シャーマンキング(SHAMAN KING)のネタバレ解説・考察まとめ

『シャーマンキング』とは1998年から2004年にわたって週刊少年ジャンプで連載された武井宏之の作品。通称は『マンキン』で、アニメ化もされた。1度は打ち切りになったが、約380Pの描き下ろしが追加された完全版が発売となり物語は完結した。霊と交流でき戦う能力を持つ「シャーマン」の少年・朝倉葉。彼はシャーマンの頂点「シャーマンキング」を目指し、500年に1度行われる「シャーマンファイト」に参加する。

『シャーマンキング』の概要

『シャーマンキング』とは集英社の『週刊少年ジャンプ』にて、1998年から2004年に連載された武井宏之の作品。
シャーマン(霊能力者)の能力を持った少年が「シャーマンファイト」という試合に参加し、その全ての王である「シャーマンキング」を目指すストーリー。
主人公である麻倉葉(あさくらよう)が力と仲間を得ながら、最大の敵である「ハオ」に立ち向かう姿は、どこかユルいということもあり人気を博した。
2001年7月から2002年9月までテレビ東京系でアニメ化され、主題歌は林原めぐみが担当した。ゲーム化やアニメ版キャストでのドラマCD化もされている

しかし連載末期には『週刊少年ジャンプ』のアンケート順位が低迷を続けたため、2004年40号をもって打ち切りという形で連載が終了。
その後、透明なカバーを使った完全版が発売され、カラーでの登場人物の描き下ろし、おまけ漫画完全収録、そして原作ではハオとの最終決戦に向かうところで打ち切られてしまった内容を、その後の展開をきちんと補足した約380Pの描き下ろししたということが話題になった。

2011年11月から2012年3月まで、『ジャンプ改』で『シャーマンキング』が復活し、主要キャラクターの過去を描いた読切連作『シャーマンキング0-ZERO-』が掲載され、さらには2012年4月より、葉の息子である花を主人公にした『シャーマンキングFLOWERS』の連載がスタートした。
その後は2018年に講談社に移籍し、再始動・再アニメ化されたことが話題となった。

『シャーマンキング』のあらすじ・ストーリー

シャーマンキングを目指す少年・麻倉葉

東京の学校に転校してきた麻倉葉。

出雲のシャーマンの名門、麻倉家の長男・麻倉葉(あさくらよう)は、シャーマンの修行のために東京にやってきた。500年に1度行われる、世界中のシャーマンの頂点を決める戦い「シャーマンファイト」に参加して「シャーマンキング」になることが葉の目標だった。シャーマンキングはこの世の森羅万象を司る神のような存在で、葉はその力で「みんなが楽に生きられる世界を作る」という夢を持っていた。
家柄や霊感のせいで友達のいない幼少期を送った葉だったが、東京で初めての人間の友達・小山田まん太(おやまだまんた)と出会い、室町時代の剣豪の霊・阿弥陀丸(あみだまる)を相棒にする。許嫁の恐山アンナ(きょうやまあんな)の地獄のような特訓に耐えながら、葉はシャーマンとして成長していく。

シャーマンファイトへの出場

葉は阿弥陀丸と共にシャーマンファイトに参加する。中国のシャーマンの名門・道(タオ)家の道蓮(たおれん)、アイヌのシャーマン・ホロホロなど、様々なライバルとぶつかりあいながらも互いを高めあっていく。
そんな中、シャーマンファイトの優勝者として有力視されている少年・ハオが現れる。葉と同じ年頃のハオは人間が修行で到達できるレベルより遥か高みにいるだけでなく、人を殺すことになんの躊躇いもない残虐な性格だった。
そしてハオは、葉の双子の兄であることが判明する。

葉王と葉の因縁

ハオはもとの名を葉王(ハオ)といい、1000年前の日本に生まれ、陰陽師・麻倉家を興した人物だった。葉王はあるときからシャーマンの力で人間を滅ぼそうという考えを持つようになり、当時の麻倉家の人々によって倒される。しかし葉王の力は既に人知を超えており、記憶と能力を持ったまま転生を繰り返して力を蓄え続けた。
そして、ハオは葉の双子の兄として現代に生まれてきた。葉は麻倉家の使命として、ハオを倒さなくてはならないのだった。

X-LAWSとの対立

葉と仲間たちはあらゆる困難を乗り越えていく中で、ハオの抹殺を目指す組織「X-LAWS」と関わることになる。
X-LAWSは正義のために戦っているが独善的で、ハオを倒すためなら無関係の者を殺害することも厭わない集団だった。X-LAWSはハオの血縁者である葉を敵視し、葉も殺人を躊躇わないX-LAWSを否定する。対立していた両者だったが、紆余曲折を経て理解しあうことができた。

ガンダーラと五人の戦士

シャーマンファイトは本戦まで進むが、ハオを止めることができる者は誰もいない。ハオの部下たちが試合の外で暗躍して参加者や観戦に来たシャーマンを殺していき、本戦は荒れに荒れる。
そんな中、葉たちは「中庸」を掲げる仏教系のシャーマンの集団「ガンダーラ」と接触する。ガンダーラもまたハオを止めることを目的としていたが、殺害ではなくあくまでハオ自身の意思で人類滅亡をやめさせることを目指していた。
ガンダーラはハオを止めることができる「五人の戦士」を探していた。そして葉と仲間たちが五人の戦士として見定められる。ガンダーラの手引きで修行した葉たちはこれまでとは別次元の強さを身に着ける。一方、葉はハオのことをどうすべきか悩んでいた。

葉の決断

葉はシャーマンファイトに参加する前よりずっと強くなったが、ハオと真っ向から戦って勝つことは到底できない。力でハオに勝つことは誰にもできない。しかし葉はハオと接する中でハオが心の中に抱いているどうしようもない孤独を見抜き、「あいつの心になら勝てる気がする」と考える。
ハオは1000年前、生まれつき強すぎる霊感を持ったことで迫害され、母を殺されたことで人間に絶望していた。人間は悪い結果になるとわかっていても互いに争うことをやめず、地球の自然環境を破壊する一方だ。ハオは人間の汚い部分を見すぎていた。
葉はハオに勝つのではなく、その心を救済することを決める。

シャーマンキング

ついにシャーマンキングとなったハオに、葉たちは最後の戦いを挑む。森羅万象を味方につけたハオの力は圧倒的だったが、葉たちは諦めない。
そこに、ハオが幼少の頃に唯一友達になった小さな鬼、乙破千代(おはちよ)が現れる。彼はガンダーラの手引きでハオに会いに来たのだ。1000年もの間会えなかった友との再会に、ハオの心が揺れる。
そして、乙破千代の次に現れたのはハオの母だった。1000年前に初めて死んでから、ハオは死者の世界で血眼になって母を探したが、再会は叶わなかった。悲しみと憎しみに染まってしまったハオの魂では、母の持つ愛情の波長を感じ取れなかったのだ。
大勢の前で母に諫められて言葉を失うハオに、葉は「よかったなぁ、にいちゃん」と笑いかける。
ハオは考えを変えることはしなかったが、母の顔に免じて、人類を滅ぼすまで猶予を設けることにする。それまでの間、葉たちがその人生の中でどれだけ世界を変えられるか、ハオは見守っていくことになった。
こうして葉たちは現世に帰り、少しでも世界を良くするため、それぞれのやり方で懸命に生きていくのだった。

『シャーマンキング』の登場人物・キャラクター

renote.net

主要人物

麻倉葉(あさくらよう)

CV:佐藤ゆうこ
主人公。オレンジ色のヘッドホンに首には熊のヒヅメをつけ、便所サンダルを履いている。自分のことを「オイラ」と呼ぶ。
「楽に生きる」のがモットーで、楽に生きられる世界を目指して何かと苦労する。
シャーマンの力を持っていて、霊を自分の体や物体に憑依させることができる。
持霊は阿弥陀丸。ハオは双子の兄である。
シャーマンキングを目指す為祖父から修行を受けており、朝倉家の跡継ぎとのことから鬼の子と呼ばれ友達がいなかった。許嫁であるアンナのことが大好き。
まん太と出会った時にも、「霊が見える人間に悪い奴はいない」と言っており、それはどんな敵を前にしても揺るがない。
オーバーソウルの媒介は阿弥陀丸の愛刀「春雨」。

asd-08563
asd-08563
@asd-08563

Related Articles関連記事

グレートスピリッツ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

グレートスピリッツ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

グレートスピリッツとは、『シャーマンキング』に登場する、この世のすべての魂の集合体であり、シャーマンキングだけが所有することのできる最強の霊だ。特定の姿や人格はなく、あらゆる魂とその記憶から出来ている。肉体の死を迎えた魂はグレートスピリッツへと還り、再び地上に生まれる時を待つ。グレートスピリッツの中では無数の魂が文化圏ごとのコミューンを形成しており、地獄と呼ばれる場所も天国と呼ばれる場所もある。

Read Article

シャーマンキングのオーバーソウル・必殺技まとめ

シャーマンキングのオーバーソウル・必殺技まとめ

『シャーマンキング』とは、武井宏之による漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。 平凡な中学生、小山田まん太のクラスに転校してきた不思議な少年麻倉葉。彼は霊と心を通わせることのできる霊能力者、「シャーマン」だった。500年に一度開催されるというシャーマンの王を決める戦い、「シャーマンファイト」に参加するべく上京してきたのだ。 シャーマンは各々の「持霊」を物体に憑依させ具現化させる、「オーバーソウル」と呼ばれる方法で戦う。葉は持霊の阿弥陀丸と共に様々な成長を遂げ、技を身につけていく。

Read Article

シャーマンキングの持霊まとめ

シャーマンキングの持霊まとめ

『シャーマンキング』とは、武井宏之による漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。 平凡な中学生、小山田まん太のクラスに転校してきた不思議な少年麻倉葉。彼は霊と心を通わせることのできる霊能力者、「シャーマン」だった。500年に一度開催されるというシャーマンの王を決める戦い、「シャーマンファイト」に参加するべく上京してきたのだ。 葉は伝説の侍、阿弥陀丸を自らの“持霊”にし、シャーマンファイトに挑む。シャーマンは皆それぞれ持霊がおり、霊を物体に憑依させ具現化させて戦う。

Read Article

シャーマンキングの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

シャーマンキングの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『シャーマンキング』とは1998年から2004年にわたって週刊少年ジャンプで連載された武井宏之の作品。一度は打ち切りになったが完全版が発売され、約380Pの描き下ろしが追加され完結した。シャーマンの少年である主人公・麻倉葉(あさくらよう)が、全てのシャーマンの頂点「シャーマンキング」を決める戦い「シャーマンファイト」に参加し、様々な人との出会いや戦いを通して成長していく物語。

Read Article

五大精霊(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

五大精霊(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

五大精霊とは、『シャーマンキング』に登場する自然を司る最高位の5体の精霊で、シャーマンファイトを運営するパッチ族が守っている。それぞれ火、水、風、地、雷の五大元素を司っている。500年前、パッチ族からハオがスピリットオブファイアを盗み出して以降は残りの4体がパッチ族に守られていた。ハオを止めるためにガンダーラが見出した「五人の戦士」にそれぞれが渡され、シャーマンキングとなったハオに対抗する戦力となった。

Read Article

馬孫・黒桃(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

馬孫・黒桃(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

馬孫(バソン)・黒桃(コクトー)とは、『シャーマンキング』に登場する中国の武将の霊とその愛馬の霊で、中国のシャーマンの少年、道蓮(タオレン)の持霊(もちれい)だ。作中には黒桃はほとんど登場せず、主に馬孫が蓮の持霊として活躍している。馬孫は生存から道家に仕えており、死亡してからもその忠心は変わっていない。横暴でわがままな蓮を「坊ちゃま」と呼び、尽くしている。『シャーマンキングFLOWERS』では蓮の息子、黽(メン)の持霊として仕えている。

Read Article

ハオ/麻倉葉王(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

ハオ/麻倉葉王(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

ハオとは、『シャーマンキング』のラスボスであり、人類せん滅を企む麻倉家の始祖、麻倉葉王(ハオ)が転生を繰り返して主人公・葉の双子の兄として生まれた少年。「ちっちぇえな」が口癖で、シャーマンのエネルギーである巫力(ふりょく)は約125万という圧倒的な数値を叩き出すほど規格外の力を持つ。主人公を含めて誰にも超えられない絶対的な壁として作品全体に君臨する。最後は大勢の人々が見守る前で実の母・麻ノ葉に諭されるという恥ずかしい思いをした。シャーマンキングとなった後は葉の息子である花を見守っている。

Read Article

ホロホロ/碓氷ホロケウ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

ホロホロ/碓氷ホロケウ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

ホロホロ/碓氷ホロケウ(うすいホロケウ)とは、『シャーマンキング』の登場人物でアイヌのシャーマンの少年。コロポックルのコロロを持霊(もちれい/シャーマンの相棒)とし、雪や氷を用いた戦闘を得意とする。情に厚く熱血な性格で、夢は「でっけえフキ畑を作る」こと。人間の土地開発により自然が壊されていくことを憂えている。シャーマンファイト終了後は農場や牧場を経営する傍ら、森林の違法伐採をする業者や水の不当管理をする業者を潰す「水源の守護者」として活動している。

Read Article

アイアンメイデン・ジャンヌ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

アイアンメイデン・ジャンヌ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

アイアンメイデン・ジャンヌとは、『シャーマンキング』に登場するキャラクターで、ハオを倒すために結成された正義の組織「X-LAWS」のリーダー。圧倒的な強さを持つ「神クラス」と呼ばれるシャーマンのひとりで、組織のメンバーからは「聖・少・女」と崇められている。世界平和を願う少女だが、正義のために躊躇いなく人を殺すという異常性を持つ。紆余曲折を経て自分を見つめなおし、自分の思う正しさだけではなく他者のために戦うようになる。シャーマンファイト終了後に蓮と結婚し一男をもうけるが、ある人物に殺害される。

Read Article

麻倉葉(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

麻倉葉(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

麻倉葉とは、『シャーマンキング』の主人公で、「なんとかなる」が口癖の心優しいシャーマンの少年。侍の霊・阿弥陀丸を相棒に、「楽に生きられる世界」を作るため、500年に一度行われるシャーマンの頂点を決める戦い「シャーマンファイト」に参加する。人類滅亡を目論む宿敵にして兄・ハオを止めるべく奔走する。争いごとを好まない穏やかな性格で、特に人殺しは決して許容しない。多くの出会いと戦いを通して成長し、自分の行いの結果を受け止める覚悟を持つようになる。

Read Article

道蓮(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

道蓮(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

道蓮(タオレン)とは、『シャーマンキング』の登場人物で、中国の歴史の影で1800年もの間暗躍してきたシャーマンの名門・道家出身の少年。1800年間道家に仕えている武将の霊・馬孫(バソン)を持霊(もちれい)としている。頭頂部のトンガリがトレードマーク。シャーマンとして高い実力とプライドを持つ。家の残虐な所業を見てきたために人間を汚いものと断定し、憎んできたが葉との戦いを通して自身の弱さを自覚し、乗り越える。シャーマンファイト終了後は大学在学中にメイデンと結婚し、一男を設けている。

Read Article

恐山アンナ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

恐山アンナ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

恐山アンナとは、『シャーマンキング』のヒロインで、主人公・麻倉葉の許嫁。葉の祖母の弟子で、霊峰・恐山のイタコだ。キツすぎる物言いと手の早さで、葉をはじめとするあらゆる人物から恐れられている。ハオが麻倉家に残した秘伝書「超・占事略決」を短期間でマスターし、書を守っていたハオの式神「前鬼」と「後鬼」をねじ伏せて持霊にするなど、シャーマンとして桁外れの能力を持っている。葉をシャーマンキングにするべく地獄のような修行を課すが、すべては葉への深い信頼と愛情のためだ。

Read Article

リゼルグ・ダイゼル(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

リゼルグ・ダイゼル(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

リゼルグ・ダイゼルとは、『シャーマンキング』の登場人物で、ダウジングという術を得意とする探偵の少年。主人公の葉たちがシャーマンファイトの本戦に挑むためアメリカを旅している最中に出会う。初対面の葉たちが少女と間違えたほどの美少年。幼い頃に両親をハオに殺されており、その復讐のためにシャーマンファイトに参加している。シャーマンファイト終了後は警察官を経てイギリス情報局秘密情報部に所属し、各地の戦争を止めるため尽力するスーパーエージェント「炎の代理人」となる。

Read Article

ファウストVIII世(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

ファウストVIII世(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

ファウストVIII世とは、『シャーマンキング』の登場人物で骨を操るネクロマンサーの男性。最愛の妻、エリザを蘇らせるためにシャーマンキングを目指す。ネクロマンサーとなる前は医者をしており、その知識と経験は確かなもの。エリザの死によって正気を失い、まん太の胸部をメスで切り開くなど異常な行動を取るが、葉の仲間となってからは医療に精通したシャーマンとしてサポート面で活躍する。シャーマンファイト終了後はふんばり温泉専属医師となるが、激務がたたって過労死する。

Read Article

サティ・サイガン(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

サティ・サイガン(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

サティ・サイガンとは、『シャーマンキング』の登場人物で、正義にも悪にも依らない「中庸」を掲げる組織「ガンダーラ」のリーダーである。ガンダーラは仏教に属するシャーマンたちが所属しており、ハオをも含めた全ての者を漏れなく救済するという方針の元活動している。ハオの悪行を止めるため、葉・蓮・ホロホロ・チョコラブ・リゼルグを「五人の戦士」と見定め、地獄での修行や五大精霊の調達などのサポートを行う。サティは死者を蘇らせる力を持っており、彼女に救われるキャラクターは多い。

Read Article

梅宮竜之介(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

梅宮竜之介(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

梅宮竜之介とは、『シャーマンキング』に登場する、長いリーゼントと木刀がトレードマークのキャラクター。仲間たちからは「竜」や「竜さん」と呼ばれる。地元の不良たちを率いる「木刀の竜」として名を馳せたが、盗賊の霊・蜥蜴郎(トカゲロウ)に取り憑かれたことをきっかけにシャーマンとしての能力が開花した。主人公の葉を「旦那」と慕い、シャーマンファイト本戦では葉のチームの一員として戦う。シャーマンファイト終了後はふんばり温泉の板前長となり、葉の息子の花の面倒や、女将の補佐に奔走している。

Read Article

マルコ・ラッソ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

マルコ・ラッソ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

マルコ・ラッソとは、『シャーマンキング』に登場するキャラクターで、ハオを倒すために結成された正義の組織「X-LAWS」のナンバー2にして実質的なリーダー。ハオに復讐するためX-LAWSを設立し、ただの孤児であったジャンヌを「聖・少・女」にまで育て上げた。非常に頭が固く、X-LAWSのやり方を好まない葉を毛嫌いし、X-LAWSに所属しながらマルコに同調しないリゼルグに体罰を加える。ジャンヌを騙していたことを許されてからは多少性格が丸くなり、リゼルグが気軽に意見できる間柄となる。

Read Article

チョコラブ・マクダネル(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

チョコラブ・マクダネル(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

チョコラブ・マクダネルとは、『シャーマンキング』の登場人物で、中南米インディオのシャーマンの少年。世界一のコメディアンになることが夢だが、ギャグセンスはない。幼い頃に強盗に両親を殺され、自身もギャングとなって殺人を犯した過去を持つ。シャーマンの老人・オロナに救われ、ギャングから足を洗ってシャーマンとなり、「笑いの風」で世界を救うことを目指す。シャーマンファイト終了後は罪を償って服役し、刑務所内で寒いギャグを飛ばす「ミスター・ウインド」の呼び名で親しまれる。

Read Article

道潤(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

道潤(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

道潤(タオジュン)とは、『シャーマンキング』の登場人物で、主人公・葉のライバルである蓮の姉。死者をキョンシーとして操るシャーマン、道士であり、キョンシーの白竜(パイロン)を持霊としている。登場時は目的のためなら殺人をも厭わない冷酷な性格だったが、葉との戦いを通して改心した。全編を通して弟・蓮を思いやる心優しい姉として描かれている。『SHAMAN KING レッドクリムゾン』では道家の壊滅を目論む組織と戦う潤の姿が見られる。

Read Article

シルバ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

シルバ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

シルバとは、『シャーマンキング』の登場人物で、シャーマンファイトの運営・管理を行うパッチ族の青年。パッチ族の中でも指折りの実力を持ち、シャーマンキングに仕える役目を持つ十祭司のひとりでもある。心優しく正義感の強い性格で、シャーマンファイトを通して主人公・葉の成長を見守る。500年前のシャーマンファイトにパッチ族として現れたハオの血を引いていることから、ハオを倒し、その野望を止める責任を負っている。『シャーマンキングFLOWERS』では彼の娘・アルミが葉の息子・花の許嫁として登場する。

Read Article

阿弥陀丸(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

阿弥陀丸(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

阿弥陀丸とは、『シャーマンキング』の主人公・麻倉葉の相棒で、600年前に千人斬りの伝説を残した侍の霊。この世に未練を残して地縛霊となっていたが、墓地で出会った葉に未練を解消してもらったことで彼に仕えることを決める。葉の持霊(もちれい)として500年に一度行われるシャーマンの頂点を決める戦い「シャーマンファイト」に参加し、数々の猛者と戦い、葉の修業のためなら地獄であってもついていく。シャーマンファイトが終わった後は葉の息子の花の持霊となって面倒を見ている。

Read Article

パスカル・アバフ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

パスカル・アバフ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

パスカル・アバフとは、『シャーマンキング』に登場する南米インディオの神であり、シャーマンファイト後半でチョコラブ・マクダネルの持霊(もちれい)となる精霊。通称アバさん。1000年前のシャーマンファイトに参加し、ハオに殺害されるが、その雄姿はインディオの人々に希望と勇気を与え、死後神格化された。知識・経験ともに豊富で、チョコラブとチームを組んでいた蓮・ホロホロを一晩で神クラスのシャーマンと渡り合えるほどに鍛え上げたこともある。シャーマンファイト終了後はグレートスピリッツに帰った。

Read Article

李白竜(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

李白竜(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

李白竜(リー・パイロン)とは、『シャーマンキング』に登場する格闘家のキョンシーで、道潤(タオジュン)の持霊(もちれい)。独自の拳法「導弾道(ダオダンドウ)」の使い手で、生前はカンフー映画スターだった。強いキョンシーを潤に与えるため、白竜に目をつけた道家の人間に殺されてキョンシーにされた。長年意識のない人形のような状態だったが、葉の尽力により意識を取り戻した。以降は潤と和解し、正式にパートナーとなる。

Read Article

コロロ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

コロロ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

コロロとは、『シャーマンキング』に登場するアイヌのシャーマンの少年、ホロホロの持霊(もちれい)であり、アイヌの伝承に登場する精霊・コロポックルである。コロポックルとはアイヌ語で「フキの葉の下の小人」の意味。ホロホロ自身はコロロをただのコロポックルだと思っていたが、その正体はホロホロの初恋の少女が精霊コロポックルとなったものだった。本名は黒部民子といって、ホロホロが小学生の頃のクラスメイトだったが、冬の山で遭難して死亡した。その後はコロポックルとなってずっとホロホロの側にいた。

Read Article

小山田まん太(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

小山田まん太(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

小山田まん太とは、『シャーマンキング』の主人公・麻倉葉の友人の少年。家は世界的な電子機器メーカーを経営する大富豪で、社長である父の跡を継ぐため、まん太は日々勉学に励んでいる。もとは霊の存在自体を信じていなかったが、ある晩、墓地の近くを通りがかり、葉が幽霊たちと談笑する姿を目撃して以来、霊が見えるようになる。葉にとっては生まれて初めての人間の友達だ。シャーマンの力は持っていないが、葉の身をいつも案じるよき友人であると同時に、作中いちのツッコミ役でもある。

Read Article

エリザ・ファウスト(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

エリザ・ファウスト(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

エリザ・ファウストとは、『シャーマンキング』に登場する看護師の霊で、ファウストVIII世の妻であり持霊(もちれい)でもある。ファウストは強盗に殺されてしまったエリザを蘇らせるためにシャーマンキングを目指した。ファウストの使う死者蘇生術(ネクロマンシー)ではエリザの心までは呼び戻せなかったが、アンナの口寄せによってエリザの心が呼び戻された。彼女自身は多くを語らないが、心が蘇ってからは夫と幸せそうにしている姿が見られる。

Read Article

モルフィン(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

モルフィン(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

モルフィンとは、『シャーマンキング』に登場するケシの花の精霊で、リゼルグ・ダイゼルの持霊(もちれい)。視覚・聴覚・嗅覚が並外れており、探し物が得意。探偵業を営むダイゼル家に代々受け継がれている持霊で、リゼルグの父からリゼルグに渡された。言葉は話さないがリゼルグのことを深く案じており、リゼルグがX-LAWSの一員として殺人を犯しそうになった時は、リゼルグの操作に逆らってまで止めている。

Read Article

蜥蜴郎(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

蜥蜴郎(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

蜥蜴郎(トカゲロウ)とは、『シャーマンキング』に登場する日本の戦国時代の盗賊の霊で、主人公・葉の持霊(もちれい)阿弥陀丸に恨みを持って地縛霊となっていた。ふんばりが丘の不良、梅宮竜之介に取り憑いて阿弥陀丸に復讐しようと企むが、誰も傷つけたくない葉の捨て身の行動と優しさに触れて改心する。後にシャーマンとなった竜之介の持霊(もちれい)となる。作中では主に「トカゲロウ」とカタカナで表記される。

Read Article

ミック(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

ミック(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

ミックとは、『シャーマンキング』に登場するジャガーの精霊で、チョコラブ・マクダネルの持霊(もちれい)。もとはチョコラブの師匠であるオロナの持霊だったが、彼の死後、チョコラブに受け継がれた。言葉を話すことはないが表情豊かで、チョコラブのギャグの相方も務める。チョコラブを大切に思っており、ルドセブとセイラームの兄妹にチョコラブが殺された際には兄妹を噛み殺そうとするほど怒り、悲しんだ。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のネタバレ解説・考察まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のネタバレ解説・考察まとめ

『FAIRY TAIL(フェアリーテイル)』とは、真島ヒロが『週刊少年マガジン』で連載していた漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。累計発行部数は7200万部を記録しており、日本のみならず全世界で読まれている人気作品。 人々の生活に魔法が根付く世界で、立派な魔導士を目指すルーシィが、滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)のナツと出会い、最強の魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加入する。チームを組んだ2人が様々な仕事に挑む中での冒険と絆が描かれた、ファンタジー作品である。

Read Article

王室教師ハイネ(漫画・アニメ・舞台)のネタバレ解説・考察まとめ

王室教師ハイネ(漫画・アニメ・舞台)のネタバレ解説・考察まとめ

「王室教師ハイネ」とは、「赤井ヒガサ」による漫画作品。2017年にブリッジ製作でアニメ化。さらに同2017年ミュージカル化し、メインキャラ5人の役をアニメの声優陣がそのまま勤めた。主人公「ハイネ」は、グランツライヒ王国の国王「ヴィクトール」の勅令で、ヴィクトールの息子の4人王子「カイ」「ブルーノ」「レオンハルト」「リヒト」の王室教師になった。王子たちは一癖も二癖もある人物達なのであった。

Read Article

みつどもえ(Mitsudomoe)のネタバレ解説・考察まとめ

みつどもえ(Mitsudomoe)のネタバレ解説・考察まとめ

「みつどもえ」とは、「桜井のりお」によるギャグ漫画及びブリッジ製作のアニメーション作品。2010年に第一期が放送され、翌年2011年に第二期「みつどもえ 増量中!」が放送された。日本一似てない三つ子の長女「丸井みつば」次女「丸井ふたば」三女「丸井ひとは」の三人を中心に、三つ子の小学校の同級生や家族達の日常を描く、パワフルで下ネタなギャグ作品。

Read Article

仏ゾーン(武井宏之)のネタバレ解説・考察まとめ

仏ゾーン(武井宏之)のネタバレ解説・考察まとめ

『仏ゾーン』とは、武井宏之による仏教を題材とした少年漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。『週刊少年ジャンプ』で1997年に連載。千手観音のセンジュが、弥勒菩薩の生まれ変わりである少女サチをインドに送り届ける為仏像に憑依し、現世に降り立つ。人間の欲望を糧とする魔羅(マーラ)、人間を憎むアシュラと戦いながら、センジュたちは旅を続けるのだった。話数こそ少ないが、仏教と少年漫画要素のミックスが独特の魅力となっており、連載終了後も根強い人気を誇る。

Read Article

ビックリメン(BIKKURI-MEN)のネタバレ解説・考察まとめ

ビックリメン(BIKKURI-MEN)のネタバレ解説・考察まとめ

『ビックリメン』とは、「『ビックリマンシール』のブームの再来に湧く令和の日本」を舞台にしたオリジナルテレビアニメ。かつて一世を風靡した『ビックリマンシール』を題材にしており、登場人物は『ビックリマン』のキャラクターをモデルにしている。キャッチコピーは「これが、令和のビックリマン」。 令和の日本では、『ビックリマンシール』が昭和期の大ブーム以上の人気を博していた。高校生のヤマトは、人気のシールがたくさん出ると噂のコンビニを訪れ、そこでシールを巡るコレクター同士の諍いに巻き込まれる。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ

『FAIRY TAIL』とは『週刊少年マガジン』で連載された真島ヒロによるファンタジー漫画及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」の問題児ナツとその仲間たちが依頼を受けて様々な問題を解決していく様子が描かれる。 登場する個性豊かな魔導士たちはそれぞれ特徴的な魔法を使うことができ、その種類は多岐にわたる。その迫力満点の魔法が『FAIRY TAIL』の魅力の1つといえる。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のギルドまとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のギルドまとめ

『FAIRY TAIL』とは、2006年から2017年まで週刊少年マガジンで連載された、真島ヒロによるファンタジー漫画作品。2009年にテレビアニメ化され、その後シリーズ展開を遂げた。この作品は、魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に属する主人公ナツを軸に、彼と仲間たちが様々な依頼をこなす活躍を描いている。 仲間との友情や信頼、家族愛を核としており、激しい魔法バトル、ユーモラスなギャグシーン、そして感動的なドラマが展開される。妖精の尻尾以外にも様々な個性的な魔導士ギルドが登場する。

Read Article

目次 - Contents