蛇のひと(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

2010年3月7日に「ドラマW」でテレビ放送され、同年9月25日より角川シネマ新宿ほかで1週間限定で劇場公開されたサスペンスドラマ。会社の金を横領した疑いをかけられ行方不明になっている今西。同僚の三辺が居所を探るうちに彼の意外な姿が露わになっていく。ギャラクシー賞テレビ部門2010年3月度月間賞受賞。2009年3月に受賞した『第2回WOWOWシナリオ大賞』受賞作品を三好晶子脚本で映像化した。

『蛇のひと』のあらすじ・ストーリー

ベテランの独身OL三辺陽子がある朝出社すると、部長の伊東が自殺し大変な騒ぎになっている。
会社の幹部や同僚から今西と親しい関係にあると誤解された三辺は副社長に呼ばれ、今西が会社の金1億円を横領して行方をくらました疑いがあると聞かされる。

今西を探すよう命じられた三辺は手掛かりの名刺から次々と今西に関係のある人たちに会う。
今西にふられて今西の友人と結婚し、離婚した女性柴田のりこ。
今西にはげまされ分不相応のマンションを購入し、ぎくしゃくしている夫婦。
不倫関係が妻にバレて泥沼になったあげく、今西の仲裁で愛人と妻と3人で住むことになった友人。
会社から三辺を見張るよう命じられた田中一と一緒に、話を聞いていった。
彼らの話を聞いた三辺は、今西は口車に乗せ人を言葉で転がしていく能力があると知る。
「今西さんと関わった人って微妙に不幸になってるよね」という三辺に「みんなが好きで悪気なく変な提案をしてしまうのでは?」という田中。

会社に戻ると、自殺した部長の妻が、横領したのは夫だった、と謝罪し返金しにきていた。
部長が死ぬ前、今西は部長の自宅を訪ねていた。
横領を今西のせいにしようとしていた部長にその証拠を突き付け、問い詰める今西。
部長は仕事ができる今西に嫉妬していたことを告白する。
それを聞いた今西は部長を責めず、自分が生きているだけで不幸になる人がいる、これは自分が悪い、自分が横領犯として消える、という。
今西は部長の罪を被るつもりで行方をくらましていたことがわかる。

三辺は大阪にある今西の実家を訪れる。そこで今西の幼馴染に会い、幼少期の凄まじい過去を知る。
今西は義太夫の師匠である父が妾に産ませた子供だった。
腹違いの兄と共に兄弟弟子たちと生活を共にし、稽古に励んでいた。
才能のある今西は父に認められていたが、嫉妬から兄や兄弟弟子たちにいじめられていた。
ある時今西が大切にしていた万華鏡を、兄や兄弟弟子に捨てられてしまう。
それから今西の義太夫の語り口は平凡なものになり、父からも見放される。
ある時、口笛を吹きながら風呂掃除をしていた今西に兄が「夜に口笛吹くと蛇がくる。邪悪なものがくる」という。
「邪悪なものって僕ですよね?どうしよう、もうここにいられなくなる」と言う今西を励ます兄。
今西が父から見放されていたからか、兄は今西に心を開いていた。
ところが、兄の初舞台の日に今西は兄をだまし、自分が舞台にあがり見事な語りをしてみせる。
平凡になったようにみえた語りは演技だった。
裏切られた兄は絶望から親や兄弟弟子を殺してしまう。

三辺は今西の行きそうな場所を考えた。
自分の人生をも変えようとしているのではないか、と思い婚約者のいるところに行き今西と再会する。
自分は人を殺している、これからも殺すかもしれない、という今西。
三辺は「私が見張ってます。ずっと、見張ってます」と告白に近い言葉で連れて帰ろうとする。
それでも三辺から去ろうとする今西は、死ぬつもりなのか海に向かって車を走らせる。
海に落ちる直前、ダッシュボードにある三辺からの贈り物に気づく。
子供のころなくされたのと同じ万華鏡だった。
今西は思いとどまり、三辺は元の生活に戻った。

日常に戻った三辺は、今西が励まして漫画家を目指した島田という人物が賞を取ったことを知り、彼が幸せにした人物もいたのだと知る。
夜道、口笛を吹きながら歩く三辺。
手には今西が持っていたのと同じ万華鏡。
明るい顔で、万華鏡のキラキラした世界を覗く。

『蛇のひと』の登場人物・キャラクター

三辺陽子(演:永作博美)

商社営業事務・独身OL。今西と同じアラフォー世代ということで、同僚や重役から今西と親しいと思われている。
副社長に命じられて今西を探すが、最後には告白に近い形で今西を連れ戻そうとする。

今西由起夫(演:西島秀俊)

商社課長。いい人だと思われていたが、行方不明になり三辺が探るうちに意外な側面が見えてくる。
東京で働いているが関西弁を崩さない。
父は義太夫の師匠で、妾の母に今西を産ませた。複雑な過去がある。

今西の幼なじみ(演:板尾創路)

今西の幼馴染で、彼の凄まじい過去を知る人物。
今西の母の面倒を見ている。

田中一(演:田中圭)

三辺の同僚。会社の重役に命じられて三辺を見張る。
一緒に今西を探す。

伊東部長(演:國村隼)

今西の上司。会社の金を横領し、今西に罪を負わせようと細工をした。
そのことを今西に問い詰められた伊東は今西の能力の高さに嫉妬していること告白。
今西は自分が行方をくらますから自分のせいにしてください、という。
良心の呵責に耐え兼ね、自殺する。

『蛇のひと』のアイテム

万華鏡

今西が大切にしていたもの。
「これで見ると何もかもきれいに見える」
幼馴染はそれが心の支えだったのだろう、と言う。
義太夫の師匠の父の元に弟子入りした時にいじめられ、兄に捨てられてしまった。
心の支えをなくした今西は口車に乗せて人の人生を狂わせる能力を見せ始める。
最後には三辺が同じものを探して今西に贈る。
今西は「大事にしていた美しいもの」を取り戻し、車と共に海に突っ込もうとしていたのを思いとどまる。

『蛇のひと』の名言・名セリフ

「大体予想通りや」

freejunkieu0
freejunkieu0
@freejunkieu0

Related Articles関連記事

Dolls ドールズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

Dolls ドールズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『Dolls(ドールズ)』とは、2002年公開、北野武が監督を務めた日本のラブストーリー映画である。 北野武監督第10作目。人形浄瑠璃『冥途の飛脚』をモチーフに3つの物語から構成される。 青みがかった色彩のキタノブルーで知られる北野武監督だが、本作ではさまざまな色彩に満ちた映像になっていることが話題になった。 第59回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門正式出品作。衣装を山本耀司、音楽を久石譲が手がけた。 キャッチコピーは「あなたに、ここに、いてほしい。」である。

Read Article

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シン・ウルトラマン』とは、脚本・庵野秀明、監督・樋口真嗣による、人類のために戦う異星人ウルトラマンと、その周囲の人々の活躍を描いた映画作品。日本を代表するクリエイターによる伝説的な特撮作品のリブートということで、公開前から大きな話題となった。 突如日本に出現し始めた巨大生物、禍威獣。その脅威に対抗するため結成された禍特隊の前に、銀色の巨人が現れる。ウルトラマンと名付けられたその巨人は禍威獣から人々を守るように振る舞い、禍特隊がその謎を追う一方、地球にはかつてない危機が迫っていた。

Read Article

シン・ウルトラマンの禍威獣まとめ

シン・ウルトラマンの禍威獣まとめ

禍威獣(かいじゅう)とは、『シン・ウルトラマン』に登場する敵性大型生物。ある時を境に日本各地に出現するようになり、多大な被害を生み出した。その姿は爬虫類のようなものから鳥に似たもの、巨大な植物まで多種多様。既存の生態系から完全に独立した生物であり、放射性物質を食べたり破壊光線を発したりと個々が地球の常識では考えられない能力を秘めている。 その正体は、外星人こと地球外の知的生命体が、人類発祥以前に後に日本となる土地に不法投棄していった生物兵器。日本にしか出現しないのもこれが理由である。

Read Article

天体制圧用最終兵器ゼットン(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

天体制圧用最終兵器ゼットン(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

天体制圧用最終兵器ゼットンとは、『シン・ウルトラマン』に登場する、一兆度もの火球を放ってその星系ごと天体を消滅させる光の星の兵器。元ネタは『ウルトラマン』の最終話に登場し、ウルトラマンを敗北に追い込んだ怪獣ゼットンである。 「地球人の生物兵器としてのポテンシャル」を“宇宙の将来的脅威”と判断した光の星の決定を受け、ゾーフィによって地球に持ち込まれる。同族たちの決定に1人反発したウルトラマンと戦い、これを造作も無く一蹴する強さを見せつけた。『シン・ウルトラマン』の実質的ラスボスである。

Read Article

ウルトラマン/リピア(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ウルトラマン/リピア(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ウルトラマン/リピアとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、同作の主役でもある巨大人型外星人。ウルトラマンは地球でつけられた名称で、リピアが同族間で用いる本名である。 禍威獣の出現に合わせて地球に来訪し、外星人の遺物であるこれらを撃破する。しかし初戦闘時にアクシデントから禍特隊の神永新二の命を奪ってしまい、“肉体を融合する”という方法で彼を救う。その後は普段は神永として行動しつつ、彼が見せた「自分より弱い者を命懸けで守る」という行動の意味を調べ、地球人について学んでいった。

Read Article

ゾーフィ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ゾーフィ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ゾーフィとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、ウルトラマンと同じ天体出身の外星人。 彼らの出身地は「光の星」と呼ばれており、個々の高い戦闘力と優れた科学力を用いて宇宙の調停者として振る舞っている。地球人の生物兵器としての高いポテンシャルが明らかとなった時、光の星はこれを“全宇宙の知的生命体にとっての将来的な脅威”と見なして滅ぼすことを決定する。そのために地球を訪れるも、なんとしても地球人を守らんとするウルトラマンと決裂。最後は地球人の生物兵器として以外の可能性を認め、地球を去った。

Read Article

メフィラス(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

メフィラス(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

メフィラスとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、地球に潜伏して暗躍する外星人。 腹黒い一方で、振る舞いは紳士的。ウルトラマンがやってくる前から地球で活動しており、自らを「外星人0号」と名乗って禍特隊に接触。地球人そのものが禍威獣や外星人の脅威に対抗する術を持つ必要があると説き、日本政府に対して技術供与を申し出る。しかし裏では地球人の潜在的な戦闘能力に目を付けており、これを生物兵器に仕立てて売りさばくことを計画していた。この陰謀を見抜かれて、ウルトラマンと敵対することとなる。

Read Article

神永新二(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

神永新二(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

神永新二(かみなが しんじ)とは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、禍威獣特設対策室専従班の作戦立案担当官にしてウルトラマンをその身に宿す青年。 元公安課の刑事で、その職務上当然ではあるが前歴には明かされていない情報も多い。寡黙で実直、合理性を重んじる性格ながら、同時に自らを犠牲にしてでも弱者を救おうとする高潔な意志を併せ持つ。ウルトラマンが地球に来訪した際、その着地の衝撃から子供を守ろうとして命を落とすも、彼のこの行動がウルトラマンと人類の運命を変えていくこととなった。

Read Article

浅見弘子(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

浅見弘子(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

浅見弘子(あさみ ひろこ)とは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、禍威獣特設対策室専従班の分析官。突如出現して禍威獣を撃破していった“銀色の巨人”の調査のために物語途中で禍特対に加わり、彼に「巨大人型生物ウルトラマン」という名称をつける。 頭脳明晰かつ明朗快活な才媛で、禍特対では新入りの立場ながら歯に衣着せぬ物言いで周囲に意見する。同僚の神永にウルトラマンが融合していることを知らないまま彼とバディを組み、“地球人とはどういう生き物か”のもっとも身近な実例として様々な気付きを与えていく。

Read Article

ザラブ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ザラブ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ザラブとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、地球人を「地球の害獣」と見なして絶滅させることを目論む外星人。 「体の前半分の皮膚以外が透明」という奇怪な姿をしている。電子機器を操る生体器官を有しており、外見をまったく別のものに変える擬態能力を持つ。ウルトラマンこそは自身の計画の最大の障害だと判断し、禍特隊の神永新二と融合していた彼を監禁する一方、自身はウルトラマンの姿になって都市を攻撃。人類の間に疑念と互いへの敵意を植え付けて大戦争を巻き起こそうと画策した。

Read Article

日本のおじさん俳優のクオリティが高すぎる!【西島秀俊・竹野内豊など】

日本のおじさん俳優のクオリティが高すぎる!【西島秀俊・竹野内豊など】

ただでさえイケメンなのに、若い頃にはなかった渋さや色気が加わり、ますます魅力を増す日本のおじさん俳優。そのクオリティが高すぎると話題に!年を取ってもオシャレで清潔感があり、様々な人生経験を経て包容力やユーモアにも溢れる…そんな40代以上のかっこよすぎるイケオジ俳優の画像をまとめました。

Read Article

【福山雅治】芸能人がタバコを吸ってる画像と銘柄まとめ!【藤原竜也 など】

【福山雅治】芸能人がタバコを吸ってる画像と銘柄まとめ!【藤原竜也 など】

俳優、女優、ミュージシャン、ジャニーズ、お笑い芸人とタバコを吸っている画像と愛煙している銘柄をまとめています。福山雅治や藤原竜也など人気芸能人ばかりなのでぜひ最後までご覧ください!福山雅治は、日本のシンガーソングライター、俳優。所属事務所はアミューズ。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。公式ファンクラブは「BROS.」。

Read Article

【MOZU】注目の刑事ドラマ!キャスト・あらすじなどをネタバレ解説【西島秀俊・長谷川博己など】

【MOZU】注目の刑事ドラマ!キャスト・あらすじなどをネタバレ解説【西島秀俊・長谷川博己など】

2014年の木曜ドラマ枠で放送された『MOZU』。原作は小説で、その内容がハードであることから「映像化は不可能」といわれ続けてきたのですが、様々な努力の甲斐あってついにドラマ化が実現!2014年注目の作品として大きな話題になりました。この記事では、そんな『MOZU』のキャスト陣やあらすじなどをネタバレありきで紹介していきます。まだ観ていない方は注意してくださいね!

Read Article

2014年下半期に結婚・離婚・熱愛・破局した芸能人まとめ【西島秀俊 など】

2014年下半期に結婚・離婚・熱愛・破局した芸能人まとめ【西島秀俊 など】

1年を通して話題に事欠かない芸能ニュース。結婚や離婚、熱愛に破局。芸能人達の浮世話が日々報道される。2014年もたくさんのニュースがありました。西島秀俊と一般人女性の結婚、辻仁成と中山美穂の離婚、竹野内豊と倉科カナの熱愛、新井浩文と二階堂ふみの破局。この記事では2014年の下半期に話題になった芸能人の恋バナに関する話題をまとめた。

Read Article

それは厳しくない!?芸能人の結婚条件のハードルが高すぎて話題【西島秀俊、中居正広 など】

それは厳しくない!?芸能人の結婚条件のハードルが高すぎて話題【西島秀俊、中居正広 など】

結婚とは人生の中でも特に大きなイベント。赤の他人だったパートナー同士が生涯を添い遂げるには、相手もそれなりに慎重に選びたいし、理想というものもある。ただその理想が高すぎるとなかなか結婚見つからないという事態に陥る。かと言って妥協して結婚相手を選べば、価値観の相違や生活時間のすれ違いから離婚を招くことになる。多忙な芸能人はパートナーの仕事への理解がなければ結婚も難しい。しかし西島秀俊や中居正広のように、逆に結婚条件のハードルが高すぎるのでは、という芸能人も多数存在している。

Read Article

NEW
庵野秀明が手掛ける「シン・ウルトラマン」が話題に!期待の声と共にエヴァの新作を望む声も!

庵野秀明が手掛ける「シン・ウルトラマン」が話題に!期待の声と共にエヴァの新作を望む声も!

2019年にウルトラマンシリーズの新作「シン・ウルトラマン」を、庵野秀明が手掛けることになり話題となった。特撮や細部にこだわったメカ造形を得意としている庵野が参加するとあって、ファンから期待の声が多く寄せられた。一方で彼が監督を務める「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズのファンからは、他作品に時間を取られている様子に「エヴァの新作はまだか」と待ち望む声も。

Read Article

目次 - Contents