バイオハザード:インフィニット ダークネス(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード:インフィニット ダークネス』とは、Netflixで独占配信されているCGホラーアニメ。レオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドの二人を主人公として物語が展開する。ラクーンシティで起きたバイオハザードから数年後、ホワイトハウスは突然ウイルス事件に襲われる。その真相を追う二人は、やがて恐ろしい陰謀の存在に辿り着くことになっていく。本作のプロデューサーは原作『バイオハザード』シリーズの製作・監修を務めた小林裕幸、制作プロデュースはトムス・エンタテインメントが務めている。

『バイオハザード:インフィニット ダークネス』の概要

『バイオハザード:インフィニット ダークネス』とは、Netflixで2021年7月8日から全4話形式で独占配信されている連続CGホラーアクションアニメ。レオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドの二人を主人公として物語が展開する。ラクーンシティで起きたバイオハザードから数年後、ホワイトハウスは突然ウイルス事件に襲われる。その真相を追う二人は、やがて恐ろしい陰謀の存在に辿り着くことになっていく。物語は現在である2006年と、ペナムスタン内戦時である2000年という二つの時間軸にまたがって展開される。

プロデューサーを原作『バイオハザード』シリーズの製作・監修を務めた小林裕幸(カプコン)が務め、監督・脚本を『太陽は動かない』や 『海猿』シリーズを手掛けた羽住英一郎、制作プロデュースをトムス・エンタテインメント、フル3DCGアニメーション制作をQuebicoが務めた。日本語吹替には、レオン役に森川智之、クレア役に甲斐田裕子、キーパーソンとなるエージェントのジェイソン役に立木文彦が抜擢されるなど、豪華声優陣が出そろっている。また、上記の他、原作『バイオハザード』シリーズの登場人物クリス・レッドフィールドの日本語吹替を担当している東地宏樹が、日本語版ナレーションを担当した。

本作は、『バイオハザード』シリーズのCGホラーアニメとしては、『バイオハザード:ディジェネレーション』、『バイオハザード:ヴェンデッタ』に続く3作目に位置づけられる。時系列としては、『バイオハザード:ディジェネレーション』のハーバードウィル空港で起きたバイオテロから1年後、原作シリーズの4作目『バイオハザード4』で起きたグラハム大統領の娘アシュリーのテロ組織による誘拐事件から2年後のストーリーに当たる。

当初はNetflixオリジナルとして独占配信された本作は、2022年12月22日に全4話をまとめた形でソニー・ピクチャーズからBlu-rayDVDセットが発売されるに至っている。1話当たりは25分程度と比較的尺が短いものの、フルCGによりホラーアクションとしてはリアリティを追及した見ごたえのある作品となっている。

『バイオハザード:インフィニット ダークネス』のあらすじ・ストーリー

ホワイトハウス襲撃

ウイルスに感染しゾンビと化した高官がエージェントたちに襲い掛かるシーン。

2006年、ホワイトハウスのコンピューターが何者かにハッキングされる。アクセス元をたどるため、ホワイトハウスには大統領補佐官ライアンにより、合衆国エージェントの招集がかけられていた。グラハム大統領の右腕のエージェントであるレオン・S・ケネディも官邸へとヘリで向かう中、先に集まっていたエージェントのジェイソン、シェンメイ、パトリックは大統領居室でグラハムやウィルソン国防長官らと今後の方針について協議していた。元軍人で強硬派のウィルソンは、ハッキングは中国の仕業だと決めつけ、軍隊を上海に向かわせるべきだと大統領に進言する。そんな中、ホワイトハウスが突然の停電に見舞われた。エージェントらがグラハムや高官らの護衛に当たっていると、官邸内に大量のゾンビが現れる。慌てふためくパトリックの照準が定まらない中、そこに後れて到着したレオンが合流。彼は冷静にゾンビを撃ち殺すと、エージェントらと共に大統領を護衛しながら、事態を収束させる。

事件後、官邸を襲ったウイルス事件にも中国が関与していると睨んだウィルソン。彼の指令により、レオン、シェンメイ、ジェイソンの3人は原子力潜水艦で上海の生物科学研究所へと調査に赴くことになった。

同じ頃、NGO団体「テラセイブ」に所属し、バイオテロや薬害事件の被害者救済のボランティアに尽力していたクレア・レッドフィールドは、ヨーロッパと中国の中間に位置する小国ペナムスタンを訪れていた。内戦により荒れ果てた小国でボランティア活動を行う過程で、ある一人の失語症の少年と出会い、彼の描いたスケッチブックを見せてもらうことになる。内戦の様子を描いたそのスケッチブックの絵には、ゾンビのような怪物が人々の血肉を貪る様子が描かれていた。それはまるで8年前にラクーンシティでクレアが巻き込まれたバイオハザードの悪夢を思わせるものだった。

エージェントの裏切り

上海に向かう最中の潜水艦内において、小型B.O.W.の襲撃に見舞われるレオン。

レオンは潜水艦で上海へと向かう中、ジェイソンらとお互いの出自を語り合っていた。「自分は恐怖に支配されているのだ」と言うジェイソン。彼は、今でこそ凄腕のエージェントとして活躍しているが、かつては「マッドドッグス」と呼ばれる特殊部隊の小隊長を務める軍人で、その時に挙げた功績で「ペナムスタンの英雄」と呼ばれていた。彼が、「英雄」と呼ばれるようになったきっかけは2000年のペナムスタン内戦時に孤立した仲間部隊の救出作戦を成功に導いたことにあった。しかし、彼は「英雄」という称号を皮肉に感じているのだと言う。なぜなら、その作戦を成功させるためにペナムスタンへの突入を決行したことが原因で、彼を含めた「マッドドッグス」隊全員が当地に蔓延していたウイルスに感染してしまい、これを苦にした彼の仲間は帰還後に全員自殺してしまっていたからである。そして彼だけが生き残り、バイオハザードによる「恐怖」を後世に伝えることが自分の責務なのだと考えるようになっていたのだ。

彼の暗い過去を知ったレオンは、8年前にラクーンシティでバイオハザードの悪夢に見舞われた自分と彼とを重ねながら、自分も恐怖に支配されていることをジェイソンに明かした。お互いの出自を知った彼らが感傷に浸っていると、突如艦内に緊急事態を知らせるサイレンが鳴り響く。なんと、ウイルスに感染したネズミ型B.O.W.がどこからか大量発生していたのである。死亡した操縦士の口からあふれ出てきたネズミ型B.O.W.の大群に追われるレオンであったが、何とか逃げ延びてジェイソン、シェンメイと共に艦内から脱出した。

脱出後、レオンはジェイソンが艦内で操縦士たちを殺していたことを見抜いてしまう。彼に理由を尋ねるレオンであったが、ジェイソンが銃を構えたため、やむなくジェイソンを銃撃する。その様子を見たシェンメイは逃げ出したことから、レオンは彼女を追いかけた。そして、ジェイソンとシェンメイの二人がアメリカ政府を裏切っているのだと知る。

ペナムスタンの悲劇

ペナムスタン内戦地域において、ジェイソン率いる特殊部隊「マッドドッグス」が進行するシーン。

シェンメイを追って上海のある地区にたどり着いたレオンは、ようやく彼女に追いついた。そこで、シェンメイの口から彼女の祖父の屋敷に真実が隠されているのだと聞かされ、二人で屋敷に潜入することになった。彼女の祖父と出くわしたレオンは、B.O.W.についての秘密を明かすよう銃で彼を脅迫する。すると、彼はレオンを開かずの間へと案内した。通された先では、ゾンビとなったシェンメイの弟が拘束されていたのだ。その光景を見てあっけにとられるレオンに、シェンメイは自分の弟とジェイソンに関する真実について語り始めた。

2000年、ペナムスタンの内戦に特殊部隊の兵士として送り込まれた弟は、その時彼の部隊の少将であったジェイソンが行っていたウイルス実験の過程で、Tウイルスを投与された。ジェイソンは、製薬会社である「トライセル」と結託しており、彼女の弟を実験の材料にしたのだ。こうしてB.O.W.にされた弟は、内戦地域に放たれ、爆撃により四肢を失い、ジェイソンに救出される。ジェイソンもゾンビに噛まれて感染していたが、皮肉にも彼によりウイルスを投与された弟がジェイソンのために抑制剤を分け与えたことで、ゾンビにならずに済んでいたのである。その代わりに弟はゾンビ化。弟以外の特殊部隊の隊員もゾンビに噛まれて抑制剤なしではゾンビ化する身体となり、これに目をつけたウィルソンに抑制剤の提供と引換えに手先として扱われるようになる。バイオテロを利用して製薬業で莫大な利益を上げようとするウィルソンや「トライセル」の手先となることで尊厳を傷つけられ、抑制剤なしでは生きていけない自分の未来に絶望した「マッドドッグス」隊員は、ウィルソンを除き全員が自殺していたのだった。

そして、ジェイソンの真の目的は、ホワイトハウスへの不正アクセス調査を口実に上海にあるシェンメイの祖父の屋敷を捜査し、彼女の弟の身体に埋め込まれたデータチップを回収してウィルソンの悪事を暴露することにあった。彼女は弟の人生を奪ったジェイソンを恨みながらも、黒幕であるウィルソンを凋落させるという目的意識を持つ彼と利害が一致したことで彼の作戦に荷担したのだった。彼女が真相を語る中、屋敷はジェイソンの攻撃を受け、業火に包まれる。レオンはシェンメイを連れて焼け落ちる屋敷から脱出するも、彼女の弟と祖父は取り残されてしまった。

ジェイソンの最期

タイラントと化したジェイソンに対抗すべく、ロケットランチャーを装備するレオン。

一方、独自に「マッドドッグス」隊の元兵士達を追っていたクレアは、隊長を除いてその全員が自殺していることを突き止め、ウィルソンを追及する。しかし、これを良く思わないウィルソンの部下に捕えられ、彼が支配する地下のB.O.W.研究施設で監禁されてしまった。ウィルソンはクレアに対し、「ペナムスタンにゾンビ戦士たちを配備し、抑制剤で巨額の富を得る」と自分の陰謀を語った。彼は「トライセル」と結託しており、ホワイトハウスを襲ったゾンビも彼の仕業だったのだ。しかし、そこに抑制剤を打たないことにより人間離れした体躯を持つ変異体タイラントと化したジェイソンが現れる。そして、彼はウィルソンに噛みついてウイルスに感染させた。彼の目的は、研究施設の真上で行われているペナムスタンに関する調印式に乱入し、怪物となった自分のおぞましい姿を白日の下にさらしてバイオテロの実態を明らかにするとともに、世界を恐怖に陥れることだと言う。

研究施設ではB.O.W.の脱走を検知したシステムが自壊シークエンスを作動させ、溶解液を流し込んで施設を破壊しようとする。そこへレオンとシェンメイがやってきた。シェンメイはウィルソンの陰謀を暴く鍵は揃っており、調印式に乱入する必要がないことを告げてジェイソンを説得しようと試みる。しかし、彼は彼女の説得に耳を貸さず、彼女の首の骨を折って殺すと、大統領演説が行われている調印式の場へと赴こうとする。これを阻止すべく、レオンはクレアを助けて、ジェイソンにロケットランチャーを放った。しかし命中せず、鉄筋を投げられて階下に落下。銃火器でジェイソンの右腕を吹き飛ばして抵抗するもむなしく、ジェイソンに頭を鷲掴みにされてしまった。しかし、なぜかジェイソンはレオンを解放した。その隙にレオンはレバーを下げ、今まで足場にしていたコンテナを落下させる。溶解液の中に落ちて解けていくジェイソンを尻目に、レオンはロープに捕まって窮地を脱出した。

調印式の後、ウィルソンはどこかの施設で「トライセル」の関係者と接触し、抑制剤を打つことに成功する。レオンはクレアからウィルソンの悪事の証拠となるチップを公開するよう頼まれるが、これを断った。「今度はお前が恐怖を拡散するのだ」と死ぬ間際のジェイソンに未来を託されていたレオン。しかし、「自分の手で決着をつける」とクレアに告げると、新たな任務へと赴いていった。

『バイオハザード:インフィニット ダークネス』の登場人物・キャラクター

最重要人物

レオン・S・ケネディ(Leon S. Kennedy)

本作の男性主人公。

声:ニック・アポストリデス(英語) / 森川智之(日本語)
アメリカ合衆国の大統領直属のエージェント。1998年に発生したラクーンシティのバイオハザード事件の生き残り。

クレア・レッドフィールド(Claire Redfield)

本作の女性主人公。

声:ステファニー・パニセロ(英語) / 甲斐田裕子(日本語)
バイオテロや薬害の被害者救済を目的とするNGO団体「テラセイブ」のメンバー。レオンと共に、1998年にラクーンシティで起きたバイオハザードの中を生き抜いた。

ジェイソン(Jason)

0zyorozuya39
0zyorozuya39
@0zyorozuya39

Related Articles関連記事

レオン・S・ケネディ(バイオハザード)の徹底解説・考察まとめ

レオン・S・ケネディ(バイオハザード)の徹底解説・考察まとめ

レオン・S・ケネディとはCAPCOM制作のサバイバルホラーゲーム『バイオハザードシリーズ』において登場する主人公の一人。21歳の時ラクーンシティの新人警察官として配属されるはずが、バイオハザードに巻き込まれて以降、長きに渡る過酷な戦いに身を置くようになる。弱い人々を守るため警察官になったという正義感に溢れる性格だが、シリーズが進むにつれクールな性格と任務中に大胆不敵な発言をする余裕さがでてきた。すば抜けた体術と銃火器の取扱の上手さを見せる。だが女運のなさはシリーズを通してないといわれている。

Read Article

バイオハザードシリーズの都市伝説・豆知識・裏設定まとめ

バイオハザードシリーズの都市伝説・豆知識・裏設定まとめ

ゾンビに支配された町からの脱出を目指す人気アクションゲーム『バイオハザード』シリーズには、様々な都市伝説や豆知識、裏設定が存在する。 世界観のモデルとなった古典ゲーム『スウィートホーム』。ゾンビ化ウイルスへの抗体の設定。ロード時間対策として取り入れられた扉が開く演出。多摩川で無断撮影されたOPの実写映像。ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロが撮影した2作目のCM映像。ここでは、『バイオシリーズ』シリーズの有名な都市伝説や豆知識、裏設定を紹介する。

Read Article

バイオハザード4(Biohazard 4)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード4(Biohazard 4)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード4』は2005年カプコンよりニンテンドーゲームキューブ用ソフトとして発売されたゲームである。バイオハザードシリーズ第6作目にあたり、2作目の登場人物であるレオン・S・ケネディが中心になっている。ラクーンシティ崩壊から6年後のヨーロッパにある辺境の村が舞台となり、合衆国エージェントになったレオンが行方不明になった大統領の娘アシュリーの捜索と脱出が今作の主軸となっている。

Read Article

バイオハザード6(Biohazard 6)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード6(Biohazard 6)のネタバレ解説・考察まとめ

2012年にCAPCOMより発売された、バイオハザードシリーズのナンバリングタイトル6作目であり、前作の「バイオハザード5」以来、約3年ぶりの発売となった。進化を続けるバイオテロによって崩壊していく様子を描いた今作では、4つの異なるストーリーから成り、非常に内容の濃い作品となっている。 レオン、クリス、シェリーは新たなパートナーと共に世界各地で勃発するバイオテロを収束させるために命を懸けて戦う。

Read Article

バイオハザード7 レジデント イービル(Biohazard 7)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード7 レジデント イービル(Biohazard 7)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード7 レジデント イービル』とは、2017年1月26日にカプコンよりPlayStation4、PlayStationVR、XboxOne、PC用に発売されたサバイバルホラーゲームである。行方不明となった妻のミア・ウィンターズを探しているイーサン・ウィンターズを主人公とし、舞台であるバイオハザード化したベイカー邸からの脱出が今作の主軸となっている。

Read Article

バイオハザード リベレーションズ2(バイオリベ2)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード リベレーションズ2(バイオリベ2)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザードリベレーションズ2』とは、2015年3月19日にカプコンより発売されたサバイバルホラーゲーム。 スパイ容疑で孤島に収監されたクレアは脱出するために、単身孤島にやって来たバリーはクレアと同じく収監された娘のモイラを救出するために、それぞれを操作して孤島からの脱出と捜索が今作の目的となっている。

Read Article

バイオハザード リベレーションズ(バイオリベ1)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード リベレーションズ(バイオリベ1)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード リベレーションズ』とは、2012年1月26日にカプコンより発売されたホラーアクションゲーム。今作は、「バイオハザード4」と「バイオハザード5」の間に起きた事件で、外伝的な位置づけである。捜査中に消息を絶ったクリス・レッドフィールドを救出するために、ジル・バレンタインは地中海上に漂流する豪華客船「クイーン・ゼノビア」に潜入するが、そこで新たな陰謀に巻き込まれていく。

Read Article

バイオハザード(Biohazard)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード(Biohazard)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード』とは、カプコンより1996年に発売されたサバイバルホラーゲーム。タイトルには「生物災害」という意味があり、それを筋としストーリーが展開される。日本国外のタイトルである『Resident Evil』は、「内に潜む悪(害悪)」という意味を持ち、後のサバイバルホラーとしてのジャンルを生み出した先駆品としても高く評価された作品である。プレイヤーは2人の主人公のどちらかを選び、任務の末迷い込んだ洋館で様々な謎を解き、クリーチャーと呼ばれる怪物たちと戦いながら脱出を試みる。

Read Article

バイオハザード2(Biohazard 2)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード2(Biohazard 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード2』とは、1998年にカプコンよりプレイステーション用として発売されたホラーアクションアドベンチャーゲーム。バイオハザードシリーズ」の第2作目で、前作の「洋館事件」から2ヶ月後の設定となっており、舞台は閉鎖的な洋館からラクーンシティの市街地に変わっている。新人警官のレオン・S・ケネディと女子大生のクレア・レッドフィールドを操作して、生物災害に見舞われたラクーンシティを脱出するのが目的。シリーズ初のザッピングシステムが導入され、主人公2人で4つのシナリオを楽しめるようになった。

Read Article

バイオハザード3 LAST ESCAPE(Biohazard 3)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード3 LAST ESCAPE(Biohazard 3)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード3 LAST ESCAPE』は1999年カプコンよりplaystation用ソフトとして発売されたゲームである。バイオハザードシリーズの3作目にあたり、1作目の登場人物であるジル・バレンタインが中心になっている。1作目で起きた生物災害「洋館事件」の2ヵ月後のラクーンシティが舞台となり、圧倒的強さを誇るクリーチャー「追跡者(ネメシス)」からの逃亡と対峙が今作の主軸となっている。

Read Article

バイオハザード5(Biohazard 5)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード5(Biohazard 5)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード5とは、1996年に第1作目がカプコンより開発・発売されてから続いているシリーズの第7作目(ナンバリング外含む)。 TPS(三人称)視点のバイオアクションゲーム。 今作の舞台は、バイオテロの恐怖に晒されているアフリカ。 闇取引があるとの情報を手に入れた主人公クリスは、新たな相棒シェバと共に、密売人リカルドを確保しようとするが、新たな生物兵器「ウロボロス」との戦いが待っていた。

Read Article

バイオハザード ヴィレッジ(Biohazard Village)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード ヴィレッジ(Biohazard Village)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード ヴィレッジ』(Biohazard Village)は、カプコンより発売されたサバイバルホラー作品である。シリーズ本編としては8作目で、タイトルロゴも8作目を意味するローマ数字の「VIII」が重ねられる形で強調されている。『バイオハザード7』主人公イーサン・ウィンターズが引き続き主人公であり、前作では失踪した妻のミーアを探す物語だったが、今作は攫われた娘のローズマリーを取り戻すための物語になっている。そのため作品のテーマは"家族の絆"になっている。イーサンの物語の完結編。

Read Article

バイオハザード コード:ベロニカ(CODE: Veronica)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード コード:ベロニカ(CODE: Veronica)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード コード:ベロニカ』とは、2000年2月3日にカプコンよりドリームキャスト用として発売された「バイオハザードシリーズ」第4作目のホラーアクションアドベンチャーゲームである。 今作は孤島ロックフォートに収容された妹のクレア・レッドフィールドと、クレアを救出しに来た兄のクリス・レッドフィールドの兄妹が主人公である。バイオハザードが起きた孤島からの脱出と救出が今作の主軸となっている。

Read Article

バイオハザード RE:3(Biohazard RE:3)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード RE:3(Biohazard RE:3)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード RE:3』とは、2020年4月にCAPCOMから発売されたサバイバルホラーゲーム作品で、1999年に発売された『バイオハザード3 LAST ESCAPE』のリメイクとなっている。そして2019年に発売された『バイオハザードRE:2』に続く「RE」シリーズ2作目となっている。ラクーンシティで起きた生物災害(バイオハザード)の真相を明らかにすべく、原作ゲーム1作目の主人公ジル・バレンタインが追跡者から逃げながらラクーンシティを脱出するというストーリーだ。

Read Article

バイオハザード RE:2(Biohazard RE:2)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード RE:2(Biohazard RE:2)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード RE:2』とは、2019年1月にカプコンから発売されたサバイバルホラーゲーム作品で、1998年に発売された『バイオハザード2』のリメイク版である。話の大筋に大きな変更はないが、主人公関係者の物語は大幅に変更された箇所もあった。ゾンビが溢れかえる街から脱出することを目的に、新米警察官のレオン・S・ケネディ目線と、失踪した兄を探しにやってきた女子大生のクレア・レッドフィールド目線、2人の主人公の物語が描かれる。よりリアルなゾンビやサバイバルホラーを体験出来るようになった。

Read Article

バイオハザードII アポカリプス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザードII アポカリプス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザードII アポカリプス(Resident Evil: Apocalypse)は2004年のホラー・アクション映画。前作で猛威を振るったゾンビ化ウイルスが市街地へと広がり、生存者たちが決死のサバイバルを繰り広げる様を描く。前作の主演ミラ・ジョボビッチが続投しているほか、本作からはゲームキャラクターをモデルにした人物も登場する。

Read Article

バイオハザード(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード』 (Resident Evil) は、2002年に公開されたホラー・アクション映画。生物を死に至らしめ凶暴化させて蘇らせる生物兵器T-ウイルスが暴走した地下研究所で、主人公たち特殊部隊員が死闘を繰り広げる様を描く。日本の有名ホラーゲームを原作としている本作の大ヒットから、現在までに6作目まで続編が製作されている。

Read Article

バイオハザードIV アフターライフ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザードIV アフターライフ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザードIV アフターライフ』とは、2010年に公開されたポール・W・S・アンダーソン監督によるホラーアクション映画。 カプコンから発売された大ヒットゲーム『バイオハザード』の実写映画の第4作目の作品となる。ウイルス感染により荒廃した世界を舞台にアリスの死闘を描いており、同シリーズ3作目から1年後の『アフターライフ』では、原作ゲーム『バイオハザード5』からのオマージュ要素が多い。ゾンビ映画の中でも世界的に影響を与え、スリル満点のアクションや、ストーリーの充実度が注目を集めている。

Read Article

バイオハザードV リトリビューション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザードV リトリビューション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザードV リトリビューション』とは、2012年に公開されたホラーアクション映画であり、『バイオハザードシリーズ』の第5作目となる作品である。監督はポール・W・S・アンダーソン。今作では、シリーズ第1作に登場したアンブレラ社の特殊部隊レイン、ジル・バレンタインたちが再登場する他、レオン・S・ケネディ、エイダ・ウォンなどのゲームの人気キャラクターも続々登場する。 アリス・アバーナシーは謎の研究施設に囚われていた。多数のアンデッドからから追跡される中、研究施設から脱走しようとする。

Read Article

バイオハザードIII(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザードIII(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「バイオハザードIII(Resident Evil: Extinction)」は主演ミラ・ジョヴォビッチ、監督ポール・W・S・アンダーソンで2007年に公開されたホラー・アクション映画。文明が崩壊した世界を舞台に主人公アリスの戦いを描いている。アンデッドやクリーチャーなどこれまでのホラーらしい要素だけでなく、本作からはSF色も強い世界観となった。

Read Article

バイオハザード(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード』(ドラマ)とは、Netflixで配信されているサバイバルホラーアクションドラマ。同名の人気ホラーアクションゲームを原作としている。2022年と2036年の二つの時間軸で展開されるオリジナルストーリーであり、原作ゲームシリーズや映画版とは異なる独自の世界観の下で描かれている。Tウイルスの蔓延により世界が2022年に終わりを迎える。それから十数年が経ち、アルバート・ウェスカーの娘ジェイド・ウェスカーは凶暴なクリーチャーを躱しながら、この大惨事を招いた責任者に鉄槌を下すと心に誓う。

Read Article

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』とは、カプコンが発売したホラーサバイバルゲーム『バイオハザード』を原作とした実写映画である。この映画はゲームシリーズ『バイオハザード』と『バイオハザード2』をリブートした作品となっており、ゲームでお馴染みのクレア、クリス、レオン、ジル、ウェスカーなどのキャラクターやゾンビなどのクリーチャーも数多く登場している。作品を手掛けるのはホラー・スリラー映画監督であるヨハネス・ロバーツである。

Read Article

バイオハザード0(Biohazard 0)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード0(Biohazard 0)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード0』とは、2002年11月にカプコンからニンテンドーゲームキューブ用ソフトとして発売された『バイオハザードシリーズ』の第5作目となるホラーアドベンチャーゲームである。 今作はシリーズ第1作目となる『バイオハザード』の前日に起こった事件を描いている。ラクーン市警特殊部隊の新人レベッカ・チェンバースと護送中の死刑囚ビリー・コーエンが、この作品の主人公である。2人は協力しあいゾンビやクリーチャーがはびこる列車からの脱出を図る。

Read Article

バイオハザード RE:4(Biohazard RE:4)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード RE:4(Biohazard RE:4)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード RE:4』は2023年3月24日にカプコンからPS5、PS4、Steam用ソフトとして発売されたゲームである。2005年に発売された『バイオハザード4』のリメイク作品であるとともに、2020年に発売された前作『バイオハザードRE:3』から続く『REシリーズ』3作目である。"アンブレラ事件"から6年後、アメリカ政府のエージェントとなった主人公レオンは、大統領令嬢であるアシュリーを奪還すべく、スペインのある村を訪れる。

Read Article

【バイオハザードシリーズ】クリーチャーまとめ(B.O.W.、イレギュラーミュータント、タイラントタイプ、E型特異菌など)【BIOHAZARD】

【バイオハザードシリーズ】クリーチャーまとめ(B.O.W.、イレギュラーミュータント、タイラントタイプ、E型特異菌など)【BIOHAZARD】

【バイオハザードシリーズ】には多くのクリーチャーが登場する。クリーチャーは人為的に作られた成体兵器B.O.W.や、偶発的に生まれたクリーチャーであるイレギュラーミュータントなど様々な種類が存在する。代表的なのは初代『バイオハザード』から登場する「ハンター」、犬がウィルスによって変異した「ケルベロス」などだ。また感染したウィルスや菌によってもッ種類が異なり、G-ウィルスに感染したG生物や、プラーガというB.O.W.から生まれたプラーガ応用型など、その種類は多岐に渡る。

Read Article

【バイオハザードシリーズ】登場人物・キャラクターの登場作品、プロフィール・人物像まとめ【BIOHAZARD】

【バイオハザードシリーズ】登場人物・キャラクターの登場作品、プロフィール・人物像まとめ【BIOHAZARD】

【バイオハザードシリーズ】に登場するキャラクターはそれぞれが過去に悲惨な出来事に直面していたり、重たい使命を背負っていたりして、一人一人が非常に魅力的で個性が際立っている。そのため、主要な人物のみならず脇役や敵キャラクターに対して愛着が湧くプレイヤーも少なくない。ここではそんなバイオハザードシリーズに登場するキャラクターを登場作品やプロフィール・人物像をまとめた。

Read Article

【バイオハザードシリーズ】クリーチャー、B.O.W.、G生物などボス画像まとめ【Biohazardシリーズ】

【バイオハザードシリーズ】クリーチャー、B.O.W.、G生物などボス画像まとめ【Biohazardシリーズ】

流出したウィルスなどによってもたらした災害に望まずして巻き込まれた人々の決死のサバイバルを描く『バイオハザードシリーズ』では多くのクリーチャーが登場する。いずれもグロテスクでタフであり、中には一度倒しても変異して再登場を果たすボスまで存在する。元となる生き物は動物や植物、人間など様々。多くの場合は原型が残っているが、変異を重ねるごとにより化物じみていく。ここではそんな『バイオハザードシリーズ』に登場するボスをまとめた。

Read Article

《閲覧注意》Youtuber兄者弟者さん「極限の緊張感を味わえる《でも笑える》ホラー動画集」

《閲覧注意》Youtuber兄者弟者さん「極限の緊張感を味わえる《でも笑える》ホラー動画集」

チャンネル登録者数が100万人を突破するなど、大人気Youtuberである兄者弟者さん。今回はそんな兄者弟者さんの数多くある動画の中でも人気のある、ホラー動画に注目。このホラー動画は他の方とは異なり「極限の緊張感を味わえ、そしてなぜか笑えてしまう」のです。それは何十年も前のゲームから最新のものまで、プレイ人数も単身から複数人と、まさに多種多様です。※ホラー動画などが苦手な方は、ご注意ください。

Read Article

【バイオハザード】登場する銃・ナイフなどの武器 画像まとめ一覧【BIOHAZARD】

【バイオハザード】登場する銃・ナイフなどの武器 画像まとめ一覧【BIOHAZARD】

【バイオハザード】はウィルスなどに感染し、クリーチャーとなった生き物と戦う「サバイバルホラー」だ。クリーチャーと戦うことから、様々な銃、ナイフなどの武器が登場する。現実世界にある武器から、バイオハザードの世界で作られた、クリーチャーに対して非常に有効な武器などがあり、シリーズを経るごとに武器は増えていく。ここではクリーチャーたちと戦う主人公たちが持つ武器をまとめてみた。

Read Article

【バイオハザードシリーズ】美女・美人な登場人物・キャラクター画像まとめ【Biohazard series】

【バイオハザードシリーズ】美女・美人な登場人物・キャラクター画像まとめ【Biohazard series】

『バイオハザードシリーズ』はウィルスや菌に感染したクリーチャーと戦う「サバイバルホラー」だ。タフなクリーチャーと戦う女性の登場人物・キャラクターは逞しくありながらも非常に美しく、魅力的である。プレイヤーの中には「ホラーは苦手だがシリーズに登場するジル・バレンタインやエイダ・ウォンたちが好きだからプレイする」という人もいるほど。ここではそんな美しい戦う女性登場人物・キャラクターを紹介する。

Read Article

【バイオハザード】アンブレラ社に人生を狂わされた「悲しき悪役」リサ・トレヴァーまとめ【Biohazard】

【バイオハザード】アンブレラ社に人生を狂わされた「悲しき悪役」リサ・トレヴァーまとめ【Biohazard】

『バイオハザード』のリメイクにおいてリサ・トレヴァーというクリーチャーが追加された。見た目は頭に人間の顔の皮を繋いだデスマスクを被り、手足に枷を付けた成人女性といったおどろおどろしいものだが、彼女はウィルス兵器を開発するアンブレラ社によって人体実験を繰り返された被害者である。度重なる人体実験によりもはや自我もほぼなく、両親を探して洋館を彷徨うだけになってしまった彼女の悲惨な境遇について記述する。

Read Article

レオン・S・ケネディ(バイオハザード)の徹底解説まとめ【モデルや声優も!】

レオン・S・ケネディ(バイオハザード)の徹底解説まとめ【モデルや声優も!】

レオン・S・ケネディは『バイオハザードシリーズ』の登場人物・キャラクターで、『バイオハザード2』では主人公を務めた。正義感にあふれ、ラクーンシティの事件ではバイオハザードに巻き込まれながら生還者の救出にあたった。ここではそんなレオンの人物像や来歴・活躍、レオンの声優やモデルとなった人物についてまとめた。

Read Article

目次 - Contents