aiko / アイコ

aiko / アイコ

aikoは大阪府吹田市出身のシンガーソングライター。1975年11月22日生まれで所属事務所はbuddy go。レコード会社およびレーベルはポニーキャニオン。公式ファンクラブは「Baby Peenats」。
高校時代から作曲をはじめ、短大卒業後、ラジオパーソナリティなどの活動を経て、1997年にインディーズアルバム「astral box」を発表。1998年にシングル「あした」でメジャーデビュー。その後3rdシングル「花火」がヒットし、「カブトムシ」「桜の時」「ボーイフレンド」などリリースしたシングルが次々とヒットを記録する。
2000年には2ndアルバム「桜の木の下」が週間オリコンチャートで1位を獲得。累計売上も140万枚の大ヒットとなり、同年リリースの「ボーイフレンド」も約50万枚以上を売り上げ、第51回『NHK紅白歌合戦』に初出場を果たす。
2011年には初のベストアルバム「まとめI」「まとめII」を2枚同時に発売。2018年にメジャーデビュー20周年を記念した13thアルバム「湿った夏の始まり」をリリースした。2023年には15thアルバム「今の二人をお互いが見てる」をリリースし、2023年7月17日でデビュー25周年を迎えた。
女性の恋心をつづった等身大の歌詞とポップなメロディ、飾らないキャラクターなどで男女問わず幅広い年齢層に高い人気を誇る。

aiko / アイコの関連記事

ダメな私に恋してください(ダメ恋)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ダメな私に恋してください(ダメ恋)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「ダメな私に恋してください」とは、中原アヤによる日本の漫画作品。集英社「YOU」にて掲載された。単行本全10巻。29歳独身、無職で貢ぎ体質の柴田ミチコが大嫌いだった元上司・黒沢歩の力を借りて人生をリセットする物語。 2016年1月に日本テレビにて、深田恭子主演でテレビドラマ化された。

Read Article

阪急電車 片道15分の奇跡(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

阪急電車 片道15分の奇跡(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『阪急電車 片道15分の奇跡』とは2011年に全国東宝系で公開されたハートフル群像劇映画である。有川浩が2008年に発表した連作短編集『阪急電車』を原作とし、 監督三宅喜重、脚本岡田惠和、主演中谷美紀で映画化された。同じ電車に乗り合わせた8人の乗客たちがそれぞれ少しずつ関わり合い、笑顔になっていくさまが描かれる。作品の舞台となる阪急電車の他、西宮市や宝塚市なども制作に協力し、地元愛が強く溢れた映画に仕上がっている。

Read Article

忍者に結婚は難しい(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

忍者に結婚は難しい(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『忍者に結婚は難しい』とは横関大による小説、およびそれを原作としたテレビドラマである。小説は2022年に講談社から刊行、ドラマは2023年1月から3月までフジテレビ系で全11話が放送された。主人公である草刈蛍と草刈悟郎は、忍者である秘密をお互いに隠して結婚している夫婦である。任務をこなしていくうちにお互いに違和感を覚えていき、2人の間には不穏な空気が流れる。忍者として生きるのか、ただの人間として生きるのかを迫られていく、ヒューマンラブコメディーである。

Read Article

素敵な選TAXI(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

素敵な選TAXI(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『素敵な選TAXI』とは2014年10月~12月まで放送されたフジテレビの連続テレビドラマである。タクシー運転手の枝分が過去に戻れるタクシーで、いろいろな乗客と一緒に何度も過去に戻ってやり直すストーリー。お笑いタレントのバカリズムが脚本を書いた1話完結のドラマになっている。主演は竹野内豊、メインキャストにバカリズム、清野菜名、南沢奈央、升毅などが出演していて、各話ごとに有名な俳優が登場する。当時、人気ドラマだったため、2020年5月に夜のゴールデンタイムに再放送された。

Read Article

意味深?星野源と破局したaiko制作の歌詞【仕事だって嘘ついたね】

意味深?星野源と破局したaiko制作の歌詞【仕事だって嘘ついたね】

世の中に無数に存在する恋愛ソング。その中には失恋を歌ったものが多く、恋に悩みを抱える人びとの間で大きな支持を得ています。aikoもそんな歌を作るのが上手な1人。実は、彼女の作った歌『透明ドロップ』は、かつての恋人・星野源との破局を歌ったものであるとしてファンの間で話題になりました。真偽はともかく、人の心に刺さる楽曲を制作できる才能って本当にすごいですよね。

Read Article

【祝生誕40年】完全に独断でaikoのアルバムに順位をつけていく

【祝生誕40年】完全に独断でaikoのアルバムに順位をつけていく

98年のデビュー以来、伸びやかな歌声とジャジーなニュアンスをかねたコード進行をマッチさせ個性豊かな楽曲を精力的に発表しているaikoさんは、2015年11月22日、40歳の誕生日を迎えました。日本一キュートな40歳、aikoさんがこれまで発表したオリジナルアルバム11枚から、本当にオススメのアルバムをランキングにしてみました。

Read Article

【コブクロ】2014年の紅白に惜しくも落選してしまった歌手・アーティストまとめ【aiko・乃木坂46】

【コブクロ】2014年の紅白に惜しくも落選してしまった歌手・アーティストまとめ【aiko・乃木坂46】

『NHK紅白歌合戦』は、歌手・アーティストにとって憧れの舞台ともいうべき場所。実際に出場に至るまでには、様々な選考基準があるようです。この記事では、2014年の紅白について惜しくも落選してしまった人びとについてまとめました。きっといろんな理由があって、そこには大人の事情も絡んでいるのかもしれないですが、見慣れていた常連組がいない紅白はやはりどこか寂しさを感じますね…。

Read Article

【櫻井翔】第69回NHK紅白歌合戦の出場者・司会者情報まとめ【aiko】

【櫻井翔】第69回NHK紅白歌合戦の出場者・司会者情報まとめ【aiko】

2018年の大晦日は、第69回目の『NHK紅白歌合戦』が開催されました。白組の司会は嵐の櫻井翔!2016年の相葉雅紀、2017年の二宮和也に続く嵐メンバー単独での司会となりました。もちろん、グループとしてパフォーマンスも披露していますよ!この記事では、他の出場者の情報などについてもまとめました。ぜひ、当時を思い出しながらご覧ください。

Read Article

aikoがハリー・ポッターのコスプレ姿を公開!「可愛い」と絶賛の声

aikoがハリー・ポッターのコスプレ姿を公開!「可愛い」と絶賛の声

等身大の歌詞で多くの人の心を掴んで離さないaikoが、ある時ハリー・ポッターのコスプレを披露したことがありました。その姿が可愛すぎるとして、ファンが大絶賛!一体どんな姿だったのか、この記事で公開しています。なるほど、これは確かに可愛い…。こんなに可愛い魔女がいたら、どんな呪文でも甘んじて受けようという気になりますね。

Read Article

【素敵な選TAXI】清野菜名の華麗なるアクション画像まとめ【LOVE理論】

【素敵な選TAXI】清野菜名の華麗なるアクション画像まとめ【LOVE理論】

女優として数々のドラマや映画への出演を果たしてきた清野菜名。その中にはアクションシーンが激しいものも多いのですが、彼女はそれを見事にこなしています。それもそのはずで、高校2年生の時に1年間アクション訓練を受けていたんだそう。その経験が今に活きているなんてとても素晴らしいことですよね。この記事では、そんな清野菜名の華麗なるアクション画像をまとめました。躍動感に満ちた彼女の姿を、ぜひお楽しみください!

Read Article

【嫌われ松子の一生】中谷美紀が出演している映画まとめ!凛とした美しさが素敵【阪急電車 片道15分の奇跡】

【嫌われ松子の一生】中谷美紀が出演している映画まとめ!凛とした美しさが素敵【阪急電車 片道15分の奇跡】

中谷美紀といえば、凛とした美しさが素敵な俳優ですよね。彼女はこれまでに数々の映画に出演し、お茶の間の話題をさらってきました。この記事では、そんな中谷美紀が出ている映画作品について代表的なものをまとめています。『嫌われ松子の一生』、『阪急電車 片道15分の奇跡』など、映画を知らない方でもタイトルくらいは聞いたことがあるのでは?

Read Article

高評価を受けた実写化作品まとめ【河合勇人監督作「俺物語!!」など】

高評価を受けた実写化作品まとめ【河合勇人監督作「俺物語!!」など】

人気漫画を原作とした実写化映画やドラマが多く制作されるようになりました。実写化作品に対する批判的な意見もありますが、中には原作ファンを納得させ、世間にも受け入れられた名作も存在します。ここでは「俺物語!!」の河合勇人や「潔く柔く」の新城毅彦など、名監督たちが手がけた実写化作品の中で、評価の高かったものを紹介していきます。

Read Article

aiko / アイコのレビュー・評価・感想

New Review
aiko / アイコ
10

aikoの魅力、等身大の私たち

日本の音楽シーンで長年にわたり輝きを放ち続けるシンガーソングライター、aiko。彼女の音楽は、世代や性別を超えて多くのリスナーの心を掴んできました。

1975年11月22日、大阪府吹田市生まれのaiko(本名:柳井愛子)は、1998年にシングル「あした」でメジャーデビューを果たしました。以来、数々のヒット曲を世に送り出しています。

aikoの歌詞は等身大の感情を繊細に描写し、多くのリスナーに共感を呼んでいます。学生の頃、恋人とイヤホンを分け合いながら聞いたaikoの曲は忘れられません。
彼女の音楽はポップスを基調としながらも、「ノンダイアトニックコード」や「クリシェ」といった複雑な音楽理論を取り入れており、独特のコード進行やメロディラインが楽曲に「おしゃれ感」と「切なさ」を与えています。

代表曲には「カブトムシ」「花火」「ボーイフレンド」などがあります。「カブトムシ」は恋愛の切なさをカブトムシに例えた歌詞が印象的ですよね。

また、aikoのライブは観客との一体感が最大の特徴です。彼女はステージ上でのパフォーマンスだけでなく、客席に降りてファンと直接触れ合うことも多々あります。
例えば2023年のツアーファイナルでは、観客とハイタッチをしたり頭をポンポンしたりと、ファンとの距離を感じさせないパフォーマンスが話題となりました。
エネルギッシュでありながら繊細な歌声が会場全体を包み込むライブは、「一度体験したら忘れられない」との評判が高く、リピーターが多いそうです。

まだaikoのライブを体験したことがない方は、ぜひ一度足を運んでみてください。aikoとリスナーが創り出すあの空間は、音楽を通した最高の体験になるはずです。

aiko / アイコ
8

永遠の恋愛マスター

言わずと知れたシンガーソングライター、aiko。
彼女の音楽は、わたしの青春時代を語るうえでなくてはならない存在である。
恋愛特有の甘さ、ほろ苦さをこれほど天才的に、かつ斬新に表現できる人はそうそういるもんじゃないなと思う。

例えば彼女の代表曲である『カブトムシ』は「あなた」に恋する「あたし」を「蜜に吸い寄せられるカブトムシ」に例えているという曲だが、まずカブトムシにたとえている時点でもうすごい。
かつての恋愛の歌にカブトムシが登場する曲があっただろうか。
実際には調べていないのであるのかもしれないが、たぶんないだろう。
「わたしはあなたが好きよ~」だけの歌詞なら、ここまで共感は呼ばない。
あの頃のすべての恋する女子はきっと、「よくぞこの気持ちをカブトムシに例えてくれた!」と思ったにちがいない。(わたしは間違いなくそうだった)

他の人が歌ったらちょっと痛いような歌詞も、aikoのあの透き通るような可愛らしい声で歌い上げられると、とてつもない説得力が出てくるのも彼女の魅力だろう。
何年たっても変わらず恋愛ソングを書き続けているのもすごいと思う。

最新曲の『青空』はイントロを聴いた時点で「あああ!aikoだ!」とつぶやいてしまうくらいaikoなのに、今までのaikoよりも大人な歌詞と雰囲気で、また新たな彼女の魅力にトリコになった。

これからもaikoの活躍を見守りたいと思う。

aiko / アイコ
10

あなたの恋愛の代弁者

数多くのJ-POPには恋愛をテーマにした曲があります。
楽しい恋愛、切ない恋愛、辛い恋愛と一言に恋愛と言ってもその人にとって、その時々によって色々な恋愛があるのではないでしょうか。
何気ない日常の場面を切り取って、aikoのフィルターを通してみると違う景色に見えたりもします。
恋愛が、楽しいだけではなく辛いこともある。でも、あなたが好きと言った感情になった経験はありませんか?
今の状態のままではいつかダメになってしまうという不安、辛い悲しい恋愛だけど少しだけの幸せを見つけた瞬間不安が吹き飛び好きの感情だけが湧き上がる。
言葉ではうまく表現出来ない感情をaikoは、日常の些細な場面で私達の恋愛の代弁をしてくれます。
常に私達に寄り添ってくれるような曲が彼女の特徴なのではないでしょうか。
また、彼女のライブには一見の価値があります。
信じられないくらい、ファンと喋ってくれるのです。
これだけの実力派アーティストとして長年君臨しているにも関わらず、とてもファンを大切にしてくれます。
ライブの始まる前の注意喚起のアナウンスでは「誕生日のお祝いに関するコールはきりがないのでご遠慮ください」と流れるほど、ファンを大切にそしてaiko自身を身近に感じさせてくれます。
小さな体で、会場狭しと走ってはファンに近づいてくれるかと思えば、しっとりとバラードで聞かせてくれます。
そんな彼女も、自身のライブ中に結婚を発表したことでも注目されました。
結婚を機に彼女の心情に何か変化があったのかもしれません。
これから、彼女の生み出す音楽そして歌詞に注目したいです。

aiko / アイコ
10

聴くと元気になれるアーティスト

aikoの歌は、日常の何気ない風景や出来事を描きながら、恋する女性の気持ちをリアルに描いています。その点に魅力があるため長く支持されてきています。
さらにメロディやリズムは極めて独創的で、聴く者をグイグイと惹きつけてやみません。 とりわけ、「ボーイフレンド」や出世作となった「花火」などはそれまでJ-POPになかった極めてオリジナリティに溢れたメロディラインとリズムを持った楽曲だと言えます。さらにこの2曲の詞もあまり耳にしたことのないものでした。そういった美点によってaikoはJ-POPを代表する歌手の1人となったのです。その後、aikoのメロディラインは落ち着いた感じのものになりましたが、詞はやはり独創的です。しかし、それでいてこんなことあるあるといった感想を抱かせるところがaikoの曲が人々を惹きつけてやまない点でしょう。
言ってみれば、aikoの歌は普通の女性と等身大の女性を歌の主人公として登場させ、その相手の男性へのさまざまな想いを語らせるところに優れた点があり、その点でかつてそのような歌を作って人気を集めた森高千里と似たところがあります。
彼女たちが登場するまでのJ-POPに出てくる女性たちは少しハイソサエティな感じのする人物が多かったのですが、時代が変わって等身大の人物が親しみを感じられる存在として愛されるようになったということですね。即ち、aikoの歌には普遍性があるのです。

aiko / アイコ
10

いつだって私に寄り添ってくれる存在

10代の頃からaikoが大好きで、15年以上ずっと聞いています。
aikoの魅力は恋する気持ちに寄り添ってくれる歌詞。歌詞に何度泣かされ、励まされ、ドキドキさせられたかわかりません。
恋人とのすれ違いを書いた曲の出だしを『しかし連絡がないな』と歌ってみたり、些細なことなのに失恋したときは絶望してしまうさまを『出の悪い水道直し方もわからない こんな些細なことすらも軽く拭えない』と歌う。
切なさの言葉選びに、いつも「それそれ!」と共感せざるを得ない。そんな世界観が大好きです。
そして「aiko節」と言われるメロディライン。これが合わさることでまた魅力がぐっと深まります。
とっても切ない歌詞なのに、メロディや曲の雰囲気はロックでポップな歌も多く、そのギャップにグッときます。

そしてなんといってもライブが楽しい!
今やライブでよく見るようになった「男子~?」「イエーイ!」「女子~?」「イエーイ!」などの
コールアンドレスポンスを初めてやったのはaikoではないでしょうか?
トークの時間では観客がaikoに声をかけると、「可愛いって?ありがと~」「あ、それはなあ」などと普通に返事をしてくれます!
aikoは観客を置いていかない。常に寄り添ってくれる優しさと親しみやすさを感じます。

いつまでもパワフルで淀みなき世界観を持っているaiko、いつまでも魅力的です!

aiko / アイコ
10

aikoって女の子らしい女の子のものだと思ってた…

aikoの曲を聞き出したのは高校の時。少し拗ねた高校生なので、可愛い恋をする女の子のものだと思っていました。大学生になり、友達に誘われたライブでaikoの魅力はここにあるなと感じました。
まずaikoはパブリックイメージというか、大勢の人が考えるように、恋する女の子の歌が多いです。「ボーイフレンド」や「カブトムシ」に代表される高音と切ない歌詞は多くの女性、男性の心を掴み、切なくさせます。しかし、ライブの時のaikoはそこに留まらず、平気で下ネタをぽろっと言ってしまったり、自分の近況をユーモアたっぷりに話したり、とても人間臭い人物像を感じることができます。冗談や内輪ネタも大好きで、ライブでは曲の合間にaikoに「なあ aiko 聞いて〜!」と話しかける人が後を絶たないほど。MCどころではありませんが、aikoはそれに毎回返事をしたり、進行を無視して話を聞いてくれるのです。まるでたまにしか会えない親戚のおねえちゃんのような気安さをもったアーティストはaiko 以外にいないのではないでしょうか。
もちろん、ライブの時に感じる魅力は人間性だけではありません。小柄なaiko のどこからそんなにパワーが生まれるのかと思うほど、歌って、跳ねて、弾いて、ステージの中を駆け回る姿は圧巻です。長くアーティスト人生を歩んでいるaiko だからこそ、ステージでのパフォーマンスは安定していて、それでいていつも迫力を感じます。
間違いなく周りを誘いたい、布教したいと思うライブのひとつです。

aiko / アイコ
10

どの世代にとっても魅力的なシンガーソングライター

幅広い年齢層から支持を受け、長年にわたり活動している歌手の代表。J-pop界の女王。
デビュー曲以外すべての曲の作詞作曲をしている。ほとんどが恋愛をテーマにした曲になっているが、その詩のユニークさはaikoならではである。デビューしてからの数年は、自分が学生だった頃の思い出が蘇ってくるような歌が多く、aiko自身も年齢を重ねてからの曲は、しっとりと大人な恋愛を感じさせると同時に、若いころから変わらない”純”なところも感じることができる。
アルバムの曲・シングルのカップリング曲と、本当に数多くの曲を生み出しているので、自分の実体験・感情に近い曲を見つけることができる人はたくさんいると思う。
恋愛の曲が大部分を占めているが、歌詞だけじっくり読んでみると、その詩の繊細さや美しい表現・ユニークな比喩を見つけることができる。そのうえで音に乗せて聞くと、改めてaikoの良さを感じられる。
またaikoの曲は、がんばれがんばれ!、というようなメッセージ性があるというよりは、やさしい物語のなかで自分もがんばっていこう!と思わせてくれる。なので、人間関係や仕事のストレスがあるときにも、やさしく心に響いてくる曲も多い。
また、ファンはみな口をそろえて言うことだが、aikoファンならライブに行くべき!私はファン歴16年だが地方に住んでいたのでライブに初参戦したのはファン歴12年目の時だった。なぜもっと早く行かなかったのだろうと感じたし、これから毎年aikoに会いに行こう!!と思った。aikoに会いに行くのが私の人生の楽しみの一つになっている。
「何事もなく楽しく過ぎていく日々を つまらないとはいたあの頃の私に 会えたなら必ず言いたい 楽しいことなんてこの世には死ぬほどたくさんあるのよ だから笑うのもっと笑って 逢いに行こう」(aiko/未来を拾いに)

aiko / アイコ
8

aikoにしかできない歌いまわし

シンガー・ソングライターとして当代きっての実力を誇るaiko。その魅力のひとつは唯一無二の独自な歌詞描写にある。
『えりあし』では、「困った顔が見たいがゆえに泣き真似をした」、「愛しくて仕方なかったからぶってしまった」。女性のリスナーからすると、全く同じ経験はなくとも、女心として「分かるよなぁ」と思わず共感するような歌詞が並ぶ。男性目線でも、これらの描写を「意味がわからない」と一刀両断できる人はいないと思う。「季節に逆らい想い続けて」というのも、“時は進んでいるのに想いは逆に強まっている”という、言い得て妙の表現。
『蜜の味』というドラマの主題歌『ずっと』では、「あなたに出逢えた事が あたしの終わり」と、"あなた"との出逢いのインパクトをこれ以上なく強い表現で言い回す。一人称は"あたし"という、極めて女性的な表現でありながら、「優しく笑う向こうに 絶望があったとしたら 全部あたしにください」と言い切り、相手を受け止められる強さがギャップを生んでいる。
同じくドラマ主題歌『戻れない明日』では、「あたしはあなたじゃないから全てを同じように感じられないからこそ 隣で笑っていたいの」と、相手を想うがゆえの心境がポップなメロディに絶妙に乗って歌われている。
ライブや一部の曲で垣間見える、コテコテの関西弁も魅力。

aiko / アイコ
1

全部同じ曲

「新曲発表!」との触れ込みで聴いてみても、以前に聴いた曲の焼き増しみたいな曲ばかりです。トランペットが入ってリズムも同じ。歌が上手いのは分かりますが、よく言えば耳馴染みがいい、悪く言えば耳に残ってずっとリフレインするだけの単純なメロディ。歌詞については、女の子がキュンとする、共感するような内容なのかも知れません。しかし、アー写を見ると、最早ホラーかと思うくらいゾッとします。何故なら、「その容姿でそんなことを言うか」という思いが湧くからです。見ているだけで幸福を感じる、ニヤニヤする、寝る前に見たなら、いい夢が見られる、そんな可愛らしい見た目なら良いのですが、下の上程度の見た目です。それで恋心とか、男性への狂おしい想いなんかを歌われたら、下の下に下がります。そんな彼女の楽しみ方として、いつまでこんなことが続けられるのかを観察していく楽しみ方があります。私のような感想を抱く人が少なからずいるにも関わらず、還暦を迎えるまでひたすらに恋心を歌い続けたら、それは最早ロックンロールとして称賛に値します。令和の松任谷由美かも知れません。和製ミックジャガーかも知れません。周りが何といおうと自分のスタイルを貫く。その姿勢を彼女が持っているのか、それを見定める以外に彼女の楽しみ方はありません。

aiko / アイコ
10

aikoは日本の宝である。

中学生の頃から、aikoのファンです。ファンになろうとしたわけではないし、ファンであろうとしたこともないですが、それでも、一曲一曲聴くたびに、aikoは私を感動させ、お気に入りのひとつになっていました。aiko以外に聴くアーティストも勿論いますし、違うジャンルの曲にハマることもやっぱりあります。しかし、気が付くと「aikoが聴きたいな」と思ってしまうのです。それは、なぜなのか?aikoの曲は、いろいろなジャンルの要素を含んでいるからだ、と私は思います。そして、生のバンドの音が生きており、聴いていると気分が高揚するのです。また、癖になるメロディーラインも最高で。「次はこう展開するだろうな」という予想を、いつも良い意味で裏切ってくれる。この裏切りが、ひどく堪らないのです。また、気分が高揚するだけではなく、なんとなく気持ちが沈んでいるときに、そっと寄り添ってくれるような曲もあるのです。自分の人生の一コマ一コマで、「ああ、aikoのあの曲が聴きたいな」と思ったことが、何度あっただろう。いつもaikoがaikoでいてくれたことが、本当に幸せだと思います。

aiko / アイコ
10

切ない気持ちになってみてください

aikoは音楽大学を卒業しているので、ピアノも得意で作詞、作曲を全て自身で行っています。昔から古着が大好きで、高校生の頃にはランドセルを背負って登校していた程。ファッションも個性的だったみたいです。現在もライブの衣装は自分で選んで着ているそうです。かわいくて真似したくなるようなファッションが多くて憧れます。
aikoの歌は全体的に「切ない」ということをテーマに作成されているため、胸がキューっとなるような、そんな瞬間や気持ちを大切に作られています。その切ない歌詞や、曲調を、aikoの透き通る歌声が更に切なさに彩りを加えます。
aikoは大阪出身で話しをするのが好きなため、ライブでもお客さんと普通に会話をすることでも有名です。歌わずにMCが盛り上がってしまうため、時間が押してスタッフの人に急かされている場めんもしばしば…。そんなお茶目でかわいいところもaikoの人を惹きつける魅力の一つです。そしてライブではお客さん5人くらいにテーマを1人一つずつ言ってもらってその場でaikoが歌を作って歌うというコーナーがあり、とてもファンが楽しみにしていて盛り上がるコーナーです。またaiko自身もザザンオールスターズさんのファンでサザンの曲をたまにカバーして歌ってくれることがあります。知っている曲だともっとうれしくなりますよね。ぜひaikoの曲を聴いてライブにも行ってみてください。

子タグ