聞き、一転参加することになる。スタンピード殲滅戦で上位入賞しようと張り切って魔物を探す空星の前に突如現れたのは一番シャケの姫を自称する人魚族の精霊「チェプ」であった。チェプの目指すカムイ岩に同行した空星は、そこで魚人の襲撃を受けることになる。魔法も駆使する強力な魔物であったが、なんとか撃破に成功する。しかし、戦いに気を取られてスタンピード殲滅戦の終了時刻を大幅に超過してしまい、空星は結局上位入賞することができなかった。

急襲

翌日、神居古潭ダンジョンを攻略するべくダンジョンに潜る空星一行。地下10階でダンジョン主の暗黒巨木と戦い、見事勝利する。喜びも束の間、突如謎の扉が現れ、中に入ると地上に到着した。しかし、突然チェプが倒れてしまい、続いて真っ黒な鎧に身を包んだ戦士が現れ、襲ってきた。成すすべなく戦闘に入る一行であったが、鎧の戦士は今までの魔物とは次元が違うぐらいに強く、仲間が次々とやられてしまう。空星も攻撃を仕掛けるが、治ったかに思われた身体に痛みが再び走り大ピンチになる。そこに、倒れたはずの火蓮が現れ、気力を込めた杖の一撃で鎧の戦士の顔を吹き飛ばした。しかし、ダメージは大きく、再び倒れる火蓮に、気力で戦うようアドバイスを受けた空星は、火蓮の気力を込めた攻撃を「模倣」し、なんとか倒すことに成功した。

完治

なんとか強敵を撃破することに成功した空星一行であったが、チェプが役目を終え、消えたと思い、消沈する。しかし、チェプは生きており、火蓮の腕輪の石に住み着くこととなった。チェプは新スキルの巫力を覚えており、巫力を込めた力が空星に当たると、身体の痛みがすっかりなくなり、空星は完治することとなった。

奥尻島の奪還作戦

Hasshoukizoku1
Hasshoukizoku1
@Hasshoukizoku1

目次 - Contents