江華

江華

江華(こうか)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、ヒロインである神楽の母親。物語開始時点で故人である。
夜兎という宇宙人で、その母星である徨安で暮らしていた。ある時同じ夜兎である星海坊主に一目惚れされ、熱心に口説かれる中で次第に自身も彼を受け入れて結婚。神威と神楽の2人の子に恵まれる。実は星の生命エネルギーであるアルタナによって不老不死となった存在で、徨安を離れては長く生きることができない。自身は運命を受け入れていたが、彼女の死をきっかけに一家は離散していった。

江華の関連記事 (4/25)

鳳仙(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

鳳仙(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

鳳仙(ほうせん)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、夜王の異名と共に吉原桃源郷に君臨する楼主。地球人ではなく夜兎という異星の戦闘民族の出身で、老いてなお恐るべき力を持つ。 かつては宇宙海賊春雨の第七師団を率いて暴れ回り、これを引退してからは地球の吉原桃源郷を力で牛耳り支配する。夜兎特有の弱点である日光を毛嫌いすると同時に強く憧れ、太陽のような優しさを持つ日輪太夫に固執し、これを手元に留めるべく監禁。日輪を解放せんとする主人公坂田銀時らと熾烈な戦いを繰り転げた。

Read Article

尾美一(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

尾美一(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

尾美一(おび はじめ)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、主要人物の1人である志村新八の兄弟子。愛称は「オビワン」、「オビワン兄様」、「一兄」など。 「泣きたい時ほど笑え」という哲学を持ち、常に笑顔を浮かべている。恒道館随一の剣士だったが、剣術留学生として宇宙に発つ直前に事故で行方不明となる。後に銀河剣聖の異名と共に地球に帰還し、自身の編み出した「ビームサーべ流」で恒道館の再興を図る。実は異星人によってサイボーグ化され、彼らによる地球破壊計画の先兵として暗躍した。

Read Article

小銭形平次(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

小銭形平次(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

小銭形平次(こぜにがた へいじ)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、ハードボイルドを気取る同心。 胸中で「ハードボイルドな男のなんたるか」を語るシーンが多いが、そのほぼ全てで空回りしている残念な中年男性。同心としてはとても有能とは言えず、狐火の長五郎という怪盗を10年以上追い続けているが、その都度鮮やかに逃げられている。意外にも荒事にはかなり強く、強盗に家族を皆殺しにされた過去を持つなど、本編での活躍とはあまり関係の無いところではハードボイルドな人物。

Read Article

十八代目池田夜右衛門(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

十八代目池田夜右衛門(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

十八代目池田夜右衛門(じゅうはちだいめ いけだ やえもん)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、代々幕府に仕えて首切り役人を務めてきた池田家の一員。 先代池田夜右衛門の実子として、池田家の当主を継ぐべく一心不乱に技を鍛える。しかし父が義妹に当主を継がせようとしていることを知ると、周囲に唆されるまま父を捕らえ、これを処刑して自身が十八代目当主となる。朝右衛門も始末せんとするが敗れ、己の過ちと父が自分を当主に選ばなかった理由を悟り、義妹を逃がすために奮戦して力尽きた。

Read Article

徳川定定(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

徳川定定(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

徳川定定(とくがわ さださだ)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、江戸幕府第13代征夷大将軍。現在は甥の茂茂に将軍職を譲り、引退の身である。 謀略の限りを尽くして将軍に就任した、残忍、狡猾、悪辣な傑物。茂茂も後継者ではなく傀儡に過ぎず、今も幕府を牛耳っている。主人公坂田銀時とその仲間たちにとっては間接的な師の仇であり、特に高杉晋助からは「この男だけは自分が直接殺さないと気が済まない」というほど強い憎悪を向けられている。

Read Article

坂田金時(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

坂田金時(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

坂田金時(さかた きんとき)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、カラクリ技師である平賀源外が作り出した高性能カラクリ人形。 正式名称は「超合金製完全体坂田銀時弐号機」。万事屋の社長ながらたびたび仕事を抜け出す坂田銀時に業を煮やした志村新八と神楽が源外に頼んで作ってもらった存在で、人柄なども含めて性能は銀時を上回る。記憶を操作する能力を持ち、完全に銀時に成り代わろうとするも、彼の底力の前に敗北。いったん封じられた後、江戸を救うために己を犠牲にして銀時たちに血路を開いた。

Read Article

西野掴(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

西野掴(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

西野掴(にしの つかむ)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、柳生一門屈指の剣士集団「柳生四天王」の1人。 柳生四天王随一の怪力を誇るパワーファイター。大柄で無骨な印象の大男だが、お子様ランチが好物で、しかもデザートのプリンから食べ始めるという親に見られていない子供じみた食べ方が基本スタイル。現当主の娘である九兵衛の嫁取り合戦ではヒロインの神楽と真選組の沖田総悟と戦い、力でも技でも圧倒するが2人の連携の前に敗北。後にかぶき町の危機にも駆け付けるが、強敵を前に苦杯を喫した。

Read Article

泥水次郎長(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

泥水次郎長(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

泥水次郎長(どろみず じろちょう)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、江戸のかぶき町を縄張りとして活動する溝鼠組の組長。そのすさまじい実力から、「大侠客」の異名を持つ。 主人公坂田銀時が世話になっているお登勢とは幼馴染で、彼女の夫にして親友でもあった寺田辰五郎に後を託される。以降、自分の人生をも投げ打って「お登勢とかぶき町を守る」ために邁進。頑迷にその姿勢を貫いた結果家族から恨まれ、お登勢とも敵対する。幾多の強敵を打ち破った銀時に、明確に土をつけた人物の1人である。

Read Article

北大路斎(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

北大路斎(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

北大路斎(きたおおじ いつき)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、柳生一門屈指の剣士集団「柳生四天王」の1人。 冷静かつ冷徹、理路整然とした戦術が持ち味。トマトが苦手で、これを克服するため料理にトマトケチャップをたっぷりかけて食べることで己を鍛えている。柳生家当主の娘である柳生九兵衛が「自分の嫁にする」と言って幼馴染の娘を屋敷に連れ込み、その弟と仲間たちが奪還しようと殴り込んできた時は、敵方の土方十四郎と対戦。柳生の剣の強さを見せつけるも、最終的には敗北した。

Read Article

柳生敏木斎(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

柳生敏木斎(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

柳生敏木斎(やぎゅう びんぼくさい)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、将軍家の剣術指南役を務める柳生家の先代当主。 見た目は小柄な老人ながら並外れた力量を持つ剣士で、幾多の敵を打ち破ってきた主人公坂田銀時が終始圧倒され最後まで勝つことができなかった数少ない人物の1人。孫娘の柳生九兵衛を“柳生家の跡取り”として育てて人生を狂わせたことを悔い、彼女の嫁取り合戦に協力する。名前の通り貧乏臭いところがあり、再登場した際は「もったいない」と様々な物を集めてゴミ屋敷を作っていた。

Read Article

十七代目池田夜右衛門(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

十七代目池田夜右衛門(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

十七代目池田夜右衛門(じゅうななだいめ いけだ やえもん)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、代々幕府に仕えて首切り役人を務めてきた池田家の一員。 首切りとは“鬼となった者を人間に戻す”仕事であるとの家訓を胸に、誇りと共に職務を全うする人格者。犯罪者に対しても不当な尋問を決して許さなかった。自身が活躍した時代は天人(宇宙人)による混乱期で、不当に死罪とされた囚人たちを殺すに忍びなく、密かに逃がし続ける。これを咎められて死罪を申し渡され、弁解することなく刑場の露と消えた。

Read Article

南戸粋(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

南戸粋(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

南戸粋(みなみと すい)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、柳生一門屈指の剣士集団「柳生四天王」の1人。 自分がイケメンであることを鼻にかけている伊達男。柳生家当主の娘である柳生九兵衛が「自分の嫁にする」と言って幼馴染の娘を屋敷に連れ込み、その仲間たちが奪還のために殴り込んできた際は、真選組の沖田総悟と対戦した。柳生四天王としての意地も誇りも持ってはいるが、敵にあっさりやられたり味方に制裁されたり助けられたりと、活躍の場に恵まれていない。

Read Article

柳生輿矩(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

柳生輿矩(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

柳生輿矩(やぎゅう こしのり)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、将軍家の剣術指南役である柳生家の現当主。 セレブであることを誇り、権力に擦り寄ることを得意とする。家族への愛情が深い人物だが妻に早くに先立たれ、一人娘を妻の家に奪われたくない一心で「この子は男子であり、柳生家の跡取りである」と周囲に宣言し、彼女に九兵衛という男子名を与える。結果九兵衛に「自分は男なのか女なのか」との悩みを抱えさせてしまい、これを案じつつも今さら男扱いをやめられないまま彼女を見守る。

Read Article

アニメ銀魂 歴代OP・EDテーマ曲まとめ(最新データ含む) 1

アニメ銀魂 歴代OP・EDテーマ曲まとめ(最新データ含む) 1

アニメ銀魂のオープニング、エンディングで使われてきた歴代の曲はどれもが良い出来で、実際これまで3セット出されているテーマ曲集のCDは毎回高セールスを記録しています。2017年12月には「銀魂Best4」も発売されました。 これも含め、歴代のテーマ曲の曲名とアーティスト名、そして中でも特に聞き所の多い曲を紹介します。(※随時更新)

Read Article

禁断の企画!「銀魂」実写化で各キャラクターは誰が一番ふさわしいのか?Part1

禁断の企画!「銀魂」実写化で各キャラクターは誰が一番ふさわしいのか?Part1

ここ最近漫画・アニメの実写化が相次いでいます。実写化に対する世間一般の反応は必ずしも好意的ではありませんが、キャスティングを「妄想」するだけならいいんじゃない?…ということで「銀魂」のキャスティングをしてみました。妄想炸裂!ギャラとかそういうの一切気にしてません。SORRY!(※実写化のニュースに関して追記あり)

Read Article

銀魂未アニメ化長編「愛染香篇」前後編、コミックス同梱版でDVD化!

銀魂未アニメ化長編「愛染香篇」前後編、コミックス同梱版でDVD化!

「銀魂」でも「To LOVEる」みたいなラブコメは可能か?そんな疑問に空知先生がきっちり答えてくださった長編が「愛染香編」です。これまでにないほど、様々な形の恋愛模様が繰り広げられて、他の長編とは一線を画した内容でした。 銀魂コミックス第65巻・第66巻には、「愛染香編」前編・後編が収められたDVDとセットになった同梱版があります。 こちらではその詳細についても合わせてご紹介。

Read Article

銀魂 名作揃いの長編レビュー☆ 第二回 真選組動乱篇 ~鬼の副長がヘタレオタクに!〜

銀魂 名作揃いの長編レビュー☆ 第二回 真選組動乱篇 ~鬼の副長がヘタレオタクに!〜

「真選組動乱篇」は、ヘタレオタク化した土方と真選組の乗っ取りをもくろむ伊東を中心に描かれ、その争いに万事屋が絡み、更には鬼兵隊の影もちらつくという豪華な取り合わせのエピソードでした。見せ場の多い作画に「神回!」と感動する人が多かった長編でもあります。

Read Article

アニメ銀魂トリハダが立つ程カッコいい&心に残るあのシーンこのシーン

アニメ銀魂トリハダが立つ程カッコいい&心に残るあのシーンこのシーン

アニメ「銀魂」は、ギャグと下ネタとサムライハートでできています!PTAからは下ネタ関連でクレームを受けることがしばしばですが、むしろそれがあってこそアニメ「銀魂」は通常運転。秀逸な下ネタ(?)に関してのまとめ記事は次の機会に譲るとして、ここではサムライハートや人情に溢れた、銀魂でも「素敵な」部分をすくいあげてみたいと思います。

Read Article

銀魂 名作揃いの長編レビュー☆ 第十八回☆ バラガキ篇~初めて明かされる土方の出自〜

銀魂 名作揃いの長編レビュー☆ 第十八回☆ バラガキ篇~初めて明かされる土方の出自〜

土方の幼少時代が明かされますが、とにかく彼がめっぽうカッコいいエピソードです。また重要な新キャラとして、佐々木異三郎、今井信女が初登場します。他には銀さんの珍しいポニーテール姿・突然即席ラッパーになるシーンなどがあり、ラストにはこちらをほろりとさせる空知節もしっかりと用意されています。この後のストーリー展開に続く伏線をしのばせたエピソードです。

Read Article

銀魂 名作揃いの長編レビュー☆ 第十七回 蓮蓬篇 ~大人の事情でCS「放送休止」になったエピソード

銀魂 名作揃いの長編レビュー☆ 第十七回 蓮蓬篇 ~大人の事情でCS「放送休止」になったエピソード

もともと下ネタ・危ない時事ネタがあちこちに散りばめられていた「銀魂」ですが、「蓮蓬篇」はその頂点に達したとも言えそうな曰く付きのエピソードです。地上派では放送されましたが、CS放送は中止になった「蓮蓬篇」の、何がどうまずかったのかも含め、全体を振り返ってみたいと思います。

Read Article