Ado / アド

Ado / アド

Ado(アド)とは、2017年から活動している日本の女性歌手。2002年10月24日生まれ、東京都出身。所属事務所はクラウドナインで、所属レーベルはVirgin Music、ゲフィン・レコード。
2017年1月10日に、ボカロ楽曲『君の体温』の歌ってみた動画をニコニコ動画に投稿したことから、歌い手としての活動をスタートさせる。2018年8月から始めたYouTubeチャンネル“Ado”は、活動開始からおよそ4年で登録者数が400万人を超え、総視聴回数も15億回を超えた。
2020年10月23日、ボカロPのsyudouが作詞・作曲を手掛けた配信限定シングル『うっせぇわ』でメジャーデビュー。前述のYouTubeチャンネルで公開された同作のミュージックビデオは、公開から148日で再生回数1億回を突破。これは、歴代7位の記録となった。
デビュー当初から一切の顔出しをせずに活動していたが、2022年4月4日に行われた初のライブ『喜劇』にて、初めて顔出しした。

Ado / アドの関連記事

ウタ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ウタ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ウタとは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE』を原作とした劇場版アニメ『ONE PIECE FILM RED(ワンピース フィルム レッド)』の登場人物。右半分が赤色、左半分が白色のツートンの髪色が特徴的な少女で、「世界の歌姫」と呼ばれる存在。2歳の時に四皇の一人で主人公モンキー・D・ルフィにトレードマークの麦わら帽子を託した赤髪のシャンクスに拾われ、以来7年間シャンクスの娘として赤髪海賊団で過ごす。ルフィとも面識があり、音楽の島エレジアで12年ぶりに再会した。

Read Article

Ado(アド)の徹底解説まとめ

Ado(アド)の徹底解説まとめ

Ado(アド)とは、ボカロPや絵師とのコラボで楽曲を制作する、現代を代表する歌い手である。2020年にユニバーサルミュージックから「うっせぇわ」をリリースしメジャーデビューを果たす。一曲の中で様々な種類の声色、声質を使いこなす特徴的な表現力で、若い世代を中心に人気となった。デビュー後もヒット曲を連発し続け、2022年にリリースした「新時代」では、日本の楽曲として初めて、Apple Music内にあるデイリーチャート『トップ100:グローバル』の1位を獲得した。

Read Article

ドクターホワイト(小説・漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ドクターホワイト(小説・漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドクターホワイト』とは2015年に刊行された樹林伸の同名小説を原作とした医療マンガ、および2022年のドラマ作品である。主人公の雪村白夜(ゆきむらびゃくや)は記憶喪失の女の子だが、まるで医者だったかのように様々な病気の原因を当てたり、他の医者の診断を「それ、誤診です」と指摘する。記憶を取り戻そうとしていくが、何故白夜がその様な知識を持っているのか探る所も見どころの一つとなっている。

Read Article

Ado / アドのレビュー・評価・感想

Ado / アド
9

顔を見せないミュージシャンAdo

楽曲「うっせいわ」からAdoさんを知った人は少なくはないと言われていますが、どんなミュージシャンなのかは、実はあまり多くは知られていないようです。
圧倒的な歌唱力と表現力で絶大な支持を得ているとはいえ、謎のベールに包まれている部分も多いのです。決して姿を見せないAdoさんの名が知られるようになった当時、わずか19歳という女性の歌い手だったことに驚かれた方もいることでしょう。
そんなAdoさんの名前の由来や読み方が不思議なこともあり、調べてみました。「あど」と読み、由来はなんと狂言である「柿山伏かきやまぶし」からきているそうです。脇役という意味なのですが、着眼点がAdoさんらしく、なんとも渋いですよね。
ちなみに顔出しもしないミュージシャンとしても活動していることが特徴ですが、あの歌唱力と圧倒的な表現力の声の持ち主とは想像もつかないほど、素顔は普通に可愛いとファンの間でも話題のようなんです。ネット上では気になる方が検索して素顔が見られるよう昔のアイドルユニット「あまる」という3名の女性バンドだったときのお顔がでているようです。今後、顔出しありのAdoさんの活躍にも期待したいですね!

Ado / アド
10

歌い手出身の天才歌手!その実態とは

Ado(アド)は、歌い手出身の歌手である。
2020年10月、「うっせぇわ」が社会現象となるほどの大ヒット。その当時、顔は公表されておらず女子高生歌い手、という名目で活動していた。これは日本の歌い手やボカロPの中で重要視されていた「顔出ししない文化」を尊重してのことである。
2022年には20歳を迎え、その節目にアメリカの名門レーベルである「ゲフィン・レコード」と契約を結び、アメリカへの本格進出を発表した。その際のツイートは何千、何万と拡散されて注目を浴びた。
更に同年、漫画『ONE PIECE』25周年記念として作られた映画『ONE PIECE FILM RED』で、主人公ルフィの憧れの存在であるシャンクスの娘ウタという映画オリジナルのキャラクターの歌唱パートを担当し、1本の映画の中で7曲もの新曲を披露した。
その個性輝く声と、圧倒的な歌唱力で元々のAdoファンはもちろん、ワンピースのファンや映画好きを魅了し、「別次元の声を持つ」というウタを演じ切った。ウタという単語がネット流行語100の大賞となるほどの話題を生み、「新時代」という曲は日本レコード大賞の優秀作品にも選ばれたのである。冬には、スポーツテーマソングも歌唱。本人も、オリンピックに出演することになったと驚いていたらしい。他にもドラマや映画の主題歌を担当し、活躍の場を広げている。

Ado / アド
10

パワフルな歌声&圧倒的な歌唱力が持ち味の令和の歌姫

Adoは、2017年から活動している歌手で、「うっせぇわ」を通じてメジャーデビューを果たしました。有名なボカロPや作曲家などが提供する楽曲を歌う活動スタイルのため、他の歌手では見られない多彩な楽曲を楽しめます。

この活動スタイルを可能としているのは、彼女のパワフルな歌唱力と並外れた表現力があるから。「うっせぇわ」や「阿修羅ちゃん」のようにアップテンポで激しい曲調を激しく歌うこともあれば、「会いたくて」のような心に残るバラードも歌いこなしてしまいます。

また、劇場版アニメの「ONE PIECE FILM RED」では、劇中に登場するキャラクターでもあるウタ役の歌唱パートに大抜擢されました。Adoが今まで歌っていた楽曲は、若者であれば誰しもが抱えている悩みや葛藤などの闇が見え隠れしているものがほとんどでしたが、劇中で披露された楽曲はいずれも作品の世界観を壊すことがない爽快感すら感じさせるものでした。この映画が公開された年末にはNHK紅白歌合戦にてウタ役として出場し、劇中歌の「新時代」も披露しています。

また、2023年にはNHK紅白歌合戦に出場を果たし、「唱」を披露しました。勢いの止まることを知らないAdoは、今後の活躍にますます期待が持てる令和の歌姫です。

Ado / アド
9

素顔を出さなくても魅力溢れるAdo

純粋に歌だけで人気になりたいと、素顔を出さず歌声だけで活躍するAdoについてレビューです。
曲を聞くとき、歌っている人の表情、体の動きを見る方も多いとかと思います。一切顔出しをせず、デビューを果たしたAdoですが、顔が見えなくてもなぜか心を動かされる力があります。人が歌う前提で作られていないボーカロイドで力強く歌い切る、裏声、シャウト、ファルセットを難なく使い分けれる高いボーカル技術は人々は魅了するでしょう。
作詞作曲は、人気の音楽家が出がけているので、Adoが歌えば必ずヒット曲になります。

覆面ボーカリストを生み出したのは、Adoがきっかけではないでしょうか。Adoの楽曲はストリーミング部門で上位を独占し、全国からも人気を伸ばしています。歌手のビジュアルを気にする時代が終わり、歌唱力に注目する音楽業界になるのではないかと感じさせられます。
2024年より世界進出を目指して、世界ツアーを開催することが決まったAdo。彼女が世界で活躍する日もそう遠くないでしょう。海外の反応では、「もう笑うしかない」と圧倒的な歌唱力に驚いた方が続出しているようです。Adoの魅力溢れる歌声を1度聞いてみてください、きっとあなたも彼女の魅力にハマるでしょう。

Ado / アド
10

歌が物語になる歌手

Adoさんに本格的にはまったのは、『ONE PIECE RED』を知ってからでした。初めは「いろんなジャンルの歌い方や声の種類を持っている才能がある歌手なんだなぁ」という感想でした。
ただあまり音楽に興味がない私でも、Adoの歌を聞きたくなる魅力があります。何度も聴いているとAdoさんは「その歌い方の上手さや多数の声の種類を操れる才能で、歌に感情を乗せることがものすごく上手い歌手」と思えるようになりました。
『ONE PIECE RED』の映画は見ていないのですが、Adoさんの歌を聴くだけでそのキャラの個性がはっきりと見えてくる気になるほど、感情の表現がすごいです。

最近聞いてびっくりしたのは、「TK_from_凛として時雨」の楽曲である「unravel」をAdoさんがLIVEでカバーした曲です。『東京喰種トーキョーグール』という漫画のオープニング曲ですがものすごい感情表現で、漫画の主人公である金木研の悲痛な叫びを本気で表現しているように感じ、思わず泣いてしまいました。

Adoさんの曲はたくさんありますが、どの曲もストーリー性を感じられるものですし、その声の綺麗さも相まって何度も聞きたくなります。今更ですが、まだ聞いたことがない方には最高におすすめできる歌手です!

Ado / アド
9

中毒性のある歌声。1度聞けばきっとあなたも夢中になるでしょう!

2022年に放映された「ONE PIECE FILM RED」に出てきた女の子“ウタ”が歌う曲を歌い、爆発的な人気が出たAdoの歌声を誰もが1度は聞いているでしょう。
「ONE PIECE FILM RED」が放映されていた当時、ありとあらゆる場所でAdoの曲が流されていました。その影響もあり「もう1度歌を聴きたい、少女“ウタ”の物語見たい」と多くの方が映画館に何度も足を運んでいたほどでした。
Adoの曲がとても気になった私も、YouTubeチャンネルで曲を聴いてみました。聴いてみると、ちょっとだけのつもりがすぐ夢中になってしまい、どうしようもない衝動に駆られた私は、アルバムを購入してしまったほどです。
とても力強いAdoの歌声は、曲によってまた違った一面を見せてくれ、時には力強さが嘘のような儚さもあります。
Adoが「本当に楽しんで歌っているんだ」と感じられるからか、曲を聞いているととても楽しい気持ちになり、その日の気分によって何度も繰り返し流して口ずさんでいることもあります。
そんな中毒性のあるAdoの歌声は、YouTubeで無料で聴けます。「ちょっと興味があるけど、お金を出してまで聴くのは」とためらっている方は、ぜひ1度試しにYouTubeで聴いてみてください。1度聴いたら、すてきな声と歌に夢中になること間違いないでしょう。

Ado / アド
8

魅了し続けてくれる歌手!

令和を代表するアーティストのAdo。
楽曲を発表すれば必ず注目を浴び流行しましたが、数ある魅力の中でやはり1番は圧巻の歌唱力でしょう。
ブレのない音程と音域の広さ、とにかく歌が上手いんです!
力強い歌声にがなり声、高速のラップ、それに対する高音のビブラートやささやき声など、まるで様々な自分の気持ちをぶつけられているようです!

街中で曲が聴こえてくると、その後しばらく口ずさんでしまう中毒性があり、そんなメロディーと多様な歌声が相乗効果をもたらしてAdoの魅力が爆発しています。

Adoといえば、「うっせぇわ」をはじめ、「ギラギラ」「踊」などの代表曲がありますが、これらはまさに、中毒性のあるメロディーとメッセージ性を感じる歌声がマッチングしています。
中には過激な歌詞もあり、聞く人の鬱憤や内に秘めた思いを代弁し、世の中に叫んでくれているように感じます。
この叫びに同感して親近感がわく人も少なくはないでしょう。
耳に残るだけでなく、心に響くからこそ他の曲も聴いてみたいと思わされます。

過激な歌詞に抵抗がある人は、映画『ワンピースフィルムレッド』の主題歌・劇中歌でもあった「新時代」「私は最強」「風のゆくえ」などがおすすめです。
ワンピースの世界観に合わせていることもありますが、元気が出る・背中を押してくれる曲になっています。
新たな魅力を見せ続けてくれるAdo。是非1度聴いてほしいアーティストです。

Ado / アド
8

「新時代の歌姫」!七色の歌声をもつAdoの魅力に迫る

Ado(アド)は2020年に配信限定リリースした「うっせえわ」でメジャーデビューした女性歌手。デビュー当時は18歳だった。
「うっせえうっせえうっせえわ!」という衝撃的なフレーズと力強い歌声は、当時あらゆる場所で流れていた。テレビやコンビニ、ドラッグストアにいたるまで、一度も耳にしたことがない、という人の方が少ないだろう。同曲は社会現象と言えるほどの記録的ヒットを叩き出し、2022年5月時点で総再生回数は2億回を超えている。挑戦的なフレーズや、Adoの「がなり声」を使った鬼気迫る歌い方は中毒性が高く、若者の間で大人気となった。そして、Adoの快進撃はここからはじまったのだ。
Ado自身は「歌」専門であり、作詞作曲は行っていない。しかし、その歌唱力を評価した多数のアーティストから楽曲を提供されるようになったのだ。「うっせえわ」とは真逆のバラードからラップパートの入った曲まで、様々な曲を提供されたが、Adoはそれらを完璧に歌いこなした。彼女は「がなり」だけでなく、低音から高音まで多重人格のように声色を切り替えて歌唱することができるのだ。
さらに、Adoの歌唱力を世に広めることとなったのが、映画『ONE PIECE FILM RED』だ。作中の歌姫、ウタの歌唱パートをAdoが担当し、楽曲は、中田ヤスタカ、Mrs. GREEN APPLE、秦基博など、7組のアーティストが提供している。ウタの感情によって変わる全く違う7つの楽曲を、Adoは見事に歌いこなした。それを裏付けるように、本作品はワンピース史上最高の興行収入を記録したのだ。
デビュー前から、ニコニコ動画などで「歌い手」として活動してきた彼女は、デビュー後も顔出しを一切していない。姿を見せず、歌声だけで人々を魅了する彼女は、まさに「新時代の歌姫」である。

Ado / アド
9

新世代の幕開けを感じる力強い歌声!!

Adoは日本のシンガーソングライター・音楽プロデューサーで、顔出しをしないにも関わらず音楽のセンス豊かな歌声とポップなメロディーラインによって一躍ポップカルチャーの中心に君臨しています。
2020年にリリースのデビューシングル『うっせえわ』は30万DLに達し、ストリーミング再生回数は2億回を突破する脅威のデビュー曲となりました。『うっせえわ』は同年の「新語・流行語大賞」の年間トップテンにも選出されました。
その後も2021年にデビューアルバム『Ado』をリリースし、注目を浴びています。このアルバムはポップな音楽センスが際立った作品として話題になりました。特に「夏の光」や「虹」などのシングル曲は、多くのファンから高い評価を得ました。

Youtubeの登録者数は400万人を突破。劇場版アニメ『ONE PIECE FILM RED』にてウタの歌唱キャストも担当し、Apple Musicグローバルチャートにおいては、「新時代」が日本の楽曲として初めて全世界1位にランクインしました。

活躍の場は日本を超え、2022年にはアメリカのレコード会社であるゲフィン・レコードとパートナーシップを結ぶことを発表しました。
音楽制作に対する熱心な姿勢も高く評価され、若い世代に向けた音楽を提供するというミッションを持っています。
これからもAdoの活躍から目が離せません。

Ado / アド
10

音楽界の表現者歌姫Ado

私がおすすめしたいアーティストは老若男女どの世代からも人気のAdoさんです。
「うっせぇわ」で世間を騒がせ、爆発的な知名度と人気を得ました。
私も「うっせぇわ」からAdoさんを知り魅力に気づいた一人です。
この曲を聴いてわかるとおり、彼女は素晴らしい表現力の持ち主です。
不満を持った、少し反抗的な曲なのですがそれを歌で完璧に表現する彼女の音楽の才能に気づかずにはいられませんでした。
彼女の歌の魅力は表現力だけでなく、独特な声質、独特な曲調であるところです。
歌がうまいのはもちろんのこと、中毒性のあるAdoさんの歌声は誰にも真似できません。
そして、あの独特な曲調を歌いこなせる人も数少ないと思います。
ですが、Adoさんがすごいのはそれだけじゃありません。
「風のゆくえ」という曲があるのですが、これはバラード調でいつもの力強い声も残しつつ儚さも含まれる曲になっていて、Adoさんの歌声に多大な可能性を感じる曲になっています。
過去に、力強くかっこいい系統の曲が多かったため、この曲を聴いたとき改めて彼女のアーティストとしての素質に気づきました。
どんな曲でも完璧に表現し、歌いこなすAdoさんの声を聞けば誰もが感動を得られること間違いありません。
どの曲も彼女の魅力が詰まった曲なので1度聞いてみて欲しいです。

Ado / アド
8

Adoが映画の中でも歌姫になる!

2022年8月6日に公開された映画『ONE PIECE FILM RED』に出てくる歌姫・ウタ役の歌唱パートに抜擢されました。
Adoが有名になった「うっせぇわ」の歌唱力や注目度から選ばれたのも納得します。
映画の中では、ウタのライヴを観ているような感覚で楽しむことができ、著名なアーティストが作詞作曲した曲が聴くことができます。
あと、YouTubeなどにインターネット配信されているので、気になる方はぜひ観ることをおすすめします。
彼女のAdoというなの由来は、小学生のときの国語の授業でした。
狂言のシテとアドの響きのカッコよさに惹かれて名乗っていましたが、主役のシテを支えるのがわき役のアドと知り、誰かの人生の脇役となって自分の曲を聴いてくれる人の代わりに戦う存在という意味も込められているようです。
そんなAdoが音楽に出会ったのは小学1年生の時。父親のパソコンでVOCALOIDの曲を聴き始めたボカロネイティブ世代です。
高学年になるとニンテンドー3DSで配信されていたニコニコ動画から、顔を出さずに活動する歌い手に興味を持ちました。
それから、2017年にニコニコ動画に「君の体温」の歌ってみた動画を投稿し、歌い手として活動を始めまた。

Ado / アド
10

謎多きAdoさん

Adoさんは、2020年に「うっせえゎ」がYouTubeでバズり人気になりました。
そこから勢いは衰えず、「阿修羅ちゃん」や「ギラギラ」、「踊」など、数々の名曲を出しています。
人気の理由は、いくつかあります。
まず何と言っても抜群の歌唱力です。
ダークな雰囲気を感じさせる、ハスキーな歌声は女性だからこそギャップを感じてその世界観に引き込まれていきます。
もう一つの理由は、作詞、作曲者がとても豪華な事です。
有名な方でいえばボカロPさんのsyudouさんやDECO*27さん、みきとPさん、
さらには、Mrs.Green Appleの大森元貴さん、Vaundyさんなどの有名ミュージシャンの方々もAdoさんに作詞作曲提供しています。
人気の秘訣はAdoさんの迫力とギャップが融合した歌唱力とプロの作詞作曲者の時代にあった曲作りがあるからです。
そんな人気絶頂のAdoさんは、まだまだ謎が多いです。
まだ公には素顔が公開されていないのでどんな顔をしているのかわかりません。
しかし、テレビ番組マツコ会議でマツコさんのみ素顔が公開されました。
その時のマツコさんの反応は、「声を聴いた人みんながイメージしてる姿」と言ってました。
Adoさんの素顔がもし公開されたら世間はどんな反応をするのでしょうか?
そうゆう想像とかをさせてしまうのも魅力の一つかもしれませんね!!

Ado / アド
10

素晴らしい表現力と声の幅に脱帽

Adoは元々はニコニコ動画の歌ってみた動画でボーカリスト活動を始めたといういわゆる歌い手出身の、
2020年にメジャーデビューを果たした女性歌手。代表曲は「うっせぇわ」。
彼女の魅力は、何といってもその卓越した表現力と聞く者の心を震わせるようなハスキーボイスである。
リリースしたどの曲においても迫力のある低音から伸びやかな高音までを使いこなし、
かつ歌詞や曲に合わせて声色に変化をつけて歌い上げているが、歌唱技術についてはほぼ独学という類稀な才能の持ち主だ。
持ち曲には激しい曲調が多く、並みの人間なら1曲歌うだけでも声を潰してしまうような歌い方をするが、
Adoの声はそんな苦しさやギリギリ感は感じさせない。
怒りや鬱憤を表現した曲でも気持ちよく歌い上げくれるので、聞いていて爽快感を感じるぐらいだ。
シャウトをこんなに美しく聞かせる女性歌手にはあまりお目にかかったことがない。
顔出しはしておらず、素顔が謎に包まれているという点も、好奇心をそそられるポイントである。
その優れた表現力から下積み時代を長く積んできたのかと思いきや、彼女はなんと2002年生まれ。
本物の才能を持つ人間には、年齢など関係ないという事実を歌声によって突き付けてくれるアーティストだ。

Ado / アド
10

Ado 1stアルバム 『狂言』のアートの世界

今年2022年1月26日に配信開始されたAdo(アド)の1stアルバム『狂言』(きょうげん)が初週DL数1.5万DL(15,128 DL)を記録し、2022年2月2日発表の最新「オリコン週間デジタルアルバムランキング」で初登場1位を獲得しました。
今日は、Ado(アド)の1stアルバム『狂言』(きょうげん)の魅力について見ていきましょう。
その前に皆さんAdo(アド)ってご存知ですか?2020年にボカロPのsyudou書き下ろしの「うっせぇわ」を配信限定リリースし、一躍ときの人となったボーカリストである。実は彼女、素顔を公開していないミステリアスな一面もある。
自身ボカロP提供の曲を歌うスタイルで配信中心に活動をしてきた。
さて、今回の1stアルバム『狂言』(きょうげん)の魅力であるが、それはAdo(アド)のボーカルとしての魅惑の声色を楽しむだけでなく、ORIHARAを中心に6名のネットで活動するイメージクリエターとも共作していると言うことだ。
音楽だけでなく、イメージアートにおいてもAdo(アド)のミステリアスな音楽の世界を増幅させている。今後、ワンマンライブも行う予定のAdo(アド)の活動が楽しみだ。

Ado / アド
9

なぜAdoが絶大的な人気者になったのか

Adoとは2020年に「うっせぇわ」で当時女子高生ながらメジャーデビューを果たした女性シンガーである。
2021年には「うっせぇわ」が動画配信サイト「YouTube」で1億回再生を記録し、「新語・流行語大賞」のトップテンにノミネートされるなど、輝かしい功績を成し遂げた。
なぜ、彼女がこれほどまでに世間から評価されたのか。これは「YouTube」や「ニコニコ動画」などの動画配信サイトが爆発的に普及したのが要因の一つではないかとかと思われる。
どういうことかというと、昭和から平成初期であれば、歌手になりたければ芸能事務所のオーディションに応募して合格したり、路上で歌っているところをスカウトされたりする必要があったが、動画配信サイトが普及してからは再生数が多ければメジャーデビューを果たせる可能性が生まれたからである。つまり、時代が違えばメジャーデビューができなかった逸材が日の目を見ることができるようになったのである。Adoもその一人ではないかと思われる。
彼女自身は中学生の頃から「ニコニコ動画」で配信者として活動していた。彼女の全てを理解しているわけではないが、インターネット上の言動から推察するに、積極的にオーディションに参加したり路上ライブを行なったりするタイプではないように思われる。そのため、インターネット上というリアルとは少し隔絶された環境で、自分を表現していたのではないだろうか。そして、彼女の歌には「表には出さないが心の奥に秘めた感情」を感じ取れる楽曲が多く存在し、それが現実世界で感情を押し殺して生活している人々に共感を与えているのだと感じさせられる。
次にAdoの楽曲を聞くときは自分との共感ポイントを探してみるのも面白いかも知れませんね。

Ado / アド
10

Adoのすごさとは

「うっせぇわ」でデビューしたAdoのすごさとは。
まずAdoとは「うっせぇわ」という曲でメジャーデビューした歌手です。この曲は社会現象とも呼べるほど大ヒットし、メディアやニュースにも取り上げられるほど大きな注目を集めました。また、そのほかの曲もアニメやドラマといった主題歌に抜擢されるほど彼女は世間に影響を与えました。その彼女の魅力とはいったい何なのでしょうか。
Adoの魅力とはなんといっても歌唱力でしょう。彼女の歌い方は人間離れしているとすら思えます。彼女の歌っている曲を聴いていただければわかると思いますが、一人で歌っているとは思えないほど声を変幻自在に操ります。野太い男のような声から、頭に響くような高音までを一曲の間に何回も変化させるのです。また、喉を痛めてしまうのではないかと思えるほどのデスボイスを曲の中で登場させます。そのせいもあってかAdoの曲は曲としてではなく、一つの劇や映像作品を見ているような感覚に陥ります。
歌唱力以外に曲の世界観を表現する能力もずば抜けています。歌詞一つ一つに全感情をぶつけているかのようなその歌い方から、彼女自身が曲にどれほどの思いを込めているかが伝わってきます。また彼女自身が歌詞に込める思いや歌い方には気を使っていると公言していました。
そのほかにも彼女の魅力はありますが、以上が彼女のすごさであるといえます。

子タグ