ドールズフロントライン(ドルフロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドールズフロントライン』とは、中国のサンボーンが開発しているスマートフォン用のゲームアプリである。民間軍事会社の指揮官であるプレイヤーは、第三次世界大戦により荒廃した近未来を舞台に、人工知能の反乱により襲い来る機械の兵士たちを撃退するため、銃の名前を冠する戦術人形と呼ばれる機械の少女を率いて戦うことになる。

通常

無地のアイコンで表示される。特に占領・通過することで発生する何かはない。
・所持資材を放棄しての部隊撤退ができる

ランダム

「?」マークが描かれたマス。
自軍部隊が通過するとランダムイベントが発生、その後は通常マスへ変化する。(敵軍や友軍支援部隊が通過してもイベントは発生しない)
イベント発生時のフレーバーテキストからもこの世界が荒廃し殺伐となっていることが読み取れる。
・資材の獲得または減少
・各種訓練資料の入手
・代用コアの入手
・増幅カプセルの入手
・敵部隊との戦闘
・戦術人形の入手

補給

箱のアイコンが描かれたマス。
自軍部隊が通過するといずれかの資材を獲得、その後は通常マスへ変化する。(敵軍や友軍支援部隊が通過してもイベントは発生しない)

レーダー

夜戦マップにのみ登場。レーダー基地をイメージしたアイコンが描かれたマス。
自軍占領下であればそのレーダーマスから2マスまでの視界を確保することができる。(部隊を常時配置しておく必要はない)それ以外は通常マスと同じ。
マップによっては、レーダーマスに侵入することでギミックが発動することがある。(敵の行動パターン変化、特定の敵の消滅、等)

臨時飛行場

「低体温症」より登場。マスの下に「●ターン後に開放」(通常時)、「1ターン後に閉鎖」(飛行場開放時)の表記があり、開放されていない時は通常マス、開放されている時は飛行場マスとして扱う。

補給ポイント

「低体温症」より登場。従来の「補給」マスと名前もアイコンも似ているため紛らわしいが、移動した際に資材の入手がなかったら「補給ポイント」マスだと思っていい。
このマスの上では占領下にある「空港」「司令部」同様に補給が可能である。(ただし1回のみ)占領せずに補給が可能なため、必要であればすぐに使った方が良い。また、自動補給設定がオンになっているとターン開始時に無駄な補給をしてしまうことがあるので補給の必要がない時は占領しないのもコツである。

一方通行

「ウサギ狩り作戦」より登場。通常の移動経路と違い、特定方向にしか移動できない。通常の経路が点線で表示されているのとは違い矢印状のマークで表示されており、その方向にのみ移動できる。「低体温症」では、敵司令部への通路が全て一方通行になっていて直接占領ができないマップがある。この場合は周囲のマスを抑えて包囲占領すること。

合流ポイント

「深層映写」より登場。司令部に似たアイコンであるが、補給や修復、出撃などは不可。
特定のマップに存在し、勝利条件として「補給線の維持」というものが設定されている。補給線の維持とは、合流ポイントから司令部までのマスが青(自軍占領状態)で連なっていることを指す。この状態を指定ターン数継続することで勝利となる。

防空陣地

「VA-11Hall-A」コラボより登場した敵施設。一定の射程と耐久を持ち、この施設の射程内にある飛行場および大型飛行場では自軍部隊の出撃や退却、修復、空挺妖精による部隊降下を行うことができない。占領による行動ポイント増加と補給だけは可能である。
重装部隊によって攻撃することが可能であり、攻撃により耐久が0になると破壊される。

廃棄されたゴリアテ

「VA-11Hall-A」コラボより登場。ゴリアテとはイベント「深層映写」より登場した鉄血の自爆型ユニットである。イベントでは廃棄された状態でオブジェクトとしてマップ上に配置されており、自軍部隊が回収した後に「使用」コマンドで投擲することで特定の地形オブジェクトを破壊可能となる。
イベント「連鎖分裂」では、鉄塔マスに配置されたゴリアテを制御パネルを使って不活性化させ、「廃棄されたゴリアテ」に変えるギミックが登場した。

防御ゲート / 制御パネル

「VA-11Hall-A」コラボより登場したマス。防御ゲートが設置されたマスは通常はゲートが閉じており、敵軍・自軍とも進入できない。制御パネルが設置されたマスで「ゲートを開く」を選択することで防御ゲートが開きそのマスに進入することができる。防御ゲートが設置されたマスに敵軍、または自軍の部隊が配置されている状態で制御パネルマスに入り「ゲートを閉じる」を選択すると、ゲート上の部隊を挟んでダメージを与えることができる。
イベント「連鎖分裂」では、複数の防御ゲートを制御できる制御パネルや鉄塔マスに配置されたゴリアテを不活性化させ「廃棄されたゴリアテ」へと変える制御パネルが登場した。

警戒・巡回システム

「VA-11Hall-A」コラボより登場。「警戒」状態の敵部隊は、特定範囲内のマスに自軍部隊が侵入するとそれを追跡してくる。しかし、その範囲外に出ると追跡を止める。また、「巡回」状態の敵部隊は一定の経路を移動し、経路上のマスに入った自軍部隊を追跡してくる。警戒状態や巡回状態から追跡に入った敵部隊には「!」マークが表示されているため、素早く警戒範囲や巡回経路から出て「!」マークが消えるのを確認する必要がある。

yuku_sakana
yuku_sakana
@yukusa_kana

目次 - Contents