戦国無双 〜真田丸〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

身長:165cm /武器:手甲刀 /アクションタイプ:神速攻撃タイプ /無双奥義:影 /無双奥義・皆伝:飛 /CV:阿座上洋平

本作のオリジナルキャラクター。モデルは講談や小説などでお馴染みの真田十勇士の1人・猿飛佐助、もしくは猿飛佐助のモデルになったと言われている伊賀忍者・上月佐助とされている。

「三方ヶ原の戦い」で父を失い、天涯孤独となったところを服部半蔵に引き取られ、弟子として育てられた。中性的な顔立ちが特徴の小柄な青年だが、見た目に反して非常にドライな性格をしており、口も悪く誰に対しても冷めた態度を取る。一方で師匠の半蔵を父のように慕い、彼の役に立とうと邁進する健気な一面を持っている。また、意外と情に流されやすい繊細な一面もあり、半蔵にもその点を危惧されていた。
父を戦で失った経験から戦を起こす武士を嫌っており、半蔵の主君である家康に対しても、冷めた態度を取って周囲の家臣団を怒らせている。半蔵の命により、織田家の動向を探るために安土に潜入していたところで幼年時代の幸村と出会う。これをきっかけに間者として真田家に潜伏することを自ら半蔵に提案し、幸村に仕えることになるが、幸村やくのいちとの交流が深くなるにつれて、次第に彼らを慕うようになる。そしてついには幸村の忍びとして生きる道を選択し、半蔵と決別することになった。
ちなみに幸村のことは「幸村様」と呼び、くのいちのことは「センパイ」と呼んでいる。くのいちに対しては、あまり敬っている感じはなく、実際憎まれ口をたたくことが多いが、彼女とも家族のような絆を結んでいる。

武田勝頼(たけだ かつより)

身長:182cm /武器:槍 /アクションタイプ:チャージ攻撃タイプ /無双奥義:直 /無双奥義・皆伝:貫 /CV:岡本寛志

武田信玄の四男で、当初は生母の実家である諏訪氏を継いでいた。しかし嫡男であった武田義信が外交問題をきっかけに父と対立して廃嫡されてしまう。この時点で次男は失明のため出家しており、三男に至っては夭逝していたため、四男の勝頼が後継となった。信玄も攻略できなかった堅城・高天神城を落とすなど、一時は信玄時代よりも勢力圏を伸ばしたが「長篠の戦い」での惨敗などから衰退の一途を辿ることになる。後に織田家の攻勢によって一族郎党共々自害に追い込まれ、武田家は滅亡した。

本作の勝頼は戦場においては鬼神の如き働きを見せる武人だが、平素は繊細で心優しい貴公子として描かれている。ただし武器モーションは固有のものではなく、一般武将と同じである。父・信玄のことを深く敬愛しており、昌幸とは君臣を超えた絆で結ばれた親友という間柄。信之・幸村とも面識があり、幼い2人の遊びにも付き合うなど良好な関係を築いていた。
史実通り信玄の死後、家督を継ぐが、偉大な父の築き上げた名誉を守ろうと思い詰めるあまりに失策を繰り返し、昌幸達家臣との信頼にも綻びが生じてしまう。最後は織田家に敗れ、天目山で自害した。彼の死をきっかけに昌幸は「家族を守るためなら手段を選ばない」という考えを持つようになり、冷徹な謀略家へと変貌を遂げることになる。

徳川秀忠(とくがわ ひでただ)

青年期

身長:190cm /武器:刀 /アクションタイプ:チャージ攻撃 /無双奥義:尖 /無双奥義・皆伝:継 /CV:半田裕典

徳川家康の三男で、後の江戸幕府二代将軍。家康の長男・信康は敵との内通を疑われて切腹、次男の秀康は他家へ養子に出されたため、三男でありながら嫡子となる。「関ヶ原の戦い」での遅参など、生涯で大きな武功を挙げていないために武将としてはあまり評価されていないが、豊臣政権時代は関東の経営をうまくこなして家康が中央で安心して活動できる下地を作り、将軍となってからは大名達の移封や改易を行い、寺社や朝廷へも介入して江戸幕府の基礎を固めるなど政治家としての功績は大きく評価も高い。ちなみに徳川家に兵法指南役として仕えた柳生宗矩から、柳生新陰流免許皆伝の印可を授かっている。

家康の息子で徳川家の後継者。斜に構えた人物で、誰に対しても尊大な態度を取り、皮肉な言葉を投げつける。それは父・家康に対しても例外ではない。その言動から家中でも持て余されているが、実はそれらは全て、大義のためなら非情となれる父への恐れと反発心から出たものだった。「第二次上田合戦」において、真田信之と共に別動隊を率いることになるが、ここでの経験が彼の今後に大きな影響を及ぼすことになる。
外見は背が低く恰幅が良い家康とは対照的な長身痩躯にデザインされているが、兜のデザインは『戦国無双3』と『戦国無双4』の家康の兜のデザインが元になっている。柳生新陰流免許皆伝である史実から、柳生宗矩を師とする剛剣使いという設定になっているが、武田勝頼と同じく武器モーションは一般武将のものである。

壮年期

身長:190cm /武器:刀 /アクションタイプ:チャージ攻撃 /無双奥義:尖 /無双奥義・皆伝:継 /CV:半田裕典

壮年期の秀忠は物語の終盤、江戸幕府二代将軍にして「大坂の陣」におけるラスボス的存在として登場する。尊大で皮肉屋なところは変わらないが、初陣での経験から心境が大きく変化し、守成の名君へと成長を遂げた。豊臣家との決着をつけるために「大坂冬の陣」「大坂夏の陣」に臨み、幸村と対峙する。
幸村の兄である信之とは「第二次上田合戦」以降友誼を結んでおり、幸村の覚悟の強さも聞かされていた。「大坂夏の陣」決戦前夜のムービーでも、「これで終わる」と呟いた家康に対して「いいえ。まだ、あの男(幸村)がいる」と注意を促している。幸村達の信念と覚悟を知りつつも、父より受け継いだ泰平の世を守るため、それらを踏み越えていく覚悟を持って戦場に立つ。
ちなみに父・家康に反発していた一方で、実は父の偉大さを深く理解し、尊敬もしていることが「真田丸戦記」で明かされている。それが影響しているのか、尊大な態度の割に自己評価は低いことが台詞の端々に窺える。

『戦国無双』シリーズ既存の無双武将

真田幸村(さなだ ゆきむら)

幼年期

武器:木製十文字槍 /アクションタイプ:チャージ攻撃タイプ /無双奥義:勇 /CV:斉藤佑圭

『戦国無双』シリーズの主人公格。本作では「川中島の戦い」の数年後に誕生し、時代が進むのに従って、幼年期・青年期・壮年期と外見が変化していく。幼年期の外見デザインは『戦国無双4』のムービーやTVアニメで登場したものと同じで、本作のイベントムービーでは赤ん坊の頃の姿も登場している。
子供らしく無邪気でやんちゃなところもあるが、まっすぐで他人を思いやる優しい心を持ち、多くの人達に好かれている。真田家の役に立てる立派な武士となるべく、日々の鍛錬を欠かさない。幸村の少年期は基本的に昌幸が主役の時代だが、時折幸村を操作して物語を進める場面が登場する。

幼年期の幸村はいくら階級が上がっても攻撃モーションは初期状態のままで、道場で訓練することもできない。武器も訓練用の木の槍で、鍛冶屋で強化することも不可能である。無双奥義は使用できるが無双極意は使用できないため、無双極意中に発動できる無双奥義・皆伝も使えない。このように制限が多いので戦闘の際は無謀な攻撃は禁物である。ちなみに幼年期の幸村で無双奥義を発動すると、無双奥義の最後に浮かび上がる「勇」の字が通常のものよりも丸く、子供っぽい文字になっている。
なお、幼年期の幸村のCVを担当している斉藤佑圭氏は、青年期及び壮年期の幸村のCVを担当している草尾毅氏の妻である。年代が違うとはいえ、夫婦で同じキャラクターを担当しているという珍しい例でもある。

青年期

身長:185cm /武器:十文字槍 /アクションタイプ:チャージ攻撃タイプ /無双奥義:勇 /無双奥義・皆伝:焔 /CV:草尾毅

兄の信之と共に真田家を支える若武者として成長した幸村。従来のシリーズの年齢設定に相当し、武器と攻撃モーションは従来と同じだが、外見のデザインは『戦国無双4』シリーズから改められた。短髪と白を基調とした衣装とで、青年らしい活発で爽やかな印象を演出している。
「第七章・変転」の長期合戦「天正壬午の乱」が初陣という設定になっている。その人柄ゆえに仲間達に慕われ、その武勇ゆえに敵からは恐れられる存在。父の命により上杉家や豊臣家へ人質として出されるが、その中で多くの人々と出会い、茶々とも再会を果たす。幸村が茶々と面識があることを知った秀吉に、彼女の面倒を見るように頼まれたことが、2人の今後の運命に大きな影響を与えることになった。
父や兄の背を見てきたことや、茶々達との交流から己の守るべきものについて深く考えるようになる。そしてその結論が「大坂の陣」へと繋がっていく。

壮年期

身長:185cm /武器:十文字槍 /アクションタイプ:チャージ攻撃(改)タイプ /無双奥義:勇 /無双奥義・皆伝:焔 /CV:草尾毅

「関ヶ原の戦い」の後、九度山での蟄居生活を経て、豊臣方として参陣した幸村。武芸だけでなく軍略にも熟達した武者に成長した。髪型は従来のものに近くなったが、髭が生えたことと黒を基調とした衣装とで、大人の渋さを演出したデザインとなっている。CVは青年期と同じく草尾毅氏が担当しているが、青年期と比べて声が太く低いものに変化した。
アクションが青年期の攻撃モーションをアレンジしたチャージ攻撃(改)となり、チャージ攻撃のパターンが増えて火力が劇的に向上。まさに「日本一の兵(つわもの)」の呼び名にふさわしい強さを備えた武将となった。この幸村を『戦国無双』シリーズ最強のキャラクターと言うファンも多い。

従来のシリーズの幸村には己の信念を貫くためなら死をも厭わない一面があった。しかし本作の幸村は、真田家を守るためにあらゆる手を尽くしてきた父の姿を見てきたことにより、最後まで生き残ることを諦めない武人となっている。

くのいち

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

戦国無双4(4-II / 4Empires / 4DX)のネタバレ解説・考察まとめ

戦国無双4(4-II / 4Empires / 4DX)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

Read Article

戦国無双1(1猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

戦国無双1(1猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双2(2Empires / 2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

戦国無双2(2Empires / 2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

戦国無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

無双OROCHI(無印 / 魔王再臨 / Z)のネタバレ解説・考察まとめ

無双OROCHI(無印 / 魔王再臨 / Z)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

真・三國無双2(2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双2(2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

真・三國無双7(7猛将伝 / 7Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双7(7猛将伝 / 7Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

真・三國無双8(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双8(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

Read Article

真・三國無双6(6猛将伝 / 6Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双6(6猛将伝 / 6Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双5(5Special / 5Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双5(5Special / 5Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双4(4猛将伝 / 4Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双4(4猛将伝 / 4Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

無双☆スターズ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

無双☆スターズ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

無双OROCHI 2(Warriors Orochi 3)のネタバレ解説・考察まとめ

無双OROCHI 2(Warriors Orochi 3)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双OROCHI2』は、コーエーテクモゲームスから2011年12月22日に発売されたアクションゲーム作品。『無双OROCHI』の続編にあたる。『三國&戦国無双』だけではなく、コーエーテクモの別作品や他メーカーの作品のキャラクターまで参戦しているのが、本作品の大きな特徴である。舞台は前作より数年が経過した異世界。突如出現した怪物・妖蛇によって、世界は滅亡寸前にまで追いやられてしまう。生き残った英傑達は失った仲間を取り戻すため、世界を救うために時空を超えた戦いに臨む。

Read Article

ファイアーエムブレム無双 風花雪月(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイアーエムブレム無双 風花雪月(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイアーエムブレム無双 風花雪月』とはコーエーテクモゲームスによりNitendo Switch用として発売されたアクションシュミレーションゲームである。本作オリジナルキャラクターの主人公や仲間たちを操作しながら爽快なアクションを楽しめるようになっている。傭兵であった主人公は宿敵である「灰色の悪魔」を倒すために仲間達と共にフォドラを巡る戦いに身を投じることになる。

Read Article

ファイアーエムブレム無双(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイアーエムブレム無双(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイアーエムブレム無双』とは2017年にコーエーテクモゲームスから発売されたアクションゲームである。歴代の『ファイアーエムブレム』のキャラクターを操作して爽快なアクションを楽しめる。キャラクターを育成したり、キャラクター同士の仲を深めることができる要素もあり、全編フルボイスで収録されている。 アイトリス国は異界の門から現れた魔物により城は陥落し、闇に覆われてしまった。城から逃げることに成功した先王の子であるシオンとリアンは、歴代の主人公たちと共に強大な闇に立ち向かう旅をすることになる。

Read Article

ゼルダ無双 厄災の黙示録(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ゼルダ無双 厄災の黙示録(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゼルダ無双 厄災の黙示録』とは、2020年発売のコーエーテクモゲームス開発によるアクションゲームで、『ゼルダの伝説』と『無双』シリーズのコラボ作品。『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の100年前に起こった「大厄災」をベースとした舞台に、『無双』シリーズならではの爽快なアクションを楽しめる作品となっている。 リンクだけでなく『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』でおなじみのキャラクターを操作する事ができるのも魅力の一つである。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

無双シリーズの女性キャラクターの画像集【真・三國無双/戦国無双】

無双シリーズの女性キャラクターの画像集【真・三國無双/戦国無双】

中国三国時代を描いた『真・三國無双』、日本戦国時代を描いた『戦国無双』では、女性の武将も多数登場する。実際に戦の場に出たと言われているのは三国時代・魏の王異くらいだが、シリーズでは姫やオリジナルキャラクターを武将とすることで華やかさを出しているのだ。 ここでは『真・三國無双』や『戦国無双』の女性の登場人物・キャラクターをまとめた。

Read Article

目次 - Contents