ワールドトリガー(ワートリ)の本部上層部まとめ

葦原大介の描くSF少年漫画『ワールドトリガー』(ワートリ)には、異世界・近界(ネイバーフッド)の攻撃から世界を守るための組織・界境防衛機関「ボーダー」が登場する。「ボーダー」は、戦闘員、エンジニア、その他の職員など、たくさんの職員が「ボーダー」で働く巨大組織だ。組織の方針や仕組みは、最高司令官・城戸正宗(きど まさむね)を筆頭とした、各分野に優れた有能な人材で構成された本部上層部によって決定される。

『ワールドトリガー』(ワートリ)の概要

『ワールドトリガー』(ワートリ)とは、日本の漫画家・葦原大介によるSF漫画。2013年に集英社の『週刊少年ジャンプ』にて連載が開始された。その後作者急病のため2016年に休載へと入る。2年という長期休載を経て、2018年に再び『週刊少年ジャンプ』にて連載を再開した。5週連続『週刊少年ジャンプ』にて連載をした後、同社の月刊誌『ジャンプSQ.(旧ジャンプスクエア)』に移籍。長期休載に入る前である2014年にTVアニメ化しており、オリジナルストーリーも含めた全73話が放映されている。連載復帰後は、2021年1月にTVアニメ2ndシーズン、同年10月に3rdシーズンが放映されており、新たなファンを獲得した。

『ワールドトリガー』の世界には、異世界・近界(ネイバーフッド)/あちら側の世界の攻撃から、主人公・三雲修(みくも おさむ)や空閑遊真(くが ゆうま)が住むこちら側の世界(作中では「玄界(ミデン)」とも呼ばれる)を守るための組織・界境防衛機関「ボーダー」が登場する。「ボーダー」は、近界の住人・近界民(ネイバー)や近界民が使う兵器・トリオン兵と戦う戦闘員、エンジニア、その他の職員など、たくさんの職員が所属する巨大組織だ。組織の方針や仕組みは、最高司令官・城戸正宗(きど まさむね)を筆頭とした、各分野に優れた有能な人材で構成された本部上層部によって決定される。

本部上層部について

戦闘員、エンジニア、その他の職員など、「ボーダー」にはたくさんの職員が所属している。組織のトップは、最高司令官を務める城戸正宗(きど まさむね)だ。その城戸を中心とした「ボーダー」本部上層部が、「ボーダー」の組織としての方針や緊急事態への対策などを検討し、決定する。「ボーダー」本部上層部は、「ボーダー」の意思決定機関なのである。

「ボーダー」本部に所属する戦闘員は本部長の忍田真史(しのだ まさふみ)、開発室は鬼怒田本吉(きぬた もときち)、メディア対策室は根付栄蔵(ねつき えいぞう)、外務・営業部は唐沢克己(からさわ かつみ)がそれぞれ仕切っている。鬼怒田、根付、唐沢は、城戸が自らスカウトして集めた有能な職員だ。「ボーダー」本部上層部は、最高司令官の城戸、本部長の忍田、開発室長の鬼怒田、メディア対策室長の根付、外務・営業部長の唐沢の5人から成っている。本部上層部会議には、稀に玉狛支部の支部長・林藤匠(りんどう たくみ)も出席しているが、これは林藤が「旧ボーダー」時代からいる古株だから呼ばれているのであって、各支部長に会議出席義務があるわけではない。そのため会議には林藤がいる時といない時がある。

城戸は近界民に強行な姿勢を取る「城戸派」のトップで、鬼怒田、根付、唐沢は「城戸派」に所属している。忍田は街の防衛を第一に考える近界民に対して中立な「忍田派」のトップ。近界民に対する考え方の違いから、城戸と忍田は度々衝突するが、そんな時は城戸派でありながら中立寄りの考え方を持つ唐沢が、客観的な意見を述べることで、話し合いが軌道修正される。

近界民への考え方は異なる部分も多いが、「ボーダー」がある三門市のため、ひいては「ボーダー」という組織のためという意思は共通している。

『ワールドトリガー』(ワートリ)の本部上層部の来歴・活躍

イレギュラー門(ゲート)発生事件

「ボーダー」本部上層部が登場したのは、イレギュラー門(ゲート)発生事件の時である。「ボーダー」の本部の基地の周辺には、警戒区域という場所が設けられており、トリオン兵が侵入するための門(ゲート)の多くが、その警戒区域の中に開く。これは「ボーダー」本部基地近くに門を発生させる誘導装置は本部基地に設置されているからだ。これによってトリオン兵は三門市の市街地に出ることがなく、三門市民は安全な日々を過ごすことができている。この時、主人公の1人・三雲修(みくも おさむ)は「ボーダー」C級隊員(訓練生)、主人公の1人で近界民(ネイバー)である空閑遊真(くが ゆうま)は、まだ「ボーダー」に所属しておらず、正体を隠して潜んでいる状態だった。

しかし、この門が市街地に発生するという事件が発生した。原因は不明。「ボーダー」本部は、この原因不明の門を「イレギュラー門(ゲート)」と呼び、会議を開いて状況の確認や対策を話し合った。開発室長の鬼怒田でもお手上げ状態だったので、上層部は玉狛支部に所属するS級隊員の迅悠一(じん ゆういち)を呼び出した。迅は「未来視(みらいし)」という副作用(サイドエフェクト)を持っており、会ったことがある人間の少し先に未来を見ることができる。迅は三雲の未来を視て空閑と出会い、「イレギュラー門」の発生原因を突き止め、無事に解決に導くのだった。

黒トリガー争奪戦

A級三輪隊の隊長・三輪は、三雲が近界民と繋がっていると疑っていた。そして三雲を尾行して、三雲が近界民である空閑と会っている現場を押さえた。三輪隊は「城戸派」に所属しており、有無を言わさず空閑を殺そうとする。空閑は仕方なく自身のトリガーで三輪隊と戦闘した。結果は空閑の勝利。これによって空閑の存在は「ボーダー」上層部にもバレ、三雲は空閑を匿っていたとして「ボーダー」本部上層部会議に呼ばれた。そして三雲の情報によって、空閑が「ボーダー」創始メンバーの1人である空閑有吾(くが ゆうご)の息子であることが判明した。

「ボーダー」本部上層部の城戸、忍田、そして会議に参加していた玉狛支部支部長・林藤匠(りんどう たくみ)は、有吾と面識がある。しかし城戸は、空閑が本当に有吾の息子かわからないし、近界民が黒トリガーを持っているのは危険だとして、迅に空閑の黒トリガーを奪取するように命令を出した。だが、玉狛支部に所属する隊員に命令ができるのは、支部長の林藤だけ。林藤は城戸に迅に命令するように言った。林藤は命令に従って、迅に空閑の黒トリガーを奪取するように命令する。ただし「やり方はお前(迅)に任せる。」という内容だった。城戸は”空閑を殺して”黒トリガーを奪うようにしたかったが、林藤の言葉によって、迅は”空閑を殺さずに”黒トリガーを手に入れる手段を取ることが可能になった。結果、迅は空閑を「ボーダー」に入隊させることで黒トリガーを手に入れるという方向で動き出した。

林藤と迅のやり方に納得がいかない「城戸派」は、遠征からA級上位部隊が戻ってくるのを待った。そして戻ってきたA級上位部隊に空閑を殺して黒トリガーを奪うように命令する。迅はそれを防ぐためにA級上位部隊と戦った。迅1人では不利なため、忍田から命令を受けた嵐山隊が迅を援護する。結果、迅と嵐山隊が勝利を収めた。

「ボーダー」本部上層部会議で、「城戸派」の鬼怒田や根付は、迅を、ひいては近界民を援護した忍田を非難した。しかし忍田は、論議を無視して強奪を強行した「城戸派」に怒りを向ける。それを見た城戸は、今度は刺客としてS級隊員の天羽月彦(あもう つきひこ)を送り出すと言う。「城戸派」は一歩も引くつもりはないということだ。そこへ「城戸派」の刺客を返り討ちにした迅が登場。迅は自分が持つ黒トリガー「風刃(ふうじん)」を差し出すので、空閑の黒トリガーから手を引き、空閑の「ボーダー」入隊を認めるようにと城戸に交渉した。城戸はそれを了承し、黒トリガー争奪戦は幕を閉じた。

第二次大規模侵攻

近界民によるこちら側の世界への大規模な攻撃のことを、作中では大規模侵攻と呼ぶ。4年半前に発生した第一次大規模侵攻では、死者1200名以上、行方不明者400名以上の被害が出た。

対策会議

迅の副作用(サイドエフェクト)「未来視」によって、近く大規模な近界民の侵攻があることが予見された。そのため「ボーダー」本部上層部は、対策会議を招集。三雲や空閑も会議に呼ばれた。

「ボーダー」本部上層部を悩ませていたのは、どこの国がどのような手段でこちら側の世界を攻めてくるか、ということだった。これについて、空閑のお目付け役である自立型トリオン兵・レプリカにより、近界(ネイバーフッド)の国に関する多くの情報が提供されたことで、次に攻めてくる可能性が高い国を絞り込むことに成功する。会議は解散し、「ボーダー」本部上層部は、さらなる対策を練るのだった。

侵攻勃発

迅が予見した通り、近界民による大規模侵攻が勃発した。「ボーダー」本部上層部の城戸、忍田、鬼怒田、根付は、司令室にて、戦況を把握。忍田は展開する部隊の総指揮を任された。迅の副作用や忍田の指揮、現場の部隊の人間の活躍により、侵攻してきたアフトクラトルという国の戦士達を撤退に追い込んだ。「ボーダー」職員6名が死亡、C級隊員(訓練生)32名が攫われたが、民間の死者は0だった。

記者会見

第二次大規模侵攻が終了後、「ボーダー」本部上層部は被害報告をするために記者会見を開いた。参加していた記者は、死者が出たことやC級隊員が攫われたことについて厳しく追求。しかし「ボーダー」がいなければもっと被害が出ていた可能性があることもわかっていた。第二次大規模侵攻の規模は第一次大規模侵攻の約8倍、しかしそれに対して被害は約40分の1だ。「ボーダー」の戦力が4年半前から著しく向上して、その結果が出ている。そうだとしても記者達は素直に納得することはできない。

メディアに対策室長の根付は、記者の中にサクラを仕込み、記者達の目を「ボーダー」という組織から1人の隊員に向けさせた。ターゲットとなったのは三雲である。これは事前の本部上層部会議で決められていた流れだった(ただし正義感の強い忍田や玉狛支部支部長の林道には知らされていなかった)。しかし三雲のことを買っている唐沢は、三雲がこのまま叩かれて終わるのはもったいないと考え、三雲を記者会見の場に連れて行く。三雲は記者の前で自身の考えを語り、攫われた市民を近界に助けに行く旨を発言した。「ボーダー」が近界に遠征を行っていることは重要機密事項だったが、城戸はこの三雲の発言を利用して遠征計画を進めていることを発表。不穏な空気が流れていた記者会見は、三雲の登場したことで流れが変わり、記者会見は終了した。

第二次大規模侵攻の後、「ボーダー」を辞めた隊員は26名。しかしこの記者会見後、その5倍に入隊希望が届いており、スポンサーに名乗りを上げる企業も急増した。「ボーダー」本部上層部が思い描いていた展開とは異なったが、「ボーダー」にとって意味のある記者会見となった。

遠征選抜試験

第一次・第二次大規模侵攻で攫われた人間を奪還するため、「ボーダー」は大規模な遠征を行う。この遠征に参加する人間を選ぶために、遠征選抜試験が実施された。「ボーダー」本部上層部は、遠征選抜試験の内容を練り、試験対象の隊員達を集めて説明会を実施。試験は通常の部隊ではなく、臨時編成された部隊で行われること、第一次試験では、遠征艇内での生活を想定した「閉鎖環境試験」、第二次試験では、最長36時間に渡る「長時間戦闘試験」を行われることを忍田が説明した。

そして開始された第一次試験「閉鎖環境試験」。本部上層部の面々は、試験に臨む隊員達の様子を見て、特別課題を出したり、総合的な評価などをするために毎日のように集まっている。

『ワールドトリガー』(ワートリ)の本部上層部の関連人物・キャラクター

yuzu_yugu0819
yuzu_yugu0819
@yuzu_yugu0819

Related Articles関連記事

ワールドトリガー(ワートリ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ワールドトリガー(ワートリ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ワールドトリガー』とは、2013年より葦原大介が『週刊少年ジャンプ』で連載を開始し、2018年より『ジャンプスクエア』に移籍した漫画およびそれを原作としたアニメ、ゲーム作品。現代の日本に、突然異世界から近界民(ネイバー)が現れ、三門市という街を襲った。そして、それに唯一対抗できる界境防衛機関「ボーダー」という組織が作られた。そのボーダーの隊員である三雲修が、異世界からやって来たネイバーの転校生・空閑遊真に出会うところから物語は始まる。ジャンプ作品としては異質であるが故、コアなファンも多い。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)のトリガーと必殺技まとめ

ワールドトリガー(ワートリ)のトリガーと必殺技まとめ

『ワールドトリガー』(ワートリ)とは、葦原大介による漫画、及びそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 ある日突然現れた近界民(ネイバー)の襲撃により、三門市は大きな被害を受ける。その危機を救ったのが『ボーダー』と呼ばれる機関だった。ボーダーに所属する三雲修は空閑遊真という少年と出会う。遊真は近界民の世界からやって来ていた。 トリガーとはこの世界で使われる武器である。トリガーは地球、近界民で独自に発展し、多様な戦い方をするこの作品の要となっている。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)のサイドエフェクト・副作用・特殊能力まとめ

ワールドトリガー(ワートリ)のサイドエフェクト・副作用・特殊能力まとめ

サイドエフェクト(副作用)とは、葦原大介による漫画『ワールドトリガー(ワートリ)』に登場する特殊能力の名称である。異世界・近界(ネイバーフッド)のテクノロジー・トリガーを使う人物に稀に発現する。トリガーは、誰しもが内に秘めているトリオンというエネルギーで作動し、そのトリオン能力が高い人間ほど発現しやすい。超能力と表されることもあるが、あくまで人間の基本能力の延長線上のもので、超常現象を引き起こすような類ではない。主人公の1人・空閑遊真も「嘘を見抜く」というサイドエフェクトを持っている。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)のボーダーランク・ランキングまとめ

ワールドトリガー(ワートリ)のボーダーランク・ランキングまとめ

葦原大介の描くSF少年漫画『ワールドトリガー』(ワートリ)には、異世界・近界(ネイバーフッド)の攻撃から世界を守るための組織・界境防衛機関「ボーダー」が登場する。「ボーダー」に所属する戦闘員にはポジションがあり、それぞれのポジションに特化したトリガーを用いて戦う。使用するトリガーにはポイントが割り振られており、隊員同士で行う模擬戦闘(ランク戦)の勝敗によってポイントが移動する。そのポイントによってポジション別ランクや個人(ソロ)総合ランクが形成されている。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)の王子一彰によるあだ名・ニックネームまとめ

ワールドトリガー(ワートリ)の王子一彰によるあだ名・ニックネームまとめ

葦原大介の描くSF少年漫画『ワールドトリガー』の登場人物は、プロフィール以外にも詳細な設定がされており、1人1人がとても個性的だ。中でもB級王子隊の隊長の王子一彰(おうじ かずあき)は、独特な発想力を持っており、同い年以下の「ボーダー」の仲間達にユニークなあだ名(ニックネーム)をつけることで有名。わかりやすさが求められる「ボーダー」の部隊同士が鎬を削るB級ランク戦の解説でも、自らが命名したあだ名を躊躇なく投入していく姿は、非常に王子らしいが、初見殺しとも言われている。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)の作戦室・隊室まとめ

ワールドトリガー(ワートリ)の作戦室・隊室まとめ

『ワールドトリガー』(ワートリ)とは、葦原大介の描くSF少年漫画。作中には、異世界・近界(ネイバーフッド)の侵略から世界を守る界境防衛機関「ボーダー」という組織が登場する。「ボーダー」には多くの戦闘員が所属しており、B級ランク以上の隊員は、数名で部隊を作ることが可能。部隊には、作戦室(隊室)が与えられ、隊員達はその部屋で作戦を立てたり、データを見たり、オフの日を満喫したりと、思い思いの過ごし方をする。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)のオペレーターまとめ

ワールドトリガー(ワートリ)のオペレーターまとめ

葦原大介の描くSF少年漫画『ワールドトリガー』(ワートリ)には、異世界・近界(ネイバーフッド)の攻撃から世界を守るための組織・界境防衛機関「ボーダー」が登場する。「ボーダー」の戦闘員の多くは、C級(訓練生)からB級(主力)に上がると、部隊を組む。これによってランク戦という部隊同士のランキングを決める試合に出ることも可能だ。部隊には、戦闘員を支援するオペレーターと呼ばれる人間が1人おり、戦闘員が実力を発揮できるかはオペレーターの腕にかかっていると言っても過言ではない。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)の部隊まとめ

ワールドトリガー(ワートリ)の部隊まとめ

『ワールドトリガー(ワートリ)』は、葦原大介による少年漫画。異世界・近界(ネイバーフッド)から主人公・三雲修(みくも おさむ)達が住むこちら側の世界を守るため、界境防衛機関・ボーダーの隊員達が敵と戦う物語だ。ボーダーにはたくさんの戦闘員がおり、訓練生であるC級ランクから正隊員であるB級ランクに上がると、部隊を結成することが可能となる。さらに部隊の順位を決めるランク戦で勝利していくと、精鋭部隊と言われるA級ランクへの昇格チャンスが与えられる。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)の派閥まとめ

ワールドトリガー(ワートリ)の派閥まとめ

葦原大介の描くSF少年漫画『ワールドトリガー』(ワートリ)には、異世界・近界(ネイバーフッド)の攻撃から世界を守るための組織・界境防衛機関「ボーダー」が登場する。「ボーダー」にはたくさんの戦闘員やエンジニア、その他職員が所属している。中には近界からの攻撃で家族や住む家をなくした悲しい過去を持つ隊員もいる。そういった者は近界民に強い恨みを抱いていることが多い。ただ近界民の中には、友好的な者もいる。「ボーダー」構成員達は、近界民に対して様々な思いを持っており、それが組織内で派閥を生んでいる。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)の家族・親戚関係まとめ

ワールドトリガー(ワートリ)の家族・親戚関係まとめ

葦原大介の描くSF少年漫画『ワールドトリガー』(ワートリ)には、異世界・近界(ネイバーフッド)の攻撃から世界を守るための組織・界境防衛機関「ボーダー」が登場する。「ボーダー」がある三門市には、古い世代から住み続けている家が多く、家族や親戚などの血縁関係がたくさんいる。中には嵐山隊隊長の嵐山准や玉狛第一(木崎隊)の小南桐絵のように従兄妹で「ボーダー」に所属している者もいる。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)のボダメシ・料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

ワールドトリガー(ワートリ)のボダメシ・料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

『ワールドトリガー』(ワートリ)とは、葦原大介の描くSF少年漫画。ストーリーはシリアスな展開が多いものの、コミカルな絵柄や演出で読みやすくなっており、読者の支持を集めている。世界観は、現実の世界(地球)にほぼ近く、現代の町と異世界「近界(ネイバーフッド)」が登場。舞台となっている三門市では、様々なグルメが堪能でき、登場人物がおいしそうに食事をする姿が見られる。その他、遠征選抜試験編では、各キャラクターの作る料理、通称「ボダメシ」も登場した。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)の部隊章・エンブレムまとめ

ワールドトリガー(ワートリ)の部隊章・エンブレムまとめ

少年漫画『ワールドトリガー』には、世界を守る界境防衛機関「ボーダー」に所属する各部隊のシンボルとして、部隊章・エンブレムが作られている。エンブレムは「ボーダー」の精鋭であるA級部隊に上がると作ることができ、デザインなどは各隊の自由だ。自分達で作成してもいいし、エンブレムのイメージを伝えて「ボーダー」所属のデザイナーに作成してもらうことも可能。一度エンブレムを作れば、A級部隊からB級部隊に降格してもエンブレムを引き続き使用することができる。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)の支部まとめ

ワールドトリガー(ワートリ)の支部まとめ

葦原大介の描くSF少年漫画『ワールドトリガー』(ワートリ)には、異世界・近界(ネイバーフッド)の攻撃から世界を守るための組織・界境防衛機関「ボーダー」が登場する。警戒区域と呼ばれる危険地域のほぼ中心に「ボーダー」本部基地があり、その区域と市街地の外縁上にいくつかの支部が設置されている。「ボーダー」に所属する隊員や職員はそのほとんどが「ボーダー」本部に所属しているが、中には玉狛支部(たまこましぶ)や鈴鳴支部(すずなりしぶ)などの支部に所属する者もいる。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)の玄界(ミデン)・近界(ネイバーフッド)まとめ

ワールドトリガー(ワートリ)の玄界(ミデン)・近界(ネイバーフッド)まとめ

『ワールドトリガー』(ワートリ)とは、日本の漫画家・葦原大介によるSF漫画。ある日突然、三門市という町が近界(ネイバーフッド)と呼ばれる異世界からの侵略者・近界民(ネイバー)の襲撃を受けた。その危機を救ったのが、界境防衛機関「ボーダー」である。「ボーダー」は、様々な近界の国の攻撃から、近界民達が玄界(ミデン)と呼ぶ自分達の世界を守るために戦う。 主な舞台となる三門市や、登場する近界の国には、細かな設定が施されており、その設定の奥深さが世界観をより鮮明にしている。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

ワールドトリガー(ワートリ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『ワールドトリガー』とは葦原大介によるバトルアクション漫画及びそれを原作としたアニメ作品。この記事では、『ワールドトリガー』のアニメに使われた歴代のオープニング・エンディング主題歌を紹介する。白熱のバトルを盛り上げる主題歌には様々なアーティストが起用され、どれもがファンから高い支持を受けている。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)の近界民(ネイバー)まとめ

ワールドトリガー(ワートリ)の近界民(ネイバー)まとめ

近界民(ネイバー)とは、葦原大介のSF少年漫画『ワールドトリガー』(ワートリ)に登場する異世界人の総称。作中には、主人公達が暮らす世界(こちら側の世界)とは、別の世界、所謂、異世界が存在している。その異世界は近界(ネイバーフッド)と呼ばれており、そこに住む人々を近界民と呼ぶのだ。近界民は、人間とほとんど変わらない容姿を持っており、外見から近界民かどうか判断するのは難しい。近界民は稀にこちら側の世界を襲撃してくるが、全ての近界民がそうではなく、中には友好的な者もいる。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)のトリオン兵まとめ

ワールドトリガー(ワートリ)のトリオン兵まとめ

トリオン兵とは、葦原大介のSF少年漫画『ワールドトリガー』(ワートリ)に登場する兵器の総称。主人公達が住む三門市とは別の世界、近界(ネイバーフッド)の住人・近界民(ネイバー)が使用する兵器のことである。銃やミサイルのような既存の兵器は効かず、近界のテクノロジー技術・トリガーだけが通用する。種類も豊富で、用途は捕獲用、戦闘用、砲撃用、偵察・密偵用など多種多様。自我があるわけではないが、作中では、主人公の1人・空閑遊真のお目付け役のレプリカのように自我を持つトリオン兵が稀に登場する。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

ワールドトリガー(ワートリ)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『ワールドトリガー』(ワートリ)とは、日本の漫画家・葦原大介(あしはら だいすけ)の描くSFバトルファンタジー漫画。主人公・三雲修(みくも おさむ)達が所属する界境防衛機関、通称「ボーダー」と近界(ネイバーフッド)と呼ばれる異世界からの侵略者・近界民(ネイバー)との戦いを描いた物語である。戦略による駆け引きやバトルがメインであるため、恋愛要素はほぼない。ただ読者達の間で恋愛関係にあるのではと囁かれているキャラクター達も多くおり、カップルというよりは良いコンビといえるキャラクター達もいる。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)の個人ポイントまとめ

ワールドトリガー(ワートリ)の個人ポイントまとめ

葦原大介の描くSF少年漫画『ワールドトリガー』(ワートリ)には、異世界・近界(ネイバーフッド)の攻撃から世界を守るための組織・界境防衛機関「ボーダー」が登場する。「ボーダー」に所属する戦闘員が使用するトリガーには、それぞれポイントが割り振られており、そのポイントが組織内での自分の実力を明確にしている。ポイントは訓練やイベント、個人間での模擬戦を通じて手に入れることが可能。ポイントによって個人・ポジション別のランキングも形成されている。

Read Article

ワールドトリガー(ワートリ)の旧ボーダーまとめ

ワールドトリガー(ワートリ)の旧ボーダーまとめ

「旧ボーダー」とは、『ワールドトリガー』に登場する組織・界境防衛機関「ボーダー」の前身だった組織の呼称。最高司令官である城戸正宗(きど まさむね)が治める物語時間軸現在の「ボーダー」と区別するために、「旧ボーダー」と呼ばれている。異世界人・近界民(ネイバー)に対して融和的な思想を持っており、「ボーダー」があるこちら側の世界と近界民の橋渡しを目的としていた。現体制の「ボーダー」では、”近界民は全て敵”という「旧ボーダー」とは真逆の思想を持っており、「旧ボーダー」の思想は玉狛支部に受け継がれた。

Read Article

空閑遊真(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

空閑遊真(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

空閑遊真(くが ゆうま)は『ワールドトリガー』の登場人物で主人公の一人。近界(ネイバーフッド)と呼ばれる異星から物語の舞台である三門市にやってきた近界民(ネイバー)。父親と近界のいろんな国を旅をしながら暮らしていた。敵に瀕死の重傷を負わされた空閑を助けるために父親が黒トリガーになったことをきっかけに三門市にやってくる。近界での戦闘経験を活かした臨機応変な戦闘スタイルが強み。「嘘を見抜く」という能力のサイドエフェクトがあり、嘘をつくと口から黒い煙が出ているように見える。

Read Article

二宮匡貴(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

二宮匡貴(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

二宮匡貴(にのみや まさたか)とは、『ワールドトリガー』の登場人物。ボーダー本部所属B級二宮隊隊長。射手(シューター)ランク1位、個人総合ランク2位。かつてはA級部隊を率いていたが、隊員の鳩原未来(はとはら みらい)の違反行為により降格処分を受けた過去を持つ。鳩原について今も独自に調査を続けている。実力に裏付けされた高圧的でぶっきらぼうな態度、辛辣な物言いが目立つが、能力のある人間には敬意を払い、必要なら教えを乞うことも辞さないストイックな人物。

Read Article

出水公平(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

出水公平(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

出水公平(いずみ こうへい)とは、『ワールドトリガー』の登場人物で、ボーダー本部所属A級1位太刀川隊のシューター。4種類の弾トリガーを巧みに操ることができる感覚派の天才。ふたつの弾トリガーを組み合わせる「合成弾」の生みの親。作中では「弾バカ」と呼ばれており、高い戦闘センスと高度な技術で戦闘面で大きな活躍をしている。また、豊富な知識や洞察力も持ち合わせているため、戦闘だけでなく指導者としても一流である。本作主人公の三雲修(みくもおさむ)に指導をつけている。

Read Article

小南桐絵(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

小南桐絵(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

小南桐絵(こなみ きりえ)とは『ワールドトリガー』の登場人物。ボーダー玉狛支部に所属する玉狛第一のA級隊員。ボーダーの正隊員の中で一番の古株。攻撃手ランキング3位の実力者であり、約1年前までは1位の座に君臨していた。騙されやすい性格をしていて、同じ隊の烏丸によく騙されている。本部の正規トリガーではなく、玉狛支部特別製の専用トリガー「双月」という斧のトリガーを愛用している。

Read Article

三雲修(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

三雲修(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

三雲修(みくも おさむ)とは、『ワールドトリガー』の主人公である。ネイバーの攻撃から世界を守るボーダーに所属する戦闘員。空閑遊真に生きる目的を与えるため、そして行方不明になった雨取千佳の兄・雨取麟児を助けるために玉狛第二(三雲隊)を結成した。麟児やレプリカを探すために遠征部隊に入るのを目指す。B級ランク戦を勝ち上がり、さらに敵だったアフトクラトルの捕虜であるヒュースを隊に迎え入れ、上位入りを果たす。遠征選抜では諏訪洸太郎に指名され、諏訪7番隊として試験に臨む。

Read Article

影浦雅人(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

影浦雅人(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

影浦雅人(かげうらまさと)とは、『ワールドトリガー』の登場人物で、ボーダー本部所属B級影浦隊の隊長。ボーダー内屈指のアタッカーだが、暴力行為や素行の悪さも目立つ問題児。「感情受信体質」という副作用(サイドエフェクト)を発現させており、戦闘面では不意打ちや遠距離からの射撃を察知することが可能。ただし私生活では他人の感情も意図せず察知してしまうためつらい思いをしている。素行の悪さはサイドエフェクトに起因しているともいえる。本作主人公の空閑遊真(くがゆうま)と仲が良く、ライバル関係にある。

Read Article

那須玲(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

那須玲(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

那須玲(なす れい)とは、『ワールドトリガー』の登場人物で、ボーダー本部所属B級那須隊の隊長。ボーダー内でも屈指の「バイパー(変化弾)」使いで、聡明さと高度な戦闘技術で隊長兼エースを務める。病身のため自宅で過ごすことが多く、作戦会議なども自宅のベットで行っていることがある。しかし、いざ戦場に立つと俊敏な動きで敵を圧倒する。ランク戦三日目昼の部(第三戦)でも、本作の主人公を要する玉狛第二(三雲隊)と激戦を繰り広げ主人公達を追い詰めた。穏やかで落ち着いた性格を持ち、チームメイト想いな女性。

Read Article

生駒達人(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

生駒達人(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

生駒達人(いこまたつひと)は『ワールドトリガー』の登場人物で、ボーダー本部所属B級生駒隊の隊長。迅悠一曰く「ボーダー随一の旋空弧月の使い手」で攻撃手(アタッカー)ランキング6位の実力。県外からのスカウトで三門市にやってきてた京都人。コテコテの関西弁でボケを連発するなど終始マイペースな人物で、『ワールドトリガー』内では珍しい三枚目キャラクターである。隊員たちからは「イコさん」と呼ばれている。17巻のB級ランク戦で初登場。

Read Article

迅悠一(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

迅悠一(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

迅悠一(じん ゆういち)とは、『ワールドトリガー』の登場人物であり、本作の主人公の一人である。自らを「実力派エリート」と名乗るその実力は本物。黒トリガー「風刃」の最初の所有者であり、ボーダー内に数人しかいないとされているS級隊員であった。「未来予知」というサイドエフェクトによって目の前の人間の未来を見ることができる。「風刃」を本部に返還したため隊に所属しないA級隊員として活動している。「ぼんち揚げ」が大好物で、部屋に箱で常備しているほど。

Read Article

雷神丸(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

雷神丸(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

雷神丸(らいじんまる)は、漫画『ワールドトリガー』に登場するキャラクター。玉狛支部のお子様隊員、林藤陽太郎(りんどう ようたろう)の相棒であるカピバラ。陽太郎を背中に乗せて主人公たちのトレーニングに付き合ったり、嗅覚を使い人を探し当てたりする。陽太郎とともに玉狛支部のマスコット的存在ではあるが、その正体は、旧ボーダーかつての同盟国・アリステラの冠トリガー(クラウントリガー)だった。冠トリガーである雷神丸には、アリステラの王子である陽太郎を守護する役目が与えられている。

Read Article

雨取千佳(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

雨取千佳(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

雨取千佳(あまとり ちか)は、『ワールドトリガー』の主人公の一人で、ボーダー玉狛支部所属B級三雲隊隊員のスナイパー。 実際の年齢は中学2年生だが、小学生に間違われるほど小柄な少女。非常におとなしく、常に自分より他人のことを気遣う優しい性格。「トリオン」と呼ばれる生体エネルギーの量が異常に豊富で、これを目当てに異世界からの侵略者・近界民に身柄を狙われる。幼馴染にして本作の主人公の一人である三雲修や、同じく主人公の一人である空閑遊真との交流を経て、人として戦士として成長していく。

Read Article

隠岐孝二(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

隠岐孝二(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

隠岐孝次(おき こうじ)とは、『ワールドトリガー』に登場する人物である。県外からスカウトされボーダーに入隊した。ボーダー本部B級生駒隊の狙撃手(スナイパー)として活躍している。出身は大阪府で普段から関西弁で話す。トリオン体では常にサンバイザーを着用。右目の下に泣きボクロがあるのが特徴だ。自身の隊長である生駒達人(いこま たつひと)からはモテる認定されていて、よくからかわれている。遠征選抜試験では諏訪洸太郎(すわ こうたろう)に指名され、諏訪7番隊として試験に参加する。

Read Article

ヒュース(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

ヒュース(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

ヒュースとは、『ワールドトリガー』の登場人物で、近界(ネイバーフッド)最大級の国家であるアフトクラトルに所属する兵士。本作の舞台である現代/玄界(ミデン)に侵攻してきた人型ネイバーの一人である。大規模侵攻編後は捕虜として玉狛支部に引き取られることとなった。その後、母国への帰還を条件に一時的に玉狛第二/三雲隊へ加わる。8歳から剣術を学んでおり、戦闘センスも非常に高い。また、B級ランク戦の映像から隊員たちの実力や最善の戦術を即座に指摘できるほどの戦術眼も持ち合わせている。

Read Article

三輪秀次(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

三輪秀次(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

三輪秀次(みわしゅうじ)とは、『ワールドトリガー』の登場人物で、ボーダーのA級7位三輪隊の隊長を務めている人物。 近界民(ネイバー)という異次元からの侵略者による攻撃から世界を守る機関として作られた”界境防衛機関”通称ボーダーの戦闘における精鋭部隊の1人である。ボーダーには3つの派閥があり、その内の過激派にあたる城戸派に所属している。「ネイバーはすべて殺す」とのセリフどおり、ネイバーに深い恨みを持っている。過去に最愛の姉をネイバーに殺されているのが要因だと言える。

Read Article

東春秋(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

東春秋(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

東春秋(あずま はるあき)は、『ワールドトリガー』に登場するボーダー本部B級6位の東隊の隊長で狙撃手(スナイパー)である。年齢は25歳と、戦闘員中2番目の年長者。現ボーダー創設時のメンバーの一人で「最初の狙撃手」で狙撃手ランク第3位。ほぼ全ての狙撃手が東の弟子筋と言え、人望も厚い。指揮力も忍田真史(しのだ まさふみ)本部長と並びNo.1の実力者である。 任務外ではボーダー提携の大学院でトリオンや戦史の研究をしている。

Read Article

風間蒼也(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

風間蒼也(ワールドトリガー)とは【徹底解説・考察まとめ】

風間蒼也(かざま そうや)とは『ワールドトリガー』の登場人物で、ボーダー本部所属A級風間隊の隊長。他人の才能や才覚を見抜くことに長けており、優れた育成能力も持ち合わせている。厳しめな物言いもするが、役目を果たしたものを称賛したりと優しさも持ち合わせている。スコーピオンをメイントリガーとして扱い、アタッカーランクは2位の実力者。部隊の戦術は聴覚と透明化のトリガーを駆使したステルス戦闘を得意としている。間接的ではあるが、本作主人公の一人三雲修(みくも おさむ)の成長に何度もかかわっている。

Read Article

目次 - Contents