神永新二(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

神永新二(かみなが しんじ)とは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、禍威獣特設対策室専従班の作戦立案担当官にしてウルトラマンをその身に宿す青年。
元公安課の刑事で、その職務上当然ではあるが前歴には明かされていない情報も多い。寡黙で実直、合理性を重んじる性格ながら、同時に自らを犠牲にしてでも弱者を救おうとする高潔な意志を併せ持つ。ウルトラマンが地球に来訪した際、その着地の衝撃から子供を守ろうとして命を落とすも、彼のこの行動がウルトラマンと人類の運命を変えていくこととなった。

神永新二のプロフィール・人物像

生年月日:1986年7月17日
血液型:A型
演:斎藤工

神永新二(かみなが しんじ)とは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、禍特隊(かとくたい)こと禍威獣特設対策室専従班(かいじゅうとくせつたいさくしつせんじゅうはん)の一員。禍特隊は日本各地に相次いで出現するようになった巨大敵性生物禍威獣(かいじゅう)の駆除のために作られた専門チームで、その中にあって作戦立案担当官を務めている。前歴は公安課の刑事で、その職務上当然ではあるが前歴には明かされていない情報も多い。
寡黙で実直、合理性を重んじる性格ながら、同時に自らを犠牲にしてでも弱者を救おうとする高潔な意志を併せ持つ。洞察力にも長け、初見の禍威獣の能力から「何者かに意図的に作り出された存在ではないか」と推理している。

ウルトラマンが地球に来訪した際、その着地で生じた衝撃波から守ろうと子供を庇い、瓦礫で頭を打たれて命を落とす。しかしこれに責任を感じ、同時に「自分より弱い者を命懸けで庇う」という彼の行動に興味を抱いたウルトラマンによって、“肉体を融合して命を共有する”という方法で救われることとなる。
作中の大半のシーンにおいて神永の意識は眠っているような状態にあるが、まったく意識がないわけではないらしく、ある場面では地球人に肩入れしすぎではないのかと問われたウルトラマンが「(自分と融合している)神永の意志だ」と答えている。

renote.net

神永新二の来歴・活躍

公安課から禍特隊へ

詳しい経歴は不明ながら、公安課の刑事として辣腕を振るっていた。しかしある時日本に禍威獣が出現し、その被害が日常化していく中、対禍威獣の専門チームが必要とされるようになる。リーダーの田村君男(たむら きみお)以下、非粒子物理学者の滝明久(たき あきひさ)と汎用生物学者の船縁由美(ふなべり ゆみ)が参加し、ここに作戦立案担当官として自身も加わることとなる。

自己犠牲と巨人との融合

地上に降り立つ銀色の巨人。この時の衝撃波から逃げ遅れた子供を守ろうとして、神永は命を落とす。

7体目の禍威獣であるネロンガが出現し、禍特隊の仲間たちと共に現地へと赴き対策を練る。滝も船縁も有効な効力法を見出せず考えあぐねる中、ネロンガの進行ルート上に逃げ遅れた子供がいることに気付き、これを救出に向かう。
しかしこの時、空から銀色の巨人が大地に降り立つ。その着地の際の衝撃波に飲み込まれ、咄嗟に子供を庇って頭部に瓦礫を受け、これが原因で命を落としてしまう。

銀色の巨人は「光の星」という天体からやってきた外星人で、何者かが人類発祥以前に地球に不法投棄していった生物兵器こと人類が禍威獣と呼ぶ存在を駆除することを目的としていた。全宇宙でも屈指の戦闘力と極めて高度な知性を併せ持つ銀色の巨人は、自分のミスで神永を死なせてしまったことに気付き、同時に彼が最後に見せた「自分より弱い者を命懸けで守る」という行動に興味を覚える。
あまりに強く賢いからこそ、銀色の巨人や外星人は“群れ”というものに依存しない生態を持っており、「自分を犠牲にして弱い生き物を救ったところで、その生き物が次の危機を乗り越えられる可能性は低い」と判断するのが常識だった。自分が死なせてしまった人間が、自身の認識では“無意味”でしかない行動を取ったことに興味と罪悪感を覚えた銀色の巨人は、「肉体を融合し、1人分の命を共有する」という方法で神永を救う。神永の意識は実質深い眠りについたような状態となり、銀色の巨人はその体を使って“地球人という生き物”と“神永が最後に見せた行動の意味”について学んでいく。

2人で1人の存在

外星人メフィラス(左)に対し、「神永自身の意志も自分を動かす原動力である」とウルトラマンは明言する。

銀色の巨人は禍特隊から「巨大人型生物ウルトラマン」と名付けられ、その正体と目的について様々なアプローチが試みられる。一方、普段は神永の体を使って活動するウルトラマンは、書物や禍特隊の仲間たちとの交流の中で少しずつ地球人について学び、彼らの「個々が弱く未熟だからこそ手を取り合い、社会という巨大な力を生み出す」という生態に魅せられていく。
やがてウルトラマンは、「未熟な知的生命体の保護」ではなく「良くも悪くも自分を魅了する地球人という生き物」のために戦うようになっていく。これはウルトラマン本人の意志だけでなく、彼の内で眠る神永の想いも影響していたらしく、外星人のメフィラスから「未熟な知的生命体(=地球人)に極端に肩入れするのは光の星の掟に反するのではないか」と指摘された際は「自分ではなく神永の意志だ」と反論している。

奇跡の生還

神永と融合したままウルトラマンが戦い続ける中、「地球人は生物兵器としての極めて高いポテンシャルを持つ」ことが判明。これを宇宙の新たな火種になりうると判断した光の星は、そうなる前に太陽系ごと地球人を滅ぼすことを決める。ウルトラマンはこれに反発し、光の星が用意した天体制圧用最終兵器ゼットンに単身挑むも、奮闘虚しく敗れ去る。
しかしウルトラマンから譲渡されたデータを滝を始めとする世界中の科学者が調べ上げ、ゼットンを撃破する方法を発見。それは太陽系を焼き尽くす一撃を放つ瞬間にゼットンをマルチバースに転移させ、自らの攻撃のエネルギーで破壊するというものだったが、実行できるのはウルトラマンだけで、さらに生還の可能性は皆無に等しかった。

ここに至るまでの戦いの中で自身の正体を明かしていたウルトラマンは、地球に生きる全ての人類を守るためにこの作戦の実行役となることを快諾し、禍特隊の仲間たちに「必ず帰る」と約束して再度ゼットンに突撃。見事に作戦を成功させ、ゼットンを破壊する。
自身も凄絶なエネルギーの本流に飲み込まれるも、仲間たちとの約束を守るために必死で足掻き、なんとかこれを生き延びる。光の星の同族でゼットンを運んできたゾーフィはこの戦果とそれを成した地球人の叡智に驚き、彼らを宇宙の新たな火種として消そうとしたのは誤りだったと認める。

なおも地球に留まり、今後も現れるだろう禍威獣や外星人から人類を守ることを望むウルトラマンだったが、ゾーフィから「我々が肩入れしすぎるのも地球人のためにならない」と諭される。もはや自分に満足に戦う力も残されていないことを理解したウルトラマンは地球を去ることを受け入れるも、「自分の命を神永に与えてほしい」とゾーフィに望む。それは自ら命を奪ってしまった神永への償いであり、同時に彼と地球人への敬意の表れでもあった。ゾーフィはこれを承諾し、2人を分離させた上で神永に命を与え、自身はウルトラマンの亡骸と共に光の星へと去っていく。
かくして神永は奇跡的な生還を果たす。地上で目覚めた彼が最初に見たのは、彼が約束を守ってくれたことを心から喜ぶ禍特隊の仲間たちの姿だった。

神永新二の関連人物・キャラクター

ウルトラマン/リピア

「光の星」という天体で生まれた外星人。ウルトラマンは地球人がつけた名称で、リピアが同族の間で使われる本名である。彼の一族は全宇宙でも屈指の戦闘力と科学力を併せ持ち、調停者として宇宙規模での活動を続けている。
外星人が不法投棄した生物兵器が地球で暴れていることに気付き、「未熟な知的生命体の保護」のためにこれを駆除しようと地上に降り立つ。その際に発生した衝撃波で意図せず神永の命を奪ってしまい、その際に彼が見せた「自分より弱い者を命懸けで守る」という行動に興味を抱く。罪悪感もあってか、“肉体を融合して1つの命を分け合う”ことで死にゆく神永を救い、以後は彼の体を利用して地球人のことを学んでいった。

融合中、神永の精神はほぼ眠りについたような状態にあり、普段は“神永の体をウルトラマンが動かす”形となっている。しかし神永の意識がまったく無いわけでもないらしく、「(今の自分を動かしているのは)神永の意志だ」とウルトラマンが明言するシーンも存在する。
最終的に神永に自分の命を与えて地球を去る。神永にウルトラマンと融合していた間の記憶がどれほどあるのかは不明である。

renote.net

浅見弘子(あさみ ひろこ)

ウルトラマンを専門的に調査するために禍特隊にやってきた新メンバー。彼に「巨大人型生物ウルトラマン」という名前をつけたのも彼女である。
神永と融合したばかりの頃のウルトラマンと仕事上のバディを組まされることとなり、人間の文化や生態のことを調べている真っ最中だった彼から「バディとは何か、群れとは何か」と珍妙な質問を投げかけられて頭を抱える。歯に衣着せぬ物言いでそれに答えることで交流を重ね、ウルトラマンともっとも強い信頼関係で結ばれた地球人となっていった。

renote.net

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シン・ウルトラマン』とは、脚本・庵野秀明、監督・樋口真嗣による、人類のために戦う異星人ウルトラマンと、その周囲の人々の活躍を描いた映画作品。日本を代表するクリエイターによる伝説的な特撮作品のリブートということで、公開前から大きな話題となった。 突如日本に出現し始めた巨大生物、禍威獣。その脅威に対抗するため結成された禍特隊の前に、銀色の巨人が現れる。ウルトラマンと名付けられたその巨人は禍威獣から人々を守るように振る舞い、禍特隊がその謎を追う一方、地球にはかつてない危機が迫っていた。

Read Article

シン・ウルトラマンの禍威獣まとめ

シン・ウルトラマンの禍威獣まとめ

禍威獣(かいじゅう)とは、『シン・ウルトラマン』に登場する敵性大型生物。ある時を境に日本各地に出現するようになり、多大な被害を生み出した。その姿は爬虫類のようなものから鳥に似たもの、巨大な植物まで多種多様。既存の生態系から完全に独立した生物であり、放射性物質を食べたり破壊光線を発したりと個々が地球の常識では考えられない能力を秘めている。 その正体は、外星人こと地球外の知的生命体が、人類発祥以前に後に日本となる土地に不法投棄していった生物兵器。日本にしか出現しないのもこれが理由である。

Read Article

天体制圧用最終兵器ゼットン(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

天体制圧用最終兵器ゼットン(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

天体制圧用最終兵器ゼットンとは、『シン・ウルトラマン』に登場する、一兆度もの火球を放ってその星系ごと天体を消滅させる光の星の兵器。元ネタは『ウルトラマン』の最終話に登場し、ウルトラマンを敗北に追い込んだ怪獣ゼットンである。 「地球人の生物兵器としてのポテンシャル」を“宇宙の将来的脅威”と判断した光の星の決定を受け、ゾーフィによって地球に持ち込まれる。同族たちの決定に1人反発したウルトラマンと戦い、これを造作も無く一蹴する強さを見せつけた。『シン・ウルトラマン』の実質的ラスボスである。

Read Article

ウルトラマン/リピア(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ウルトラマン/リピア(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ウルトラマン/リピアとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、同作の主役でもある巨大人型外星人。ウルトラマンは地球でつけられた名称で、リピアが同族間で用いる本名である。 禍威獣の出現に合わせて地球に来訪し、外星人の遺物であるこれらを撃破する。しかし初戦闘時にアクシデントから禍特隊の神永新二の命を奪ってしまい、“肉体を融合する”という方法で彼を救う。その後は普段は神永として行動しつつ、彼が見せた「自分より弱い者を命懸けで守る」という行動の意味を調べ、地球人について学んでいった。

Read Article

ゾーフィ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ゾーフィ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ゾーフィとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、ウルトラマンと同じ天体出身の外星人。 彼らの出身地は「光の星」と呼ばれており、個々の高い戦闘力と優れた科学力を用いて宇宙の調停者として振る舞っている。地球人の生物兵器としての高いポテンシャルが明らかとなった時、光の星はこれを“全宇宙の知的生命体にとっての将来的な脅威”と見なして滅ぼすことを決定する。そのために地球を訪れるも、なんとしても地球人を守らんとするウルトラマンと決裂。最後は地球人の生物兵器として以外の可能性を認め、地球を去った。

Read Article

メフィラス(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

メフィラス(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

メフィラスとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、地球に潜伏して暗躍する外星人。 腹黒い一方で、振る舞いは紳士的。ウルトラマンがやってくる前から地球で活動しており、自らを「外星人0号」と名乗って禍特隊に接触。地球人そのものが禍威獣や外星人の脅威に対抗する術を持つ必要があると説き、日本政府に対して技術供与を申し出る。しかし裏では地球人の潜在的な戦闘能力に目を付けており、これを生物兵器に仕立てて売りさばくことを計画していた。この陰謀を見抜かれて、ウルトラマンと敵対することとなる。

Read Article

浅見弘子(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

浅見弘子(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

浅見弘子(あさみ ひろこ)とは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、禍威獣特設対策室専従班の分析官。突如出現して禍威獣を撃破していった“銀色の巨人”の調査のために物語途中で禍特対に加わり、彼に「巨大人型生物ウルトラマン」という名称をつける。 頭脳明晰かつ明朗快活な才媛で、禍特対では新入りの立場ながら歯に衣着せぬ物言いで周囲に意見する。同僚の神永にウルトラマンが融合していることを知らないまま彼とバディを組み、“地球人とはどういう生き物か”のもっとも身近な実例として様々な気付きを与えていく。

Read Article

ザラブ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ザラブ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ザラブとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、地球人を「地球の害獣」と見なして絶滅させることを目論む外星人。 「体の前半分の皮膚以外が透明」という奇怪な姿をしている。電子機器を操る生体器官を有しており、外見をまったく別のものに変える擬態能力を持つ。ウルトラマンこそは自身の計画の最大の障害だと判断し、禍特隊の神永新二と融合していた彼を監禁する一方、自身はウルトラマンの姿になって都市を攻撃。人類の間に疑念と互いへの敵意を植え付けて大戦争を巻き起こそうと画策した。

Read Article

ももいろクローバーZ(ももクロ)の徹底解説まとめ

ももいろクローバーZ(ももクロ)の徹底解説まとめ

「ももいろクローバーZ」とは、スターダストプロモーション所属のアイドル・グループ。2009年8月5日「ももいろパンチ」で「ももいろクローバー」としてインディーズ・デビューを飾る。結成当初は6人組だったが、2011年に早見あかりが脱退して5人組となり、「ももいろクローバーZ」として再始動。激しい振付のダンスを口パクなしの生声歌唱で魅せるひたむきなパフォーマンスを評価され、ミュージシャン・タレントからも多くの支持を得ている。

Read Article

【福山雅治】芸能人がタバコを吸ってる画像と銘柄まとめ!【藤原竜也 など】

【福山雅治】芸能人がタバコを吸ってる画像と銘柄まとめ!【藤原竜也 など】

俳優、女優、ミュージシャン、ジャニーズ、お笑い芸人とタバコを吸っている画像と愛煙している銘柄をまとめています。福山雅治や藤原竜也など人気芸能人ばかりなのでぜひ最後までご覧ください!福山雅治は、日本のシンガーソングライター、俳優。所属事務所はアミューズ。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。公式ファンクラブは「BROS.」。

Read Article

【犬猿の仲】意外な人物も!?芸能界の共演NGまとめ

【犬猿の仲】意外な人物も!?芸能界の共演NGまとめ

「あの人とこの人は犬猿の仲」という関係って、どこにでもありますよね。芸能界でもそれは同じで、様々な理由で「共演NG」とされる組み合わせは多数存在しています。何がきっかけで「この人ムリ」になるのかは人それぞれですが、華々しい世界にもそういったことがあるというのは視聴者としてはあまり知りたくないですよね…。

Read Article

実写版『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャスト、キャラ絵との比較画像、公式最新動画まとめ

実写版『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャスト、キャラ絵との比較画像、公式最新動画まとめ

福田雄一監督による実写版「銀魂」の続編が、2018年8月17日に公開されます。メインキャストは、万事屋の3人(小栗旬、菅田将暉、橋本環奈)真選組の3人(中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮)を初めとし、ほとんどが前作と同じ顔ぶれ。これに新たなキャストも加わった今作は、原作の人気長編である「真選組動乱篇」と、征夷大将軍徳川茂茂が登場する「将軍接待篇」を土台としたストーリー展開となることが発表されています。

Read Article

ウルトラマンなどの成田亨のデザインの世界

ウルトラマンなどの成田亨のデザインの世界

1966年に生まれ、今も作品が作られ続ける「ウルトラマンシリーズ」。「ウルトラマン」の初期シリーズで、ウルトラマンなどのデザインで作品を支えたのが、彫刻家・成田亨だ。ウルトラマンのみならず、怪獣、メカニック、コスチュームなど、成田亨のデザインワークスは古びないものだ。 そういった、成田亨のデザインを紹介したい。

Read Article

目次 - Contents