秒速5センチメートル(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『秒速5センチメートル』とは、2007年に公開された日本のアニメーション映画作品およびそれを原作とした小説・漫画などの派生作品。「君の名は。」(2016年)で有名な新海誠監督の劇場公開長編第3作目。思春期から成人までの男女の心の距離と速度をテーマとした3つの短編の連作。現実の現代日本を舞台に、少年・少女を主人公とした恋模様や葛藤が描かれる。

両毛線(りょうもうせん)

第一話と第三話で登場する、貴樹と明里が利用した路線。劇中では小山駅と岩舟駅が登場。新海監督はほぼ全作で自らロケハンを行っているが、本作では駅で撮影された写真などが公開されている。
劇中で登場した電車は高崎車両センター所属の湘南色(緑色とオレンジ色)の115系だが、2018年3月16日で定期運行は終了している。

小山駅

貴樹の乗る電車が大雪で止まってしまい、手紙も飛ばされてしまうというシーンが描かれる。駅構内で立ち食い蕎麦屋も登場しているが、この店舗は2015年3月31日に閉店。
また、本作の主題歌は小山駅構内BGM「One more time, One more chance(PIANO Ver.)」として2018年4月から6月30日まで使用される予定。

岩舟駅

駅からの道は本作のポスターなどにも使われている。
2016年の新海監督作「君の名は。」が大ヒットを記録すると、聖地巡礼に訪れるファンが急増したという。
この駅を選んだ理由について新海監督は「中学生が一人で行くには遠く、大人にとってはたいしたことがない距離で北関東をイメージし、訪れた雰囲気で決めた」と語っている。
また、この駅は2004年の岩井俊二監督作品「花とアリス」の冒頭シーンでも登場している。新海監督は「花とアリス」を高く評価しており、本作に岩舟駅を登場させたのはオマージュでもあると語っている。

深宇宙探査機 ELISH(エリシュ)

第二話と第三話に登場する、NASDAによって作られたという設定の架空の宇宙探査機。
1999年9月16日に種子島宇宙センターで打ち上げられたとされている。
第三話の2008年時点では海王星まで到達しており、海王星大気の詳細データの取得に成功したと科学雑誌Newtonで記述されている。海王星を通過後、太陽系外の深宇宙を探査する予定。
第二話では自分自身がどこまで行けるか悩んでいた貴樹にとって、想像を絶するほど遠くへ進んでいく存在とされている。

『秒速5センチメートル』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

チョビとミミ

第一話の小学生の貴樹と明里が猫と遊んでいるシーンで、このとき登場する猫はチョビとミミ(名前のみ)。この名称は新海監督の初期監督作「彼女と彼女の猫」に登場する猫の名前から来ている。
また、チョビという名前の猫は「雲のむこう、約束の場所」「猫の集会」、ミミという名前の猫は「星を追う子ども」にも登場している。

明里の本

第三話のこのシーンで明里が読んでいる本は村上春樹の短編集「螢・納屋を焼く・その他の短編」。新海監督は自身が村上春樹のファンだと公言している。その他にも、トルーマン・カポーティの「草の竪琴」など様々な小説が本作では登場している。

キャストについて

貴樹と明里の声を担当した水橋研二、近藤好美、尾上綾華の3人は声優の経験はほとんどなかった。

「君の名は。」公開後

2016年の新海監督作「君の名は。」が大ヒットを記録すると、第一話の舞台となった岩舟駅に聖地巡礼に訪れるファンが急増したという。「君の名は。」は本作と比較されることが多く、本編では似たようなシーンがいくつか見られる。「君の名は。」公開時の舞台挨拶の際に新海監督は「『君の名は。』を見た後で『秒速5センチメートル』は見ない方がいいです。失恋する話なので」と語っていた。

『秒速5センチメートル』の評価・影響

KASHIWA Daisuke

エレクトロ系ミュージシャンのKASHIWA Daisukeは本作を観賞し「大げさではなく人生においてこの作品に出会えて本当に良かった」と新海監督に直々にメールを送ったという。これがきっかけとなり、2013年の新海監督作品「言の葉の庭」ではKASHIWA Daisukeが音楽を担当した。

神木隆之介

「君の名は。」で主人公・立花瀧役を演じた神木隆之介は本作をきっかけに新海作品のファンになったと語っている。遠野貴樹に憧れ、貴樹のセリフをトーンの抑揚や感情を再現しようと練習したこともあるという。新海監督は神木が本作を分析し、貴樹のニュアンスを「君の名は。」に持ち込んでくれたと語っている。

kheek2
kheek2
@kheek2

Related Articles関連記事

秒速5センチメートルの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

秒速5センチメートルの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

美しすぎる映像表現と、アニメーションながら何か大事な事を気づかせてくれる何気ない日常の精緻な表現。 アニメファンのみならず様々な人々を魅了する作品を世に送り出す新海誠監督作品の中でも、「秒速5センチメートル」は片想いの心情を表現する詩的な名言・名セリフによって「切なすぎるラブストーリー」として今でもネット上で語り継がれている。今回はそんな新海誠監督代表作の名言・名セリフを振り返る。

Read Article

雲のむこう、約束の場所(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

雲のむこう、約束の場所(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『雲のむこう、約束の場所』とは、「ほしのこえ」につづく、新海誠による長編アニメーション映画である。公開は2004年で、制作会社はコミックス・ウエーブ・フィルムだ。この作品は、戦争により北海道と本州以下が南北に分断された日本を描くSF作品で、舞台は青森県である。中学生である主人公の「ヒロキ」は、親友の「タクヤ」と共に、今は異国の地である「エゾ」にそびえる塔に行くための飛行機を制作していた。それは彼らだけの「秘密の計画」であった。

Read Article

星を追う子ども(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

星を追う子ども(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『星を追う子ども』とは、2011年5月に公開された長編アニメーション映画である。監督は「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」などで知られる新海誠で、制作会社はコミックス・ウエーブ・フィルム。この物語は、主人公の少女「アスナ」が、秘密基地で出会った少年「シュン」の死を乗り越え、強く生きていこうと決心するまでの冒険を描いたファンタジー作品である。

Read Article

言の葉の庭(新海誠)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

言の葉の庭(新海誠)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

惹きつけられる映像美と、雨情のあるストーリー展開、そして音楽。それぞれの表現どれもが繊細で、観る者たちの心を捉えて離さない新海誠監督によるアニメである。2013年5月に公開された後に、2016年2月に角川文庫より文庫版「小説 言の葉の庭」が発売。同年9月には全国各地でリバイバル上映される。現代の東京を舞台に、高校生の少年孝雄とミステリアスな年上の女性との孤悲の物語が描かれている。

Read Article

君の名は。(新海誠)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

君の名は。(新海誠)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『君の名は。』とは、新海誠監督の6作品目となる長編アニメーション映画である。コミックス・ウェーブ・フィルム制作により2016年に公開された。飛騨の山奥の糸守町に住む女子高生・宮水三葉と東京に住む男子高生・立花瀧。2人はたびたび夢の中でお互いが入れ替わるという不思議な体験をしていた。そんなある日、1000年ぶりに彗星が地球を来訪する。しかしその美しい彗星は、彼らにとって悲しい運命をもたらすものであった。多くの人が涙した話題作である。

Read Article

すずめの戸締まり(アニメ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

すずめの戸締まり(アニメ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『すずめの戸締まり』(すずめのとじまり)とは、災いを封じる旅を続ける少女の成長と再生を描いた、新海誠によるアニメ映画。 高校生の少女岩戸鈴芽は、ある日宗像草太という青年と出会い、彼が地震を起こすミミズという存在を封じて回っていることを知る。その封印に必要な要石を抜いてしまった鈴芽は、イスに姿を変えられた草太と共に、ネコの姿になって逃げ出した要石を追って日本中を旅していく。その旅の果てに待っていたのは、過去の巨大な災いと、鈴芽自身の再生の物語だった。

Read Article

NEW
極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『極主夫道』(ごくしゅふどう)とは、おおのこうすけによる日本の漫画。実写ドラマ化とアニメ化もされている。「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザの、主夫業の日常を描いたハートウォーミングコメディ。強面のヤクザが全力で主夫業に邁進するギャップ、および高い画力とシュールな展開が特徴。大筋は主人公の龍がその強面から繰り出す熟練の家事スキルギャップが軸になるが、登場人物たち半数近くがその筋の関係者で彼らも彼らでどこかしらズレており、そのズレの連鎖から笑いの渦を生んでくるパターンも多い。

Read Article

天気の子(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

天気の子(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『天気の子』とは、新海誠による日本のアニメーション映画。2019年7月19日に公開され、興行収入は140億円を突破し、日本映画史に残る大ヒットを収めた。 家出して東京にやってきた少年・森嶋帆高は、親元を離れて弟と2人暮らしをしている天野陽菜という少女と出会う。似たような身の上の若者同士で次第に親しくなっていく中、帆高は陽菜が「どんな大雨も晴れに変える」という不思議な力を持つことを知る。これを使って商売を始める帆高たちだったが、やがて陽菜の力に隠されていた大きな代償を突き付けられる。

Read Article

大病院占拠(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

大病院占拠(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『大病院占拠』とは、日本テレビで放送された嵐の櫻井翔主演のサスペンスドラマである。心の病で刑事を休職している武蔵三郎が、界星堂病院を占拠した鬼のテロリストから人質を救出しようとするストーリーとなっている。櫻井翔の他に、比嘉愛未、白洲迅、渡部篤郎など豪華キャストがドラマ出演している。ドラマの脚本は福田哲平、音楽はベイリー芦屋が担当する。鬼のテロリストによって次々と犯罪者の罪が暴かれていくシーンや犯行に及んだ理由も、ドラマの見どころのひとつである。

Read Article

すずめといす(すずめの戸締まりスピンオフ絵本)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

すずめといす(すずめの戸締まりスピンオフ絵本)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『すずめといす』とは、マクドナルドのハッピーセットのおまけとして期間限定で配布された、『すずめの戸締まり』を題材とする絵本。『すずめの戸締まり』の前日譚を描いている。 母子家庭で育つ少女すずめは、仕事や勉強で忙しいあまりに机に突っ伏して寝てしまった母のためにごちそうを作ってあげようと思い立つ。1人で料理を作れるだろうかとすずめが不安に思ったところで、母お手製の“すずめのいす”が動き出し、自分も手伝うと言い出す。

Read Article

ほしのこえ(新海誠映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ほしのこえ(新海誠映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ほしのこえ』とは、2002年に公開された、新海誠の初の劇場用作品でもある短編アニメーション映画。女性の声優以外のほぼ全ての作業を新海1人が行い、彼の作品が注目されるに従い本作の知名度も上がっていった。キャッチコピーは「私たちは、たぶん、宇宙と地上にひきさかれる恋人の、最初の世代だ。」。 地球外生命体の調査のため地球を発つ長峰美加子。地球で彼女の帰りを待つ寺尾昇。2人はメールで連絡しながら再会を待ち続けるが、流れる時の違いと光の速さで数年かかる距離が、その絆をゆっくりと引き裂いていく。

Read Article

【秒速5センチメートル】失恋した時に観たい症状別「恋の処方箋」映画まとめ【エターナル・サンシャイン】

【秒速5センチメートル】失恋した時に観たい症状別「恋の処方箋」映画まとめ【エターナル・サンシャイン】

告白したけど振られてしまった、ずっと付き合っていた恋人と別れてしまった…。そんな経験、誰しもあるかと思います。失恋はもう何もかもどうにでもなれとヤケになってしまうくらい辛いものだけれど、そんな時こそ心を落ち着かせて恋愛映画を観てみましょう。この記事では、あなたが抱えている恋の病の処方箋にピッタリな作品をまとめました。どんなに辛い出来事でも、いつしか傷は癒えていくもの。互いに心から愛し合える素敵な出会いは必ずあると信じて、前向きに生きていきましょうね。

Read Article

【サマーウォーズ】「これだけは見てほしい」ジブリ以外のおすすめアニメ映画10タイトルを紹介!【ブレイブ ストーリー】

【サマーウォーズ】「これだけは見てほしい」ジブリ以外のおすすめアニメ映画10タイトルを紹介!【ブレイブ ストーリー】

本記事では「これだけは見てほしい」と自信を持っておすすめできる、ジブリ以外のアニメ映画作品10タイトルをまとめて紹介している。記事中では『時をかける少女』『サマーウォーズ』『イヴの時間』『秒速5センチメートル』『ブレイブ ストーリー』などを掲載した。ぜひ最後までチェックしてみてほしい。

Read Article

新海誠監督の「秒速5センチメートル」と「君の名は」との間にある、意外な関係とは?

新海誠監督の「秒速5センチメートル」と「君の名は」との間にある、意外な関係とは?

歴代興業収入ベスト4を達成し、一種の社会現象にまでなった「君の名は」。その監督である新海誠の過去作、「秒速5センチメートル」は、「君の名は」とは対照的にとても切ない作品となっています。その二つの作品の間にある対比と、そこから浮かび上がる二つの作品の関係について考察していきます。

Read Article

【新海誠】宮崎駿をリスペクトする映画監督まとめ!ジブリの世界に魅了された男たちを紹介【ジョン・ラセター】

【新海誠】宮崎駿をリスペクトする映画監督まとめ!ジブリの世界に魅了された男たちを紹介【ジョン・ラセター】

日本が世界に誇るアニメーター、宮崎駿。彼が作り出した作品に魅了された映画監督をまとめました。ここで紹介するのは、『君の名は。』の新海誠や、ピクサー作品を手掛けるジョン・ラセター、『ターミネーター』や『タイタニック』などを世に送り出してきた監督ジェームズ・キャメロンなど、そうそうたるメンバーばかり。彼らが宮崎駿をリスペクトする理由などを紹介していきます。

Read Article

新海誠作品の裏設定・都市伝説集!『天気の子』『君の名は。』『言の葉の庭』の噂を紹介

新海誠作品の裏設定・都市伝説集!『天気の子』『君の名は。』『言の葉の庭』の噂を紹介

新海誠監督作品『天気の子』『君の名は。』『言の葉の庭』に関する裏設定・都市伝説をまとめました。『君の名は。』の登場人物・キャラクターが『天気の子』にも登場していることや、作中に登場するお店のモデルになった場所の紹介、作中に登場する小ネタの解説などを掲載。知れば誰かに話したくなる情報が満載です。

Read Article

【君の名は。】新海誠はスタジオジブリの作品を意識しているのではないかという噂を検証!本人はファンを公言【星を追う子ども】

【君の名は。】新海誠はスタジオジブリの作品を意識しているのではないかという噂を検証!本人はファンを公言【星を追う子ども】

本記事では『君の名は。』などの作品の監督として知られている新海誠が、「スタジオジブリを意識しているのではないか」という噂について、まとめて紹介している。新海誠はジブリファンを公言しており、『星を追う子ども』では随所にジブリ作品のワンシーンを彷彿とさせる場面がちりばめられていたのである。

Read Article

新海誠、松本零士、チームラボ…「宇宙にトリップできる展覧会」3選!

新海誠、松本零士、チームラボ…「宇宙にトリップできる展覧会」3選!

2016年に開催された、「新海誠が描く宙(ソラ)展」、「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」、「松本零士展 - 夢の彼方へ -」の3展を紹介します。これらの展覧会は、無限の空間をイメージしたものという共通点があり、「“宇宙”を感じられる」と話題になりました。

Read Article

人気アーティストによる名カバー曲まとめ【山崎まさよし&スガシカオ「なごり雪」など】

人気アーティストによる名カバー曲まとめ【山崎まさよし&スガシカオ「なごり雪」など】

イルカの「なごり雪」や中島みゆきの「時代」など、時代を変えても新たなアーティストに歌い継がれている名曲たち。ここではその中から、本家にも負けない魅力を持つ名カバー曲をまとめました。動画を交えながらそれぞれの歌のおすすめポイントを紹介していきます。

Read Article

「ジブリの再来」とも評される新海誠の美しい映像作品をまとめて紹介!Z会や大成建設など

「ジブリの再来」とも評される新海誠の美しい映像作品をまとめて紹介!Z会や大成建設など

本記事では多方面の業界から「ジブリの再来」などと高く評価されている新海誠が制作した、多数の美しい企業CMや映像作品をまとめて紹介している。新海誠は『秒速5センチメートル』などの映画で高く評価されており、熱烈なジブリファンとしても知られている。記事中では「Z会」「大成建設」「野村不動産グループ」などの企業CMの動画を掲載した。

Read Article

【君の名は。】新海誠監督作品の厳選壁紙まとめ【言の葉の庭】

【君の名は。】新海誠監督作品の厳選壁紙まとめ【言の葉の庭】

新海誠といえば今や全国的に有名なアニメーション映画監督ですが、その名をグッと押し上げたのが2016年に公開された『君の名は。』でした。この記事では、そんな本作を始め、新海誠監督作品の壁紙画像をたくさんまとめています。美しいグラフィックを見ているだけで泣けてくるのが不思議ですね。

Read Article

【君の名は。】ハリウッドで実写化予定の日本漫画&アニメ一覧!【進撃の巨人】

【君の名は。】ハリウッドで実写化予定の日本漫画&アニメ一覧!【進撃の巨人】

インターネットを通じて配信され、世界中で楽しまれるようになった日本の漫画やアニメ作品。次なるヒット作を求める映画の都ハリウッドもこれに注目し、様々な人気作の実写化が進んでいる。 思わず「見てみたい」と興味を惹かれるものから「あれをどうやって実写にするのか」と驚くものまで、ハリウッドで実写化予定の漫画&アニメ作品を紹介する。

Read Article

【ネタバレ注意】「君の名は。」マニアックなトリビア・考察まとめ!

【ネタバレ注意】「君の名は。」マニアックなトリビア・考察まとめ!

映画「君の名は。」のトリビアと考察についてまとめました!ネタバレを含みますのでご注意ください。ぜひ最後までご覧ください。 『君の名は。』は、新海誠が監督・脚本を務めた2016年の日本のアニメーション映画。主演(声の出演)は神木隆之介と上白石萌音。作画監督は安藤雅司、キャラクターデザインは田中将賀が務めた。

Read Article

【君の名は。】最高傑作の名作おすすめアニメ映画40選!永久保存版!【風の谷のナウシカ】

【君の名は。】最高傑作の名作おすすめアニメ映画40選!永久保存版!【風の谷のナウシカ】

アニメ大国として毎年様々な映画が生み出される日本。その作品の数々は海外からも高い評価を受けています。この記事では、宮崎駿監督のスタジオジブリ作品をはじめ、細田守監督や新海誠監督など、名だたるアニメ映画監督の作品についてまとめました。何年経っても色褪せない、魅力的なものばかりですよ!

Read Article

【聖地巡礼】『君の名は。』の舞台になった場所をまとめました!【Your Name.】

【聖地巡礼】『君の名は。』の舞台になった場所をまとめました!【Your Name.】

映画『君の名は。』の劇中で使用されている場所をまとめました!聖地巡礼をぜひしてみてください!「君の名は。」は「言の葉の庭」の新海誠監督が、夢の中で入れ替わる少年と少女を主人公に贈る青春SFファンタジー・アニメーション。入れ替わりが巻き起こす思春期ならではのコミカルで甘酸っぱい青春模様と、2人を待ち受ける思いも寄らぬ運命の顛末を美しい映像とともに綴る。声の出演は神木隆之介、上白石萌音。

Read Article

【君の名は。】ジャンルいろいろ!大人が楽しめる最高に面白いアニメまとめ【AKIRA】

【君の名は。】ジャンルいろいろ!大人が楽しめる最高に面白いアニメまとめ【AKIRA】

アニメといえば、一昔前は「子どもが観るもの」というイメージがありましたよね。ところが、今では子どもよりもむしろ大人のほうがアニメに夢中になっている印象を受けます。この記事では、そんな大人たちが楽しめる最高に面白いアニメについてまとめました。いろんなジャンルのものを紹介しているので、まずは興味のあるもの・好きなものから観ていくのがオススメですよ!

Read Article

【この世界の片隅に】涙腺崩壊必至!泣けていないあなたに贈る珠玉のアニメ特集【君の名は。】

【この世界の片隅に】涙腺崩壊必至!泣けていないあなたに贈る珠玉のアニメ特集【君の名は。】

最近泣いたことはありますか?泣くのは恥ずかしいことだと思っている方も多いですが、決してそんなことはありません。泣きたいときに思いっきり泣くほうが、むしろスッキリしますよ。この記事では、涙腺崩壊すること間違いなしな名作アニメをまとめました。人前で泣けないというあなたも、自宅でなら何を気にすることもないですから、たまには思いっきり声を上げて泣いてみませんか。

Read Article

卒業式に華を添える黒板アート画像集!感動間違いなしの大作だらけ!

卒業式に華を添える黒板アート画像集!感動間違いなしの大作だらけ!

卒業式の風物詩となった黒板アート。カフェのメニューや結婚式のウェルカムボードなどで目にする機会が多かったチョークアートが元になっていますが、教室の黒板を使うと桁違いの迫力を生み出します!『君の名は。』や『魔女の宅急便』といった人気作品の有名なシーンを見事に再現した絵や、クラスメイトそっくりの似顔絵など、見ていて感動する黒板アートをどんどん紹介していきます。

Read Article

【君の名は。】神木隆之介が声優を担当したキャラまとめ【千と千尋の神隠し】

【君の名は。】神木隆之介が声優を担当したキャラまとめ【千と千尋の神隠し】

人気俳優の「神木隆之介」が声優を担当した登場人物・キャラクターをまとめた。空前の大ヒットとなった「君の名は。」で主人公の声優を務め、その高い演技力が話題となった神木隆之介は、子どもの頃から声優としても活躍していた。特にジブリ作品では幼少期から何度も出演している。

Read Article

目次 - Contents