サカナクション(Sakanaction)の徹底解説まとめ

2005年に北海道札幌市で結成されたロックバンド・サカナクションは、男3人、女2人の5人組バンド。
エレクトロニカやテクノ、ポップ、ロックといったジャンルを融合させた独特のサウンドが注目され、デビュー直後から大型野外フェスに出演するなど活躍を続け、2013年には紅白歌合戦にも出場を果たした。

ドラム担当。
知人の紹介でバンドに加入した。
様々なバンドからのオファーがあったが、山口の曲に心惹かれたことが決め手だった。

オリジナルアルバム

『GO TO THE FUTURE』

01. 三日月サンセット
02. インナーワールド
03. あめふら
04. GO TO THE FUTURE
05. フクロウ
06. 開花
07. 白波トップウォーター
08. 夜の東側

2007年にリリースされたデビューアルバム。
全国的には成功とは言い難い売上であったが、地元の北海道では、FM局でのヘヴィーローテーションの効果もあり、好評であった。

『NIGHT FISHING』

01. ワード
02. サンプル
03. ナイトフィッシングイズグッド
04. 雨は気まぐれ
05. マレーシア32
06. うねり
07. ティーンエイジ
08. 哀愁トレイン
09. 新しい世界
10. アムスフィッシュ

2008年にリリースされた2ndアルバム。
北海道を拠点として制作した最後のアルバムとなっている。
オリコンチャートは初登場53位を記録し、商業的にもまずまずの成功を収めた。

『シンシロ』

01. Ame (B)
02. ライトダンス
03. セントレイ
04. ネイティブダンサー
05. minnanouta
06. 雑踏
07. 黄色い車
08. enough
09. 涙ディライト
10. アドベンチャー
11. human

2009年にリリースされた3rdアルバム。
評論家たちの評価は賛否両論であったが、オリコン初登場8位を記録し、初のトップ10入りとなった。

『kikUUiki』

01. intro=汽空域
02. 潮
03. YES NO
04. アルクアラウンド
05. Klee
06. 21.1
07. アンダー
08. シーラカンスと僕
09. 明日から
10. 表参道26時
11. 壁
12. 目が明く藍色

2010年にリリースされた4thアルバム。
タイトルの『kikUUiki(きくういき)』は、海水と淡水が交わる水域である汽水域から作られた造語である。

『DocumentaLy』

01. RL
02. アイデンティティ
03. モノクロトウキョー
04. ルーキー
05. アンタレスと針
06. 仮面の街
07. 流線
08. エンドレス
09. DocumentaRy
10. 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
11. years
12. ドキュメント
13. ホーリーダンス Like a live Mix

2011年にリリースされた5thアルバム。
アップルが主催する「iTunes Rewind 2011」では、ベストミュージック部門・ベストアルバムを受賞している。

『sakanaction』

01. intro
02. INORI
03. ミュージック
04. 夜の踊り子
05. なんてったって春
06. アルデバラン
07. M
08. Aoi
09. ボイル
10. 映画
11. 僕と花
12. mellow
13. ストラクチャー
14. 朝の歌
15. 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』(Ks_Remix)

2013年にリリースされた6thアルバム。
オリコンチャートでは、初登場1位を記録した。シングル・アルバム通して、初めての1位獲得となった。

サカナクションの代表曲

アルクアラウンド

Fukuyama
Fukuyama
@Fukuyama

Related Articles関連記事

バクマン。(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

バクマン。(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『バクマン。』とは、大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

バクマン。の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

バクマン。の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

Read Article

バクマン。に登場する物語・作中作・劇中劇・連載まとめ

バクマン。に登場する物語・作中作・劇中劇・連載まとめ

『バクマン。』とは、原作・大場つぐみと作画・小畑健による少年漫画作品。2010年にNHK教育テレビにてアニメ化された。 絵の才能を持つサイコーこと真城最高(ましろ もりたか)と、文章に長けた秀才のシュージンこと高木秋人(たかぎ あきと)がコンビを組み、『週刊少年ジャンプ』で売れっ子の漫画家になるべく研鑽するサクセスストーリーだ。 作中では主人公たちが描く漫画の他に、多くのライバル、仲間たちが作り出す多種多様な漫画が登場する。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

チケット転売問題で声をあげる芸能人たち!「オリエンタルラジオ」中田敦彦やYOSHIKIなど

チケット転売問題で声をあげる芸能人たち!「オリエンタルラジオ」中田敦彦やYOSHIKIなど

本記事では深刻な社会問題にもなった「チケット転売問題」に関し、芸能人が次々と声明や転売対策案を発表しているという話題について、まとめて紹介している。「X JAPAN」のYOSHIKIや「サカナクション」の山口一郎など大物アーティストたちは「ミュージシャンとして許せるものではない」と強い口調で訴える。また「オリエンタルラジオ」の中田敦彦はブログで独自の転売対策を発表し大きな話題を呼んだ。

Read Article

【AKB48】四つ打ち音楽が紅白歌合戦を席巻!しかし賛否両論あり【サカナクション】

【AKB48】四つ打ち音楽が紅白歌合戦を席巻!しかし賛否両論あり【サカナクション】

「四つ打ち」という音楽用語をご存知でしょうか。これはバスドラムを同じ間隔とリズムで「ドン・ドン・ドン・ドン」と鳴らすことです。どうやら2013年の『NHK紅白歌合戦』では、この四つ打ち音楽がとっても多かったそう。純粋に番組を楽しみたい人がいる中で、「また四つ打ちか…」と批判的に見る声もあるようです。どう感じるかは完全に個人の好み。この記事で四つ打ち音楽の参考動画を載せているので、まぁ聴いてみてから判断してください。

Read Article

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

週刊少年ジャンプ連載作品で、2007年1号以降に終了した作品をすべて順に紹介します。『週刊少年ジャンプ』は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。

Read Article

50話以上のおすすめアニメまとめ!『鋼の錬金術師』『バクマン。』などその世界にガッツリ浸りたい人向け作品を紹介

50話以上のおすすめアニメまとめ!『鋼の錬金術師』『バクマン。』などその世界にガッツリ浸りたい人向け作品を紹介

ここでは、話数が50話以上の作品に限定しておすすめアニメをまとめている。「1クールでは物足りない」「もっとガッツリ世界観に浸りたい」という人向けの作品ばかりである。 紹介している作品の中には、錬金術の世界を中心にストーリーが展開する『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』や、原作・大場つぐみ、作画・小畑健による漫画を原作とした『バクマン。』などがある。

Read Article

2015秋公開の評価が高い映画ベスト7!図書館戦争やアントマンやバクマン。など大豊作!

2015秋公開の評価が高い映画ベスト7!図書館戦争やアントマンやバクマン。など大豊作!

超大作が公開される傾向にある夏と冬に対し、映画業界の閑散期に思われる秋。しかしシルバーウィークをはさんで公開される映画は、全体的に高評価の映画が多いのです!2015年の秋も『図書館戦争』の2作目や『バクマン。』、『アントマン』など洋画、邦画、アニメ映画で大豊作の年になりました。中でも評価の高い映画ベスト7をご紹介します!

Read Article

目次 - Contents