【FAIRY TAIL】魔女の罪(クリムソルシエール)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「魔女の罪(クリムソルシエール)」は元「悪魔の心臓」のメンバーのウルティアとメルディ、脱獄したジェラールが設立した独立ギルドであり、「自らの犯した過ちを一生かけて償う」という贖罪を活動目的としている。

ジェラール・フェルナンデス

出典: neoapo.com

声 - 浪川大輔

エルザと同じく、「楽園の塔」で奴隷として働かされていた青い髪の美青年。

服の左胸に黄色の紋章がある。

元は正義感溢れる少年で、奴隷を解放するよう反乱を起こし、捕らえられたエルザを救出するために身代わりとして捕えられるが、そこで伝説の魔導士・ゼレフ(を騙ったウルティア)の洗脳を受けて乱心。

後に自身に逆らったエルザを外界に放つことと引き換えに、奴隷仲間達を人質に8年間、楽園の塔建設に注力した。

出典: ja.wikipedia.org

その目的はRシステムを発動させてゼレフを蘇らせることであり、目的遂行のためには手段を選ばない。

元は仲間だったショウ達を騙していただけでなく、ブレインなどの闇ギルド関係者とも関係を持っていた。

自分の思念体であるジークレインを評議院に潜り込ませて楽園の塔にエーテリオンを撃つよう誘導したり、Rシステム発動のためにエルザを生贄にしたりしたが、最後はエーテリオンを吸収したナツのドラゴンフォースの力の前に敗れる。

楽園の塔の崩壊と共に生死不明となるが、エーテルナノの影響を受けながらも一命は取り留めており、ニルヴァーナの在り処を知っていたことからその奪取を目論む六魔将軍に保護されていた。

ブレインの策略によりウェンディの魔法で蘇生されるが、エルザの名前以外の一切の記憶を失っていた。

自分が犯したとされる過ちを正そうとナツ達に協力したが、その後楽園の塔事件の罪を問われ新生評議院に逮捕され、エルザに別れを告げた。

出典: ja.wikipedia.org

その後、牢の中で記憶を取り戻し、ウルティアの手引きにより脱獄。正規でも闇でもない独立ギルド「魔女の罪」を作り活動している。

エルザに特別な感情を抱いているようだが、再会した際に婚約者がいると嘘を付いた。

大魔闘演武にはナツ達に調査を依頼する一方でマカロフに交渉し、ミストガンに変装し「妖精の尻尾」Bチームとして参戦する。

しかしミストガンの正体を知っていたドランバルトに目をつけられてしまい、チーム再編後は身を隠し情報収集に専念している。

大会後はドランバルトとラハールに接触し、竜討伐のためにコブラの解放を頼んだ。

事件後は老婆となったウルティアから手紙を預かり、ドランバルトからも見過ごされた。

出典: ja.wikipedia.org

出典: pbs.twimg.com

ウルティア・ミルコビッチ

出典: neoapo.com

声 - 沢城みゆき

元は「悪魔の心臓」の一員で、「煉獄の七眷属」のリーダー。

グレイの師であるウルの娘。背中に紋章がある。

幼い頃、母と別れて違法な魔法研究施設に入れられ、そのことから母を恨み続けていた(それ故に名前を「ウル」と略され、母と同じように呼ばれることを嫌う)。

しかし、本心では「『時のアーク』で時間を巻き戻し、母を恨む前に戻りたい」という願望があり、それを叶えるために大魔法世界を望んでいた。

物語当初は若手の評議院検証魔導士として振舞っていたが、評議院から「悪魔の心臓」への注目を逸らす為のスケープゴートとすべく物語開始の8年前からジェラールを洗脳し、彼が楽園の塔事件を起こすよう仕向けた。

一方でガルナ島ではザルティ(声 - 荻野晴朗)という男性に変身してリオンに接触し、デリオラの力を横取りしようと協力していた。

出典: ja.wikipedia.org

出典: images.wikia.com

楽園の塔事件後は評議会を壊滅させギルドに戻り、S級試験の隙を突き天狼島に攻め込む。

ゼレフを自分だけのものにしようと企み、グレイを利用してハデスと相打ちにさせようとしたが、それをグレイ見抜かれてしまい彼と戦う。

ウルへの嫌悪から封じていた造形魔法も使って応戦するも敗れ去るが、戦闘中に海に落ちたことで母の記憶に触れ自分が確かに愛されていたことを知り涙した。

その後天狼島の天狼樹を元に戻した後メルディと共に島を去る。

その際にメルディに自分のした仕打ちを詫びて、海に身を投げ自決しようとしたが、全てを許したメルディに救われる。

出典: ja.wikipedia.org

その後は自分が犯してきた過ちを償うため、ジェラールを脱獄させ、仲間に加え「魔女の罪」を立ち上げる。

以前と比べて精神的に余裕が出来ており、ジェラールのエルザに対する想いに素直になるように指摘したこともある。

大魔闘演武に不穏な気配を感じ、ナツ達に接触し第二魔法源の開放を条件に調査を依頼した。

大会中はメルディと共に外から監視しているが、潜入したジェラールがボロを出さないよう裏工作もしている。

出典: ja.wikipedia.org

エクリプスにより竜が現れた際は人間側の劣勢を察し、ナツの意向に反し現在のローグの殺害を試みる。

しかし実行寸前に我に返り、同時に自分が「魔女の罪」結成以前と何も変わっていないことに絶望し、せめてエクリプスだけでも何とかしようと「ラストエイジス」を使用する。

結果巻き戻すことのできた時間は1分だけだったが、その1分の記憶は全ての人々にデジャヴとして引き継がれ、本来死亡するはずだったグレイを含めた多くの命を救った。

その後、魔法の代償として元の姿とかけ離れた老婆の姿となるが本人はそれを苦としておらず、残り僅かな命を独りで過ごすべくジェラールとメルディに別れを告げて、事実上「魔女の罪」を脱退する形になった。

また、マグノリアへと戻るナツ達を笑顔で見送ったが、グレイだけには正体と共に魔法で命を救ったことを気付かれた。

名の由来は「ウルの涙(tear)」から。

出典: ja.wikipedia.org

メルディ

声 - 後藤沙緒里

ピンク色の髪の物静かな少女。

ウルティアを「ウル」と呼んで慕っている。

マントに紋章がある。

元は「悪魔の心臓」の一員で、「煉獄の七眷属」の一人。

幼い頃に「悪魔の心臓」によって破壊された地の生き残りだった所をウルティアに引き取られる。

故に彼女を慕い、ウルティアの母・ウルを結果的に死なせたグレイのことを「ウルティアを悲しませた男」として殲滅最優先順位1位にしていた。

エルザとジュビアと交戦し、グレイへの想いから魔力が急激に上がったジュビアに挽回され、「マギルティ=センス」でグレイとジュビア、最終的には自らも連結させ命を絶とうとするが、自分を死なせまいと涙を流したジュビアと感情を共有してしまったことで戦意喪失した。

出典: ja.wikipedia.org

出典: neoapo.com

hy0101_F
hy0101_F
@hy0101_F

Related Articles関連記事

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ

『FAIRY TAIL』とは『週刊少年マガジン』で連載された真島ヒロによるファンタジー漫画及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」の問題児ナツとその仲間たちが依頼を受けて様々な問題を解決していく様子が描かれる。 登場する個性豊かな魔導士たちはそれぞれ特徴的な魔法を使うことができ、その種類は多岐にわたる。その迫力満点の魔法が『FAIRY TAIL』の魅力の1つといえる。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「FAIRY TAIL」は、2006年より「週刊少年マガジン」にて連載が開始された真島ヒロによる漫画作品。 一人前の魔導士を目指す少女「ルーシィ」はひょんなことから、炎を操りそして炎を食べる滅竜魔導士「ナツ」と出会い、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に加入することに。迫力的な魔法バトルと魔導士としての彼らの成長を描くファンタジー作品。「絆」を軸とした、心の熱くなるセリフの数々が魅力の一つである。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のネタバレ解説・考察まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のネタバレ解説・考察まとめ

『FAIRY TAIL(フェアリーテイル)』とは、真島ヒロが『週刊少年マガジン』で連載していた漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。累計発行部数は7200万部を記録しており、日本のみならず全世界で読まれている人気作品。 人々の生活に魔法が根付く世界で、立派な魔導士を目指すルーシィが、滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)のナツと出会い、最強の魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加入する。チームを組んだ2人が様々な仕事に挑む中での冒険と絆が描かれた、ファンタジー作品である。

Read Article

FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST』とは、真島ヒロによる漫画『FAIRY TAIL』の最終話の続きを描いた、スピンオフ作品である。ストーリーは真島、作画は上田敦夫が担当し、「マガジンポケット」にて連載している。主人公のナツ達が100年間誰も成し遂げた事がないといわれる、100年クエストに挑戦するストーリー。依頼内容は五神竜と呼ばれるドラゴンを封印すること。さらに「ドラゴンイーター」と呼ばれる、新たな勢力も現れ、三つ巴の戦いへと発展していく。

Read Article

FAIRY TAIL ZERO(ZERØ)のネタバレ解説・考察まとめ

FAIRY TAIL ZERO(ZERØ)のネタバレ解説・考察まとめ

『FAIRY TAIL ZERO(ZERØ)(フェアリーテイルゼロ)』とは、世界的な人気漫画『FAIRY TAIL』のスピンオフ漫画およびアニメである。原作者の真島ヒロが原作と並行して執筆し、『月刊 FAIRY TAIL マガジン』にて掲載された。魔導士ギルド・妖精の尻尾(フェアリーテイル)の初代ギルドマスターのメイビスを主人公としており、彼女の幼少期からの成長と、ギルドを結成に至るまでを描いたストーリー。『月刊 FAIRY TAIL マガジン』にて13話にわたって連載された。

Read Article

王室教師ハイネ(漫画・アニメ・舞台)のネタバレ解説・考察まとめ

王室教師ハイネ(漫画・アニメ・舞台)のネタバレ解説・考察まとめ

「王室教師ハイネ」とは、「赤井ヒガサ」による漫画作品。2017年にブリッジ製作でアニメ化。さらに同2017年ミュージカル化し、メインキャラ5人の役をアニメの声優陣がそのまま勤めた。主人公「ハイネ」は、グランツライヒ王国の国王「ヴィクトール」の勅令で、ヴィクトールの息子の4人王子「カイ」「ブルーノ」「レオンハルト」「リヒト」の王室教師になった。王子たちは一癖も二癖もある人物達なのであった。

Read Article

月が導く異世界道中(ツキミチ)のネタバレ解説・考察まとめ

月が導く異世界道中(ツキミチ)のネタバレ解説・考察まとめ

『月が導く異世界道中』とは著者・あずみ圭、イラスト・マツモトトミツアキによって執筆されたライトノベル、およびそれらをもとにしたアニメ作品である。ストーリーは日本にいる深澄真が突如異世界の女神によって勇者として呼ばれるが、見た目が酷いと言う理由で異世界の果てへ捨てられてしまう。その後、自分のいた世界の神である月読命から加護を受けて自由に生きることにする真。旅の道中、従者となる巴と澪。二人を引き連れていく先々でのトラブルを解決していく薄幸少年の異世界世直し物語である。

Read Article

FAIRY TAIL 鉄の森編から冥府の門編までの長編ストーリー&キャラクター達!

FAIRY TAIL 鉄の森編から冥府の門編までの長編ストーリー&キャラクター達!

最初の長編「鉄の森(アイゼンヴァルト)」編~「冥府の門(タルタロス)」編までのストーリーと、アニメオリジナルストーリー。 そして、そこに登場したキャラクター達を一気に紹介! 「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」メンバーがこれまでに、どれほどの強敵達との戦いを強いられてきたかのおさらいです!

Read Article

【FAIRY TAIL】歴代美女キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】歴代美女キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)とは、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に所属する魔導士たちが幾多の冒険を繰り広げる、真島ヒロによるアクション漫画。 作中では世界はおろか時間軸までをも超えた大冒険が描かれ、幾多の魅力的なキャラクターが物語に花を添えた。ここではその中でも人気の高い女性キャラクターを中心に紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】冥府の門(タルタロス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】冥府の門(タルタロス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中ではフェアリーテイル以外にも様々なギルドが登場する。その中でもバラム同盟の一角、冥府の門(タルタロス)と呼ばれる闇ギルドはほぼ全員がゼレフ書の悪魔・エーテリアスで構成されており、高い戦闘能力を持っている。ここではタルタロスに所属する登場人物・キャラクターを紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】主要な登場人物・キャラクターの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】主要な登場人物・キャラクターの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィなどが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。作中では多くの登場人物・キャラクターや魔法が登場し、ド派手なバトルが繰り広げられる。ここでは『FAIRY TAIL』の主要な登場人物・キャラクターの人物像や魔法を解説する。

Read Article

【FAIRY TAIL】竜(ドラゴン)の解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】竜(ドラゴン)の解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。主人公のナツは竜(ドラゴン)である「炎竜王」イグニールから滅竜魔法や言葉、文化を教わった。また作中ではアクノロギアと呼ばれる漆黒の竜がかつて国一つを滅ぼしたとされ、とても強大な存在として描かれている。

Read Article

【FAIRY TAIL】剣咬の虎(セイバートゥース)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】剣咬の虎(セイバートゥース)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「剣咬の虎(セイバートゥース)」はX791年時点においてフィオーレ王国最強のギルドと言われており、中でも滅竜魔導士のスティングやローグ、ミネルバといった面々は実力が高い。

Read Article

【FAIRY TAIL】名言・名セリフ集【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】名言・名セリフ集【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。フェアリーテイルの魔導士はギルドメンバーのことを家族と呼び、とても大切に思っている。だからこそ主人公のナツをはじめ、メンバーは仲間の身に危機が迫った時などには熱い言葉をかけることが多い。ここでは『FAIRY TAIL』の名言・名セリフを登場人物・キャラクターごとにまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】妖精の尻尾(フェアリーテイル)のS級魔導士、マスターの解説まとめ

【FAIRY TAIL】妖精の尻尾(フェアリーテイル)のS級魔導士、マスターの解説まとめ

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。ギルド「フェアリーテイル」にはS級と呼ばれる優れた魔導士が存在する。彼らは大変高い戦闘能力を誇り、主人公のナツですらS級のギルダーツには片手であしらわれる。ここではS級魔導士と、初代マスターであるメイビス、三代目マスターであるマカロフを紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】大鴉の尻尾(レイヴンテイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】大鴉の尻尾(レイヴンテイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中ではフェアリーテイル以外にも様々なギルドが登場する。大鴉の尻尾(レイヴンテイル)は「フェアリーテイル」の元メンバーであるイワン・ドレアーが組織したギルドであり、物語当初は闇ギルドだった。対「フェアリーテイル」に特化しており、大魔闘演武ではルーシィやグレイを苦戦させた。

Read Article

【FAIRY TAIL】青い天馬(ブルーペガサス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】青い天馬(ブルーペガサス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「青い天馬(ブルーペガサス)」は一夜という大変個性的な顔を持つキャラクターや美男美女が所属するギルドで、「フェアリーテイル」の主力が一時的に行方不明となった際は捜索に協力するなど、心根の良い者が多い。

Read Article

【FAIRY TAIL】アルバレス帝国の登場人物・キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】アルバレス帝国の登場人物・キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。物語の後半ではナツたちがいるイシュガル大陸の西にあるアルバレス帝国との戦争が描かれる。アルバレス帝国の皇帝はナツの前に幾度となく現れたゼレフ。ゼレフはアルバレス帝国ではスプリガンと名乗り、スプリガン12と呼ばれる精鋭部隊を率いている。

Read Article

【FAIRY TAIL】メイビス・ヴァーミリオンの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】メイビス・ヴァーミリオンの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。メイビス・ヴァーミリオンは「フェアリーテイル」の初代マスターの少女である。作中では思念体(幽霊)として登場し、カナに「妖精の輝き」を貸し与えたり、アクノロギアからの攻撃を「妖精の球」で守ったりなど、ギルドのメンバーを優しく導く姿が描かれる。

Read Article

【FAIRY TAIL】人気の女性登場人物・キャラクターランキング【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】人気の女性登場人物・キャラクターランキング【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。作中では多くの女性登場人物・キャラクターが登場し、その大半がスタイルのよい美人である。ここではセクシー、美人、かわいいキャラクターをランキング形式でまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】エルザ・スカーレットの鎧まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】エルザ・スカーレットの鎧まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。登場人物・キャラクターの一人であるエルザ・スカーレットは「騎士(ザ・ナイト)」という換装魔法により自身の武器や衣服を一瞬で変化させることができる。ここでは作中で登場した彼女の鎧をまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】蛇姫の鱗(ラミアスケイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】蛇姫の鱗(ラミアスケイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場し、作品を盛り上げている。「蛇姫の鱗(ラミアスケイル)」にはグレイの兄弟子であるリオンや偉大な魔導士として認定された「聖十大魔導」の一人、ジュラが所属している。

Read Article

【FAIRY TAIL】ゼレフ・ドラグニルとスプリガン12の解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】ゼレフ・ドラグニルとスプリガン12の解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。物語の後半では「フェアリーテイル」がある大陸イシュガルと、その西にあるアラキタシアの大陸に位置するアルバレス帝国との戦争が描かれる。アルバレス帝国は皇帝スプリガンを頂点とし、皇帝を守るスプリガン12という精鋭たちが存在する。皇帝スプリガンは、イシュガル大陸ではゼレフという名で知れ渡っている。

Read Article

【FAIRY TAIL】登場人物・キャラクターの強さランキング【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】登場人物・キャラクターの強さランキング【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。主人公のナツやS級魔導士のエルザやラクサスをはじめ、作中には高い戦闘能力を持った登場人物・キャラクターが多くおり、度々ファンの間でも「最強は誰か」ということが話題になる。ここでは『FAIRY TAIL』での強さランキングを独断で決めた。

Read Article

【FAIRY TAIL】人魚の踵(マーメイドヒール)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】人魚の踵(マーメイドヒール)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「人魚の踵(マーメイドヒール)」は女性だけの魔導士ギルドであり、見目が大変華やかである。エルザのかつての仲間であるミリアーナや、エルザと同郷のカグラなどが所属している。

Read Article

【FAIRY TAIL】雷神衆の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】雷神衆の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。「フェアリーテイル」には「雷神衆」というマスターの孫ラクサス・ドレアーの親衛隊がある。普段はこの3人で仕事に出ており、ギルドにいる時間は少ない。ラクサスを思う気持ちは強く、ラクサスが破門になった時は「一緒にやめる」とラクサスについていこうとした。ここではそんな「雷神衆」のフリード、エバーグリーン、ビックスローの3人を紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】ルーシィ・ハートフィリアのかわいい画像まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】ルーシィ・ハートフィリアのかわいい画像まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。ルーシィ・ハートフィリアは母譲りの金髪を持つ美少女で、登場人物・キャラクターの中では常識人であるがゆえにツッコミ役に回ることが多い。スタイルが良く表情が豊かで快活な性格ゆえか、読者からの人気も高い。

Read Article

【FAIRY TAIL】ゼーラの徹底解説・考察まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】ゼーラの徹底解説・考察まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。物語の終盤、アルバレス帝国という国と戦争になった際、メイビスの親友を名乗るゼーラという少女が登場し、ピンチになった「フェアリーテイル」のメンバーを助けてくれる。このゼーラとは何者なのか。ここではゼーラの正体を徹底解説する。

Read Article

【FAIRY TAIL】 妖精の尻尾(フェアリーテイル)の紋章の場所・色まとめ

【FAIRY TAIL】 妖精の尻尾(フェアリーテイル)の紋章の場所・色まとめ

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。ギルドに所属する者は体のどこかにそのギルドの紋章(ギルドマーク)を入れることが習わしとなっており、ギルドのメンバーは紋章を誇りに思っている場合が多い。どこに紋章を入れるかは自由であるようで、人によって位置や色が異なる。

Read Article

【FAIRY TAIL】ルーシィ・ハートフィリアの画像まとめ2【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】ルーシィ・ハートフィリアの画像まとめ2【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。物語はヒロインのルーシィ・ハートフィリアが「フェアリーテイル」に加入するところから始まる。ルーシィはヒロインであると同時にもう一人の主人公として描かれており、彼女の成長が作品の見どころでもある。

Read Article

目次 - Contents