ぬらりひょんの孫(ぬら孫)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぬらりひょんの孫』とは、椎橋寛によって、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2008年から2012年まで連載されていた、妖怪任侠漫画である。妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を継ぐ奴良リクオは、一見普通の男の子だが、祖父のような立派な妖怪の首領(ドン)になることに憧れを抱いている。現代の日本を舞台に、各地の妖怪同士が死闘を繰り広げる妖怪任侠活劇となっている。

百鬼夜行

主を筆頭に集まった妖怪の団体。しもべとなる妖怪は盃を交わし主に忠誠を誓う。主の力が大きければ大きいほど、しもべたちも力が発揮でき、逆に主の力が弱まれば消滅してしまう。

畏れ(おそれ)

未知なるものへの感情で「妖怪」そのものを表す。人々に畏敬の念を抱かせる真の畏れをまとう者を闇の世界の主と呼ぶ。元々は人をおどかしたり怖がらせたりすることで力を得ていた妖怪たちが発揮する妖怪の力の総称。相手の妖怪を「怖い」と感じたり心を奪われたりすることで生じる力。妖怪同士の戦いでは、この畏れの奪い合いであり、気圧されれば敗北となる。畏れにはそれぞれ発揮する段階や技がある。

鬼發(はつ)

自身の能力を発揮し、畏れを発動すること。畏れの発動により気圧された方は相手に畏れを感じさせることができなくなる。

鬼憑(ひょうい)

自身の畏れを具現化すること。リクオの場合は相手が自分を認識できなくなる。その他、畏れを武器に乗せることが多い。

鬼纏(まとい)

元々は半妖である鯉伴があみだした技。人間の部分にしもべの妖怪を畏れを乗せて攻撃する。

盃事(さかずきごと)

妖怪同士で忠誠を誓いあう際に用いられる儀式。

代紋(だいもん)

各団体が掲げる紋章。奴良組で言えば「畏」。

総会(そうかい)

組の幹部が集まる会合。

奴良組(ぬらぐみ)

tokumeisan3
tokumeisan3
@tokumeisan3

Related Articles関連記事

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

豪華な装飾が施された洋風ドレスなんかもうっとりするほど素敵ですが、見ていて心が落ち着くのはやはり昔ながらの日本を感じさせるイラストです。今回は主に着物を羽織っているキャラクターのイラストをまとめてみました。尚、筆者の好みによる偏りがあるのでそのへんはご了承ください。

Read Article

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

週刊少年ジャンプ連載作品で、2007年1号以降に終了した作品をすべて順に紹介します。『週刊少年ジャンプ』は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。

Read Article

目次 - Contents