大奥(よしながふみ)のネタバレ解説・考察まとめ

「大奥(おおおく)」はよしながふみによる日本の少女漫画。2004年より隔月刊誌「MELODY」にて連載。男子のみがかかる謎の疫病「赤面疱瘡(あかづらほうそう)」によって男が女の1/4以下になった空想の江戸時代を江戸城・大奥を中心に描く。2010年、二宮和也主演で実写映画化、2012年には堺雅人主演でテレビドラマと続編映画2作が制作された。ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞他、多数受賞。

第3代将軍。
男性が好きだったが将軍になって以降、乳母である春日局に女性との間に子を成すよう言われ続けることに疲れ、辻斬りをするようになる。
辻斬りに出たある晩、臣下への八つ当たりの形で通りがかった女性に性的暴行を働き、結果、千恵姫が生まれる。
千恵姫を認知せぬまま赤面疱瘡に罹り31才で逝去。

稲葉正勝(いなばまさかつ)

春日局の実子で家光の側近。幼名は千熊。
初代家光が亡くなって以降は家光の影武者として、将軍に謁見に来た者たちに声をかける役目を担う。女将軍・徳川家光の死に殉じて死ぬ。

捨蔵(すてぞう)/お楽の方(おらくのかた)

町人の息子。
江戸の町で遊び暮らしていたところを春日局によって大奥へ迎えられる。
有功と瓜二つの容姿を持っているが性格や仕草などは似ても似つかない。
お気楽な性格のため家光によって「お楽の方」という名を与えられた。
家光との間に千代姫をもうけるが、浮かれてジャンプした際着地に失敗、身体に麻痺が残る。
家光から見向きもされなくなった寂しい日々の中で赤面疱瘡に罹り死亡。

村瀬正資(むらせまさすけ)

病気の妻を養うために春日局の誘いに乗り、大奥に入った。
しかし大奥へ入ったことで、妻は春日局に殺されただろうと述懐している。
有功の世話係を任じられ、最初期は嫌がらせに務める。
春日局の死に際して御右筆として大奥で起こることすべてを「没日録」に記すことを命じられる。
吉宗が没日録を読んだ直後に死亡。享年97才。

神原さと(かんばらさと)

作中珍しいオリジナルキャラクター。市中の暮らしを体現している。
本百姓の娘で働き者。三平太と相思相愛だったが村の女たちに憚ってついに連れ添うことなく31歳で死去。

『大奥』のあらすじ・ストーリー(家綱編)

11歳で将軍となった千代姫は徳川家綱と名を改める。
政治に関心を示さない家綱はどのような場合も「左様せい」で済ませるために「左様せい様」とあだ名される。
明暦3年、江戸を襲った大火から避難するため有功に抱え上げられた家綱はその道中、有功に愛の告白をする。
家光への愛のためにその娘・家綱の傍に仕え続けていた有功はこれをきっかけとして大奥から下がり、出家。
家綱は浅宮顕房を正式な夫として迎え、以後誰との間にも子を成すことなく41歳で没した。

『大奥』の登場人物・キャラクター(家綱編)

徳川家綱(とくがわいえつな)/千代姫(ちよひめ)

女将軍・家光と捨三の間に生まれた女児。
後に第4代将軍・徳川家綱となる。
ありとあらゆることに「左様せい」としか言わず「左様せい様」と揶揄される。
幼い頃から父親代わりとして傍にいた有功があまりに美男子だったため有功に惚れるが、想いを伝えたために有功は大奥を去る。
浅宮顕房を御台所として迎えるが41才で没するまで誰との間にも子を成すことはなかった。

『大奥』のあらすじ・ストーリー(右衛門之佐・綱吉編)

第5代将軍となった徳川綱吉は年のわりに若く、男好きで名を馳せていた。
京の都からはるばる大奥へやって来た右衛門佐は綱吉に気に入られ、大奥総取締の役目を頂戴する。
綱吉には世継ぎである5歳の松姫がいたが、あるとき高熱を出して急死する。
綱吉に「世継ぎを産む」という使命が与えられ、綱吉が気に入る男を献上しようと、綱吉の父である桂昌院と右衛門佐は競う。

跡継ぎの生まれぬまま年月は流れ、桂昌院は娘に子が出来ぬ理由を己が若い頃に猫を殺したからだと考え、綱吉は悪名高い「生類憐れみの令」を発布する。
人々は犬を傷つけることを恐れ飼い犬を捨て、町に溢れかえった犬の公儀によるエサ代が1千両を超える。
犬公方として人々に忌み嫌われる綱吉は閉経を迎えながらも毎夜男と褥を共にし、荒んでゆく。
耄碌した父・桂昌院に嫌われてしまうことを恐れる綱吉だが、右衛門佐と結ばれ、心境が変わり、右衛門之佐・桂昌院亡き後は穏やかな老後を過ごす。
数年後、麻疹にかかり奇特に陥った綱吉の元を御台所が訪れ愛のあまり彼女の首を絞め、その直後側用人・柳沢吉保の手によって命を絶たれる。

4zhisashi1961
4zhisashi1961
@4zhisashi1961

Related Articles関連記事

西洋骨董洋菓子店(アンティーク)のネタバレ解説・考察まとめ

西洋骨董洋菓子店(アンティーク)のネタバレ解説・考察まとめ

「西洋骨董洋菓子店」とはよしながふみ作の漫画作品である。深夜まで営業している「アンティーク」というフランス菓子の店を舞台に、オーナーの「橘圭一郎」を軸に緩い日常や人間関係で構成される。 ある事情で一流企業を辞めた圭一郎が洋菓子店を開き、そこで出会ったパティシエの「小野祐介」、元プロボクサーの「神田エイジ」、圭一郎の家の家政夫「小早川千影」という4人でアンティークを盛り上げていく。

Read Article

きのう何食べた?(漫画・ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

きのう何食べた?(漫画・ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『きのう何食べた?』とは2007年からよしながふみが『モーニング』で連載を開始した漫画及びそれを原作としたドラマ、映画作品。ゲイのカップルである弁護士の筧史朗(かけいしろう)と美容師の矢吹賢二(やぶきけんじ)の2人が毎日の食卓を中心とした2LDKのアパートで暮らす日常を描く。料理のレシピが載っており実際に作ることもできるため、料理本としても楽しめるのが魅力。ドラマは2019年に放送、映画版は2021年に公開され、ともに筧史朗を西島秀俊、矢吹賢二を内野聖陽が務めた。

Read Article

【半沢直樹】名作だらけ!超面白かったテレビドラマまとめ!【白夜行 など】

【半沢直樹】名作だらけ!超面白かったテレビドラマまとめ!【白夜行 など】

あまり連ドラを見ない方でも知ってるであろう過去の懐かしい話題作や脚本演出が光る最近の名作ドラマをあらすじとともにまとめました。半沢直樹や白夜行など名作だらけですのでぜひ最後までご覧ください!『半沢直樹』は、TBS系列「日曜劇場」枠で放送された、池井戸潤の小説「半沢直樹シリーズ」を原作としたテレビドラマである。

Read Article

目次 - Contents