メフィラス(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

メフィラスとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、地球に潜伏して暗躍する外星人。
腹黒い一方で、振る舞いは紳士的。ウルトラマンがやってくる前から地球で活動しており、自らを「外星人0号」と名乗って禍特隊に接触。地球人そのものが禍威獣や外星人の脅威に対抗する術を持つ必要があると説き、日本政府に対して技術供与を申し出る。しかし裏では地球人の潜在的な戦闘能力に目を付けており、これを生物兵器に仕立てて売りさばくことを計画していた。この陰謀を見抜かれて、ウルトラマンと敵対することとなる。

メフィラス(シン・ウルトラマン)のプロフィール・人物像

演:山本耕史

メフィラスとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、地球に潜伏して暗躍する外星人(がいせいじん)。本来の姿は黒を基調とする細身の巨人で、左右の手にそれぞれ10本ずつ、合計で20本の指があるのが特徴。戦闘能力は非常に高く、宇宙の調停者たる光の星の戦士ウルトラマンと互角以上に渡り合った。
普段は飄々とした雰囲気の人間に擬態しており、物腰はごく紳士的。ことわざを多用し、居酒屋で食事を楽しむなど、禍特隊(かとくたい)こと禍威獣特設対策室専従班(かいじゅうとくせつたいさくしつせんじゅうはん)の神永新二(かみなが しんじ)と融合したウルトラマン以上に地球に馴染んでいる。

ウルトラマンがやってくる前から地球で活動しており、自らを地球側の外星人の呼称にならって「外星人0号」と名乗り禍特隊に接触。地球人そのものが禍威獣(かいじゅう)や外星人の脅威に対抗する術を持つ必要があると説き、日本政府に対して技術供与を申し出る。
しかし裏では地球人の潜在的な戦闘能力に目を付けており、これを生物兵器に仕立てて自身が独占管理することを計画していた。この陰謀をウルトラマンに見抜かれるも、「地球人にとっても自衛のための力は必要だ」と説明して共闘を提案。それができなくとも静観するよう要請した。地球人が自らの意志と力だけで成長していくことを望むウルトラマンはこれを拒絶し、敵対していくこととなる。

地球人を利用するつもりだったことは事実だが、一方で彼らに対して相当な愛着を抱いている。ウルトラマンとも当初は話し合いでの解決を試みたのも、「地球をありのまま残したい」という本心からの行動である。しかし自らの行動のせいで“地球人は宇宙的な脅威になりうる”と判断した光の星が地球を滅ぼすことを決定したことを悟るや、早々に地球を立ち去っており、ウルトラマンのように「命懸けでも地球人を守ろう」とまでは思っていなかったようである。

renote.net

メフィラス(シン・ウルトラマン)の能力

星間をも旅する高い科学力と、ウルトラマンにも匹敵する戦闘能力を持つ。
神永との融合の影響でエネルギー消費が激しくなったウルトラマンのスタミナ問題を突いて追い詰め、自らの戦略的勝利が望めなくなったと見るやあっさり戦闘を放棄して撤退するなど、常に冷静沈着に立ち回る。一方、科学力自体は光の星のものには一方劣るようである。

グリップビーム

拳から放つ光線。正面からの撃ち合いで互いに相殺するなど、ウルトラマンのスペシウム光線とほぼ同等の威力を持つ。

ベーターボックス

メフィラスが地球人に譲渡するつもりだった技術の中核的なアイテム。マルチバースへの扉を開き、ここに保存された物体や質量、エネルギーを自由に取り出すというもの。
ウルトラマンのベーターカプセルと機能は同じだが、彼のものが懐中電灯ほどのサイズなのに対して、ベーターボックスは大きめの座卓ほどの大きさで、光の星の科学力の高さを物語る存在ともなっている。

メフィラス(シン・ウルトラマン)の来歴・活躍

地球への来訪と雌伏の日々

いつのことなのか、きっかけがなんなのかは不明ながら、ウルトラマンがやってくる前に地球を来訪。自らの正体を隠し、地球人として生活しながら彼らを観察する。
その中で地球人の兵器としての非常に高いポテンシャルに気付き、これを戦力あるいは商品として独占する計画を思いつく。一方で食事などの地球の文化を楽しみ、彼なりに地球人への愛着を深くしていった。

禍威獣の出現

人類誕生以前にどこかの外星人が後に日本となる土地に不法投棄していった生物兵器が、環境汚染や自然破壊の影響で再起動。地球人はこれに「禍威獣」と名付け、大きな被害を出しながらも自らが開発した兵器を駆使してこれを撃破する。地球人の「兵器としてのポテンシャル」に目を付けていたメフィラスにとって、これは自身の計画のためのまたとない宣伝となった。
メフィラスは自身が禍威獣と関わっていることを暗に匂わせているが、それが「そもそも禍威獣を地球に不法投棄したのがメフィラス自身である」ということなのか、「地球人が独力で禍威獣を倒したことに気を良くして、休眠中だった個体まで蘇らせてけしかけた」ということなのか、「禍威獣によって地球人がダメージを受け過ぎないように陰から手を回していた」ということなのかは不明。

禍特隊とウルトラマンへの接触

禍威獣による猛威に地球人が立ち向かう中、宇宙の調停者たる光の星の戦士ウルトラマンが地球に来訪。“未熟な知的生命体”こと地球人を守るために活動を開始する。同時期に外星人ザラブが現れ、地球人を「この星の害獣」と見なして絶滅させんと画策するも、ウルトラマンによってこれを阻止される。
地球人が“禍威獣と外星人”という脅威を認識したところで本格的に活動を開始し、禍特隊の浅見弘子(あさみ ひろこ)を拉致。彼女から自我を奪った上で精神支配を施し、ベーターボックスの力で巨大化させる。この状態の浅見は禍威獣並みかそれ以上の戦闘能力を有しており、あえて地球人にそれを調べさせることでその力を知らしめる。

この上で禍特隊と日本政府の前に姿を表し、「地球人自体が禍威獣や外星人の脅威に対抗する力を持つべきだ」と主張。自らの技術供与を受けるよう提案する。日本政府はこれを受け入れ、メフィラスとの同盟締結に動き出す。
しかし実はメフィラスは、この時点で「地球人の生物兵器化」という計画について明確なプランを確立しており、日本政府への技術供与もその一環でしかなかった。同盟を結ぶにあたり、自身を上位存在と定義することを条件に盛り込んでいることにも、そんな裏の目的が垣間見える。

さらば地球と地球人

メフィラスの計画には、ウルトラマンという巨大な障害が存在していた。禍特隊の神永という地球人と融合していたウルトラマンは、メフィラスとはまた違う形で地球人への強い愛着を抱き、これを兵器化しようという彼の計画に反発。メフィラスはウルトラマンと直接接触し、「自分の計画には地球人側にもメリットがある」ことを主張。計画への協力、もしくは静観を要請する。
ウルトラマンは「地球人自身が禍威獣や外星人の脅威に対抗する力を持たなければならない」というメフィラスの意見は否定しなかったものの、そこに外星人の意志が加わることを良しとせず、提案を拒絶。未熟な知的生命体(=ここでいう地球人)にあまりに肩入れするのも光の星の掟に反するのではないかと指摘するが、ウルトラマンはこれに「自分と融合している神永の意志だ」と反論。交渉は物別れに終わる。

それでも、計画の要であるベーターボックスは普段マルチバースに格納してあるため、ウルトラマンにも手出しする術はないと見て計画を進めていく。果たして日本政府はメフィラスの提案を全面的に受け入れ、諸外国への牽制も含めて大々的な式典を開催する。
しかしこの場にウルトラマンと、彼が協力を要請した禍特隊の面々が乱入。かつてベーターボックスによる処置を受けた浅見の体臭をガイドにしてその場所を探り当て、これを奪取する。

メフィラスはこの暴挙に憤り、もはや話し合いでの解決は望めないと見て、自らも外星人としての本性を露わにする。直接決着をつけるべくウルトラマンと戦い、神永との融合の影響でスタミナに難がある彼を一時追い詰めるも、その中で光の星の使者が自分たちの戦いを観察していることに気付く。
ウルトラマン以外の光の星の戦士がこの場に現れるということは、かの星が地球の排除を決定したということだと気付き、これに逆らう術はないと判断。もはや地球に手に入れる価値は無いと見て、ウルトラマンとの戦いを中断。おとなしく地球を去る代わりにベーターボックスを返却するよう要求する。これを信じたウルトラマンからベーターボックスを受け取り、自らの言葉通り紳士的に地球を去っていった。

メフィラス(シン・ウルトラマン)の関連人物・キャラクター

ウルトラマン/リピア

光の星の戦士。地球で外星人の生物兵器が稼働していることに気付き、未熟な知的生命体の保護のためにここを来訪。その際、アクシデントで禍特隊の神永を死なせてしまい、これと融合することで彼を救う。以降は普段は神永の姿で行動し、彼が最後に見せた「自分より弱い者を命懸けで庇う」という行動の意味について学んでいった。
神永として行動する中で地球人という生き物への愛着を深めていき、「地球人自体が禍威獣や外星人に対抗する力を持たなければならない」という意見を否定しない一方、メフィラスの計画には断固反対の立場を取る。交渉が決裂した末に直接対決することとなるも、メフィラスが「戦う理由が無くなった、地球を去る」と言った時は素直にこれを信じている。ウルトラマンからしても、メフィラスは“気を許すことはできないが信用はできる”といった相手だったようである。

renote.net

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シン・ウルトラマン』とは、脚本・庵野秀明、監督・樋口真嗣による、人類のために戦う異星人ウルトラマンと、その周囲の人々の活躍を描いた映画作品。日本を代表するクリエイターによる伝説的な特撮作品のリブートということで、公開前から大きな話題となった。 突如日本に出現し始めた巨大生物、禍威獣。その脅威に対抗するため結成された禍特隊の前に、銀色の巨人が現れる。ウルトラマンと名付けられたその巨人は禍威獣から人々を守るように振る舞い、禍特隊がその謎を追う一方、地球にはかつてない危機が迫っていた。

Read Article

シン・ウルトラマンの禍威獣まとめ

シン・ウルトラマンの禍威獣まとめ

禍威獣(かいじゅう)とは、『シン・ウルトラマン』に登場する敵性大型生物。ある時を境に日本各地に出現するようになり、多大な被害を生み出した。その姿は爬虫類のようなものから鳥に似たもの、巨大な植物まで多種多様。既存の生態系から完全に独立した生物であり、放射性物質を食べたり破壊光線を発したりと個々が地球の常識では考えられない能力を秘めている。 その正体は、外星人こと地球外の知的生命体が、人類発祥以前に後に日本となる土地に不法投棄していった生物兵器。日本にしか出現しないのもこれが理由である。

Read Article

天体制圧用最終兵器ゼットン(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

天体制圧用最終兵器ゼットン(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

天体制圧用最終兵器ゼットンとは、『シン・ウルトラマン』に登場する、一兆度もの火球を放ってその星系ごと天体を消滅させる光の星の兵器。元ネタは『ウルトラマン』の最終話に登場し、ウルトラマンを敗北に追い込んだ怪獣ゼットンである。 「地球人の生物兵器としてのポテンシャル」を“宇宙の将来的脅威”と判断した光の星の決定を受け、ゾーフィによって地球に持ち込まれる。同族たちの決定に1人反発したウルトラマンと戦い、これを造作も無く一蹴する強さを見せつけた。『シン・ウルトラマン』の実質的ラスボスである。

Read Article

ウルトラマン/リピア(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ウルトラマン/リピア(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ウルトラマン/リピアとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、同作の主役でもある巨大人型外星人。ウルトラマンは地球でつけられた名称で、リピアが同族間で用いる本名である。 禍威獣の出現に合わせて地球に来訪し、外星人の遺物であるこれらを撃破する。しかし初戦闘時にアクシデントから禍特隊の神永新二の命を奪ってしまい、“肉体を融合する”という方法で彼を救う。その後は普段は神永として行動しつつ、彼が見せた「自分より弱い者を命懸けで守る」という行動の意味を調べ、地球人について学んでいった。

Read Article

ゾーフィ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ゾーフィ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ゾーフィとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、ウルトラマンと同じ天体出身の外星人。 彼らの出身地は「光の星」と呼ばれており、個々の高い戦闘力と優れた科学力を用いて宇宙の調停者として振る舞っている。地球人の生物兵器としての高いポテンシャルが明らかとなった時、光の星はこれを“全宇宙の知的生命体にとっての将来的な脅威”と見なして滅ぼすことを決定する。そのために地球を訪れるも、なんとしても地球人を守らんとするウルトラマンと決裂。最後は地球人の生物兵器として以外の可能性を認め、地球を去った。

Read Article

神永新二(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

神永新二(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

神永新二(かみなが しんじ)とは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、禍威獣特設対策室専従班の作戦立案担当官にしてウルトラマンをその身に宿す青年。 元公安課の刑事で、その職務上当然ではあるが前歴には明かされていない情報も多い。寡黙で実直、合理性を重んじる性格ながら、同時に自らを犠牲にしてでも弱者を救おうとする高潔な意志を併せ持つ。ウルトラマンが地球に来訪した際、その着地の衝撃から子供を守ろうとして命を落とすも、彼のこの行動がウルトラマンと人類の運命を変えていくこととなった。

Read Article

浅見弘子(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

浅見弘子(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

浅見弘子(あさみ ひろこ)とは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、禍威獣特設対策室専従班の分析官。突如出現して禍威獣を撃破していった“銀色の巨人”の調査のために物語途中で禍特対に加わり、彼に「巨大人型生物ウルトラマン」という名称をつける。 頭脳明晰かつ明朗快活な才媛で、禍特対では新入りの立場ながら歯に衣着せぬ物言いで周囲に意見する。同僚の神永にウルトラマンが融合していることを知らないまま彼とバディを組み、“地球人とはどういう生き物か”のもっとも身近な実例として様々な気付きを与えていく。

Read Article

ザラブ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ザラブ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ザラブとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、地球人を「地球の害獣」と見なして絶滅させることを目論む外星人。 「体の前半分の皮膚以外が透明」という奇怪な姿をしている。電子機器を操る生体器官を有しており、外見をまったく別のものに変える擬態能力を持つ。ウルトラマンこそは自身の計画の最大の障害だと判断し、禍特隊の神永新二と融合していた彼を監禁する一方、自身はウルトラマンの姿になって都市を攻撃。人類の間に疑念と互いへの敵意を植え付けて大戦争を巻き起こそうと画策した。

Read Article

ももいろクローバーZ(ももクロ)の徹底解説まとめ

ももいろクローバーZ(ももクロ)の徹底解説まとめ

「ももいろクローバーZ」とは、スターダストプロモーション所属のアイドル・グループ。2009年8月5日「ももいろパンチ」で「ももいろクローバー」としてインディーズ・デビューを飾る。結成当初は6人組だったが、2011年に早見あかりが脱退して5人組となり、「ももいろクローバーZ」として再始動。激しい振付のダンスを口パクなしの生声歌唱で魅せるひたむきなパフォーマンスを評価され、ミュージシャン・タレントからも多くの支持を得ている。

Read Article

【福山雅治】芸能人がタバコを吸ってる画像と銘柄まとめ!【藤原竜也 など】

【福山雅治】芸能人がタバコを吸ってる画像と銘柄まとめ!【藤原竜也 など】

俳優、女優、ミュージシャン、ジャニーズ、お笑い芸人とタバコを吸っている画像と愛煙している銘柄をまとめています。福山雅治や藤原竜也など人気芸能人ばかりなのでぜひ最後までご覧ください!福山雅治は、日本のシンガーソングライター、俳優。所属事務所はアミューズ。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。公式ファンクラブは「BROS.」。

Read Article

【犬猿の仲】意外な人物も!?芸能界の共演NGまとめ

【犬猿の仲】意外な人物も!?芸能界の共演NGまとめ

「あの人とこの人は犬猿の仲」という関係って、どこにでもありますよね。芸能界でもそれは同じで、様々な理由で「共演NG」とされる組み合わせは多数存在しています。何がきっかけで「この人ムリ」になるのかは人それぞれですが、華々しい世界にもそういったことがあるというのは視聴者としてはあまり知りたくないですよね…。

Read Article

実写版『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャスト、キャラ絵との比較画像、公式最新動画まとめ

実写版『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャスト、キャラ絵との比較画像、公式最新動画まとめ

福田雄一監督による実写版「銀魂」の続編が、2018年8月17日に公開されます。メインキャストは、万事屋の3人(小栗旬、菅田将暉、橋本環奈)真選組の3人(中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮)を初めとし、ほとんどが前作と同じ顔ぶれ。これに新たなキャストも加わった今作は、原作の人気長編である「真選組動乱篇」と、征夷大将軍徳川茂茂が登場する「将軍接待篇」を土台としたストーリー展開となることが発表されています。

Read Article

ウルトラマンなどの成田亨のデザインの世界

ウルトラマンなどの成田亨のデザインの世界

1966年に生まれ、今も作品が作られ続ける「ウルトラマンシリーズ」。「ウルトラマン」の初期シリーズで、ウルトラマンなどのデザインで作品を支えたのが、彫刻家・成田亨だ。ウルトラマンのみならず、怪獣、メカニック、コスチュームなど、成田亨のデザインワークスは古びないものだ。 そういった、成田亨のデザインを紹介したい。

Read Article

目次 - Contents