サウンド・オブ・ミュージック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サウンド・オブ・ミュージック』とは、ブロードウェイミュージカルを原作に、1965年にアメリカ合衆国で制作されたミュージカル映画の金字塔。オーストリアからアメリカへ亡命して合唱団を結成したトラップ一家の実話が基になっている。退役海軍トラップ大佐の7人の子供達の家庭教師となったマリアが、持ち前の明るさと優しい歌声で子供達の心を開いていく。雄大なアルプスの風景とナチスドイツの脅威に立ち向かう勇気、そして家族愛が描かれ、アカデミー作品賞、監督賞、録音賞、編集賞、編曲賞の5部門に輝いた。

雷雨の夜にマリアと子供達が「私のお気に入り」を歌うシーン

マリア(画像中央)は子供達(画像左右)と雷雨の夜に「私のお気に入り」を歌う。

家庭教師として、修道院からトラップ大佐と7人の子供達が住む邸宅にやって来たマリア。雷雨が続く夜、マリアは祈りを捧げていた。その時、マリアの部屋の窓からリーズルが入ってきた。恋人のロルフと会っていたが、門限で玄関が閉まったために、マリアの部屋に上ってきたのだ。「家庭教師なんていらないと言ったけど、間違っていたみたい」とリーズルはマリアに言った。
マリアは「ベッドに座ってゆっくりと話しましょう」とリーズルを呼んだ。
突然、グレーテルが雷が怖かったのか、マリアの部屋に入ってきた。グレーテルに続いてルイーザ、ブリギッタ、マルタもマリアの部屋にやって来た。フリードリッヒとクルトもマリアの部屋に入ってきた。
雷雨が続く中、マリアは「楽しいことを考えるの」と子供達に伝え、「わたしのお気に入り」を歌い始める。枕投げ、電報、学校が休みの日、ネコヤナギと、子供達は歌に合わせてお気に入りのものを挙げていく。
雷雨の夜に惨めな気持ちを忘れさせてくれる楽しいシーンである。

マリアが子供達に「ドレミの歌」を教えるシーン

マリア(画像中央)は子供達(画像左右)に「ドレミの歌」を教えていく。

部屋のカーテンを使って子供達の遊び着を作ったマリアは、子供達と共にピクニックへ出掛けていく。マリアが家庭教師にいたずらをする理由を子供達に尋ねると、「お父様の気を引くためなの」とリーズルが答えた。ウィーンへ出発したトラップ大佐が婚約者であるエルザ・シュレーダー男爵夫人と共に戻ってきた時に、男爵夫人を歓迎する歌を歌おうとマリアは提案する。だが、「どんな歌も知らない」とフリードリッヒが答える。そこでマリアはギターを弾きながら「ドレミの歌」を歌い始めた。
マリアの歌に合わせて子供達も歌い始めていく。厳しい規律に縛られていた子供達が歌によって笑顔を取り戻し、明るく生き生きとしていく姿を見ることができるシーンである。

トラップ大佐がギターを弾きながら「エーデルワイス」を歌うシーン

トラップ大佐(画像中央)は子供達の歌声に心を和ませ、ギターを弾きながら「エーデルワイス」を歌う。

トラップ大佐がウィーンに滞在している間、マリアは7人の子供達に歌と遊びを教えていく。しばらくしてトラップ大佐はウィーンから婚約者のエルザ・シュレーダー男爵夫人と友人マックス・デトワイラーを伴って屋敷に戻ってきた。ボートに乗ったり木登りをしたり、歌ったりしているのが自分の子供達であることに気付いて、トラップ大佐は驚きを隠せない。そして子供達に厳しい規律を課して育てている方針とは正反対のマリアのやり方に怒りを覚える。だが、子供達がシュレーダー男爵夫人とマックスを歓迎する歌声を耳にした。自分の子供達が歌っている姿を見たトラップ大佐は心を和ませ、子供達と打ち解けていく。そしてギターを弾きながら「エーデルワイス」を歌い始めるのだった。規律だけが全てだったトラップ大佐が子供達と心を通わせていく姿が印象的なシーンだ。

マリアがトラップ大佐と一緒にオーストリアの民族舞踏を踊るシーン

マリア(画像左)はトラップ大佐(画像右)とオーストリアの民族舞踏を踊る。

トラップ大佐は婚約者エルザ・シュレーダー男爵夫人を紹介するための舞踏会を自身の屋敷で催した。トラップ大佐の7人の子供達はワルツを踊っている出席者達を見つめていた。リーズルとクルトが踊っていると、マリアにその姿を見られる。やがて、オーストリアの民族舞踏「レンドラー」を舞踏会の出席者達が踊り始める。クルトはマリアに「レンドラー」を教えて欲しいと頼むが、マリアは子供の時に踊っただけだから教えることができないと言う。それでもクルトは教えて欲しいとマリアに頼む。マリアはクルトにレンドラーを教えていくが、「練習が必要ね」とマリアはクルトに伝える。
クルトとマリアが踊る姿を見ていたトラップ大佐はクルトに、「失礼、よろしいでしょうか?」と言う。クルトはリーズル達と一緒になった。トラップ大佐とマリアは踊り始める。マリアは大佐の周りを軽快な足取りで回り、大佐は手を叩いていく。マリアと大佐は見つめ合う。マリアは顔が赤くなっていたことをブリギッタに指摘される。マリアがトラップ大佐に恋をしていることが伝わってくるシーンである。

『サウンド・オブ・ミュージック』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

主演は2人のアカデミー賞受賞者

クリストファー・プラマー(画像中央左)とジュリー・アンドリュース(画像中央右)はアカデミー賞受賞者。

映画『サウンド・オブ・ミュージック』にはアカデミー賞受賞者が2人出演している。1人目はトラップ家の家庭教師マリアを演じたジュリー・アンドリュースである。1964年の映画『メリー・ポピンズ』で魔法が使える乳母の役を演じて、アカデミー主演女優賞を受賞した。2人目はゲオルグ・フォン・トラップ大佐を演じたクリストファー・プラマーである。同性愛者であることを息子に告白する父親役を演じた2011年の映画『人生はビギナーズ』でアカデミー助演男優賞を受賞した。受賞当時は82歳であり、アカデミー史上最年長での助演男優賞受賞者となった。

20世紀フォックスを倒産の危機から救った映画

『サウンド・オブ・ミュージック』は第38回アカデミー賞で作品賞、監督賞、編集賞、編曲賞、録音賞の5部門を受賞した。20世紀フォックスは、エリザベス・テイラー主演の1963年の映画『クレオパトラ』を製作した映画会社である。20世紀フォックスは映画『クレオパトラ』の莫大な制作費が原因で倒産が噂されていた。しかし、映画『サウンド・オブ・ミュージック』のヒットによって20世紀フォックスは倒産を免れ、経営の立て直しに成功した。

ロケ地はオーストリアのザルツブルク

映画のオープニングシーンが撮影されたマルクトシェレンベルク近郊の丘陵。

映画『サウンド・オブ・ミュージック』のロケ地はオーストリアのザルツブルクである。映画のオープニングでマリア役のジュリー・アンドリュースが歌うシーンはドイツ南部の町マルクトシェレンベルク近郊の丘陵で、「ドレミの歌」のピクニックシーンはドイツ国境に近いオーストリアのベルフェンで撮影された。映画のエンディングシーンはドイツ南部のオーバーザルツベルク山地。屋内の撮影はアメリカ・ロサンゼルスにある20世紀フォックスのスタジオで行われている。

ワンシーンだけ出演したマリア・フォン・トラップ

画像左から3番目にいる人物がマリア・フォン・トラップ本人。

映画の原作となった自叙伝の原作者マリア・フォン・トラップがワンシーンだけ出演している。ジュリー・アンドリュース演じるマリアがトラップ大佐の邸宅を訪れる直前に「自信を持って」を歌いながら街を歩いて行くシーンに、マリア・フォン・トラップ本人が通行人役で登場する。アーチをくぐるジュリー・アンドリュースの後ろにいる、民族衣装を身に着けた女性3人が左から右に歩く時に姿が確認できる。

tsayay12171
tsayay12171
@tsayay12171

Related Articles関連記事

ビューティフル・マインド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ビューティフル・マインド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ビューティフル・マインド』とは、ノーベル経済学賞受賞の数学者ジョン・ナッシュの半生を描いたアメリカの映画。 数学界、経済界にとって画期的な理論「ナッシュ均衡」を発見、発表する天才数学者のジョンだが、人付き合いが苦手な中で仲の良い友人が出来たり秘密部隊から極秘任務を任されるという幻覚を見る統合失調症に苦心した。本作では統合失調症の世界観の例を示すとともに、最初は自身の幻覚を現実と思い込んでいたジョンが事実を受け止め、周囲の人たちと共にその事実と向き合っていく様が描かれている。2001年公開。

Read Article

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』とは、2019年にアメリカで制作されたミステリー映画である。世界的なミステリー作家のハーラン・スロンビーの85歳の誕生日パーティーが開かれた。しかし、その翌朝ハーランは遺体となって見つかる。正体不明の誰かに雇われた探偵のブノワ・ブランは、パーティーに参加していた人間全員を疑っていた。『007』シリーズのダニエル・クレイグや『アベンジャーズ』シリーズのクリス・エヴァンスら豪華キャストが出演し、緊張感ありつつも、それぞれの思惑などをコミカルに描いている。

Read Article

良作ミュージカル映画まとめ!ブロードウェイの舞台を映像化した作品を紹介

良作ミュージカル映画まとめ!ブロードウェイの舞台を映像化した作品を紹介

ブロードウェイのミュージカルを映画化したおすすめ作品をまとめました。ここに掲載しているのは、オードリー・ヘップバーン主演の『マイ・フェア・レディ』や、「ドレミのうた」といった名曲揃いの『サウンド・オブ・ミュージック』など8作品。各作品のあらすじ・ストーリーや映画を見た人の感想を紹介します。

Read Article

幸せを歌い上げる傑作ミュージカル映画まとめ!『サウンド・オブ・ミュージック』など

幸せを歌い上げる傑作ミュージカル映画まとめ!『サウンド・オブ・ミュージック』など

ここでは観た人に歌で幸せを届ける傑作ミュージカル映画をまとめた。ブロードウェイ・ミュージカルの代表作を映画化した『サウンド・オブ・ミュージック』、ブロードウェイで活躍したダンサーの夫妻を題材にした『ブロードウェイのバークレー夫妻』などを紹介している。

Read Article

ポップでかわいい世界観が魅力の映画まとめ!『サウンド・オブ・ミュージック』など

ポップでかわいい世界観が魅力の映画まとめ!『サウンド・オブ・ミュージック』など

ここではポップでかわいい・楽しい世界観が魅力の映画をまとめた。ミュージカル映画の金字塔『サウンド・オブ・ミュージック』や、不気味でキュートな家族を描いた『アダムス・ファミリー』、バラバラな家族の珍道中を描いた『リトル・ミス・サンシャイン』などを紹介している。

Read Article

13才までに見せたい名作まとめ!映画のプロ103名が選んだ作品を紹介【サウンド・オブ・ミュージック】

13才までに見せたい名作まとめ!映画のプロ103名が選んだ作品を紹介【サウンド・オブ・ミュージック】

キネマ旬報から発売された書籍『13才までに見せたい名作まとめ』。その本の中で、映画のプロ103人が選んだ作品の1位から16位までをまとめました。邦画『男はつらいよ』『天空の城ラピュタ』、『魔女の宅急便』といったジブリ作品、『スタンド・バイ・ミー』、『サウンド・オブ・ミュージック』など名作洋画がランクイン。子供たちの心を育てる名作の数々を紹介していきます。

Read Article

【七人の侍】レビュー付き!迷った時のおすすめレンタルDVDまとめ【ビューティフル・マインド】

【七人の侍】レビュー付き!迷った時のおすすめレンタルDVDまとめ【ビューティフル・マインド】

映画は私たちにとって欠かせない娯楽。現実世界で嫌なことがあっても、映画を観ていると心が癒されますよね。とはいっても世の中にはいろんな映画が溢れているので、何から観ればいいかわからないという方も多いはず。そこで、迷った時におすすめしたいレンタルDVDについてまとめました。実際に視聴した人のレビューも付いているので、ぜひ映画選びの参考にしてくださいね!

Read Article

目次 - Contents