ハチミツとクローバー(ハチクロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハチミツとクローバー』は羽海野チカにより宝島社、集英社に2000年から2006年にかけて連載された漫画作品。及びそこから派生するテレビアニメ、実写映画、テレビドラマである。「ハチクロ」という略称で親しまれる。
テレビアニメ第一期が2005年、第二期が2006年に放送された。
美術大学を舞台に、大学生達の報われない片思いや芸術への想いが描かれている。

『ハチミツとクローバー』のあらすじ・ストーリー

美大生である竹本祐太は、同じアパートに暮らす先輩の森田や真山とともに大学生活を送っていた。
大学一の「変人」、「問題児」として知られる森田は、時々突然姿を消したかと思うとある日憔悴しきった姿で大金を手に帰ってくるといった不可解な行動をとる。
しかしその事には触れず、竹本や真山に対しては常に傍若無人に振る舞い、周囲を振り回していた。
そんな森田だがクリエイターとして非常に優れた才能を持っている。竹本は彼の才能に対して劣等感を抱いているが、森田は竹本を弟のように可愛がっている。
真山は、恩師である花本修司の紹介で建築デザイン事務所で働き始める。そこの経営者である原田理花は交通事故で夫を失い、自らも後遺症で足に障害を抱えている。(以下「原田」とだけ書いてある場合は理花の夫のことを指す)
そんな彼女を慕う真山は、彼女を支えたい気持ちが膨らんでいき無様だががむしゃらに追いかけ続けていく。
真山に恋をする山田あゆみはその姿を見て傷ついていた。陶芸科所属のあゆみは才能と美貌を兼ね備え、周囲の男性からは引く手あまただが、どうしても真山に対する恋心を捨てられないでいる。その気持ちに対し、応える事はできないのだが「守りたい存在」として側に置いておきたいと考える真山は、自らの矛盾に葛藤する。その優しさが、あゆみの恋心を増長するとともに、傷つけてもいた。
そんな仲間たちに囲まれている日々の中、ある日竹本は一人の見知らぬ少女に一目ぼれしてしまう。その少女は、竹本達の通う大学の美術史教師である花本の従兄妹、花本はぐみだった。
彼女はおとなしく口数も少ないが、芸術に関する圧倒的な才能をもっていた。森田も次第にはぐみに興味を持ち、やがて愛するようになる。森田とはぐみ、二人の才能はお互いを認め合い、特殊な形の絆で結ばれるが、それは「恋愛」と呼べるような物ではなかった。
花本は実の娘のようにはぐみに対して無償の愛を注いでいた。そんな彼はかつて原田と理花と三人で青春時代を過ごしていた。原田と理花は恋人関係である傍ら、花本は理花への密かな想いを隠し続けていた。やがて結婚した原田と理花だが、事故で原田が亡くなってしまう。夫の死に心傷つき、後を追おうとする理花を必死で支えてきた花本だったが、彼女を自立させようと思い真山を理花の側に置くことにしたのだった。

様々な片思いが交錯しつつも朗らかに過ぎていく学生生活。卒業後に真山が理花の事務所で働くようになり、留年を繰り返す森田も学校に来ない日が増えるようになる。就職にまつわるストレスで思い悩む竹本は自転車一つで自分探しの旅に出る。それぞれが少しずつ動き始めた時、事故がおきる。
学園祭準備中運んでいたガラスが落下し、そのせいではぐみが手に怪我をしてしまう。命に別状はないが、再び絵を描けるかどうか分からず、長いリハビリを要することになる。
それをきっかけに、竹本と森田はそれぞれはぐみに告白をする。二人の気持ちを受け取れず、二人を振ったはぐみが選んだのは、驚く事に保護者同然の立ち位置にいたはずの花本だった。再び絵が描けるようになるため、はぐみは花本の残りの人生を自分に欲しいと言い、花本もそれを快諾。はぐみの事を、女性として好きだとはっきり認める。
卒業後東京を離れる事となった竹本は、旅立ちの電車の中で涙ながらに友と過ごした五年間の思い出を噛みしめるのだった。

『ハチミツとクローバー』の登場人物・キャラクター

主要人物

花本はぐみ(はなもと はぐみ) CV:工藤晴香

油絵科で、初登場時18歳。通称「はぐ」。
天性の才能を持っており、彼女の作品は多くの人を惹きつける魅力があった。竹本達と出会うまでは友達もおらず人見知りをする性格だったが、同じく突出する森田の才能に少しずつ惹かれていく。
芸術家としての未来に興味はなく、大学卒業後は田舎に帰り絵を描こうと考えていた。しかし学園祭の時に倒れたガラス板の下敷きになり、利き手の神経を傷つける大けがをしてしまう。元のように絵を描けるまでに回復する保障はないという絶望的な状況の中、わずかな希望にかけリハビリを続ける事を決意。
それを支えてもらう相手として、森田でも竹本でもなく、花本を選んだ。それは今までの「保護者」のようなものではなく、「人生をともにするパートナー」として、であった。

竹本祐太(たけもと ゆうた) CV:神谷浩史

建築科で、初登場時19歳。父親を早くに病で亡くし、母親と二人で生きてきた。ずっと一人で母親を支えてきており、家事全般が得意で手先が器用。
就職が上手くいかず、自分が何をしたいのかも分からず途方にくれてしまった時、思い立って自転車で旅に出る。周囲はこれを「自分探し」と呼んで囃していたが、本人はそのつもりはなかった。
松島での修復士達との出会いを経て、日本最北端の宗谷岬に到着。心身ともに成長し帰ってきた彼は、はぐみに告白する。
卒業後は東京を離れ、修復士達に合流することを決意。出発の日、はぐみから餞別として四葉のクローバーが入ったハチミツサンドをもらう。仲間と過ごした五年間を振り返り、涙ながらにハチミツサンドを噛みしめ、旅立っていく。

森田忍(もりた しのぶ) CV:うえだゆうじ

彫刻家→日本画科。初登場時24歳。様々な芸術的才能を有するが、出席日数が少ないなどの理由で留年を繰り返している。
はぐみに惹かれていくのだが、竹本の気持ちにも気づいており、自らの気持ちをごまかすようにしている節がある。
かつて父親の研究所をフロイド・エレクトリック社に奪われた過去をもち、兄とともに密かに復讐を誓っていた。兄と二人でフロイド・エレクトリック社の株式を買収することでその復讐は遂げられたが、買収後に前社長と家族の生活は守れるよう根回しをするなど、優しさが垣間見える。
はぐみの怪我の知らせを受け、彼女を連れ去り告白するも振られてしまう。
卒業後は映画製作の仕事に従事する。

真山巧(まやま たくみ) CV:杉田智和

建築科で初登場時22歳。優秀で、しっかりした性格の常識人。長身、メガネ、赤い癖毛が特徴。
あゆみから恋心を寄せられているが、本人は原田理花一筋である。しかしあゆみに対しても冷徹にはなれず、自身の心の矛盾に葛藤している。
本来は常識人であるはずだが、理花に対してはストーカー紛いの行動をとったりと「変態」呼ばわりされる事もしばしば。
過去のトラウマに悩む理花を強引に彼女の故郷に連れて行くなど男らしい姿を見せ距離も縮まったが、まだまだ完全に認められたわけではない様子。

山田あゆみ(やまだ あゆみ) CV:高橋美佳子

陶芸家で、初登場時21歳。通称「あゆ」。その才能と美貌から、周囲の男子からは引く手あまただが、本人は真山一筋。
真山への恋心が報われないとは知りつつも諦めきれないでいる。それでも優しい真山にさらに惹かれては、葛藤が続く。
空手経験者で、怒ったりパニックになった時周囲の人間に踵落としをお見舞いすることもある。
料理のセンスが非常に特殊。
後に真山のデザイン事務所の先輩である野宮から猛アプローチを受ける。真山一筋ため拒絶を続けるも、実らない恋に傷心している彼女は野宮の想いに次第に心を開くようになる。

花本修司(はなもと しゅうじ) CV:藤原啓治

竹本達の通う美大の美術史教師。初登場時30歳と少々。
森田や竹本達を優しく見守る寛大さを持ち、従兄妹であるはぐみを溺愛している。
かつて原田、理花とは親友で青春時代をともに過ごした。夫である原田を亡くした理花を立ち直らせようと側にいたが果たせず、今はその役目を真山に託した。
はぐみが怪我をした後、残りの人生をはぐみにあげて彼女のリハビリに付き合うと誓う。最後には保護者としてではなく、はぐみの事が好きだと認めている。

原田理花(はらだ りか) CV:大原さやか

mitimiti11
mitimiti11
@mitimiti11

Related Articles関連記事

ハチミツとクローバー(ハチクロ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ハチミツとクローバー(ハチクロ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ハチミツとクローバー』は羽海野チカにより宝島社、集英社に2000年から2006年にかけて連載された漫画作品、及びそこから派生するテレビアニメ、実写映画、テレビドラマである。「ハチクロ」という略称で親しまれる。 テレビアニメ第一期が2005年、第二期が2006年に放送された。 美術大学を舞台に、不器用な大学生達の報われない恋や自分の才能や生き方について迷う若者達の姿を描いた青春群像劇

Read Article

3月のライオン(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

3月のライオン(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『3月のライオン』とは、『ヤングアニマル』(白泉社)にて2007年から連載している羽海野チカによる漫画作品である。 将棋を題材としており、中学生でプロ棋士になった少年・桐山零を主人公に、プロ棋士の厳しい世界を描く。 同時に、彼と彼を取り巻く様々な人々が傷つき、失った何かを取り戻していくラブストーリーでもある。将棋の監修は棋士・先崎学が行っている。 2016年にアニメ化、2017年に実写映画化、2015年にスピンオフ作品がメディア展開され、ファンブック2冊が出ている。

Read Article

四畳半神話大系(小説・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

四畳半神話大系(小説・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『四畳半神話大系』とは、森見登美彦による日本小説、及びそれを原作として制作、放送されたアニメ作品。 小説は単行本では2005年に太田出版から、文庫本では2008年に角川書店から刊行されている。 アニメは2010年に放送された。 そして森見登美彦原作の「夜は短し歩けよ乙女」の映画化を受け、2017年1月から特別放送が開始された。

Read Article

PSYCHO-PASS サイコパス 3(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

PSYCHO-PASS サイコパス 3(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』とは、2012年10月からフジテレビ「ノイタミナ」にて第1期が放送された、Pruduction I.G制作のオリジナルテレビアニメの第3期。人間のあらゆる心理状態や性格傾向などが数値として計測可能な「シビュラシステム」の導入された東京を舞台に、厚生省管轄の警察組織「公安局」がシビュラシステムのもと治安維持活動に日々尽力する。登場人物達の葛藤やジレンマを追う群像劇や近未来的事件解決の物語は国内外からも厚い支持を受けている。

Read Article

もやしもん(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

もやしもん(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

石川雅之によって『イブニング』と『月刊モーニングtwo』にて連載された日本の漫画作品。『もやしもん(第1期)』、『もやしもん リターンズ(第2期)』としてテレビアニメが放送された。 細菌やウィルスを肉眼で目視でき、なおかつ菌と意思疎通までできる主人公、沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)のその不思議な力ゆえに巻き起こるどたばた学園物語である。

Read Article

桐山零が抱える問題と成し遂げた成長【3月のライオン】

桐山零が抱える問題と成し遂げた成長【3月のライオン】

羽海野チカの漫画『3月のライオン』は『ヤングアニマル』で連載されている。アニメ、実写映画、外伝漫画、などさまざまなメディア展開が行われる。主人公の桐山零は、事故で家族を失い天涯孤独の身となる。将棋に縋って生きてきた零は、川本家と出会い、数多くの棋士との対局し、さまざまな事を経験しながら、自分の居場所を模索する。大きな孤独を抱え、もがきながらも成長していく桐山零を徹底解説する。

Read Article

ピンポン(松本大洋)のネタバレ解説・考察まとめ

ピンポン(松本大洋)のネタバレ解説・考察まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

乱歩奇譚 Game of Laplace(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

乱歩奇譚 Game of Laplace(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

推理作家「江戸川乱歩」が書き上げた作品群の中から「人間椅子」、「影男」、「怪人二十面相」、「ラプラスの島」などを題材として、主人公のアケチ、コバヤシ少年を中心に現代の世界観で起こった怪事件を解決していくアニメオリジナル作品である。 2015年7月~9月までフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送された。アニメーション制作はLerche(ラルケ)。

Read Article

うさぎドロップ(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

うさぎドロップ(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

うさぎドロップとは宇仁田ゆみによる日本の漫画作品。祥伝社「FEEL YOUNG」に2005年10月から2012年1月まで掲載。本編全9巻。番外編10巻。 2011年7月フジテレビ”ノイタミナ”にてアニメ放送。2011年8月に実写映画化。 祖父の葬儀で見知らぬ女の子に出会った独身30歳の男大吉と6歳の女の子りんの物語。

Read Article

クズの本懐(横槍メンゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

クズの本懐(横槍メンゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

横槍メンゴによる漫画作品、及びそこから派生したアニメ、ドラマ作品である。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2012年Vol.10から2017年Vol.04まで連載された。 報われない恋に悲しむ男女や、誰もが持ちうる孤独に苦しむ人間の姿、そしてその寂しさから抜け出し、未来を歩んでいく人々の強さを描いた作品である。

Read Article

海月姫(東村アキコ)のネタバレ解説・考察まとめ

海月姫(東村アキコ)のネタバレ解説・考察まとめ

海月姫(くらげひめ)とは、漫画家・東村アキコにより描かれた少女漫画である。講談社発行の雑誌Kissにおいて連載されている。オタクでニートの女たち、通称”尼~ず”はレトロなアパートの天水館で自らの趣味に没頭して暮らしていた。その一員である主人公の月海はクラゲのクララをきっかけに女装男子の蔵之介と知り合い、天水館売却を阻止すべくクラゲモチーフのドレスデザイナーとして奮闘することになる。

Read Article

図書館戦争(小説・漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

図書館戦争(小説・漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2006年よりアスキー・メディアワークスより出版された有川浩の小説及びそれらを原作とする漫画、アニメ、実写化作品である。シリーズ作品であり、「図書館戦争」から始まる全4巻と外伝「別冊図書館戦争」全2巻で構成される。舞台は公序良俗を乱し人権を侵害する表現を規制する法律が制定された架空の日本。主人公笠原郁は不当な検閲から本を守るため、表現の自由を守るため図書隊員として戦う。

Read Article

モノノ怪(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

モノノ怪(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「モノノ怪」とは、2006年にフジテレビのノイタミナで放送されたアニメ「怪 〜ayakashi〜」の中の「化猫」編をスピンオフし、「モノノ怪」というタイトルで2007年に同じくノイタミナで放送されたオリジナルアニメーション。シリーズディレクターは「中村健治」で、スタイリッシュな和製ホラー作品。 人間の情念に憑いたあやかしが「モノノ怪」となり、主人公「薬売り」が退魔の剣でモノノ怪を斬っていく。

Read Article

東のエデン(Eden of the East)のネタバレ解説・考察まとめ

東のエデン(Eden of the East)のネタバレ解説・考察まとめ

『東のエデン』とは、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」にて放送されたテレビアニメである。同枠初のオリジナルストーリーであり、原作・脚本・監督は神山健治、キャラクター原作は羽海野チカ。アニメーション制作はProductionI.G。記憶喪失の青年が謎の携帯電話によって、日本全国を賭けたゲームに巻き込まれるサスペンス・アクション。テレビアニメ放送後、映画化もされており、「ノイタミナ」初の映画化作品となる。

Read Article

僕だけがいない街(僕街)のネタバレ解説・考察まとめ

僕だけがいない街(僕街)のネタバレ解説・考察まとめ

三部けいによる漫画を原作とするアニメ作品。 2016年よりフジテレビ「ノイタミナ」枠にて全12話が放送された。 「再上映(リバイバル)」と呼ばれるタイムリープ能力を持つ主人公が、自分と周囲の人々を救うために、現在と過去を行き来するミステリー・サスペンス作品である。 終盤の11話の途中からは、原作とはやや違うオリジナルストーリーとなっている。

Read Article

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説・考察まとめ

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説・考察まとめ

『銀の匙』とは、荒川弘によって2011年より週刊少年サンデーで連載されている漫画及びそれを原作とするアニメ、実写映画。舞台は北海道の「大蝦夷農業高等学校(エゾノー)」。主人公の八軒勇吾は札幌の私立中学に通っていたが受験に失敗し、学力競争と父から逃れるため恩師の勧めもあり大蝦夷農業高等学校に進学する。農業未経験者の八軒は仲間たちと汗と涙と泥にまみれ、農業の厳しい現実にぶつかりながらも成長していく。

Read Article

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)のネタバレ解説・考察まとめ

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)のネタバレ解説・考察まとめ

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』とは、A-1 Pictures制作による恋愛やファンタジーを題材としたオリジナルテレビアニメ作品である。2011年4月から6月までフジテレビのノイタミナ枠でアニメが放送された。その後、漫画化、劇場化、実写ドラマ化されている。死んだはずの「本間 芽衣子(ほんま めいこ)」こと「めんま」が主人公の「宿海 仁太(やどみ じんた)」こと「じんたん」の前に現れる。めんまの死によってバラバラになってしまった幼馴染の5人の、過去の傷や葛藤を描いた物語である。

Read Article

ギルティクラウン(GUILTY CROWN)のネタバレ解説・考察まとめ

ギルティクラウン(GUILTY CROWN)のネタバレ解説・考察まとめ

『ギルティクラウン』とは、制作会社プロダクションI.Gが手掛けたオリジナルアニメであり、フジテレビ系列「ノイタミナ」枠にて2クールアニメとして放送された。 物語前半は突如発生した未知のウイルス"アポカリプスウイルス"が蔓延した10年後の日本を舞台にした作品であり、主人公である桜満集がレジスタンスグループの一員として「王の能力」と共に世界と戦い、物語後半はアポカリプスウイルスの第二次パンデミック発生後からアポカリプスウイルスの消滅まで桜満集が「王の能力」と共に世界を救う構成となっている。

Read Article

いぬやしき(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

いぬやしき(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 冴えないサラリーマンの犬屋敷壱郎と高校生・獅子神皓はある日、公園で謎の光に包まれた。その光は宇宙人が起こした事故であり、命を落としていた二人は事故を無かったことにするために改造されて意識を取り戻す。 「人を助けることで生を実感する男」と「人を殺すことで生を実感する男」の戦いが描かれる。

Read Article

さらざんまい(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

さらざんまい(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『さらざんまい』とは、『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』など、ヒット作を多数手がけてきた幾原邦彦が監督を務める、新作オリジナルTVアニメ。東京・浅草を舞台に、人と人との「繋がり」を描いた作品。2019年4月~6月まで、フジテレビノイタミナ他にて放送された。中学生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の3人は、謎のカッパ型生命体「ケッピ」と出会う。ケッピは、どんな望みでも叶えることが出来る「希望の皿」を生み出せる唯一の存在だった。希望の皿を手に入れて譲れない繋がりを守る為、3人はケッピの命令に従う。

Read Article

NEW
四月は君の噓(君噓)のネタバレ解説・考察まとめ

四月は君の噓(君噓)のネタバレ解説・考察まとめ

『四月は君の嘘』とは『月刊少年マガジン』(講談社)で2011年から2015年まで連載されていた、新川直司原作の音楽をテーマにした漫画、およびそれを基にしたアニメ作品である。数々のピアノコンクールで優勝したが、ピアノの音が聞こえなくなった有馬公生は、同い年の女の子でヴァイオリニストの宮園かをりと知り合った。現代の日本で、中学生のピアニストとヴァイオリニストが互いの才能に共鳴し合い成長する姿を描いている。

Read Article

恋は雨上がりのように(恋雨)のネタバレ解説・考察まとめ

恋は雨上がりのように(恋雨)のネタバレ解説・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。 クールな女子高生・橘あきらはケガにより陸上競技を諦めた。気を落としていたあきらは、偶然入ったファミレスで優しく声をかけてくれる近藤正己と出会う。 17歳の少女と45歳のおじさんの恋愛を描く。

Read Article

四月は君の嘘(君嘘)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

四月は君の嘘(君嘘)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『四月は君の嘘』とは、新川直司のピアノを題材にした漫画作品。2011年から2015年まで『月間少年マガジン』にて連載された後、アニメ化、実写映画化、舞台化、ミュージカル化もされている人気作品だ。母の死をきっかけに、ピアノの音が聴こえなくなった元天才ピアニストの有馬公生。暗い日々を過ごす中、圧倒的な個性を持つヴァイオリニストの宮園かをりと出会い、再び音楽を通じて成長する物語である。音楽に情熱を注ぐ演奏家たちや彼らを支える周りの人の言葉は、心を動かされるものが多い。

Read Article

宮園かをり(四月は君の嘘)の徹底解説・考察まとめ

宮園かをり(四月は君の嘘)の徹底解説・考察まとめ

宮園かをり(みやぞの かをり)とは、新川直司のピアノを題材にした漫画作品『四月は君の嘘』の登場人物である。個性の強いヴァイオリニストで、楽譜に忠実に弾くことよりも自由に表現する演奏で聴衆を魅了する。普段は明るく天真爛漫な女の子。いつもパワフルで笑顔を絶やさないかをりだが、実は幼少期から重い病気を抱えている。自分の命がそう長くないことを知り、天国に未練を残さないために思う存分人生を謳歌している。本作品の主人公である有馬公生は、かをりに振り回されながらも彼女の魅力に惹かれていく。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

『PSYCHO-PASS(サイコパス)新編集版』追加シーンまとめ

『PSYCHO-PASS(サイコパス)新編集版』追加シーンまとめ

【新編集版を見逃した方必見!!】サイコパス1期に無かったシーンが「新編集版」に追加されているのをご存知ですか?本編の補足を兼ねた追加シーンでは、分かりづらかったキャラクターの心理が細かく描かれています。狡噛と対峙する直前の槙島は何を考えていたのか?狡噛はどんな思いで事件捜査にあたっていたのか?などなど…。見れば見るだけ、本編の面白さが濃密に感じられる新規カットについて迫ります!

Read Article

3月のライオン(アニメ第2シリーズ全話)のネタバレ解説まとめ

3月のライオン(アニメ第2シリーズ全話)のネタバレ解説まとめ

羽海野チカ原作の『3月のライオン』は、将棋を舞台にした大人気原作コミックを、新房昭之監督、アニメーション制作シャフトにてアニメ化された作品である。東京の下町で一人暮らしをする、高校生にしてプロ棋士の桐山零。心のよりどころとしている川本家の3姉妹など、それぞれ出会った人々と共に心の温かさを取り戻し成長していく。戦いと優しさあふれる物語である。

Read Article

アニメ『PSYCHO‐PASS』とは?人工知能が支配する近未来…凶悪犯罪を追う刑事達の物語をご紹介

アニメ『PSYCHO‐PASS』とは?人工知能が支配する近未来…凶悪犯罪を追う刑事達の物語をご紹介

平和なはずの社会に突如現れた凶悪な殺人犯たち。彼らは一様に「マキシマ」という男の名を口にする。しかしマキシマは、人工知能でも裁くことができないイレギュラーな存在だった…。人工知能が絶対正義となった社会で、刑事は葛藤する。コンセプトは「近未来SF・警察もの・群像劇」。ノイタミナの大人気アニメ『サイコパス』のあらすじや見所をご紹介。

Read Article

人工知能の支配は終わらない。シビュラの支配下で葛藤する刑事の物語『PSYCHO-PASS2』とは

人工知能の支配は終わらない。シビュラの支配下で葛藤する刑事の物語『PSYCHO-PASS2』とは

一人前の刑事に成長した常守朱のみが知るシビュラシステムの秘密。人工知能と思われていたシビュラの正体は、凶悪犯罪者の脳だったのだ。恐ろしい事実を知りながら、それでも現状世界を維持することを決めた常守朱。しかし彼女の前に、新たな謎と事件が立ちふさがる。

Read Article

目次 - Contents