少林サッカー(Shaolin Soccer)のネタバレ解説・考察まとめ

監督・主演のチャウ・シンチーを日本で一躍有名にした2001年製作の香港映画。少林拳とサッカーを組み合わせ、最先端のCGを巧みに使用したギャグ満載の大ヒットアクションコメディ。日本では2002年の日韓ワールドカップと同時期に公開された。 かつて八百長で選手生命を断たれた中年男と、少林寺拳法を世に広めたいと願う若者が出会い、少林寺拳法の達人を集めてサッカー・チームを結成、全国大会を勝ち進んでいく。

絶体絶命のチームを救うのは太極拳

少林チームの人数が足りず試合続行不可能なピンチの場面で、頭を丸めた姿で現れたムイ。
「女性である事がバレないようにスキンヘッドにした」と言うムイだが、「まるで火星人だ。地球は危険だ。火星に帰れ!」と返すシンのセリフが面白い。
デビルチームのストライカーと、ゴールキーパーのムイが1対1で向かい合う。ムイが太極拳の構えをすると「陰陽太極図」が浮かび上がる。
デビルのストライカーがジャンプして放った強烈な火の玉シュートを、ムイはエネルギーを殺すように回転しながらキャッチして指先でボールを回すのだ。
ムイの太極拳がチームを救う。

シンの炎のシュートが変化するCGが見事

決勝戦で、シンが強烈なシュートを放つと火の玉からヒョウかトラのような形に変化して、相手の長髪のゴールキーパーに片手でキャッチされる。
予告篇やTVのCMでも使用されていたシーンが、この”火の玉からヒョウかトラのような形に変化”するシーン。
実際はヒョウなのかトラなのかは不明だが、サッカー用品のメーカーPUMAを意識した「ヒョウ」なのか、「キャプテン翼」に出てくる日向小次郎のタイガーショットを意識した「トラ」なのか、どちらかに監督の意図があるのかもしれない。
本編中、ボールに火がついたり、蹴られたボールが突風を巻き起こしたりするシーンは数多くあり、CG技術はハリウッド映画に引けを取らない見事な出来栄えである。

2人の香港女優が友情出演

手前がセシリア・チャン、奥がカレン・モク

勝ち進む少林チームが決勝前に対戦する敵チーム。
二人のフォワードはまるで双子のようにヒゲ&ドレッドヘアで登場する。
演じているのは、二人とも香港を代表する人気女優、セシリア・チャンとカレン・モクである。
セシリア・チャンは、99年チャウ・シンチー主演「喜劇王」のヒロイン役に大抜擢され映画デビューを飾った新進女優。
カレン・モクは、チャウ・シンチーの主演映画に多数競演しており、今や香港のみならず世界的に活躍する大女優。
チャウ・シンチ―作品ではおなじみの二人が男装してカメオ出演したものと思われる。
二人がゴールに向かって走り出すシーンは、シンが「ワイヤーアクションかよ?」と驚くセリフがあるほど、男性顔負けのスーパーアクションを見せる。

『少林サッカー』の関連動画

予告編映像

メイキング映像

moromij3
moromij3
@moromij3

目次 - Contents