レディ&オールドマン(LADY and OLDMAN)のネタバレ解説・考察まとめ

『レディ&オールドマン』とはオノ・ナツメが『ウルトラジャンプ』で連載していた男女バディ・エンタテインメント漫画作品。連載時期は2015年~2019年までで全8巻で完結。オノ・ナツメ原作の『ACCA13区監察課』や『BADON』とはまた違ったかなりハードボイルドな内容だ。舞台は1963年のロサンゼルス郊外。父親譲りのおせっかいな性格のシェリー・ブライトと100年間刑務所に入っていたというロバート・ウィンツ。この二人の出会いが全ての始まりだった。

『レディ&オールドマン(LADY and OLDMAN)』の概要

『レディ&オールドマン』とはオノ・ナツメが『ウルトラジャンプ』で連載していた男女バディ・エンタテインメント漫画作品である。連載時期は2015年~2019年までで、全8巻で完結。オノ・ナツメ原作のほかの作品『ACCA13区監察課』や『BADON』とはまた違った、かなりハードボイルドな内容となっている。オノ・ナツメが描く大人な雰囲気をまとったキャラクターたちは魅力的だ。『リストランテ・パラディーゾ』などを見てもわかるようにオジサン好きのオノ・ナツメが、100年の刑を終えて出所してきたロブを若い設定にしたことにはファンも驚いたようだ。さらに、一本の洋画を観ているような内容の濃さに圧倒されたという声もある。それこそがオノ・ナツメが作り出したこの『レディ&オールドマン』の魅力ともいえる。

作品の舞台は1963年のロサンゼルス郊外。父親譲りのおせっかいな性格のシェリー・ブライトと100年間刑務所に入っていたという不老不死の男ロバート・ウィンツ。偶然出会ってしまった二人だったが、ある女性からの配達依頼をきっかけに二人は運び屋としてあちこちを駆け巡ることに。こうして「レディ&オールドマン」が結成されたのである。これはそんな運び屋二人の男女バディエンタテインメントストーリーだ。

『レディ&オールドマン(LADY and OLDMAN)』のあらすじ・ストーリー

レディ&オールドマン結成

シェリー(左)とロブ(右)。

舞台は1963年のロサンゼルス郊外。好奇心旺盛な19歳のシェリー・ブライトはある日、刑務所から出所したばかりの男、ロバート・ウィンツと出会う。ロバートの外見は青年だが、実年齢は121歳という不老不死の体を持っていた。ちょっとした怪我ならすぐに回復し、重傷を負っても3日ほどで治ってしまう。
行く当てのないロバート、通称ロブはシェリーの家に居候し、ふたりは運び屋「レディ&オールドマン」としてはたらき始めることになる。

花束が大金に

あるとき、シェリーのハイスクールの同級生のケン・ミルズから「ハリウッドにいるリータという女性に渡してほしい」と花束を預かったレディ&オールドマン。リータに花束を渡すと、リータから「ジミーからもらったプレゼントを返してほしい」とマッチの箱を渡される。マッチ箱の中身はなんと麻薬だった。
リータと交流のあったハリウッド俳優の男性が麻薬所持で逮捕されたことで、リータは自分も逮捕されることを恐れて返そうとしていたのだ。
シェリーとロブはマッチ箱を麻薬の売人のジミーのもとに運ぶが、ジミーは強盗に襲われて重傷を負っていた。ジミーは死に際に、麻薬が大量に入ったバッグを「親父」という人物に渡してほしい、とレディ&オールドマンに依頼する。
シェリーとロブは「親父」と呼ばれる人物の部下にバッグを渡し、その報酬として大量の現金が入ったバッグを受け取った。シェリーはその現金には手をつけず、バッグを自室に隠すのだった。
この件から裏社会でレディ&オールドマンの名前が知られるようになり、裏社会の大物「ビッグアイ」の目に留まることになる。シェリーとロブはビッグアイから「ナット運送会社」のナットを紹介され、運び屋の仕事を斡旋してもらうことになったのだった。

弟を探して

シェリーとロブは運び屋として少しずつ実績を積み、裏社会で信用を勝ち取っていく。
あるときロブはシェリーに、双子の弟がいることを話す。弟の名前はラッセル、通称ラスといった。
ラスは18歳のときに家を出て行ったきりロブと会っていなかったが、あるとき突然家に帰ってきた。そしてロブにスープを作り、ふたりで食べた。その夜にラスは再び姿を消し、ロブはとある一家を惨殺したという濡れ衣を着せられて逮捕された。それ以来、ロブは不老不死の体になった。
ロブは弟にもう一度会うことを目的に、シェリーと共に運び屋を続ける。

母に会う

レディ&オールドマンはシェリーの家を出て、ナットという男が管理している運送会社に間借りすることになった。
シェリー、ロブ、ナットの3人での生活が続く中、シェリーは「母に会いたい」という気持ちが強くなる。シェリーの両親はシェリーが幼い頃に離婚しており、それ以来シェリーは母に会っていなかったのだ。ロブは弟探しと並行してシェリーの母を探そうと提案する。「ラスは自分と同じ不老不死だから焦ることはない、シェリーのお母さんを探そう」という言葉にシェリーは勇気づけられ、母を探し始める。
運び屋の仕事で出来た伝手で母の居場所が判明し、シェリーはロブと共に母に会いに行く。シェリーの母、エマは再婚していたが、夫のマシューの酒癖が悪いことや借金があることで困っていた。エマはシェリーの後押しを受けてマシューと話し合い、借金を片付けるためにラスベガスに行くことを決める。そこでシェリーはかつて依頼人から謝礼として受け取った大金の存在を思い出し、エマに譲ることにする。
シェリーとロブはラスベガスに金を運び、エマとマシューの借金を解決した。

ナットの怖いこと

シェリー、ロブ、ナットの生活は上手くいっていた。しかしナットは運送会社の倉庫から一歩も外に出ずに引きこもりを続けていた。シェリーが「外に出たら?」と聞くと、ナットは「ここから外に出たら車に轢かれて死んでしまう」と言って拒否する。昔、ナットの友人が倉庫から一歩外に出たところで車に轢かれて死んでしまうという事故があった。ナットは目の前で友人が死んだトラウマから、倉庫から出られなくなってしまったのだ。
シェリーはビッグアイに話をつけて「倉庫から外に出てもナットは死なない」と断言させることでナットの背中を押す。
シェリーとロブが外出した後、ナットはひとりで倉庫の外に出る。そこに車が突っ込んできて、ナットは轢かれてしまった。

紳士の血

ラスもまた、ロブのことを探していた。
不老不死になる前、ラスはとある紳士に出会った。しばらくふたりで旅行をした後、ラスが紳士の自宅でロブのことを話していると、紳士は誤って自分の指を切ってしまう。すると紳士は自分の血を小瓶に入れ、「この血を体内に入れると、君が見たいと思うすべてが見られる」と言ってラスに渡した。
ラスは紳士の血をスープに入れた夜、青ざめた顔で紳士のもとを訪れた。血を兄にも飲ませたというラスの話を聞いた紳士は「そんな後ろ向きな性格のままでは、何年たってもお兄さんは変わらない」とラスを煽る。ラスは衝動的に紳士の胸にナイフを突き立てる。紳士は自分の体を「厳密には不死ではない」と言い、「回復が追い付かなければ死亡する」と説明する。
怖くなったラスは屋敷に火をつけて逃走する。その姿を目撃した人がロブだと勘違いしたことで、ロブはラスの罪を着せられて収監されてしまったのだった。

約束

ラスは不老不死になる方法を知りたがる議員のハリスを利用してロブを見つけ出す。
ラスはシェリーを巻き込んで危険な目に合わせることでロブを怒らせ、自分を殺すように仕向けた。
しかしロブはラスの考えを見抜き、シェリーを巻き込んだことを非難しながらも、ラスを殺さない選択をする。兄弟は100年ぶりに顔を合わせて話をするのだった。
翌朝、ラスは姿を消していたがふたりは再会の約束をしていた。ロブはシェリーと共にレディ&オールドマンとして活動を続けるのだった。

『レディ&オールドマン(LADY and OLDMAN)』の登場人物・キャラクター

主要登場人物

シェリー・ブライト

ハイスクール卒業後、父親が経営している「サムズダイナー」でウェイトレスとして働いている19歳の少女。

ある日、刑務所から出所したロブに出会い自宅のガレージに住まわせることに。その後マダムから受けた配達依頼をきっかけに運び屋「レディ&オールドマン」として仕事をすることになる。最初はロブは運転ができなかったためサイドカーを操るのはシェリーの役目だったが、最終的にはロブが運転するように。
父親に似ておせっかいな性格で、母親は幼いころに家を出ていったがその時のトラウマでハサミが苦手。しかし手を震えさせながらもロブの散髪をする場面も。好きな歌手はスティーブ・マックイーン、好きな食べ物はドーナツ、チョコレートサンデー。

ロバート・ウィンツ(ロブ)

yamakonaka41
yamakonaka41
@yamakonaka41

Related Articles関連記事

さらい屋 五葉(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

さらい屋 五葉(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『さらい屋 五葉』とは『月刊IKKI』(小学館刊)で連載されていた時代劇漫画、およびそれを原作としたテレビアニメである。時は江戸時代、藩主から暇を出され江戸にやってきた侍・秋津政之助は、誘拐組織「五葉」の頭である弥一の用心棒をすることになった。渋々、弥一の仕事を手伝う政之助だったが、この出会いをきっかけに人として成長していくのである。『ふたがしら』や『ACCA13区監察課』など人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、かどわかしを生業にした個性豊かな登場人物たちの時代劇エンターテインメントだ。

Read Article

つらつらわらじ(備前熊田家参勤絵巻)のネタバレ解説・考察まとめ

つらつらわらじ(備前熊田家参勤絵巻)のネタバレ解説・考察まとめ

『つらつらわらじ』とは『月刊モーニングtwo』(講談社)で連載されていたオノ・ナツメによる時代劇漫画である。時は寛政、備前岡山藩主の熊田治隆は参勤交代のために江戸に向かうことになった。そして、隠居して江戸で暮らす計画を立てているため、江戸までの旅を楽しもうと考えていたのだ。しかし、江戸までの道のりは波乱の連続だった。『ACCA13区監察課』や『レディ&オールドマン』など人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、2年に1度の参勤交代エンターテインメントだ。

Read Article

ACCA13区監察課(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ACCA13区監察課(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ACCA13区監察課(オノ・ナツメ作)』とは『月刊ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス刊)にて2013年~2016年まで連載された漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。ACCA本部監察課副課長のジーン・オータスの過ごしていた平和な日常が少しずつ世界の陰謀に巻き込まれていく。その軸となるのは巨大統一組織「ACCA」と「タバコ」を巡る男たちの’’粋’’様だ。食えないキャラクターたちが勢ぞろいする大人な雰囲気の作品となっている。

Read Article

リストランテ・パラディーゾ(GENTE〜リストランテの人々〜)のネタバレ解説・考察まとめ

リストランテ・パラディーゾ(GENTE〜リストランテの人々〜)のネタバレ解説・考察まとめ

『リストランテ・パラディーゾ(GENTE〜リストランテの人々〜)』とは、『マンガ・エロティクス・エフ』(太田出版)で連載されていたオノ・ナツメによる、老紳士たちが織り成すハートフル漫画である。幼くして両親が離婚し祖父母に預けられたニコレッタは、母親の再婚相手を一目見るためローマにあるリストランテにやってきた。そこで働き始めたニコレッタは、従業員全員が老眼鏡着用必須のリストランテであることを知ったのである。数々の人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、老眼鏡紳士たちによるおもてなし漫画だ。

Read Article

ふたがしら(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ふたがしら(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ふたがしら』とは、『月刊IKKI』(小学館刊)また増刊『ヒバナ』(小学館刊)で連載されていた時代劇漫画、およびそれを原作とした連続テレビドラマである。時は江戸時代。盗賊「赤目一味」の頭目だった辰五郎が死去。その際に、手下である弁蔵と宗次二人に一味のことを託したことからすべては始まった。『ACCA13区監察課』や『レディ&オールドマン』数々の人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、巧妙な駆け引きと巧みな騙しあいが織りなす時代劇盗賊エンターテインメントだ。

Read Article

ハヴ・ア・グレイト・サンデー(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハヴ・ア・グレイト・サンデー(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』とは『月刊モーニングtwo』(講談社)で連載されていたオノ・ナツメによる、ある男たちの日曜日の出来事を描いたハートフル漫画である。初老の作家・楽々居輪治は、長くニューヨークで暮らしていたが、ある事情を抱え単身東京に戻ってきた。そして、一人暮らしを謳歌しようと思っていた輪治のもとに、息子のマックスと娘婿のヤスがやってきたのだった。『ACCA13区監察課』や『レディ&オールドマン』など人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、男だけの週末エンターテインメントだ。

Read Article

目次 - Contents