血界戦線 & BEYOND(BBB&B/B3&B/B4)のネタバレ解説・考察まとめ

『血界戦線 & BEYOND』とは、内藤泰弘の漫画『血界戦線』と『血界戦線Back 2 Back』を原作とするアニメ作品。同シリーズの第2期で、異界からの侵略を食い止めるために日々戦う超人たちの人知れぬ活躍を描いている。
ヘルサレムズ・ロットは、異世界と現世が混沌と入り混じる街。この街の均衡を守るために活動するのが、秘密結社ライブラである。超常の視力を持つレオナルド・ウォッチは、ひょんなことからライブラの一員となり、個性的な同僚たちや異界の隣人に振り回されつつ世界の危機に立ち向かっていく。

『血界戦線 & BEYOND』の概要

『血界戦線 & BEYOND』(けっかいせんせん アンド ビヨンド)とは、内藤泰弘の漫画『血界戦線』及び『血界戦線Back 2 Back』をアニメ化した作品である。タイトルの略称は「BBB&B」「B3&B」「B4」。内藤泰弘作品は『トライガン』もアニメになっている。
2017年10月放映開始。2015年4月期アニメ『血界戦線』の2期に位置付けられている。前作のアニメオリジナルキャラクターはエンディング等でわずかに姿を見せるのみ等、本編で説明されることはなく、本作には引き継がれていない。
制作は『鋼の錬金術師』『エウレカセブン』で知られる「ボンズ」。前作の監督・スタッフの一部が入れ替えられている。

ヘルサレムズ・ロットは、かつてニューヨークと呼ばれていた街。三年前、一夜にして崩壊し、異世界と現世の混在するあわいの都市となった。多種多様な生物が闊歩するようになったが、平和的に共存しているとは言いがたい。小さな諍いから破壊活動まで、日常茶飯事となっていた。
秘密結社ライブラは、ヘルサレムズ・ロットの危うい均衡を守るために活躍する組織。メンバーは超人的な能力の持ち主が多く、彼らは「技名を叫んでから殴る」派手な戦闘スタイルを誇っている。
レオナルド・ウォッチ(通称レオ)は、異界の存在から与えられた「神々の義眼」を持て余す、勇気はあるがとりたてて才能のない少年だった。「神々の義眼」とは、肉眼では見えないものを見、他者の視覚を支配することができるなど、神のような力を秘めた眼球である。能力を見込まれたレオナルドは、ライブラに合流、組織の一員として活動をはじめる。勇気はあっても戦闘能力が低く、事件に巻きこまれやすいレオナルドのと、仲間たちの日々が描かれる。
今シリーズは、軸になるストーリー性は希薄で、ライブラのメンバー各人にスポットを当てたオムニバス形式である。基本的に1話完結になっている。事件に巻きこまれやすいレオナルドは、各話で何らかの形でからみ、狂言回しかつ主役格として扱われる。

『血界戦線 & BEYOND』のあらすじ・ストーリー

秘密結社ライブラの活躍

3年前に起きた大事件「ニューヨーク大崩落」により、ニューヨークは異界と現世が交わる地上でもっとも剣呑な特異点となった。異界の技術、知識、生物、組織が過度に街の外へと流出すれば、人間界は不可逆の混沌に飲み込まれる。そうなることを未然に防ぐため、人間たちが中心となって結成された超人秘密結社ライブラは、「ヘルサレムズ・ロット」(以下HLと表記する)と名前を変えた元ニューヨークで人知れず熾烈な戦いを続けていた。
そのライブラに新たに参加することとなった少年レオナルド・ウォッチ(以下レオと表記する)は、正体不明の超常存在から押し付けられた「神々の義眼」の力で様々な事件に立ち向かっていた。

ライブラのリーダーで無双の鉄拳を振るう紳士「クラウス・V・ラインヘルツ」。
凍れる蹴撃を武器とするクラウスの副官「スティーブン・A・スターフェイズ」。
天性のセンスを持ち、打倒クラウスを掲げるチンピラ「ザップ・レンフロ」。
あらゆる場所に忍び込む不可視の人狼「チェイン・皇」(ちぇいん・すめらぎ)。
拳銃から狙撃銃まで、様々な銃器を自在に操る女傑「K・K」(ケー・ケー)。
真面目で礼儀正しい、魚人にしてザップの弟弟子たる「ツェッド・オブライエン」。

一癖も二癖もある同僚たちに振り回されつつ、レオは「生来足が悪く、自分の代わりに視力まで失った妹」への負い目のため、彼女の目を元の状態に戻す手がかりを求め、直接戦う力を持たないなりにライブラの一員として死線を潜り抜けていく。
アメリカ合衆国から派遣された特使がHLで事件に巻き込まれた時は、レオは彼を無事に演説会場に届けるため、街中を奔走することとなる。時に戦闘に巻き込まれ、時に爆発で吹き飛ばされ、レオは仲間たちの援護を受けながらどうにかこうにか特使の身柄を狙う者たちを振り切る。フラフラでボロボロになったレオに、ライブラの面々は「ライブラの一員としての根性を見せた」、「伊達にHLで生き抜いてきたわけではない」と荒っぽい賛辞を贈るのだった。

幻界病棟ライゼズの浮上

幻界病棟ライゼズの医師、ルシアナ。異界の技術で分身能力を得た。

かつて大崩落が起きた時、クラウスとスティーブンはニューヨークにいた。異界から溢れ出す怪物たちと必死に戦う2人だったが、彼らだけでは街の全てを守り切ることはとてもできず、重力も空間のつながりも不安定なままニューヨークは異界の者たちの狩場と化していった。
そんな中、クラウスたちはニューヨークにあるブラッドベリ総合病院へと辿り着く。ここでは状況が分からないなりに負傷者を救おうと医師たちが必死に治療を続けており、クラウスは女医のルシアナ・エステヴェスを始めとする彼らの努力に深い感銘を受ける。ここに異界の怪物の中でも特に強大な力を持つ血界の眷属(ブラッドブリード)が現れ、クラウスとスティーブンがこれを迎撃するために病院を出たところで、大崩落は収束。ブラッドベリ総合病院は、ルシアナたちと共に次元の彼方へと消えてしまう。

3年後、ブラッドベリ総合病院は唐突にHLへと帰還。驚いたクラウスたちが駆け付けると、中では相変わらずルシアナたちが医療業務に忙しなく動き回っていた。大崩落は異界側にとっても天地が引っ繰り返ったような大事件で、当時恐怖に駆られた人間によって悪意のない異界の住人も多くが殺されていた。この時、異界の医師マグラ・ド・グラナは、異界と人間の区別なく助けられる者を助けて回る内にブラッドベリ総合病院へと辿り着き、血界の眷属によって深手を負ったルシアナたちの命を救い、志を同じくする彼女たちと共に医療活動をするようになっていた。
クラウスとルシアナが互いの無事を喜んだところで、ブラッドベリ総合病院が現世に戻ったことを知った血界の眷属が再び出現。3年前のように虐殺を楽しもうとするが、その間に己を鍛え続けたクラウスと、血界の眷属の弱点すら見抜く「神々の義眼」を持つレオの連携によって封じられる。こうしてクラウスは、大崩落時の心残りを払拭したのだった。

スティーブンの休日

理想主義者のクラウスを補佐してライブラを回しているスティーブンは、ライブラに不可欠な存在であり、その重要情報のほとんどを握る人物でもあった。権謀術数の世界を渡り歩くスティーブンだったが、プライベートでは自分の仕事のことを秘密にした上で交流する友人も多く、久々に開催するホームパーティーを大いに楽しもうと考えていた。
そのパーティー会場で、スティーブンは「自分が親しく交流していた友人たち」が「ライブラの秘密を手に入れるために自分を拉致しようとする工作員」であることに気付いてしまう。先手を打って彼らを拘束したスティーブンは、自分が感じていた友情が偽物だったことに内心で衝撃を受けつつ、元友人たちを始末する。

ふらりと街に出て感傷に浸っていたスティーブンだったが、レオやザップ、家の仕事を任せている家政婦たちが偶然通りかかり、「どうかしたのか」、「大丈夫なのか」と純粋に自分を案じる様に心地よさを覚える。友人を失ったスティーブンは、しかし己の周囲に自分を支える絆が確かに存在することを噛み締め、家政婦たちに感謝の言葉を告げるのだった。

人狼危機一髪

人狼であるチェインは、自分の存在を「希釈」することで、姿を消していかなる場所にも潜入する能力を持っていた。しかしこれは危険と隣り合わせで、あまりに自身の存在を希釈していくと、この世から自分の存在が消滅してしまう可能性を孕んでいた。
とある敵との戦いの中、自身の存在を限界以上に希釈したチェインは、元の状態へと戻る力すら失って消滅の危機を迎える。人狼たちはこうなった時に備えて「何がなんでも現世に戻らなければ」と純粋な衝動を掻き立てる「符牒」を用意しており、ここでこれが使われる。

チェインの符牒は、「スティーブンが自分の部屋にいきなり遊びに来る」というものだった。チェインはスティーブンに秘めた想いを抱いており、「とことんまで散らかった自分の汚部屋を彼にだけは見られたくない」と考え、これを「何がなんでも現世に戻らなければ」との純粋な衝動を喚起させるものとして利用したのだった。
しかし完全に巻き込まれた形となるスティーブンは、「若い女性が必死で隠したがっていた秘密を勝手に見た」とライブラ周りの女性たちから総スカンを食らう。「理不尽ではあるが向こうの言い分も分かる。女には勝てない、仕方ない」と、スティーブンはザップと共にしみじみと語り合うのだった。

HLの歩き方

奪われたフィリップの脳を奪還すべく、アルベルト(下)の運転する車で悪党のアジトに乗り込む一行。

クラウスの執事であるギルベルト・フランケ・アルトシュタインが腰を痛め、その間の代理としてフィリップ・レノールという若者がHLにやってくる。フィリップは人間としては相当な猛者だったが、HLでは「人間界で通じる程度の強さ」では到底役に立たず、生きたまま脳を抜かれてしまう。
犯人たちの目的は、フィリップを脅してライブラの情報を盗み出すことにあった。異界の不可思議な技術で脳を抜かれたままライブラの拠点に戻ったフィリップだったが、彼の様子がおかしいことに気付いたギルベルトが咄嗟に彼を昏倒させ、ザップやレオたちと共に脳の奪還に動き出す。

冷徹な殺意を放ちながらフィリップの脳を取り戻さんとするギルベルトだったが、犯人一味との戦いの中で致命傷を負ってしまう。しかしここで彼は“致命傷を負った時のみすさまじい回復力を発揮する”「再生者」(レゲネラトーア)としての力を発揮し、動きを止めた敵を返り討ちにする。
レオたちの活躍で無事に脳を取り戻したフィリップは、「直接戦わなくてもHLを渡り歩く、フィリップやレオのような柔軟な強さが自分には無かった」と反省。ようやく腰の治ったギルベルトに見送られつつ、HLを後にするのだった。

ツェッドの憂鬱

ツェッドは、とある血界の眷属が魔術を用いて戯れに作り出した人間と魚の混血児である。その血界の眷属が人間の猛者に倒された際、「ここで死ぬか、自分の意志で外に出るか」を選ぶよう諭され、後者を選んで彼を師とするようになった。しかしツェッドの師は、「お前はこの世にお前しか存在しない種の生き物だ。外の世界に踏み出せば、必ず耐え難い孤独に苛まれるだろう」と予言していた。
やがてライブラの一員となったツェッドは、仲間たちと親しく交流する一方、時に「自分と彼らは別の生き物なのだ」という孤独を突きつけられるようになっていく。師の言っていたのはこのことかと改めて思い知ったツェッドは、寂しさを紛らわすようにHLで飲み明かしてしたたかに酔っ払い、ここで敵に襲われて深手を負わされる。

これを知ったザップは、日頃「俺が兄弟子だ、敬え」と無茶な要求を突き付けては喧嘩しているツェッドのために、レオやチェインをむりやり巻き込んでお礼参りを慣行。目覚めたツェッドがこれを知って駆け付けた時には、彼を襲った一味をことごとく薙ぎ倒していた。
「無茶が過ぎる」と呆れつつ、ツェッドは自分のために仲間たちが命懸けで戦ってくれたことに感謝し、「種族が違っても、自分には仲間がいる」との事実を噛み締める。

危険な授業参観

愛する息子のため、KK(右)は「授業参観」と「戦闘を伴う作戦への参加」を両立しようとする。

K・Kは結婚しており、夫の連れ子と、夫との間に生まれた子と、2人の男子を育てる母親でもあった。しかしライブラの仕事で忙しいあまり、下の子の育児を蔑ろにしてしまい、彼から「今度の授業参観に来てくれなかったら許さない」と釘を刺されてしまう。折しもその日はライブラの重要な作戦が予定されており、K・Kの援護が無ければどれだけ死者が出るかも分からない状況にあった。
頭を抱えたK・Kは、「授業参観にもライブラの作戦にも参加する」という荒業を決行。自身は下の子の学校に向かいつつ、遠隔で操作できる銃器を作戦現場近くにセットして必要に応じて援護するという無茶にも程がある計画だったが、母としてライブラの一員として退くわけにはいかないK・Kはこれを見事にやってのける。

しかし、ライブラの作戦は、現場に血界の眷属が現れたことで一気に破綻。このままでは全滅もありうる中、K・Kは「自分と同様に遠隔で何かを操って戦っている何者かが授業参観に参加した父兄の中にいる」こと、「その正体が血界の眷属である」ことに気付き、彼を追い詰める。「なんで血界の眷属が授業参観に顔を出しているのか」と尋ねたK・Kに、彼は「成り行きで人間の子供を育てている。彼女のためにも負けるわけにはいかない」と言い放つ。
K・Kと血界の眷属の対決は、この場に双方の子が「自分の親が友達の親と何か話している」と気付いて無邪気に駆け寄ってきたことで水入りとなる。血界の眷属は「子供の前では戦えない、この子にまだ正体を知られるわけにはいかない。自分の負けだ」として遠隔で操っていた分身も引き上げさせ、K・Kの前からも姿を消す。愛する子のために親として力を尽くした2人の間には、相手が決して許せぬ敵であることを知りつつも、共感めいた想いが残るのだった。

レオの試練

妹のミシェーラ(右)と再会するレオ(左)。超常の視覚を持つ彼だけが「妹とその婚約者が怪異に狙われている」ことに気付いていた。

HLに、レオの妹であるミシェーラ・ウォッチがやってくる。彼女は若くして結婚することとなり、自身の婚約者を兄に紹介しようとしていた。ライブラの面々も「レオの妹の婚約者」を一目見ようと、面会場所となったホテルに押しかけてくる。
しかしこの時、レオだけは「ミシェーラの婚約者であるトビー・マクラクランが謎の怪物に憑依されていて、どうやらそいつは神々の義眼を持つ自分にしか見えていない」ことに気付く。この怪物はDr.ガミモヅという名で、義眼を含む「神々の義肢」と呼ばれる品を収集しているマッドサイエンティストだった。

ガミモヅはレオの持つ「完全な状態の神々の義眼」を欲しており、そのためにトビーに憑依してHLまでやってきたのだった。彼が今までに集めた義肢の力により、その存在はレオ以外にはまったく知覚できない状態となっており、さらに「ライブラの連中に知らせたらトビーやミシェーラを殺す」と脅されたレオは手詰まりの状態に追い込まれる。
しかしここで血界の眷属による事件が発生し、クラウスから「義眼の力で弱点を見抜いてほしい」と頼まれたレオは、この情報の中に密かに“緊急事態が起きている”旨の暗号を仕込む。様子がおかしいと見てガミモヅがミシェーラたちに危害を加えようとしたのを見たレオは、勇気を振り絞って立ち向かい、嬲り殺し同然の目に遭わされながらも不意を突いて彼の義肢の一部を破壊する。

ここにレオからの連絡を受けたライブラの面々が駆け付け、仲間を傷つけられた怒りと共にガミモヅを撃破。トビーは無事に解放される。事情を聞いたミシェーラは、「レオは恐怖に臆して立ち止まることはあっても、困難から逃げることは決してない。世界で一番誇らしい私の兄だ」と、人知れず戦い抜いて深手を負ったレオを涙と共に称賛する。
ルシアスの施術もあってレオは無事に回復し、ミシェーラとトビーはHLを去っていく。彼女の眼を元に戻すため、世界を異界の浸食から守るため、レオは今日もライブラの一員としてHLを駆け抜けていくのだった。

『血界戦線 & BEYOND』の登場人物・キャラクター

cocoa13
cocoa13
@cocoa13

Related Articles関連記事

血界戦線(BBB/B3)のネタバレ解説・考察まとめ

血界戦線(BBB/B3)のネタバレ解説・考察まとめ

『血界戦線』は、内藤泰弘の読み切り漫画を基に生まれた、SF伝奇アクション漫画である。2010年から『ジャンプSQ』で連載を開始。その後、幾度もの連載先の移動を繰り返しながらも連載を続けている。舞台は異界と人界が入り混じった元NYの「ヘルサレムズ・ロッド」。そこで世界の均衡を守る為に暗躍する秘密結社「ライブラ」の日々を描く物語となっている。「技名を叫んでから殴る漫画」というコンセプトに加え、無法地帯なんでもアリな突飛な世界観と色濃い性別年齢人種豊かなキャラクター達に、多くの反響が寄せられている。

Read Article

血界戦線の流派・必殺技・武器・能力まとめ

血界戦線の流派・必殺技・武器・能力まとめ

『血界戦線』とは、漫画家の内藤泰弘による漫画、およびそれを原作としたアニメ・小説などのメディアミックス作品を指す。異界と人界が混ざりあい、さまざまな超常現象・超常犯罪が跋扈する街「ヘルサレムズ・ロット」を舞台に、街と世界の均衡を守る為に暗躍する秘密結社ライブラの戦いを描く。作中では、さまざまな流派・必殺技・武器・能力が登場。コンセプトの「技名を叫んでから殴る漫画」に則って、一部を除き、ほとんどのキャラクターが技名を叫びながら戦う描写がされている。

Read Article

BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)の徹底解説まとめ

BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)の徹底解説まとめ

BUMP OF CHICKENは日本の4人組ロックバンド。通称バンプ。 星や宇宙を題材にした曲やMVが多く、音楽性のスタイルはエモーショナル・ハードコアに分類され、デビュー以来一貫している。 抽象的で物語性のある歌詞も魅力で、独特の世界観を構築。その世界観はファンを虜にしてやまない。 デビュー時には若い世代を中心に人気を集め、今もそのファンたちは熱狂的なファンとして定着している。

Read Article

UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン)の徹底解説まとめ

UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン)の徹底解説まとめ

3ピースロックバンド・UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン)は、アニメ『TIGER & BUNNY』のテーマ曲でアニメ好きの間で有名となり、結成10年を超えた今ではミュージックステーションに出演するなど、一般的な知名度も高くなってきた。 2013年からは毎年オリジナルアルバムをリリースするなど精力的に活動している。

Read Article

DAOKO(だをこ)の徹底解説まとめ

DAOKO(だをこ)の徹底解説まとめ

DAOKO(だをこ)とは、1997年3月4日生まれ東京都出身の人気ラップシンガー。ニコニコ動画で注目され、2012年高校生のときにインディーズレーベルから歌手デビューした。2015年にメジャーデビューし、2017年にはアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌となった、米津玄師とのコラボ曲「打上花火」が大ヒットした。国内外でライブを成功させている注目の若手である。

Read Article

トライガン(TRIGUN)のネタバレ解説・考察まとめ

トライガン(TRIGUN)のネタバレ解説・考察まとめ

『トライガン』は1995年から『月刊少年キャプテン』で連載された、内藤泰弘による漫画作品。同誌が休刊したことで、1997年に連載休止をしたが、同年に続編『トライガン・マキシマム』の連載を開始。『ヤングキングアワーズ』にて2007年まで続いた。過酷な自然の中で人々が暮らしている砂漠の星を舞台に、主人公のヴァッシュがガン・アクションを繰り広げる。五つ目の巨大な月に大穴を穿った「フィフス・ムーン」事件後、ショックを受け2年間行方不明になっていた。しかし、相棒のウルフウッドのおかげで再び立ち上がる。

Read Article

【血界戦線】両作品に登場する声優まとめ【銀魂】

【血界戦線】両作品に登場する声優まとめ【銀魂】

『血界戦線』とは、異界と人界が交わる街「ヘルサレムズ・ロット」で、様々な超常的事件に挑む秘密結社ライブラの活躍を描いた内藤泰弘の漫画作品である。 2015年にアニメの放送が開始され、その高いクオリティと声優陣の熱演が話題となった。特に声優陣は人気と実績のある者たちばかりで、アニメ版『銀魂』にも参加している者が多い。両作品で演技を披露している声優を紹介する。

Read Article

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

「急にカラオケに行くことになったけれど何を歌えばいいか分からない!」「普段アニソンしか歌わないから、オタクじゃない人の前で歌える曲がない」「ドライブなど数人で共有できる音楽ってどんなのがあるの?」という人へ……アニメを知らない人とも盛り上がれる、アニメ色のないアニソンをまとめてみました。

Read Article

BUMP OF CHICKENの隠しトラックまとめ!密かに楽しみにしているファンも多い!

BUMP OF CHICKENの隠しトラックまとめ!密かに楽しみにしているファンも多い!

1996年に結成された4人組バンドのBUMP OF CHICKEN。独特な世界観を持つ歌詞や、ボーカル・藤原基央の声に魅了される方は多いのではないでしょうか。そんな彼らがリリースしてきた作品の中には、隠しトラックが収録されていることがあるようです。一体どんなものがあるのか、この記事でまとめて紹介します。

Read Article

【BUMP OF CHICKEN】第66回紅白歌合戦の初出場歌手をまとめてみた!【ゲスの極み乙女】

【BUMP OF CHICKEN】第66回紅白歌合戦の初出場歌手をまとめてみた!【ゲスの極み乙女】

ついに出場歌手が決定した『第66回NHK紅白歌合戦』。出場歌手は紅白合わせて全部で51組。そのうち初出場は紅組5組、白組5組の合わせて10組となりました。「BUMP OF CHICKEN」や「ゲスの極み乙女」など、実力派から話題のグループまで、今からパフォーマンスが楽しみな人気者ばかりです。 2015年に紅白に初めて出演する歌手たちをまとめてみました。

Read Article

【オフコース】 名曲から聞こえる謎の声...音楽にまつわる都市伝説を紹介【BUMP OF CHICKEN】

【オフコース】 名曲から聞こえる謎の声...音楽にまつわる都市伝説を紹介【BUMP OF CHICKEN】

オフコースの「YES-YES-YES」やBUMP OF CHICKENの「メーデー」といった、人気アーティストたちの曲から聞こえてくる謎の声についてまとめました。曲のどの箇所で、どんな声が聞こえてくるのかを紹介。「自殺ソング」として有名な「暗い日曜日」にまつわる、怖い都市伝説も掲載しています。

Read Article

【BUMP OF CHICKEN】バンプとONE PIECEのコラボMV「記念撮影」が最高すぎてファン歓喜!【ワンピース】

【BUMP OF CHICKEN】バンプとONE PIECEのコラボMV「記念撮影」が最高すぎてファン歓喜!【ワンピース】

深い歌詞や心に残るメロディで大人気のバンド・BUMP OF CHICKEN。そんな彼らが、あの国民的人気漫画の『ONE PIECE』とコラボしたことがあるってご存知ですか?カップヌードルの「HUNGRY DAYS」というCMのために書き下ろした楽曲「記念撮影」のMVに、なんと麦わらの一味が登場しているのです。この夢のコラボに双方のファンが涙…激アツですね!

Read Article

BUMP OF CHICKENメンバーの友情は幼稚園時代から!?Twitterに投稿された画像やエピソードを紹介

BUMP OF CHICKENメンバーの友情は幼稚園時代から!?Twitterに投稿された画像やエピソードを紹介

BUMP OF CHICKENのメンバーは、幼稚園の頃からの幼馴染みでとても仲が良いことが知られています。人気ロックバンドとなってからも、「メンバーは皆平等」という理由からリーダーがいないグループとして活動しているそうです。そんな彼らがSNSに投稿した画像や、仲良しエピソードを紹介します。

Read Article

ドコモdヒッツCM出演の石原さとみ・松坂桃李の画像まとめ!BGMはバンプの「天体観測」!

ドコモdヒッツCM出演の石原さとみ・松坂桃李の画像まとめ!BGMはバンプの「天体観測」!

石原さとみと松坂桃李が出演するドコモのCM「夏の思い出」編が気になったので、画像とCM動画、使用楽曲をまとめました。石原さとみがとても可愛いので是非ご覧下さい。使用されている楽曲はBUMP OF CHICKENによる名曲『天体観測』です。この他にも、ドコモのdヒッツCM「涙」「夜の街」編がありますのでそちらもご覧下さい。

Read Article

【BUMP OF CHICKEN】有名アーティストの知る人ぞ知る名曲・名演奏まとめ!泣ける…【THE ALFEE】

【BUMP OF CHICKEN】有名アーティストの知る人ぞ知る名曲・名演奏まとめ!泣ける…【THE ALFEE】

世間に名を轟かせている有名アーティストはたくさんいますが、そのすべての楽曲が知られているかというとそうではありません。一般的には認知されていなくても、「隠れた名曲」として知る人には知られている楽曲が実はたくさんあります。この記事では、そんな名曲・名演奏の数々をまとめました。あなたの知っているものはありましたか?

Read Article

DAOKOが第69回NHK紅白歌合戦で打上花火熱唱!顔に口紅付着のハプニングが可愛い件

DAOKOが第69回NHK紅白歌合戦で打上花火熱唱!顔に口紅付着のハプニングが可愛い件

2018年、第69回目の『NHK紅白歌合戦』に初出場したDAOKO(だをこ)。米津玄師が手がけた楽曲「打上花火」を歌唱したのですが、顔に口紅が付着してしまうというハプニングが起こりました。しかし、これが逆に良かったのか、ファンの間では「可愛い!」と好意的に捉えている人が多かったようです。この記事では、そんなネット民の声についてまとめました。

Read Article

目次 - Contents