ガンダム・バルバトス(鉄オル)の徹底解説・考察まとめ

ガンダム・バルバトスとは、アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場する機動兵器「モビルスーツ」の一体にして、同作の主役機である。物語開始の300年前に起こった「厄祭戦」時に建造された72機のガンダムタイプのうちの一機で、「バルバトス」の名はソロモン72柱序列8位の悪魔の名に由来する。

概要

物語開始より300年前に起こった「厄祭戦」時に建造された、ガンダムフレームを採用した72機のモビルスーツの内の一体。
厄祭戦終結より長らく火星の砂漠上に放置されていたところを、民間警備会社「クリュセ・ガード・セキュリティ(以降CGSと表記)」の社長マルバ・アーケイに発見され、CGSの基地動力源として使用されてきた。
武力組織「ギャラルホルン」によるCGS襲撃に際し、物語の主人公「三日月・オーガス」が起動させて以降は、オルガ・イツカを中心にCGSの少年兵らが組織した「鉄華団」の主力兵器として運用される。

ガンダム・バルバトスは、ガンダムタイプの中において汎用性を重視した設計となっており、各種武装や装甲の換装がしやすく、あらゆる戦況に対応できる可能性を秘めている。また作劇の上でも「主人公と共に成長する機体」というコンセプトであったため、本機はガンダム・シリーズには珍しく、敵から鹵獲した武器や装甲を換装するといったシーンが多く、その都度大きく姿を変えることがある。特に2期目では、2度の大改修を行っており、最初から最後まで一貫して使用され続け、主役機であり続けた。

操縦は有機デバイスシステム「阿頼耶識」によって、機体とパイロットをリンクして行う。これはプログラムに頼らない直観的な操縦を可能とするシステムであるが、情報フィードバックによる脳への負担は極めて大きく、場合によっては強大な戦闘力と引き換えにパイロットの身体に障害を引き起こす危険性もある。特にガンダム・バルバトスは三日月専用に調整されたこともあり、それ以外の人間が動かそうとした場合、簡単な動作だけで鼻血を吹き出し気絶してしまうほどの負荷がかかることから、三日月専用機となっている。

機体スペック

ガンダム・バルバトス

・形式番号 : ASW-G-08
・全高 : 18.0m(第1~第5形態)→18.8m(第5形態地上戦仕様以降)
・本体重量 : 28.5t(第4形態)→30.5t(第6形態)
・動力源 : エイハブ・リアクター×2
・使用フレーム :ガンダム・フレーム
・武装 :メイス
ガントレット
滑空砲
ワイヤークロー
太刀
迫撃砲
機関砲
大型特殊メイス
・パイロット :三日月・オーガス

ガンダム・バルバトスルプス

・全高 : 19.0m
・本体重量 : 31.2t
・武装 : ソードメイス
腕部200mm砲
腕部ロケット砲
ツインメイス
太刀
大型レールガン
ネイルカバー

ガンダム・バルバトスルプスレクス

・全高 : 19.0m
・本体重量 : 32.1t
・武装 : 超大型メイス
両腕レクスネイル
腕部200mm砲
ヒールバンカー
テイルブレード

機体バリエーション

本項では、ガンダム・バルバトスの各種形態他、アニメ第2期で登場した「ガンダム・バルバトスルプス」および「ガンダム・バルバトスルプスレクス」の解説も合わせて行う。

第1形態

朽ちた筈の"悪魔"は、少年達の意思に答え、長き眠りから目覚める―

火星の砂漠より発見された当時の姿。機体装甲は経年劣化が激しく、肩部に至っては装甲が全て失われており、フレームがむき出しとなっている。また左腕の装甲には、別の機体から流用したと思わしきガントレットが取り付けられている。

三日月による起動当初は、装甲をはじめベストコンディションとは程遠い状態であったが、それでもギャラルホルン陣営の最新鋭モビルスーツ・グレイズと対等以上に渡り合うなど、ガンダムタイプの性能の高さが伺える。

第2形態

肩部がつくだけでも、随分締まって見えるものである。

鉄華団が宇宙に上がる際、剝き出しだった両肩部に、鹵獲したグレイズの肩装甲を移植し補強した姿。改修に当たり、新たに滑腔砲が追加された。肩部装甲移植に当たり、本体に使用されている特殊金属塗料・ナノラミネートアーマーを流用した結果、カラーリングが改められ、白と青を基調にしたものとなっている。ただし宇宙に上がる前のクランク・ゼントとの決闘時には、左肩のみ装甲が追加され、かつ色もそのままの状態で運用された。

なおナノラミネートアーマーには色ごとに値段が定められており、青、緑、紫など戦闘に向いた色は高価で、白が最も安い。白を基調としているあたり、鉄華団の厳しい財政事情も読み取れる。

第3形態

パッチワーク感の強い本形態こそ、ある意味、最も「鉄血らしい」と言えるだろう。

火星低軌道上での戦闘で喪失したガントレットに代わり、シュヴァルベ・グレイズより鹵獲したワイヤークローを装備した姿。

この段階では、整備スタッフのノウハウ不足による整備不良の問題が最も表面化しており、機体の追従能力不足や駆動部の過負荷等が戦闘中に発生し、結果タービンズとの戦いは後手後手に回る事となってしまった。

第4形態

"悪魔"は300年振りに、本来の姿を取り戻した

木星を拠点として活動する複合企業「テイワズ」によって、厄祭戦当時運用されていた本来の姿を再現した姿。外観の装甲変更以外にも、武装の追加、リアクターの再調整、操作性の向上等の徹底的な調整が行われており、結果機体重量バランスが安定し、リアクター出力が向上している。

ただし、当改修では「本来の姿」を再現しただけにすぎず、この状態でも厄祭戦時の本来のスペックには至っていない。

第5形態

8mknk_ttbn
8mknk_ttbn
@8mknk_ttbn

Related Articles関連記事

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』とは、第一期、第二期と25話ずつに分けて全50話が放送されたガンダムのテレビアニメシリーズ。 本編と同時に小説や漫画などで展開された公式外伝「月鋼(げっこう)」や、第一期と第二期の間の時期の金星を舞台にした物語という設定のスピンオフ作品で、アプリゲームとして発表された「ウルズハント」なども後年制作されている。 本編では主人公の三日月・オーガスとオルガ・イツカらの結成した「鉄華団」の壮絶な戦いが描かれている中で、数々の名セリフが物語を味わい深くしている。

Read Article

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル)のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル)のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』は『ガンダムシリーズ』のロボットアニメの1つで、第1期が2015年に、第2期が2017年に放送された。『機動戦士ガンダム』などの宇宙世紀作品とは別の世界観を舞台としており、少年兵の三日月・オーガスの活躍を描いている。 本作にも『ガンダムシリーズ』おなじみの兵器モビルスーツやモビルアーマー、大規模な戦いには欠かせない艦船や兵器が登場する。

Read Article

MAN WITH A MISSION(マンウィズ・MWAM)の徹底解説まとめ

MAN WITH A MISSION(マンウィズ・MWAM)の徹底解説まとめ

MAN WITH A MISSIONとは、日本で活躍する5人組ロックバンド。日本語に訳すと「使命を持った男」という意味を持つ。人間の体に狼の頭という「究極の生命体」の5人で構成される。デビュー当初は独特のビジュアルからコミックバンドなどと捉えられることもあったが、完成されたサウンド、圧倒的なライブパフォーマンスで、今や世界にも通用する日本が誇るロックバンドである。結成時期は公開されておらず、5人の素顔も謎に包まれている。マンウィズ、MWAM、オオカミバンドなどと呼ばれている。

Read Article

ガンダムシリーズの歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

ガンダムシリーズの歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

ガンダムシリーズの主題歌・挿入歌を「宇宙世紀」、「アナザーガンダム」、「外伝作品」の3種に分けて一挙に紹介する。同シリーズは日本のアニメ文化を代表する作品の1つであり、その人気も知名度も非常に高い。それだけに作品の顔とも呼べるOPやEDの曲を任されるアーティストは実力派ぞろいで、時に華々しく時に切なく物語を盛り上げてきた。

Read Article

MISIA(ミーシャ)の徹底解説まとめ

MISIA(ミーシャ)の徹底解説まとめ

「MISIA」とは、長崎県出身の女性歌手。1998年に『つつみ込むように…』でデビューをする。5オクターブの音域を持っていて、R&Bのメイン・ストリーム化に大いに貢献した。ドラマ主題歌の「Everything」が大ヒットとなり、国民的人気歌手となる。また、社会貢献活動にも積極的で、アフリカに行ったことがある。平和を願って歌詞を書いている曲「オルフェンズの涙」「明日へ」「希望のうた」などもある。

Read Article

KANA-BOON(カナブーン)の徹底解説まとめ

KANA-BOON(カナブーン)の徹底解説まとめ

大阪出身のロックバンド。精力的にライブ活動を続け、2012年4月ASIAN KUNG-FU GENERATIONのフロントアクトを務め話題となった。積極的なライブパフォーマンスと耳に心地よいまくしたてるような歌唱が魅力のバンド。2013年リリースした1stアルバム『DOPPEL』はオリコン3位を記録し、翌年大阪にて、初の野外ワンマンを開催し16,320人を動員した。

Read Article

アニメ「ガンダム」シリーズにおける顔パロディ

アニメ「ガンダム」シリーズにおける顔パロディ

アニメ「ガンダム」シリーズでは、過度な感情表現から、普段はまともなキャラクターたちの顔がとんでもないことになるシーンが多々あります。あの味方からあの敵キャラだけでなく、油断しているところで思わず変顔になっている場面など、見ているだけでとにかく笑えます。今回はそんないろんな「パロディ顔」を集めてみました。

Read Article

すーぱーふみな+フミタン=すーぱーふみたん!?u-tarouさんによる製作過程まとめ!

すーぱーふみな+フミタン=すーぱーふみたん!?u-tarouさんによる製作過程まとめ!

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」で見た目と名前のギャップからコアなファンに人気のフミタン・アドモス。そんなファンの中でも、ガンプラでフミタンを作ってしまったのはu-tarouさんくらいではないでしょうか?今回、まとめ記事への掲載を許可して頂いたので、u-tarouさん製作の「すーぱーふみたん」が完成するまでの様子をご紹介したいと思います☆

Read Article

【鉄血のオルフェンズ】ガンダムタイプの機体まとめ

【鉄血のオルフェンズ】ガンダムタイプの機体まとめ

ここではガンダムシリーズのテレビアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するモビルスーツを紹介する。『鉄血のオルフェンズ』独自の設定として登場する「阿頼耶識(あらやしき)システム」の解説も掲載している。主人公、三日月・オーガスが乗り込むガンダム・バルバトスの各形態や、作中に登場するガンダムをまとめている。

Read Article

【鉄血のオルフェンズ】三日月・オーガスの名言・名セリフまとめ

【鉄血のオルフェンズ】三日月・オーガスの名言・名セリフまとめ

ここではガンダムシリーズのテレビアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の主人公、三日月・オーガスの名言・名セリフをまとめている。おおらかで仲間を大切にする少年だが、幼くして戦争以外の生き方を知らないのがオーガスだ。敵に一切の情け容赦をしない一方で、言動からは戦う以外の生き方を知らない悲哀が感じられる。

Read Article

これで君も鉄華団だ!バンダイファッションネットの鉄華団アパレルに注目!

これで君も鉄華団だ!バンダイファッションネットの鉄華団アパレルに注目!

現在放送中の大人気アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」!様々な関連グッズが発売されていますが、今回は鉄華団になりきれるアパレル商品をご紹介!CGSデザインの物もあるのでお好みで選びましょう☆ジャケットやワークキャップなど、これを身につけたら気分はもうオルガや三日月ですよ☆

Read Article

【鉄血のオルフェンズ】脚本・岡田麿里がNHKおはよう日本出演で視聴者大荒れ

【鉄血のオルフェンズ】脚本・岡田麿里がNHKおはよう日本出演で視聴者大荒れ

ガンダムシリーズのテレビアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』が最終回を迎えた後、脚本を務めた岡田麿里がNHKの「おはよう日本」で特集され、鉄血の結末に納得できなかった視聴者が大荒れとなった。『鉄血のオルフェンズ』は主人公を含めた主要人物の多くが死亡したことでファンの間で賛否が分かれたため、脚本家を恨むファンもいるようだ。

Read Article

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」最終回記念!HGガンプラまとめ(敵勢力編)

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」最終回記念!HGガンプラまとめ(敵勢力編)

最終回を迎えた「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」ですが、2016年の秋には第2期の放送が決定してまだまだ熱が冷めそうにありません。今回は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場した敵勢力側のモビルスーツのHGシリーズのガンプラをご紹介します!アナタのお気に入りのモビルスーツはあるでしょうか?

Read Article

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」最終回記念!HGガンプラまとめ(鉄華団編)

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」最終回記念!HGガンプラまとめ(鉄華団編)

最終回の放送を終え、2016年秋に第2シーズンの放送が告知された「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」!今回は最終回記念と題してHGシリーズのガンプラをまとめたいと思います!まずは主役の鉄華団編!主人公機のバルバトスからグシオン・リベイクやグレイズ改やモビルワーカーまで全部ご紹介しますよ!

Read Article

『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』まさかの結末に批判殺到【Twitter】

『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』まさかの結末に批判殺到【Twitter】

ガンダムシリーズのアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』は最終回が近づくにつれて主人公側が一方的に敗走する展開が続き、主人公が死亡するという結末を迎えた。ガンダムファンにとって納得のいく物語ではなかったようで、ネットのレビューやTwitterには批判意見が溢れた。

Read Article

鉄血のオルフェンズ、アインの衝撃の姿が「R-TYPEのよう」と話題

鉄血のオルフェンズ、アインの衝撃の姿が「R-TYPEのよう」と話題

ガンダムシリーズのテレビアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の後半、鉄華団に敵意を燃やすアイン・ダルトンが衝撃的な姿となって視聴者の度肝を抜いた。直接的な描写は避けられたが、両腕と下半身を切除して機体に接続するという状態が、往年のシューティングゲーム『R-TYPE』のようだ、と話題になった。

Read Article

鉄血のオルフェンズの大気圏突入方法がガンダム史上最外道と話題

鉄血のオルフェンズの大気圏突入方法がガンダム史上最外道と話題

ガンダムシリーズのテレビアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の作中に登場した、「大気圏突入の仕方」が「ガンダム史上最も外道」と話題になった。鉄オルの主人公、三日月は歴代主人公の中でも突出して敵に容赦しない描写が目立つが、「大気圏突入シーン」はそんな三日月を象徴する場面となった。

Read Article

鉄血のオルフェンズ・タカキとアストンの死亡フラグに怯える視聴者…

鉄血のオルフェンズ・タカキとアストンの死亡フラグに怯える視聴者…

ここではガンダムシリーズのテレビアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の登場人物、タカキ・ウノとアストン・アルトランドの死亡フラグと、それに怯える視聴者の反応をまとめた。『鉄血のオルフェンズ』はメインキャラクターが容赦なく死んでいく物語であったため、視聴者は毎週胃を痛めていた。

Read Article

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』シノとヤマギがBLすぎて視聴者動揺

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』シノとヤマギがBLすぎて視聴者動揺

ここではガンダムシリーズのテレビアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の登場人物、ノルバ・シノとヤマギ・ギルマトンがBLすぎて視聴者が動揺した話題について紹介する。ふたりは鉄華団のメンバーで、直接的な表現はないものの強い絆で結ばれている描写があった。

Read Article

目次 - Contents