大奥(よしながふみ)のネタバレ解説・考察まとめ

「大奥(おおおく)」はよしながふみによる日本の少女漫画。2004年より隔月刊誌「MELODY」にて連載。男子のみがかかる謎の疫病「赤面疱瘡(あかづらほうそう)」によって男が女の1/4以下になった空想の江戸時代を江戸城・大奥を中心に描く。2010年、二宮和也主演で実写映画化、2012年には堺雅人主演でテレビドラマと続編映画2作が制作された。ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞他、多数受賞。

御中臈。
非常に美しい青年で、大奥総取締である藤波と寝ることで将軍の側室を目指すが、吉宗が大奥の改革として美形ばかり50人を集めて暇を出したため、吉宗に敵うわけがなかったとひとりごち、大奥を去った。

藤波(ふじなみ)

大奥総取締。「歴代で一番小物な大奥取締」といわれる。
水野をご内証の方にするため御中臈に昇進させる。
御中臈の柏木と寝ていたが、吉宗の改革により美男50人に暇が出され、柏木も去る。
弓が得意。以前は天英院に仕えていた。

『大奥』のあらすじ・ストーリー(有功・家光編)

慶光院新院主となった有功は第3代将軍・徳川家光に挨拶するため京都から江戸へやって来た。
そこで顔を合わせた春日局に江戸に留まるよう説得され、さらに「将軍のために大奥へ入ってもらう」として遊女を抱くことを強要される。
お付きの坊主・玉栄の命を護るため女を抱き還俗することにした有功は大奥で「上様」と顔を合わせる。
しかし目にしたのは御年37歳の男性・家光ではなく男装の少女だった。

実は6年前に将軍・徳川家光は赤面疱瘡で死んでいた。
家光の死後、家光の乳母である春日局は、徳川家光が生前レイプした女性との間に生まれたものの認知されずにいた千恵姫の元へ赴き、母親を殺して彼女を連れ去り、家光の死を隠し彼女を身代わりとした。有功は家光として生きる千恵を妊娠させるための種馬として呼ばれたのであった。
無理に坊主をやめさせられたことで自暴自棄になる有功であったが、千恵こと家光の孤独にふれ、彼女を救うことこそ己の使命と感じ、2人は恋におちる。

将軍の事情とは関わりなく時代は流れ、飢饉や赤面疱瘡により小作人が田を捨て、多くの大名の直系の男が育たなくなり、後継のない家では女を跡継ぎとするようになった。男子のみを後継としていてはどの家も滅んでしまうという局面に立たされ、幕府は大名の後継に女子を立てることを認めざるを得なくなっていた。
心労と老いのため病に倒れた春日局は、有功に看病され家光の悲しみの中で亡くなった。

春日局の死後、時局の変遷を受け、家光は女の姿で第3代将軍・徳川家光として立つ。
家光の執り行った政治は決して温情厚いものではなかったが世間は好意的に受け止める。
家光は有功を大奥総取締(おおおくそうとりしまり)として、大奥の一切を取り仕切らせることを決め、側室となった捨蔵、玉栄(お玉)とお夏との間に3人の女児を出産、さらに何度かの流産を経験し、27際で世を去る。

家光の遺言により有功は第4代将軍となる千代姫の父代わりとなる。

『大奥』の登場人物・キャラクター(有功・家光編)

万里小路有功(までのこうじありこと)/ お万の方(おまんのかた)

万里小路有純卿の三男。
貧しい人々を救うことが自身の使命と信じ、出家して18才で慶光院院主となる。
挨拶のために江戸城を訪れ、春日局に見初められ、人質をとられた状態で女を抱き、還俗。大奥へ連れてゆかれる。
絶世の美男子。
家光を名乗る千恵姫に出会い、その孤独にふれ、千恵姫を癒すために生きることを決める。
しかし千恵姫との間に子を成すことができなかったため、苦しみながらも身を引く。
代わりに大奥総取締として大奥の仕組みを整え、千恵姫の仕事を支えた。
側室から大奥総取締になったのは歴代で有功ただ1人である。
千恵姫の長女・千代姫が第4代将軍・家綱となってからも家光の言葉を守り仕えるが、家綱に愛を告白されたため大奥を去る。
正徳元年に89才で死去。

徳川家光(とくがわいえみつ)/千恵姫(ちえひめ)

家光が亡くなったあと「家光」の名を継いだ少女。
家光がお彩という女性を襲った際に出来た子どもだが家光が認知しなかったため、己の素性を知らずに育った。
11才のとき、春日局によって母・お彩を殺され、大奥へ拉致される。
以降男装を強要され、徳川家光として生きることとなる。
14才のときに強姦され妊娠、死産。
その経験に苦しみ、後に「将軍を抱いた最初の大奥の男は死罪にすべし」として「お内証の方」の制度を制定する。
勝気で気性の荒い女性。
自身の女性性を否定されて育ったため、街中の女の髪を切って回ったり、大奥の男たちに女装をさせたりして鬱憤を晴らしていた。
有功と出会って後、自身の女性性を表に出し、本来の優しさを少しずつ出せるようになる。
有功との間に子が出来なかったため春日局が新たに連れてきたお楽、お夏、お玉の間にそれぞれ1人ずつ女児を成し母となったが、27才で死ぬまで愛した男は有功ただ1人だった。
頭の回転が速く、政治にも精を出し冷徹な政策を行う。
娘の父親代わりになってくれるよう有功に頼み、慶安3年4月、逝去。

春日局(かすがのつぼね)/斎藤福(さいとうふく)

家光の乳母。幼名はお福。
天然痘によってあばたの残る風貌になり、そのためにいじめられて育った。
明智光秀に仕えた斎藤利三の三女。
戦争のために父親が処刑された姿を見、落ち延びた先で結婚し息子を2人もうける。
夫の側室が長男・千熊(後の稲葉正勝)を虐待していたことに気づき殺害。夫と離縁し家光の乳母として上京する。
家光のことを溺愛しており、家光の血を残してゆくためなら手段を選ばない。
戦乱のない平和な世が続くことを望んでいる。
家光曰く「やり手婆」。家光が幼いときの小姓たちに目をかけ、ほとんど息子のように育てたため、幕府の重心となった元小姓たちからの信頼が厚い。
苦手なものでもあらゆる種類を取り揃えれば好きなものもあるだろう、という考えに基づいて大奥を作り、同性愛者だった家光に女性を抱かせようとした。
家光の死後、家光の娘である千恵姫のために大奥に男たちを集め、大奥を美男3千人の場所に作り変える。
有功を坊主から還俗させてまで大奥へ連れてゆき千恵姫に会わせた。
戦場で働くべき武家の跡取りは男子であるべきという考えを最後まで崩さなかった。
赤面疱瘡によって滅びゆくこの国を見届けよとして大奥で「没日録」という記録書を書かせる。
心労と老いから病に倒れ、有功の看病と家光の悲しみの中、寛永20年9月14日死去。

玉栄(ぎょくえい)/お玉の方(おたまのかた)/桂昌院(けいしょういん)

有功と共に京都からやってきた小僧。
幼少のおり有功に助けられ、忠誠を尽くしている。強かで意思も野心も強い。
自ら望んで大奥に入り有功の部屋子として仕え、後に有功に頼み込まれて女将軍・徳川家光の側室「お玉の方」となる。
家光との間に娘・徳子(後の第5代将軍・徳川綱吉)をもうける。
家光の死後は頭を丸め、桂昌院を名乗る。
有功の部屋子時代に家光に下賜された猫を殺したせいで娘・徳子が妊娠しないのだと思い込み、生類憐れみの令発布の原因となる。

徳川家光(とくがわいえみつ)

4zhisashi1961
4zhisashi1961
@4zhisashi1961

Related Articles関連記事

西洋骨董洋菓子店(アンティーク)のネタバレ解説・考察まとめ

西洋骨董洋菓子店(アンティーク)のネタバレ解説・考察まとめ

「西洋骨董洋菓子店」とはよしながふみ作の漫画作品である。深夜まで営業している「アンティーク」というフランス菓子の店を舞台に、オーナーの「橘圭一郎」を軸に緩い日常や人間関係で構成される。 ある事情で一流企業を辞めた圭一郎が洋菓子店を開き、そこで出会ったパティシエの「小野祐介」、元プロボクサーの「神田エイジ」、圭一郎の家の家政夫「小早川千影」という4人でアンティークを盛り上げていく。

Read Article

きのう何食べた?(漫画・ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

きのう何食べた?(漫画・ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『きのう何食べた?』とは2007年からよしながふみが『モーニング』で連載を開始した漫画及びそれを原作としたドラマ、映画作品。ゲイのカップルである弁護士の筧史朗(かけいしろう)と美容師の矢吹賢二(やぶきけんじ)の2人が毎日の食卓を中心とした2LDKのアパートで暮らす日常を描く。料理のレシピが載っており実際に作ることもできるため、料理本としても楽しめるのが魅力。ドラマは2019年に放送、映画版は2021年に公開され、ともに筧史朗を西島秀俊、矢吹賢二を内野聖陽が務めた。

Read Article

【半沢直樹】名作だらけ!超面白かったテレビドラマまとめ!【白夜行 など】

【半沢直樹】名作だらけ!超面白かったテレビドラマまとめ!【白夜行 など】

あまり連ドラを見ない方でも知ってるであろう過去の懐かしい話題作や脚本演出が光る最近の名作ドラマをあらすじとともにまとめました。半沢直樹や白夜行など名作だらけですのでぜひ最後までご覧ください!『半沢直樹』は、TBS系列「日曜劇場」枠で放送された、池井戸潤の小説「半沢直樹シリーズ」を原作としたテレビドラマである。

Read Article

目次 - Contents