スラムダンク名勝負「湘北 vs. 山王工業」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「湘北 vs. 山王工業」とは、高校バスケットボールを題材とした『SLAM DUNK』で描かれた同作最後の試合で、インターハイ全国大会2回戦の1つ。
主人公桜木花道が所属する湘北高校と、“高校最強”の名をほしいままにする優勝候補筆頭の山王工業高校が対決するという内容で、熱く清々しくも壮絶な展開で知られる。スポーツ漫画史上に残る名勝負として名高く、作者井上雄彦も「これ以上のものは描けない」と断言している。2022年にはこの試合部分のみがアニメ映画化され、その高いクオリティが改めて注目された。

『SLAM DUNK』(スラムダンク)の概要

『SLAM DUNK』(スラムダンク)とは、バスケットボール(以下バスケ)に打ち込む少年たちの成長と活躍を描いた、井上雄彦による漫画作品。
分かりやすくも迫力ある描写、魅力的なキャラクターと彼らが織り成すドラマが高く評価され、連載当時ややマイナーなスポーツだったバスケの競技者人口を爆発的に増加させる一因となる。その人気は日本国内に留まらず、特にアジアでは熱狂的なファンを多数獲得し、アジア人NBAプレイヤーの登場にも大きな影響を及ぼした。

不良少年桜木花道(さくらぎ はなみち)は、一目惚れした赤木晴子(あかぎ はるこ)という少女に「才能がある」と褒められたことから、彼女の気を引きたい一心でバスケ部に入部する。
当初は身体能力に任せた雑なプレイに終始していた花道だったが、晴子の兄で部長の赤木剛憲(あかぎ たけのり)や同学年のスーパープレイヤー流川楓(るかわ かえで)といった仲間たちに技術を叩き込まれ、あるいは触発されて次第にその才能を開花。同時に「バスケ好きの晴子を振り向かせたい」と思って始めたバスケに夢中になり、1人のバスケットマンとしても成長を遂げていく。

renote.net

インターハイ2回戦「湘北高校 vs. 山王工業高校」の試合について

「湘北高校 vs. 山王工業高校」とは、『SLAM DUNK』でインターハイ全国大会2回戦の1つとして描かれた、同作最後の試合である。
主人公花道が所属する湘北高校と、“高校最強”の名をほしいままにする優勝候補筆頭の山王工業高校が対決するという内容で、熱く、清々しく、双方が死力を尽くす壮絶な展開で知られる。

スポーツ漫画史上に残る名勝負として高く評価されており、作者井上雄彦も「これ以上のものは描けない」と断言している。2022年にはこの試合部分が新たなエピソードを追加する形でアニメ映画化され、その高いクオリティに改めて注目が集まることとなった。

renote.net

インターハイ2回戦「湘北高校 vs. 山王工業高校」の試合までの経緯・因縁

部員同士の揉め事を乗り越え、幾多のライバルを打ち倒し、ついに神奈川県代表として初のインターハイ全国大会出場を果たした湘北高校。1回戦を順調に勝ち抜き勢いに乗る彼らだったが、次の対戦校が優勝候補筆頭の山王工業高校だと知って主だった部員たちは顔色を変える。素人に毛が生えた程度の選手である花道は知らなかったが、山王工業高校こそは高校バスケ界最強の存在として長年君臨している王者だった。

その山王工業高校は、河田雅史(かわた まさし)、深津一成(ふかつ かずなり)、沢北栄治(さわきた えいじ)といった超高校級のスーパープレイヤーを擁しながらまったく油断しておらず、シードとして臨む湘北高校との初戦に向けて入念な準備を進めていた。仮想湘北高校としてOBとの試合をこなし、同校の監督である堂本五郎(どうもと ごろう)と共に試合の映像を見て弱点を分析していく。
そんな山王工業高校のエースである沢北は、インターハイ後にアメリカバスケ界へ挑戦することを決めていた。その準備としてやれるだけのことは全てやり尽くしたと判断した沢北は、大会前に山奥の神社に赴いて「もしまだ自分に日本でやり残したことがあれば、それを学ばせてください」と神頼みしていた。

この頃、湘北高校の選手たちも山王工業高校の試合の映像を確認していた。今は亡き兄に“打倒山王工業高校”を誓っていた宮城リョータ(みやぎ リョータ)も「あんな連中に勝てるのか」との不安に駆られ、それを払拭するようにランニングに出発。そこで想いを寄せるマネージャーの彩子(あやこ)から発破をかけられ、ようやく「やれるだけやってやる」と覚悟を固める。一方、映像を何度も確認していた同校の監督である安西光義(あんざい みつよし)は、一晩かけてわずかな勝機を見出す。
試合当日、安西は硬くなっていた花道や宮城、3Pシュートの名手三井寿(みつい ひさし)の緊張をほぐし、万全の状態で試合に臨めるよう取り計らう。主将である赤木剛憲(あかぎ たけのり)、エースの流川楓(るかわ かえで)もそれぞれに準備を整え、ついに湘北高校と山王工業高校の試合が始まる。

インターハイ2回戦「湘北高校 vs. 山王工業高校」の試合展開・流れ

試合序盤の展開

試合は湘北高校側の奇襲から始まった。相手の準備が整わない内にまず驚かせてやろうと花道と宮城が計画していたもので、これは見事に成功する。しかし山王工業高校の選手たちは慌てず騒がず反撃に転じ、あっという間に同点に追いつく。
奇襲が思っていたような効果を上げなかったことで、湘北高校側は慎重に攻めていかざるを得なくなる。対する山王工業高校もまずは相手の力を測るように試合を進めて、しばらくは落ち着いた展開が続く。

しかし、徐々に山王工業高校側の仕掛けが功を奏していく。三井がスタミナに難があることを見抜いた山王工業高校は、彼に一ノ倉聡(いちのくら さとし)というディフェンスのスペシャリストをぶつけて体力を消耗させる作戦に出ていた。三井はこれを振り切ろうと動き回り、攻防両面で活躍するも、その代償に山王工業高校側の思惑通りスタミナを激しく消耗する。
日本一の選手を目指す流川は、現在その称号をほしいままにしている沢北に挑み、相手の不意を衝く形で何度か突破に成功。河田や深津から「エースが何をやってる、反省しろ」と言われて一時ベンチに下がらせられた沢北だったが、これが流川への闘志を燃やす結果となった。本気になった沢北は暴れ回り、流川に赤木や花道が協力してもなお止められない怪物ぶりを発揮する。

大黒柱と未完の大器

試合が進むに従い、両チームの顕著な違いとして表れ始めたのが、チームの大黒柱として機能するセンターの実力差だった。湘北高校のセンターである赤木は間違いなく全国クラスの選手だったが、山王工業高校の河田は「今のままでも大学で3本の指に入る」と評価されるほどの力の持ち主で、さらにセンター以外のポジションにおいても全国屈指の技術を持つオールマイティーな名選手だった。
センターとしての実力で上回り、他のポジションとしての役目もこなせる河田を相手に、赤木は「住む世界が違う」と戦慄。これまでチームを支えてきた自負から必死に食い下がるも、その都度力の差を見せつけられる結果に終わり、焦りを募らせていく。

このタイミングで山王工業高校側が動き、河田美紀男(かわた みきお)という1年生選手が出場を果たす。美紀男は河田の弟で、高校1年生にして210センチという規格外の巨体を持っていた。おとなしい性格の美紀男だったが、そのすさまじいフィジカルは止めるに止められず、ゴール下に構えてシュートを連発。得点を重ねていく。
しかし、自身もバスケ経験の薄い花道が、「この男はゴール下以外では何もできない、どうすればいいのかも教わっていない」と見抜き、美紀男をゴール下から引き剥がす作戦に出る。果たしてこの推測は当たっており、美紀男は花道に翻弄され、ベンチに下がることとなる。

山王工業高校の猛攻と素人の決意

後半開始と共に、湘北高校の力をおおよそ見切った堂本は、選手たちに総攻撃を仕掛けるよう指示。赤木が河田に封じられ、消耗した三井は満足に動けず、流川も沢北に押さえられ、湘北高校はろくな抵抗もできないまま得点を取られ続けてあれよあれよという間に20点以上の大差をつけられる。
湘北高校の選手たちの間にも諦めの空気が広がり、会場に偵察に来ていた他校のバスケ部関係者も多くが「勝負あった」と判断して引き上げていく中、安西だけはまだ「勝てる」と考えていた。花道をベンチに下げると、彼は昨晩見つけた勝利の秘策を彼に授ける。それは「花道が攻防双方のリバウンドを征することで、山王工業高校の攻め手を封じて湘北高校の攻撃のチャンスを生み出す」というものだった。

リバウンドとは「シュートに失敗したボールを空中にある内にジャンプして回収する」というテクニックで、花道はこれを得意技にしていた。ベンチの部員たちからも「必ずリバウンドを取ってくれ」と勝利への願いを託された花道は、「ヤマオー(山王)は俺が倒す」と会場中に宣言して試合に戻る。
ここから花道はその恐るべき身体能力と無尽蔵のスタミナを発揮して縦横無尽の活躍を見せ、さらにその潜在能力を目覚めさせていき、ついには山王工業高校のリバウンドのスペシャリストを完全に上回る。花道が確保したボールが湘北高校の攻撃陣に渡ることで、彼らは徐々に反撃の体勢を整えていった。

赤木への助っ人と花道のアクシデント

ここに至ってもなお、赤木は河田に勝とうと足掻いていた。彼が河田に押さえられることで、湘北高校に生まれ始めていた良い流れが途中で留まることになっていたが、ここに神奈川で赤木のライバルとして活躍した魚住純(うおずみ じゅん)が応援に駆け付ける。
魚住はわざわざコート際まで近づいて、倒れた赤木に「お前に河田のような華麗なプレーができるものか」と指摘。たとえ相手が自分より強くても、チームとして戦えばいいのだとのアドバイスを送る。これにより赤木は「自分が河田に勝てなくても、少しでも河田の足止めをして仲間を活かせばいい」という方向に考え方をシフトチェンジし、ここに湘北高校の反撃の準備が整う。

体力が尽きてなおボールを待ち続け、3Pシュートを決めていく三井。「今はまだ1on1では勝てない」と認め、パスを交えて選択肢の幅を広げることで沢北に対抗する流川。反撃に転じる湘北高校の動きを見た堂本は、その起点となっているのが花道だと気付き、彼に河田をマンツーマンでマークさせるという手を打つ。花道の身体能力は河田すら唸らせるほどのものだったが、彼は「直接リバウンド勝負したら危ないから、花道をジャンプさせないようにしてボールを回収する」という方法でこれを封じる。しかしこの選択は河田をある程度花道に釘付けにすることにもつながり、宮城のドリブルなどを用いて湘北高校は攻勢を維持する。
しかし、ここでボールを追ってコート外の机に激突した花道が背中を負傷。河田からも「無理をするな」と案じられるほどの怪我で、激痛のあまり花道はコートの中で倒れてしまう。反撃の要だった花道を失い、湘北高校の命運はいよいよ尽きたかと思われた。

最後の攻防

花道はベンチに運び込まれ、交代要員が代わりに出場。彼の怪我は「選手生命にも関わるのではないか」とチームメイトたちが案じるほどのもので、朦朧としながらそれを聞いた花道は「もうバスケができないのか」と愕然とする。
あまりにハチャメチャで、あまりに濃密な、たった数ヶ月のバスケ人生を走馬灯のように振り返る中、花道が最後に思い浮かべたのはバスケを始めるきっかけとなった、晴子の「バスケットはお好きですか?」との問いかけだった。この時、花道は一目惚れした晴子の気を引きたい一心で「大好きです」と即答したが、いつしかバスケというスポーツに夢中になっていた彼の心の中には同じ言葉で別の答えが宿っていた。

観客席にいた晴子や花道の友人たちも、彼を心配して湘北高校のベンチまで下りてきていた。花道はやおら起き上がり、晴子に向けて「大好きです。今度は嘘じゃないっす」との言葉を告げる。「今が俺の全盛期なんだよ」と言い張って止めようとする安西を強引に説き伏せると、花道は怪我を押して試合に復帰する。
赤木たち湘北高校の選手たちばかりか河田も案じる中、花道は痛みを堪えて最後の攻防に参加。三井の3Pシュートで得点を重ねた湘北高校は、ついに圧倒的な大差を覆し、山王工業高校を追い詰める。

インターハイ2回戦「湘北高校 vs. 山王工業高校」の試合結果・結末

いよいよ追い詰められた山王工業高校の選手たちだったが、なお精神的に崩れるようなことはなく、全力で湘北高校を叩き潰そうと攻勢をかける。一進一退の攻防の末、残り数秒でシュートを決めて、これで勝負アリかと思われた。
しかしこの時、敵からも味方からも“もはや動ける状態にない”として半ば無視されていた花道だけは諦めずに駆け出していた。怪我を押して勝利のために戻ってきた花道がまだ戦おうとしているのに、湘北高校の選手たちが敗北を受け入れるわけにはいかない。三井が必死に足を動かし、赤木が、宮城が、流川が躍動する。

それでも追いついた河田、深津、沢北がよってたかって流川のシュートコースを塞ぎ、このままタイムアップを待つしかないと思われたその時、“怪我でまともに動けない”と目されていたからこそフリーで動くことができた花道が、1人ゴール横に佇んでパスを要求。気付いた流川がパスを出し、これを受け取った花道がシュートを放つと、ボールは見事にゴールネットを揺らす。同時にタイムアップのブザーが鳴り試合は終了、79対78で湘北高校が奇跡の大逆転勝利を収めた。
湘北高校の選手たちがそれぞれに歓喜する中、亡き兄に誓った“打倒山王工業高校”を果たした宮城は、感極まって絶叫するように声を張り上げた。

インターハイ2回戦「湘北高校 vs. 山王工業高校」の試合による影響

優勝候補筆頭と目されていた山王工業高校の初戦敗退は高校バスケ界に衝撃を与え、湘北高校は一気に注目される存在となる。しかしこの試合で力を使い果たし、重要な戦力である花道を欠くこととなった湘北高校は、次の3回戦で呆気なく敗退した。
インターハイ後、赤木を始めとする3年生の選手たちの多くは引退を表明。宮城を新たな主将とする新体制がスタートする。花道はしばらくの間怪我の治療のためリハビリに専念することとなり、流川はインターハイでの活躍が認められて全日本ジュニアの合宿に招かれる。挑発なのか、“悔しかったら早く帰ってこい”という激励なのか、流川から全日本のユニフォームを見せられた花道は「とっとと怪我を治してあんなヤツすぐに追い抜いてやる」と歯噛みする。

まさかの敗退を喫した山王工業高校の選手たちの落胆は大きかったが、選手として強靭なメンタルを持つ彼らはそれぞれに敗北を受け入れ、新たな道を歩み始める。特に悔しがった内の1人が河田で、「負けは負けとして仕方がないが、このままではいられない」と美紀男と共に特訓に励んでいる。
沢北は予定通りバスケ留学のために渡米。奇しくも事前に神頼みした通り、彼がこれまでに経験したことがなかった“敗北”を最後に味わうこととなった。

インターハイ2回戦「湘北高校 vs. 山王工業高校」の試合戦術

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

SLAM DUNK(スラムダンク)のネタバレ解説・考察まとめ

SLAM DUNK(スラムダンク)のネタバレ解説・考察まとめ

『スラムダンク』とは1990年から96年に『週刊少年ジャンプ』にて連載された井上雄彦によるマンガ作品である。不良高校生だった主人公・桜木花道は、一目惚れした赤木晴子の勧めでバスケ部に入部する。素質はあるものの初心者の桜木は、元々の破天荒な性格から予想外のプレーで周囲を驚かせるが、リーダーの赤木やチームメイトと共に全国制覇を目指し、バスケットマンとして成長していく。

Read Article

SLAM DUNK(スラムダンク)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

SLAM DUNK(スラムダンク)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『SLAM DUNK』(スラムダンク)とは、湘南高校のバスケットボール部が全国制覇を目指していく日々を描いた、井上雄彦による漫画作品である。 湘北高校に入学した不良少年・桜木花道は、一目惚れした女の子目当てにバスケ部に入る。不純な動機でバスケを始めた花道だが、次第にバスケにのめり込み、天性の才能を開花させていく。 各キャラクターに個性があり、それぞれに悩みの種がある。思春期ならではの複雑な感情や全国を目指すメンバー同士のぶつかり合いは、性別や年齢を越えて心に刺さるセリフを数多く残している。

Read Article

山王工業高校(SLAM DUNK)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

山王工業高校(SLAM DUNK)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

人気漫画『SLAM DUNK』(スラムダンク)に登場する秋田県代表の山王工業高校バスケットボール部は、物語のラスボス的位置付けにあるチームで、“高校最強”の肩書きにふさわしいバックボーンを持つ選手たちが多く存在している。 体の成長に合わせて様々なポジションを経験し、その全てで結果を残してきた河田雅史。強敵を求め続ける高校最強のバスケプレイヤー沢北栄治。誰もが音を上げた厳しい練習をただ1人耐え抜いた一之倉聡。ここでは、山王工業の選手の中でも特に壮絶な過去を持つキャラクターを紹介する。

Read Article

ジャンプの歴代ヒロインまとめ

ジャンプの歴代ヒロインまとめ

日本でもっとも発行部数の多い漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』は、人気でも知名度でも漫画という文化の頂点に位置する存在であり、幾多の傑作を生み出してきた。少年漫画であるだけにほとんどの作品の主人公は男性キャラクターだが、彼らを盛り立てるヒロインもまた魅力的な造形の人物ばかりである。 大人に子供、主人公に守られるだけの存在から共に戦う相棒、正規のヒロインを蹴散らして主人公と結ばれた者、“少年漫画”の常識を超えたヒロインかつ女性主人公というタイプ。ここでは、ジャンプ作品を彩ったヒロインたちを紹介する。

Read Article

豊玉高校(SLAM DUNK)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

豊玉高校(SLAM DUNK)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

人気漫画『SLAM DUNK』(スラムダンク)に登場する大阪府代表の豊玉高校バスケットボール部には、前監督の北野を巡る恩と憧れ、執念と憎悪という根深い人間関係が存在する。 北野を敬愛し、彼に帰ってきてほしい一心でひたすらに勝利を求め、ついにはラフプレイに走り始める南烈や岸本実理ら部員たち。学校側から成果を求められて苦悩し、自分に従わない部員たちに戸惑い、彼らを憎み、しかし見放すことだけはできない新監督金平。ここでは、豊玉高校の関係者の中でも特に壮絶な過去を持つキャラクターを紹介する。

Read Article

スラムダンク名勝負「湘北 vs. 豊玉」戦のネタバレ解説・考察まとめ

スラムダンク名勝負「湘北 vs. 豊玉」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「湘北 vs. 豊玉」とは、高校バスケットボールを題材とした『SLAM DUNK』で描かれた、インターハイ全国大会1回戦の試合の1つ。 主人公桜木花道が所属する湘北高校と、攻撃特化の姿勢で知られる大阪代表の豊玉高校が対決するという内容であり、試合前から火花を散らしラフプレイが連発する激しい展開となった。初の全国大会出場ということもあって湘北の選手たちが緊張する一方、豊玉高校側は恩師のために是が非でも勝利を手に入れようと破滅的なドラマを繰り広げ、そこから再起する様が話題となった。

Read Article

翔陽高校(SLAM DUNK)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

翔陽高校(SLAM DUNK)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

人気漫画『SLAM DUNK』(スラムダンク)に登場する翔陽高校のバスケットボール部は、「監督不在」というハンデを部員たちが力を合わせて補っており、それ自体が1つのドラマとしてキャラクターの魅力を際立たせている。 エースとして活躍するも、そのせいで相手チームのラフプレイの対象となり傷を負った藤真健司。少しでも主将の負担を減らそうと奮闘する花形透。チームのため己を変えるために過去の強敵に挑む長谷川一志。ここでは、翔陽高校の関係者の中でも特に壮絶な過去を持つキャラクターを紹介する。

Read Article

海南大附属高校(SLAM DUNK)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

海南大附属高校(SLAM DUNK)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

人気漫画『SLAM DUNK』(スラムダンク)に登場する海南大附属高校は、自他共に神奈川県最強と認めるバスケットボール強豪校であり、そこに所属する者たちも様々なドラマを持っている。 神奈川県最強の選手と呼ばれつつも少年らしい悩みを抱える牧真一。才能が無いとはっきり言われてなお己を磨き続けた神宗一郎。いつ来るとも分からない出番のために研鑽を重ねた宮益義範。学生時代の因縁を今も引きずり、ライバルに闘志を燃やす高頭力。ここでは、海南高校の関係者の中でも特に壮絶な過去を持つキャラクターを紹介する。

Read Article

湘北高校(SLAM DUNK)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

湘北高校(SLAM DUNK)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

人気漫画『SLAM DUNK』(スラムダンク)に登場する湘北高校は、主人公桜木花道(さくらぎ はなみち)が通う神奈川県の高校であり、壮絶な過去を抱えながらバスケットボールへの情熱を燃やすキャラクターが多く存在している。 父を救えなかったことを悔いる桜木花道。情熱のまま突き進み周囲を傷つけた赤木剛憲。挫折と自身への失望の末に迷走して時間を無駄にし続けた三井寿。誰よりも目にかけていた教え子を死なせてしまった安西光義。ここでは、湘北高校の関係者の中でも特に壮絶な過去を持つキャラクターを紹介する。

Read Article

陵南高校(SLAM DUNK)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

陵南高校(SLAM DUNK)の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

人気漫画『SLAM DUNK』(スラムダンク)に登場する陵南高校は、神奈川県屈指のバスケットボール名門校であり、物語序盤から強力なライバルとして強い存在感を発揮した。同校の選手たちも深堀りされており、それぞれが壮絶な過去を持っている。 天才選手として持て囃されながら、かつて自分を超える天才に敗れた仙道彰。才能の無さを嘆き、なおバスケへの情熱を捨てられない魚住純。パワハラに反抗した末にプレイする場所を失った福田吉兆。ここでは、陵南高校の関係者の中でも特に壮絶な過去を持つキャラクターを紹介する。

Read Article

SLAM DUNK(スラムダンク)の湘北高校まとめ

SLAM DUNK(スラムダンク)の湘北高校まとめ

湘北高校(しょうほくこうこう)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)に登場する、物語の主人公桜木花道が通う神奈川の県立高等学校。 高校バスケの激戦区である神奈川県においては弱小校と見なされており、実際に創設以来バスケ部が全国大会に出場したことは1度もない。しかし作中では主将の赤木剛憲を中心に実力者がようやくそろい、ダークホースとしてインターハイ神奈川県予選を掻き乱していく。学校の外観のモデルとなったのは、東京都にある都立武蔵野北高等学校だとされている。

Read Article

SLAM DUNK(スラムダンク)の山王工業高校まとめ

SLAM DUNK(スラムダンク)の山王工業高校まとめ

山王工業高校(さんのうこうぎょうこうこう)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)に登場する、高校バスケ界において「最強」や「王者」の名をほしいままにする強豪校。 オールラウンダーの河田雅史、司令塔の深津一成、高校No.1プレイヤーの沢北栄治など、歴代のチームの中でも特に優れた選手をそろえ、優秀候補の最右翼と目される。インターハイ2回戦で主人公桜木花道が所属する湘北高校と激突し、その恐るべき力を存分に見せつけるも、花道たちの奮戦により衝撃的な敗北を喫する。

Read Article

SLAM DUNK(スラムダンク)の豊玉高校まとめ

SLAM DUNK(スラムダンク)の豊玉高校まとめ

豊玉高校(とよたまこうこう)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)に登場する、高校バスケの世界ではその名を知られた大阪の強豪校。 前監督の北野を敬愛する南烈や岸本実理といった主力選手たちと、北野以上の成績を出すことを学校側から命じられた現監督の金平との間に深刻な溝を抱えている。「北野の戦術の強さと正しさを証明する」ためだけに邁進する南たちは、勝つために有効だとしてラフプレイを繰り返すようになっており、他校の選手たちから警戒されている。インターハイ全国大会1回戦で湘北高校と激突する。

Read Article

SLAM DUNK(スラムダンク)の海南大附属高校まとめ

SLAM DUNK(スラムダンク)の海南大附属高校まとめ

海南大附属高校(かいなんだいふぞくこうこう)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)に登場する、「神奈川の王者」と呼ばれるバスケ強豪校。 その実力は高く評価され、全国屈指のレベルにある。個々の才能ではなくチームとしての連携と総合力を重視し、猛練習によってそれを支えている。エースの牧紳一、全国クラスの3Pシューター神宗一郎、スーパールーキー清田信長、練習を重ねベンチメンバーとなった宮益義範など優れた選手をそろえ、神奈川県最強のバスケ校として主人公桜木花道と湘北高校の前に立ち塞がった。

Read Article

SLAM DUNK(スラムダンク)の陵南高校まとめ

SLAM DUNK(スラムダンク)の陵南高校まとめ

陵南高校(りょうなんこうこう)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)に登場する、神奈川県屈指のバスケ強豪校。 主将の魚住純、エースの仙道彰、点取り屋の福田吉兆など、監督の田岡茂一が課す猛練習に耐え抜いたハイレベルな選手たちが集う。高い実力とそれに見合う評価を受けてはいるが、未だインターハイ予選を勝ち抜いた経験は無く、今年こそ悲願の初の全国大会出場を果たそうと奮戦。その最後の切符を賭けて、主人公桜木花道が所属する湘北高校と壮絶な試合を繰り広げた。

Read Article

SLAM DUNK(スラムダンク)の翔陽高校まとめ

SLAM DUNK(スラムダンク)の翔陽高校まとめ

翔陽高校(しょうようこうこう)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)に登場する、神奈川県の双璧とされるバスケ強豪校。 花形透や長谷川一志といった高身長の選手が多いことが特徴。「監督がいない」という問題を抱えており、エースにして中心選手の藤真健司が最初から試合に出られないことをチームの弱みとしている。「神奈川の王者」と呼ばれる海南大附属高校に次ぐ高い評価を受けており、「打倒海南」を目標にインターハイ地区予選に参加。主人公桜木花道が所属する湘北高校と負傷者も出る激しい試合を繰り広げた。

Read Article

沢北栄治(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

沢北栄治(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

沢北栄治(さわきた えいじ)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、秋田県代表にしてインターハイ優勝候補筆頭とされる山王工業高校バスケットボール部のエースプレイヤー。 誰もが認める高校バスケ界最高の天才児。根っからのバスケ狂で、子供の頃から父の沢北哲治とバスケ勝負に興じ、アメリカへのバスケ留学の準備を進めている。山王工業バスケ部の中でもその実力は高く評価されているが、一方で精神的にはまだ隙があり、先輩たちからそれを注意されることもしばしばである。

Read Article

深津一成(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

深津一成(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

深津一成(ふかつ かずなり)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、秋田県代表にしてインターハイ優勝候補筆頭とされる山王工業高校バスケットボール部のレギュラー。 常に冷静沈着で、何があっても滅多に動じない強靭な精神の持ち主。一方で高校生らしい遊び心はしっかり持っており、「べし」や「ピョン」など語尾に様々な言葉をつけて楽しんでいる。バスケ選手としてはチームの司令塔として機能し、自らが中心となって攻めることもできれば周囲を活かした攻撃も得意なオールラウンダーである。

Read Article

仙道彰(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

仙道彰(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

仙道彰(せんどう あきら)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、神奈川県屈指の強豪として知られる陵南高校バスケットボール部のエース。 常にクールで飄々としているが、内にバスケへのストイックな情熱を宿す少年。自分本位でマイペースのように見えて責任感が強く、チームの勝利のために力を尽くす。バスケットマンとしての実力は県内でも1、2を争うほどのもので、湘北高校の天才ルーキー流川楓からは「超えるべき壁」と意識されている。自身も彼を強敵と認め、様々な形で対戦する。

Read Article

水戸洋平(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

水戸洋平(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

水戸洋平(みと ようへい)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、主人公桜木花道を中心とする桜木グループの一員。 上級生の不良たちからも一目置かれるケンカ上手で、中学の頃は桜木軍団の仲間たちとケンカに明け暮れていた。しかし自身は不良というわけではなく、穏やかで理知的な人柄でクラスメイトたちからも頼られている。好きな女の子と近づきたい一心でバスケを始め、次第に選手として成長すると共にその魅力にのめり込んでいく花道を見守り、応援する。

Read Article

河田美紀男(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

河田美紀男(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

河田美紀男(かわた みきお)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、秋田県代表にしてインターハイ優勝候補筆頭とされる山王工業高校バスケットボール部の1年生。 高校バスケ界屈指のオールラウンダーである河田雅史の弟で、この歳にして210cmという巨体の持ち主。その将来性に期待されてベンチ入りするも、バスケ選手とすればまだ未熟で、ゴール下で戦うための技術しか修得していない。インターハイで自身と同じく素人同然の選手だった桜木花道と対戦し、その技術の拙さを見抜かれ、翻弄される。

Read Article

宮城ソータ(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

宮城ソータ(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

宮城ソータ(みやぎ ソータ)とは、『THE FIRST SLAM DUNK』(ザ・ファーストスラムダンク)の登場人物で、同作の主人公である宮城リョータの兄。 父亡き後の宮城家を自分の手で支えようと奮闘する、優しくて頼りがいのある少年。ミニバスケットボールの選手として活躍し、いつか高校バスケ界最強と呼ばれる山王工業高校を倒すことを夢見ていた。リョータにとっても憧れの兄だったが、12歳にして海難事故で命を落とす。彼の死は宮城家に暗い影を落とし、その夢を代わりに果たすべくリョータは奮闘していく。

Read Article

藤真健司(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

藤真健司(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

藤真健司(ふじま けんじ)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、神奈川県屈指の強豪として知られる翔陽高校バスケットボール部に所属する3年生。 コートの外はクールだが、試合では闘志を剥き出しにする、総合力に長けた優秀で勇敢なプレイヤー。翔陽高校には監督業ができる人間が不在なため、普段は自身がそれを兼任しており、「自分が入らないと勝てない」と判断した時だけ選手として試合に出る。去年のインターハイ全国大会で、豊玉高校の南烈により負傷し、その時の傷がまだ額に残っている。

Read Article

神宗一郎(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

神宗一郎(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

神宗一郎(じん そういちろう)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、「神奈川の王者」の異名で知られる海南大学附属高校バスケットボール部に所属する2年生。 常に冷静で言動も穏やかだが、バスケに対しては並みならぬ情熱を持つ。入学当初はセンターだったが、監督の高頭力から「素質が無い」と諭され、一時はベンチ入りからも遠ざかる。しかし1日に500本のシュート練習によって3Pシューターとしての才能を開花させ、海南高校のスターティングメンバーの座をつかみ取った。

Read Article

宮城リョータ(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

宮城リョータ(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

宮城リョータ(みやぎ リョータ)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、湘北高校バスケットボール部に所属する2年生。 スピードを武器とする切り込み役で、ボールを敵陣に運び攻撃の起点となる存在。バスケの選手としては背が低く、シュートも不得意と弱点は多いが、チームメイトのコンディションに合わせてプレイスタイルを変える聡明さを持つ。マネージャーの彩子に惚れており、バスケに打ち込む理由の何割かは彼女に振り向いてほしいからだが、今のところいい返事はもらえていない。

Read Article

流川楓(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

流川楓(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

流川楓(るかわ かえで)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、湘北高校バスケットボール部の1年生エース。 スピード、テクニック、得点感覚に精神力と、バスケットボールの選手として求められるあらゆる能力に長けたオールラウンダー。一方的にライバル視してくる桜木花道を含め、その実力は同校のバスケ部の誰もが認めている。さらなる高みを目指す飽くなき向上心の持ち主だが、それを別にすればマイペースを極めた唯我独尊な少年で、自分のプレイ以外にはほとんど興味を示さない。

Read Article

THE FIRST SLAM DUNK(スラムダンク映画)のネタバレ解説・考察まとめ

THE FIRST SLAM DUNK(スラムダンク映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『THE FIRST SLAM DUNK』(ザ・ファースト・スラムダンク)とは、井上雄彦の漫画『SLAM DUNK』を原作とする、2022年に公開されたアニメ映画。『SLAM DUNK』のキャラクターである宮城リョータを主人公に据え、原作で最後の試合となった山王工業との一戦を描いている。 インターハイ2回戦に進出した神奈川県代表の湘北高校は、優勝候補筆頭の山王工業との試合に臨む。リョータにとって「山王工業を倒すこと」は、仲間たちと夢見た全国制覇に必須の大仕事にして、今は亡き兄の悲願でもあった。

Read Article

堀田徳男(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

堀田徳男(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

堀田徳男(ほった のりお)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、主人公桜木花道が通う湘北高校の不良たちのリーダー。 無骨な顔立ちに大柄で屈強な体格と、見るからに迫力のある少年。不良たちのリーダーなだけのことはあり、常に周囲を威圧し、暴力を振るうことへの抵抗感も薄い。一方で友情に厚く、身内と認めた相手には親身に接する。不良仲間にして友人の三井寿と共にバスケ部を襲撃するが、それが彼のバスケへの未練からの行動であることを知ると部に復帰するよう勧め、彼を応援し続けた。

Read Article

谷沢龍二(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

谷沢龍二(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

谷沢龍二(やざわ りゅうじ)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、かつて大学バスケットボール界で天才として注目された選手。物語開始時点で故人。 日本人離れした2メートルの長身に優れた運動能力の持ち主で、大学バスケ界屈指の名将と呼ばれた安西光義に「日本一の選手になれる」と期待される。しかしその安西の課す地味な練習に嫌気が差し、逃げ出すようにアメリカへとバスケ留学を決め、挫折した末に自殺に近い形で事故死した。安西の「まるで成長していない…」のシーンで有名なキャラクター。

Read Article

森重寛(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

森重寛(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

森重寛(もりしげ ひろし)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、インターハイ愛知県代表の名朋工業高校バスケットボール部に所属するスーパールーキー。 バスケの経験は中学2年生の夏からとまだ浅いが、1年生ながら2メートル近い巨体の持ち主で、その上で並外れた運動神経を併せ持つ。その才能と実力は驚くべきものがあり、全国クラスの選手である愛和学院高校の諸星大を圧倒し、そのままチームを勝利に導いている。全国大会でも活躍するが、作中では特にそれが描かれることはなかった。

Read Article

三井寿(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

三井寿(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

三井寿(みつい ひさし)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、湘北高校バスケットボール部に所属する3年生。 3Pシュートを得意とするオールラウンダーだが、ブランクのためスタミナには問題を抱える。中学生の頃に神奈川県MVPに選ばれるほどの選手として活躍し、恩人でもある安西光義が監督を務める湘北高校バスケ部に入部。しかし怪我と擦れ違いの末にバスケ部を去り、不良仲間と共にバスケ部と敵対するに至った。紆余曲折の末にバスケ部に復帰し、以降はチームの一員として活躍する。

Read Article

牧紳一(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

牧紳一(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

牧紳一(まき しんいち)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、「神奈川の王者」の異名で知られる海南大学附属高校バスケットボール部の主将。 貪欲に勝利を求め、「怪物」とも称される神奈川最強のプレイヤー。コートの中ではそのカリスマとリーダーシップを発揮して王者のごとく振る舞うが、試合を離れれば意外と面倒見の良いところを発揮する。趣味はサーフィンで、肌が浅黒いのはそれが理由。老け顔であることを気にしており、作中でそれを指摘された時はムキになって反論していた。

Read Article

安西光義/安西先生(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

安西光義/安西先生(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

安西光義/安西先生(あんざい みつよし/あんざいせんせい)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、湘北高校バスケットボール部の監督。 でっぷりとした初老の紳士で、性格は至って温厚。かつては大学バスケ界で鬼コーチとして名を馳せていたが、現在は生徒の自主性に任せた指導を行う。今もなおその監督としての手腕と名声は衰えておらず、多くの選手から慕われ、他校の監督など多くのバスケ関係者からの尊敬を集めている。主人公桜木花道の才能を見抜き、期待し、その日々の成長に注目していく。

Read Article

河田雅史(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

河田雅史(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

河田雅史(かわた まさし)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、秋田県代表にしてインターハイ優勝候補筆頭とされる山王工業高校バスケットボール部のレギュラー。 全国クラスの有力選手ひしめく山王工業において不動のセンターを務め、その中核としてチームを引っ張る。そのプレイスタイルは「おっきくてうまい」と称され、センター以外の役割すら全国屈指のレベルで完全にこなす器用さを持つ。向上心の塊で、自分に向かってくる選手を好み、主人公桜木花道の才能にも気付いて注目する。

Read Article

彩子(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

彩子(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

彩子(あやこ)とは、『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物で、湘北高校バスケットボール部のマネージャーを務める2年生。名字は不明。 サバサバとした気風の良い少女で、自分より遥かに背の高いバスケ部の部員たちを相手にしても臆することなく指示を出す。素人同然の桜木花道に対しては、別メニューでの基礎的な練習に付き合い、その成長をもっとも近くで見届けた1人となる。バスケ部2年の宮城リョータに惚れられており、本人も彼の想いを知らないわけでもないように振る舞うが、作中でそれに応えることはなかった。

Read Article

宮城カオル(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

宮城カオル(SLAM DUNK)の徹底解説・考察まとめ

宮城カオル(みやぎ カオル)とは、『THE FIRST SLAM DUNK』(ザ・ファーストスラムダンク)の登場人物で、同作の主人公である宮城リョータの母親。 沖縄で家族と共に暮らしていたが、夫に先立たれ、その心痛から完全に立ち直れない中で海難事故により長男も失う。相次ぐ家族の死を受け止められず、逃げるように神奈川へと引っ越した。兄のことを決して忘れまいとするリョータを疎ましく感じるも、母としての愛情も持ち続け、バスケに熱中する彼を距離を置きながらも見守り続けた。

Read Article

目次 - Contents