SixTONES / ストーンズ

SixTONES(ストーンズ)とは、ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ。メンバーはジェシー、京本大我、松村北斗、髙地優吾、森本慎太郎、田中樹の6人。
2012年放送のドラマ『私立バカレア高校』のために集められた6人であり、のち2015年にジャニーズJr.のグループとして正式に結成された。
結成当初のグループ名は「SIXTONES」(シックストーンズ)であり、全アルファベットが大文字表記で読み方も異なっていたが、名付け親である故・ジャニー喜多川氏より「長いからixを小文字にしてストーンズという読み方にしよう」との提案を受け変更された。
由来としては、「6つの音」「6つの原石」がそれぞれ輝き活躍するようにという意味が込められている。
グループ名の通り、Jr.時代より高い音楽性やボーカルスキルが評価されるだけでなく、個人個人が俳優業やバラエティなどで活躍していた。
2018年3月よりジャニーズJr.公式YouTubeチャンネルの金曜日を担当、同年10月にはYouTubeが世界各地で行なっている「アーティストプロモ」キャンペーンに抜擢された。
2020年にX JAPANのYOSHIKIが手がけた「Imitation Rain」でCDデビューを果たし、発売3日目にしてミリオン達成を果たした。
シングル曲・アルバム収録曲共に幅広い音楽性を持ち、様々なCMやアニメ・映画のタイアップ曲として起用されている。

SixTONES / ストーンズの関連記事

SixTONES(ストーンズ)の徹底解説まとめ

SixTONES(ストーンズ)の徹底解説まとめ

SixTONESとは、ジャニーズ事務所所属の男性6人組グループである。ジャニーズJr.時代から活動を始め、結成から5年でデビュー。デビュー曲「Imitation Rain」では、ミリオンセラーを達成。YouTubeチャンネルでは、登録者数100万人を突破した。毎週金曜日に配信している動画では、自身のMV観賞会や体力測定など工夫を凝らした企画を配信している。また、デビュー年にNHK紅白歌合戦にも出場を果たしている。「ザ!鉄腕!DASH」にレギュラー出演するなどバラエティ番組でも活躍している。

Read Article

ジャニーズWEST(ウエスト)の徹底解説まとめ

ジャニーズWEST(ウエスト)の徹底解説まとめ

ジャニーズWESTとは、2014年2月に結成し、同年4月に「ええじゃないか」でCDデビューした7人全員が関西出身のジャニーズグループ。関ジャニ∞がデビューしてから10年ぶりの関西グループで、メンバーは中間、濵田、桐山、神山、重岡、藤井、小瀧。関西感が詰まっており、インパクトあるデビュー曲によって一気に注目が集まった。現在はグループだけでなく、個々でもバラエティー番組やドラマなどに出演し、関西ローカルだけでなく、東京でも活躍中。2016年にはグループ初のドーム公演をおこなった。

Read Article

Hey! Say! JUMP(ジャニーズ)の徹底解説まとめ

Hey! Say! JUMP(ジャニーズ)の徹底解説まとめ

Hey! Say! JUMP(ヘイ セイ ジャンプ)とはジャニーズ事務所に所属するアイドルグループであり、8人で活動している。所属レコード会社はジェイ・ストームである。2007年9月21日に結成し、2007年11月14日にデビュー曲である『Ultra Music Power』をリリースしており、その後も定期的にCDをリリースしている。個人では俳優、MC、YouTubeと活動しており、趣味や特技を仕事に繋げている。

Read Article

SMAP(スマップ)の徹底解説まとめ

SMAP(スマップ)の徹底解説まとめ

SMAPとは、1988年に結成され、2016年まで活躍してきた国民的アイドルグループ。中居、木村、香取、稲垣、草彅、森の六人で当初は結成され、スマスマなどのバラエティなどで人気を獲得してきた。シングルは56作、オリジナルアルバムは21作品にまで及ぶ。また、ユニバーサルスタジオジャパンの大使や東日本大震災による災害復興などの慈善活動も積極的に行ったことでも知られている。そして、ラジオやテレビなどのすべてのメディアを含めると現メンバーが全員レギュラーを務めているというのも特徴的なグループである。

Read Article

Sexy Zone(セクシーゾーン)の徹底解説まとめ

Sexy Zone(セクシーゾーン)の徹底解説まとめ

Sexy Zoneとは、2011年9月に結成し、同年11月に『Sexy Zone』でCDデビューした5人組のジャニーズグループ。平均年齢14.4歳という若さでデビューし、メンバーは中島健人、菊池風磨、佐藤勝利、松島聡、マリウス葉。セクゾという愛称で親しまれている。現在はグループだけでなく、個々でもバラエティー番組やドラマなど活躍の場を広げ、2021年にはデビュー10周年というアニバーサリーイヤーを迎えた。

Read Article

Snow Man(スノーマン)の徹底解説まとめ

Snow Man(スノーマン)の徹底解説まとめ

Snow Man(スノーマン)とは、2021年1月22日にデビューした、ジャニーズアイドルグループである。 ジャニーズ事務所の社長・滝沢秀明がグループ名を命名し、グループ名の発表をライブ内でサプライズ発表したことで話題になった。その後新メンバー3名を追加し2019年1月22日にデビュー。 ダンスとアクロバットに定評のある彼らのデビューシングル「D.D.」はわずか3日で109.4万枚を売り上げ、その後発売されるCDも次々とヒットした。

Read Article

なにわ男子(Naniwa Danshi)の徹底解説まとめ

なにわ男子(Naniwa Danshi)の徹底解説まとめ

なにわ男子とは、2018年9月に結成し、同年10月6日発売のアイドル雑誌にて発表されたジャニーズ事務所のアイドルグループで、2021年11月12日に『初恋LOVE』でCDデビューした7人組。メンバーは藤原丈一郎、大橋和也、西畑大吾、高橋恭平、大西流星、道枝駿佑、長尾謙杜。デビュー前から人気が高く注目されており、関西ジャニーズJr.時代にもメンバー総出演のドラマや、全国ネットでの冠番組が放送されていた。デビューシングルも初週で初週70.6万枚を売り上げるなど、期待の若手グループとなっている。

Read Article

King & Prince(キンプリ)の徹底解説まとめ

King & Prince(キンプリ)の徹底解説まとめ

King & Prince(キンプリ)とは、2018年5月23日シングル『シンデレラガール』でCDデビューした6人組。デビュー当時のメンバーは平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹。デビュー前から人気が非常に高く、注目されていた。2021年3月31日にメンバーの岩橋が脱退を発表してからは5人で活動となったが、主演映画やドラマ、CMなど幅広い場所で活躍を続けている期待の若手グループ。事務所の社長であるジャニー喜多川が生涯最後にデビューさせたグループでもある。

Read Article

関ジャニ∞(エイト)の徹底解説まとめ

関ジャニ∞(エイト)の徹底解説まとめ

関ジャニ∞とは、2002年12月18日に結成。2004年8月25日にシングル『浪花いろは節』で関西地区限定でCDデビューをしたグループ。同年9月22日、同曲で全国デビューを果たした。関ジャニ∞のエイトが無限大標記なのは、無限大の可能性という意味がこもっている。 ジャニーズ事務所に所属するアイドルでありながら、ロックフェスに出演したりバラエティーで活躍を見せたり個々でも舞台やドラマなど幅広く活躍の場を広げているグループである。

Read Article

Kis-My-Ft2(キスマイ)の徹底解説まとめ

Kis-My-Ft2(キスマイ)の徹底解説まとめ

Kis-My-Ft2(キスマイ)とは、2011年8月10日シングル『Everybody Go』でCDデビューした7人組。メンバーは北山宏光、千賀健永、宮田俊哉、横尾渉、藤ヶ谷太輔、玉森裕太、二階堂高嗣。グループ名はメンバーのイニシャルから1文字ずつ取ってつけられた。ローラースケートでパフォーマンスを得意としている。また、グループだけでなく個人でも主演映画やドラマ、CMなど幅広い場所で活躍を続けているグループ。

Read Article

7ORDER(Love-tune)の徹底解説まとめ

7ORDER(Love-tune)の徹底解説まとめ

7ORDER(セブンオーダー)とは、日本の7人組アイドルグループである。メンバーそれぞれの個性を生かし、グループ活動のほとんどを自らでプロデュースしている非常にクリエイティブなところが魅力だ。「Make Happy ORDER(Happyをみんなで作り上げていく)」をコンセプトに活動している。また、メンバー全員がジャニーズJr.として活動していた異色の経歴を持つ。ジャニーズ事務所退所後、紆余曲折な芸能人生を歩んできた彼らは、2021年1月13日にはメジャーデビューを果たした。

Read Article

NEWS(ジャニーズ)の徹底解説まとめ

NEWS(ジャニーズ)の徹底解説まとめ

NEWSとはジャニーズ事務所所属の男性アイドルグループである。初期のメンバーは9人だが、その後メンバーの脱退を経て4人で活動している。デビューシングルから22作連続でオリコンチャート1位を獲得し、歴代3位の記録を持つ。メンバーの2人が組むユニット、デゴマスを筆頭に歌唱力も評価され、コンサートでは独特の世界観が話題を呼んでいる。

Read Article

舞祭組(ブサイク)の徹底解説まとめ

舞祭組(ブサイク)の徹底解説まとめ

舞祭組(ブサイク)とは、Kis-My-Ft2のメンバーのうち横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永の4人で結成した派生ユニット。中居正広がプロデューサーをし、グループ名を決定。その後ジャニー喜多川が漢字を当て、「舞祭組」となった。結成当時は、Kis-MyFt2の中で「後列4人」という目立たないポジションのメンバーであったが、舞祭組としてシングルやアルバム、ライブツアーなどを行い徐々に人気を集めることとなり、キスマイ内での格差がなくなるきっかけとなったグループ。

Read Article

テゴマス(Tegomass)の徹底解説まとめ

テゴマス(Tegomass)の徹底解説まとめ

テゴマス(Tegomass)とは、ジャニーズ事務所の所属アイドルNEWSから派生したボーカル・ユニット。手越祐也・増田貴久の2人で形成。ジャニーズでは珍しく「踊らない・歌に特化したユニット」である。音楽にこだわりを持った2人の奏でるメロディやハーモニーはファンだけではなく他のアーティストからも評価され、音楽番組で様々なアーティストとコラボ経験がある。ユニットの正式な解散発表はされていないが、2020年6月に手越がNEWSから脱退・ジャニーズ事務所の退所により、事実上の解散となっている。

Read Article

Travis Japan(トラジャ)の徹底解説まとめ

Travis Japan(トラジャ)の徹底解説まとめ

Travis Japan(トラジャ)とは、2022年10月28日配信デビューをしたグループ。滝沢秀明がプロデュースを手掛け、「JUST DANCE!」でデビューをする。デビュー時のメンバーは宮近海斗、中村海人、七五三掛龍也、川島如恵留、吉澤閑也、松田元太、松倉海斗の7人。2022年からアメリカでの武者修行を経てのデビューとなった。リーダーは宮近海斗、ファンネームはトラジャ担。配信としてのデビューはジャニーズ事務所としては初であり、前例のないデビューの仕方をしたグループである。

Read Article

V6(ジャニーズ)の徹底解説まとめ

V6(ジャニーズ)の徹底解説まとめ

V6はジャニーズ事務所所属の6人組アイドルグループ。坂本昌行をリーダーとし、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一の6人で構成。1995年にバレーボールW杯のイメージキャラクターとして結成され、シングル『MUSIC FOR THE PEOPLE』でデビューを果たした。シングルTOP10入り連続年数が歴代1位を記録している。メンバー全員がバク転を披露でき、アクロバティックな動きを駆使したパフォーマンスに定評がある。2021年11月1日を以て解散し、26年間のグループ活動に終止符を打った。

Read Article

KinKi Kids(キンキキッズ)の徹底解説まとめ

KinKi Kids(キンキキッズ)の徹底解説まとめ

「KinKi Kids(キンキキッズ)」とは、堂本光一(どうもとこういち)、堂本剛(どうもとつよし)の2組の男性アイドルデュオである。所属事務所SMILE-UP.(旧ジャニーズ事務所)にとっては初のデュオで、近畿地方出身のグループだ。1997年7月21日発売のデビューシングル『硝子の少年』で初登場1位を獲得し、第47作目のシングル『シュレーディンガー』まで連続で初登場1位を獲得した。第45作目のシングル『Amazing Love』までの45作連続1位記録がギネスに登録されている。

Read Article

すずめの戸締まり(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

すずめの戸締まり(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『すずめの戸締まり』(すずめのとじまり)とは、災いを封じる旅を続ける少女の成長と再生を描いた、新海誠によるアニメ映画。 高校生の少女岩戸鈴芽は、ある日宗像草太という青年と出会い、彼が地震を起こすミミズという存在を封じて回っていることを知る。その封印に必要な要石を抜いてしまった鈴芽は、イスに姿を変えられた草太と共に、ネコの姿になって逃げ出した要石を追って日本中を旅していく。その旅の果てに待っていたのは、過去の巨大な災いと、鈴芽自身の再生の物語だった。

Read Article

坂道のアポロン(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

坂道のアポロン(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『坂道のアポロン』とは、2007年から2012年まで小玉ユキが『月刊フラワーズ』(小学館)にて連載していたジャズと青春をテーマにした少女漫画、およびそれを原作としたアニメ、実写映画である。舞台は1966年の長崎県。主人公の薫が、横須賀から長崎の高校へ転入したところから始まる。父の仕事の都合で転校ばかりしていた薫にとって、学校は息苦しくストレスばかりの場所であった。しかし、そこで不良の千太郎と心優しい律子、そしてジャズに出会い薫の生活は一変する。美しい友情と交錯する恋心が魅力的に描かれている。

Read Article

カムカムエヴリバディ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

カムカムエヴリバディ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『カムカムエヴリバディ』とは、NHK連続テレビ小説の第105作目となるテレビドラマ。2021年11月1日から2022年4月8日まで放送された。 連続テレビ小説史上初となる3人のヒロイン、安子(やすこ)、娘のるい、孫のひなたの親子3世代にわたる家族の物語である。安子の生まれた1925年(大正14年)から物語はスタートし、ひなたがアメリカでキャスティングディレクターとして活躍する2025年までの100年を描いている。

Read Article

すずめといす(すずめの戸締まりスピンオフ絵本)のネタバレ解説・考察まとめ

すずめといす(すずめの戸締まりスピンオフ絵本)のネタバレ解説・考察まとめ

『すずめといす』とは、マクドナルドのハッピーセットのおまけとして期間限定で配布された、『すずめの戸締まり』を題材とする絵本。『すずめの戸締まり』の前日譚を描いている。 母子家庭で育つ少女すずめは、仕事や勉強で忙しいあまりに机に突っ伏して寝てしまった母のためにごちそうを作ってあげようと思い立つ。1人で料理を作れるだろうかとすずめが不安に思ったところで、母お手製の“すずめのいす”が動き出し、自分も手伝うと言い出す。

Read Article

TANG タング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

TANG タング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『TANG』とはデボラ・インストール作の小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』を原作とした、三木孝浩監督による実写映画作品。 ゲーム三昧で家から追い出されたダメ男・健(二宮和也)は、ある理由から、妻・絵美(満島ひかり)との未来も諦め、人生を一歩も進めずにいた。しかし記憶も感情もないはずのロボット・タングが「ともだち」や「優しい気持ち」を少しずつ学習する姿を見るうちに、次第に昔の自分を取り戻していく。 映画満足度は驚異の97%となっており、日本中を笑顔と感動と温かな涙で包み込む作品だ。

Read Article

恋なんて、本気でやってどうするの?(恋マジ)のネタバレ解説・考察まとめ

恋なんて、本気でやってどうするの?(恋マジ)のネタバレ解説・考察まとめ

『恋なんて、本気でやってどうするの?』とは2022年春にフジテレビ系の月曜日に放送されていたテレビドラマ。主演は広瀬アリスである。食器ブランドのデザイナーでチーフの桜沢純(さくらざわじゅん)。職場の人にはとても信頼されている。27歳で順調な人生にみえるが、恋愛経験は一切なく興味もない。そんな純と出会うイケメンの長峰柊磨(ながみねしゅうま)と本気で恋をするという楽しさや苦しさやもどかしさなどを経験していき、同世代の2人の親友と共に繰り広げるそれぞれの恋愛の物語である。

Read Article

SixTONES / ストーンズのレビュー・評価・感想

SixTONES / ストーンズ
7

多才な魅力を持つSixTONES

最初にSixTONESのパフォーマンスを観たのは「こっから」だった。歌番組に出演した彼らの第一印象は、なんとなく恐そうで悪げな感じだった。歌が始まるとその出で立ちとは裏腹に歌や、ダンスは全く狂いなく素晴らしいパフォーマンスだったのを記憶している。ルックスや歌、ダンス、メンバー一人ひとりの持つ雰囲気。どれをとってもカッコイイなと感動した。
それからYou Tubeなどで彼らの楽曲を耳にし、なんとも心地良い声質だなと感じた。そして、そのハーモニーは全体的にはさわやかで、ともすれば雄々しさや色気までも感じることができる。デビュー曲の「IMITATION RAIN」はYOSHIKIが手掛けた曲だということだが、メロディーの美しさを見事に表現した歌唱力で、PVを観ると心が慰められるようで、とてもほっとする。
2023年1月から4月に行われたライブツアー「慣声の法則」では、華やかなパフォーマンスと熱い歌声でこれまでのSixTONESとはまた一味違った姿を見せてくれた。これからもどんどん変化し多彩さが増すであろう彼らを観ているのは楽しみだ。ずっと変わらず応援し続けていきたい。

SixTONES / ストーンズ
10

最高の支え合ってきた6人グループ

個人個人の性格は違うけど、昔から支え合ってきた仲間の絆が強くて、1人でもかけたらSixTONESじゃないと口を揃えて言ってるくらい仲良し。
シングルで出された曲も素敵なのはもちろんだけど、アルバムの曲もどれも素晴らしく、すごい感動的な歌が沢山あります。

ライブもMCでは長いと言われるくらいメンバーの話が尽きないから、聞いてるこっちも楽しい。スタッフから「早くいけ」の催促がイヤモニに入るくらいずっと喋り続けてるのも、ライブの楽しみのひとつです。

「怖い」とか「ヤンキー」とか言われてるけど、実際は高校生から成長できてないワチャワチャグループと自分たちで認めてるくらい明るくて賑やかなグループなので、見ていてハマること間違いなし。

高地優吾さんは「浜の番長」とか言われていて怒ると怖いけれど、おっちょこちょいだし、皆からいじられる愛されキャラでもあります。最近は「ダディ」って呼ばれてます。趣味がバイク・キャンプ・レザークラフト・で多趣味な上に、キャンプインストラクターなどいろんな資格持ってます。

ジェシーさんはSixTONES内ではグループの柱的存在。いつもパーティー気分でいろんな方々と仲良しで、顔が広い。かっこいいのにダジャレばかり言っていて、芸人なみの面白さがあってギャップがすごいです。筋トレにもはまっていて、ムキムキなのが素敵。
優吾くんと仲良しでメンバーからも恋人とか言われるくらい仲良し。ヤキモチ焼きな一面にも注目です。

森本慎太郎さんは最年少。ジェシーと一緒によく騒いてて「末ズ」って呼ばれるくるい賑やか。メンバーも「疲れる」と笑いながら言うくらいのハイテンションキャラです。
『鉄腕DASH』にも出てるので年配の方からも認知されていますが、バカにされたり間違えられるとお顔に出るくらいイライラしちゃうまだまだお子様な一面も。力持ちなのに相撲は最弱といったネタの持ち主でもあります。
田中樹さんは田中の弟で、ラップがうまい。
SixTONESの進行役でまとめ役だけれど、自分もボケだしちゃうのです。
色っぽさがあって、ファンからもエチエチ公認。優吾くんに対しては弟感がでて甘える所もカワイイギャップです。最近は舞台の関係で黒髪だけど、またピンクの髪が見たいです。

京本大我さんは京本政樹さんの息子さん。親子似てます。
運動神経悪いのに、ダンスがすごい上手。歌も上手くてすごい魅力的なメンバー。
京本ワールドがすごくて、たまに天然発言でメンバー翻弄します、優吾くんだけはどつけるし辛口だけど、お互い信頼し合ってる最年長コンビ「きょもゆご」にも注目。

松村北斗さんはメンバー内では俳優枠。声もセクシーで、ファンからの人気も高いです。

SixTONES / ストーンズ
10

「原石」が「音色」を纏い、光る必然。

2020年1月22日にCDデビューを果たした「SixTONES」。
Jr時代から歌唱力に定評のあるグループで、デビュー以降発表された楽曲たちはジャニーズの既定路線を超えて、幅広いジャンルのリスナーに支持されている。

デビュー曲である「Imitation Rain」はX JapanのYOSHIKIの作詞作曲で、ともすればジャニーズグループのデビュー曲としては相応しくなかった曲かもしれない。しかし先輩であるKinKi Kidsのデビュー曲「硝子の少年」は「今後彼らがいくつになっても歌える曲」をコンセプトに作られたとされているのだ。その後彼らが音楽シーンで様々な大物ミュージシャン達から楽曲提供や指導を受け、現在の地位に登り詰めていることを念頭に置くと、SixTONESにとってもこのデビュー曲は音楽を中心に活動していくという彼らの所信表明として大変相応しいものだったと言えるだろう。

今現在の世界の音楽はBTSに代表されるダンスグループが席巻し、ジャニーズグループで言えば、同日デビューの「Snow Man」の9人のダンスの魅力がやはり世間的にも広く周知されている。
SixTONESはお世辞にもダンスが上手いグループとは言えない。メンバーの中には自ら「ダンスは嫌い、苦手だ」と公言している者もいる。確かにSnow Manのように全員での一糸乱れぬダンスパフォーマンスは難しいかもしれないが、その分彼らのライブはダンスの出来の良さを凌駕した色気とパワフルさ、滲み出る個性の強さに満ち溢れている。
彼らの強みである歌唱力を余す所なく披露するには、むしろ難易度の高いダンスは不要だとも言える。

もし、彼らが世界に打って出ようとするのなら、ジャニーズ初のサブスク解禁は必須条件である。既に彼らは「ジャニーズをデジタルに放つ新世代」をキャッチコピーに、『YouTube アーティストプロモ』キャンペーンに抜擢された実績もあり、デジタル業界との相性も良い。この偉業が叶うならば、世界の音楽シーンの流行を覆す波を起こせるかもしれない。SixTONESはそれだけの可能性を秘めたグループである。

SixTONES / ストーンズ
10

絶対にハマってほしい!SixTONESの魅力

このグループは2020年1月22日にデビューしたジャニーズ期待の新星として注目されています。
メンバーは、ジェシー・京本大我・田中樹・松村北斗・森本慎太郎・高地優吾の6人で、みんな170cmを超える大きな身長です。
見た目はクールでかっこいいのに、口を開けば中身は皆子どものような純粋な心を持っています。6人が集まるとまるで男子高生たちかのような無邪気な一面を見せてくれます。
基本的にふざけてばかりですが、決めるとき、特にライブではいつもの姿とは違う彼らの表情に圧倒されること間違いなし。
魅力は語りきれないほどありますが、なんといっても1人ひとりの個性の強さが素晴らしいです。
よくふざけるジェシーと森本慎太郎、独特の世界観をもっている京本大我、ツッコミもボケも才色兼備な松村北斗、いつもニコニコいじられキャラの高地優吾、ラップが得意で個性の塊SixTONESのまとめ役・田中樹。この6人が1つになって魅せるパフォーマンスはいつも圧倒されます。この6人だからこそ成し遂げてくれる事がある、今後もついていきたいと思わせてくれる素敵なグループです。
かっこいい・可愛い・セクシー・ファンタスティックなど1つの言葉では言い表せないSixTONES、気になった方がいればぜひチェックしてみてください。

SixTONES / ストーンズ
10

ジャニーズの新世代

2020年1月22日にCDデビューを果たしたSixTONES。2015年ジャニーさんの命名で結成した6人組グループです。
2015年以前から『私立バカレア高校』で共演し、絆を深めたたメンバーです。
そんなSixTONESの魅力はなんと言ってもギャップ。
平均身長は176.6cmと高く、全員スタイル抜群でしかもイケメン。ぎらついたかっこよさが魅力です。しかし、それだけではありません。公式YouTubeチャンネルではかっこいい見た目とは裏腹に男子高校生並のテンションです。ツッコミ1人に対してボケ5人。ボケの大渋滞の中、響く鋭いツッコミは癖になります。
ジャニーズアイドルらしからぬ普段の姿とは違い、パフォーマンスになると急にギラつき始めます。全員、歌が上手く6人が奏でるハーモニーは素晴らしいです。特に、ダブルセンターを務めるジェシーと京本大我2人の歌声は美しすぎます。また、ラップをする田中樹やボイパをする高地優吾のおかげでパフォーマンスの幅も広がります。ダンスも6人の個性が出ていて魅力的です。
そんなSixTONESの魅力の全てが詰まっているのがデビュー曲「ImitationRain」です。YOSHIKIさんが作詞作曲を務めた楽曲との世界観はまさにSixTONESのためのもの。1度見たら病みつきです。

SixTONES / ストーンズ
10

SIxTONES

6人組グループのジャニーズです。2020年にデビューし、デビュー曲「Imitation Rain」はあのX JAPANのYOSHIKIさんが作詞作曲したことで有名です。グループ6人それぞれ個性的で、元KAT-TUNの田中聖の弟さんでRAP担当の樹くんがいたり、京本政樹さんの息子さんでお坊ちゃまの京本大我くんがいたり、アメリカ人とのハーフのジェシーくんがいたりします。また、アイドルというよりはミュージシャン色が強く、歌がとてもうまいです。毎番組、毎ライブ見ていますが、口パクをしているのは見たことがありません。加えてオフとオンでギャップがあり、オフの時はとても面白くバラエティー番組でも活躍しています。オンの時はとても素晴らしいパフォーマンスで、正直男でも惚れます。そんなSixTONESですが、華やかなデビューの裏には様々な苦悩がありました。入所してから10年以上ジュニア(デビューできずにバックダンス等で活動するグループ)のままだったり、後輩であるKing & Princeにデビューを先に越されたり、もう辞めてしまおうと思うこともあったそうです。しかし、このような壁を6人で乗り越え、個人の個性・強みを伸ばした結果、現在のSixTONESがあります。YOUTUBEチャンネルも開設しており、英語を話せるジェシーくんもいることから世界に音楽を発信し続けています。今後のSixTONESに期待です。

SixTONES / ストーンズ
10

6つの原石が奏でる6つの音色

SixTONES(ストーンズ)というグループをご存知だろうか。彼らは少年隊やSMAP、嵐など数々の名だたるスターを輩出してきたジャニーズ事務所に所属している6人組男性アイドルグループである。ジャニーズ、アイドルと聞くと私はキラキラとした王子様のようなイメージがあった。しかし、彼らは正直言って真逆だった。

SixTONESの結成は2015年の5月1日。当時ジャニーズJr.であったジェシー・京本大我・田中樹・松村北斗・高地優吾・森本慎太郎の6人で組まれた。グループ名には6つの原石・6つの音色という意味が込められている。厳しいJr. 時代を乗り越え2020年1月22日デビューを果たした。
彼らのおすすめポイントは圧倒的なパフォーマンスだ。デビュー曲である『Imitation Rain』は歴代のジャニーズグループのポップで明るい曲とは一味違っている。X JAPANのYOSHIKIによって作詞作曲された曲はスローテンポなバラードであり、ロック調である。衣装は黒で統一感があり、ダンスの振りも多くはない。歌と表情、立ち振る舞いによって彼らだけのクールで妖艶な世界観を創り上げる。
多くの楽曲を世に送り出しているSixTONESの曲では、カップリング曲にも注目してほしい。非常に様々なジャンルの曲に出会えるだろう。爽やかな青春を感じる曲、全編英語詩の大人な魅力が溢れる曲、雰囲気をガラッと変えるアッパーソング、胸に刺さる感動のバラード、ジャジーな曲などジャンルも豊富である。特に1stアルバム『1ST』はそんなSixTONESの良さが詰まっている。何度聞いても飽きないだろう。
SixTONESの楽曲にはとことん音楽に向き合い、こだわるという彼らの情熱がある。また楽曲のクオリティを支えている、彼ら一人一人の高いスキルも欠かせない。

メインボーカルを務めるジェシーと京本大我の歌唱力は群を抜いている。声量、音程の安定感はどのグループにも負けない。
メインボーカルを支える松村北斗の安定感のある低音、彼の作り出す世界観は唯一無二である。
森本慎太郎の甘いボイスは人を虜にする。高い身体能力でもグループを盛り上げている。
高地優吾はヒューマンビートボックスでライブパフォーマンスを一気に盛り上げる。
そして圧倒的ラップスキルを武器とする田中樹。
それぞれの高いスキルから生まれた楽曲はアイドルファンはもちろんそうでない人も、男女問わず多くの人々を魅了するだろう。

SixTONES / ストーンズ
7

まさに原石!6つの輝き

2020年1月にデビューをはたしたSixTONES。同じく長い間の下積みを経験したSnow Manとの同時デビューということもあり、テレビや雑誌などメディアの露出も多く、お茶の間の知名度もうなぎ登りに上がっています。
そんな彼らの武器は、ずばり、歌唱力。その実力は、ホントにデビューして間もないの?と驚かされます。6人全員のソロパートが安定している上に、極めつけは、メインボーカル二人の実力!
京本大我君のミュージカル仕込みの歌声と、ジェシー君の繊細なハイトーンボイスは、最高のハーモニーとなって、聴く人を惹き付けます。デビュー曲のようなしっとりした曲から、明るく弾ける曲まで、とにかく聴かせてくれます。
その実力は、YouTubeのライブ映像でも確かめることができます。歌ったのはたった4曲だけですが、「もっと彼らの歌が聴きたい!」と思うような、魅力がギュッと詰まった映像でした。
音楽面以外にも、トークや物真似がやたらうまく、バラエティ番組で数々の爪痕を残したり、デビュー前からドラマに多数出演したりと、様々なフィールドで活躍しています。
すでにその輝きを遺憾なく発揮している彼らの今後の成長が楽しみです。

SixTONES / ストーンズ
10

2020年1月にデビューしたジャニーズの期待の新星

2015年に結成されたジャニーズ事務所の6人組グループです。読み方は「シックストーンズ」ではなく「ストーンズ」です。
デビューまで結成から4年以上かかりましたが、その間、様々な経験をしてきました。彼らの特徴を紹介しようと思います。

まず、14曲もオリジナル曲があるということです。この度デビュー曲になった、Imitation RainRの前に14曲もオリジナル曲があり、それらを単独ライブ等で披露してきました。どの曲もかっこよくて、色気があって、時にはアイドルのような歌を歌って、ファンを惹きつけてきました。そんな沢山の曲の中で、おすすめしたいのは「Amazing!!!!!!」という曲です。SixTONESのみんながファンを守ってくれるような歌詞になっており、女性は確実に惹きつけられる曲です。
次に、メンバー6人の個性が強いことが人気の理由の1つです。メインボーカルの1人、ジェシーは歌っている時はとても色気があってかっこいいのですが、歌っているとき以外は、一発ギャグを連発して面白く、ギャップがたまりません。特に、ドナルドダックのモノマネがとても上手いので、ぜひ見てみてください。
私の大好きなメンバーは、リーダーの髙地優吾くんです。笑顔がトレードマークで、憧れている先輩は嵐の相葉雅紀くんとのこ。ライブ中に「いつもうちわ作ってくれてありがとう」とファンに優しい言葉をかけてくれる、そんな優しさから好きになりました。グループの中で最年長ですが、みんなからイジられる、そんなリーダーが大好きです。
今後の彼らの活躍に注目したいです。

SixTONES / ストーンズ
10

ジャニー喜多川氏の最後のグループ

ジャニーズ事務所初2020年に2組同時CDデビュー。脅威の超新星SixTONES。
YouTubeのジャニーズチャンネルでは全動画総再生回数1億越え、2019年8月には個人チャンネルをもつようになった。
メンバーはジェシー、京本大我、松村北斗、髙地優吾、田中樹、森本慎太郎の6人。京本大我は俳優の京本政樹の息子である。メンバー全員身長170cm越え、平均身長176cmという高身長グループである。
2015年に『ジャニーズ銀座2015』の昼公演でSixTONES結成が発表された。最初はSixTONESの読み方として『シックスストーンズ』だったが、ixを読まない『ストーンズ』に変更された。
個人でもっている曲は2019年時点で9曲ある。その中でもジャニーズ初のYouTubeでPVを作り、滝沢秀明氏がプロデュースした『JAPONICA STYLE』が有名である。再生回数は1000万回を超えており、まさに勢いに乗っているグループである。
歌唱力も評判であり、特にジェシー、京本大我が突出していると言われている。
2020年にデビューした彼らにこれからも目が離せないだろう。

親タグ

子タグ

兄弟タグ