グリンゴ/最強の悪運男(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グリンゴ/最強の悪運男』とは、2020年2月に日本で公開されたブラックコメディ。友人のリチャードとその愛人エレーンが共同経営する製薬会社でコツコツと真面目に働いてきたハロルド。彼にまさかの解雇の危機が迫り、愛する妻からは離婚を切り出されるという人生最悪の窮地に立たされる。「正直者はバカをみる」を地でいってきた彼が、一発逆転を狙って身代金500万ドルという偽装誘拐を企てたことで、メキシコの麻薬カルテルを巻き込んでの大騒動に発展する痛快娯楽大作。

『グリンゴ/最強の悪運男』の概要

『グリンゴ/最強の悪運男』とは、本作で極悪上司を演じるオーストラリア出身のジョエル・エドガートンの兄のナッシュ・エドガートンが監督を務めたリベンジ・ムービー。彼はこれまで『マトリックス』『シン・レッド・ライン』『スターウォーズ』シリーズ等、数々の話題作にスタントマン、俳優として関わる。映画監督としても活躍してきた彼が今回挑むのは、貧乏くじを引き続けてきた男であるハロルドがある陰謀に巻き込まれたことで自我に目覚め、自分の運命を変えようと彼なりに奮闘する姿を通して、善と悪がしのぎを削る社会を皮肉った問題作である。メキシコロケを通して、現地の活気に満ちた情景で楽しませる。特にハロルドとミッチが体験するベラクルスのお祭りは南国ならではの刺激に満ちた描写が秀逸である。

また、大勢の現地のスタッフと俳優を採用することで、リアリティが生まれ、バイタリティーあふれるメキシコの魅力を最大限に引き出している。製作には、2003年の映画『モンスター』で第76回アカデミー賞主演女優賞に輝き、それ以降も女優業にとどまらず、製作者としての経験も積んできたシャーリーズ・セロンが参加。彼女はまったく悪びれない悪役として描かれる、ハロルドのモンスター上司のエレーン役で強烈な印象を残した。

興行収入:全世界で約12億円と予想よりも少ない結果になった。
公開された映画館数:封切り時は全米2404館で公開されたが、3週目には2314館から117館まで減少。
映画の評価はあまり高くないようである。ストーリー展開と人物描写に甘さが目立ち、まとまりがないとの声が上がっている。また、ドラッグがらみという重いテーマにしてはコメディ色が強く、犯罪が軽く扱われている印象を与える。

『グリンゴ/最強の悪運男』のあらすじ・ストーリー』

突然の解雇の危機がハロルドに迫る

会計士の友人スチュー(右)と朝早く情報交換するハロルド。

シカゴのプロメチウム製薬会社の社長であるリチャード・ラスクに電話がかかってきた。2日前に共にメキシコへ出張して以来、行方がわからなくなっていた管理部長のハロルド・ソインカからだった。ハロルドは緊迫した口調でリチャードに「リチャード。俺は誘拐された。今犯人たちに銃を向けられている。助けてくれ!」と懇願する。冷静になって状況を明確に説明しろとリチャードが促すと、「誘拐犯は『500万ドル送金しろ。でないと殺す』と言ってる!」とハロルドが絶叫する。話は2日前にさかのぼる。

ハロルドは、出勤前に友人の会計士スチューとカフェで落ち合い、インテリア・デザイナーである妻のボニーの贅沢が原因で家計の破綻の危機にあると警告を受ける。スチューはさらに気になる情報をくれた。プロメチウム製薬会社は、同じ業界のパウエル社に買収されそうになっているとのこと。「リチャードはうわべばかり気にしている信用できない人物だ。そのうちにお前も裏切られるぞ」とスチューは忠告した。

複雑な心境を抱えたまま出社したハロルドは、すぐさまリチャードのオフィスに呼ばれる。ハロルドが管理しているメキシコ工場で在庫品の紛失が起きている件で、リチャードと副社長のエレーン・マーキンソン、そしてハロルドの3人で明日視察に行くことを知らされた。

その頃、あるギター店の店長であるマイルズに知り合いのネリーが会いにきた。自分の友人のドラッグをメキシコに運んで欲しいという。店員であるガールフレンドのサニーの同行の許可も出た。

翌日のメキシコシティ国際空港。飛行機から降りたマイルズとサニーは、同じ便で到着したリチャード一行とすれ違う。

工場の運転手のエンジェルの車でメキシコ工場に着いたリチャードとエレーンは、すぐに工場長のセルリーノ・サンチェスの3人だけで会合を持つ。

在庫の減り方が尋常ではないことについて、苦しい言い訳をするサンチェス。実は、プロメチウム製薬会社はこの工場で秘密裏に医薬用大麻の錠剤を製造していた。サンチェスは、ハロルドに内緒でその錠剤をブラックパンサーという麻薬カルテルに横流しをしていたのだ。
リチャードとエレーンはこのことに長年目をつぶってきたのだが、買収計画がまとまってきたことで、相手側のメキシコ工場視察も視野に入ってきたからである。

その夜、ホテルのレストランでリチャードとエレーンと食事をしていたハロルドは、携帯電話を自分の椅子に隠したまま外に出た。2人の会話を録音することが目的だった。リチャードとエレーンが部屋に引き上げたのを確認したハロルドは、録音を再生する。リチャードとエレーンは、会社の買収が成立したらハロルドは人員削減の対象になると話していた。

自分の部屋に戻ったハロルドは、ビデオチャットでボニーに怒りをぶちまけた。ハロルドを哀れに思ったボニーは突如、自分が不倫をしていることを打ち明ける。最近離婚する気でいるというメールを送ったのに気づきもしなかったハロルドに、ボニーは静かな軽蔑の眼差しを向ける。
世の中が突然ひっくり返ったかのようなショックを受けたハロルドは、自分の不幸を呪った。

その夜サンチェスは、ブラックパンサーのボスであるヴィリェガスの豪邸を訪問し、今後の麻薬取引をやめることを伝えた、そこでヴィリェガスは、工場の金庫に保管してある麻薬の調合法を奪うことを思いつく。金庫を開けるのに必要なハロルドの誘拐を部下に命じる。

ハロルドによる誘拐事件の自作自演が始まる

ホテルの部屋で偽装誘拐を演じるハロルド。

寝付けないうえに不安に苛まれたハロルドは、タクシーに乗りホテルを後にした。翌日、部屋に荷物を置きっぱなしで失踪したハロルドを置いて、リチャードとエレーンはシカゴへ帰っていった。

一方ハロルドは、ロナルドとエルネストというゴンザレス兄弟が経営する“サン・ホルヘ・ホテルのカウンターで、新聞の見出しを目にする。そこには、メキシコで頻発している誘拐事件が載っていた。この安ホテルには、昨日空港ですれ違ったマイルズとサニーも宿泊していた。

シカゴのプロメチウム製薬会社の会議室で、リチャードとエレーンが買収相手であるパウエル社の交渉係へのプレゼンテーションを行っていた。リチャードは、医療用大麻の市場収益は数十億ドルで、アメリカ合衆国の20の州とワシントンD.Cで使用が承認されていることを説明する。

それに対してパウエル社からは「この製品は法的に問題ないのか」という質問が出る。リチャードは「今はきわどいところだから、メキシコに工場を用意した。合法化され次第、生産を始める」と答える。リチャードはプロメチウム製薬会社との買収を望んでいる他社を引き合いに出し、パウエル社の速断を促す。

友人であるハロルドをコネで入社させてくれた上司のリチャードと、共同経営者のエレーン・マーキンソンは公私ともにパートナーだ。強力な利害関係を維持してきた彼らは、ともに悪辣な人物だった。
会社をクビになることを知ったハロルドは、リチャードへの復讐を企てる。メキシコでは日常茶飯事の誘拐事件をでっち上げるのだ。

この安ホテルの経営者であるゴンザレス兄弟をうまく取り込み、共犯者に仕立て上げた。ハロルドはプロメチウム製薬に電話をかける。リチャードに、犯罪組織に誘拐されたので身代金として500万ドルが必要だと訴える。
ゴンザレス兄弟は「ここはアメリカじゃねえ!メキシコだぞ!」とわめく芝居で臨場感を盛り上げる。緊急事態に本気で慌てたリチャードは、ハロルドに電話をかけ直す約束をして時間稼ぎに出た。

本来ならば、保険金で賄えるところだが、会社の保険は経費節減を理由に契約更新していないのでそれを当てにはできない。リチャードとエレーンが、ハロルドの誘拐について意見を戦わせる。リチャードが「中間管理職に500万ドルか」と渋い顔をして言うとエレーンは、「黙っててよ。あなた言ったわよね。『最高の人材がいる。友達のハロルドだ。彼なら問題は起こさない』と。なのにこれよ!」と怒りを爆発させた。

ハロルド救出作戦を決行

オオカバマダラ蝶の観光ツアーに来たマイルズ(右)とサニ―(左)。

リチャードは、現在はハイチの難民キャンプで人助けをしている傭兵経験豊富な兄のミッチ・ラスクに連絡を取り、ハロルド救出を20万ドルで依頼する。

誘拐事件でっち上げという大仕事を成し遂げ、気持ちが軽くなったハロルドは、ホテルの外の酒場で酒を飲んでいた。すぐそばにはあのマイルズとサニーもいる。ハロルドの高級スーツを見た2人は、警察官かFBIだと勘違いする。ハロルドが自分たちを追ってきたものと警戒心を抱き、2人は慌ててその場を立ち去った。

街中に潜むブラックパンサーの情報屋の1人が、その酒場の店主だった。彼はブラックパンサーに電話をかけ、ハロルド発見の報告をした。ほどなく2人の男が酒場に現れた。彼らはハロルドを難なく拉致し、車に押し込む。運転手が電話で彼の確保を知らせているのを聞いたハロルドは酔いも醒め、車を降りようとしてもみ合いになる。バランスを崩した車は土手下に転落してしまった。

レンタカーでオオカバマダラ蝶を見るツアーに参加したマイルズとサニーは、帰り道でヨレヨレになったハロルドを発見し、ホテルまで連れて帰ってくれた。サニーは怪我をしたハロルドの介護をする。その様子を近くで監視していたミッチはリチャードに、「ハロルドを発見した」と電話で伝える。

マイルズがハロルドの傷の治療薬を買いに外に出た後、覆面姿のゴンザレス兄弟がドアをけ破って乱入してきた。酒場で拉致されたハロルドを偶然見かけたロナルドは、ブラックパンサーからハロルド確保の懸賞金をせしめる計画を練っていたのだ。そこへミッチが飛び込んできて、兄弟を殴り倒してハロルドを救出する。

シカゴ。会社にいるエレーンに、買収相手のパウエル社の交渉係のジェリーから電話が入った。買収後は、リチャードかエレーンのどちらかが不要になることを伝える。首切りの危機を察知したエレーンは「今夜2人で飲まない?一緒に話しましょう」と誘いをかけた。エレーンは出世の邪魔になったリチャードを出し抜くつもりだ。

メキシコを脱出するためにベラクルス国際空港に到着したハロルドは、ミッチが搭乗手続きをしている隙に逃げ出した。追いかけてきたミッチに押さえ込まれたハロルドは、観念して空港近くのホテルに落ち着く。
今回の誘拐騒ぎがリチャードへの復讐だと知ったミッチは、妻のボニーの浮気相手がリチャードだと暴露する。そして、身代金を吊り上げ、2人で山分けしようと提案した。ミッチは、ハロルドがまた逃げ出した時のために、彼の腕に追跡用マイクロチップを打ち込んだ。

次にミッチは、シカゴのリチャードとビデオチャットで今後の相談を始めた。リチャードは、ハロルドが外国で死亡した場合には、会社に500万ドルの保険金が降りることを告げる。交渉の結果、200万ドルでハロルド救出計画はハロルド殺害計画へと変更された。ミッチはヘッドセットで交信しているので、リチャードの声はハロルドには聞こえていない。

リチャードとの交渉が上手くいったミッチは、祝杯を上げようとハロルドをホテルの外に誘う。フィエスタでにぎわう通りを抜け、海岸沿いを歩いていた2人を、またしてもゴンザレス兄弟が車で追い始めた。ミッチとの信頼関係を築けたことで安心しきっているハロルドに、ミッチはリチャードが自分の弟だと打ち明けると銃を突きつけた。
そこへ突っ込んできたゴンザレス兄弟の車がミッチを跳ね飛ばし、海に落としてしまう。彼らはハロルド確保に成功し、トランクに押し込める。

その頃、麻薬の密売人ヴェガの手引きでプロメチウム製薬会社のメキシコ工場内に入ったマイルズは、ヴェガとなにやら相談している。2人は火事騒ぎを起こしてここから麻薬を持ち逃げする作戦を立てていた。

ハロルドを拉致したゴンザレス兄弟は、懸賞金を手に入れようとヴィリェガスの豪邸に入り彼と面会する。ヴィリェガスは2人を銃で殺害。トランクから出したハロルドを連れて、工場に向かうヴィリェガスの部下たち。なんとか海から這い上がったミッチは、大けがをしていながらも自分の荷物を取りにホテルに戻った。ハロルドに埋め込んだチップの動きをタブレットで見ながら、盗んだタクシーでハロルドの後を追う。

ヴィリェガスの部下たちが到着した工場では、ヴェガの計画通りに火災警報が鳴り響き、混乱の極みにあった。そこに麻薬取締局のパトカーもやってきた。ヴィリェガスの部下と一緒に車に乗ってきたエンジェルが、どさくさに紛れてハロルドを確保し、建物の陰に隠れて難を逃れる。2人は近くにあった車で工場入口のゲートを突き破って脱出に成功した。

何が何だかわからないハロルドにエンジェルは、自分は工場の運転手ではなく、ヴィクター・クルーズという麻薬局の人間だと告げる。メキシコの麻薬組織の潜入捜査をしていて、プロメチウム製薬会社も調べていたという。「君の雇い主のリチャードは悪党だ、ハロルド」と真実を告げる。

ハロルド未来へ向かう

刑務所にいるリチャードにハロルドから郵便が届いた。バナナが入っており、意味深な文字が書かれていた。

疾走するエンジェルの車にヴィリェガスの部下の車2台がぶつかってきた。激しい競り合いの末、エンジェルの車が道路わきにひっくり返った。やっとのことで車外に這い出たハロルドに、ヴィリェガスの部下が銃を向ける。そこへ盗んだタクシーで駆け付けたミッチがヴィリェガスの部下を撃つが、すぐ近くにいた別の部下に、彼は殺害されてしまう。

腕を撃たれて横たわるエンジェルに近づいたハロルドは、自分の失踪計画を打ち明けた。仕事も妻も失った彼は、もうシカゴに戻る必要を感じていなかった。ハロルドはリチャードのパソコンからコピーしておいたデータをエンジェルに渡すと、ミッチが乗ってきたタクシーで走り去った。

タクシーには大金が入ったミッチのバッグが置かれていた。逃走資金には十分な額だ。しかも手元には、ミッチに作ってもらっていた「ハリー・バーンズ」という新しい名前の偽造パスポートもある。こうしてハロルドの、人生の再出発をかけた旅が始まった。

翌日警察にブラックパンサー一味とマイルズが逮捕され、事件は解決した。ボロボロになったとはいえ、メキシコの巨大麻薬カルテル撲滅にハロルドが一役買ったことはいうまでもない。持っているものを全て失ったはずのハロルドの方が、結果的には他の犠牲者よりも悪運がいちばん強かったようだ。

この意外な展開でマイルズが負わされていた役目を知ったサニーは、驚きを隠せなかった。突然のメキシコ旅行。終始落ち着かない彼の態度にもこれで納得がいく。警察車両に乗せられていくマイルズをじっと見つめるサニー。彼との愛にも終止符が打たれた。

麻薬取締局によるプロメチウム製薬への捜査で逮捕されたリチャードに代わって、エレーンが新しい社長に就任した。麻薬絡みのスキャンダルの被害者としての自分をアピールして、首尾よく手に入れた地位だった。エレーンのしたたかさがよく表れている。

あらゆるゴタゴタが片付いたある日、サニーの携帯電話の着信が鳴った。送り主は「フーディーニより」となっていて、画面には砂に書かれた「誕生日おめでとう」の文字が写っている。ハロルドの介護をしていた時に「ハリー・フーディーニ」の名前が出たことを思いだし、ハロルドからのメールだと知ったサニーは「ありがとうハリー」と返信した。

メキシコのビーチに、「ハリーのバー」を経営するハロルドの姿があった。新しい生活を心から楽しんでいるようだ。“負け犬人生”と周囲から笑われてきた彼はもういない。シカゴから遠く離れて悠々自適の人生を楽しむ彼の目の前には、どこまでも続く青い海が広がっている。

メキシコの一件でハロルドの運命は激変した。常に自分の利益を優先し、他者を顧みないリチャードとエレーンというモンスター上司と決別することで、「正直者はバカを見る」というジンクスを跳ね返したのである。この自信に満ちた穏やかな笑顔が、充実した彼の現在を物語っている。

『グリンゴ/最強の悪運男』の登場人物・キャラクター

ハロルド・ソインカ(演:デヴィッド・オイェロウォ)

人を疑うことを知らない、お人好しの生真面目人間。モンスター上司2人にいいようにこき使われ、人生の危機に陥っている。仕事と家庭を失いそうになるが、自暴自棄から一念発起して出張先のメキシコで偽装誘拐事件をでっち上げたために思ってもみなかった命の危険にさらされる。

デヴィッド・オイェロウォ
1976年イギリスのオックスフォード出身。数々の出演作に恵まれ、2015年に大英帝国勲章(OBE)を授与されている。主な出演作は、2006年アフリカの独裁者ウガンダ大統領アミンの映画『ラストキング・オブ・スコットランド』、2011年『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』、2012年トム・クルーズ共演『アウトロー』、2013年『大統領の執事の涙』、2014『インターステラ―』、2014年『グローリー/明日への行進』、2014年『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』、2018年『クローバーフィールド・パラドックス』などがある。

エレーン・マーキンソン(演:シャーリーズ・セロン)

プロメチウム製薬会社の共同社長のリチャードに負けず劣らず自己中心的なハロルドの上司。いつでも自分が一番でないと満足できず、「隙あらば人の足を引っ張る」という才能に長けている。リチャードにそっけない態度を取られて傷つく弱気な面も持ち合わせている。買収案が出ているパウエル社の交渉係のジェリーを誘惑する作戦を立て、悪女としての実力を発揮する。

シャーリーズ・セロン
1975年南アフリカ出身。10代からモデルとして活動を開始。アメリカでバレエダンサーを夢みるもケガで断念し女優に転身しさまざまな下積みを経てついに2003年の映画『モンスター』で、第76回アカデミー賞主演女優賞を獲得。ハリウッドの頂点を極める。主な出演作は、1997年キアヌ・リーブス、アル・パチーノ主演『ディアボロス/悪魔の扉』、1998年『マイティ・ジョー』、1999年トビー・マグワイア主演『サイダー・ハウス・ルール』、2005年『スタンドアップ』、2005年『イーオン・フラックス』、製作総指揮を兼ねた2008年『あの日、欲望の大地で』、2011年『ヤング≒アダルト』、2012年『スノーホワイト』、2012年『プロメテウス』、2015年『マッドマックス怒りのデス・ロード』、2017年『アトミック・ブロンド』、2018年『タリーと私の秘密の時間』、2019年『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』、ニコール・キッドマン共演作2019年『スキャンダル』など。

リチャード・ラスク(演:ジョエル・エドガートン)

judenz7
judenz7
@judenz7

Related Articles関連記事

レ・ミゼラブル(レミゼ)のネタバレ解説・考察まとめ

レ・ミゼラブル(レミゼ)のネタバレ解説・考察まとめ

2012年に公開されたミュージカル映画。主役のジャンバルジャンが牢獄から仮釈放されるシーンから始まる。ジャンバルジャンを追いかけるジャベール警部、ジャンバルジャンに自分の子供を託すファンティーヌなどの登場人物たちにより彼の人生は激動の時代を駆け抜けることとなる。そしてフランス革命が起き、それぞれの人生が変わるのであった。一人の男の一生を描いた超大作である。

Read Article

マンマ・ミーア!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マンマ・ミーア!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マンマ・ミーア!』とは、2008年にイギリス、ドイツ、アメリカが共同製作したロマンティック・コメディ・ミュージカル映画。 エーゲ海に浮かぶギリシャの小島を舞台に、シングルマザーの母ドナに育てられたソフィが自身の結婚式でヴァージン・ロードを一緒に歩いてもらうために本物の父親を探し出す物語。 今作は世界的に有名なスウェーデン出身のポップ音楽グループABBAのヒット曲で構成されており、見てるだけで思わず歌い出してしまうハッピーミュージカル映画である。

Read Article

【ベラ・ソーン】見てるだけでドキドキ!海外のカワイイ系な美女画像まとめ【アマンダ・サイフリッド】

【ベラ・ソーン】見てるだけでドキドキ!海外のカワイイ系な美女画像まとめ【アマンダ・サイフリッド】

一般的に海外の女性といえば「美人」といわれることが多いかと思いますが、中にはどちらかというと「カワイイ」系に当てはまる方もいらっしゃいます。え?違い?なんとなくですが、「美人」はクールなイメージ、「カワイイ」はお姫様みたいな感じ、といったところでしょうか。この記事では、その中の「カワイイ」系の海外美女の画像についてまとめました。本当にもう見ているだけで癒されますね!

Read Article

【レ・ミゼラブル】ミュージカル映画おすすめ10選まとめ【マンマ・ミーア!】

【レ・ミゼラブル】ミュージカル映画おすすめ10選まとめ【マンマ・ミーア!】

ミュージカルといえば、歌・ダンス・演技の3拍子が揃った迫力の舞台が印象的ですよね。この迫力そのままに、ミュージカルならではの魅力がたっぷり詰まった映画がたくさんあります。この記事では、絶対におすすめなミュージカル映画を10個厳選してまとめました。どれも話題になった不朽の名作ばかりなので、いつもとちょっと違う映画を観たい方はぜひチェック!

Read Article

見るだけで気分があがる!?女性が活躍するキュート・ハッピーな映画作品を紹介【マンマ・ミーア!ほか】

見るだけで気分があがる!?女性が活躍するキュート・ハッピーな映画作品を紹介【マンマ・ミーア!ほか】

仕事や家事、人間関係などにつかれてしまった時、手軽に気分を変えてくれるおすすめのリラックス方法の一つが映画鑑賞である。様々なジャンルがあるが、メイクやファッション・恋に一生懸命な女性たちが活躍する、見ているだけで幸せな気分になれるような映画はいかがだろうか。本記事では女性が活躍する、キュートな映画作品を厳選して紹介する。

Read Article

目次 - Contents