Earth, Wind & Fire(アース・ウィンド・アンド・ファイアー)の徹底解説まとめ

アース・ウインド&ファイアーとは、創設者のモーリス・ホワイトによって1969年にシカゴで結成された黒人R&B、ファンク、ディスコ、アフロポップグループである。「シャイニング・スター」「宇宙のファンタジー」「セプテンバー」「ブギー・ワンダーランド」「レッツ・グルーヴ」などヒット曲多数。2016年にモーリス・ホワイトは他界したが、フィリップ・ベイリーが継承し、50年以上経った今も活動するウルトラバンドである。グラミー賞6度受賞、全世界で約9千万枚のセールスを記録している。

1996 Avatar
01. Keep It Real
02. The Right Time
03. Feel U Up
04. Avatar
05. Cruising
06. Revolution (Just Evolution)
07. Round and Round
08. Change Your Mind
09. Love Is Life
10. In the Name of Love
11. Take You to Heaven
12. Rock It
13. Bahia"

1997 In the Name of Love
01. Rock It
02. In The Name Of Love
03. Revolution
04. When Love Goes Wrong
05. Fill You Up
06. Right Time
07. Round And Round
08. Keep It Real
09. Cruising
10. Love Is Life
11. Avatar (Interlude)

2006 Kalimba Reissue
01. Keep It Real
02. Change Your Mind
03. Love Is Life
04. Fill You Up
05. Avatar
06. Revolution
07. Round and Round
08. Cruising
09. In the Name of Love
10. The Right Time
11. Take You to Heaven
12. Rock It
13. When Love Goes Wrong
14. Bahia

1997年7月にライノ・エンタテインメントからリリースされたアース・ウィンド・アンド・ファイアー による17枚目のスタジオアルバムで、もともとアルバムは『アバター』というタイトルで1996年に日本でリリースされた。アルバムは、イギリスのR&Bアルバムチャートで19位、日本のオリコンアルバムチャートで25位に達した。2006年10月、モーリス・ホワイト自身のレーベル、カリバ・ミュージックで再発表され、「Change Your Mind」「Take You to Heaven」「Bahia」の3つのボーナストラックが追加された。シングルは1996年に「Revolution」がR&B/ヒップホップシングル&トラックチャート89位、1997年に「When Love Goes WrongがアダルトR&Bソングチャート33位、2006年には「Change Your Mind」がアダルトR&Bソングチャート26位を獲得した。

The Promise

01. All In the Way
02. Betcha'
03. Wiggle
04. Why?
05. Wonderland
06. Where Do We Go From Here?
07. Freedom
08. Hold Me
09. Never
10. Prelude
11. All About Love
12. Suppose You Like Me
13. The Promise
14. She Waits
15. The Promise (Continued)
16. Let Me Love You
17. Dirty

2003年5月にカリンバ・ミュージックよりリリースされたアース・ウィンド&ファイアの18枚目のスタジオ・アルバム。スタジオ録音作としては実に7年ぶりとなる、21世紀最初の作品。パーキンソン病により1996年から現役を退いていた総師モーリス・ホワイトが復帰。そのモーリス・ホワイトによってプロデュースされ、アンジー・ストーン、ザ・エモーションズ、ジェラルド・オルブライト、パウリーニョ・ダ・コスタなど多くののアーティストが参加した。アルバムジャケットは鈴木守人がデザインした。アルバムはビルボードR&B/ヒップホップアルバムチャートで19位、ビルボードトップインディペンデントアルバムチャートで最高5位を獲得した。シングル「オール・イン・ザ・ウェイ」は、ビルボード・アダルトR&Bソングチャートで13位、ビルボード・アダルト・コンテンポラリー ・チャートで25位を獲得、「ネヴァー」と「ホワイ」は、ビルボード・スムース・ジャズ・ソングス・チャートでそれぞれ17位と19位を獲得した。また、ビルボード・アダルトR&Bソングチャートで28位に達した「ホールド・ミー」はグラミー賞にノミネートされた。また「Where Do We Go From Here?」と「ダーティ」はもともと、1979年のアルバム『I Am』セッション中に録音されたが、今回このアルバムのためにリミックスされた。
アルバムは、かつてのようなグルーヴィーでファンキーな曲は影を潜め、全体的にレイドバックしたチルアウト系の楽曲が並ぶ。70年代とは違った大人のアースを堪能できる作品となっている。

Illumination

01. Lovely People
02. Pure Gold
03. A Talking Voice (Interlude)
04. Love's Dance
05. Show Me The Way
06. This Is How I Feel
07. Work It Out
08. Pass You By
09. The One
10. Elevated
11. Liberation
12. To You
13. Bonus Tracks
14. Love Together
15. The Way You Move

2005年9月にサンクチュアリ・レコードでリリースされた19枚目のスタジオ・アルバム。モーリス・ホワイト、フィリップ・ベイリー、ヴァーダイン・ホワイト、ラルフ・ジョンソンの4人を核として作られた作品だが、結果的にこのアルバムが、総師モーリス・ホワイトがボーカルを務めた最後のアルバムとなった。ビッグボーイ、ケニーG、ケリーローランド、will.i.am、フローリー 、ブライアン・マックナイトなどのアーティストが参加した。時代時代の音をいち早く吸収し昇華した形でアース・サウンドを表現し、1970年代から2000年代を生き抜いてきたアースだが、今回もラファエル・サディークやブライアン・マックナイトといったいわゆる「旬のアーティスト達」によってそれぞれのナンバーをプロデュースさせ、過去の栄光にすがることなく、「今のEWF」」を体現したアルバム。ビルボードR&B/ヒップホップアルバムチャートで8位、ビルボードチャートで32位に上がった。また、グラミー賞にもノミネートされ、ベストR&Bアルバム部門にノミネートされた。シングルは「ピュアゴールド」がビルボード・アダルト・コンテンポラリー・シングル・チャートで23位、ビルボード・アダルトR&Bソングチャートで最高15位を獲得した。もう一つのシングルで、ケニーGを大きくフィーチャーしたラテンテイストのナンバー「The Way You Move」は、ビルボード・アダルト・コンテンポラリー・ソングス・チャートで12位を獲得した。ラファエル・サーディクの「Show Me The Way」はビルボード・アダルトR&Bソングチャートで16位を獲得、グラミー賞でもベストR&Bパフォーマンスの部門にノミネートされた。 ブライアン・マックナイトをフィーチャーした「To You」は、ビルボード・アダルトR&Bソングチャートで16位、ビルボード・スムース・ジャズ・ソングス・チャートで29位を獲得した。この曲は70年代の名曲「Love's Holiday」や「After the love has gone」等のフレーズを挿入し、アースの歴史の深さを感じさせるナンバーとなっている。

Now, Then & Forever

01. Sign On
02. Love Is Law
03. My Promise
04. Guiding Lights
05. Got To Be Love
06. Belo Horizonte
07. Dance Floor
08. Splashes
09. Night Of My Life
10. The Rush

2013年9月10日発表、前作から8年ぶりの通算20枚目のスタジオ・アルバムアルバム。フィリップ・ベイリー、ヴァーダイン・ホワイト、ラルフ・ジョンソンの3人になってしまったアース・ウィンド&ファイアーだが、過去の作品を聴き直し、初期に立ち返ったサウンドを意識した。元メンバーのラリー・ダンがゲスト参加した。アルバムはビルボード200で11位、トップR&B/ヒップホップ・アルバムチャートで6位に入った。

Holiday

01. Joy To The World
02. Happy Seasons
03. O Come All Ye Faithful
04. Winter Wonderland
05. What Child Is This?
06. Away In A Manger
07. The Little Drummer Boy
08. Every Day Is Like Christmas
09. The First Noel
10. Sleigh Ride
11. Snow
12. Jingle Bell Rock
13. December

2014年10月にリリースされた21作目のスタジオアルバムは、アース、ウィンド&ファイアー初のクリスマスアルバム。「Winter Wonderland」「Sleigh Ride」「Joy to the World」「Jingle Bell Rock」などの定番クリスマス・ソングに加え、アースのかつての曲「Happy Feelin」ベースにした「Happy Seasons」や、「September」をベースにした「December」を収録。また「雪やこんこん」でおなじみの童謡「雪」のカバー「Snow」も収録されている。アルバムはビルボード・トップR&B/ヒップホップ・アルバムで26位、ビルボード・ホリデー・アルバム・チャートで8位に入った。

Earth, Wind & Fire(アース・ウィンド・アンド・ファイアー)の代表曲

SHINING STAR

1975年のアルバム『The'sThe Way of the World』からのシングル。モーリス・ホワイト、ラリー・ダン、フィリップ・ベイリーが作曲し、ビルボード・ホット100チャートとビルボード・ホット・ソウル・ソングス・チャートの両方のチャートで初めてNo.1を獲得した。

THAT'S THE WAY OF THE WORLD

1975年のアルバム『The'sThe Way of the World』からのタイトルトラック。
モーリス・ホワイト、チャールズ・ステップニー、ヴァーダイン・ホワイトの共作。1975年6月にコロンビア・レコードでシングルとしてリリースされ、ビルボード・ホット・ソウル・シングルチャートで5位、ビルボード・ホット100で12位に達した。

SING A SONG

1975年のライブアルバム『Gratitude (灼熱の狂宴) 』からの新録曲。1975年11月にコロンビア・レコードからシングルリリースされ、ビルボード・ホット・ソウル・シングル・チャートで1位、ビルボード・ホット100で5位となった。

GETAWAY

7hchobi36chobi
7hchobi36chobi
@7hchobi36chobi

目次 - Contents