少林サッカー(Shaolin Soccer)のネタバレ解説・考察まとめ

監督・主演のチャウ・シンチーを日本で一躍有名にした2001年製作の香港映画。少林拳とサッカーを組み合わせ、最先端のCGを巧みに使用したギャグ満載の大ヒットアクションコメディ。日本では2002年の日韓ワールドカップと同時期に公開された。 かつて八百長で選手生命を断たれた中年男と、少林寺拳法を世に広めたいと願う若者が出会い、少林寺拳法の達人を集めてサッカー・チームを結成、全国大会を勝ち進んでいく。

かつてシンと修行の歳月をともにした兄弟弟子のひとり。「鉄の頭」は通称で本名は不明。
シンとは一番親しく、兄さんと呼ばれている。
ナイトクラブで働いていたが、経営者にしょっちゅう怒られ頭を瓶で殴られていた。
少林チームでは、鉄の頭でのスーパーヘディングが持ち味。

旋風脚(演:モク・メイラム)

かつてシンと修行の歳月をともにした兄弟弟子のひとり。「旋風脚」は通称で本名は不明。
食堂で皿洗いをしていた。頭髪が薄い。
少林チームでは、体操のあん馬の要領で両足を地上スレスレで高速回転させてボールを操る。

鎧の肌(演:ティン・カイマン)

かつてシンと修行の歳月をともにした兄弟弟子のひとり。「鎧の肌」は通称で本名は不明。
証券会社サラリーマンとして、携帯電話とパソコンを持って忙しそうにしている妻帯者。
防御力と吸引力に優れた肌を使う特技があり、少林チームでの得意技は腹筋でボールを挟むこと。

魔の手(演:チャン・クォックァン)

かつてシンと修行の歳月をともにした兄弟弟子のひとり。「魔の手」は通称で本名は不明。
半年間無職で仕事を探していた。
試合中にブルース・リーになりきっており、顔もどことなく似ている。ブルース・リーと同じ色のトラックスーツを着る。
少林チームでは、目にも見えぬ速さでボールを受け止め跳ね返すゴールキーパー。

空渡り(演:ラム・ジーチョン)

かつてシンと修行の歳月をともにした兄弟弟子のひとり。「空渡り」は通称で本名は不明。
スーパーマーケットで働きながらもスナック菓子を食べていた。
少林寺にいた頃は痩せていたが、ホルモンの異常で過食症になり、現在では体重100キロを超えている肥満体。
生卵に目が無く、軽功により身体を急激に軽くし、空へ跳ぶことができる。
少林チームでは、足でボールを挟み空中を浮遊して相手をかわす技を使う。

監督・主演 チャウ・シンチー

チャウ・シンチー(中国名:周 星馳/英語名: Stephen Chow)愛称は星爺(シンイェ)。
1962年香港に生まれる。
香港映画界が誇るヒットメーカー。

香港TV局TVBの俳優養成学校でトレーニングを積んだ後、子ども番組の司会者としてキャリアをスタート。
映画俳優としてのデビューは「ファイナル・ジャスティス」(87)で、台湾電影金馬奨の最優秀助演賞を受賞。
その後も「ゴッド・ギャンブラー 」シリーズ(90~91)「ファイト・バック・トゥ・スクール」シリーズ(91~93)等に出演、香港映画界でスターの地位を確立する。
94年「0061 北京より愛をこめて!?」で監督に初挑戦(リー・リクチーと共同)。以降、兼任監督とプロデュース・脚本にも携わるようになる。
日本では一部の香港映画ファンの間で知る人ぞ知る存在であったが、2001年製作の初めての単独監督作品「少林サッカー」は、日韓開催ワールドカップの影響もあって大ヒット。一躍注目を浴びた。

チャウ・シンチーは「少林サッカー」について、アメリカの映画誌「プレミア」のインタビューで、「本作は日本の昔のアニメ「キャプテン翼」からインスピレーションを得ている。「キャプテン翼」は10年以上にわたり香港で非常に人気があり、子供全員のみならず大人も夢中になった。サッカーをカンフーと組み合わせるアイデアは何年も前から頭の中にあったが、以前は漫画のようなプレイはインクと紙でしか出来ないものだった。急速なCGの進歩のおかげで、やりすぎなぐらい激しいサッカーの動きも本物の人間で出来るようになった。」と語っている。

『少林サッカー』の名シーン・名場面&見どころ

ダイナミックなシンの練習シーン

チーム結成後、初めてサッカーの練習をする凄いシーンがある。
シンが壁に向ってボールを蹴る練習をするシーンなのだが、すでにものすごい脚力があることは本編中に紹介されているので、数十メートルの距離があっても届くのはわかるが、壁の真ん中に描かれた的に常に蹴り続けていることに驚愕する。さらには、普通に蹴るだけではなく、回し蹴りの要領で蹴ったり、最後は両足でオーバーヘッドキックのような形で蹴っても、的を外さないのが見事だ。
因みに、蹴ったボールがコンクリートの壁にぶつかる衝撃で、コップの水に波紋ができるというカットがあるが、これは「ジュラシックパーク」のパロディ。

シンのボロボロシューズが愛の力で復活

シンとムイ、2人を結びつけたのはシンの履いていたボロボロの靴だった。
それは、シンがムイの働く饅頭屋で饅頭の代金として靴を渡したところから、2人の関係は始まったのだった。
シンが捨てたボロボロになった靴を、ひそかにつぎ当てしていたムイ。決勝戦で少林チームがピンチに追い込まれ、シンの新品のシューズも破けてしまった時、ムイから渡されたその修理されたボロボロの靴を履いて、シンは最後の戦いに望む。
かわいいキャラクターが描かれたアップリケがムイの少女のような心を表しており、シンへの思いの強さを表現しているかのようである。

moromij3
moromij3
@moromij3

目次 - Contents