こどものおもちゃ(こどちゃ)のネタバレ解説・考察まとめ

『こどものおもちゃ』とは、子役タレントとして活躍する主人公・小学6年生の倉田紗南と、クラスメイトで問題児の羽山秋人を中心に繰り広げられる学校生活を描いた作品である。物語の中では、学校で起こるイジメや問題を紗南が解決しようとする姿、子供ならではの淡い恋心やストレートな感情が描かれている。学級崩壊や家庭崩壊、イジメといった社会問題を取り上げた深刻なシーンも、ギャグを交えながら表現されている。そのため、子供も大人も最後まで楽しむことができる学校生活を描いたコメディ漫画およびアニメ作品。

『こどものおもちゃ』の概要

出典: middle-edge.jp

『こどものおもちゃ』とは、漫画家の小花美穂の作品で、1994年から少女漫画雑誌の「りぼん」に連載され、その後、単行本全10巻、完全版全7巻、コミック文庫全7巻が発売されている。ファンからは「こどちゃ」と呼ばれている。
物語の中に登場している映画「水の館」は、番外編として単行本になっている。また、1998年には、「第22回 講談社漫画賞 少女部門」を受賞している。

1996年4月から1998年3月までの2年間で、漫画を原作としたテレビアニメが8クールに渡ってテレビ東京系列で全102話が放送された。前半の4クール(第1話から第51話)を「小学生編」、後半の4クール(第52話から第102話)を「中学生編」とされている。アニメ版には、原作に登場していないオリジナルキャラクターや有名人が本人役として登場するなど、物語の中の様々な場所にパロディが盛り込まれている。

2010年には、小花美穂の作品である「Honey Bitter(ハニービター)」と合作し、紗南と羽山のその後を描いた番外編「Deep Clear(ディープクリア)」が発売された。また、2015年には「りぼん」9月号内に、番外編「なんにもない日々」が掲載されている。

その他、サウンドトラックなどのCDはソニーレコード、VHSはソニー・ミュージックエンタテインメント、LD・DVDは株式会社SPE・ビジュアルワークスより発売されている。

アニメは、小学生編と中学生編に構成されていて、原作にはないオリジナルストーリーも多く放送されている。

主人公の倉田紗南は小学6年生。小さい頃に劇団こまわりに入団したのをきっかけに、映画・ドラマ・バラエティーで活躍している人気子役だ。青木賞を受賞したことがある人気作家の母と、紗南のマネージャーと一緒に豪邸に住んでいる。忙しくも楽しく過ごす紗南を悩ませていたのが、クラスメイトの羽山秋人である。羽山はクラスの男子を引き連れ授業がまともにできないほど校内で暴れていたのだ。作品中には、紗南が羽山の心を改心させるために奔走する姿や、子供たちの淡い恋心が描かれている。しかし、学級崩壊をはじめ、家庭崩壊や離婚、イジメ、マスコミの影響によるバッシングといった、様々な社会問題を子供の視点から描いている場面も多い。『こどものおもちゃ』は、子供らしいストレートな感情や社会問題など、子供は共感でき、大人は改めて考えさせられることが多い作品である。

『こどものおもちゃ』のあらすじ・ストーリー

子役タレントとクラス崩壊

教室を出て行こうとする羽山(右)を呼びとめる紗南(左)

小学6年生の倉田紗南は、抜群の演技力で業界から注目される子役タレント。そんな彼女の目下の悩みは、忙しい中時間を作って通っている自分のクラスが、羽山秋人という同級生の少年を中心にした男子生徒たちの妨害によってまともに授業できない状況にあることだった。どうしてそうなったのか調べてみれば、担任の教師は同僚と恋仲らしく、校内でイチャイチャしていたところを秋人に写真に撮られてしまい、「自分に逆らったらこの写真をバラ撒く」と脅されて注意したくてもできなくなったのが原因だった。
このままではクラスの友人たちも落ち着いて授業を受けられないと考えた紗南は、秋人の“恥ずかしい写真”を撮ることで逆に彼を脅し、担任への脅迫をやめさせる。一緒になって暴れていた一部の男子生徒たちも、親玉である秋人が授業妨害をやめたこと、自分が次の親玉になって授業妨害を続けようとした生徒を秋人が腕力で黙らせたことでおとなしくならざるを得なくなる。

目的を果たして満足する紗南だったが、今度は秋人がクラスで孤立するようになり、親切心から彼とクラスの生徒たちの仲を取り持とうと奔走する。しかし肝心の秋人は非協力的で、同級生たちから腫れ物扱いされてもどこ吹く風。業を煮やした紗南が「何かやってほしいことはないのか」と聞けば、「殺してほしい」と言ってナイフを渡してくる始末。
なんてことを言い出すんだと憤慨して拒絶する紗南だったが、「どうして秋人は授業妨害をしていたのか、なぜ“殺してほしい”なんて言い出したのか」が気になるようになっていく。

羽山家の再生

秋人のことを調べ始めた紗南は、羽山家がかつての自分たちのクラス以上の崩壊状態にあることを知る。秋人の母親は彼を出産した際に命を落としており、そのことをひどく恨んだ実の姉から、秋人は「悪魔」と呼ばれて虐待にも等しい扱いを受けていた。妻を失った父親は、そんな家庭内の問題から目を背けて仕事に逃げ、秋人は物心つく前から誰にも守ってもらえずにただ心と体を痛めつけられる日々を送っていた。秋人が授業妨害していたのも、12歳にして希死念慮を抱いているのも、“自分などどうなってもいい”という絶望と自暴自棄の末の行動だったのだ。
クラスの厄介者だと思ってた秋人が、こんな悲惨な環境で生きてきたのだということを知った紗南は衝撃を受け、同時に羽山家の人々に対して激しい怒りを覚える。なんとか秋人を救いたいと考えた紗南は、ちょうど引き受けていたドラマの仕事で、“家族の問題で苦しむ子供”の役を大人顔負けの演技力で演じ切り、これを羽山家の人々に見せつける。

今まで自分たちが秋人にしてきたことを、第三者の視点から見せられた羽山家の人々は、それが「大切な人を失った悲しみに耐えられずに、それを秋人にぶつけていただけ」だと気付く。これを悔やみ、もう一度家族としてやり直そうと父と姉が決意したことで、羽山家は再生への一歩を踏み出す。
劣悪な環境の中で、自分自身を守るために強硬な自我を育てていった秋人は、家族の態度が急変したことをどう受け止めればいいか分からず、表面上は依然と変わらないまま過ごす。しかし紗南が“生まれて初めて自分を守ろうとしてくれた”人物であることは理解し、彼女に対して感謝と興味を抱き、それはやがて好意へと変わっていく。

「母親名のり出なさい」

実紗子が新しいエッセイ「娘と私」を出版した目的は、紗南の産みの母を探すことにあった

クラスの問題も羽山家の問題も解決した紗南は、その後も秋人を振り回し、また振り回されながら楽しく日々を過ごしていく。そんな中、紗南の母親で有名小説家でもある実紗子が、以前から紗南と約束していた内容のエッセイを出版。そこには紗南が生まれたままの姿で公園に捨てられていた子供であること、自分はそれを保護して引き取っただけであることが克明に記されていた。
実紗子の目的は紗南の本当の母親を探し出し、紗南が自分の娘であることをはっきりさせることにあった。しかしそのためにどのような手段を用いるべきなのか彼女自身にも分からず、「紗南が一定の年齢になったら、著名人である自分の立場を利用して、秘密のメッセージを仕込んだエッセイを執筆する」という方法を取ったのである。

しかし紗南はそんな実紗子の思惑が読めず、自分でも納得して受け入れたことながら「もしかしたら実紗子にとって自分はいらない子なのではないか、だから本当の母親を探しているのではないか」と思い悩む。そんな彼女を、秋人は強引かつ懸命に支え、「実紗子が本当にお前を愛していなければ、そんな明るいヤツに育つわけがない」と不器用な言葉で励ます。傍迷惑な男だとだけ思っていた秋人の心遣いに紗南は深く感謝し、同時に彼への想いを新たにしていく。
実母との対面の後、紗南は実紗子の真意と彼女もまた「娘として愛し続けた紗南が、自分ではなく実母を選んだらどうしよう」との不安に怯えていたことを知る。実紗子こそが自分の母親だと、倉田家こそが自分の家だと心の底から認めて、紗南は実紗子に抱き着くのだった。

進学、親友、そして失恋

神保中学で知り合い仲良くなった紗南と風花(右)

その後紗南は友人たちや秋人と共に中学校に進学。そこで知り合った松井風花(まつい ふうか)とは出会ったその日に意気投合し、無二の親友となる。その風花は秋人とは幼稚園が一緒だったらしく、紗南は両者の意外なつながりに驚く。一方、紗南は自分のことを普段は粗雑にしながらもいざという時は大事にしてくれる秋人に対して、“手のかかる友人”という以上の認識がなかなか持てず、2人の関係は遅々として進まなかった。
それからしばらくして、紗南は長期ロケのため学校から離れる。その間に風花は人間関係のトラブルなどで秋人に頼ることが多くなり、6年を経て大きく成長した彼に惹かれ、好意を抱いていく。その風花からの告白を受けた秋人は、紗南が振り向いてくれないことに悩んでいたこと、さらに週刊誌で紗南が同年代の子役タレントと熱愛関係にあるという報道を真に受けてしまったことで、これを承諾してしまう。

ロケ中に秋人と風花が交際を始めたことを知った紗南は呆然自失となり、今になって自分が秋人に好意を抱いていたことを知る。しかし親友である風花の恋を邪魔することなどできず、自分の想いを胸の奥底に隠し、何もない風を装って秋人たちに接することを決める。
咲くよりも早く散った恋心を忘れるように、芸能界の仕事に打ち込んでいく紗南。ここに至って紗南も秋人のことを本気で慕っていたことにようやく気付くものの、自身の想いを捨てることもできず、恋と友情の間で悩み続ける風花。心の支えだった紗南から離れ、告白を受け入れた風花を邪険にすることもできず、少しずつ荒れていく秋人。3人の関係は千々に乱れて混迷していく。

罪と罰

紗南たちの三角関係がこじれていく中、秋人は小森和之(こもり かずゆき)というクラスメイトから一方的に興味を抱かれる。小森は親との関係がうまくいっておらず、教師にも物怖じしない秋人に憧れ、彼と友人になることを望んでいた。しかしほとんど話したこともない相手から急に「友達になろう」と迫られた秋人がこれを断ったことで、小森は暴走していく。
自殺する旨を記したメモを残した小森が姿を消したことで大人たちが大騒ぎする中、秋人は彼の日記を手掛かりに樹海へと向かう。今まで多くの人を傷つけてきた償いに、自分が小森を助けなければならないと考えたのである。そこで「秋人が友達になってくれないなら一緒に死ぬしかない」とまで思い詰めた小森に右腕を刺されるも、秋人は彼をなんとか取り押さえて帰還する。

この時、ひたすらに秋人を信じて待ち続け、出血多量で倒れた彼を誰よりも案じる紗南の姿を見て、風花は「秋人の隣には紗南がいるべきだ」と結論。秋人と別れ、彼と親友の紗南の恋路を見守ることを選択する。
大きな回り道を経て、紗南と秋人は交際を開始。しかし小森に刺された後遺症で、秋人の右腕には麻痺が残ってしまい、これがさらなる波乱を呼んでいく。

逃避行の末に

出典: twitter.com

人形病で弱っていく紗南を目の前に、涙を流しながら自分の気持ちを伝える羽山

秋人の腕のことを案じた彼の父は、その治療とリハビリのためにアメリカに移住することを決める。息子の未来のための選択だったが、それは紗南と秋人の別離をも意味していた。
ようやく正式な恋人となれた秋人と、幸せそのものの日々を過ごしていた紗南は、これに大きな衝撃を受けて「行かないでほしい」と懇願。しかし中学生でしかない2人にはどうすることもできず、紗南は“表情を作れなくなる”人形病という精神的な病気にかかってしまう。かつて実母に捨てられた紗南は、もともと「親しい者との別離」に対して極端に憶病な性質の持ち主で、初めての恋人である秋人との別れに心が耐えられなかったのである。

父の想いと紗南を案じる気持ちに挟まれて悩む秋人だったが、心弱った紗南から「2人だけで幸せになれる場所に行きたい」と頼まれ、ついには手に手を取って逃避行に走る。しかし、思い出にと撮った写真の中で“自分がまったく笑っていない”ことに気付いた紗南は、秋人の「お前と離れたらダメになるのはオレの方だ、いつものように笑ってくれ」との涙ながらの言葉を受けて、心の病を克服する。「秋人と別れたくない」という紗南の心の子供の部分と、「秋人を悲しませたくない、守りたい」という紗南の心の母性的な部分がうまく折り合いをつけた結果だった。
別離を受け入れた2人は、必ずまた会うことを、いつか人生を共に歩むことを誓い合い、それぞれの家族の下へと戻っていく。

それから2年ほどの時が流れ、紗南と秋人はそれぞれに中学3年生に進級。アメリカから久しぶりに日本に戻ってきた秋人と再会した紗南は、分かれていた時を埋めるように彼と語らう。「私の幸せには秋人が絶対に必要」と真顔で告げられ、出会った頃の鉄面皮が嘘のように恥ずかしがる秋人を見て、紗南も嬉しそうに満面の笑みを浮かべるのだった。

『こどものおもちゃ』の登場人物・キャラクター

出典: middle-edge.jp

倉田家

倉田 紗南(くらた さな)

pawadh32
pawadh32
@pawadh32

Related Articles関連記事

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさんの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさんの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』とは、ナンセンスギャグを得意とするうすた京介が、『週刊少年ジャンプ』で描いた伝説的なギャグマンガである。 謎の格闘技「セクシーコマンドー」の使い手である本作の主人公・花中島マサルの繰り出すシュールで支離滅裂なギャグが本作の見所である。 本作に出てくる名言もシュールなものばかりで、名言と言うより、どちらかと言うと迷言に該当しそうなものばかりである。

Read Article

こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)のネタバレ解説・考察まとめ

こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)のネタバレ解説・考察まとめ

『こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)』とは、秋本治による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』において1976年から2016年まで連載され、その後実写やアニメ、ゲームなどに展開されている。「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」として、ギネス世界記録にも認定されている。東京都葛飾区にある亀有公園前派出所に勤務する警察官の両津勘吉を主人公とし、その周辺の人物が繰り広げるギャグ漫画。連載期間40年間で、一度も休載することなく連載され、2016年6月時点で累計発行部数は1億5650万部を記録している。

Read Article

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベル作品。 科学によって超能力を発現する「能力開発」をカリキュラムに組み込んだ、大規模な教育機関「学園都市」。その街に住む高校生「上条当麻」のもとにある日現れたシスター「インデックス」を巡って、上条は魔術の世界に踏み込んでいく。オカルトと科学、相反する二つの世界を描くバトルアクションとして、深いストーリーや名言の評価が高い作品である。

Read Article

僕等がいた(アニメ・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

僕等がいた(アニメ・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕等がいた』とは、2002年から「ベツコミ」で連載され、第50回小学館漫画賞少女向け部門を受賞した小畑友紀の漫画であり、2006年にアニメ化され、2012年に完結後、実写映画化もされた大人気漫画である。舞台は北海道釧路市と東京で、高校生活に期待を寄せる少し天然で一途な普通の女の子高橋七美と、運動神経抜群でクラスの大半が好きになるが、心に大きな影を抱える矢野元晴の高校時代~社会人までの青春と純愛を描いたラブストーリー作品である。

Read Article

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』とは、1995年から1997年にかけ、『週刊少年ジャンプ』にて連載されたギャグ漫画及びそれを原作としたアニメ作品。作者は「うすた京介」であり、同氏の連載デビュー作である。奇妙な格闘技「セクシーコマンドー」の使い手である主人公・花中島マサルと、彼を中心としたセクシーコマンドー部員たちとの日常が描かれる。突拍子もない展開の続くナンセンスギャグが主だが、随所で当時のテレビ番組などの固有名詞や、様々なパロディも挟まれるなど、緩急ついた笑いが人気を博した。

Read Article

とある魔術の禁書目録(インデックス第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

とある魔術の禁書目録(インデックス第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『とある魔術の禁書目録』とは、鎌池和馬のライトノベル『とある魔術の禁書目録』を原作とする、J.C.STAFF制作によるサイエンス・ファンタジーアニメ作品。第1期は、2008年10月から2009年3月まで放送された。第1期以降、2020年までには、第2期、第3期までが放送されている。『とある科学の超電磁砲』、『とある科学の一方通行』などと合わせて「とある」シリーズと呼ばれており、本作『とある魔術の禁書目録』はその中核的な位置づけの作品である。

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

探偵オペラ ミルキィホームズ(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

探偵オペラ ミルキィホームズ(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

90年代りぼん漫画家の代表!小花美穂作品の魅力『こどものおもちゃ』

90年代りぼん漫画家の代表!小花美穂作品の魅力『こどものおもちゃ』

現在のアラサー女子のほとんどは『こどものおもちゃ』という少女漫画をご存知ではないでしょうか。 月刊誌「りぼん」で掲載されていたこちらの漫画は大ヒット作品であり、アニメ化や舞台化などもされました。 コミカルだけど奥が深い、そんな不思議な魅力が満載の『こどちゃ』を紹介します!

Read Article

【ときめきトゥナイト】「りぼん」黄金期!懐かしの漫画まとめ【こどものおもちゃ】

【ときめきトゥナイト】「りぼん」黄金期!懐かしの漫画まとめ【こどものおもちゃ】

世の中の女の子たちを虜にしてきた少女漫画雑誌『りぼん』。そこで連載されていたのは、『ときめきトゥナイト』、『こどものおもちゃ』、『ママレード・ボーイ』など、超有名なものばかりです。他にも、「こんなのあったなぁ!」と思わず声が出てしまうような懐かしい「りぼん漫画」がたくさんあるので、ぜひこの記事を読んで青春時代を思い出してください。

Read Article

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

見覚えのないビルの最下層で目を覚ました少女、レイチェル。わけもわからないまま、出口を求めてビルの中をさまよっていると、顔を包帯で覆い、大きな鎌を持った殺人鬼、ザックが現れる。 「3秒数えてやる。だからさぁ、逃げてみろよ!」 今回は「殺戮の天使」第1話『Kill me... please.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents