サカナクション(Sakanaction)の徹底解説まとめ

2005年に北海道札幌市で結成されたロックバンド・サカナクションは、男3人、女2人の5人組バンド。
エレクトロニカやテクノ、ポップ、ロックといったジャンルを融合させた独特のサウンドが注目され、デビュー直後から大型野外フェスに出演するなど活躍を続け、2013年には紅白歌合戦にも出場を果たした。

サカナクションのプロフィール

結成

2005年、北海道札幌市にて、山口と岩寺の二人組のユニットとして結成。
草刈、岡崎、江島の三人はサポートメンバーとして参加していた。
同年8月、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZOにイベンターの推薦で出演。
これを機にアルバムリリースに向け、録音を始める。

メジャーデビュー

2007年、アルバム『GO TO THE FUTURE』でメジャーデビュー。
また、これを機に、草刈、岡崎、江島が正式加入する。
同年からSUMMER SONIC、COUNTDOWN JAPAN 07/08に参加し、翌年には新人最多となる8本の野外フェスに参加するなど精力的に活動する。

人気バンドへ

2010年リリースのアルバム『kikUUiki』ではオリコンチャート初登場3位を記録。
さらには同年、初の日本武道館でのライブを行った。
2013年には、アルバム『sakanaction』がオリコンチャート1位を記録し、年末には紅白歌合戦に初出場するなど、名実ともに人気バンドとなった。

サカナクションのメンバー

山口一郎

ヴォーカル・ギター担当。
バンドの楽曲の作詞と作曲をほとんど行っている。
俳句や詩を好んでおり、文学性の高い歌詞のルーツとなっている。

岩寺基晴

ギター・コーラス担当。
バンド結成当時からのメンバー。
結成前はヴォーカルの山口と「ダッチマン」というバンドを組んでいた。

草刈愛美

ベース・コーラス担当。
他のメンバーは北海道出身だが、唯一の東京出身。
2015年に第一子を出産した。

岡崎英美

キーボード・コーラス担当。
ヴォーカルの山口とはバイト先で知り合いとなり、バンドに加入した。

江島啓一

Fukuyama
Fukuyama
@Fukuyama

Related Articles関連記事

バクマン。(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

バクマン。(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『バクマン。』とは、大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

バクマン。の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

バクマン。の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

Read Article

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

週刊少年ジャンプ連載作品で、2007年1号以降に終了した作品をすべて順に紹介します。『週刊少年ジャンプ』は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。

Read Article

目次 - Contents