サウンド・オブ・ミュージック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サウンド・オブ・ミュージック』とは、ブロードウェイミュージカルを原作に、1965年にアメリカ合衆国で制作されたミュージカル映画の金字塔。オーストリアからアメリカへ亡命して合唱団を結成したトラップ一家の実話が基になっている。退役海軍トラップ大佐の7人の子供達の家庭教師となったマリアが、持ち前の明るさと優しい歌声で子供達の心を開いていく。雄大なアルプスの風景とナチスドイツの脅威に立ち向かう勇気、そして家族愛が描かれ、アカデミー作品賞、監督賞、録音賞、編集賞、編曲賞の5部門に輝いた。

日本語吹替え:市原由美子(NETテレビ版)/三好由里子(フジテレビ版)/建田百合子(ソフト版)/松本春姫(テレビ東京版)/山内初音(製作40周年記念版・製作50周年記念版)
トラップ家の五女で年齢は5歳。自己紹介の時に指を5本マリアに見せて、自分の年齢を伝えた。

トラップ大佐の婚約者

エルザ・シュレーダー(演:エリノア・パーカー)

日本語吹替え:寺島信子(NETテレビ版)/藤波京子(フジテレビ版)/増山江威子(ソフト版)/戸田恵子(テレビ東京版)/増子倭文江(製作40周年記念版・製作50周年記念版)
ウィーンに住む男爵夫人であり、ゲオルグ・フォン・トラップ大佐の婚約者。トラップ大佐の友人と面識を持つために舞踏会を催す。実は子供嫌いであり、結婚後は子供達を寄宿学校へ入れてしまおうと考えている。マリアとトラップ大佐が恋に落ちていることを知り、婚約を解消してウィーンへ戻っていく。

トラップ大佐とシュレーダー男爵夫人の友人

マックス・デトワイラー(演:リチャード・ヘイドン)

日本語吹替え:中村正(NETテレビ版)/真木恭介(フジテレビ版)/永井一郎(ソフト版)/チョー(テレビ東京版)/坂部文昭(製作40周年記念版・製作50周年記念版)
ゲオルグ・フォン・トラップ大佐とエルザ・シュレーダー男爵夫人の友人。性格は明るく、トラップ大佐の7人の子供達からは「マックスおじさん」と慕われている。トラップ大佐とエルザの結婚を望んでいる。子供達から歓迎の歌を聴いた時には、ザルツブルク音楽祭参加をトラップ大佐に提案するが、難色を示されてしまう。しかし、大佐とマリアが新婚旅行中に音楽祭への参加を無断で申し込む。音楽祭では司会を務める。すぐに金儲けを考えることをトラップ大佐に指摘されている。

リーズルの恋人

ロルフ(演:ダニエル・トゥルーヒット)

日本語吹替え:石丸博也(NETテレビ版)/水島裕(フジテレビ版)/田中秀幸(ソフト版)/日野聡(テレビ東京版)/岸祐二(製作40周年記念版・製作50周年記念版)
トラップ大佐の長女リーズルの恋人で、17歳。電報配達をしており、トラップ大佐宛の電報を配達した後、リーズルと愛を語り合う。実はナチスドイツの党員であり、トラップ大佐からは嫌われている。ナチスドイツによってオーストリアが併合された時にはリーズルには冷たい態度を取る。オーストリアからの脱出を決めたトラップ一家に対して修道院で銃を向けるが、撃つことができなかった。

ハンス・ツェラー(演:ベン・ライト)

日本語吹替え:島宇志夫(NETテレビ版・フジテレビ版)/大木民夫(ソフト版)/小川真司(テレビ東京版)/稲垣隆史(製作40周年記念版・製作50周年記念版)
ナチスドイツ党員であるオーストリア人。オーストリア併合が行われる以前からナチスドイツを支持しており、トラップ大佐が舞踏会でオーストリア国旗を掲げたことを強く批判する。オーストリア併合の後はナチスの地方長官に就任する。トラップ大佐に海軍から召集令状が届いていることを把握しており、大佐と彼の一家がオーストリアからの脱出を決めたことをフランツから密告される。ザルツブルク音楽祭へ参加する一家を会場の最前列で監視するが、トラップ一家に逃げられてしまう。

フォン・トラップ家の執事

フランツ(演:ギル・スチュアート)

画像左がフランツ

日本語吹替え:上田敏也(NETテレビ版・フジテレビ版)/仲木隆司(ソフト版)/浦山迅(テレビ東京版)/小島敏彦(製作40周年記念版・製作50周年記念版)
トラップ一家の執事。修道院からやって来たマリアにトラップ大佐と勘違いされる。ナチスドイツの党員であり、トラップ一家のオーストリア脱出を密告する。

フォン・トラップ家の家政婦

シュミット夫人(演:ノーマ・ヴァーデン)

日本語吹替え:京田尚子(NETテレビ版)/沼波輝枝(フジテレビ版)/島美弥子(ソフト版)/火野カチコ(テレビ東京版)/山本与志恵(製作40周年記念版・製作50周年記念版)
トラップ一家の家政婦。家庭教師として修道院からトラップ家に来たマリアに子供達がいたずら好きであることやトラップ大佐が妻を亡くしたことを教える。また、トラップ大佐とエルザ・シュレーダー男爵夫人との関係を教える。

tsayay12171
tsayay12171
@tsayay12171

Related Articles関連記事

ビューティフル・マインド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ビューティフル・マインド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ビューティフル・マインド』とは、ノーベル経済学賞受賞の数学者ジョン・ナッシュの半生を描いたアメリカの映画。 数学界、経済界にとって画期的な理論「ナッシュ均衡」を発見、発表する天才数学者のジョンだが、人付き合いが苦手な中で仲の良い友人が出来たり秘密部隊から極秘任務を任されるという幻覚を見る統合失調症に苦心した。本作では統合失調症の世界観の例を示すとともに、最初は自身の幻覚を現実と思い込んでいたジョンが事実を受け止め、周囲の人たちと共にその事実と向き合っていく様が描かれている。2001年公開。

Read Article

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』とは、2019年にアメリカで制作されたミステリー映画である。世界的なミステリー作家のハーラン・スロンビーの85歳の誕生日パーティーが開かれた。しかし、その翌朝ハーランは遺体となって見つかる。正体不明の誰かに雇われた探偵のブノワ・ブランは、パーティーに参加していた人間全員を疑っていた。『007』シリーズのダニエル・クレイグや『アベンジャーズ』シリーズのクリス・エヴァンスら豪華キャストが出演し、緊張感ありつつも、それぞれの思惑などをコミカルに描いている。

Read Article

良作ミュージカル映画まとめ!ブロードウェイの舞台を映像化した作品を紹介

良作ミュージカル映画まとめ!ブロードウェイの舞台を映像化した作品を紹介

ブロードウェイのミュージカルを映画化したおすすめ作品をまとめました。ここに掲載しているのは、オードリー・ヘップバーン主演の『マイ・フェア・レディ』や、「ドレミのうた」といった名曲揃いの『サウンド・オブ・ミュージック』など8作品。各作品のあらすじ・ストーリーや映画を見た人の感想を紹介します。

Read Article

幸せを歌い上げる傑作ミュージカル映画まとめ!『サウンド・オブ・ミュージック』など

幸せを歌い上げる傑作ミュージカル映画まとめ!『サウンド・オブ・ミュージック』など

ここでは観た人に歌で幸せを届ける傑作ミュージカル映画をまとめた。ブロードウェイ・ミュージカルの代表作を映画化した『サウンド・オブ・ミュージック』、ブロードウェイで活躍したダンサーの夫妻を題材にした『ブロードウェイのバークレー夫妻』などを紹介している。

Read Article

ポップでかわいい世界観が魅力の映画まとめ!『サウンド・オブ・ミュージック』など

ポップでかわいい世界観が魅力の映画まとめ!『サウンド・オブ・ミュージック』など

ここではポップでかわいい・楽しい世界観が魅力の映画をまとめた。ミュージカル映画の金字塔『サウンド・オブ・ミュージック』や、不気味でキュートな家族を描いた『アダムス・ファミリー』、バラバラな家族の珍道中を描いた『リトル・ミス・サンシャイン』などを紹介している。

Read Article

13才までに見せたい名作まとめ!映画のプロ103名が選んだ作品を紹介【サウンド・オブ・ミュージック】

13才までに見せたい名作まとめ!映画のプロ103名が選んだ作品を紹介【サウンド・オブ・ミュージック】

キネマ旬報から発売された書籍『13才までに見せたい名作まとめ』。その本の中で、映画のプロ103人が選んだ作品の1位から16位までをまとめました。邦画『男はつらいよ』『天空の城ラピュタ』、『魔女の宅急便』といったジブリ作品、『スタンド・バイ・ミー』、『サウンド・オブ・ミュージック』など名作洋画がランクイン。子供たちの心を育てる名作の数々を紹介していきます。

Read Article

【七人の侍】レビュー付き!迷った時のおすすめレンタルDVDまとめ【ビューティフル・マインド】

【七人の侍】レビュー付き!迷った時のおすすめレンタルDVDまとめ【ビューティフル・マインド】

映画は私たちにとって欠かせない娯楽。現実世界で嫌なことがあっても、映画を観ていると心が癒されますよね。とはいっても世の中にはいろんな映画が溢れているので、何から観ればいいかわからないという方も多いはず。そこで、迷った時におすすめしたいレンタルDVDについてまとめました。実際に視聴した人のレビューも付いているので、ぜひ映画選びの参考にしてくださいね!

Read Article

目次 - Contents