呪術廻戦(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々による呪術を題材としたバトル漫画。作者にとって初連載となる作品だが、連載開始から話題となり、週刊少年ジャンプの看板作品へと成長。アニメ化、映画化と様々なメディアミックスを果たしている。
高校生の虎杖悠仁は、ある日友人を救うために最強の呪霊両面宿儺の体の一部を取り込んでしまう。否応なく呪術の世界に巻き込まれた虎杖は、邪悪にして強大な宿儺の力に振り回されながらも、新たな学友や師と共に、時に呪霊と、時に邪悪な呪術師との壮絶な戦いを繰り広げていく。

乙骨が参加した仙台結界は、戦況が膠着状態にあった。突出して力を持つ4人の術師が、相性の問題から直接の対決を避け、互いに牽制している状況だった。しかしその一角であるドルゥヴ・ラクダワラを乙骨が倒したことにより、事態は急変する。自身と相性の悪いドルゥヴが死ぬまで休眠状態に入っていたゴキブリ呪霊の黒沐死(くろうるし)が目を覚まして活動を再開し、同時に残る2人の強者である烏鷺亨子(うろ たかこ)と石流龍(いしごおり りゅう)もまた乙骨を新たな脅威と見なして彼を攻撃する。
その膨大な呪力量を縦横に活かし、乙骨は黒沐死と烏鷺を倒すも、“強者との戦い”そのものを目的として死滅回游に参加した石流はむしろ歓喜。連戦で消耗した乙骨と死闘を繰り広げる。呪力の出力量に勝る石流を倒すため、乙骨は自身の術式である「模倣」を発動し、さらに“自立行動する外付けの呪力タンク”であるリカの力もフルに活用。石流の戦法と相性のいい烏鷺の術式を活用してこれを撃破する。
この時点で虎杖が日車を説き伏せて「泳者間の得点の移動」という総則を追加していたこともあり、乙骨は烏鷺と石流を治療し、彼らから自分に得点を譲渡させる。こうして190点という高得点を獲得した乙骨を、いつの間にここに来ていたのか、三輪が遠目に見詰めていた。

東京第1結界

鹿紫雲(1コマ目)と戦う秤(2コマ目)。

東京第1結界に侵入した秤は、羂索に覚醒させられた呪術師にして漫画家を志す青年シャルル・ベルナールと対戦。“パチンコを模した空間を生成し、数百分の1の当たりを引けば無限に等しい呪力を一時的に得られる”という自身の領域展開「坐殺博徒」でこれを一蹴する。
同じ頃、パンダは死滅回游全体を見回しても屈指の実力者である鹿紫雲と遭遇し、窮地に陥っていた。ここに秤が駆け付け、パンダを助ける形で鹿紫雲との戦闘に入る。鹿紫雲は400年前の術師で、「心行くまで強敵との戦いを楽しみたい、歴代で最強の術師との呼び声高い宿儺と戦ってみたい」との思いを胸に羂索の誘いを受け入れて受肉体となった人物だった。“大当たりを引いた秤”は自分が倒すべき敵に足り得るとして猛然と襲い掛かる鹿紫雲に秤も応戦し、知略と暴力の応酬が繰り広げられる。

死力を尽くした攻防の末、最後に立っていたのは秤だった。しかし秤は鹿紫雲がまだ奥の手を隠していること、狂暴ではあっても悪性の人物ではないことを察し、宿儺(=虎杖)と戦わせることを条件に味方につける。その後秤はシャルルの様子も確認しに行くが、そこに西宮が現れ、真希の天与呪縛が完全な形で発現したこと、これにより死滅回游の攻略の手順を省略できるようになったことを伝えるのだった。

桜島結界

桜島結界に現れた、呪霊と化した直哉。

その真希は、桜島の結界に参加していた。天与呪縛が完成したことで、“一切の呪力を持たない”体質になった彼女は、自由に結界を出入りできるようになっていた。
渋谷事変に端を発する混乱の中、羂索は“かつて加茂家の人間の体を使って暗躍していた”頃のコネクションや呪術的仕込みにより呪術界を意のままに誘導しており、現在の加茂家そのものをも掌握していた。跡取りとしての立場を無くした憲利は、1人の呪術師として死滅回游の終結のために尽力しようと考え、桜島結界に参加。真希と憲利は協力して結界内部の危険な呪霊を祓っていくが、ここに新たな呪霊が外部から侵入してくる。その正体は、呪霊と化した直哉だった。

呪霊化したことでさらなる力を得た直哉に苦戦する真希と憲利だったが、ここに大道鋼(だいどう はがね)と三代六十四(みよ ろくじゅうし)という泳者が乱入。呪術を知らず鍛え抜かれた剣術だけで戦う鋼と、呪術を用いてまでただ相撲が取りたいだけの三代との交流で、真希は「自分に何が足らなかったか、何に囚われていたか」に気付いて天与呪縛としての力を真に使いこなして直哉を撃破。桜島結界の戦いを制するのだった。

「天使」と「堕天」

その頃、虎杖と伏黒は協力者となってくれた髙羽と共に“天使”こと来栖華との合流を果たしていた。天使は過去の時代の術師であるらしく、華の肉体を使って現代に復活したが、彼女の自我を奪わずに共存している状態にあった。五条復活のために協力してほしいと要請する虎杖たちに対し、天使は「どうしても見逃せない相手がいる」と語り、交換条件として“堕天”と名付けられたその存在の排除への協力を要求する。刹那、虎杖は宿儺に呼び出され、彼から「“堕天”とは俺のことだ」と笑みと共に告げられる。虎杖が「それで五条が解放されてこの事態が解決できるのなら、天使に宿儺ごと殺されても構わない」と考える一方、ボディランゲージでそれを伝えられた伏黒は「虎杖に早まったことをさせないようにするにはどうすればいいか」と新たな悩みを抱えることとなった。
一方、諸外国の要人と密かに接触した羂索は、彼らに呪術や呪霊についてレクチャーし、日本人だけが異様なほど強力な呪力を持つことを説明。彼らを利用すれば膨大なクリーンエネルギーが手に入ると、“日本人狩り”をするよう唆していた。彼らにとって呪術とは、“存在そのものが未知なもの”だったが、羂索は自ら軍隊と戦い捻じ伏せることでその力を知らしめる。呪術の力を理解した諸外国は、日本人狩りに向けて前のめりになっていく。

薨星宮への襲撃

その手の内を探るため、捨て石となることも覚悟で羂索と戦う脹相。

各国の軍部が呪術師狩りを目的に日本に乗り込んできたタイミングで、羂索は天元が籠る薨星宮(こうせいぐう)へと乱入。真っ先に迎撃に出向いた脹相に向かって「死滅回遊はその役割を終えた」と語り掛ける。呪術の極北を見るがために、全日本人の呪霊化すらも計画の一端に入れているという羂索に、脹相は「何がお前をそこまで駆り立てるのか」と問う。「おもしろいと思ったから」だとあっけらかんと答える羂索に向かって敵意を剥き出しにすると、脹相はこれ以上の問答は無用とばかり襲い掛かる。
脹相が斥候となって最初に羂索を迎え撃つことは、彼自身が「それがベストの布陣」だと提案したものだったが、九十九からは「死ぬことになる」と止められていた。案の定羂索は圧倒的な手数で翻弄し、脹相を追い詰めるも、彼は「弟たちのためにもただでやられるわけにはいかない」となお奮起する。新技・運河を用いて仕掛けた乾坤一擲の奇襲すら防がれるも、その際に羂索は咄嗟に未知の術式を発動していた。その術こそ羂索が隠し玉にしておきたかった切り札の1つだと判断し、九十九が脹相を賞賛しながら出陣する。

九十九は自身の術式「星の怒り(ボンバイエ)」を発動して羂索に挑むも、脹相が暴いた相手の手の内を推察してやりにくい相手だと判断する。九十九に対して同様の結論に達したのは羂索もまた同じで、早々に決着をつけるべく領域展開「胎蔵遍野」を発動する。九十九は「天元と協力してこれを解体し、羂索が力を使い果たしたところで畳みかける」という策を立てていたが、術のあまりの完成度に予定よりも時間がかかり大きなダメージを受けてしまう。勝負あったとほくそ笑む羂索に、しかし九十九は猛然と襲い掛かり、さらにその背後から脹相が彼を不意打ち。大きなダメージを与えるも、羂索は体術だけで九十九と脹相の猛攻を凌ぎ、術式が回復するまでの時間を耐える。それでもここが勝負所だと攻めかかる九十九だったが、羂索は「小規模のうずまき」というさらなる隠し技を用い、彼女に致命傷を負わせる。
命を捨ててでも援護しようとする脹相に「呪いではなく人として生きろ」と伝えると、九十九は彼をむりやり退避させる。捨て身の切り札も凌ぎ切られて九十九は倒れ、羂索はついに天元の下へと辿り着く。

死滅回游の異変

羂索が各国の軍部に働きかけて死滅回游への参加を促したのは、彼らに提案したような呪術師狩りが目的ではなく、呪術師や呪霊との戦いで兵士の側に大量の死者を出すことを狙ったものだった。呪力の弱い海外の人間といえど死の瞬間だけは強い呪力を発するため、それによって結界内部にさらなる混沌を生み出そうというのだ。

これを察した虎杖たちは、死滅回游の終結のみならず騙されて参加した外国の兵士たちの救助も念頭に動くこととなる。しかし溜めたポイントでまずは津美紀を解放しようとした刹那、彼女は譲渡されたポイントで「結界を自由に出入りできる」という総則を追加。驚愕する虎杖たちの前で、「自分は津美紀ではなく、万(よろず)という術師だ」と宣言する。津美紀がすでに、過去の術師に肉体を乗っ取られていたのである。
飛び去る万を虎杖たちが呆然と見送る中、今度は宿儺が「契闊」の縛りを利用して虎杖の肉体から伏黒の肉体へと乗り移る。自由を得た宿儺は華に襲い掛かり、虎杖や真紀を蹴散らして、迎えに来た裏梅と共に撤退していく。

伏黒姉弟の戦い

裏梅の用意した“浴”という儀式で往年の力をさらに取り戻していく宿儺だったが、伏黒の意識は未だ完全には消えておらず、彼の内で抵抗を続けていた。伏黒を完全に屈服させるため、宿儺は“万が憑依している津美紀”をこの手で破壊しよう考え、彼女がいる仙台の結界へと向かう。
そこでは乙骨と対戦した石流が活動を続けていたが、宿儺はこれを一蹴。そのまま万を見付けると、喜々としてこれに襲い掛かる。「宿儺が死ぬなら自分の手で殺したい、自分が死ぬなら宿儺に殺してほしい」と語る万は、宿儺が「勝てたら自分の全てをくれてやる」という提案に狂喜し、「私が勝ったら結婚してくれ」と言いながら応戦するのだった。

伏黒に“義姉殺し”を強く印象付けさせるため、彼の術式を彼以上に使いこなし、宿儺は万を追い詰め、ほとんど一方的に惨殺。彼の思惑通り、敬愛してやまない義姉を自らの術式で殺めた伏黒は傷つき、宿儺の中で力を失っていく。

死滅回游の終焉

死滅回游は、天元が作った結界を利用して実行された術式だった。天元はこれを知った上で、日本を守る結界を維持するために「虎杖たちの勝利」に賭けて戦いの趨勢を見守っていたが、彼らの敗北と自身が羂索の虜となったことで全てを失う結果となる。「もはや死滅回游に存続する意義はない」と判断した羂索は、自身と同化した天元を利用して死滅回游の終焉に向けて動き出す。
一方、痛烈な敗北を喫した虎杖たちは、それでもなお立ち上がり、合流し、宿儺と羂索に決戦を挑もうと考えていた。深手を負った華は一命を取り留め、死滅回游を離脱。ここに五条を封印から解き放つ準備が整う。羂索は五条が復活しても即座に始末できるよう、彼を封印した獄門疆を日本海溝の底に沈めていたが、五条はそれすらも平然と突破して彼の前に現れる。

問答無用で襲い掛かる五条だったが、宿儺に妨害されて羂索を仕留め損なう。そのまま交戦しようとする両者だったが、ここに羂索が割って入り「自分との約束を優先しろ」と宿儺に言う。それがどのようなものなのかは伏したまま、宿儺は羂索の要求を受け入れ、五条もまた「いくつかやっておきたい」ことを思い出して一時休戦を飲む。
かつて夏油が命を落とした12月24日に再戦することを約すと、五条は宿儺や羂索の前から立ち去るのだった。

宿儺との決戦

対峙する五条と宿儺。

時は流れ、12月24日がやってくる。宿儺は裏梅に集めさせた残りの指を食らい、見つからなかった分の補填のために生前の自分の遺体を身に取り込む。五条は虎杖たちに激励されつつ、決戦の地へと赴く。一方羂索は、「五条が敗れた場合、呪術師側は少ない勝機に賭けて残りの主要戦力を宿儺に直接ぶつけに来る」と判断し、彼らがそのために待機している今ならフリーに動けると判断して単独行動を取る。
かくして始まった五条と宿儺の頂上決戦は、呪術の粋を極めた壮絶な死闘となった。ある時は正面からの力比べ、ある時は搦め手を駆使した騙し合い、ある時は思わぬ隠し技を駆使して不意を打つ。最終的には魔虚羅の特性を活かし切った宿儺に軍配が上がり、五条は戦死。宿儺との戦いを待ち望んでいた鹿紫雲が二番手として飛び出していく。

宿儺の増援に現れた裏梅を秤が迎撃する中、鹿紫雲は肉体の消滅を代償に発動する自身の術式を発動。これを前に、宿儺は受肉する際に意図的に途中で止めていた肉体の変身を再開する。
2対の腕と2つの口を備えた宿儺は、その圧倒的な力によって鹿紫雲を斬殺。次いで日車と共に出陣した虎杖を、「貴様に何ができる」と嘲笑する。

羂索の暗躍と驚愕

東京で宿儺を相手に虎杖たちが戦っていた頃、羂索は各地の死滅回游の結界を巡っては参加した者たちを抹殺して回っていた。羂索は「日本人全てを使った呪霊を生み出す」ことを目論んでおり、これもその準備の一環なのだった。
そんな羂索の前に、出会って以降虎杖たちと行動を共にし、今では頼もしい仲間の1人となった髙羽が現れる。彼が自分に差し向けられた刺客だと察した羂索はこれを攻撃するも、「その方がおもしろい」と感じたことを無条件に実現させる髙羽の術式によって無効化されて驚愕する。

髙羽を羂索にぶつけることを提案したのは天使だった。彼は髙羽の持つ術式が羂索への特攻になるなると考えていたが、それを教えること自体が足枷になりかねないとして理由については沈黙。果たして髙羽の自由奔放な術式に羂索は翻弄されるが、それが彼自身の“自信と確信”に由来するものだと突き止めると、その点を揺らがせることで攻略していく。追い詰められる形となった髙羽だが、自分の芸人としての原点を思い出して奮起。「必ずお前を笑わせてやる」と羂索に宣言する。
羂索の意志と力をも取り込んで真価を発揮した髙羽の術式は、さながらギャグ漫画のような空間を作り出し、常人なら死んでいないとおかしいツッコミという名の暴力の応酬を繰り広げる。この中で自分だけがダメージを蓄積されていく状況に羂索は驚愕し、同時に「これこそ私が求めていた未知の可能性」と歓喜と興奮と充足に身を震わせる。このままでは負けると判断した羂索は、純粋なお笑い勝負によって髙羽との戦いにケリをつけることを画策。これによりどうにか髙羽を退けるも、彼との戦いに夢中になっている間に近づいていた乙骨の不意打ちによって首を刎ねられる。これこそが用心深い羂索を討つための天使の策略なのだった。

ついにその野望に終焉を迎えることとなった羂索だが、なお「私の夢は受け継がれる」と豪語する。

ジャッジマンの再審

3onagi-yuzuki
3onagi-yuzuki
@3onagi-yuzuki

Related Articles関連記事

呪術廻戦の呪術・術式・呪具まとめ

呪術廻戦の呪術・術式・呪具まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 登場人物たちは様々な呪術や呪具を使って戦闘を行う。

Read Article

呪術廻戦の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

呪術廻戦の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『呪術廻戦』とは、若き呪術師たちの戦いと成長の日々を描いた、芥見下々による漫画作品。 最強最悪の呪霊両面宿儺をその身に宿してしまった高校生虎杖悠仁。両面宿儺の力を御するため、虎杖は呪術師を目指して呪術高等専門学校に通い始める。 作品の人気が高まるに従い、個々のキャラクターへの注目の度合いも上がっていき、彼らが発した心揺さぶるセリフに惹かれる読者も増えていった。呪いという人間の感情に直結するものを扱うため、時に生々しく、時に華々しく、時に人間の弱さを残酷に突きつける名言が数多く登場する。

Read Article

呪術廻戦の呪術師・呪詛師まとめ

呪術廻戦の呪術師・呪詛師まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 主人公の虎杖悠仁は、人間の憎しみや恐れが集まった『呪霊』を倒す為に、『呪いの王』と称される両面宿儺の遺物『両面宿儺の指』を取り込む。それにより両面宿儺が受肉してしまう。しかし虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 作中には様々な呪術を使う呪術師、呪詛師が登場する。

Read Article

呪術廻戦の呪霊・受肉体・過呪怨霊まとめ

呪術廻戦の呪霊・受肉体・過呪怨霊まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 『呪術廻戦』には、人間に害をなす様々な呪霊が登場する。

Read Article

呪術廻戦名勝負「五条悟 vs. 両面宿儺」戦のネタバレ解説・考察まとめ

呪術廻戦名勝負「五条悟 vs. 両面宿儺」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「五条悟 vs. 両面宿儺」とは、巨大な陰謀に立ち向かう呪術師たちの活躍を描く『呪術廻戦』で繰り広げられた戦いの1つ。物語の終盤で繰り広げられた、それぞれの時代で“最強”と呼ばれた者たちによる頂上決戦である。 仲間たちの奮闘で封印から解放された“現代最強の術師”五条は、“史上最強の呪霊”両面宿儺が自身の教え子である伏黒恵の体を乗っ取って完全復活を遂げたことを知る。五条は伏黒を救うため、宿儺はかつてのごとく思うまま暴威と殺戮に酔い痴れるため、両者は呪術の奥義を尽くして激突する。

Read Article

呪術廻戦の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話まとめ

呪術廻戦の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話まとめ

『呪術廻戦』は集英社の『週刊少年ジャンプ』の人気漫画であり、漫画家・芥見下々が描くダークファンタジーバトル漫画だ。MAPPAによりTVアニメ化され、劇場版も公開される。 呪霊という人の負の感情から生まれた化け物と、それを祓う力を持つ呪術師とのバトルがメインの漫画であるが、ストーリーの各所に伏線が見え隠れする。ファンの間ではこれに関する考察が盛り上がりを見せている。また単行本の空きページや『呪術廻戦 公式ファンブック』では作者の芥見下々が裏話やトリビア、小ネタ、エピソードや逸話などを語っている。

Read Article

呪術廻戦の御三家・五条家まとめ

呪術廻戦の御三家・五条家まとめ

五条家(ごじょうけ)とは、『週刊少年ジャンプ』の人気漫画『呪術廻戦』に登場する呪術界のエリート家系・御三家の一つである。相伝の術式「無下限呪術」と特異体質「六眼」を代々継承しており、「日本三大怨霊」の1人・菅原道真を祖先に持つ。同じ御三家の禪院家とは犬猿の仲。 『呪術廻戦』の重要人物・五条悟の生家であり、それ以外の五条家の人間は登場していない。最強の呪術師である五条悟を当主とし、物語軸現代においては五条悟のワンマンチームとなっている。

Read Article

呪術廻戦 死滅回游のネタバレ解説・考察まとめ

呪術廻戦 死滅回游のネタバレ解説・考察まとめ

「死滅回游(しめつかいゆう)」とは、『呪術廻戦』に登場する用語で、作中で行われる“人造の術師による集団での殺し合い”のことを指す。 「呪術の可能性を見極める」という目的のために暗躍する呪詛師・羂索が仕掛けたもので、より優れた術師を、彼の想像を超えた存在を生み出すよう様々な総則(ルール)が設けられている。開催場所である「結界」の中に一度でも踏み込めば、他人を殺し続ける以外に自分を守れない非常に悪質なシステムとなっている。主人公虎杖悠仁の学友・伏黒恵の義姉である伏黒津美紀も巻き込まれている。

Read Article

呪術廻戦の呪物まとめ

呪術廻戦の呪物まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生の虎杖悠仁は、人の恐れや憎しみの集合体である「呪霊」に襲われる。虎杖は呪霊を倒すための力を得る為、“呪いの王”とされる「両面宿儺」の指を取り込んだ。それにより両面宿儺が受肉してしまうが、虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は、宿儺の指を全て取り込んでその呪いを消す為に呪術師となる。 「呪物」とは、作中に登場する呪いがこもった物体である。

Read Article

呪術廻戦の領域展開まとめ

呪術廻戦の領域展開まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材とする漫画作品である。 人の負の感情が実体を得た怪物「呪霊」に襲われた高校生・虎杖悠仁(いたどり ゆうじ)は、仲間たちを守るため“呪いの王”両面宿儺の指を飲み込み、その身に宿儺の強大な力と暴虐な魂を宿す。これを御する術を学ぶため、虎杖は呪術師となる道を歩み始める。 領域展開は作中に登場する呪術の一種で、「一定の領域を自分にとって一方的に有利な空間へと作り替え、その中に敵を閉じ込める」という強力無比な大技である。

Read Article

呪術高等専門学校(呪術廻戦)の徹底解説・考察まとめ

呪術高等専門学校(呪術廻戦)の徹底解説・考察まとめ

呪術高等専門学校とは、『呪術廻戦』に登場する、呪術師たちの育成機関と事実上の総本山を兼ねた組織である。 東京と京都に一校ずつ存在し、表向きには全寮制の宗教系学校とされている。実際に高等学校に相当する授業も行っており、三年間過ごせば同等の卒業資格が得られる。内部には校舎や学生寮など学校としての施設の他、呪物の中でも特に危険なものを封じている忌庫、日本呪術界の中枢たる重要人物天元が座す薨星宮が存在する。 呪術師への仕事の斡旋なども行っており、卒業していった呪術師の多くがここを拠点に活動している。

Read Article

呪術廻戦の御三家・加茂家まとめ

呪術廻戦の御三家・加茂家まとめ

加茂家(かもけ)とは、『週刊少年ジャンプ』の人気漫画『呪術廻戦』に登場する呪術界のエリート家系・御三家の一つである。平安時代に華々しく活躍した”陰陽師”と呼ばれる呪術師を祖先に持ち、伝統と格式、血統と名を重んじる家柄である。呪力で強化した血液を操る相伝の術式「赤血操術」を代々受け継いできた。 『呪術廻戦』本編では次期当主として呪術高専京都校3年生・加茂憲紀が登場している他、歴史上最悪の術師として悪名高い、加茂憲倫が登場している。

Read Article

呪胎九相図(呪術廻戦)の徹底解説・考察まとめ

呪胎九相図(呪術廻戦)の徹底解説・考察まとめ

呪胎九相図(じゅたいくそうず)とは、『呪術廻戦』に登場する、人間とその負の感情が形を成した怪物・呪霊のミックスである。 明治初期、“史上最悪の呪術師”加茂憲倫が悪逆極まる人体実験の末に造り出した存在。全九体が胎児の状態で封じられていたが、戦力を欲した特級呪霊たちによって盗み出され肉体を与えられる。特級呪霊の目標である「人類の廃絶」が成った方が自分たちに都合がいいとの判断から彼らに加担するも、紆余曲折を経て袂を分かつ。互いを“兄弟”と認識し、人でも呪霊でもないからこそ強固な絆で結ばれている。

Read Article

呪術廻戦 懐玉・玉折のネタバレ解説・考察まとめ

呪術廻戦 懐玉・玉折のネタバレ解説・考察まとめ

『呪術廻戦 懐玉・玉折』(じゅじゅつかいせん かいぎょく・ぎょくせつ)とは、芥見下々の漫画作品『呪術廻戦』の65話から78話にかけて描かれた、現代最強の術師五条悟と最悪の呪詛師夏油傑の青春時代を題材とした一連のエピソードである。 東京都立呪術高等専門学校の学生である五条と夏油は、“2人で最強”を自称する名コンビだった。「星漿体」こと生け贄にされる予定の少女の護衛を任された2人は、術師殺しとして名高い伏黒甚爾と対決し、挫折と苦悩の中でそれぞれが歩まんとする道を違えていく。

Read Article

劇場版 呪術廻戦 0(東京都立呪術高等専門学校)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 呪術廻戦 0(東京都立呪術高等専門学校)のネタバレ解説・考察まとめ

『呪術廻戦 0(東京都立呪術高等専門学校)』とは芥見下々による漫画作品で、『呪術廻戦』と共通の世界観を持つ同作前日譚。MAPPAによりアニメ映画化され、2021年冬に公開が開始された。 強大で凶悪な特級呪霊・祈本里香に憑依された少年・乙骨憂太(おっこつ ゆうた)は、これを御する術を求めて東京都立呪術高等専門学校に転入することとなる。そこで乙骨が新たな友と共に呪術を学んでいく中、呪術界の変革がため祈本里香の力を我が物にせんと目論む術師夏油傑が暗躍。日本中を巻き込む壮大な呪術合戦が幕を開ける。

Read Article

呪術廻戦 渋谷事変のネタバレ解説・考察まとめ

呪術廻戦 渋谷事変のネタバレ解説・考察まとめ

『呪術廻戦 渋谷事変』(じゅじゅつかいせん しぶやじへん)とは、芥見下々の漫画作品『呪術廻戦』の83話から133話にかけて描かれた、“最強の術師”五条悟の封印に端を発する呪術師と呪霊たちによる大規模な抗争である。 人類殲滅を目論む自然呪霊一味は、そのための最大の障害である五条悟を十重二十重の策をもって封印。これを知った人間の呪術師たちは、五条を奪還すべく結界で閉じられた渋谷駅一帯に雪崩れ込み、呪霊たちと死闘を繰り広げる。両者の戦いの裏では、別の思惑を持つ第三者の企みが静かに進行していた。

Read Article

呪術廻戦の衝撃的な死を遂げたキャラクターまとめ

呪術廻戦の衝撃的な死を遂げたキャラクターまとめ

人を呪う術と、それを用いて戦い人々を描いた『呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)には、「人を呪わば穴2つ」という言葉を体現したかのごとく衝撃的な死を遂げるキャラクターが多数登場する。 呪霊に騙され、弄ばれるようにして殺害された吉野順平。主人公虎杖悠仁に後を託し、その目の前で散った七海建人。生きる希望を手に入れた直後に射殺された天内理子。最強最悪の呪霊両面宿儺に挑んで敗死した漏瑚。ここでは、『呪術廻戦』において衝撃的な死を遂げたキャラクターを紹介する。

Read Article

呪術廻戦名勝負「五条悟 vs. 伏黒甚爾(禪院甚爾)」戦のネタバレ解説・考察まとめ

呪術廻戦名勝負「五条悟 vs. 伏黒甚爾(禪院甚爾)」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「五条悟 vs. 伏黒甚爾(禪院甚爾)」とは、巨大な陰謀に立ち向かう呪術師たちの活躍を描く『呪術廻戦』で繰り広げられた戦いの1つ。主人公の師である五条の学生時代が舞台となる『懐玉・玉折編』のメインエピソードである。 高校生にして最強クラスの呪術師である五条は、星漿体と呼ばれる特殊な定めを背負った少女天内理子の護衛を命じられる。一方、呪術師殺しとして名を馳せる甚爾は理子の暗殺を依頼され、その護衛である五条を排除するべく十全に策を練っていく。消耗した五条に、準備万端整えた甚爾が襲い掛かる。

Read Article

呪術廻戦 0.5巻(劇場版特典)のネタバレ解説・考察まとめ

呪術廻戦 0.5巻(劇場版特典)のネタバレ解説・考察まとめ

『呪術廻戦 0.5巻』とは芥見下々原作の『呪術廻戦』の劇場版映画『呪術廻戦 0』の入場者特典。先着500万名限定で、劇場来場者に配布される。 映画『呪術廻戦 0』に登場するキャラクターの人物相関図に始まり、キャラクターの紹介などを収録。またQ&Aコーナーや描き下ろし漫画なども収録されており、『呪術廻戦』の初心者から玄人ファンまで楽しめる内容になっている。

Read Article

呪術廻戦名勝負「両面宿儺 vs. 八握剣異戒神将魔虚羅」戦のネタバレ解説・考察まとめ

呪術廻戦名勝負「両面宿儺 vs. 八握剣異戒神将魔虚羅」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「両面宿儺 vs. 八握剣異戒神将魔虚羅」とは、巨大な陰謀に立ち向かう呪術師たちの活躍を描く『呪術廻戦』で繰り広げられた戦いの1つ。主人公虎杖悠仁の内に潜む“最強最悪の呪霊”両面宿儺と、歴代の術師の誰もが調伏に失敗した最強の式神魔虚羅が、すさまじい力をぶつけ合う壮絶な内容となった。 渋谷事変と呼ばれる人と呪霊の抗争の中、“最強最悪の呪霊”たる両面宿儺は一時の自由を得る。この時、人間の術師である伏黒恵は追い詰められた末に魔虚羅を召喚。魔虚羅の暴走による相打ちを狙うも、ここに宿儺が駆け付ける。

Read Article

呪術廻戦名勝負「両面宿儺 vs. 漏瑚」戦のネタバレ解説・考察まとめ

呪術廻戦名勝負「両面宿儺 vs. 漏瑚」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「両面宿儺 vs. 漏瑚」とは、巨大な陰謀に立ち向かう呪術師たちの活躍を描く『呪術廻戦』で繰り広げられた戦いの1つ。主人公虎杖悠仁の内に潜む“最強最悪の呪霊”両面宿儺と、虎杖の師を封じた自然呪霊一味の中心人物である漏瑚の対決で、いわゆる「敵 vs. 敵」の構図となった。 漏瑚たちによる五条の封印と、その奪還を目指す術師たちの抗争である「渋谷事変」の最中、“最強最悪の呪霊”宿儺が覚醒。宿儺が漏瑚に「一撃入れられれば仲間になる」と提案し、漏瑚がこれを受け入れたことで、両者は華々しく激突する。

Read Article

呪術廻戦名勝負「虎杖悠仁 vs. 脹相」戦のネタバレ解説・考察まとめ

呪術廻戦名勝負「虎杖悠仁 vs. 脹相」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「虎杖悠仁 vs. 脹相」とは、巨大な陰謀に立ち向かう呪術師たちの活躍を描く『呪術廻戦』で繰り広げられた戦いの1つ。物語中盤の大きな山場である渋谷事変で描かれたもので、両者の一進一退の激しい攻防と予想だにしない結末で話題となった。 恩師でもある“最強の術師”五条悟が封印されたことを知った虎杖は、彼を救うため仲間たちと共に呪霊が待ち構える渋谷の結界内部に突入。脹相はその虎杖を“弟たちの仇”と付け狙い、仲間とはぐれた彼を襲撃。互いに技と力を尽くした末に、脹相は自分と虎杖の縁に気付いて混乱する。

Read Article

呪術廻戦名勝負「伏黒恵・禪院真希・七海建人・禪院直毘人 vs. 陀艮・漏瑚 vs. 伏黒甚爾」戦のネタバレ解説・考察まとめ

呪術廻戦名勝負「伏黒恵・禪院真希・七海建人・禪院直毘人 vs. 陀艮・漏瑚 vs. 伏黒甚爾」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「伏黒恵・禪院真希・七海建人・禪院直毘人 vs. 陀艮・漏瑚 vs. 伏黒甚爾」とは、巨大な陰謀に立ち向かう呪術師たちの活躍を描く『呪術廻戦』で繰り広げられた戦いの1つ。物語中盤の大きな山場である渋谷事変で描かれたもので、目まぐるしく優劣が引っ繰り返る展開と乱入に次ぐ乱入で手に汗握る内容となった。 師でもある“最強の術師”五条悟が封印されたことを知った伏黒は、彼を救うため仲間たちと共に呪霊が待ち構える渋谷の結界に突入。強大な呪霊である陀艮に苦戦する真希たちを援護するも、予想外の新手が現れる。

Read Article

呪術廻戦名勝負「五条悟 vs. 漏瑚・花御・真人・脹相・羂索」戦のネタバレ解説・考察まとめ

呪術廻戦名勝負「五条悟 vs. 漏瑚・花御・真人・脹相・羂索」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「五条悟 vs. 漏瑚・花御・真人・脹相・羂索」とは、巨大な陰謀に立ち向かう呪術師たちの活躍を描く『呪術廻戦』で繰り広げられた戦いの1つ。最強の名をほしいままにする男に、これまで主人公を苦しめてきた強敵たちが団結して挑むというもので、物語中盤の山場である渋谷事変の大きなきっかけとなった。 渋谷駅一帯が結界に覆われ、内部の一般人が脱出できない状況となる。相手側の要求もあり、“最強の術師”五条がこの状況を打破すべく出撃するが、犯人の自然呪霊たちは彼を封じる必勝の策を用意していた。

Read Article

呪術廻戦名勝負「虎杖悠仁・釘崎野薔薇・東堂葵 vs. 真人」戦のネタバレ解説・考察まとめ

呪術廻戦名勝負「虎杖悠仁・釘崎野薔薇・東堂葵 vs. 真人」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「虎杖悠仁・釘崎野薔薇・東堂葵 vs. 真人」とは、巨大な陰謀に立ち向かう呪術師たちの活躍を描く『呪術廻戦』で繰り広げられた戦いの1つ。物語中盤の山場である「渋谷事変」を彩る、最後にして壮絶な対決となった。 “最強の術師”五条悟の封印を巡り、渋谷駅一帯は人間の術師と呪霊たちの戦場と化していた。呪霊の真人は、挑発を兼ねて虎杖の目の前で彼の尊敬する術師を殺害。さらに仲間を惨殺されたことで、虎杖はついに心折れるも、彼を救うべくさらなる増援が到着する。虎杖と真人の因縁に、決着の時が近づいていた。

Read Article

呪術廻戦名勝負「乙骨憂太 vs. 夏油傑」戦のネタバレ解説・考察まとめ

呪術廻戦名勝負「乙骨憂太 vs. 夏油傑」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「乙骨憂太 vs. 夏油傑」とは、強大な呪霊と化した幼馴染に憑かれた少年の成長と活躍を描いた『呪術廻戦 0(東京都立呪術高等専門学校)』で繰り広げられた戦いの1つ。同作最後の戦いであり、『呪術廻戦』本編にも大きな影響を与えている。 強大な怨霊と化した幼馴染の祈本里香に呪われた乙骨は、東京都立呪術高等専門学校に入学して里香を御する術を学び始める。呪術師の楽園を作ることを目論む夏油は、里香を自身の使い魔とするため乙骨の抹殺を画策。幼馴染への愛と呪術師の未来を懸けて、両者は激突する。

Read Article

呪術廻戦名勝負「虎杖悠仁・七海建人 vs. 真人」戦のネタバレ解説・考察まとめ

呪術廻戦名勝負「虎杖悠仁・七海建人 vs. 真人」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「虎杖悠仁・七海建人 vs. 真人」とは、巨大な陰謀に立ち向かう呪術師たちの活躍を描く『呪術廻戦』で繰り広げられた戦いの1つ。主人公である虎杖、ベテラン術師である七海の両名と凶悪な呪霊である真人との間に最初の因縁が生まれた戦いである。 映画館で呪霊による死者が発生し、虎杖は七海と共にこの調査に赴く。その犯人は真人という強大な呪霊で、なぜか吉野順平という学生と行動を共にしていた。真人を追う七海から順平のことを調べるよう命じられた虎杖は、彼に接触して次第に友人になっていく。

Read Article

呪術廻戦の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

呪術廻戦の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)とは、芥見下々によるダークファンタジーバトル漫画、およびそれを原作としたアニメ作品。この記事では、『呪術廻戦』を彩るオープニング・エンディング主題歌、挿入歌、そして本作の前日譚である『呪術廻戦0 東京都立呪術高等専門学校』を原作とする劇場アニメ『劇場版 呪術廻戦 0』の主題歌を紹介していく。

Read Article

呪術廻戦名勝負「五条悟 vs. 漏瑚」戦のネタバレ解説・考察まとめ

呪術廻戦名勝負「五条悟 vs. 漏瑚」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「五条悟 vs. 漏瑚」とは、巨大な陰謀に立ち向かう呪術師たちの活躍を描く『呪術廻戦』で繰り広げられた戦いの1つ。漏瑚の高い実力と、それを遥かに上回る五条の恐るべき強さが明らかになった戦いである。 人類殲滅を掲げる自然呪霊の1員たる漏瑚は、協力者である羂索の誘いに乗って“最強の術師”の異名を持つ五条悟を自ら討ち取ろうとする。五条はこれを迎え撃ち、そのすさまじい力を見た上で「弱い」と断言。わざわざ教え子の虎杖悠仁を連れ出して見学させつつ、漏瑚に圧倒的な実力の差を見せつける。

Read Article

呪術廻戦名勝負「髙羽史彦 vs. 羂索」戦のネタバレ解説・考察まとめ

呪術廻戦名勝負「髙羽史彦 vs. 羂索」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「髙羽史彦 vs. 羂索」とは、呪い呪われつつ悪を討つ呪術師たちの活躍を描く芥見下々の漫画『呪術廻戦』で行われた戦いの1つ。「おもしろい」と感じたことを実現する超人と、己の好奇心のために日本を滅ぼそうとする魔人による異色の対決である。 新宿で現代の術師たちが史上最強の呪霊両面宿儺と死闘を繰り広げていた頃、羂索は岩手で「日本人全てを使った呪霊」を生み出す準備を進めていた。自分を倒しに現れた髙羽を「取るに足らない雑魚」と断じる羂索だったが、あまりに異質な彼の術式にがぜん興味を掻き立てられる。

Read Article

呪術廻戦名勝負「五条悟 vs. ミゲル」戦のネタバレ解説・考察まとめ

呪術廻戦名勝負「五条悟 vs. ミゲル」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「五条悟 vs. ミゲル」とは、強大な呪霊と化した幼馴染に憑かれた少年の成長と活躍を描いた『呪術廻戦 0(東京都立呪術高等専門学校)』で繰り広げられた戦いの1つ。ぽっと出の外人キャラクターが“最強の術師”を相手にひたすら圧倒されて振り回されるという内容だが、五条の恐るべき実力が明らかになるに従い注目度が劇的に上がっていった。 「術師の楽園を作る」と語る夏油傑を気に入ったミゲルは、彼のために教え子たちの下へと急ぐ五条の足止めを買って出る。“最強の術師”を相手に、ミゲルの決死の奮闘が始まる。

Read Article

呪術廻戦名勝負「虎杖悠仁・伏黒恵・釘崎野薔薇 vs. 特級仮想怨霊 vs. 両面宿儺」戦のネタバレ解説・考察まとめ

呪術廻戦名勝負「虎杖悠仁・伏黒恵・釘崎野薔薇 vs. 特級仮想怨霊 vs. 両面宿儺」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「虎杖悠仁・伏黒恵・釘崎野薔薇 vs. 特級仮想怨霊 vs. 両面宿儺」とは、巨大な陰謀に立ち向かう呪術師たちの活躍を描く『呪術廻戦』で繰り広げられた戦いの1つ。物語の序盤で主人公の虎杖たちが直面した絶体絶命の窮地であり、事前に「3人の内の1人が死亡」という説明があったことで緊迫感ある展開となった。 少年院に強力な呪霊が発生し、緊急事態として虎杖ら3人が生存者の避難誘導を命じられる。虎杖は「いざとなれば自分の内の宿儺の力を使おう」と安易に考えていたが、事態は連鎖的加速的に悪化していく。

Read Article

呪術廻戦の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

呪術廻戦の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『呪術廻戦』とは、日本の漫画家・芥見下々によるダークファンタジー・バトル漫画である。集英社の『週刊少年ジャンプ』にて2018年に連載を開始。連載初期から人気を博し、『週刊少年ジャンプ』の看板作品へと成長した。作中では主人公の虎杖悠仁(いたどり ゆうじ)を始め、個性豊かなキャラクターが多く登場する。しかし作品が”呪い”というディープなテーマに沿ったバトル中心の作品であるためか、恋愛要素はほぼない。そんな中、読者達の間で恋愛関係にあるのではと囁かれているキャラクター達も多くいる。

Read Article

NEW
呪術廻戦の回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

呪術廻戦の回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

『呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)とは、日本の漫画家・芥見下々の描くダークファンタジーバトル漫画。2018年に『週刊少年ジャンプ』にて連載が開始された。”呪い”というネガティブでディープなテーマを持ちながら、王道である熱いバトルや個性豊かなキャラクターなどが支持を得て人気を集めている。緻密に練り上げられたストーリーには伏線や謎が散りばめられており、作中で既に回収された伏線もあるが、未だ謎として残っているものも多々ある。

Read Article

呪術廻戦の御三家・禪院家まとめ

呪術廻戦の御三家・禪院家まとめ

禪院家(ぜんいんけ)とは、『週刊少年ジャンプ』の人気漫画『呪術廻戦』に登場する呪術界のエリート家系・御三家の一つである。術式至上主義であり、術式を持たない者は血族であっても落伍者として蔑まれる。また男尊女卑の思想も強く残っており、長く続くがゆえに古き因習に囚われている。 『呪術廻戦』では禪院家出身のキャラクターが多く登場するが、人間性を疑いたくなるような人物も多く、読者の中では「禪院家は『クズ』の集団」という認知が進んでいる。

Read Article

NEW
乙骨憂太(呪術廻戦)の徹底解説・考察まとめ

乙骨憂太(呪術廻戦)の徹底解説・考察まとめ

乙骨憂太(おっこつ ゆうた)は、『呪術廻戦』の登場人物で、現代最強の術師五条悟に特に期待されている若手呪術師にして、国内に四人しかいない特級術師の一人である。 ごく普通の少年だったが、幼馴染の祈本里香の死後、彼女の霊に取り憑かれる。やがて里香は国家規模の破壊すらもたらしかねない強大な呪霊と成り果て、これを御する術を学ぶために東京都立呪術高等専門学校に転入。呪術の世界と関わっていく中で、その秘めた才能を開花させていく。 『呪術廻戦』本編では、主人公虎杖悠仁の一学年上の生徒という立場。

Read Article

目次 - Contents