ソニックアドベンチャー2(Sonic Adventure 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソニックアドベンチャー2(Sonic Adventure 2)』とは株式会社セガより2001年6月に発売されたアクションゲームである。2001年6月にドリームキャスト用として発売された後、同年12月にはゲームキューブ用に『ソニックアドベンチャー2 バトル』が発売された。また2012年10月にPlayStation 3用、Xbox 360用がダウンロード版として販売された。前作『ソニックアドベンチャー』の続編ではあるが、ストーリー的繋がりは無く本作からでも楽しめるゲームである。

『ソニックアドベンチャー2』の概要

『ソニックアドベンチャー2(Sonic Adventure 2)』とは株式会社セガより2001年6月に発売されたアクションゲームである。発売当日の6月23日、発売翌日の6月24日の2日間限定で「ソニックアドベンチャー2バースディパック」がソニックシリーズ10周年記念として販売された。「ソニックアドベンチャー2バースディパック」には過去のソニックシリーズのゲーム音楽の入ったサウンドトラックCD、ソニックシリーズを振り返る小型ブックレット、記念のメダルが付録として追加されていた。2001年6月にドリームキャスト用として発売された後、同年12月にはグラフィック調整が加えられゲームキューブ用に『ソニックアドベンチャー2 バトル』が発売されている。また2012年10月にPlayStation 3用、Xbox 360用がドリームキャスト版をベースにダウンロード版として販売された。

ドリームキャストのソニックシリーズゲーム『ソニックアドベンチャー』の続編ではあるものの、ストーリー的な繋がりはほとんど無い。よって、今作『ソニックアドベンチャー2』からでも十分楽しんでプレイすることができる。操作可能なキャラクターは前作『ソニックアドベンチャー』同様6人だが、エミー・ガンマ・ビッグは操作キャラクターからは外れている。代わりに、シャドウ・ルージュ・Dr.エッグマンが新たに操作キャラクターとして追加された。シャドウとルージュはこの『ソニックアドベンチャー2』が初登場となっている。

『ソニックアドベンチャー2』のあらすじ・ストーリー

出典: sonic.fandom.com

今作のストーリーはソニック・テイルス・ナックルズの「ヒーローサイド」、シャドウ・ルージュ・Dr.エッグマンの「ダークサイド」に分かれて展開する。しかし、ひとつのストーリーを「ヒーローサイド」「ダークサイド」から描く形のためストーリーの大筋は両者同一である。「ヒーローサイド」「ダークサイド」両方をクリア後に「ラストシナリオ」が現れる流れになっている。

「ヒーローサイド」

ヒーローサイドを選択する画面

始まり~ジャングル脱出

出典: sonic.fandom.com

ヘリコプターの翼をスケートボードとして利用するソニック

ヒーローサイドは、ソニックが軍用ヘリコプターに捕獲されているシーンから始まる。突然、軍用ヘリコプターのパイロットが捕獲したハリネズミがいなくなったと叫ぶ。ソニックはスケートボートとして使うためヘリコプターの翼を一部を取り外し、ヘリコプターから飛び降りたのだった。ソニックは軍のメカを破壊した後、以前に銀行からカオスエメラルドを盗み取ったシャドウと遭遇する。ソニックはシャドウの姿を見て、軍は姿かたちが自分とそっくりであることから間違えて捕獲したのだと認識した。シャドウはカオスエメラルドを使ってテレポーテーションし別の場所へ移動、ソニックが再び逮捕されてしまうのであった。

時を同じくして、ナックルズはルージュとマスターエメラルドをめぐって争っていた。そこにDr.エッグマンが現れてマスターエメラルドを横取りしようとする。ナックルズはDr.エッグマンに横取りされるくらいならとマスターエメラルドを粉々にして横取りを阻止。粉々になったマスターエメラルドの欠片を集めるため、ナックルズとルージュはそれぞれ旅に出ることに。そしてナックルズはワイルドキャニオンにて最初のマスターエメラルドの欠片を回収する。

明くる日、テイルスはソニックが逮捕されるなど信じられないとソニックが逮捕されているというプリズンアイランドへ向かう。その途中、Dr.エッグマンに捕らえられていたエミーを救出する。その後、エミーはソニックを独房から解放し、プリズンアイランドに設置されていたミサイルで脱出を果たす。ミサイルから飛び降りたソニックは広大なジャングルへ着地、そこで再びシャドウと対面することとなる。一方ナックルズはパンプキンヒルへ向かいマスターエメラルドの欠片を回収、次にアクアティックマインという鉱山へ足を向ける。

ソニックはジャングルが爆発しそうであることに気づき、爆発までに間に合うようにジャングルを後にする。ジャングルから街に帰ってくると、Dr.エッグマンがいたるところでテレビに出ている。Dr.エッグマンは「スペースコロニー アーク」という宇宙ステーションから映像を放映していることが明らかになる。突如スペースコロニーアークの半分が取り外され、強力なビームを発射して月の半分を破壊する「エクリプスキャノン」という巨大破壊兵器を出現させる。画面に表示されたタイマーではエクリプスキャノンによる地球破壊まで残り24時間だと示していた。

一方ナックルズはアクアティックマインで新たにマスターエメラルドの欠片を回収することに成功していた。その後、ナックルズは電話でソニックとエミーと通話していたテイルスの横にあったマンホールから飛び出してくる。アクアティックマインを脱出する際迷ったらしい。テイルスは大統領を追跡、ソニックと合流し地球存亡の危機である旨を大統領に伝える。そしてソニック、ナックルズ、テイルズ、エミーの4人はピラミッド内部に存在するDr.エッグマンの秘密基地へ。地球破壊を止めねばならない。

Dr.エッグマンの秘密基地~スペースコロニーアーク

出典: sonic.fandom.com

親指を立て生還をアピールするソニック

ソニックは秘密基地のセキュリティシステムを突破、高速で内部を突き進む。ナックルズはロケットルームに入るために3つの鍵を見つける役目に。ナックルズは「キングブーブ」というオバケのボスとの対決しカギを入手する。その後、ソニックの前にDr.エッグマンが現れ「エッグゴーレム」という巨大ロボットを召喚。ソニックは対決し勝利を収める。Dr.エッグマンはソニックに敗北すると、ロケットを出発させ宇宙へと出発するのであった。ロケットは発射したが、貨物部分が開いてしまいナックルズが集めてきたマスターエメラルドが宇宙へ解放されてしまう。焦ったナックルズは勝手にロケットの舵を取ってしまい制御不能に。一同を乗せたロケットはスペースコロニーアークの想定しない場所に着地してしまうのであった。

ナックルズはマスターエメラルドの欠片の行方に夢中、すぐさま捜索に向かってしまった。失ったマスターエメラルドの欠片はルージュとの戦闘を経ながら無事回収。ソニック、テイルス、エミーは悲鳴をあげながらも着地。そしてソニックとテイルスはエクリプスキャノンを破壊するため計画を立てる。テイルスの用意した偽物のカオスエメラルドを使って内部から破壊するという計画。テイルスの用意した偽物のカオスエメラルドは本物と同等の波長と特性であるという。ソニックは制御室を捜索、テイルスは電源を捜索し破壊する役割分担に。テイルスが電源を破壊して機能が停止している間にソニックが偽物のカオスエメラルドとすり替えるという流れになった。そうしているうちに、ほったらかしにしていたエミーがDr.エッグマンに捕獲されてしまう。Dr.エッグマンはエミーと引き換えにカオスエメラルドを要求するのであった。ソニックは用意した偽物のカオスエメラルドを渡せばいいと考えたが、Dr.エッグマンに偽物だと見破られてしまう。
ソニックはDr.エッグマンに密閉カプセルに幽閉され宇宙に放り出されてしまった。残されたテイルスはソニックに「あとは頼む」と言われたことで奮起、Dr.エッグマンに立ち向かうことになる。宇宙に放り出されたソニックは手元の偽物カオスエメラルドの力を使っての脱出を図る。

アークに残ったテイルスやエミー、Dr.エッグマンはカプセルが爆発したのを見て、ソニックは死んだのだろうと悟る。テイルスはソニックの思いを胸にDr.エッグマンと戦闘、対決を制す。偽物カオスエメラルドの力でカプセルからの脱出に成功したソニックはシャドウと遭遇。死闘を制す。ソニックはもう死んだと思い込んで意気消沈しているテイルスのもとに生き残っていたソニックから通信が入る。テイルスはソニックに「外を見てみろ」と言われ外の宇宙を見てみると、既にエクリプスキャノンが破壊されている。また、そこにはエクリプスキャノンの付近のロープにつかまり、親指を立てている生還をアピールするソニックの姿があった。

「ダークサイド」

ダークサイドを選択する画面

始まり~ジャングル脱出

出典: sonic.fandom.com

Dr.エッグマンが呼び起こしたシャドウと対面するシーン

ダークサイドは、Dr.エッグマンが祖父Pr.ジェラルドの残した最高機密兵器シャドウを入手すべくプリズンアイランドに潜入するシーンから始まる。Dr.エッグマンはセキュリティロックを解除しカオスエメラルドをセット、シャドウと対面するもその姿かたちは宿敵ソニックに酷似していた。ソニックと勘違いするDr.エッグマン。黒いハリネズミはシャドウと名乗り、Dr.エッグマンの願いを叶えてくれるという。そこに軍のメカがシャドウに攻撃を仕掛けてきたが、あっさりとシャドウはメカを撃退してしまう。その後、シャドウは「カオスエメラルドと共にスペースコロニーアークへ。中央制御室でお待ちしています」と言い残し、その場を後にした。

ルージュはマスターエメラルドを盗もうとしたところ、ナックルズと言い争いになっていた。言い争っている間にDr.エッグマンがやって来てマスターエメラルドを奪い去ろうとする。ナックルズはDr.エッグマンに盗み取られるよりはましと考えマスターエメラルドを粉砕、欠片となって飛び散ってしまう。ルージュは散らばったマスターエメラルドを集める旅に出ることになった。

Dr.エッグマンは軍のメカを倒しつつ、ピラミッド内部の自身の秘密基地に帰還を果たす。秘密基地で臨時ニュースが流れており、Dr.エッグマンはシャドウが銀行からカオスエメラルドを盗んだと報道されているのを目にする。一方シャドウは軍のロボットを倒し、鉄橋の最後部に立っていた。シャドウはマリアという女性のとの記憶をよみがえらせる。マリアと誓った約束が全人類への復讐であるようだ。その後、シャドウはソニックと遭遇。カオスエメラルドの力を利用するカオスコントロールを見せつけた。他方ルージュは何者かと電話で連絡を取っていた。その後ルージュはDr.エッグマンの基地を発見し、潜入を開始する。扉の鍵を探し出し、内部への侵入に成功。ルージュはDr.エッグマンが転送して移動した先がスペースコロニーアークだという事を知る。そこでルージュも後を追いアークへと転送される。

Dr.エッグマンはスペースコロニーアークの中心部に到達した。そこで待っていたシャドウは、Dr.エッグマンの祖父であるPr.ジェラルドの遺した兵器「エクリプスキャノン」について説明する。エクリプスキャノンは現在は封印されており、呼び起こすには7つのカオスエメラルドを集めなければならないという。また、エクリプスキャノンを起動できれば世界のすべてを支配できるとも付け加えた。カオスエメラルドを収集しようと意気込んでいるDr.エッグマンの元に、後を追ってきたルージュが姿を現す。ルージュはDr.エッグマンに取引を持ち掛ける。Dr.エッグマンの所有するエメラルドのレーダーを貸してほしい、レーダーを使ってカオスエメラルドを見つけ出すと。1つのカオスエメラルドを握りしめるルージュを見たDr.エッグマンはその取引を承諾。Dr.エッグマン、ルージュ、そしてシャドウによる結託がなされたのであった。

Dr.エッグマン、ルージュ、シャドウはプリズンアイランドに到着していた。ルージュいわく、プリズンアイランドにある軍の基地にカオスエメラルドが眠っているというのだ。Dr.エッグマンを中心にカオスエメラルド奪取作戦が実行された。なんとか作戦通りことが進んでいたが、道中エミーとテイルスに遭遇。Dr.エッグマンはルージュとシャドウを先に行かせ、エミーを追った。シャドウはDr.エッグマンの命令により基地を爆破させるための起爆時間を15分後にセット。ルージュは作戦通りに3つのカオスエメラルドの回収に成功するも、最後で失敗してしまい回収したカオスエメラルドごと基地に幽閉されてしまう。シャドウはルージュからカオスエメラルドごと閉じ込められている旨の連絡を受け、カオスエメラルドのためプリズンアイランドのジャングルを走り抜ける。シャドウは道中ソニックに見つかり戦闘に。戦闘後、起爆間近であることもあり急いでルージュの元へ。シャドウはルージュの持っていたカオスエメラルドの力を使いカオスコントロールを発動、瞬間移動しプリズンアイランド脱出に成功する。

Dr.エッグマンの秘密基地~スペースコロニーアーク

ソニックと最後の対決をするシャドウ

プリズンアイランドを脱出し、スペースコロニーアークに場面は移る。シャドウはマリアとの日々を回顧していた。そこにDr.エッグマンがやってきてエクリプスキャノンの発射準備が整ったという。まだ6つしかカオスエメラルドは揃っていないがデモンストレーションには6つで十分だとシャドウは言う。Dr.エッグマンは地球に向けて演説をして、エクリプスキャノンを月に向けて発射し月の半分を破壊してしまった。

後日、エッグマンは政府とカオスエメラルドをめぐる交渉がうまくいかずイラついていた。シャドウは7つ目のカオスエメラルドはエクリプスキャノンを実用兵器として使うなら必須だと話す。ルージュが持ってきた情報によると最後の1つはどうやらテイルスが所持しているという。一同はテイルスからカオスエメラルドを奪取するため地球にもどることにした。シャドウとDr.エッグマンが会議の場からいなくなった後、ルージュはまた何者かと連絡を取っていた。ルージュの目的はシャドウの調査であることが発覚する。地球にもどりシャドウとルージュはテイルスを追跡、Dr.エッグマンに連絡する。Dr.エッグマンも自身の感知レーダーでテイルスを捉えたのだった。

Dr.エッグマンはピラミッド内部の自身の秘密基地にてソニック、テイルス、ナックルズ、エミーを待ち伏せていた。エッグゴーレムという巨大ロボを使いソニック撃退を試みるもあえなく返り討ちに。エッグゴーレムの制御機能がおかしくなりDr.エッグマンを攻撃してきたが、撃退する。Dr.エッグマンよりソニックたちをとり逃した旨を聞いたルージュは既にスペースコロニーアークにいた。ルージュはソニックたちを迎撃する準備と偽り、システムのパスワードをDr.エッグマンより聞き出すことに成功。パスワードをシステムに入力し、本来の目的のシャドウの調査を開始。しかし同時に、ソニックたちがロケットでアークに接近していることを知る。マスターエメラルドの欠片奪取の機会と思いルージュは回収に向かう。ルージュは同じくマスターエメラルドの欠片の回収に奔走していたナックルズと遭遇、戦闘に。ルージュはナックルズとの口論の末ばかばかしくなり、マスターエメラルドの欠片をナックルズに返却したのだった。一方、Dr.エッグマンとシャドウはピラミッド内部の秘密基地のモニターにてカオスエメラルドのエネルギー反応が2つもあることに気づく。Dr.エッグマンはソニックたちが偽物カオスエメラルドで騙そうとしていると推察、ソニックたちを倒そうとスペースコロニーアークでへと向かった。Dr.エッグマンは置き去りになっていたエミーを発見し人質にとり、ソニックとテイルスを呼び出した。人質としているエミーと引き換えに所持しているカオスエメラルドを渡すように要求。ソニックが渡そうとしているカオスエメラルドが偽物であることを既に知っていたDr.エッグマンは、ソニックをカプセルに閉じ込め宇宙空間へ放り出し爆破。Dr.エッグマンは残されたテイルスとカオスエメラルド奪取のため戦闘。

一方、ルージュはマスターエメラルド回収を断念したため、既に集まっていた6つのカオスエメラルドを盗もうとしていた。その現場にシャドウが登場。シャドウはルージュの正体を秘密裏に調べており、ルージュが連邦政府大統領専属のスパイであったことを突き止めていた。正体を指摘されたルージュは、本来の目的であったシャドウについて調査結果を見せた。ルージュは仮に調査結果の記事に書かれているシャドウが本物だとしたら、眼前にいるシャドウは何者なのかと意味深長な発言。そこにDr.エッグマンからカオスエメラルドを全て手に入れたとの知らせがルージュとシャドウの元に入り込む。また、何者かがエクリプスキャノンに向かっているとの報告も同時になされた。報告を受けシャドウはエクリプスキャノンに向かうことに。去り際シャドウはルージュに言う、自分の記憶がフェイクだとしてもそれが全てだと信じるのだと。また、マリアの願いを叶えるだけだとも付け加えた。

シャドウはエクリプスキャノンに到着した。先ほどの宇宙での爆発で死んだと思っていたソニックがそこにはいた。シャドウはソニックと戦闘することになる。一方、Dr.エッグマンはテイルスから奪った最後のカオスエメラルドをセット。高らかに笑い声をあげ世界征服を確信したのであった。

「ラストシナリオ」

ラストシナリオを選択する画面

5osrtykmr
5osrtykmr
@5osrtykmr

Related Articles関連記事

ソニックアドベンチャー(Sonic Adventure)のネタバレ解説・考察まとめ

ソニックアドベンチャー(Sonic Adventure)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソニックアドベンチャー(Sonic Adventure)』とは、株式会社セガ・エンタープライゼスより1998年に発売された3Dアクションゲームである。1998年にドリームキャスト用に発売されたのち、2003年にはゲームキューブ用として『ソニックアドベンチャーDX』がリメイク版として発売された。ソニックシリーズとして初めての3Dゲームであり、さらにゲームキャラクターに対して声優が用意されソニックシリーズの進展を象徴する作品となった。高速で躍動するキャラクターを操る爽快感に多くの支持を得ている。

Read Article

龍が如く0 誓いの場所(ZERO)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く0 誓いの場所(ZERO)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

龍が如く5 夢、叶えし者(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く5 夢、叶えし者(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く4 伝説を継ぐもの(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く4 伝説を継ぐもの(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く3(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く3(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く7 光と闇の行方(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く7 光と闇の行方(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く7 光と闇の行方』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如くシリーズ』の第7作目に当たる作品である。キャッチコピーは「ゲームに飽いた人たちへ」。本作は、『龍が如く』の主人公であった桐生一馬に代わり春日一番が主人公となり、彼が刑務所というどん底に突き落とされてから本物の龍になるまでの姿を描いている。重くハードなストーリー展開はそのままに、これまでの喧嘩アクションに新しくライブコマンドRPGバトルが加わり、これまでのシリーズとは全く異なったRPG作品となっている。

Read Article

サクラ大戦(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

サクラ大戦(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

サクラ大戦とは1996年9月27日にセガゲームスより発売されたアドベンチャーゲーム。 蒸気機関が普及する「太正」時代を舞台に、主人公(プレイヤー)が特殊部隊「帝国華撃団・花組」を率いて都市に巣食う闇の勢力と対決する。 テレビアニメのほか、OVA、ドラマCD、小説、舞台、マンガ、パチンコ・パチスロなど幅広く展開されている。

Read Article

龍が如く 維新!(ISHIN)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く 維新!(ISHIN)のネタバレ解説・考察まとめ

PS3・PS4対応のアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品。 今作は、主人公の桐生一馬を坂本龍馬(斉藤一)としてキャラ設定を変え、坂本龍馬が生きた幕末の時代を舞台にしたアクションアドベンチャーとなっている。 キャッチコピーは「かつて日本には、英雄がいた。」。

Read Article

龍が如く1(初代・極)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く1(初代・極)のネタバレ解説・考察まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く OF THE END(オブ ジ エンド)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く OF THE END(オブ ジ エンド)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

サクラ大戦TV(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

サクラ大戦TV(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『サクラ大戦TV』とは、セガサターン用アドベンチャーゲーム『サクラ大戦』及び、ゲームのストーリーを元に新たなストーリーや構成を加えたテレビアニメ作品である。ゲーム版の世界における日本の年号である太正12年、真宮寺さくらの帝国華撃団加入から、葵叉丹率いる黒之巣会との戦いまでを描いている。ゲーム版が帝国華撃団隊長の大神一郎を主人公とした恋愛シミュレーションであるのに対し、本作は華撃団隊員の真宮寺さくらを主人公としたメンバーの結束をメインテーマとして描いており、シリアスなストーリー展開が特徴である。

Read Article

龍が如く1(初代・極)の必殺技・ヒートアクションまとめ

龍が如く1(初代・極)の必殺技・ヒートアクションまとめ

『龍が如く』とはSEGAから発売された裏社会を舞台とするアドベンチャーゲームである。主人公の桐生一馬は、堂島の龍と呼ばれた伝説の極道であり、極道組織東城会に所属している。100億円をめぐる事件を彼なりの方法で解決していく。 『龍が如く』のヒートアクションとは、『龍が如く』で敵と戦う時に使用可能な攻撃の種類のことである。ヒートゲージが溜まった状態で、コマンド△を押すと発動可能。通常攻撃では見ることのできないムービーが流れるのが特徴で、中にはムービー中にコマンドを選択するアクションもある。

Read Article

わくぷよダンジョン決定盤(わくわくぷよぷよダンジョン)のネタバレ解説・考察まとめ

わくぷよダンジョン決定盤(わくわくぷよぷよダンジョン)のネタバレ解説・考察まとめ

『わくぷよダンジョン決定盤』とは、1999年にコンパイルから発売されたPlayStation用ローグライクゲーム。落ちものパズルゲームの代表作『ぷよぷよ』の名前がタイトルに付けられているが、パズルゲームではない。3人のキャラから主人公を選んで、ダンジョンの攻略を目指すRPGとなっている。 「すっごい魔法のアイテム」がどこかにあるというテーマパークに足を踏み入れた3人の主人公・アルル、ルルー、シェゾ。それぞれは期待を胸に、不思議なダンジョンが建ち並ぶテーマパークで大冒険をする。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

ソニック・ザ・ヘッジホッグの豆知識・都市伝説まとめ【あなたは知ってる?】

ソニック・ザ・ヘッジホッグの豆知識・都市伝説まとめ【あなたは知ってる?】

ソニック・ザ・ヘッジホッグは『ソニックシリーズ』の主人公で、セガの看板キャラクターである。青いハリネズミを擬人化したキャラクターであり、マッハ1を超えるほどの走行能力を有する。ボール状に丸まって体当たりすることもでき、作品によっては敵を追尾するホーミングアタック能力もついている。 ここではソニック・ザ・ヘッジホッグの豆知識・都市伝説をまとめた。

Read Article

シュールさが売り!?ドリームキャスト用ソフトの累計売上ランキングTOP50まとめ【シーマン、ソニックほか】

シュールさが売り!?ドリームキャスト用ソフトの累計売上ランキングTOP50まとめ【シーマン、ソニックほか】

ドリームキャストとは、1998年に「セガ・エンタープライゼス」から発売された据え置き型ゲーム機である。国内では約280万台を売り上げ、ソフトに関してはセガの代表的なキャラクターである『ソニック』シリーズのアクションゲームや、謎の人面魚「シーマン」を育成するシミュレーションゲームが話題となった。本記事ではドリームキャスト用ソフトの累計売上ランキング、TOP50をまとめて紹介する。

Read Article

マニアックからメジャーまで!おすすめのGAMECUBEソフトを紹介【スマブラDX、ピクミン他】

マニアックからメジャーまで!おすすめのGAMECUBEソフトを紹介【スマブラDX、ピクミン他】

2001年に発売されていた据え置き型ゲーム機の「NINTENDO GAMECUBE」。低迷期でもあったため販売量はおよそ400万台とあまり振るわなかったが、対応ソフトには「マリオ」「ゼルダ」「ソニック」「ボンバーマン」など、任天堂の看板キャラクターたちのゲームが揃っている。本記事ではぜひプレイしてほしい、おすすめのGAMECUBEのソフトを厳選して紹介する。

Read Article

《必見!》なぜ『サクラ大戦』シリーズはめちゃくちゃ人気があるのか?(まとめ記事)

《必見!》なぜ『サクラ大戦』シリーズはめちゃくちゃ人気があるのか?(まとめ記事)

『サクラ大戦』を知らない人は、絶対に一読してください!『サクラ大戦』シリーズは世代と全く異なる年齢層の方でさえ、ファンになってしまうほどの魅力の塊。そんな大人気『サクラ大戦』シリーズの魅力を、今回は伝説である大神一郎様とご一緒に、まとめてみました。

Read Article

【知っておきたい!】ギャルゲー・エロゲー原作のアニメまとめ【サクラ大戦・AIR他】

【知っておきたい!】ギャルゲー・エロゲー原作のアニメまとめ【サクラ大戦・AIR他】

近年ではギャルゲーやエロゲーが原作のアニメも多く、「このアニメの原作はギャルゲーだったんだ」と驚いた経験がある人も少なからずいるだろう。ここではギャルゲー・エロゲーが原作のアニメをまとめた。ストーリーがしっかりしているギャルゲー・エロゲー作品も多いので、偏見を持たずに一度見てみると良い。

Read Article

目次 - Contents