御堂筋翔(弱虫ペダル)の徹底解説・考察まとめ

御堂筋翔(みどうすじあきら)とは渡辺航による漫画『弱虫ペダル』における悪役ポジションを担うキャラクター。主人公のライバル校である京都伏見高校の絶対的エースである。入部早々に3年生からエースの座を強引に奪い、独裁主義のチームを作り上げる。勝利へのこだわりが強く、勝つためなら手段を選ばない。レース中は不気味なオーラを纏い、相手の弱みやトラウマにつけ込み、挑発的な口調でとことん追い込んでいく。また、勝負の場面で見せる異様な前傾姿勢が印象的。

御堂筋翔の概要

御堂筋翔(みどうすじあきら)とは渡辺航による漫画『弱虫ペダル』における悪役ポジションを担うキャラクター。主人公のライバル校である京都伏見高校の絶対的エースである。入部早々に3年生からエースの座を強引に奪い、独裁主義のチームを作り上げる。自分のことを「くん」付けで呼び、先輩後輩問わず周囲の人にも「くん」付けで呼ぶことを強要している。勝利へのこだわりが強く、勝つためなら手段を選ばない。相手の弱みやトラウマにつけ込み、挑発的な口調でとことん追い込んでいく。特に、主人公と同じチームの今泉は中学時代からの因縁の相手であり、悪口ともとれる数々のあだ名を付けていく。また、レース中は不気味なオーラを醸し出し、勝負の場面で見せる異様なほどの前傾姿勢が特徴。

御堂筋翔のプロフィール・人物像

生年月日:1月31日
星座:水瓶座
年齢:16歳(高校1年)
血液型:AB型
身長:185cm
体重:不明
ゼッケン番号:91(高校1年)、111(高校2年)
愛車:DE ROSA
タイプ:オールラウンダー
担当声優:遊佐浩二(幼少期:雪野五月)

幼い頃はおとなしい性格で、周囲の人に馴染めず、時にはいじめられることもあった。しかし、病床の母親はいつも優しい言葉をかけてくれていた。母親が亡くなって以降、母親が応援してくれた自転車だけが御堂筋の生きがいとなった。そして、母親への思いから自転車で勝つことへの執念が生まれていく。勝つためであれば手段を選ばずレースに臨む姿には不気味さがある。また、実力は確かな上に頭脳戦も得意としており、相手を追い込んでいくことに長けている。人の弱みやトラウマをえぐるような言動を繰り返し、精神を削っていく。そういった面は今泉に対して特に顕著に現れる。中学生の頃、2人が同じレースに出場した際に、御堂筋は今泉に対して、「お母さんが事故で死んだ」と言い放つ。今泉は動揺し、レースどころではなくなってしまう。しかし、これは御堂筋の嘘であり、勝つための作戦の1つであった。これ以降、御堂筋は今泉に対して「弱泉くん」「ポキ泉くん」など悪口を言い、過去のレースを思い出させては心を折っていく。
1年生の終わり頃には偶然訪れた大阪の練習場で鳴子と勝負をし、自身にとって大きな成長を遂げる。スプリンターの鳴子はチームのことを考えてオールラウンダーへ転向すべきか悩んでおり、原点に戻るべく地元である大阪にきていた。そこにちょうど居合わせた御堂筋は鳴子へ勝負の相手として名乗り出た。そして、勝負を始める前にお互いの大切なものを賭けることを提案する。鳴子は負けたらスプリンターを捨てること、御堂筋は負けたらインターハイにおいて総北を全力でサポートすることを約束する。勝負はお互いに一歩も譲らない状況が続いていたが、御堂筋が半周遅れで終盤を迎える。しかし、ここで御堂筋は自身の殻を破り、「トブライダー」と呼ばれる走法が誕生する。御堂筋の走りは進化を遂げ、さらに加速して一気に鳴子を抜き去る。見事に鳴子に勝利し、負けた鳴子は約束通りスプリンターを捨てることになる。
本作において、御堂筋の存在自体が物語に大きなインパクトを与えている。特に異様な前傾姿勢で、舌を横に振りながら走る姿は周囲に恐怖感を与える。他の選手から見る御堂筋はあまりの恐怖感から、巨大化した姿で描かれている。

御堂筋翔の能力

異様な前傾姿勢で走るトブライド

背筋を一直線に伸ばした走法「トブライド」を見せる御堂筋

御堂筋といえば奇妙な前傾姿勢が特徴で、「トブライド」と名付けられている。背筋を真っ直ぐに伸ばした前傾姿勢に黒い羽を生やした走法のことである。1年生の終わり頃に大阪で鳴子と勝負をした際に初めて誕生した。さらに、2年目のインターハイ2日目のゴール前で、トブライドはさらに進化を遂げる。背筋だけでなく首までも一直線に伸ばした走法へとグレードアップし、スピードも格段にアップする。

解放

ジャージを捲りあげ、全身の筋肉を解放する御堂筋

御堂筋はレース序盤においてはアウターギアを封じている。指をテーピングで巻き、アウターギアを使用しないよう制限している。しかし、勝負の場面になるとテーピングを外し、アウターギアを解放する。その後、得意の前傾姿勢でダンシングをし、さらにスピードを上げていく。また、腕や太もものジャージを捲りあげることで、全身の筋肉を解放する。筋肉が大きく膨らみ、身体中の力を最大限振り絞る。この解放はレースの最終局面で発動し、全身を使って最後の一滴まで絞り込んでレースをする姿が表現されている。

御堂筋翔の自転車・愛車:DE ROSA

御堂筋が乗っているのはDE ROSAのロードバイクである。ハートマークが特徴のメーカーである。幼少期の頃に貰った自転車を高校生になっても使用している。身体が大きくなる度にパーツを付け加えているため、高身長な御堂筋に対してはとても小さいフォルムとなっている。また、通常よりも長めのシートポストを取り付けることによりサドルの位置を上げ、ステムのカスタムによって過度な前傾姿勢を可能にしている。

御堂筋翔の来歴・活躍

幼少期 母の死

母親のお見舞いに来た幼少期の御堂筋

御堂筋が自転車を始めたのは、幼少期に母親のお見舞いに通っていたことがきっかけ。母親の病院は家から20km離れた山向こうにあり、片道2時間かけて毎日自転車で通っていた。運動や勉強は苦手で学校でもいじめられていたが、自転車に乗って母親に会いにいくと喜んでくれた。御堂筋は母親の喜ぶ顔を見たくて、自転車に乗り続けた。しかし、同級生から自転車をバカにされてしまう。御堂筋と母親を繋ぐ自転車を馬鹿にされたことが悔しかった。だが、御堂筋は心の中で「100個のことできるより1個のことできるようになる方が偉い」と自分自身を奮い立たせ、ロードレースに真剣に打ち込むようになる。そして、嵐山のヒルクライムの小学生の部で優勝するまでに成長した。優勝の楯を病院に持っていくと母親は「嬉しい」「私の誇り」ととても喜んでくれた。しかし、その後母親の病状が急変。御堂筋は「レースを見に来て」と必死に声かけするも亡くなってしまう。悲しみにくれる中、生前に母親から「翔の勝つところ見たいな」と言われたことを思い出し、御堂筋の勝利へのこだわりが芽生える。

1年生 インターハイの雪辱

相手のメンタルを削る言葉をかける御堂筋

御堂筋は入部して早々、3年生から強引にエースの座を奪い独裁主義のチームを作り上げてきた。インターハイにおいても1年生ながらエースナンバーを付けてレースに挑む。レース前、箱根学園に堂々と宣戦布告を行い、一気に観客の注目を集めた。
レース序盤はメイン集団をコントールし、1日目のゴール目前に先頭に追いつくも金城(総北高校のキャプテン)、福富(箱根学園のキャプテン)と同着1位。2日目もゴール目前に追いつくも福富と金城に競り負け、3位に終わる。
御堂筋は全てを出し切っても勝てなかったと落ち込み、「3日目のレースを走る意味はない」とチームに告げる。そして、自転車競技部を退部し、京都まで自転車で帰ろうとする。そこで小野田(本作の主人校)と偶然出会い、近くの薬局まで一緒に自転車で走ることになった。楽しそうに自転車に乗る小野田と会話する中で、母親との思い出が蘇る。母親に会いに行くためにワクワクしながら自転車に乗っていた頃を思い出し、初心に返った御堂筋は坊主頭で3日目のスタート地点に現れた。「これ以上捨てるものはない」とさらなる軽量化をめざした結果の姿である。石垣(京都伏見高校のキャプテン)は御堂筋のレースに純粋に向き合う姿を見て、御堂筋を支えようと決意。石垣は体力が尽きるまで御堂筋を牽引しリタイアとなるも、そのおかげで御堂筋は先頭に追い付くことができた。
そして、因縁の相手である今泉との激闘が始まる。御堂筋と今泉は中学時代に同じレースに出場していた。そこで御堂筋は今泉に対して「お母さんが事故で亡くなった。亡くなる前に今泉の名前を呼んでいた」と話しかける。これは今泉を揺さぶる嘘であるが、今泉は動揺してレースどころではなくなってしまう。レースの結果は御堂筋が圧勝し、今泉には御堂筋というトラウマができてしまった。御堂筋はこのトラウマを利用し、インターハイにおいても得意とする口の悪さで今泉の精神をえぐろうとする。また、今泉のフレームが壊れかけていることに気づき勝利を確信した。しかし、今泉は昔とは違い、御堂筋に投げかけられる言葉にも動じない。そこで今泉の精神面が成長していることに気づき、勝てない現実に御堂筋の心が折れてしまう。また、御堂筋は総北高校や箱根学園が複数人で走っている中でも1人で戦ってきたため、体力的にも限界を迎えていた。そして、ゴール前3km付近で精神面と肉体面ともに限界を迎えてしまい、自転車から転げ落ちてリタイアとなる。

2年生 リベンジを賭けたインターハイ

NOVE7
NOVE7
@NOVE7

Related Articles関連記事

弱虫ペダル(弱ペダ)のネタバレ解説・考察まとめ

弱虫ペダル(弱ペダ)のネタバレ解説・考察まとめ

『弱虫ペダル』とは、2008年より渡辺航が『週刊少年チャンピオン』で連載している、自転車競技を題材にした本格的なスポーツマンガ。主人公の小野坂坂道は憧れの高校生活でアニメ研究部への入部を決意するが、今泉俊介と鳴子章吉との出会いにより自転車競技部に入部することになる。オタク活動のため自転車で長距離、激しい坂道を通い続けた小野坂坂道は自転車競技部の面々を驚かせるほど、坂道を上る”クライマー”のセンスを身に着けていた。全く未知の世界で個性の強い部員達と切磋琢磨しながら成長していく姿が魅力。

Read Article

NEW
弱虫ペダル GLORY LINE(グローリーライン)のネタバレ解説・考察まとめ

弱虫ペダル GLORY LINE(グローリーライン)のネタバレ解説・考察まとめ

アニメ「弱虫ペダル」とは、渡辺航の漫画作品、およびそれを原作としたテレビアニメ作品を指す。アニメが大好きで、秋葉原に通い詰める主人公・小野田坂道が、ふとしたきっかけで自転車競技部に入部し、才能を開花させていく物語である。アニメは今期でシーズン4に突入し、坂道にとっては2年目のインターハイ・1日目のゴール争いからスタートする。

Read Article

弱虫ペダル(弱ペダ)の自転車・愛車まとめ

弱虫ペダル(弱ペダ)の自転車・愛車まとめ

『弱虫ペダル』とは、渡辺航が『週刊少年チャンピオン』で連載した自転車競技を題材にしたスポーツ漫画、およびアニメ作品。内気でオタク気質だが自転車の才能を秘めた主人公が自転車競技と出会い、仲間やライバルと切磋琢磨しながらレースに挑むスポコン漫画だ。 作中には様々なレース用自転車が登場する。いずれも実在するメーカーの商品で、好きなキャラクターと同じメーカーの自転車を購入するファンが多い。

Read Article

巻島裕介(弱虫ペダル)の徹底解説・考察まとめ

巻島裕介(弱虫ペダル)の徹底解説・考察まとめ

巻島裕介(まきしまゆうすけ)とは、『弱虫ペダル』に登場するキャラクターであり、総北高校自転車競技部の3年生。インターハイ1日目山岳賞争いではライバルである東堂尽八に惜しくも敗れ2位。最終日ではチームメートの小野田坂道が1位でゴールしインターハイ総合優勝する。 車体を左右に大きく揺らし独特のフォームで坂を登ることから「頂上の蜘蛛男(ピークスパイダー」の異名を持つ。背中が隠れるまで垂らしたタマ虫色の長髪に、語尾に「〜ショ」が付く口調で話すのが印象的だ。

Read Article

東堂尽八(弱虫ペダル)の徹底解説・考察まとめ

東堂尽八(弱虫ペダル)の徹底解説・考察まとめ

東堂尽八(とうどうじんぱち)とは、『弱虫ペダル』に登場するキャラクターであり、箱根学園自転車競技部のエースクライマー。副主将を務めている。ロスのない動きにより音もなく加速する「スリーピングクライム」を得意とし、「山神」の異名を持つ。容姿は艶やかな黒髪で肩につく程度のセミロングであり、長い前髪をカチューシャで留めている。見定めた相手を見下ろすように指をさすポーズが定番であり、ファンサービスとしてよく使っている。千葉総北高校の同級生クライマー、巻島裕介とはライバル関係。

Read Article

荒北靖友(弱虫ペダル)の徹底解説・考察まとめ

荒北靖友(弱虫ペダル)の徹底解説・考察まとめ

荒北靖友(あらきたやすとも)とは、『弱虫ペダル』に登場するキャラクターであり、箱根学園自転車競技部に所属している3年生。中学2年生までは野球部に所属し、名を挙げていたが肘の怪我で野球部を辞めてしまう。それ以降荒れた生活を送っていたが箱根学園1年生時に福富と偶然出会った事でロードバイクに目覚める。「高校3年間インターハイのメンバーに選ばれることはない」と先輩部員に言われていたが地道な努力を重ね、高校3年生の時にインターハイ出場を果たす。箱根学園一の「運び屋」の異名を持つ。

Read Article

鳴子章吉(弱虫ペダル)の徹底解説・考察まとめ

鳴子章吉(弱虫ペダル)の徹底解説・考察まとめ

鳴子章吉(なるこしょうきち)とは、『弱虫ペダル』に登場するキャラクターであり、総北高校自転車競技部の1年生。中学生までは大阪に住んでおり親の転勤で総北高校へ入学した。関西では名の知れたレーサーで「浪速のスピードマン」と異名を持ち、加えて「天才ロケッター」と名乗ることも。派手好きな性格で、髪や愛車など身の回りのものは赤色がほとんどだ。目立つことを信条にしており「速いのが一番目立つ」を理由にスプリンターを選んだ。

Read Article

『弱虫ペダル』の実在ロードバイクをキャラクター別に紹介!あなたは誰仕様のモデルに乗る!?

『弱虫ペダル』の実在ロードバイクをキャラクター別に紹介!あなたは誰仕様のモデルに乗る!?

ここでは大人気漫画『弱虫ペダル』に登場する、実在のロードバイクを登場人物・キャラクター別にまとめている。 『弱虫ペダル』は渡辺航による作品で、自転車競技(主にロードバイク)の世界を舞台に高校生が熱い闘いを繰り広げる本格的スポーツ漫画である。作品内には実在のロードバイクが多数登場しており、その再現度も人気の理由の一つだ。銅橋正清が使用する「SPECIALIZED」や新開悠人の「Cervelo」など、それぞれの登場人物・キャラクターが作品内でロードバイクに乗る姿と実物の画像を掲載している。

Read Article

舞台「弱虫ペダル」、通称ペダステとは?

舞台「弱虫ペダル」、通称ペダステとは?

ロードバイクの流行に一役買っている「弱虫ペダル」の舞台版、通称「ペダステ」についてまとめてみました。 まずは予習からです。 「弱虫ペダル」は2008年から連載中の少年スポーツ漫画です。 2015年には第39回講談社漫画賞・少年部門を受賞しています。なお版元の秋田書店での受賞はかの手塚治虫の代表作「ブラック・ジャック」以来という偉業を達成しています。

Read Article

『弱虫ペダル』のMMDまとめ!総北高校や箱根学園のキャラクターが踊るダンスがやばい!

『弱虫ペダル』のMMDまとめ!総北高校や箱根学園のキャラクターが踊るダンスがやばい!

ここでは、大人気漫画『弱虫ペダル』の登場人物・キャラクターがMMDでダンスする動画をまとめている。 『弱虫ペダル』は渡辺航による作品で、自転車競技(主にロードバイク)の世界を舞台に高校生が熱い闘いを繰り広げる本格的スポーツ漫画である。また、MMDはあらかじめ作成された3Dモデルをコンピュータアニメーションで操作することができる3DCGソフトウェアのことである。『弱虫ペダル』のMMDには、箱根学園の東堂と総北高校の巻島が踊る「天鼠ディストレス」や箱根学園の人気選手による「一騎当千」などがある。

Read Article

「渡辺航先生のペダルナイト 夏休み超スペシャル in 豊洲PIT」の感想・レポまとめ

「渡辺航先生のペダルナイト 夏休み超スペシャル in 豊洲PIT」の感想・レポまとめ

ここではロードレースを題材とした人気漫画『弱虫ペダル』の公式トークライブ、「渡辺航のペダルナイト」シリーズの「渡辺航先生のペダルナイト 夏休み超スペシャル in 豊洲PIT」に参加した人たちの感想・レポートをまとめた。作者の渡辺航がストーリーやキャラクターの裏話を披露する豪華なトークイベントだ。

Read Article

ロードバイクのメーカーを100ブランド以上まとめました!『弱虫ペダル』に登場するあのモデルも登場!?

ロードバイクのメーカーを100ブランド以上まとめました!『弱虫ペダル』に登場するあのモデルも登場!?

ここでは2020年までに発表されていたロードバイクのモデルを、100以上のブランド別にまとめている。それぞれのブランドの概要や特徴とともに、公式サイトへのリンクやどのようなチームにバイクを提供しているのかも記載した。 大人気漫画『弱虫ペダル』に登場するブランドとしては、箱根学園の葦木場拓斗が乗る「Wilier」や長野中央工業の館林元成が乗る「TREK」などがある。

Read Article

「渡辺航のペダルナイト2~ザ・ペダル新年会!」の感想・レポまとめ

「渡辺航のペダルナイト2~ザ・ペダル新年会!」の感想・レポまとめ

ここではロードレースを題材とした人気漫画『弱虫ペダル』の公式トークライブ、「渡辺航のペダルナイト」シリーズの第2回となる「渡辺航のペダルナイト2~ザ・ペダル新年会!」に参加した人たちの感想・レポートをまとめた。作者の渡辺航がストーリーやキャラクターの裏話を披露する豪華なトークイベントだ。

Read Article

【僕のヒーローアカデミア】主人公の成長が激アツな漫画10選【弱虫ペダル】

【僕のヒーローアカデミア】主人公の成長が激アツな漫画10選【弱虫ペダル】

漫画の主人公によくありがちな設定といえば、弱くて泣いてばかりといったところでしょうか。そんな彼ら/彼女らが物語の中で大きく成長していく様子を描いた作品はたくさんあるけれど、この王道なストーリーが読む人の心を掴むんですよね。この記事では、主人公の成長がアツい漫画についてまとめました。登場人物たちと一緒に笑って、泣いて、あなたも一緒に成長しましょう!

Read Article

『弱虫ペダル』実写映画化にファン激怒!主演永瀬廉はイケメンすぎる?

『弱虫ペダル』実写映画化にファン激怒!主演永瀬廉はイケメンすぎる?

ロードレースを題材にした人気少年漫画『弱虫ペダル』の実写映画化は、様々な要因でファンの怒りを買う結果になった。主演はジャニーズの人気アイドル・永瀬廉だったが、「主人公のキャラクターに合わない」という意見が多く、ストーリーを知らない記者が適当に書いたような記事にも批判が集まった。

Read Article

漫画・弱虫ペダルの美麗なイラストをまとめて紹介!

漫画・弱虫ペダルの美麗なイラストをまとめて紹介!

自転車競技部にスポットを当てて描かれた漫画『弱虫ペダル』。アニメやゲーム、漫画が大好きな「オタク少年」が自転車の魅力にハマって成長していく姿や、チーム同士の絆は多くの人に感動を与えて大ヒットした。インターネットやSNSには『弱虫ペダル』を題材にしたイラストが多数投稿されている。記事中ではその中でも特に美麗なイラストをピックアップして掲載した。

Read Article

ロードレース・競輪・萌え系などのおすすめ自転車漫画まとめ!『弱虫ペダル』他

ロードレース・競輪・萌え系などのおすすめ自転車漫画まとめ!『弱虫ペダル』他

ここでは自転車を扱ったおすすめ漫画をまとめた。ロードレースや競輪といったスポーツもの、ほんわかとした萌え系など、様々なジャンルの自転車漫画を掲載している。アニメ化や舞台化もされた大人気漫画『弱虫ペダル』や、イラスト集から漫画化につながった『南鎌倉高校女子自転車部』などを紹介している。

Read Article

目次 - Contents